検索 - みる会図書館

検索対象: クッキング★ボーイ! 天才シェフは16歳

クッキング★ボーイ! 天才シェフは16歳から 272件ヒットしました。

クッキング★ボーイ! 天才シェフは16歳


物 コ バ ル ト 文 庫 く 好 評 発 売 中 〉 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 益 ″ ◆ ヅ 0 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ イ ラ ス ト / ひ だ か な み ◆ ◆ ◆ ◆ 姉 の 死 で 天 涯 孤 独 に な ◆ っ た ゆ き を 、 通 夜 の 日 ◆ 弟 と 名 乗 る 少 年 夫 が 訪 第 ね て き た 。 「 一 緒 に 暮 そ う 」 と 無 邪 気 に 微 笑 む 彼 に 導 か れ 、 招 か れ た 家 で は 幼 い 兄 弟 が ニ 人 暮 し を し て い た ・ ・ ・ ! ? ア マ テ ラ ス の 封 印 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ま 倉 本 由 布

クッキング★ボーイ! 天才シェフは16歳


の 盛 り 付 け に 仕 上 げ た 。 有 り 合 わ せ の 簡 単 料 理 だ け ど 、 何 よ り 、 ー プ に 残 さ れ た 娘 さ ん の 気 持 ち が 入 っ て い る 。 遊 佐 は 何 を 思 う の か 、 料 理 を じ っ と 見 つ め た ま ま だ っ た 。 ビ デ オ の 中 で 、 春 菜 が 奏 で る バ イ オ リ ン の 音 色 が 静 か に 流 れ 続 け る 中 、 昴 は 彼 の 横 で 、 息 吹 も た は 再 び ソ フ ア に 腰 を 下 ろ し た 雛 の 隣 で 、 哲 朗 は 戸 口 に 背 を 凭 せ て 、 そ れ ぞ れ に さ り げ な く 孤 独 な 父 親 を 見 守 っ て い る 。 歳 昴 は 遊 佐 が 見 つ め る 料 理 に 目 を や っ た 。 フ ミ ル フ ィ ー ユ の 断 層 は 、 彼 が 長 い 年 月 を か け て 積 み 重 ね た 春 菜 と の 思 い 出 を 、 工 お や さ し い 翡 翠 色 の ソ ー ス は 、 彼 女 に 注 い だ 彼 の 深 い 愛 情 を 、 こ み ど り 天 濃 緑 を 積 み 上 げ た ク レ ソ ン は 、 そ ん な ソ ー ス に 包 ま れ た 断 層 か ら 芽 吹 く 新 し い 生 命 を 表 し た イ つ も り だ っ た 。 も た ら ポ 遊 佐 の 内 で 春 菜 が 再 生 し 、 穏 や か な 気 持 ち を 齎 す よ う に 願 い を 込 め て : グ ン そ し て 、 今 、 昴 は 、 彼 が そ れ を 食 し て く れ る の を 心 静 か に 待 っ て い た 。 料 理 の 力 を 信 じ て 。 キ そ ん な 気 持 ち も 、 自 分 の 中 で 新 た に 起 こ っ た 未 知 の 感 覚 だ っ た 。 不 意 に 、 春 菜 の バ イ オ リ ン の 音 色 が 消 え た 。 は せ ん み ん な の 視 線 を 集 め た テ レ ビ 画 面 は 、 ビ デ オ が 止 ま り 、 プ ル ー の 地 に 細 か な 破 線 を 流 し て い か な

クッキング★ボーイ! 天才シェフは16歳


っ て い た 。 長 い 夜 の 間 に 兄 へ の 想 い を 溢 れ さ せ 、 自 分 の 気 持 ち を 持 て 余 し て ど う し よ う も な く な る と 、 こ こ に 来 て 、 こ う し て 泣 い て い た の か も 知 れ な い 。 な ぐ さ 兄 は こ ん な ふ う に 今 で も 息 吹 の 心 を 独 占 し て い た 。 対 し て 、 弟 は と 言 え ば 、 彼 女 を 慰 め る こ と も で き す 、 ま し て 泣 き 顔 さ え 隠 さ れ て し ま う 。 息 吹 は 、 彼 女 と 兄 と の こ と に 昴 が 立 ち 入 る の を 掴 ん で い る の だ 。 昴 に は 関 係 な い こ と 、 と 言 わ れ た も 同 然 だ っ た 。 彼 女 に と っ て 、 昴 は い つ ま で た っ て も 弟 以 外 の 何 者 で も な い の だ 。 息 吹 が 小 さ な 足 音 を 立 て な が ら 、 未 だ 息 を ひ そ め て 少 し 後 を 付 い て 来 る 。 ・ : そ う や っ て 泣 く く ら い だ っ た ら 、 な ん で 兄 貴 を 連 れ 戻 さ な い ん だ ? 昴 に は 、 息 吹 が そ の 気 に な れ ば 、 兄 は 絶 対 に 戻 っ て 来 る と い う 確 信 め い た も の が あ る 。 そ れ な の に 、 そ う し な い の は 何 故 な の か ? 何 が あ っ た っ て 一 言 う ん だ よ の ど も と と 、 喉 元 ま で 込 み 上 げ た 問 い を グ ッ と 呑 み 込 み 、 「 イ ン グ リ ッ ト 、 競 走 だ ! 」 昴 は 地 面 を 蹴 っ て 、 猛 然 と 駆 け 出 し た 。 哲 朗 が ピ ー ナ ツ ツ を 投 げ て は ロ の 中 へ バ ク ン の 一 〇 連 発 を 成 功 さ せ て 、 ピ エ ロ の 挨 拶 の よ う に 顔 の 横 で 握 り 合 わ せ た 手 を シ ェ イ ク さ せ た 。 あ ふ あ い さ っ

クッキング★ボーイ! 天才シェフは16歳


今 で は 、 〃 か っ て の 〃 を つ け る べ き な の だ ろ う け れ ど 、 レ ス ト ラ ン 三 鷹 は 縦 長 の 細 い 窓 を 並 こ み ど り が き べ た ク リ ー ム 色 の 一 軒 家 で 、 四 方 を 囲 む 濃 緑 の 低 い 生 け 垣 と と も に 美 し い 街 並 み の 中 に し っ と と り 溶 け 込 ん で い た 。 ら ん ま ん 春 爛 漫 の 今 、 何 の 異 変 も な け れ ば 、 正 面 に 面 し た 桜 の 並 木 道 が レ ス ト ラ ン 三 鷹 に 淡 い ピ ン ク い ろ ど の 彩 り を 添 え て い た は ず だ 。 そ ん な 、 も う 見 る こ と も な い 懐 か し い 景 色 を 抜 け て 、 昴 は 並 木 道 を 東 へ 向 か っ た 。 こ の ま ま 真 っ す ぐ に 進 め ば 、 息 吹 が 世 話 に な っ て い る と い う 隣 町 の 久 石 酒 店 に 行 き 着 く 。 距 離 に し て 4 ~ 5 0 0 メ ー ト ル と い , っ と こ ろ だ ろ , つ か と う し て い る ん だ ろ う ? : 息 吹 は 今 、 ・ や み く も 昴 は 闇 雲 に 走 り な が ら 、 癖 の な い さ ら さ ら の 髪 を か き む し っ た 。 何 も 知 ら ず に の ほ ほ ん と 日 ほ う ・ ろ ・ う と ほ う 本 中 を 放 浪 し て い た 自 分 が 、 途 方 も な い 大 バ カ 野 郎 に 思 え る 。 ひ と 息 吹 は 兄 に 別 れ を 告 げ ら れ 、 独 り ば っ ち に な っ て い た 。 そ ん な こ と に な っ て る な ん て 、 夢 に も 思 わ な い じ ゃ な 、 か , ち か そ う 、 康 平 は 将 来 を 誓 い 合 っ た 息 吹 の 元 を 離 れ 、 あ ろ う こ と か 蘭 子 と 婚 約 し た と 言 う の だ 。 こ ぶ し ほ お 康 平 は 、 昴 の 拳 を 受 け た 頬 に 手 の 甲 を 当 て 、 あ の 優 し い 笑 み を 浮 か べ た 。 『 ま い っ た よ 。 お ま え の パ ン チ 、 ま た 強 く な っ た な 』 と : な っ 0

クッキング★ボーイ! 天才シェフは16歳


214 の 土 手 に 到 達 す る 。 「 : ・ ニ ョ ロ ラ ン 、 何 の 事 故 だ っ た の ? 」 お も む 徐 ろ に 息 吹 へ と 視 線 を 向 け た ら 、 そ の 瞬 間 、 彼 女 は ハ ッ と 我 に 返 っ た よ う に 顔 を 引 き 締 め て 、 「 : ・ 歩 道 橋 か ら 落 ち た の 。 康 ち ゃ ん と 一 緒 に い た 時 に : ・ 」 と 、 歩 き 出 し た 。 「 ・ : っ て 、 ま さ か 、 そ の 責 任 と っ て と か 言 わ な い よ ね ? 」 あ ん 足 早 に 土 手 を 下 っ て 行 く 息 吹 の 背 中 の 沈 黙 が 、 暗 に そ れ を 肯 定 し て い る 。 に い た だ け な ん だ ろ う ? 」 「 そ う な の ? な ん だ よ 、 そ れ 、 バ カ じ ゃ な い の た だ 一 緒 昴 は 信 じ ら れ な い 思 い で 、 息 吹 を 追 っ た 。 兄 も 息 吹 も お 人 よ し に も ほ ど が あ る 。 「 バ カ と か 言 わ な い で 。 康 ち ゃ ん は す ご く 苦 し ん で : ・ 。 優 し い か ら : ・ 」 「 優 し い と か 優 し く な い と か の 問 題 じ ゃ な い だ ろ う ? バ カ だ よ 兄 貴 は ! 」 「 や め て っ た ら ! 」 「 息 吹 だ っ て 、 一 人 で 泣 く く ら い な ら 、 何 で 兄 貴 を 引 き 留 め な か っ た ん だ よ 」 「 昴 の バ カ ! 」 ひ ら て 息 吹 は 不 意 に 立 ち 止 ま り 、 昴 の 頬 に バ シ ッ と 平 手 を 飛 ば し て 行 っ て し ま っ た 。 怒 っ た 顔 で 瞳 を う る う る さ せ な が ら : ほ お

クッキング★ボーイ! 天才シェフは16歳


に て れ て れ と 女 の 子 を 迎 え に 来 る よ う な 奴 じ ゃ な か っ た の だ 。 優 し か っ た け れ ど 、 「 決 し て こ ん な ん ば な 軟 派 な 奴 じ ゃ な か っ た 。 「 : ・ 昴 、 ご め ん な 」 康 平 が パ ワ ー ウ イ ン ド ー を 下 ろ し た 。 い つ も の 落 ち 着 い た 穏 や か な 表 情 を 取 り 戻 し 、 得 も 言 わ れ ぬ 優 し い 笑 み を 浮 か べ る 。 そ れ が ま た 、 昴 の 体 内 の 血 を 逆 流 さ せ て 、 「 何 で そ う や っ て 笑 え る の 息 吹 が ど ん な に 苦 し ん で る か わ か ら な い の か よ 」 と 、 運 転 席 の 兄 の 腕 を グ イ と っ か み 上 げ た 。 「 ち ょ っ と 来 て よ ! 」 フ 「 ま あ ま あ 、 落 ち 着 き な よ 」 わ 哲 朗 が 来 て 、 昴 の 肩 を 取 0 て 抑 え る 一 方 、 「 ご ぶ さ た で す 」 と 、 康 平 に 挨 な ど す る 。 天 「 う る さ い 。 哲 は 黙 っ て ろ ! 」 イ 昴 は 哲 朗 の 手 を 振 り 切 っ て 、 兄 の 腕 を つ か ん だ 手 に 力 を 込 め た 。 ポ 「 来 い っ て ! 」 グ 「 : ・ わ か っ た 」 ン キ 兄 が ポ ル シ ェ を 降 り る 。 「 康 平 ! 何 処 へ 行 く の ? そ ん な の 放 っ て 置 き な さ い よ Ⅱ 」 か ど 蘭 子 が 角 だ っ た 声 を 飛 ば し て き た の で 、 あ

クッキング★ボーイ! 天才シェフは16歳


120 哲 朗 が 突 き 出 し た 手 の 平 の 上 に 、 小 さ な ト ロ フ ィ ー が 立 っ て い る 。 「 哲 に や ろ ー 、 ん な も ん 、 勝 手 に 持 っ て 来 ん な ! 」 ど な 昴 は 怒 鳴 り な が ら ダ ッ シ ュ し て 、 ト ロ フ ィ ー に 手 を 伸 ば し た 。 が 、 ほ ん の コ ン マ 何 秒 か の 差 か ど で 、 息 吹 に 持 っ て 行 か れ て し ま っ た 。 調 理 台 の 角 に 、 彼 女 が そ れ ま で 握 り 締 め て い た パ ー カ ー さ っ た ば と 札 束 が ポ ツ ネ ン と 置 か れ て い る 。 「 全 国 新 人 シ ェ フ コ ン ク ー ル 優 勝 三 鷹 昴 。 ・ : で す っ て 」 息 吹 は ト ロ フ ィ ー の 台 座 を 目 に 近 付 け 、 そ の 金 の プ レ ー ト に 刻 み 込 ま れ た 文 字 を 読 み な が ら 、 だ ん だ ん と 顔 を 輝 か せ て い っ た 。 「 で 、 こ れ 、 昨 日 の 日 付 だ っ た り ? 」 の ぞ 哲 朗 が 首 を 伸 ば し て 、 金 の プ レ ー ト を 覗 き 込 ん だ 。 「 : ・ な る ほ ど ね 」 お も む う な ず 息 吹 と 哲 朗 が 大 き く 頷 き 合 い 、 二 人 そ ろ っ て 徐 ろ に 昴 に 顔 を 向 け る 。 昴 は 全 身 が カ ー ツ と 熱 く な る の を 感 じ な が ら ガ ッ ク リ と 肩 を 落 と し 、 で き た ら こ の 体 の 熱 で 蒸 発 し て し ま い た い と 思 っ た 。 料 理 の 道 か ら 降 り る と 家 出 ま で し て お き な が ら 、 け つ き よ く フ ラ ン ス 料 理 の コ ン ク ー ル に 参 加 し て い た の だ 。 男 も 廃 り ま く っ て 、 上 げ る 顔 も な い 。 そ う 、 昴 は 昨 日 、 横 浜 の ホ テ ル で 行 わ れ た 新 人 シ ェ フ コ ン ク ー ル の 本 選 で 、 優 勝 デ イ プ ロ マ す た

クッキング★ボーイ! 天才シェフは16歳


い っ か き っ と 、 「 息 吹 さ ん ? い い 思 い 出 に な る 日 が 来 る と 思 い ま す 」 「 : ・ え っ ? 」 「 : ・ ご め ん な さ い 、 突 然 。 で も 、 そ ん な ふ う に 感 じ た ん で す 」 「 ・ : そ う ? ち ょ っ と 驚 い ち ゃ っ た け ど 、 で も 、 ・ : あ り が と う 」 息 吹 は 瞳 に 複 雑 な 色 を 浮 か べ な が ら も 、 雛 に は な ん と も 一 言 え な い 優 し い 笑 み を 浮 か べ た 。 「 今 の っ て 占 い な の ? 」 哲 朗 が さ ら り と 質 問 を 挟 み 込 む 。 「 : ・ と 言 う か 、 な に か を 占 う と き は そ の 人 の 星 を み る ん で す 。 そ う す る と 、 フ ッ て 何 か を 感 じ フ て 、 そ れ は そ の 時 々 で 違 う し 、 何 も 感 じ な い と き も あ っ て : ・ 。 う ま く 説 明 で き な い け ど 、 何 と お な く そ ん な ふ う に 思 う っ て 言 う か ・ : 」 天 雛 が そ の 感 覚 を 伝 え よ う と し て う ま く 表 現 で き ず に 言 葉 を 切 る と 、 イ 「 で も 、 そ れ が 当 た る わ け だ よ ね ? 雛 ち ゃ ん も お 母 さ ん も 。 そ う 言 え ば さ 、 い ろ ん な 人 が み げ せ わ か ん て い り よ う ポ て も ら い に 来 る っ て 聞 い た け ど 、 下 世 話 な 話 、 鑑 定 料 と か っ て い く ら ぐ ら い な の ? 」 グ 哲 朗 は 、 本 人 が 言 う よ う に 本 当 に は し た な い こ と を あ っ け ら か ん と 聞 い て し ま っ た 。 ン キ 「 わ か ら な い で す 。 わ た し は 占 う だ け で 、 他 の こ と は 叔 父 た ち が ・ : 」 「 お 母 さ ん の 方 は ? 」 「 母 は 決 め て な か っ た で す 。 お 気 持 ち を い た だ け れ ば っ て 。 そ れ で も 、 た く さ ん 置 い て い く 人

クッキング★ボーイ! 天才シェフは16歳


「 あ り が と 。 で も 、 き っ と 自 然 な 流 れ が あ る ん だ な あ っ て 思 う 。 わ た し が そ れ を せ き 止 め ち ゃ う わ け に は い か な い ん だ っ て 、 考 え て た の 」 昴 が 複 雑 な 心 境 で 思 わ ず ふ う と た め 息 を も ら す と 、 「 で も 、 レ ス ト ラ ン 三 鷹 の 再 建 は 、 手 伝 っ て も ら う か ら ! 」 う な ず 息 吹 は 明 る い 声 を 出 し て 、 大 き く 頷 い て 見 せ た 。 「 そ れ と 、 昼 間 、 ほ っ ぺ 叩 い て ご め ん ね 。 心 配 し て く れ て る の わ か っ て る ん だ け ど : ・ 」 「 い い よ 、 別 に 」 「 だ け ど 、 康 ち ゃ ん の こ と は 、 今 は 、 自 分 の 中 で も 気 持 ち が 整 理 で き な い し 、 だ か ら 、 話 す こ と も で き な い の 。 : で も 、 好 き に な っ て 良 か っ た っ て 、 思 う 。 あ ん な に 強 く て 優 し い 人 っ て い な い で し よ う ? 」 息 吹 は す た す た と 歩 い て 背 中 で 話 し 、 不 意 に く る り と 振 り 向 く と 、 「 昴 の お 兄 ち ゃ ん な の に ね ? と 、 首 を 既 げ 、 そ れ か ら 、 い た ず ら 0 ば く 笑 ん で 見 せ た 。 「 俺 の 兄 貴 だ か ら だ ろ う ? 」 昴 は い つ も の よ う に 減 ら ず 口 を 叩 き な が ら 、 息 吹 の 後 を 追 っ た 。 彼 女 の 横 で い つ ま で た っ て も 弟 と し て し か 存 在 で き ず に 、 相 変 わ ら ず 心 は チ ク チ ク 痛 む け

クッキング★ボーイ! 天才シェフは16歳


ひ 8 折 、 目 を 見 張 り つ つ 首 を 捻 っ て い た 。 目 が 慣 れ て く る と 、 ひ ょ ろ り と し た 長 身 と 後 ろ で 一 つ に 束 ね た 髪 が 黒 服 に な じ ん で 、 ど う し て ど う し て イ ケ て る : ・ よ う に 見 え て く る か ら 不 思 議 だ 。 「 ・ : そ う ? じ ゃ 、 お 一 言 葉 に 甘 え て 」 息 吹 は そ う 言 い な が ら も 、 右 手 を か ば っ て 出 来 る 仕 事 を 見 つ け て い る 。 デ ザ ー ト を 出 し 終 え て 、 キ ッ チ ン は 片 付 け を 残 す だ け だ っ た が 、 そ れ も す っ か り 終 わ る ま で は じ っ と し て い ら れ な し よ う ぶ ん い の だ ろ う 。 こ の 人 の 性 分 で 仕 方 が な い 。 「 帰 り に 医 者 に 寄 る か ら な 」 昴 は 洗 い 物 の 手 を テ キ パ キ と 動 か し な が ら 、 背 後 で 何 げ な く 動 き 回 る 息 吹 に 声 を 飛 ば し 、 そ し て チ ラ リ と テ ー プ ル の 雛 に 目 を や っ た 。 認 め た く な い け れ ど 、 や は り 気 に な る の だ 。 彼 女 い な 食 べ る か 否 か : ニ ラ ア イ ス 添 え 〉 が 、 皿 の 上 に 繊 細 で 美 雛 の 目 の 前 で は 、 〈 洋 梨 の キ ャ ラ メ ル ロ ー ス ト ・ バ し い オ プ ジ ェ を 見 せ て い る 。 優 し く 甘 い 魅 力 的 な 香 り も 彼 女 の 鼻 を く す ぐ り ま く る は ず だ っ っ ) 0 、 、 ゝ 「 こ れ も ダ メ な の か よ ー 昴 は 心 の 中 で た め 息 を つ い た 。 ひ ざ 雛 は 背 筋 を ピ ン と 伸 ば し て 膝 に 置 い た 手 に 目 を 落 と し た ま ま 、 た だ そ こ に 座 っ て い る だ け だ 。 フ ォ ー ク を 握 ろ う と も し な い 。 せ ん さ い