検索 - みる会図書館

検索対象: 世界一わかりやすい 英単語の授業

世界一わかりやすい 英単語の授業から 241件ヒットしました。

世界一わかりやすい 英単語の授業


Answer 01 intentlonal[mténsanl] 形 意 図 的 な ③ わ ざ と す る 反 則 A 「 イ ン テ ン シ ョ ナ ル フ ァ ウ ル 」 と は 「 わ ざ と す る 反 則 」 で す 。 例 け wasn'tintentional. 「 わ ざ と し ゃ な か っ た ん だ 」 < 関 連 > intention 面 tén レ 司 「 意 図 」 02A iSO ー a 物 on 面 s n ] 孤 立 ① 孤 立 さ せ る 「 ア イ ソ レ ー シ ョ ン 」 と い う 戦 術 は 「 1 人 だ け 孤 立 し た よ う に 攻 撃 を し か け る 戦 術 」 で す 。 ボ ク は バ ス ケ の マ ン ガ で 覚 え ま し た 。 例 feelings of isolation 「 孤 独 感 」 < 関 連 > isolate [ålSOIélt] 団 「 孤 立 さ せ る 」 03 diVISIon 分 割 ① 分 割 さ れ た 地 域 A ア メ リ カ は 広 い で す か ら 、 NBA の チ ー ム は 「 地 域 こ と に 分 割 さ れ て 」 試 合 を し ま す 。 そ れ そ れ の 分 割 さ れ た 地 区 を division と 呼 ん で い ま す 。 例 the division of labor 「 分 業 」 < 関 連 > divide [dlvåld] 団 「 分 割 す る 」 S 」 一 、 ス ポ ー ツ か ら 覚 え る 245

世界一わかりやすい 英単語の授業


バ ス ケ ッ ト か ら 覚 え る Question 。 1 02 intentional 「 イ ン テ ン シ ョ ナ ル フ ァ ウ ル 」 っ て 、 ど ん な 反 則 ? ① え げ つ な い 反 則 ② 衝 動 的 に し ち ゃ う 反 則 ③ わ ざ と す る 反 則 「 ア イ ソ レ ー シ ョ ン 」 っ て 、 ど ん な 戦 術 ? isolation ① 孤 立 さ せ る 03 division ② み ん な で 囲 む NBA で 使 う division っ て 何 ? ① 分 割 さ れ た 地 域 ② 新 人 選 手 獲 得 ③ 力 を 振 り 絞 る ③ ト ー ナ メ ン ト 方 式 244

世界一わかりやすい 英単語の授業


◎ ④ 0 凹 新 の イ メ ー ジ で き な い も の は 覚 え ら れ な い 英 単 語 は こ う す れ ば 覚 え ら れ る 14 ペ ー ジ で 「 単 語 の 暗 記 は リ ア リ テ ィ で 決 ま る 」 と 言 い ま し た が 、 日 本 語 で も 同 じ で す 。 た と え ば 「 薔 薇 」 「 葡 萄 」 を 中 学 生 は ほ ほ 、 一 発 で 覚 え ま す 。 ※ 書 く の は 無 理 で も 、 す ぐ 読 め る よ う に な り ま す 。 英 単 語 も 「 読 め る = 意 味 が わ か る 」 が 最 優 先 で す よ 。 予 備 校 の 教 え 子 で 、 幼 稚 園 の と き に 大 量 の 漢 字 を 覚 え た と い う 子 が い ま し た 。 「 猫 」 も 「 虎 」 も 「 薔 薇 」 も 読 め た そ の 子 が 、 い つ ま で も 苦 労 し た 漢 字 は 「 肉 」 と 「 昼 」 だ っ た そ う で す 。 猫 0 「 肉 」 は 具 体 的 な も の で す が 、 イ メ ー ジ が 持 ち に く い 漢 字 で す 。 漢 字 カ ー ド の 裏 に は 「 肉 」 の 絵 が 描 い て あ っ た そ う で す が 、 マ ン ガ で 原 始 人 が 食 べ て い る 肉 だ っ た そ う で す 。 幼 稚 園 児 は あ ん な 肉 を 現 実 に は 見 た こ と は な い は ず で す 。 ま た 、 「 昼 」 も あ い ま い で す 。 「 朝 」 と 「 夜 」 は 朝 日 や 真 っ 暗 な 空 が 浮 か び ま す が 、 「 昼 」 っ て イ メ ー ジ が わ き に く い で す 。 そ の 子 に と っ て 「 肉 」 と 「 昼 」 は イ メ ー ジ し づ ら い 、 ゆ え に 覚 え ら れ な か っ た ん で す 。 23

世界一わかりやすい 英単語の授業


映 画 」 で す 。 「 1 」 = mono - 、 「 2 」 = bi- @icycle は 「 ニ 輪 車 」 ) 、 「 3 」 = ⅲ ー (triangle は 「 三 角 形 」 、 「 多 数 」 = multi- ( 85 ペ ー ジ ) に な り ま す 。 0 monotone 面 å = 。 。 t 面 司 名 単 調 「 1 つ (mono) の 音 色 (tone) 」 → 「 単 調 な 」 っ て 意 味 に な り ま し た 。 tone は 「 音 色 ・ 色 合 い 」 の 意 味 で 、 「 ツ ー ト ン カ ラ ー (two-tone) 」 っ て 言 い ま す 。 例 speak in 0 monotone 「 単 調 に 話 す 」 く 関 連 > monotonous [monå:tanas] 形 「 単 調 な 」 ◆ monotonous 「 単 調 な 」 は 、 monotone の 形 容 詞 と 気 づ け ば カ ン タ ン で す 。 monopoly [monå:pali] 独 占 「 1 つ (mono) の 企 業 し か な い 」 「 独 占 」 っ て 意 味 に な り ま し た 。 ゲ ー ム の 「 モ ノ ボ リ ー 」 は 「 独 占 す る こ と を 競 う ゲ ー ム 」 で す 。 例 have 0 monopoly 「 独 占 す る 」 語 源 か ら 覚 え る 0 田 "ab" か ら 覚 え る 1 Q abnormal を 2 つ に 分 解 す る と ? A ab 十 nort-nal -Q: ab 「 離 れ た 」 0 abnormal b 。 5 = " 目 形 異 常 な 「 ふ つ う (normal) か ら 離 れ た (ab) 」 → 「 異 常 な 」 っ て 意 味 に な り ま し た 。 例 have an abnormalinterestin insects 「 昆 虫 に 異 常 な 興 味 を 持 つ 」 0 abuse [objü:z] 団 乱 用 す る 「 ふ つ う か ら 離 れ た (ab) 、 使 い 方 を す る (use) 」 → 「 乱 用 す る 」 っ て 意 味 に な り ま し た 。

世界一わかりやすい 英単語の授業


Answer 01 「 ec a い rl 語 ⅶ 独 唱 会 ・ 暗 唱 ② 彼 ひ と り A 「 リ サ イ タ ル 」 と は 「 独 唱 会 」 の こ と で す 。 ド ラ え も ん で は 「 ジ ャ イ ア ン リ サ イ タ ル 」 と い う 言 葉 が 出 て き ま す 。 彼 は 常 に 「 独 唱 」 で す 。 「 独 唱 」 す る た め に は 「 暗 唱 」 す る 必 要 が あ り ま す 。 さ ら に figive 0 recital 「 独 唱 会 を 開 く 」 く 関 連 > recite [nsålt] 団 「 唱 す る 」 02 「 e ー e [nvåIV] 団 復 活 す る ・ 復 活 さ せ る ③ 復 帰 コ ン サ ー ト A 「 再 び ( 「 e ) 、 生 き る (vive) 」 → 「 復 活 す る 」 っ て 意 味 に な り ま し た 。 vive=live で す ( 64 ペ ー ジ ) 。 名 詞 は revival[ 復 活 」 で す 。 「 ( 歌 手 の ) リ バ イ バ ル コ ン サ ー ト ( revivalconce ① 」 と は 「 芸 能 界 復 帰 コ ン サ ー ト 」 の 「 と で す 。 例 revive 0 旧 memories 「 古 い 記 憶 を よ み が え ら せ る 」 03 lnsplratlon [ 添 p 飛 朝 司 突 然 の ひ ら め き ・ 刺 激 ② 突 然 の ひ ら め き ミ ュ ー ジ シ ャ ン が 「 イ ン ス ピ レ ー シ ョ ン が わ く 」 っ て 言 い ま す ね 。 正 確 に は 「 突 然 の ひ ら め き ・ 刺 激 」 と い う 意 味 で す 。 例 GeniUS iS one percentinspiration and ninety-nine percent perspiration. 「 天 才 と は 1 % の 発 想 力 と 99 % の 努 力 で 作 ら れ る 」 ◆ エ ジ ソ ン (Edison) の 言 葉 で す 。 実 は inspiration と perspiration が 韻 を 踏 ん で い る ん で す 。 < 関 連 > inspire [mspålor] 団 「 や る 気 に さ せ る 」 ◆ 「 心 の 中 に (in) 、 命 を 吹 き 込 む (spire : spirit 「 精 神 」 の こ と ) 」 「 や る 気 に さ せ る 」 っ て 意 味 に な り ま し た 。 テ レ ビ か ら 覚 え る A 153

世界一わかりやすい 英単語の授業


Answer 01 preslde [prwåld] 団 司 会 す る ・ 管 理 す る president 「 社 長 」 A president 「 社 長 」 の 動 詞 形 が preside 「 司 会 す る ・ 管 理 す る 」 で す 。 ( 大 き な 会 社 で は 「 社 長 」 と 「 司 会 」 の イ メ ー ジ が つ な が ら な い か も し れ ま せ ん が ) 中 小 企 業 な ら ば 「 社 長 」 → 「 場 を 仕 切 る 」 → 「 司 会 す る ・ 管 理 す る 」 に な り ま す 。 例 She presided overthe business of the m. 「 彼 女 は 会 社 の 業 務 を 仕 切 っ た 」 02A fame lm ] 名 声 ち ょ っ と 視 点 を 変 え れ ば 覚 え ら れ る A : famous 「 有 名 な 」 famous 「 有 名 な 」 の 名 詞 形 が fame 「 名 声 」 で す 。 実 際 は こ れ に 気 づ か す 苦 労 し て い る 人 が か な り 多 い と 思 い ま す 。 こ う や っ て 覚 え れ は カ ン タ ン で す ね 。 「 有 名 に な る 」 ◆ 直 訳 「 名 声 を 得 ら れ る と こ ろ ま で や っ て く る 」 03 excel [lksél] 団 勝 る A : excellent 「 素 晴 ら し い ・ 優 れ た 」 excellent 「 素 晴 ら し い ・ 優 れ た 」 の 動 詞 形 が excel 「 勝 る 」 で す 。 「 優 れ た 」 → 「 他 に 勝 っ て い る 」 と い う こ と で す 。 例 He excelled me in mathematics. 「 彼 は 私 よ り 数 学 の 出 来 が よ か っ た 」 39

世界一わかりやすい 英単語の授業


音 楽 関 係 か ら 覚 え る recital 。 1 「 ジ ャ イ ア ン リ サ イ タ ル 」 っ て 、 何 人 で 歌 っ て い る ? ① み ん な で ② 彼 ひ と り ③ 映 画 で は 優 し い 02 reviva ー 「 リ バ イ バ ル コ ン サ ー ト 」 っ て 、 ど う い う 意 味 ? ① 初 コ ン サ ー ト ② 解 散 コ ン サ ー ト ③ 復 帰 コ ン サ ー ト inspiration 03 「 イ ン ス ピ レ ー シ ョ ン が わ く 」 っ て 、 何 が 生 ま れ る こ と ? ① 不 安 ② 突 然 の ひ ら め き ③ 思 い 出 152

世界一わかりやすい 英単語の授業


0 surmount[sormåunt] 団 打 ち 勝 つ 「 上 に (sur) 、 登 る (mount) 」 → 「 打 ち 勝 つ 」 っ て 意 味 に な り ま し た 。 mount 「 登 る ・ 乗 る 」 と い う 動 詞 で す 。 格 闘 技 で 「 相 手 の 上 に 乗 る (mount) 」 こ と を 「 マ ウ ン ト ボ ジ シ ョ ン 」 と 言 い ま す 。 ま た 、 mount の ス ペ ル は mountain 「 山 」 に 似 て い ま す ね 。 「 山 に 登 る 」 っ て 関 連 づ け る と 記 憶 に 残 り ま す 。 例 surmountlanguage barrier 「 言 葉 の 壁 を 乗 り 越 え る 」 0 urface 5 。 引 表 面 「 顔 (face) の 上 (sur) 」 → 「 表 面 」 っ て 意 味 に な り ま し た 。 例 on the surface of the wa す e 「 「 水 面 に 」 0 perior [su(:)piarior] 形 優 れ て い る superior は も と は ラ テ ン 語 で す 。 ラ テ ン 語 は 員 族 が 使 っ て い た 難 し い 言 葉 で 、 庶 民 は superior を う ま く 発 音 で き ず 、 短 く super っ て 発 音 し 始 め た と 考 え れ ば 覚 え や す く な り ま す 。 つ ま り superior # super で す 。 例 His caris superiorto mine. 「 彼 の 車 の ほ う が 私 の 車 よ り い い 」 ◆ besuperiorto ~ 「 ~ よ り 優 れ て い る 」 で 、 to は 「 ~ よ り 」 っ て 意 味 で す 。 語 源 か ら 覚 え 1 ß"sub" か ら 覚 え る Q SUb っ て 、 ど う い う 意 味 ? ② 下 ① 上 ③ 真 ん 中 A ② 下 ー@: sub 「 下 」 SlJb は 「 下 」 っ て 意 味 で す 。 む か し 「 パ ー マ ン 」 と い う マ ン ガ で 、 ガ キ 大 将 カ バ 夫 の 子 分 に 「 サ プ 」 と い う キ ャ ラ が い ま し た ( ガ キ 大 将 の 「 下 に い る 」 っ て 意 味 で す 。 ジ ャ 65

世界一わかりやすい 英単語の授業


Answer 07A lnsight 面 t ] 洞 察 カ A 「 中 (in) を 見 る (sight) 」 → 「 洞 察 力 」 っ て 意 味 に な り ま し た 。 例 0 person 0f insight 「 洞 察 力 の あ る 人 」 08 responslble [ 。 、 叩 、 。 b 目 形 責 任 が あ る A ・ respons 十 ible 「 " 「 こ の 責 任 者 は 誰 ? " と 聞 か れ て 、 " 私 で す " と 反 応 (response) で き る (ible) 」 → 「 責 任 が あ る 」 と い う 意 味 に な り ま し た 。 例 Wh0 was responsible for the accident? 「 そ の 事 故 の 貢 任 は 誰 に あ り ま し た か ? 」 09 outstanding 語 t d ⅶ 形 目 立 っ た ・ め ざ ま し い OUt + standing ち ょ っ と 視 点 を 変 え れ ば 覚 え ら れ る ・ in + sight A 「 す こ く 背 の 高 い 人 が 、 人 「 、 み か ら 外 へ (0Ut) 頭 1 つ 出 て 立 っ て い る (standing) 」 → 「 目 立 っ た ・ め ざ ま し い 」 っ て 意 味 に な り ま し た 。 例 an outstanding student 「 優 等 生 」 s ヤ 0 れ d ⅲ 9 0 : 35

世界一わかりやすい 英単語の授業


◎ 覚 え や す い も の で 記 憶 す る た と え läexcel 「 勝 る 」 と い う 単 語 を 覚 え る と き ・ ・ 【 語 源 か ら 】 「 ex ( 離 れ て い る ) + cel ( そ び え 立 つ ) 」 「 他 者 か ら 突 出 し て い る 」 → 「 勝 る 」 も ち ろ ん こ れ が 正 攻 法 で す が 、 cel 「 そ び え 立 つ 」 を さ ら に 覚 え な き や い け な い の は 苦 痛 で す 。 excel の 場 合 、 語 源 に こ だ わ ら す 、 excellent 「 優 れ て い る 」 の 動 詞 が excel と 言 っ た ほ う が 早 い で す 。 も ち ろ ん 語 源 が 役 立 っ と き は 語 源 で 覚 え ま す 。 そ の 時 々 で 「 一 番 覚 え や す い 」 も の で 説 明 い た し ま す ! 【 最 終 手 段 】 「 mudd は ・ ・ ・ ・ ・ マ ド ル ・ ・ ・ ・ ・ ・ マ ゼ ル ・ ・ ・ ・ ・ ・ 混 ぜ る 」 【 聞 き 覚 え か ら 】 「 ( カ ク テ ル を 作 る ) 混 ぜ る 棒 」 は 「 マ ド ラ ー (muddler) 」 【 語 源 か ら 】 「 泥 (mud) で 汚 し て 「 、 ち や ご ち ゃ に 混 ぜ る 」 muddle 「 混 ぜ る 」 な ら ・ ・ 1 8 こ と に こ だ わ ろ う ! ! ・ ア プ ロ ー チ に は こ だ わ ら す 、 「 単 語 を マ ス タ ー す る 」 ・ 潜 在 的 に 覚 え て い る 英 単 語 か ら す く い 出 そ う ! ! 今 日 か ら は ・ ・ ・ rnud 引 e の よ う に , い く つ も の 説 明 が で き る 単 語 も あ る ん で す ! !