検索 - みる会図書館

検索対象: 別れの日

別れの日から 261件ヒットしました。

別れの日


キ ル ・ ゾ ー ン 別 れ の 日

別れの日


COBALT-SERIES キ ル ・ ゾ ー ン 別 れ の 日 須 賀 し の ぶ 集 英 社

別れの日


247 別 れ の 日 そ し て 遠 の く 意 識 の 中 で 、 近 づ く キ ャ ッ ス ル の 気 配 を 、 わ ず か に 感 じ た 。

別れの日


次 キ ル ・ ゾ ー ン 別 、 れ の 日 一 半 身 二 死 者 は 語 る ・ と き 三 選 択 の 刻 ・ 四 破 壊 の 夜 : 五 嵐 の 前 六 同 調 七 境 界 線 終 あ と が き 序

別れの日


257 別 れ の 日 の だ ろ う 。 ( で も : : : 特 別 だ っ た ん だ ) お え っ 嗚 咽 を こ ら え な が ら 、 熱 い 目 を 膝 に お し つ け な が ら 、 シ ド ー は 胸 の 中 で つ ぶ や い た 。 ア ヴ ド ウ ル も ク ル ゼ ル も 、 大 切 だ 。 し か し 失 っ た の は ー ー ー そ し て こ れ か ら 失 お う と し て い る 人 は 、 や は り 特 別 な の だ 。 は じ め て 、 本 物 の 笑 顔 を く れ た 人 。 は じ め て 、 抱 き 締 め た い と 思 っ た 人 。 そ の と き ふ と 、 シ ド ー は 柔 ら か い ぬ く も り に 包 ま れ る の を 感 じ た 。 顔 を あ げ ず と も 、 そ れ が 何 な の か は わ か っ て い た 。 い っ か 、 再 び 会 え る と き が く る の だ ろ う か ) 生 き て い れ ば 。 い っ か や わ ー ー ー お わ り

別れの日


149 別 れ の 日 が 、 次 第 に そ の 面 に 、 再 び 笑 み が 戻 り 始 め る 。 か ん き 唇 の 端 が 、 ゆ っ く り と 吊 り 上 が る 。 目 は 歓 喜 を た た え て 細 め ら れ る 。 と 、 つ す い ざ ん ぎ や く へ ん ば う 破 壊 の 喜 び に 陶 酔 し 、 さ ら に 刺 激 を 求 め よ う と す る 、 残 虐 な 存 在 へ と 、 ラ フ ァ エ ル は 変 貌 を 洋 け た 。 何 か の 目 的 の た め に 破 壊 を も た ら す の で は な い 、 た だ 破 壊 そ の も の を 楽 し む た め だ け に 破 壊 を す る 怪 物 が 、 今 こ こ に 生 ま れ た 。

別れの日


別 れ の 日 た し か に 自 分 に は 、 そ こ ま で 自 分 を 殺 し て 相 手 に 奉 仕 す る こ と は で き な い だ ろ う 。 相 手 の 幸 せ だ け で は な く て 、 自 分 も 一 緒 に 幸 せ に な り た い と 願 う だ ろ う 。 そ れ は 、 身 勝 手 な 願 い な の だ ろ 一 つ か ? ・ ラ フ ァ エ ル が 火 星 に 戻 り 、 サ リ = ル の 存 在 を 思 い 出 し た と し た ら 、 彼 は ど こ ま で も お の れ に ー ベ ル メ ン シ ュ の 本 能 忠 実 な 半 身 の ほ う を 選 ぶ の で は な い だ ろ う か ? 半 身 を 求 め る の が 、 = だ と い う の な ら 。 む な そ う 考 え る と 、 自 分 が 今 こ こ に い る と い う こ と が 、 ひ ど く 空 し く 感 じ ら れ た 。

別れの日


別 れ の 日 253 。 ク ツ 、 ド リ . ー は 必 死 だ っ た 。 き ち 思 い 出 す 。 コ タ キ ナ バ ル 基 地 で 、 人 以 下 の 扱 い を 受 け て い た 日 々 の こ と 。 あ の と き は 、 絶 望 し か な か っ た 。 た だ 死 に た い と し か 、 考 え て い な か っ た 。 そ れ で も 自 分 は 、 奇 跡 的 に 救 わ れ た 。 今 で も あ の と き の こ と を 思 い 出 す の は 本 当 に 恐 ろ し い け れ ど 、 そ れ で も こ う し て 生 き て い て よ か っ た と 、 心 か ら 思 え る 。 恐 怖 の 記 憶 か ら 一 刻 も は や く 抜 け 出 し て 、 元 気 に な ろ う と 努 力 し た か ら 、 今 こ う し て 、 再 び シ ド ー た ち と 会 え る こ と も で き た の だ 。 あ の と き シ ド ー た ち が 助 け て く れ た か ら 、 今 、 一 緒 に い ら れ る 。 そ う い う こ と を 、 忘 れ な い で ほ し い 。 思 い 出 し て ほ し い 「 ね 、 も と も と 人 と 人 が 会 う な ん て 偶 然 だ も の 、 ま た も う 一 度 そ ん な 偶 然 が あ る こ と も 充 分 あ り え る の よ 。 ラ フ ァ エ ル 君 た ち が 帰 っ て く る か も し れ な い し 、 情 勢 が か わ っ て 君 た ち が 火 星 に 行 け る 日 が 来 る か も し れ な い 。 そ う で し よ う ち ん ぶ 言 葉 に 出 す と 、 な ぜ こ ん な 陳 腐 に な っ て し ま う の だ ろ う 。 そ れ で も 、 グ ッ ド リ ー は そ う 言 う し か な か っ た 。 シ ド ー は じ っ と グ ッ ド リ ー を 見 つ め て い た 。 そ し て 突 然 、 つ ぶ や い た 。 「 じ ゃ あ 、 少 尉 も 一 緒 に 来 て く れ ま す か 」 「 え ? こ

別れの日


256 や - 」 0 と ぎ 声 が 途 切 れ た 。 か わ り に 彼 の 瞳 か ら 、 一 筋 の 涙 が 伝 い 落 ち る 。 く ち び る ひ ざ シ ド ー は 唇 を 噛 み 、 抱 え た 膝 の 上 に 顔 を 伏 せ た 。 そ し て 、 声 を 殺 し て 泣 い た 。 わ か っ て い た の だ 。 い っ か 、 こ ん な 日 が く る こ と は 。 別 れ る と き は 、 必 ず や っ て く る 。 そ ん な こ と は 、 は じ め か ら わ か っ て い た 。 ラ フ ァ エ ル は い ず れ 、 遠 く に 行 っ て し ま う と 、 と っ く に 知 っ て い た は ず だ 。 そ れ に 自 分 は 、 昔 の よ う に 、 何 も か も 失 っ た わ け で は な い 。 一 緒 に 行 こ う と 言 っ て く れ る 仲 間 が い る 。 励 ま し て く れ る や さ し い 女 性 が い る 。 彼 女 は 、 自 分 の 我 が ま ま を 聞 い て 、 一 緒 に 行 っ て も い い と ま で 言 っ て く れ た 。 そ れ だ け で 充 分 で は な い か 。 ・ ク ツ 、 ド リ . ー を 本 当 に 連 れ て い く わ け に は い か な い 。 , 彼 女 と 自 分 は 、 生 き る 世 界 が 違 う 。 ラ フ へ だ ア エ ル と 自 分 が 、 今 は 遠 く 隔 た っ て し ま っ た よ う に 。 だ か ら 、 出 会 え た だ け で よ か っ た と 思 わ な く て は な ら な い の だ 。 い っ か ー ー 生 ぎ て い れ ば ま た 会 え る か も し れ な い と 思 い な が ら 、 別 れ な け れ ば な ら な い の わ か っ て い る 。 わ か っ て い る け れ ど 、 そ れ は な ん て 難 し い こ と な の だ ろ う 。 な ん て 苦 し い こ と な の だ ろ う 。 仲 間 が い る の に 、 別 れ る 人 た ち の こ と を 惜 し ん で や ま な い と は 、 自 分 は な ん て 罪 深 い 人 間 な ひ と す じ

別れの日


お も わ く オ プ ラ イ エ ン も 、 彼 女 が 薄 々 こ ち ら の 思 惑 に 気 づ い て い る で あ ろ う こ と は 知 っ て い る 。 お お や け し か し 、 メ イ エ が 公 に 対 し て 、 こ ち ら に 不 利 な 言 動 を す る こ と は な い だ ろ う 。 彼 女 は オ ・ フ ラ イ エ ン に 、 強 い 恩 義 を 感 じ て い る 。 そ う い う 女 た 。 「 あ り が と う ご ざ い ま す 。 こ ん な 真 夜 中 に 押 し か け た と い う の に グ ッ ド リ ー は 立 ち 上 が り な が ら 別 れ の 挨 拶 を 述 べ か け た が 、 ふ と 何 か を 思 い 出 し た よ う な 顔 つ き に な り 、 再 び オ ・ フ ラ イ エ ン に 目 を 向 け た 。 「 そ う で し た 、 閣 下 、 も う ひ と つ お 尋 ね し た い こ と が あ り ま す 」 「 な ん で し よ う 」 う な が 舌 打 ち を こ ら え 、 オ ブ ラ イ エ ン は あ く ま で に こ や か に 促 し た 。 し や く ほ 、 つ 「 さ き ほ ど の 、 脱 走 兵 の 件 な の で す が 。 一 人 釈 放 に な っ た と い う お 話 は あ り ま せ ん か ? 」 彼 は 怪 訝 そ う な 顔 を し た 。 「 何 で す か 、 そ れ は 」 「 い え 、 あ の : : : 先 日 、 本 部 で 、 た ま た ま 一 人 の 兵 士 が 引 き 取 ら れ て い く と こ ろ を 見 た の で す が 、 そ れ が 見 覚 え の あ る 者 で し た の で 」 の れ 「 さ あ 、 そ う い っ た 話 は 聞 い て お り ま せ ん が 。 そ も そ も 、 釈 放 な ら ば 、 事 務 局 に 問 い 合 わ せ れ 別 ば す ぐ に わ か る こ と で し よ う 」 「 え え 、 で す が : お ん ぎ