検索 - みる会図書館

検索対象: 完訳 日本の古典 第三十五巻 新古今和歌集 ㈠

完訳 日本の古典 第三十五巻 新古今和歌集 ㈠から 529件ヒットしました。

完訳 日本の古典 第三十五巻 新古今和歌集 ㈠


摂 政 太 政 大 臣 の 家 の 歌 合 に 、 「 羇 中 の 晩 の 嵐 」 と い う 題 を 詠 ん だ 歌 藤 原 定 家 朝 臣 ど こ に 、 今 夜 は 宿 を 借 り よ う か 。 日 も タ 暮 に な っ て 、 山 集 の 峰 の 嵐 の 吹 き お ろ す 中 で 。 和 題 意 を 、 夕 暮 の 山 の 嵐 の 中 で 宿 を 求 め る 心 で 満 た し 、 今 そ の 寂 し い 旅 情 を 流 麗 な 音 楽 で 生 動 さ せ て い る 。 古 新 旅 の 歌 と し て 詠 ん だ 歌 旅 人 の 袖 を 吹 き 返 し て い る 秋 風 の 中 で 、 夕 日 が 寂 し く さ し て い る 山 の 掛 橋 よ 。 さ ん ど う 旅 人 が 、 夕 日 の さ す 山 の 桟 道 を 、 秋 風 で 袖 を ひ る が え し な が ら 渡 っ て い る 。 夕 日 の 色 が 、 孤 独 な 旅 人 の 姿 を 浮 彫 り に し て い る 感 が あ る 。 藤 原 家 隆 朝 臣 故 郷 で 聞 い た 嵐 の 音 ま で も 似 て い な い 。 忘 れ て し ま え よ 、 さ や 故 郷 の 人 を 。 こ の 佐 夜 の 中 山 で 。 藤 原 雅 経 白 雲 の か か っ て い る 幾 重 の 峰 を 越 え て き た こ と で あ ろ う か 。 慣 れ て い な い 旅 路 の 嵐 に 、 そ の 吹 く ま ま に 、 袖 を 巻 か せ て 。 山 路 の 旅 を 終 え た 心 で の 作 。 上 句 の 、 越 え て き た 山 々 の 遠 望 の 感 と 、 下 句 の 、 嵐 に 身 を ゆ だ ね た わ び し さ の 追 懐 と が 溶 け 合 い 、 優 雅 で あ る 。 佐 夜 の 中 山 の 旅 寝 の わ び し さ を 詠 ん だ 作 。 す べ て が 故 郷 と は ち が っ て い る 変 化 を 、 「 嵐 の 声 」 で 強 調 し 、 故 郷 の 人 が 忘 れ ら れ な い 心 の 耐 え が た さ を 、 「 忘 れ ね 人 を 」 で 強 調 し て い る 。 激 し い 抒 情 。

完訳 日本の古典 第三十五巻 新古今和歌集 ㈠


大 納 言 隆 季 Ⅷ 新 し い 年 が わ た し の 身 を 尋 ね て き て い る の で あ ろ う か 。 9 ひ ま 6 「 隙 ゆ く 駒 」 に 道 を ま か せ て 。 集 年 の 暮 に の ぞ み 、 年 の 過 ぎ る 速 さ を い ま さ ら の よ う に 和 感 じ て の 作 。 年 を 「 隙 ゆ く 駒 」 に 乗 っ て 来 る も の と 擬 今 古 人 化 し た 才 気 が 、 抒 情 を 浅 く し て い る 。 新 俊 成 卿 の 家 で 十 首 の 歌 を 詠 み ま し た 時 に 、 「 歳 暮 」 俊 恵 法 師 の 趣 を 嘆 き つ づ け て 今 年 も 暮 れ て し ま う 。 は か な い 命 が 生 き て し る と い う だ け を 、 思 い 出 と し て 。 こ の 一 年 も 、 不 運 を 嘆 き つ づ け て 生 き た 作 者 に は 、 無 常 の 命 を 生 き 長 ら え た と い う だ け が 歳 暮 の 思 い 出 と い え る 、 と い う 。 老 境 の き び し い 述 懐 。 侍 従 百 首 の 歌 を さ し あ げ た 時 察 し て ほ し い 。 八 十 歳 と い う 年 の 暮 で あ る の だ か ら 、 ど れ ほ ど も の 悲 し い こ と で あ ろ う か 、 と 。 端 的 で 、 し か も 、 優 雅 な 抒 情 に 、 年 の 暮 に の そ ん だ 老 696 よ 697 摂 政 太 政 大 臣 ふ し 8 石 上 の 布 留 の 野 の 笹 が 、 幾 度 も の 霜 に あ っ て 、 一 節 ば か り 残 っ て い る こ ろ に な っ た が 、 今 年 も 、 あ と 一 夜 ば か り 残 っ て い る 年 で あ る こ と よ 。 「 石 上 」 か ら の 序 詞 の 、 霜 に い た め ら れ た 笹 の 情 景 の 心 細 い 感 が 、 あ と 一 夜 ば か り に な っ た 年 の 暮 の 心 細 い 感 を 呼 ぶ 、 流 麗 な 抒 情 で あ る 。 境 の 深 切 な 哀 感 が 流 露 し て い る 。 西 行 法 師 題 知 ら ず う き ぎ と し ぎ 昔 の こ と を な っ か し く 思 う 庭 に 、 年 木 な ら ぬ 浮 木 を 積 ん で 置 い て 、 昔 の 世 と は ま っ た く 変 っ た 年 の 暮 で あ る こ と 歳 暮 に 、 草 庵 の 庭 に わ ず か に 積 ん だ 浮 木 を 眺 め な が ら 、 出 家 前 の 、 年 木 を う ず 高 く 積 ん だ こ ろ の 生 活 か ら の 変 化 を 思 っ て の 作 。 「 浮 木 を 積 み 置 き て 」 が 、 孤 独 な 仏 道 修 行 生 活 の 哀 感 を 深 め て い る 。 い そ の か み ふ る

完訳 日本の古典 第三十五巻 新古今和歌集 ㈠


題 知 ら す 西 行 法 師 梅 の 花 の 盛 り の わ た し の 宿 を 尋 ね て き て く れ よ 。 人 と い そ え ん う も の は 、 疎 遠 に す る の も 場 合 に よ る も の だ 。 集 歌 孤 独 を 楽 し み な が ら 、 人 を 恋 い 、 わ け て も 風 雅 の 友 を 和 恋 う 心 の 動 き が 、 言 葉 の 屈 折 し た 調 べ で 、 お も し ろ く 今 古 表 現 さ れ て い る 。 式 子 内 親 王 百 首 の 歌 を さ し あ げ た 時 に 、 春 の 歌 も の 思 い を し な が ら 見 入 っ て い た 今 日 と い う 日 は 、 わ た の き ば し が 亡 く な っ て 昔 に な っ て し ま っ て も 、 軒 端 の 梅 の 花 だ け は 、 わ た し を 忘 れ て く れ る な 。 孤 独 に つ つ ま し く 生 き て い た 作 者 の 深 い 悲 愁 を 、 高 雅 に 響 か せ て い る 。 そ で と ど 土 御 門 内 大 臣 の 家 で 、 「 梅 の 香 袖 に 留 ま る 」 と い う 藤 原 有 家 朝 臣 題 を 詠 み ま し た 時 に 梅 の 花 は 散 っ て し ま っ た の で 、 今 は 、 袖 に と ど ま っ て い る そ の 香 だ け で あ る の に 、 ま だ 梅 の 花 が あ る と 思 っ て か 、 袖 に 春 風 が 吹 い て く る こ と だ 。 う ぐ い す 本 歌 の 、 折 ら れ た 梅 の 花 を 慕 う 鶯 を 、 散 っ て し ま っ た あ と の 梅 の 花 を 慕 う 春 風 に 変 え た だ け で 、 優 艶 な 新 し い 風 情 に し て い る 。 八 条 院 高 倉 題 知 ら ず た だ わ た し ひ と り だ け で も の 思 い を し な が ら 見 て い て 、 散 っ て し ま っ た 。 梅 の 花 は 。 梅 の 花 の 情 趣 を 知 る ほ ど の 人 は 尋 ね て き て く れ な い で 。 梅 の 花 の 情 趣 が わ か る 人 が つ い に 尋 ね て く れ な か っ た 嘆 き を 、 背 景 の 本 歌 で 余 情 深 く し て い る 。

完訳 日本の古典 第三十五巻 新古今和歌集 ㈠


守 覚 法 親 王 の 家 の 五 十 首 の 歌 に 藤 原 定 家 朝 臣 田 霜 の 降 り 乱 れ る 空 で 弱 り し お れ た 雁 の 、 春 に な っ て 北 へ 帰 る つ ば さ に 、 今 、 春 雨 が 降 っ て い る こ と だ 。 集 歌 冬 の 空 の 霜 で つ ば さ の し お れ た 雁 が 、 今 、 遠 い 北 国 へ 和 帰 る 、 そ の つ ば さ を い た わ る よ う に 暖 か い 春 雨 が 降 る 今 古 の で あ る 。 哀 艶 な 風 情 に な っ て い る 。 新 「 閑 中 の 春 雨 」 と い う 題 を 大 僧 正 行 慶 春 の 長 雨 に 、 じ っ と 見 入 っ て も の 思 い を し な が ら 、 身 に あ ま し み て 寂 し さ を 感 じ る の は 、 忍 草 に っ た わ る 軒 の 雨 だ れ で あ る こ と よ 。 だ い え い 題 詠 で あ る が 、 孤 独 な 草 庵 生 活 の 心 境 歌 。 昔 を 思 わ せ る 忍 草 に っ た わ る 軒 の 玉 水 は 、 寂 し く 美 し い き さ い み や 寛 平 の 御 代 、 后 の 宮 の 歌 合 の 歌 伊 勢 池 水 の 表 面 に 美 し い 模 様 を 織 り 散 ら す 春 雨 が 、 山 の 、 あ の 美 し い 緑 を す べ て 染 め 出 し て い る の で あ ろ う か 。 眼 前 の 池 水 の 波 紋 は 織 物 、 遠 く の 山 一 面 の 緑 は 染 物 、 い ず れ も 春 雨 の 美 し い 工 芸 だ と 見 立 て た の で あ る 。 優 雅 な 知 的 趣 向 で あ る 。 百 首 の 歌 を さ し あ げ た 時 摂 政 太 政 大 臣 永 久 に 変 ら な い 山 の 岩 に 生 え て い る 苔 の 、 春 雨 が 染 め た の で は な い 緑 に 、 春 雨 が 降 っ て い る こ と だ 。 山 の 岩 の 苔 の 不 変 の 緑 が 、 春 雨 で い ち だ ん と 美 し い と い う の で あ る が 、 「 染 め ぬ 緑 」 が 巧 み す ぎ る 。 清 輔 朝 臣 の 所 で 、 「 雨 中 の 苗 代 ー と い う 題 を 詠 ん だ 歌 勝 命 法 師 雨 が 降 る の で 、 田 の 農 夫 は ひ ま が あ る こ と だ 。 苗 代 水 を 空 に そ そ ぎ か け さ せ て 、 自 分 で は な に も し な い で 。 苗 代 水 の 心 配 の い ら な い 農 夫 の 安 ら ぎ の 姿 を 、 下 句 の 機 知 で お も し ろ く し て い る 。

完訳 日本の古典 第三十五巻 新古今和歌集 ㈠


殷 富 門 院 大 輔 い な ぐ き 6 わ が 家 の 門 前 の 刈 田 の 臥 処 に 寝 て い る 鴫 の 、 稲 茎 の 床 が 6 あ ら わ に 見 え る 、 冬 の 夜 の 月 よ 。 集 冬 の 夜 の 冴 え た 月 に あ ら わ な 刈 田 の 稲 茎 の 床 の 鴫 が 、 歌 和 優 艶 。 本 歌 の 恋 の 情 が 、 そ の 感 を 深 め て い る 。 今 古 新 清 輔 朝 臣 冬 枯 の 森 の 、 朽 葉 に 置 い た 霜 の 上 に さ し て い る 月 の 光 の 寒 々 と し て い る こ と よ 。 し ん か ん そ と う ば ′ 一 せ き 「 森 間 の 寒 月 」 と い う 題 に よ る 作 で 、 蘇 東 坡 の 「 後 赤 へ き の ふ 壁 賦 」 の 句 境 に 導 か れ な が ら 、 凝 視 の 深 さ と 描 写 の 的 確 さ と に よ っ て 、 題 の 感 を 生 か し て い る 。 千 五 百 番 の 歌 合 に 皇 太 后 宮 大 夫 俊 成 女 0 寒 さ に 悩 ん で 目 覚 め た 枕 に さ し て い る 光 を 見 る と 、 霜 の 深 く 置 い た 夜 の 、 有 明 の 月 の 光 で あ る こ と だ 。 わ び 住 い の 、 寒 さ に 目 覚 め た そ の 目 に 映 っ た 枕 も と の や 右 衛 門 督 通 具 9 涙 が 霜 と な る 片 袖 を 敷 い て の 独 り 寝 に 、 心 安 ら か に な っ 6 て 寝 ら れ な い 夜 の 月 の 光 の 寒 々 と し て い る こ と よ 。 月 の 光 が 寒 々 と さ し 入 る 霜 夜 の 、 独 り 寝 の わ び し さ を 詠 ん だ も の 。 第 三 句 か ら 第 四 句 へ の つ づ き が っ か え る し 、 表 現 全 体 が 煩 雑 で 感 味 が と ば し い 。 五 十 首 の 歌 を さ し あ げ た 時 藤 原 雅 経 と ど 光 を 映 し 止 め た 露 の 宿 り を 思 い 出 し て 、 露 と 置 き 換 っ た あ さ ぢ う 霜 に 、 露 の 宿 り の 跡 を 訪 れ て い る 浅 茅 生 の 月 よ 。 浅 茅 生 の 秋 の は か な い 露 に 映 っ た 月 が 、 今 、 冬 の 霜 に 映 っ て 光 っ て い る 。 そ の 月 に 、 本 歌 を 背 景 と し て 、 は か な く 世 を 生 き た 親 し ん だ 女 性 の 死 後 の 宿 を 訪 れ る 男 性 の 姿 を 見 て い る 趣 が あ る 。 哀 艶 な 歌 境 で あ る 。 光 に 、 霜 の 深 い 夜 の 有 明 の 光 を 感 じ た 、 と い う の で あ る 。 感 覚 の 鋭 さ が 抒 情 を 深 め た 。

完訳 日本の古典 第三十五巻 新古今和歌集 ㈠


旅 の 歌 と し て 詠 み ま し た 歌 前 大 僧 正 慈 円 2 東 国 へ の 旅 路 で 、 わ た し が 夜 中 に し み じ み 眺 め 入 っ て い る こ と を 、 都 の 人 に 語 っ て ほ し い 。 都 の 山 に 落 ち か か る 集 月 の 光 よ 。 和 発 想 の 基 盤 は 前 の 歌 と 同 様 。 自 分 の 面 影 を 見 て い る 都 古 の 人 に 、 自 分 の 思 い を 語 っ て ほ し い 、 と い う 。 「 都 の 新 山 に か か る 月 影 」 が 哀 切 に し て い る 。 「 海 浜 に 夜 を 重 ぬ 」 と い っ た 題 を 詠 み ま し た 歌 幾 夜 、 月 を 感 深 い も の と 見 入 っ て き た こ と だ ろ う か 。 そ の よ う に 見 入 っ て き て 、 今 夜 も ま た 、 波 の 寄 せ か け る 海 べ で 、 伊 勢 の 浜 荻 を 折 り 敷 い て 旅 寝 を す る こ と よ 。 題 中 の 「 海 浜 」 を 伊 勢 の 海 浜 と し 、 本 歌 の 浜 荻 に 月 を 配 し 、 旅 情 の わ び し さ を 優 雅 に し て い る 。 百 首 の 歌 を さ し あ げ た 時 宜 秋 門 院 丹 後 す ず か が わ ~ 今 ま で 知 ら な か 0 た 鈴 鹿 川 の 多 く の 瀬 の 波 を 舟 で 分 け 過 ぎ て き て 、 独 り 寝 の た め に 敷 く も の は 、 片 袖 な ら ぬ 伊 勢 の 浜 荻 で あ る こ と よ 。 前 の 歌 と 同 様 、 伊 勢 の 海 浜 の 旅 寝 の わ び し さ 。 二 首 の 本 歌 に よ り 、 浜 荻 を 折 り 敷 い て の 独 り 寝 に 、 道 中 の 鈴 鹿 川 の 八 十 瀬 の 波 を く わ え 、 「 知 ら ざ り し 」 「 片 敷 く も の は 」 の 驚 き で 、 新 味 を 生 ん だ 。 題 知 ら ず 前 中 納 言 匡 房 風 が 寒 く て 、 伊 勢 の 浜 荻 を 分 け て い く と 、 衣 を 借 り る と い う 雁 が 、 波 の 上 で 鳴 く の が 聞 え る 。 本 歌 の 「 衣 か り が ね 」 を 主 題 に し た 作 。 本 歌 の 「 夜 」 を 「 風 」 に 変 え 、 「 か り が ね 」 を 海 上 の も の と し 、 「 伊 勢 の 浜 荻 」 を 配 し て 、 感 味 新 鮮 な 旅 情 に し た 。 権 中 納 言 定 頼 こ も ま く ら 磯 に 慣 れ な い で 心 も う ち 解 け て 寝 ら れ な い 旅 寝 の 菰 枕 に 荒 く か け て く れ る な 。 水 の 白 波 よ 。 ち く ぶ し ま 『 定 頼 集 』 に よ る と 、 琵 琶 湖 竹 生 島 の 旅 寝 の わ び し さ で 、 題 詠 的 手 法 の 誇 張 は あ る が 、 実 感 の 重 さ が あ る 。

完訳 日本の古典 第三十五巻 新古今和歌集 ㈠


題 知 ら ず 皇 太 后 宮 大 夫 俊 成 一 方 で は 凍 り 、 一 方 で は 砕 け て 流 れ る 山 川 の 、 岩 の 間 に む せ び 泣 く よ う に 聞 え て い る 。 暁 の 声 よ 。 集 発 想 の も と は 、 『 白 氏 文 集 』 の 詩 句 に あ り 、 『 源 氏 物 和 語 』 に も 見 え る 。 岩 間 を 、 凍 っ て は 砕 け 、 砕 け て は 凍 今 り し て 流 れ る 暁 の 山 川 の 寂 し い 自 然 の 声 を 生 か し 、 幽 古 新 玄 な 音 楽 に し た 。 6 引 633 わ び し さ の 極 み の 、 枕 の 涙 も 袖 の 涙 も 、 皆 凍 っ て 眠 ら ゅ う け い れ な い 寒 夜 、 嵐 ま で が 夢 を 妨 げ る の で あ る 。 雄 勁 な 声 り ん り ん 調 で 、 わ び し さ を 凜 々 と 響 か せ て い る 。 五 十 首 の 歌 を さ し あ げ た 時 上 流 が と ぎ れ と ぎ れ に 凍 る の か 。 岩 間 か ら 水 が 流 れ て き て 、 清 滝 川 に ま だ 残 0 て 立 0 白 波 よ 。 清 滝 川 の わ ず か な 白 波 に 、 上 流 の 水 の 所 々 凍 る 情 景 を 摂 政 太 政 大 臣 想 像 し た の で あ る 。 水 が 涸 れ て き て 荒 涼 と し て い る 冬 消 え そ う に な っ て 、 岩 の 間 に さ ま よ っ て い る 水 の 泡 が 、 の 山 川 の 情 景 が 、 目 に 浮 ぶ 。 6 し ば ら く 宿 を 借 り る 薄 氷 で あ る こ と よ 。 百 首 の 歌 を さ し あ げ た 時 消 え そ う に な っ て 、 岩 の 間 に 漂 っ て い る 水 の 泡 が 、 し ば ら く 薄 氷 に つ い て と ど ま る 情 景 を 詠 ん だ も の 。 仏 教 5 片 袖 を 敷 い て 寝 る わ び し い 独 り 寝 の 袖 の 涙 の 氷 も 結 ば れ 、 的 人 生 観 を 投 影 さ せ 、 水 の 泡 を 、 迷 い な が ら 生 き る 無 心 も ま た 結 ば れ て 、 安 ら か に 寝 ら れ な い 夜 の 夢 が 短 い こ 常 の 人 間 の よ う に 見 、 薄 氷 を 、 仮 の 宿 で あ る 無 常 の 世 と だ 。 の よ う に 見 て 、 哀 感 深 い 作 に し た 。 本 歌 の 『 源 氏 物 語 』 の 歌 の 趣 を 、 「 片 敷 の 袖 の 氷 」 に よ っ て 新 し く し 、 寒 夜 の 独 り 寝 の わ び し さ を 、 重 厚 ・ 枕 に も 、 袖 に も 、 涙 が 凍 っ て い て 、 眠 ら れ な い 夜 の 、 夢 優 雅 に う た い あ げ て い る 。 に な ら な い 夢 を 、 吹 き 訪 れ る 嵐 で あ る こ と よ 。

完訳 日本の古典 第三十五巻 新古今和歌集 ㈠


ふ す ま 最 勝 四 天 王 院 の 襖 に 、 宇 治 川 を 描 い て あ る 所 太 上 天 皇 6 橋 姫 の 、 片 袖 を 敷 い て 寝 る 独 り 寝 の 衣 が 寒 い 筵 で 、 男 神 集 6 を 待 っ て い た 夜 が 、 か い も な く 、 男 神 の 来 な い ま ま で 迎 あ け ば の 和 え る 宇 治 の 曙 よ 。 冬 の 宇 治 川 の 絵 に 、 本 歌 の 宇 治 の 橋 姫 が 、 寒 夜 、 男 神 古 新 を 待 ち 明 か し た 姿 を 想 像 し て の 作 。 声 調 は 高 格 、 わ び し く 、 し か も 優 艶 な 気 分 を か も す 。 前 大 僧 正 慈 円 あ じ ろ 網 代 木 に た ゆ た 0 て い る 波 の 音 が 夜 更 け た 音 に な 0 て 、 ひ と り 寝 て し ま っ た こ と か 。 宇 治 の 橋 姫 よ 。 本 歌 の 『 古 今 集 』 の 歌 か ら 、 橋 姫 の 独 り 寝 の 姿 を 想 像 し て の 作 。 『 万 葉 集 』 の 歌 の 「 波 」 の 音 に よ る 冬 の 夜 更 け の 感 が 、 幽 玄 な 歌 境 に し て い る 。 式 子 内 親 王 百 首 の 歌 の 中 に 見 て い る う ち に 、 冬 は 来 た こ と だ 。 鴨 の 浮 ん で い る 入 江 3 み ぎ わ の 汀 が 薄 く 凍 っ て き て 。 入 江 の 汀 が み る み る 薄 氷 を 広 げ て い く 動 き に 、 冬 を 感 じ た 驚 き を 詠 ん だ 作 。 さ わ や か な 抒 情 で 、 「 鴨 の ゐ る 」 が 、 味 を 細 や か に し て い る 。 摂 政 太 政 大 臣 の 家 の 歌 合 に 、 「 湖 上 の 冬 月 」 藤 原 家 隆 朝 臣 9 志 賀 の 浦 で は 岸 辺 か ら 凍 り 、 遠 ざ か っ て い く 波 の 間 か ら 、 6 氷 の よ う な 冷 た い 光 を 放 っ て 出 る 有 明 の 月 よ 。 題 意 を 、 志 賀 の 浦 の 冬 の 有 明 月 で 満 た し た 作 。 本 歌 の 世 界 を 「 遠 ざ か り ゆ く 波 間 」 に 巧 み に 圧 縮 し 、 凄 艶 な 有 明 月 を 配 し た 幽 玄 な 画 趣 。 守 覚 法 親 王 が 五 十 首 の 歌 を 詠 ま せ ま し た 時 に 皇 太 后 宮 大 夫 俊 成 0 た だ ひ と り 眺 め て い た 池 の 氷 に 澄 ん で 映 っ て い た 月 の 光 が 、 そ の ま ま 、 涙 で 濡 れ て い た 袖 に も 映 っ て い た こ と よ 。 月 の 映 っ た 袖 は 、 ひ と り 見 入 っ て い た 池 の 氷 に 澄 む 月 の 哀 感 の 涙 で い っ し か 濡 れ て い た 袖 。 情 景 に 、 作 者 の 気 息 が 深 々 と 生 き て い る 幽 玄 境 で あ る 。 せ い え ん

完訳 日本の古典 第三十五巻 新古今和歌集 ㈠


袖 に こ の よ う に 月 が 映 れ と は 、 月 に 約 束 し て お か な い 。 そ の こ と を 、 涙 は 知 っ て い る の か 。 宇 津 の 山 越 え よ 。 集 同 じ く 秋 の 宇 津 の 山 の 旅 情 。 月 は 、 わ び し さ か ら の 袖 歌 和 の 涙 に 宿 る 。 そ の 理 を 涙 は 知 っ て い る か と の 問 い で 哀 今 古 艶 に し た が 、 巧 み に 過 ぎ る 感 も あ る 。 新 前 大 僧 正 慈 円 く れ な い し ぐ れ ~ 立 田 山 で 、 秋 の 今 、 行 く 人 の 哀 感 の 涙 で 紅 に 染 ま 0 て い る 袖 を 見 よ 。 木 々 の 梢 は 、 ま だ 、 時 雨 に あ わ な い か の よ う に 思 わ れ る こ と だ 。 秋 の 立 田 山 の 哀 感 深 い 旅 情 を 詠 ん だ 作 。 紅 涙 で 染 ま っ た 人 の 袖 は 、 名 高 い 紅 葉 の 色 を も 浅 く 見 せ る と い う 趣 。 袖 と 紅 葉 と の 色 の 暗 示 が 微 妙 。 鴨 長 明 百 首 の 歌 を さ し あ げ た 時 の 、 旅 の 歌 悟 っ て 行 く ま こ と の 道 で あ る 仏 道 に は い っ て し ま っ た の で 、 恋 し い は ず の 故 郷 も な い 。 仏 道 と そ の 修 行 の 旅 路 と を 重 ね て の 旅 情 。 俗 念 を 仏 道 の 理 で 押 え た 孤 独 の 心 が 感 味 を 生 ん で い る 。 さ ん け い あ す か が わ 初 瀬 に 参 詣 し て 帰 り 道 に 、 飛 鳥 川 の 辺 に 宿 っ て い ま 素 覚 法 師 し た 夜 、 詠 み ま し た 歌 故 郷 〈 帰 0 て い く の は 明 日 に な ろ う か 。 飛 鳥 川 よ 。 渡 ら な い 前 に 、 淵 と 瀬 と が 変 っ て く れ る な 。 飛 鳥 川 を 前 に し た 即 興 。 明 日 、 帰 郷 で き る 心 の は ず み で 、 本 歌 を 背 景 に 、 世 は 無 常 で も 、 淵 瀬 を 変 え て 渡 れ な く し て く れ る な 、 と 軽 快 に 興 じ て い る 。

完訳 日本の古典 第三十五巻 新古今和歌集 ㈠


す お う の な い し 妻 が 亡 く な っ て 、 次 の 年 の 秋 ご ろ 、 周 防 内 侍 の も と ・ 4 へ 詠 み 贈 っ た 歌 権 中 納 言 通 俊 6 尋 ね て き て 慰 め て ほ し い も の で す 。 独 り 寝 を し て い る 喪 集 服 の 袖 に 涙 の こ ば れ か か る 、 こ の よ う な 夜 長 の 秋 の 悲 し 和 い 寝 覚 め を 。 古 妻 の い な い 秋 の 夜 長 の 悲 し い 独 り 寝 に 、 同 情 を 求 め た 新 贈 歌 で 、 「 衣 」 が 「 藤 の 衣 」 で な か っ た ら 、 恋 の 歌 に な る 。 堀 河 院 が 亡 く な ら れ て の ち 詠 ん だ 歌 権 中 納 言 国 信 つ ら 院 様 が 亡 く な ら れ て 、 お 頼 り 申 し あ げ る お 方 も い ら れ な い 今 、 い よ い よ 辛 い 世 を 思 っ て 、 心 が 乱 れ る こ と だ 。 ほ 、 つ ギ 工 画 作 者 は 堀 河 院 の 近 臣 と し て 重 ん じ ら れ た 人 で 、 院 崩 御 後 の 悲 嘆 の 深 さ が 想 像 さ れ る が 、 こ の 作 、 「 青 柳 」 を 中 心 と し た 技 巧 が 抒 情 を 浅 く し て い る 。 通 っ て い た 女 が 、 山 里 で 亡 く な っ て し ま っ た の で 、 し み じ み と 寂 し く 籠 っ て 過 し て い ま し た が 、 ち ょ っ と 京 へ 出 か け て 、 暁 に 帰 る に 際 し て 、 「 も う 鶏 が 鳴 い た 」 と 人 々 が 急 が せ ま し た の で 左 京 大 夫 顕 輔 や ま が っ わ た し よ 、 、 。 し つ の 間 に 、 身 を 山 賤 と し て し ま っ て 、 自 分 の 家 の あ る 都 を 、 旅 先 の 地 と 思 う よ う に な っ て い る の で あ ろ う か 山 里 の 女 の 死 後 、 久 し く そ の 山 里 か ら 離 れ が た く し て い た と こ ろ に 、 哀 傷 の 思 い は あ る が 、 都 の 人 の 処 遇 と じ ち ょ う の 対 応 で は 、 自 嘲 を ふ く ん だ 驚 き の 述 懐 に な っ て い る 。 み か ど ま い そ う 奈 良 の 帝 を 埋 葬 し 申 し あ げ た の を 見 て 人 麿 9 お 隠 れ に な っ て 、 天 上 で 、 雨 雲 に 濡 れ な が ら 、 悲 し み の 8 涙 で し お れ て い ら れ る わ が 君 で あ る の で 、 臣 下 た ち は 、 悲 し み に 暮 れ て 、 月 日 の 経 つ の も 気 づ か な い で 、 恋 い 申 し あ げ つ づ け て い る こ と で あ ろ う 。 ゅ う こ ん 原 歌 の 荘 厳 ・ 雄 渾 な 抒 情 に く ら べ 、 変 形 し た 優 雅 ・ 柔 軟 な 抒 情 に 、 時 代 の 推 移 が 明 ら か に 見 え る 。 た