検索 - みる会図書館

検索対象: 東京★千夜一夜 紫の魔術師と三つの石

東京★千夜一夜 紫の魔術師と三つの石から 226件ヒットしました。

東京★千夜一夜 紫の魔術師と三つの石


一 章 ニ 章 三 章 四 章 五 章 術 師 に つ の あ と か き 魔 術 師 の 別 れ 女 神 の 石 像 そ こ そ こ の 魔 術 師 紫 の 石 ・ 銀 の 石 ・ 金 の 石 夢 か う つ つ か 幻 か ・ ・ ・ ? も く し 51 1 ロ 日 1 日 日 23 日

東京★千夜一夜 紫の魔術師と三つの石


234 て 、 ヤ ヤ が こ ん な こ と を 話 し て い た 。 け い そ っ ぶ ど う し ゅ ( あ の 軽 率 さ だ 。 葡 萄 酒 で も 飲 ん て ノ 。 ヾ ー ツ と 口 を す べ ら し ち ま っ た ん だ ろ 。 そ れ を 、 キ デ ル が ぐ う ぜ ん ・ た と 、 つ 偶 然 耳 に は さ ん だ っ て 考 え る の が 妥 当 だ ろ う ね え 。 っ た く 、 と ば け た 魔 術 師 だ よ ) 大 き く う な す い た 和 花 に 、 ヤ ヤ は ( あ ん た も だ よ ) と 、 相 変 わ ら す だ っ た け れ ど 、 最 後 に 和 花 の 頬 に ク チ バ シ を 寄 せ 、 ち ょ っ と 涙 ぐ ん で く れ た 。 が 、 最 後 の 一 言 は 、 や つ ば り 、 ( い つ も ポ ケ ー と し て ん し ゃ な い よ ! ) だ っ た 。 「 で 、 サ イ ラ ム が 、 お し い ち ゃ ん に よ ろ し く 伝 え て っ て 」 い ち ぶ し じ ゅ う 和 花 は 、 以 蔵 に フ ァ ル カ ン で の 一 部 始 終 を 話 し た 。 ま ゆ 《 ト ビ ラ 》 を 抜 け て 、 来 た 時 と 同 じ 時 に 帰 っ て 来 た ら 、 な ぜ か 眠 っ た は す の 以 蔵 が 三 角 眉 を に お う だ 大 き く つ り 上 げ て 仁 王 立 ち し て い た の だ 。 す べ て を 正 直 に 話 し た け れ ど 、 サ イ ラ ム が く れ た 言 葉 だ け は 秘 密 。 サ イ ラ ム は 、 ま た も 和 花 に 別 れ の 挨 拶 の 優 し い 口 づ け を く れ 、 こ ん な こ と を 言 っ て く れ た の 「 和 花 、 あ な た が い て く れ て 、 よ か っ た で す 」 と : 特 別 な 意 味 じ ゃ な い と わ か っ て い る け れ ど 、 で も 和 花 に と っ て 大 切 な 宝 物 に な っ た 。 ラ ウ ラ と 悲 し い 別 れ を し た サ イ ラ ム の 心 の 傷 が 一 日 も は や く 癒 さ れ る こ と を 祈 る ば か り だ 。 : だ け ど 、 や つ ば り 、 ま た サ イ ラ ム に 会 い た : ほ お 0

東京★千夜一夜 紫の魔術師と三つの石


186 と っ 五 章 魔 術 師 の 別 れ さ い し よ う て い げ ん か ん 宰 相 邸 の 玄 関 ホ ー ル は 、 ま ん 中 に ば つ ん と 黄 金 の ラ イ オ ン 像 が 置 か れ 、 あ と は 四 本 の 円 柱 、 つ が 立 つ だ け の が ら ん ど う 。 と び ら お う す っ し り と 黒 光 り す る 木 製 の 玄 関 扉 の 他 は 、 バ ス ケ ッ ト コ ー ト ほ ど の 床 も 、 と こ ろ ど こ ろ 凹 か べ お う ど い ろ 凸 の あ る 壁 も 、 太 い 円 柱 も 、 す べ て 黄 土 色 の 石 で 造 ら れ て い る 。 な か に わ と ぐ ち 黒 光 り す る 玄 関 扉 の 向 か い 側 の 壁 に 開 く の は 、 中 庭 に 続 く 大 き な 戸 口 。 そ れ が 全 開 さ れ て 陽 光 に 満 ち た こ の 玄 関 ホ ー ル の 空 気 が 、 た ち ま ち ピ ン と 張 り つ め た 。 「 キ デ ル 様 が お 戻 り に ご ざ い ま す 」 ′ 」 え い ち ょ う 宰 相 の 護 衛 長 が 、 そ う 伝 え た の だ 。 し ト 小 い レ 小 だ 。 よ す み 和 花 は 、 一 つ 大 き く 呼 吸 し た 。 四 本 の 円 柱 は 、 部 屋 の 四 隅 近 く に そ れ ぞ れ 一 本 す つ 。 そ の う か く ち の 玄 関 扉 か ら 離 れ た 円 柱 に 身 を 隠 し て い る 。 サ イ ラ ム と フ リ ツ ツ 、 宰 相 も 、 一 人 す っ 円 柱 の 陰 に 身 を 隠 し 、 キ デ ル の 帰 宅 を 告 げ た 大 男 の え ん ち ゅ

東京★千夜一夜 紫の魔術師と三つの石


コ バ ル ト 文 ロ く 好 評 発 売 中 〉 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ま 小 沼 ま り 子 ◆ イ ラ ス ト / う た の ◆ 祖 父 と 、 、 ほ ほ ″ ニ 人 暮 ◆ ら し の 和 花 。 あ る 日 家 ◆ 宝 の 短 剣 が 光 線 を 放 ち 始 め 、 光 の 中 か ら 異 国 風 の 美 少 年 が 現 れ た 。 次 に 目 覚 め た と き 、 和 花 は 布 団 の 中 に い て ・ ・ ・ あ れ は 夢 だ っ た の ? 東 京 ☆ 千 夜 一 夜 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 恋 す る 魔 術 師

東京★千夜一夜 紫の魔術師と三つの石


あ い さ っ フ ァ ル カ ン で は 、 ロ づ け が 別 れ の 挨 拶 だ と い う か ら 、 き っ と 、 そ れ と 同 し よ う な も の な の そ れ を 裏 づ け る よ う に 、 和 花 か ら 手 を は ず し た サ イ ラ ム は 、 ま っ た く の 平 静 。 い つ も の よ う に 優 雅 に は ほ 笑 む ば か り だ 。 「 和 花 、 あ ら た め て 礼 を 言 い ま す 。 あ ち ら の 世 界 で は 、 い ろ い ろ 世 話 に な り ま し た 」 こ 、 こ ち ら こ そ 」 「 こ 、 ど う よ う 和 花 は 動 揺 を 静 め な が ら 、 や っ と の こ と で 笑 み を 返 し た 。 石 そ の 時 だ っ た : ・ の 一 一 一 突 如 、 背 中 を 突 か れ た の は ー 反 射 的 に 振 り 向 く と 、 目 に 飛 び 込 ん で き た の は 、 は と ん ど 消 え か け て い た 《 ト ピ ラ 》 を 、 金 術 ば っ 髪 の 頭 か ら 抜 け 出 し て 来 た 少 年 の 姿 , だ れ 紫 「 誰 卩 」 夜 前 に つ ん の め っ た 和 花 は 、 サ イ ラ ム に 受 け と め ら れ た 。 ひ ざ 夜 一 方 、 少 年 は 勢 い あ ま っ て 、 モ ス グ リ ー ン の マ ン ト を ひ る が え し 、 一 回 転 し た 後 、 床 に 膝 を が わ ☆ つ い て 身 を 起 こ し た 。 膝 丈 の マ ン ト か ら の ぞ く 脚 に は 、 な め し 革 の 長 い プ ー ツ を 着 け て い る 。 京 東 「 ぎ り ぎ り セ ー フ だ せ ! 」 む ぞ う さ ひ ざ こ ぞ う 和 花 よ り 少 し 年 上 だ ろ う か 、 少 年 は 立 て た 方 の 膝 小 僧 に 両 手 を つ い て 、 無 造 作 に カ ッ ト し た き ん

東京★千夜一夜 紫の魔術師と三つの石


200 フ リ ツ ツ は キ デ ル に 恐 い ほ ど 真 剣 な 声 を 飛 ば し た 後 、 和 花 を 通 り 越 し て 、 サ イ ラ ム に 目 を 向 「 俺 、 今 か ら 、 〈 移 動 の 術 〉 で キ デ ル の 背 に 回 り 込 む わ 。 で 、 石 を 使 え ね え よ う に す っ か ら 、 あ と は 頼 ん だ ぜ 」 「 ・ : わ か り ま し た 」 と 、 う な す く の に 間 が あ っ た の は 、 サ イ ラ ム も 和 花 と 同 し 心 配 を し て 、 で も 、 今 の 勢 い で は 、 フ リ ツ ツ は 何 を 言 っ て も 聞 か な い と 考 え た の か も 知 れ な か っ た 。 お さ そ れ で も 、 和 花 は 、 や つ ば り 不 安 が 抑 え ら れ な い ・ : 瞬 間 移 動 っ て : ・ 。 ち ゃ ん と 回 復 し た の ? と 心 配 な 目 を 向 け た ら 、 フ リ ツ ツ は お ど け た よ う な 笑 み を 浮 か べ 、 す ぐ に ホ ー ル に 目 を 戻 し て し ま っ た 。 「 つ つ ー か 、 ど う な っ て も 、 元 の 世 界 に 帰 っ て く れ よ な 」 い ち そ ん な 別 れ の 言 葉 み た い な こ と を 言 っ て 風 窓 を の ぞ き 、 キ デ ル の 位 置 を 最 終 確 認 す る 。 「 和 花 、 私 が 玄 関 ホ ー ル に 入 っ た ら 、 あ な た は 隠 し 扉 か ら 逃 げ て 下 さ い サ イ ラ ム の 言 う 隠 し 扉 は 、 バ ラ の 花 園 の 中 央 に 開 い た 空 間 、 ラ ウ ラ の 石 像 を 置 い た タ イ ル の 地 面 に 入 り 口 を 開 く 。 そ れ は 地 下 通 路 に つ な が っ て 、 高 い 白 塀 の 外 に 出 る の だ と い う 。 戸 口 の 中 に 視 線 を 戻 し て い た サ イ ラ ム が 、 応 え を 迷 っ た 和 花 に ス ッ と 目 を 向 け た 。

東京★千夜一夜 紫の魔術師と三つの石


: カ カ か わ い ら し い ロ ・ 和 花 は 相 変 わ ら ず ド ギ マ ギ し て し ま う 。 サ イ ラ ム が 特 別 な 意 味 で 言 っ て る わ け じ ゃ な い と わ か っ て る の に : ラ ウ ラ の こ と も あ っ て 、 浮 か れ た り し ち ゃ い け な い と 自 分 を い さ め た ば か り な の に : : も う 、 ど う し よ う も な い ん た か ら ー 自 分 を し か り な が ら 、 サ イ ラ ム と 同 じ よ う に タ ー バ ン を 顔 に 巻 き つ け る と 、 ヤ ヤ が バ サ ッ と 肩 か ら 頭 の 上 に 飛 び 移 っ た 。 後 ろ に 回 し た タ ー バ ン の 裾 が か ぶ さ っ て し ま っ た ら し い の ( ま っ た く 考 え な し だ ね 。 気 を つ け て お く れ よ ) 一 一 一 和 花 の 頭 の 上 に 止 ま っ た ヤ ヤ を 、 サ イ ラ ム が 腕 に 呼 ぶ 。 「 ヤ ャ 。 さ っ そ く で す が 、 フ リ ツ ツ を 捜 し て み て く れ ま す か ? 」 術 魔 ( も ち ろ ん で ご ざ い ま す 。 フ リ ツ ツ め が こ の 近 辺 に い れ は よ い の で す が : ・ 。 あ の よ う な そ こ そ 紫 こ の 魔 力 し か 持 た ぬ 者 は 、 あ ま り 遠 く に い る と 気 配 を 感 じ ま せ ん の で ) 一 「 そ れ で も 、 都 の 四 分 の 一 ぐ ら い の 広 さ は 、 感 じ ら れ る ん で す よ ね ? 」 千 さ す が 、 よ ほ ど の 魔 鳥 ー 京 あ ら た め て 感 心 す る 和 花 の 頭 に 、 ふ と 疑 間 が 浮 か ん だ 。 東 「 ヤ ャ さ ん 、 い な く な っ た イ ス マ イ ー ル の 気 配 っ て 感 じ な い ん で す か ? イ ス マ イ ー ル っ て 、 す ご い 魔 術 師 で し ょ ? 」

東京★千夜一夜 紫の魔術師と三つの石


右 奧 に あ る 扉 の 向 こ う に も 、 装 身 具 や 靴 な ど の お さ め ら れ た 衣 装 部 屋 が 続 く の だ と い う 。 ・ : す ご す ぎ る ! や つ ば り 、 王 子 さ ま だ ー 。 和 花 は 、 し ば し 、 目 を 点 に し て し ま っ た 。 こ は く い ろ に ゆ う は く し よ く た な 三 面 の 壁 は ず ら り と 天 井 ま で の 棚 を 張 り 巡 ら せ 、 乳 白 色 、 あ め 色 、 琥 珀 色 な ど の 白 、 翡 翠 、 あ さ ぎ も え ぎ ひ わ い ろ 萌 葱 、 鶸 色 な ど の 緑 、 空 色 、 浅 葱 、 ア ク ア な ど の 青 と 、 色 ご と に 区 別 さ れ 、 中 央 に は シ ル ク の り ん り つ 上 着 を 着 た ド レ ス ・ フ ォ ー ム が 林 立 し て い る の だ 。 れ い そ う そ の 一 角 に 、 や わ ら か な 金 の 輝 き を 放 つ の は 王 子 様 用 の 礼 装 だ ろ う か 、 和 花 は そ れ を ま と っ 石 た サ イ ラ ム を イ メ ー ジ し て 、 ま た う っ と り た め 息 を つ い て し ま っ た 。 そ で 一 一 一 「 何 度 か 袖 を 通 し た も の で す が 、 和 花 も こ れ を 着 て い た だ け ま す か ? 」 サ イ ラ ム が 、 片 隅 に 置 か れ た 大 き な 宝 石 入 れ の よ う な 木 箱 を 開 け る 。 か ぎ 魔 「 う ん 。 で も 、 こ れ っ て な ん で 鍵 か け て お く の ? 」 紫 和 花 は サ イ ラ ム へ と 歩 き 、 木 箱 を の ぞ き 込 ん だ 。 こ ろ も 夜 き ち ん と 積 み 上 げ ら れ た 衣 は 、 何 度 か 袖 を 通 し た と は い え は と ん ど 新 品 に 見 え る 。 も め ん せ い が 、 そ れ は サ イ ラ ム が 着 る よ う な 上 等 の シ ル ク で は な く 、 す べ て ご わ ご わ し た 木 綿 製 。 千 た び し よ う に ん ☆ 「 こ れ ら は こ っ そ り 街 へ 出 る 時 に 着 る 衣 。 旅 商 人 に な り す ま す の で す 。 で す か ら 、 召 し 物 係 の 京 東 目 に つ か ぬ よ 、 つ に : ・ 」 サ イ ラ ム は 鍵 を 手 に い た す ら つ ば く 笑 ん で 、 箱 の 中 か ら 自 分 用 の 衣 を 一 式 と 、 端 っ こ に 並 べ く っ は し ひ す い

東京★千夜一夜 紫の魔術師と三つの石


か ら 、 体 力 の 回 復 を は か っ て で も い る の だ ろ う 。 と び ら か べ だ い り せ き サ イ ラ ム は と 言 え ば 、 扉 の あ る 壁 と 向 か い 合 う 大 理 石 の 壁 を 伝 っ て 、 ゆ っ く り と 足 を 運 ん で 何 か を た し か め る よ う に 手 の ひ ら を 当 て た り 、 そ っ と た た い て み た り す る 。 「 も し か し て 、 隠 し 扉 、 捜 し て る の ? 」 和 花 は 、 サ イ ラ ム の 部 屋 に 隠 さ れ て い た 二 つ の 扉 を 思 い 浮 か べ 、 サ イ ラ ム へ と 足 を し の ば せ て 近 づ い た 。 こ う し も よ う 壁 面 は 、 大 理 石 が 大 き な 格 子 模 様 を 作 っ て い る 。 ひ み つ つ う ろ の も し 隠 し 扉 が あ れ ば 、 そ の 先 に は 秘 密 の 通 路 も あ る か も 知 れ な い し 、 そ れ は も し か し た ら 宰 っ し よ う 三 相 の 寝 室 へ と つ な が っ て い る か も 知 れ な い 。 し か 宰 相 の 屋 敷 と も な れ ば 、 隠 し 扉 の 一 つ や 一 一 つ 。 そ し て 秘 密 通 路 の 一 本 や 一 一 本 は あ っ て 然 る べ 術 魔 き も の な の だ ろ う 。 紫 「 念 の た め で す 。 す べ て の 部 屋 に あ る も の で も な い で す か ら : ・ す み ず み 一 サ イ ラ ム は そ う 言 い つ つ 、 壁 一 面 を 隅 々 ま で た し か め る つ も り の よ う だ っ た 。 千 こ の 部 屋 に 隠 し 扉 が あ る と す れ ば 、 た し か に 扉 も な く 、 廊 下 に も 中 庭 に も 面 し て い な い こ の 京 壁 が あ や し い 東 「 で も 、 そ う だ よ ね 。 宰 相 さ ん の 部 屋 と か な ら あ り そ う だ け ど : ・ 」 こ こ も 誰 か の 寝 室 に は 違 い な い だ ろ う け れ ど 、 特 別 豪 華 と い う わ け で は な く 、 隠 し 扉 を 持 ち

東京★千夜一夜 紫の魔術師と三つの石


124 ひ と み 「 と こ ろ で 、 今 日 で す が 、 金 髪 に 青 い 瞳 の 少 年 を 見 か け ま せ ん で し た か ? し サ イ ラ ム が 馬 の 革 帯 に 荷 物 を く く り な が ら 主 人 に 尋 ね た の は 、 フ リ ツ ツ の こ と だ 。 あ き な 「 金 髪 に 青 い 瞳 ? 北 の 大 陸 の や つ ら か い ? そ れ な ら 、 つ い 先 日 商 い を 終 え て 帰 っ て 行 っ た ば か り だ 。 今 日 は 見 ち ゃ な い よ 」 「 わ か り ま し た 、 あ り が と う 」 ど う た い サ イ ラ ム が 、 胴 体 の 両 脇 に き ん ち ゃ く を 下 げ た 馬 を 引 い て 、 和 花 の 元 へ 戻 っ て 来 る 。 「 や は り 、 鷹 の 魔 鳥 が 知 ら せ て く れ る の を 待 つ の が 賢 明 な よ う で す ね 」 「 う ん 。 で も ・ : 」 和 花 は 、 肩 に 止 ま る ヤ ヤ に 視 線 を 向 け た 。 目 を つ ぶ り 、 じ っ と 動 か な い 。 ま た 眠 っ て し ま っ た の だ 。 「 あ ん な に 高 く 飛 ん だ り し て 疲 れ ち ゃ っ た ん だ ね ? 無 理 さ せ ち ゃ っ て 悪 い な あ : ・ 」 「 し か し 、 ヤ ヤ は い き い き し て 見 え ま す 。 あ な た と と も に 過 ご す の が 楽 し い の で し よ う 」 ひ ょ サ イ ラ ム は ヤ ヤ を そ っ と 自 分 の 腕 に 移 し 、 手 の ひ ら を か ざ し て 日 除 け を 作 っ た 。 ャ ヤ の 顔 が や す ら い だ よ う に 見 え る の は 、 気 の せ い し ゃ な い だ ろ う 。 ひ ざ は ん と う に 、 ジ リ ジ リ と 肌 の 奧 ま で 焼 け つ く よ う な 陽 射 し な の だ 。 ま っ 青 な 空 の て つ べ ん に あ る の は 、 赤 く 大 き な 太 陽 。 か げ ろ う 強 烈 な 熱 さ が 、 空 気 を 蜉 蝣 の よ う に 揺 ら し て い る 。