検索 - みる会図書館

検索対象: 舊漢字―書いて、覺えて、樂しめて

舊漢字―書いて、覺えて、樂しめてから 281件ヒットしました。

舊漢字―書いて、覺えて、樂しめて


一 ノ 一 カ 广 一 っ 咼 一 ト 咼 っ 咼 っ 尚 互 ひ に 睦 み し 日 ご ろ の 恩 別 る る の ち に も や よ 忘 る な 身 を 立 て 名 を あ げ や よ 勵 め よ 今 こ そ 別 れ め い ざ さ ら ば 244

舊漢字―書いて、覺えて、樂しめて


【 語 】 罐 詰 の 罐 【 蘊 蓄 】 「 罐 ー の 新 字 體 が 「 缶 」 と な っ て ゐ る わ け だ が 、 こ れ は 本 當 は か な り 無 理 が あ る 。 「 藝 」 と 「 芸 」 の 關 係 の ご と き で 、 も と も と 別 字 だ か ら だ 。 「 缶 」 は 〔 音 〕 フ 、 ま た は フ ウ 。 「 ほ と ぎ ー 「 も た ひ 」 と 讀 ん で 古 代 中 國 の 器 の 名 。 「 罐 ー は カ ン ( ク ワ ン ) で 素 燒 き の 甁 を い ふ 。 指 す も の は や や 似 て ゐ る が 音 が 違 ふ 別 字 。 日 本 語 で 「 カ ン ヅ メ 」 は 「 罐 詰 」 と 書 く が こ の カ ン の 音 は 漢 字 「 罐 」 の 音 で は な く て 英 語 can ( 罐 詰 の 罐 ) の 音 か ら 取 っ た も の 。 少 し 複 雜 だ 。 よ ろ づ て う ほ う 【 例 文 】 『 萬 朝 報 』 明 治 四 十 年 十 月 十 七 日 ( 『 日 本 国 語 大 辞 典 』 ) 罐 ( 缶 ) 【 音 】 カ ン ( ク ワ ン ) 【 訓 】 ほ と ぎ か ん ( 罐 詰 な ど の プ リ キ 製 の か ん ) 1

舊漢字―書いて、覺えて、樂しめて


現 在 の 法 律 制 度 で は 、 義 務 を 履 行 す る と い ふ の に 、 决 く 履 行 し た 場 合 と 強 ひ ら れ て 已 む な く 履 行 し た 場 合 と に 區 別 を 設 け な い 。 た と へ ば 、 金 を 借 り た 者 が 、 期 日 に 滿 腔 の 感 謝 を こ め て そ の 金 を 返 し 永 く そ の 恩 を 感 じ て ゐ る 場 合 も 、 怠 っ て 裁 判 と な り 、 執 行 と な っ て し ぶ / ( 、 拂 っ た 場 合 も 、 結 局 は 義 務 の 履 行 を し た こ と に な る 。 214

舊漢字―書いて、覺えて、樂しめて


【 音 】 タ イ ダ イ 臺 ( 台 ) 【 訓 】 、 っ て な つ ら 【 語 】 氣 象 臺 の 發 表 で は 明 日 は 睛 れ 臺 北 市 臺 帳 を 調 べ る 車 三 臺 を 列 ね て 出 發 し た 宮 城 縣 仙 臺 市 【 蘊 蓄 】 も と も と 「 臺 」 の 字 と 「 台 」 の 字 と は 別 だ が 、 俗 に 「 台 」 を 「 臺 , の 略 字 と し て も 使 、 。 「 台 臨 」 ( 貴 人 っ て ゐ た 。 「 天 台 宗 」 の 「 台 」 な ど は 「 臺 」 に 戻 す わ け に は い か の 出 席 ) 、 「 台 命 」 ( 貴 人 の ご 命 令 ) な ど も 同 樣 。 部 首 は 「 至 ー だ が い ま の 漢 和 辭 典 は 「 ロ 」 部 に 擧 げ る も の が 多 い 「 台 」 は 「 颱 風 . の 「 颱 ー 、 「 擡 頭 」 の 「 擡 」 な ど の 書 き 換 へ 字 と し て 使 は れ る こ と が あ る 。 し か し 「 擡 頭 」 は 「 頭 を 擡 げ る こ と ・ 勢 力 を 伸 ば し て く る こ と 」 だ が 、 「 台 」 に 「 も た げ る , の 意 味 は な い 。 「 颱 , は 英 語 typhoon の 音 譯 字 。 【 例 文 】 正 岡 子 規 「 は て 知 ら ず の 記 」 明 治 二 十 六 年 16 )

舊漢字―書いて、覺えて、樂しめて


【 音 】 コ ク 國 ( 国 ) 【 訓 】 く に 【 語 】 國 語 の 授 業 國 歌 は 君 が 代 、 國 旗 は 日 の 丸 日 本 國 憲 法 三 島 由 紀 夫 の 「 憂 國 忌 」 愛 國 心 祖 國 を 捨 て る 【 蘊 蓄 】 「 國 ー の 字 は ロ に 「 或 」 を 加 へ た も の 。 新 字 「 国 」 は 俗 字 「 国 。 に 點 を 加 へ た も の 。 「 國 」 の 別 體 に 德 川 光 圀 の 「 圀 ー が あ る が 、 こ れ は 則 天 武 后 が 自 ら の 權 威 づ け の た め に こ し ら へ た い は ゆ る 「 則 天 文 字 」 。 作 家 江 國 香 織 さ ん は 「 國 」 の 字 。 「 江 国 ー と は 書 け な い 。 よ し を 【 例 文 】 山 田 孝 雄 『 國 語 學 史 』 昭 和 十 八 年

舊漢字―書いて、覺えて、樂しめて


日 日 日 帋 日 日 か れ は 眼 を こ す り 、 繪 の 傍 に 近 寄 り 、 も う い ち ど 調 べ て み た 。 現 實 の 繪 そ の も の を 見 て も 、 な ん の 變 化 の 兆 候 も な い 。 そ れ で ゐ て 、 全 體 の 表 情 が 趣 き を 變 へ て ゐ る こ と は 疑 ふ 餘 地 が な い の で あ る 。 か れ の 錯 覺 で は な い 。 怖 し い ほ ど 明 白 な 事 實 だ っ た 。 帋 ト 晋

舊漢字―書いて、覺えて、樂しめて


詹 ( 日 一 ) 【 音 】 タ ' に な ふ か た ぐ ( か た げ る ) 上 地 を 擔 保 に し て 金 を 借 り る 走 壘 擔 當 コ ー チ は 齋 藤 だ 怪 我 人 を 擔 架 で 運 ぶ 泥 棒 の 片 棒 を 陰 謀 に 荷 擔 す る 作 業 の 分 擔 を 決 め る 庶 民 に は 負 擔 が 大 き い 擔 ぐ 縁 起 を 擔 ぐ 【 蘊 蓄 】 新 字 「 担 」 は 「 擔 」 の 俗 字 を 取 っ た も の だ が 、 も と も と 別 字 の 「 担 」 も あ る 。 ケ ッ と 讀 む 。 た だ 、 日 本 で 使 ふ 熟 語 。 ( こ よ ま づ は 現 れ な い の で 無 視 し て い い 。 「 荷 擔 ー は 「 加 擔 ー と す る こ と が あ る が 本 來 「 荷 擔 」 だ ら う 。 「 擔 」 は 「 か た ぐ ( か た げ る ) 」 と も 讀 む 。 漢 和 辭 典 に こ の 訓 は あ ま り 出 て ゐ な い や う だ が 、 や や 古 い 言 葉 だ か ら 。 「 詹 」 を 持 っ 字 に は 他 に 「 膽 ( き も ) ー 「 檐 ( タ ン ・ エ ン ・ ひ さ し ) 」 「 簷 ( タ ン ・ エ ン ・ ひ さ し ) 」 な ど が あ る 。 「 膽 」 は 常 用 漢 字 に 入 っ て 「 胆 」 と な っ て ゐ る 。 【 例 文 】 大 岡 昇 平 『 野 火 』 昭 和 一 一 十 七 年 た ん 167

舊漢字―書いて、覺えて、樂しめて


岡 田 は 窓 の 女 に 會 釋 を す る や う に な っ て か ら 餘 程 久 し く な っ て も 、 其 女 の 身 の 上 を 探 っ て 見 よ う と も し な か っ た 。 無 論 家 の 様 子 や 、 女 の 身 な り で 、 か こ ひ も の 圍 物 だ ら う と は 察 し た 。 併 し 別 段 そ れ を 不 快 に も 思 は な い 。 し か

舊漢字―書いて、覺えて、樂しめて


或 時 須 永 は あ ま り 敬 太 郎 が 斯 う い ふ 様 な 浮 ず つ そ れ た 事 ば か り 言 ひ 募 る の で 、 「 夫 ぢ や 君 は 何 ん な 事 が し て 見 た い の だ 。 衣 食 間 題 は 別 と し て 」 と 聞 い た 。 敬 太 郎 は 警 視 廳 の 探 偵 見 た や う な 事 が し て 見 た い と 答 へ た 。

舊漢字―書いて、覺えて、樂しめて


恆 ( 恒 ) 【 語 】 恆 久 の 平 和 を 願 ふ 恆 常 的 な 食 糧 不 足 恆 産 な け れ ば 恆 心 な し 毎 年 恆 例 の 朝 顏 市 輻 田 恆 存 譯 『 オ セ ロ ー 』 【 蘊 蓄 】 「 恆 ー は 「 心 」 と 、 「 つ ね 」 の 意 と 音 を 表 す 「 亙 」 と か ら 成 る 。 「 亙 」 に は 「 わ た る , の 意 も あ っ て 名 附 け に よ く 使 は れ る 。 「 亘 」 は 別 字 だ が し ば し ば 混 用 さ れ る 。 【 例 文 】 『 孟 子 』 「 梁 惠 王 」 【 音 】 コ ウ 【 訓 】 つ ね つ ね に り ゃ う の け い わ う せ ん