検索 - みる会図書館

検索対象: 天皇権の起源

天皇権の起源から 348件ヒットしました。

天皇権の起源


れ る 方 の 便 宜 の た め 、 さ き か ら 問 題 と し て 取 り 上 げ て い る 垂 仁 朝 の 系 譜 、 そ の 中 の 皇 子 た ち だ け を 示 し て 説 明 し て お き た い 。 垂 仁 天 皇 の 皇 子 系 譜 ( 后 ) 狭 穂 姫 ー ー ・ 誉 津 別 ー 五 十 瓊 敷 入 彦 命 足 彦 命 ( 景 一 ー 稚 城 瓊 入 彦 命 ( 妃 ) 渟 葉 田 瓊 入 媛 ー ー 鐸 石 別 命 ( 妃 ) 真 砥 野 媛 , ー ー ( 妃 ) 薊 瓊 入 媛 ー ー 池 速 別 命 ー 祖 別 命 ー 五 十 日 足 彦 命 ( 妃 ) 苅 幡 戸 辺 ー 胆 武 別 命 ( 妃 ) 綺 戸 辺 , ー ー ・ 磐 衝 別 命 承 右 の 系 譜 は 「 日 本 書 紀 」 に よ 「 て 示 し た が 、 こ の こ ろ 実 際 に は 后 と 妃 の 凶 別 ば , 、 、 、 つ ぎ の 皇 位 の に つ い た 皇 子 を 生 ん ご さ ほ ひ め さ て 、 垂 仁 天 皇 が 最 初 に 迎 え た 妃 は 、 葛 城 王 朝 の 第 八 代 孝 元 帝 の 皇 女 で あ る 狭 穂 姫 で あ る 。 と こ 一 三 ロ

天皇権の起源


な ど の 神 道 五 部 書 か ら 判 明 さ せ た も の で あ る 。 そ の 真 実 の 歴 史 を 隠 し た の は 、 「 日 本 書 紀 」 の 撰 録 時 に 、 太 古 か ら 神 宮 は 宇 治 郷 に あ っ た ご と く 思 わ せ る た め で あ っ た と 思 わ れ る 。 そ こ で 天 武 朝 の 記 録 か ら 削 除 し た の で あ ろ う 。 か さ ぬ い の む ら 天 照 大 神 は 崇 神 朝 に 初 め て 大 和 の 笠 縫 邑 で 祭 ら れ た 。 つ ぎ の 垂 仁 朝 に 皇 女 の 倭 姫 命 に 託 け て 伊 勢 国 に 遷 さ れ る 。 そ こ で 「 日 本 書 紀 」 垂 仁 天 皇 の 条 に は 左 の よ う に 記 さ れ て い る 。 や し ろ 大 神 の 教 え の ま ま に 、 そ の を 伊 勢 国 に 立 て た も う 。 因 り て 斎 宮 を 五 十 鈴 川 の 上 に 興 つ 。 こ れ を 磯 宮 と い う 。 磯 宮 と い う の は 斎 宮 の 別 名 で あ る が 、 右 の 記 事 に よ る と 、 現 在 の 伊 勢 神 宮 と 元 の 斎 宮 と が 見 事 に 混 合 さ れ て 、 太 古 か ら 神 宮 は 現 在 地 の 五 十 鈴 川 畔 に 鎮 座 し て い た よ う に 思 わ せ て い る 。 そ れ は 神 宮 の 権 威 を 保 つ 必 要 か ら で あ ろ う が 、 正 史 と し て の 「 日 本 書 紀 」 が こ の よ う に 記 し た た め に 、 遷 座 の 経 緯 は 不 明 の ま ま で 来 た の で あ る 。 し か し 、 そ の 問 題 は 別 と し て 、 天 武 天 皇 は 祭 事 権 者 で あ る と と も に 、 政 務 の 一 切 を も 統 べ て い た 念 こ と か ら 、 皇 祖 神 を 祭 る 伊 勢 神 宮 の 大 造 営 を 計 画 し て 実 施 に 移 す こ と が で き た 。 そ れ は 天 武 天 皇 が と い だ く 政 治 理 念 の 根 幹 を な す も の で あ っ た 。 と い う の は 、 蘇 我 氏 の 専 横 時 代 に 成 長 し 、 つ い で 中 臣 可 鎌 子 の 政 策 に よ っ て 、 孝 徳 ・ 斉 明 両 帝 の ロ ポ ッ ト 化 さ れ た 事 実 も 知 っ て い た 。 そ れ だ け に 、 皇 室 の 権 絶 対 的 権 威 の 確 立 を 目 ざ し て い た の で あ る 。 そ の た め に 皇 祖 神 の 社 殿 を 大 規 模 な も の に 造 営 し 、 日 の 神 の 直 系 の 子 孫 が こ の 国 土 と 人 民 の 統 治 や ま と ひ め ほ と り た 303

天皇権の起源


が わ か る 。 そ こ で 崇 神 天 皇 も 、 皇 子 時 代 の 名 は 御 間 城 入 彦 で あ り 、 五 十 瓊 殖 は 後 の 尊 号 と み て よ い 判 の 初 期 三 代 の 天 皇 の 諡 号 に は 、 皇 子 時 代 の 名 に 即 位 後 の 尊 号 を つ け る 同 じ 形 式 が み ら れ る の で あ る 。 茎 し た が っ て 、 景 行 天 皇 の 尊 号 に ワ ケ が あ る こ と を も っ て 、 こ の 天 皇 の 実 在 ま で 否 定 し よ う と す る こ と は 、 あ ま り に も 暴 挙 だ と い わ ね ば な ら な い 。 さ き の 表 を 見 て も わ か る よ う に 、 す で に こ の 時 代 の 章 第 皇 子 に は 、 ワ ケ を 名 に 用 い る も の が 数 人 も あ り 、 尊 号 に ワ ケ の あ る の は 何 も ふ し ぎ で は な い 。 そ れ に も か か わ ら す 、 タ ラ シ 系 の 名 を も っ 景 行 ・ 成 務 ・ 仲 哀 の 三 天 皇 は 、 そ の 名 の た め に 存 在 を 否 定 さ れ た 。 そ し て 砂 入 恒 夫 氏 の 論 を 利 用 し て 、 イ リ ヒ コ 系 の 名 辞 に つ な が る 系 譜 こ そ が 本 来 の 帝 い ほ き に し き 紀 で あ っ た と し 、 垂 仁 天 皇 か ら 後 の 皇 統 は 、 景 行 ・ 成 務 ・ 仲 哀 で は な く 、 五 十 瓊 敷 入 彦 ・ 五 百 城 入 ー 五 十 瓊 敷 入 彦 活 目 入 彦 ( 垂 仁 ) 稲 日 大 郎 姫 日 葉 酢 姫 八 坂 入 媛 ー 大 足 彦 ( 景 行 ) ー 大 碓 小 碓 ( 日 本 武 尊 ) ー ー 五 百 城 入 彦 ・ : ー 稚 足 彦 ( 成 務 ) ー 稲 依 別 ー 足 仲 彦 ( 仲 哀 ) 息 長 足 姫 ・ : 品 陀 真 若 王 : 誉 田 別 ( 応 神 ) : ・ 仲 姫

天皇権の起源


て い る 。 ま た 天 皇 が 紀 伊 の 徳 勒 津 か ら 出 発 し た の も 、 そ の こ ろ 西 国 と の 舟 航 は 紀 ノ 川 の 河 口 の 津 が っ 」 ・ 主 で あ っ た の で 、 そ の 地 の 水 夫 を 用 い て 、 大 和 軍 を 派 遣 ・ し た ・ い ・ ど 考 え ・ ら ・ で あ ろ う と こ ろ が 、 仲 哀 天 皇 は 筑 紫 に 着 く と 間 も な く 崩 御 さ れ る 。 一 般 の 常 識 で あ れ ば 、 夫 の 遺 骸 を い だ い て 帰 国 す る と こ ろ で あ る が 、 気 長 足 姫 は 天 皇 の 。 を 秘 北 九 州 の 諸 族 を 訐 ぢ さ ら に 懷 ・ で あ り な が ら 、 朝 鮮 へ も 遠 征 し ・ た 。 そ の 気 丈 な 妃 が 筑 紫 で 生 ん だ 一 〕 田 別 皇 子 い だ い て 、 大 和 へ 凱 旋 し よ う と し た 。 気 長 足 姫 の 功 績 が 大 き く 、 武 将 を は じ め 多 勢 の 兵 士 を 連 れ て 凱 旋 す る だ け に 、 大 和 に 残 っ て い た 皇 子 た ち は 不 安 を 感 じ た 。 も ち ろ ん 仲 哀 天 皇 の 死 は 秘 密 に さ れ て い た が 、 隠 せ ば 隠 す ほ ど 、 秘 密 と い う も の は 知 れ わ た る も の で あ る 。 そ の 証 拠 に 、 大 和 に 残 っ て い た 第 一 子 と 第 二 子 が 、 誉 田 別 皇 子 を い だ い て 凱 旋 す る 神 功 皇 后 の 船 を 、 難 波 の ~ 観 で 得 ち ぶ せ し て 襲 お う と し た 。 そ れ は 赤 児 の 誉 田 別 皇 子 を 殺 す た め で あ っ た 。 こ の た く ら み は 失 敗 し て 、 第 一 子 の 坂 皇 子 は 淡 路 島 で 死 に 、 第 二 子 の 忍 熊 皇 子 は 追 い つ め ら れ て 敗 北 し 、 つ い に 琵 琶 湖 の 瀬 田 川 に 沈 ん で 亡 く な る 。 現 し か し 、 こ こ で 注 意 す べ き こ と は 、 な せ 第 一 子 と 第 二 子 が 組 ん で 、 第 四 で あ る 赤 児 の 誉 田 別 王 皇 子 を 殺 そ う と し た か で あ る 。 そ の こ と を 「 日 本 書 紀 」 に よ っ て み よ う 。 か く 大 る 時 に 坂 王 ・ 忍 熊 王 、 天 皇 崩 れ ま し 、 ま た 皇 后 西 を 征 ち た ま い 、 并 に 皇 子 新 た に 生 れ ま せ り と ひ そ か 神 聞 き て 、 密 に 謀 り て い わ く 、 い ま 皇 后 、 子 ま し ま し 、 群 臣 み な 従 え り 。 必 す 共 に 議 り て 、 幼 王 は か わ か き み こ 5

天皇権の起源


第 1 章 大 王 の 誕 生 ば れ て い る の で あ る 。 仲 哀 天 皇 の 皇 子 系 譜 ー 鏖 坂 皇 子 ( 妃 ) 大 中 ー 忍 熊 皇 子 ( 妃 ) 弟 媛 ー ー 誉 屋 別 皇 子 ( 妃 ) 気 長 足 姫 ( 神 功 皇 后 ) 誉 田 別 皇 子 ( 応 神 ) お お な か つ ひ め か ご さ か お し く ま さ て 、 仲 哀 天 皇 に は 三 人 の 妃 が あ っ た 。 最 初 の 妃 は 大 中 姫 で 、 麕 坂 皇 子 と 忍 熊 皇 子 が 生 ま れ た 。 お と ひ め ほ ん や わ け 次 の 妃 は 弟 媛 で 、 誉 屋 別 皇 子 を 生 ん だ 。 し た が 「 て 、 第 一 子 の 麑 坂 皇 子 と 第 二 子 の 忍 熊 皇 子 が 、 祭 お き な が た ら し ひ め 政 の 両 主 権 者 と な る の が 古 来 か ら の 原 則 で あ っ た 。 と こ ろ が 三 番 目 に 迎 え ら れ た 気 長 足 姫 ( 神 功 皇 后 ) ほ ん だ わ け が 、 誉 田 別 皇 子 ( 応 神 ) を 生 ん だ こ と か ら 、 相 続 に か ら む 事 件 が 起 こ っ た の で あ る 。 っ ぬ が 仲 哀 天 皇 は 気 長 足 姫 を 伴 っ て 、 角 鹿 ( 敦 賀 ) に 行 幸 さ れ た 。 そ の 翌 月 、 天 皇 は 一 足 先 に 紀 伊 国 へ 赴 か れ た が 、 そ の と き 筑 紫 の 熊 襲 が 謀 叛 し た 報 に 接 し た 。 そ こ で 天 皇 は 角 鹿 に 使 者 を 遣 わ し 、 気 長 足 あ な と と こ ろ っ 姫 に 角 鹿 の 津 か ら 穴 門 ( 長 門 ) へ 向 か う よ う 命 じ 、 天 皇 み ず か ら は 紀 ノ 川 の 河 口 の 徳 勒 津 か ら 出 発 し て 、 穴 門 の 豊 浦 ( 山 口 県 豊 浦 郡 長 府 ) で 合 流 さ れ た 。 右 は 「 日 本 書 紀 」 の 記 事 で あ る が 、 実 際 に は 熊 襲 征 伐 を 計 画 し て 、 角 鹿 と 紀 伊 へ 行 き 、 両 地 の 水 軍 を 利 用 す る 交 渉 を し た の だ と 解 し て よ い と 思 う 。 こ の と き 気 長 足 姫 は 若 狭 国 ・ 但 馬 国 ・ 丹 波 国 の 首 長 を 可 第 の 叫 し 、 彼 ら の 率 い る = 一 百 人 の 水 夫 で 西 下 し た こ と が 、 丹 波 国 造 家 の 文 書 に 記 さ れ

天皇権の起源


い ろ と を 立 て ん 。 吾 等 、 何 ぞ 兄 を 以 て 弟 に 従 わ ん や と 。 生 の そ ま で の ・ 慣 行 に よ れ ば 、 第 一 子 と 第 二 子 が 次 代 の 継 承 権 を 握 る も の で あ っ た 。 と こ ろ が 父 の 仲 大 哀 天 皇 は す で に 亡 く 、 第 三 の 妃 と は い え 神 功 白 后 が 皇 子 を い だ き 、 し か も 多 く の 将 率 い て 凱 旋 章 す る の で あ る 。 そ こ で 第 一 子 と 第 二 子 は 、 み ず か ら が も っ 冫 代 へ の 継 承 権 に 不 安 な 感 け の で あ る 。 第 そ の た め に 、 あ え て 誉 田 別 皇 子 を 殺 し て 、 自 分 た ち の 権 利 を 確 保 し よ う と 計 っ た 謀 叛 で あ っ た 。 し か し 結 果 は 裏 目 に 出 て 、 第 一 子 と 第 二 子 は 死 に 、 第 四 子 の 誉 田 別 皇 子 が 後 に 即 位 し て 応 神 天 皇 と な る 。 と こ ろ が 、 二 の 妃 出 生 し た 第 三 子 は ま だ 残 っ て い る の で 、 そ の 第 三 子 が 擬 制 的 第 一 子 と な っ て 囀 匂 第 四 子 の 誉 田 別 皇 子 が 擬 制 的 第 二 子 と し て を 、 イ 戀 ど 。 だ が 、 そ 、 、 、 、 分 後 の 模 様 か ら み て 、 こ の 事 件 を 契 機 に 、 そ れ ま で の 慣 行 は 破 棄 さ れ た よ う に 思 わ れ る 。 仲 哀 天 皇 が 亡 く な っ て い る だ け に 、 神 功 皇 后 は 誰 に も 気 兼 ね す る こ と な く 、 み ず か ら 朝 廷 の 実 権 を 掌 握 し た と み て よ い 。 「 日 本 書 紀 』 が 神 功 皇 后 の 摂 政 時 代 を 一 巻 と し て い る の も 、 第 二 の 妃 や そ 皇 子 を 無 視 し て い た 証 拠 で あ る 。 気 長 足 姫 と い う の お 印 一 6 ど ・ み ・ ら れ な が 、 本 来 の 名 前 は 伝 わ 0 て い な い 。 景 行 天 皇 が 大 足 彦 、 成 務 天 皇 が 稚 足 彦 、 夫 の 仲 哀 天 皇 が 足 仲 彦 と 呼 ば れ た よ う に 、 気 長 足 姫 の 「 た ら し 」 も そ れ に 類 す る も の で あ る 。 第 三 章 一 節 で 考 証 す る が 、 推 古 朝 の 遣 隋 使 が 天 皇 の 称 を 天 足 彦 だ と 述 べ た こ と と も 関 連 の あ る も の で 、 そ れ は 主 権 者 で あ る こ と を 示 す 名 辞 で あ る 。 そ の こ と か ら み て も 、 わ が 子 の 誉 こ の か み

天皇権の起源


崇 仏 論 争 で は 最 後 に 勝 利 を 得 た 物 部 尾 輿 で あ っ た が 、 彼 は そ の 年 に 亡 く な っ た 。 そ の 後 は 蘇 我 稲 の 目 が ひ と り 大 臣 と し て 残 っ た が 、 仏 像 を 失 い 寺 も 焼 か れ た た め か 、 こ の 御 代 に は 再 び 仏 教 に 関 す る 我 記 事 は 見 え な い 。 そ し て 欽 明 天 皇 の 崩 御 の 前 年 、 欽 明 朝 三 十 一 ( 五 七 〇 ) 年 に 蘇 我 稲 目 も 逝 去 し た 。 こ う し て 崇 仏 論 争 も 終 わ り 、 蘇 我 ・ 物 部 の 対 立 も 解 消 し た か に み え た が 、 つ ぎ の 敏 達 朝 に 入 っ て 再 燃 し た 。 敏 達 天 皇 の 即 位 と と も に 、 物 部 守 屋 が 大 連 に 、 蘇 我 馬 子 が 大 臣 と し て 任 命 さ れ た 。 舞 台 は と も に 子 の 代 に 移 っ た 。 怨 念 に か わ る 崇 仏 論 争 そ の 敏 達 朝 四 ( 五 七 五 ) 年 十 一 月 に 、 后 の 広 姫 が 亡 く な っ た 。 そ の た め 蘇 我 馬 子 の 妹 の 堅 塩 媛 と 、 欽 明 天 皇 の 間 に 生 ま れ た 額 田 部 皇 女 が 、 翌 五 年 三 月 に 妃 か ら 后 に 改 め ら れ た 。 大 臣 と な っ た 蘇 我 馬 子 の 姪 が 后 と な っ て 、 情 勢 は 蘇 我 氏 に 有 利 と な っ た 。 き よ う ろ ん り つ じ そ う し た 事 情 を 知 っ た の か 、 翌 六 年 十 一 月 に 、 百 済 の 威 徳 王 は 経 論 若 干 巻 の ほ か 、 律 師 ・ 褝 師 ・ じ ゅ ご ん じ お お わ け の み こ 比 丘 尼 ・ 咒 禁 師 ・ 造 仏 エ ・ 造 寺 工 の 六 人 を 、 帰 国 す る 使 者 の 大 別 王 に つ け て 献 上 し た 。 こ の 大 別 王 の 出 自 に つ い て は 不 明 で あ る が 、 難 波 の 大 別 王 の 家 に 彼 ら は 住 み つ い た 。 ふ み こ の し か し 敏 達 天 皇 に つ い て は 「 日 本 書 紀 」 に 、 「 天 皇 、 仏 法 を 信 け た ま わ す 、 文 史 を 愛 み た も う 」 と み え る の で 、 こ の こ と が 直 ち に 情 勢 を 変 え る こ と に は な ら な か っ た 。 そ れ に し て も 、 先 代 の 父 の 遺 恨 を 胸 に も っ 蘇 我 馬 子 は 、 こ れ を 端 緒 と し て 、 姪 の 后 を 通 じ 天 皇 に 働 き か け た で あ ろ う 。 そ し て つ い に 敏 達 朝 十 三 年 か ら 、 蘇 我 馬 子 は 父 の 意 思 を つ い で 、 積 極 的 に 仏 法 に 傾 倒 し は じ め る 。 ぬ か た べ 158

天皇権の起源


知 国 当 叫 ロ 徳 天 皇 ・ ~ 」 け で あ る 。 そ こ に は 権 威 を 見 せ び ら か す 底 意 が な か 「 た と は い え な い で あ ろ 2 諸 説 み 学 ゴ 昭 を め ぐ ら し 、 広 さ で は 世 界 一 の 墳 墓 と い わ れ る 仁 徳 陵 は 、 盛 土 だ け で も 一 日 千 人 が 労 役 し た と し て 、 四 カ 年 も か か る 巨 墳 で あ る と い わ れ る 。 こ ん な と て つ も な い も の を 計 画 す る の は 、 奈 章 良 の 大 仏 と 同 じ く 、 何 か に 怯 え 、 虚 勢 を 誇 ろ う と し た 時 の 権 力 者 の 妄 想 を そ こ に 見 る の で あ る 。 そ れ は さ て お き 、 こ の 仁 徳 陵 が 百 舌 鳥 野 の 一 角 に 築 か れ て か ら 、 つ づ く 履 中 陵 ・ 反 正 陵 な ど 大 小 百 ほ ど の 古 墳 が 営 ま れ 、 い っ し か 百 舌 鳥 古 墳 群 と な っ た 。 し か し 仲 哀 陵 ・ 応 神 陵 に は じ ま る 古 市 誉 田 古 墳 群 に し て も 、 仁 徳 陵 を 中 心 と す る 百 舌 鳥 古 墳 群 に し て も 、 そ れ ら が 大 和 の 地 に 築 造 さ れ な か っ た と い う こ と で 、 そ れ ま で の 三 輪 王 朝 が 倒 れ 、 新 し く 河 内 王 朝 が 誕 生 し た と 解 く の は 誤 っ て い る 。 そ れ ら 墳 墓 は 河 内 に 築 か れ 、 ま た 仁 徳 天 皇 の 都 は 特 別 の 事 情 で 難 波 に お か れ た が 、 神 功 皇 后 や 応 神 天 皇 、 ま た 履 中 天 皇 な ど 前 後 の 世 代 の 都 は 大 和 に 定 め ら れ て い る 。 大 和 が 政 治 と 文 化 の 中 心 で あ っ た こ と は 、 前 時 代 と 少 し も 変 わ っ て い な い の で あ る 。 ィ リ ヒ コ 系 ・ ワ ケ 系 の 分 類 に 疑 問 と こ ろ が こ の ほ か に 、 河 内 王 朝 説 の 大 き な 柱 と な っ た も の に 、 天 皇 な ら び に 王 族 の 名 前 か ら の 考 証 が あ る 。 井 上 光 貞 氏 や 水 野 祐 氏 な ど が 取 り 上 げ た 問 題 を 、 上 田 正 さ せ た も の で あ る 。 わ け そ の 説 に よ る と 、 応 神 朝 以 降 の 天 皇 の 和 風 の 名 に は 「 別 」 が つ く の に 対 し 、 そ れ 以 前 の も の に は

天皇権の起源


彦 へ と つ な が る も の で あ っ た と い う 。 右 の 系 譜 の よ う に 、 五 十 瓊 敷 入 彦 は 垂 仁 天 皇 の 第 一 皇 子 で 、 皇 位 は 第 二 子 の 大 足 彦 ( 景 行 ) が つ い い な ひ の お お い ら つ め お う す だ 。 つ ぎ の 皇 位 は 、 稲 日 大 郎 姫 の 生 ん だ 小 碓 ( 日 本 武 尊 ) が つ ぐ べ き で あ 「 た が 、 遠 征 の と き に 亡 く な 0 た の で 、 八 坂 入 媛 の 生 ん だ 第 二 子 の 稚 足 彦 ( 成 務 ) が 継 承 し た 。 と こ ろ が 成 務 天 皇 に は 子 が な く 、 小 碓 の 子 の 第 二 子 で あ る 足 仲 彦 ( 仲 哀 ) 〈 皇 位 が ま わ る 。 こ れ が 「 日 本 書 紀 」 な ど に み る 皇 位 の 順 位 で あ る 。 そ う し た 皇 位 の 順 位 を 否 定 す る だ け で な く 、 実 在 し な か 「 た と い う の で あ る 。 そ し て 五 十 瓊 敷 入 彦 か ら 五 百 城 入 彦 へ 皇 位 が 継 承 さ れ た と す る が 、 両 者 に は 父 子 の 続 柄 も な い 。 た だ イ リ ヒ コ 系 で 三 輪 王 朝 の 天 皇 を 連 繋 し た い と い う 一 念 で 、 強 引 に 案 出 し た も の だ と い え よ う 。 名 辞 か ら の 河 内 王 朝 説 は 不 可 そ れ に つ い て は 、 も 「 と 重 大 な 問 題 が あ る 。 稚 足 彦 の 「 稚 」 は 、 お さ な い の 意 。 足 仲 彦 の 「 仲 」 は 兄 弟 中 の 第 二 と い う 意 で 、 と も に 第 二 子 に 対 し て つ け ら れ た 名 で あ る 。 し た が 「 て 大 足 彦 ( 景 行 ) ・ 稚 足 彦 ( 成 務 ) ・ 足 仲 彦 ( 仲 哀 ) と も に 、 第 二 子 で あ る が た め に 皇 位 に つ 判 い た の で あ る 。 こ れ に 対 し て 、 兄 に あ た る 五 十 瓊 敷 入 彦 ・ 五 百 城 入 彦 ・ 稲 依 別 は 、 そ れ ぞ れ 第 一 子 説 と し て の 祭 事 権 者 で あ る 。 彼 ら は 現 人 神 と し て 独 身 を 守 り 、 子 孫 が な い こ と を 知 ら な け れ ば な ら な 内 は ん だ ま わ か 河 そ れ な の に 、 五 百 城 入 彦 か ら さ ら に 皇 統 が そ の 子 の 品 陀 真 若 王 に 結 ば れ る 。 そ し て そ の 娘 の 仲 姫 8

天皇権の起源


を 始 祖 と し た 。 そ れ は 葛 城 王 朝 の 系 譜 が 明 ら か で な い た め に 、 盗 用 し や す か っ た か ら で あ る 。 こ の の ほ か 、 大 和 朝 廷 に 入 っ て か ら の 皇 子 に 始 祖 を 求 め た も の も あ る が 、 そ の ほ と ん ど が 崇 神 ・ 垂 仁 ・ 景 笋 行 の 皇 子 の 末 裔 だ と し て い る 。 そ の こ と を 太 田 亮 氏 著 「 日 本 上 代 に 於 け る 社 会 組 織 」 を 参 考 に し て 、 か ば ね 姓 別 に 表 で 示 す と 前 ペ ー ジ の よ う に な る 。 章 表 の ご と く 、 地 方 の 各 氏 族 が 天 皇 家 に 出 自 を 求 め た も の は 、 大 和 朝 廷 の 初 期 の 皇 子 に 限 ら れ 、 そ れ も 崇 神 ・ 垂 仁 ・ 景 行 に 集 中 し て い る 。 そ の 中 で も 、 景 行 天 皇 の 皇 子 の 裔 だ と す る も の が 、 断 然 多 こ こ 引 . カ ' 、 さ た た 至 る 広 範 な 地 域 が 言 め る の に 都 合 が よ か っ た か ら で あ る 。 そ う し た 事 情 を 理 解 し て み る と 、 景 行 天 皇 の 系 譜 を 無 謀 な も の と し て 、 全 体 の 価 値 ま で 否 定 す る の は 行 き 過 ぎ で あ ろ う 。 し か し 論 者 は 他 の 理 由 か ら も 、 景 行 天 皇 を は じ め 成 務 ・ 仲 哀 の 三 天 皇 の 実 在 を 否 定 し よ う と す る 。 わ か た ら し ひ こ た ら し な か つ ひ こ 景 行 ・ 成 務 ・ 仲 哀 を 否 定 す る 説 そ の 理 由 は 、 成 務 天 皇 の 名 が 稚 足 彦 、 仲 哀 天 皇 が 足 仲 彦 で 、 そ の タ ラ シ の 名 号 は 、 三 輪 王 朝 の イ リ ヒ コ 系 と 異 質 だ か ら だ と い う 。 そ し て 七 世 紀 の 舒 明 天 皇 の 和 風 諡 号 お き な が た ら し ひ ひ ろ ぬ が あ め と よ た か ら い か し ひ た ら し ひ め が 息 長 足 日 広 額 天 皇 、 ま た 后 で あ っ た 皇 極 天 皇 が 天 豊 財 重 日 足 姫 天 皇 と 称 さ れ て い る こ と か ら 、 タ ラ シ の 名 号 は 後 世 の 修 辞 、 す な わ ち 後 の 投 影 と み な す べ き で 、 そ の た め 実 在 し な か 「 た 天 皇 だ と い う 。 こ れ は 水 野 祐 氏 の 説 を 利 用 し た も の で あ る が 、 こ の 考 証 は お か し い 。 0 0 0 8