検索 - みる会図書館

検索対象: 文藝 2015年 summer

文藝 2015年 summerから 483件ヒットしました。

文藝 2015年 summer


2 330 8 230 【 新 連 載 】 【 掌 篇 シ リ ー ズ 】 古 川 日 出 男 糸 機 内 灯 が 消 え た / サ マ 1 レ イ ン / 百 年 草 ・ 卒 塔 婆 小 町 少 年 は 守 ら 、 四 歳 児 は 戦 い 、 老 女 優 は 語 る 。 と ら ど ら の 糸 で 編 れ る 、 小 さ な 物 語 た ち 松 田 青 子 4 少 年 と い う 名 の メ カ / ポ ン ド / 金 / あ な た の 好 な 少 女 が ら い 物 語 た ち が 、 縦 横 無 尽 に 駆 け 巡 る 一 期 一 会 の 掌 篇 シ リ ー ズ 、 開 幕 ! 【 短 篇 シ リ ー ズ 】 山 内 マ リ コ 選 ん だ 孤 独 は よ 〕 孤 独 男 子 は 街 か ら 出 な い そ の 「 孤 独 」 は 、 ど こ か で 誰 か を 満 た し て い る ー ー そ れ ぞ れ の 温 度 と 、 そ れ ぞ れ の あ り 方 【 鼎 談 】 横 尾 忠 則 >< 保 坂 犁 ( >< 磯 﨑 憲 一 郎 ア ト リ エ 会 議 一 一 〇 一 五 年 一 一 月 二 〇 日 4 し ゃ べ ら 移 ら ゆ く 〈 今 〉 を 語 ろ ? ー ー 画 家 と 作 家 の 愉 快 な 対 話 【 連 載 完 結 】 。 岸 本 佐 知 子 編 コ ド モ ノ セ カ イ 最 終 回 ジ イ ス ・ キ ャ ロ ル ・ オ ー ツ 「 追 跡 」 平 野 啓 一 郎 斎 藤 美 奈 子 成 田 龍 一 1980 年 代 再 亠 最 終 回 地 方 ・ フ 才 ク ・ ~ る め す 【 論 考 】 女 の 一 一 = ロ い ぶ ん , ー 鵐 外 と 漱 石 の あ 〔 だ で 小 説 に 、 日 記 に 、 手 紙 に 。 そ こ か し こ に 潜 む 「 女 の 言 い ぶ ん 」 か ら 浮 か び 上 が る 新 た な 作 家 像 2

文藝 2015年 summer


で も 与 え ら れ た 任 務 は 、 毎 週 、 ど さ っ と 送 ら れ て く る ア メ リ カ や イ ヤ の 骨 格 が も つ れ な が ら 西 へ 連 な り 、 砂 の 海 に 沈 み 込 ん で 、 ま た 恐 ギ リ ス の 新 聞 に 目 を 通 し て 、 重 要 と 思 わ れ る と こ ろ を ア ラ ビ ア 語 に 竜 の 背 の よ う に 隆 起 し て く る 。 要 約 す る こ と だ っ た 。 文 献 を 読 み 漁 っ て 兵 器 を 調 べ る 仕 事 も あ っ た 。 夜 、 あ の 人 と 洞 穴 に 身 を ひ そ め な が ら 愛 し あ い 、 朝 が く る と 、 た だ か ら わ た し は 軍 事 マ ニ ア み た い に 、 新 兵 器 に つ い て 詳 し く な っ て カ ( ( ゞ 、 こ 「 ア ッ サ ラ 1 ム 」 と 言 い 交 わ す な り 、 す ぐ 移 動 し て い っ た 。 プ レ デ タ い っ た の 。 無 人 偵 察 機 が 空 か ら 見 張 っ て い る か ら 、 同 じ と こ ろ に 留 ま る と 危 な 「 そ し て っ し 、 に 、 あ の 人 に 出 逢 っ た 」 い の 。 で 位 置 を 読 み と っ て 攻 撃 弾 が 狙 っ て く る 。 爆 弾 に コ ン 「 あ の 人 ? 」 ピ ュ 1 タ と 翼 が つ い て い る 。 敵 の 姿 は 見 え な か っ た 。 わ た し は も う び ん と き た け れ ど 、 有 馬 は あ え て 訊 い た 。 だ け で は な く 、 ム ス リ ム だ か ら 、 か っ て の 母 国 を 敵 だ と 感 じ て い た 。 心 的 に 移 住 し 病 や 妄 想 の 根 が も っ と 深 い の で は な い か と 疑 い な が ら 。 て 別 の な に か に 帰 属 し て し ま う と 、 ひ た す ら 献 身 的 に な っ て し ま う 「 あ の 人 よ 、 あ の 人 : : : 」 一 心 に 身 を 捧 げ て し ま う 。 不 思 議 な も の ね 。 う わ ご と を 洩 ら す よ う に 、 ジ ェ 1 ン は , フ っ と り と 答 え た 。 ク ラ ス タ 1 爆 弾 も 降 っ て く る 。 地 上 近 く で 爆 発 し て 、 金 属 片 が 五 、 か れ の ア ラ ビ ア 語 は 、 ま る で 古 典 詩 で も 詠 ん で い る み た い に 優 雅 六 十 メ 1 ト ル 四 方 へ 飛 び 散 っ て 、 車 さ え ず た ず た に 切 り 裂 い て し ま だ っ た 。 や わ ら か い 絹 糸 を 東 ね た よ う な 深 い 声 。 声 に 光 沢 が あ る の 。 う 。 山 羊 も 、 牛 も 、 人 も 、 こ ま ぎ れ の 肉 片 に 変 え て し ま う の 。 ハ ン つ や つ や と 黒 光 り し て い た 。 睫 毛 が 肌 は 香 油 で も 塗 っ た み た い に 、 ハ ー ガ 1 を 焼 く 前 の 挽 肉 み た い に 土 壁 に は り つ い て い た 。 地 べ た 長 く て 、 悲 し そ う に 澄 み き っ た 眼 。 水 に 濡 れ た 黒 曜 石 の よ う に 、 瞳 に は 小 さ な 耳 や 指 が 散 ら ば っ て い た 。 わ た し は 狂 っ た よ う に 叫 ん で は き ら き ら と 輝 い て い た 。 神 と 悪 魔 が 合 体 し て い た 。 い や 、 美 し い い た 敵 の 姿 は ま っ た く 見 え な い の に 、 こ ち ら は 血 の 海 だ っ た 。 へ 悪 魔 だ っ た 。 恐 ろ し い 殺 人 者 な の に 、 こ ん な 清 ら か な 人 は い な い と た り 込 ん で い る と 蠅 が た か っ て き て 、 地 べ た や 土 壁 が 黒 く な っ て い 田 5 っ た 。 だ っ て 、 あ の 人 は も と も と 大 富 豪 じ ゃ な い 。 地 中 海 に ヨ ッ く 。 こ ち ら の 手 に も 群 ら が っ て く る 。 わ た し は 狂 っ て 、 狂 っ て 、 地 ト で も 浮 か べ て 女 た ち に 囲 ま れ な が ら 面 白 お か し く 暮 ら せ る の に 、 の 底 へ す う っ と 沈 み 込 ん で い く よ う な 気 が し た 。 砂 ま み れ の ば ろ 服 を ま と っ て い た 。 そ の 不 発 弾 を 調 べ た こ と も あ る 。 人 の 胴 体 ぐ ら い の 大 き な 爆 弾 で 、 「 ア ッ サ ラ ー ム 」 な か に 子 爆 弾 が 二 〇 〇 個 ぐ ら い 入 っ て い た 。 リ レ 1 の バ ト ン ぐ ら い と 挨 拶 さ れ た 時 、 わ た し は 恋 に 落 ち た 。 あ あ 、 こ の 声 を 聞 く た め 、 の 子 爆 弾 。 ぎ っ し り 、 鉄 片 が つ ま っ て い た 。 厚 さ は 八 ミ リ ぐ ら い こ の 人 に 出 逢 う た め に や っ て き た の だ と 田 5 っ た 。 か れ は ム ス リ ム だ 爆 発 し た と き 、 割 れ て 四 方 へ 飛 び 散 る よ う に 、 菱 形 の 深 い 切 り 込 み か ら 何 人 も 妻 が い る け ど 、 砂 漠 で は ひ と り だ っ た 。 孤 独 で 、 さ び し が つ い て い た 。 殺 傷 力 を 計 算 し て い る 冷 静 な 悪 意 に ぞ っ と し た 。 醜 そ う だ っ た 。 わ た し は 愛 人 に な っ て 、 あ の 人 に 従 い て い っ た 。 ア フ い 悪 魔 だ と 思 っ た 。 ガ ン の 大 地 は ざ ら ざ ら の 半 砂 漠 で 、 岩 の 山 脈 が 走 っ て い る 。 ヒ マ ラ 夜 、 あ の 人 に 抱 か れ な が ら 、 ふ る え が と ま ら ず 泣 き つ づ け て い た 。 エ レ ガ ン ト ミ ン チ 386

文藝 2015年 summer


ス タ ッ キ ン グ 可 能 ど う か な あ 、 こ う い う 戦 い 方 は 地 味 か な あ ( 本 文 よ り ) 社 会 を 皮 肉 に 照 射 す る 表 題 作 を は じ め 、 た く ら み に 満 ち た 松 田 青 子 初 の 単 行 本 ! ・ 本 体 1500 円 十 税 ISBN 978 ム ・ 38 , 02 ま 0-8 英 子 の 森 彼 女 た ち を 「 違 う 世 界 」 へ 連 れ て 行 っ て く れ る 〈 街 に 溢 れ る 魔 法 の 言 葉 〉 、 そ れ は 待 望 の 第 一 一 作 品 集 。 ・ 本 体 1500 円 十 税 ISBN 978 ・ 4 。 38 ・ 02256 ・ 7 子 狼 少 女 た ち の カ レ ン ・ ラ ッ セ ル 〔 著 〕 松 田 青 子 〔 訳 〕 現 実 と 非 現 実 の 境 目 を 跳 躍 す る 、 孤 独 で 可 笑 し い 川 の 物 語 。 カ レ ン ・ ラ ッ セ ル の 傑 作 初 短 編 集 を 松 田 青 子 が 翻 訳 ! ・ 本 体 2300 円 十 税 ISBN 97 甲 4 ・ 309 ・ 206 も ◎ / 」 源 太 平 1 = ロ 河 出 書 房 新 社

文藝 2015年 summer


よ う 。 だ か ら 、 そ の 現 実 を 否 定 す る た め に 、 ば く の せ い で あ り 続 ん と 出 会 う こ と も で き ず 、 皆 さ ん の お 力 を 借 り て 松 保 を 再 生 さ せ け な け れ ば な ら な か っ た の で す 。 る こ と な ん て 、 と う て い 不 可 能 だ っ た で し よ う 。 お わ か り い た た お そ ら く 、 デ ィ ス ラ 1 総 統 氏 は ず っ と そ の よ う に し て 、 生 き て け ま す よ ね ? 単 な る 報 復 合 戦 と 、 毅 然 と し た 態 度 で 筋 を 通 す こ き た の で し よ う 。 つ ま り 、 悲 し す ぎ る 現 実 か ら 目 を 逸 ら し 続 け る と と の 違 い は 」 た め に 、 常 に 誰 か の せ い に し て 生 き て き た の で す 。 誰 か の せ い ( 相 沼 は 夢 中 で 賛 同 の 意 を 表 す 拍 手 を し た 。 相 沼 だ け で な く 、 皆 す る た び に 、 自 分 が 一 段 ず つ 堕 落 し て い き ま す 。 何 度 と な く 繰 り が 同 じ 行 動 を 取 っ て い た 。 返 し て き た ら 、 も う 目 も 当 て ら れ な い ほ ど 堕 ち て い る で し よ う 。 深 く 感 動 し て い た 。 何 と い う 深 い 洞 察 だ ろ う 。 何 と 繊 細 で 大 胆 そ の 現 実 を 直 視 す る に は 、 計 り 知 れ な い 勇 気 が 必 要 で す 。 で も そ な ま な ざ し だ ろ う 。 自 分 も こ の 人 の た め 、 こ の 商 店 街 の た め 、 行 動 し た い 、 の 勇 気 が な い か ら 、 こ ん な 生 き 方 を 繰 り 返 し て き た の で す 。 と 相 沼 は 田 5 っ た 。 だ か ら 、 勇 気 を 持 っ て ほ し い の で す 。 他 人 の せ い に す る こ と な 「 皆 さ ん に も 、 自 分 で が ん ば っ て ほ し い の で す 。 ば く は こ こ に お く 、 自 分 が が ん ば る と い う 勇 気 を 。 他 人 に 厳 し く 、 そ れ 以 上 に 自 集 ま り ( ナ ナ ( ナ 、 こ ご 、 こ 方 は 、 松 保 商 店 街 の シ ン パ だ と 思 っ て い ま す 。 分 に 厳 し く 。 よ く 、 自 分 に 厳 し く 他 人 に 優 し く と 言 い ま す よ ね 。 み ん な 、 松 保 の た め に 一 肌 脱 い で や ろ う じ ゃ な い か と 、 そ う い う 優 し く さ れ た 結 果 が ん ば れ る よ う に な っ た 人 は 、 往 々 に し て そ の 気 持 ち を 持 っ て ま す よ ね ? 姿 を 見 て も ら い た が り ま す 。 こ れ は 違 う と 思 う の で す 。 自 分 が が 図 領 が 言 葉 を 切 っ て 一 同 を 見 渡 す と 、 一 斉 に 拍 手 が 起 こ っ た 。 ん ば る と い う の は 、 ど こ ま で も 孤 独 な 行 為 で す 。 誰 も 見 て な い か 「 あ り が と う ご ざ い ま す 。 こ ん な 熱 い 田 5 い に 囲 ま れ て 、 俺 も 松 保 4 も し れ な い 、 誰 も 評 価 し な い か も し れ な い 。 そ れ で も 構 わ ず が ん も 幸 せ も ん で す ! 」 ば れ る の が 、 自 分 で が ん ば る こ と の 本 質 で す 。 自 分 へ の 厳 し さ と さ ら に 厚 い 拍 手 が 巻 き 起 こ る 。 は そ う い う こ と で 、 そ れ を 身 に つ け て も ら う た め に は 、 自 分 に も 「 せ ひ と も お 力 を 貸 し て く だ さ い 何 よ り も ま ず は 松 保 に ち よ く 厳 し く 、 他 人 に も 厳 し く と い う 態 度 が 重 要 で す 。 ば く が デ ィ ス ラ ち よ く い ら し て も ら っ て 、 い ろ い ろ な お 店 の お 客 さ ん に な っ て く 1 総 統 氏 に は っ き り と お か し い と 言 え た の は 、 自 分 に 厳 し く が ん だ さ い 。 お 客 様 が 神 様 で あ る こ と は 大 原 則 で す か ら 。 ば っ て き た か ら で す 。 筋 を 通 し て き た か ら こ そ 、 本 当 に お か し い で す が 、 堕 ち た 神 様 と い う の も ご ざ い ま す ね 。 ど な た と は 申 し と き に は 堂 々 と 言 い 返 す こ と が で き る 。 も し 、 ば く も し ば し ば 他 ま せ ん が ( 笑 ) 。 皆 さ ん の 頭 の 中 に 浮 か ん だ 名 前 が 目 に 見 え る よ う 。 」 に ば く は そ の 方 が 堕 ち た 神 様 だ と は 言 っ て ま せ ん よ 文 人 の せ い に し て き た ら 、 堂 々 と 異 議 申 し 立 て な ど で き ま せ ん 。 た で す ( 笑 ) ん に 、 デ ィ ス ラ ー 総 統 氏 へ 誹 謗 中 傷 を お 返 し す る だ け で 終 わ っ て ( 笑 ) 。 そ の 方 じ ゃ な い と も 言 っ て ま せ ん が ( 笑 ) 。 し ま い ま す 。 つ ま り 、 ば く も デ ィ ス ラ ー 総 統 氏 の せ い に し て し ま 悪 貨 は 良 貨 を 駆 逐 す る 、 と 言 い ま す が 、 堕 ち た 神 様 も 他 の 神 様 無 意 味 な 報 復 合 戦 と な り 、 何 も 解 決 で き ず 、 今 の よ う に 皆 さ の 足 を 引 っ 張 ろ う と す る と こ ろ が あ り ま す 。 で す か ら 、 で き れ ば

文藝 2015年 summer


獄 中 の 同 志 ら を さ す 〕 、 己 れ 独 り 孤 塁 に 拠 っ た 無 政 府 主 義 の 大 将 幸 徳 《 平 岡 は そ れ か ら 、 幸 徳 秋 水 と 云 う 社 会 主 義 の 人 を 、 政 府 が ど ん な 秋 水 君 を 試 み に 平 民 社 に 訪 う 。 千 駄 ヶ 谷 九 百 三 番 地 と 聞 い た ば か り う し ろ あ て に 恐 れ て い る か と 云 う こ と を 話 し た 。 幸 徳 秋 水 の 家 の 前 と 後 に 巡 査 で 八 幡 知 ら ず の よ う な 町 々 を 尋 ね 廻 っ て や っ と そ の 家 を 探 し 当 る と が 二 、 三 人 ず つ 昼 夜 張 番 を し て い る 。 一 時 は 天 幕 を 張 っ て 、 そ の 中 幸 い に 自 宅 に い た こ と は 居 た が 、 大 将 、 座 敷 の 真 中 へ 床 を 取 っ て 寝 ( や 、 こ の ほ ど 中 二 日 か ら 覗 っ て い た 。 秋 水 が 外 出 す る と 、 巡 査 が 後 を 付 け る 。 万 一 見 失 て い る 。 ま た 例 の 病 気 が 悪 い の か と 問 え ば 、 、 い で も し よ う も の な ら 非 常 な 事 件 に な る 。 今 本 郷 に 現 れ た 、 今 神 田 ほ ど 徹 夜 し て 「 自 由 思 想 」 の 原 稿 を 書 い た の で 、 今 し も 楽 寝 の 最 中 へ 来 た と 、 そ れ か ら そ れ へ と 電 話 が 掛 っ て 東 京 市 中 大 騒 ぎ で あ る 。 徹 夜 し て ま で 書 い た も の が 出 る と そ の ま ま 発 売 禁 止 を 食 新 宿 警 察 署 で は 秋 水 一 人 の 為 に 月 々 百 円 使 っ て い る 。 同 じ 仲 間 の 飴 っ た と は 気 の 毒 な 。 枕 許 に は 薬 瓶 が 相 変 ら ず 列 ん で い る 。 し か し 病 屋 が 、 大 道 で 飴 細 工 を 拵 え て い る と 、 白 服 の 巡 査 が 、 飴 の 前 へ 鼻 を 気 は 大 分 固 ま っ て 今 は 格 別 の 苦 痛 も な い 。 》 出 し て 、 邪 魔 に な っ て 仕 方 が な い 。 》 「 自 由 思 想 」 と い う の は 、 幸 徳 が 、 ほ と ん ど 管 野 と 一 一 人 だ け で 刊 行 ( ( オ タ い や 、 出 そ う と し な が ら 、 そ れ さ え 許 さ れ ず ・ 漱 石 は 、 こ の く だ り を 朝 日 新 聞 社 の 同 僚 、 杉 村 楚 人 冠 に よ る 幸 徳 し て い た へ の 訪 問 記 事 「 幸 徳 秋 水 を 襲 う 」 ( 一 九 〇 九 年 六 月 六 日 ・ 七 日 ) に も と プ ロ イ ド 判 た っ た 四 ペ ー ジ の 新 聞 形 式 に よ る 雑 誌 で あ る づ い て 書 い て い る 。 杉 村 は 、 か ね て 社 会 主 義 研 究 会 ( 一 八 九 八 年 結 成 、 の ち 社 会 主 義 《 ー ー 僕 の 顔 を 見 る な り 、 秋 水 君 、 ず か ず か と 起 き て 僕 を 玄 関 口 ま 協 会 ) に 参 加 し て お り 、 幸 徳 と は 古 い っ き あ い だ っ た 。 日 露 戦 争 開 で 連 れ て 行 く 。 お い 、 ち ょ っ と 、 あ れ を 見 て く れ と 指 さ す 所 を 見 れ 戦 前 後 の 週 刊 「 平 民 新 聞 [ に も 寄 稿 し て い た 。 ま た 、 そ の 戦 時 下 、 ば 、 街 道 を 隔 て た こ の 家 の 前 の 畠 の 中 に 天 幕 が 立 っ て 、 紅 白 だ ん だ 英 国 「 タ イ ム ズ 」 に 発 表 さ れ た ト ル ス ト イ の 非 戦 論 を み ず か ら 訳 出 ら の 幕 が 下 っ て い る 。 こ れ が 巡 査 の 詰 所 で 、 こ こ で 秋 水 君 の 一 挙 一 し て 「 東 京 朝 日 新 聞 。 紙 上 ( 一 九 〇 四 年 八 月 二 日 5 二 〇 日 、 計 一 六 回 ) 動 、 来 訪 者 の 誰 彼 こ と ご と く 見 張 ら れ て い る の で あ る 。 何 で も 始 め に 連 載 で 掲 載 し 、 か た わ ら 、 同 じ 「 タ イ ム ズ 」 を 幸 徳 ら に 提 供 し て の 頃 は 野 天 で 立 番 し て い た も の だ が 、 夜 中 や 雨 の 折 が 困 る と 思 っ て 「 平 民 新 聞 . に も 全 文 を 掲 載 さ せ る ( 第 三 九 号 、 同 年 八 月 九 日 、 翻 訳 は か 、 近 頃 こ の 天 幕 が 出 来 た 。 巡 査 は 昼 夜 の 別 な く 四 人 掛 り の 見 張 通 ご ざ う し ろ 幸 徳 と 堺 利 彦 ) と い う 気 前 の い い と こ ろ が あ っ た 。 ま た 、 当 時 は 「 東 し で 、 そ の う ち 一 一 人 は こ の 天 幕 に 、 後 の 二 人 は 家 の 後 の 原 の 中 へ 蓆 京 朝 日 新 聞 。 の 社 風 に も 、 そ れ を 許 し て お く 大 ざ っ ぱ な 度 量 が あ つ を 敷 て 張 番 し て い る と の こ と だ 。 こ の 巡 査 の 手 不 足 な 折 柄 に 一 幸 徳 た の だ ろ う 。 秋 水 の 為 に 四 人 の 巡 査 が 掛 り 切 と は あ ま り と し て も 贅 沢 す ぎ る 。 し か 、 ら か ら 杉 村 の 「 幸 徳 秋 水 を 襲 う 」 の 記 事 は 書 い て い る 。 か し 泥 坊 の 用 心 に は 宜 か ろ う と 言 え ば 、 秋 水 君 呵 々 と 笑 っ て 、 い や そ れ が 泥 坊 の 用 心 に も な ら ぬ か ら 可 笑 し い 。 四 、 五 日 前 に も 牛 乳 を つ か い 《 九 人 の 同 志 こ と ご と く 獄 に 下 っ て 〔 注 ・ 「 赤 旗 事 件 」 で 千 葉 監 獄 に 下 一 本 盗 ま れ た し 、 そ の 前 に も 内 の 下 女 が 夜 深 け に 使 に 出 る 途 中 、 巡 テ ン ト あ と の て ん あ と テ ン ト 女 の 言 い ぶ ん 287

文藝 2015年 summer


れ て も い な か っ た 。 何 か が 引 き 金 に な っ て 、 急 に 眠 っ て い た カ が 呼 「 気 が つ い た ら 、 わ た し の 方 が 戦 っ て る の 。 毎 回 、 彼 じ ゃ な く て 、 び 覚 ま さ れ る こ と も な か っ た し 、 も ち ろ ん 選 ば れ し 者 で は さ ら さ ら 彼 の サ ポ ー ト に つ い た わ た し の 方 が 怪 我 を す る の 。 わ た し が 少 年 を な か っ た 。 体 の ど こ に も 、 思 わ せ ぶ り な か た ち を し た キ ズ や ア ザ は 守 る は め に な る の 。 し か も 、 少 年 は 急 に 大 胆 な 行 動 に 出 る か ら す ご な か っ た 。 何 事 に も 才 能 を 発 揮 せ ず 、 こ ん な 運 命 ば く が 選 ん だ わ け く 迷 惑 す る 。 少 年 の 周 り で ば た ば た と 人 が 死 ん で い く の に 、 彼 だ け じ ゃ な い と ド ラ マ チ ッ ク に 騒 ぎ 立 て も し な か っ た 。 老 夫 婦 に 心 を 開 は 絶 対 死 な な い の 。 わ た し が 怪 我 を す る た び 、 も の す ご く 謝 っ て く か ず 、 孤 独 な 胸 の 内 を 明 か さ な か っ た 。 ば く の 父 さ ん と 母 さ ん は あ る ん だ け ど 、 そ れ だ け な の 。 根 本 的 に 変 わ ら な い し 、 も う な ん か 疲 な た た ち だ と 老 夫 婦 の 胸 に 飛 び 込 ん だ り も し な か っ た 。 少 年 は た だ 、 れ ち ゃ っ た 」 適 度 に そ こ に い た 。 何 よ り 、 出 て い か な い と い う こ と が 大 切 な こ と 少 年 は 静 か に 頷 い 、 た っ た 。 い 」 , 」 に 4 も い 力 な い し 」 い - フ , 」 4J カ そ の 日 か ら 、 少 年 は 戦 い に 参 加 し た 。 少 年 は 脆 さ や 弱 さ を 決 し て 何 年 か 経 っ た 頃 、 こ の 家 に は じ め て 招 き 入 れ て も ら っ た と き に 座 露 呈 せ ず 、 ど ん な 場 面 に も 萎 縮 し な か っ た 。 戦 場 の 悲 惨 さ を 無 表 情 っ た イ ス に 少 年 を 座 ら せ る と 、 老 夫 婦 は 穏 や か な 表 情 で こ う 言 っ た 。 に 見 つ め た 。 ど ん な 無 茶 な 行 動 も 取 ら な か っ た し 、 奇 抜 な ア イ デ ア 「 あ ん た の 誠 意 は よ く わ か っ た わ 、 今 日 ま で あ り が と う 」 も 思 い っ か な か っ た 。 そ っ な く 戦 闘 に 参 加 し 、 決 し て 英 雄 的 な 行 為 「 お ま え さ ん の お か げ で 、 わ し ら の 少 年 の イ メ 1 ジ は 変 わ っ た 。 も は せ ず 、 死 ぬ 人 は 死 ぬ に 任 せ た た だ 、 少 年 の せ い で 命 を 落 と す 人 う 悲 し ま ん で 生 き て い く か ら 安 心 し て お く れ は 誰 一 人 と し て い な か っ た 。 誰 に も 迷 惑 を か け ず 、 誰 に も 助 け て も 少 年 は 静 か に 頷 い カ ら わ な か っ た 。 大 き く 出 も し な か っ た し 、 小 さ く 出 も し な か っ た 。 「 わ か り ま し た 」 何 年 か 経 っ た 頃 、 戦 争 は ま だ 終 わ る 気 配 を 見 せ な か っ た が 、 少 女 老 夫 婦 は 少 年 を 抱 き し め た が 、 少 年 は 抱 き し め 返 さ な か っ た 。 し は 戦 闘 機 ら し き 乗 り 物 の 陰 で 少 年 に 言 っ た 。 か し 、 少 年 の 意 図 す る と こ ろ は 、 二 人 に は ち ゃ ん と 伝 わ っ て い た 。 「 あ な た の お か げ で 、 少 年 ら し く な い 少 年 が い る こ と が わ か っ た わ 。 次 の 日 、 少 年 は そ の 村 を 去 っ た 。 わ た し 、 も う 大 丈 夫 よ 」 少 年 は 歩 き 続 け た 。 ま だ 仕 事 は 終 わ っ た わ け で は な い 。 少 年 は 、 少 年 は 静 か に 頷 い オ い た る と こ ろ で あ の 老 夫 婦 に 絵 葉 書 を 出 し 、 近 況 を 知 ら せ た 。 そ う 次 の 日 、 少 年 は そ の 町 か ら 去 っ た 。 イ ン ブ ッ ト さ れ て い る 少 年 に と っ て は 、 た い し て 面 倒 な こ と で は な 少 年 は 旅 を 続 け た 。 ど の 村 で も 少 年 は 悪 名 高 き 存 在 だ っ た 。 は じ つ 」 0 、 刀 キ ノ め は 優 し か っ た 人 た ち が 、 少 年 が 名 前 を 告 げ る と 、 手 の ひ ら を 返 し 少 年 の 旅 は 続 い た 。 あ る 日 、 戦 争 を し て い る 町 に た ど り 着 い オ た よ う に 冷 た い 態 度 を 見 せ 、 少 年 に さ れ た 仕 打 ち を 悲 し い 顔 で 語 り 独 自 に 開 発 さ れ た 戦 闘 機 ら し き 乗 り 物 の 陰 に 、 悲 し そ う な 目 を し た 出 す 。 少 年 は 人 々 の 話 に 耳 を 傾 け 、 彼 ら に 寄 り 添 い 続 け た 。 少 年 は 少 女 が 座 り 込 ん で い る こ と に 少 年 は 気 づ い た 少 年 が 横 に 座 る と 、 一 つ の 村 や 町 で 最 低 で も 何 年 も 過 ご す こ と に な り 、 と き に は 何 十 年 少 女 は そ っ と 語 り 出 す 。 も 必 要 な 場 合 も あ っ た が 、 メ カ で あ る 少 年 に と っ て は 、 た い し て 大 232

文藝 2015年 summer


っ と 偏 向 し た 職 業 意 識 、 ま た は 自 意 識 過 剰 で は な い だ ろ う か 。 そ う よ い 、 優 し い 人 。 わ た し の 隠 れ た 才 能 を 引 き 出 そ う と 熱 心 に 動 く し 、 フ 面 倒 な タ イ プ が 多 い の も こ の 職 業 の 特 徴 だ と い え よ う 。 原 稿 料 を 無 条 件 に 破 格 に ま で ア ッ プ し て く れ る 。 も し 、 企 画 が 社 内 自 意 識 過 剰 な 編 集 者 は 、 原 稿 を 書 い て 渡 し て も 、 そ の ま ま 掲 載 し で 通 ら な け れ ば 、 他 の 出 版 社 を 紹 介 し て く れ る の も こ の タ イ プ 。 ど な い 。 鼻 息 荒 げ て 一 字 一 句 、 原 型 を 留 め ぬ ま ま に 手 を 入 れ る の が 編 ち ら か と い う と 醜 い 女 性 編 集 者 よ り も 、 美 人 編 集 者 に 、 こ の タ イ プ 集 と い う 仕 事 の 醍 醐 味 だ と 思 っ て い る の か 、 必 要 以 上 に 勝 手 に 書 き が 多 い の で は な い か と 思 う 。 気 の 多 い 彼 女 た ち は 、 会 社 か ら す れ ば 直 す し 、 物 語 に 直 接 必 要 の な い 登 場 人 物 ( 大 概 、 彼 ら は 言 動 や 服 装 諸 手 を 挙 げ て 歓 迎 と い う わ け に は い か な い の だ が 、 わ た し に と っ て も 派 手 だ ) も バ ン バ ン 登 場 さ せ る 。 こ ち ら の 予 想 を 遥 か に 上 回 っ て 、 、 は 大 変 あ り が た い 。 版 元 に 訪 問 の 際 に は 、 嫌 わ れ な い よ う 接 し 方 も 情 熱 的 に 書 き 加 え る の だ 。 購 読 部 数 や 広 告 費 の 減 少 な ど に よ り 、 上 品 を 心 が け た い し 、 身 だ し な み に も 注 意 し た い の で 、 郊 外 を 中 心 わ ゆ る 「 出 版 不 況 」 が 続 い て い る の だ が 、 彼 ら に と っ て は 、 そ ん な に 店 舗 が 各 所 に 点 在 す る 紳 士 服 専 門 の ア オ キ に は 、 連 日 よ く 通 っ た こ と な ど お 構 い な し に 加 筆 し て 、 頁 数 が 増 え 、 結 果 的 に 本 の 単 価 が も の だ 。 そ の ア オ キ の 店 長 に 、 何 回 か 店 を 訪 れ た だ け で 、 す ぐ に 顔 上 が る 。 を 覚 え ら れ た が 、 値 引 き な ど の 優 遇 は 特 に な か っ た よ う に 思 う 。 わ た し と し て は 、 自 分 の 代 わ り に 原 稿 を 完 成 さ せ て く れ る 人 な の こ の 日 は 特 に 何 も 買 わ ず に 店 か ら 出 る と 、 必 ず と い っ て よ い ほ ど で 、 あ り が た い の だ が 、 能 力 が な く て こ だ わ り の 強 い 編 集 者 だ と 、 一 匹 の 白 い 毛 並 み の よ い 大 型 大 が 裏 か ら 、 わ た し の 後 を 追 う よ う に 単 に 仕 事 が 遅 く て 、 刊 行 も 延 び 延 び に な る だ け が オ チ だ 。 し か し 、 飛 び 出 し て く る 。 そ の 分 、 内 容 が ポ リ ュ 1 ム ア ッ プ 。 台 詞 も 、 以 前 よ り 登 場 人 物 が 驚 あ た か も 紳 士 服 店 の 店 員 の 誰 か が 飼 い 主 で 、 そ い つ に 命 令 さ れ て 異 的 に 饒 舌 に な っ た 結 果 、 頁 数 も 増 し 、 従 っ て 予 想 外 に 原 稿 料 も 飛 尾 行 さ せ て い る よ う だ っ た 。 躍 的 に 増 え 、 そ の 後 の わ た し の 銀 行 口 座 へ の ギ ャ ラ の 振 込 み が 楽 し 「 ア フ ガ ン ハ ウ ン ド だ 」 み に な れ ば い 、 。 わ た し は そ の 大 の 種 類 を 、 偶 然 知 っ て い た 。 大 は か っ て 群 れ で 生 結 論 か ら す れ ば 、 真 に 優 れ た 編 集 者 は 、 ヒ ッ ト メ ー カ 1 で あ る の 活 を し て い た 動 物 な の で 、 孤 独 に は 脆 く 、 す ぐ に 不 安 に な り や す い が 必 須 条 件 。 傾 向 が あ る の だ 。 彼 ら は ど ん な 会 社 に と っ て も 、 無 能 な 社 員 の 命 を い く ら で も 犠 牲 分 離 不 安 は 人 間 の 乳 児 で も 見 ら れ 、 母 親 か ら 離 さ れ た 赤 ち ゃ ん が に し て で も 守 る べ き 、 と て も 大 切 な 社 員 で あ る 。 社 内 で 抜 群 に 力 が 不 安 で 泣 き 止 ま な い の も 、 分 離 不 安 症 の 一 種 と 言 わ れ る 。 大 の 分 離 あ る 編 集 者 な ら ば 、 、 し く ら 私 が 書 い た 小 説 が ダ メ で も 、 大 抵 は 強 引 不 安 症 は 飼 い 主 の 過 度 な 接 触 、 過 剰 な 愛 情 が 原 因 と な っ て い る 。 に 企 画 を 通 せ る し 、 普 段 の 生 活 で は お 目 に か か れ な い よ う な 、 特 殊 大 は 店 の 前 の 、 比 較 的 交 通 量 の 多 い 国 道 を 、 飼 い 主 を 伴 う こ と な で 、 手 触 り が よ い 、 と て も 高 価 な 紙 を 使 っ て 印 刷 し て く れ る 。 そ の く 渡 る 。 ち ゃ ん と 信 号 を 守 っ て 、 大 き さ の せ い も あ っ て 、 ま る で 長 お 陰 で 著 書 が ヒ ッ ト す る 確 率 も 高 く な る か ら 、 わ た し に と っ て も 優 髪 の 人 間 の よ う に 優 雅 に 振 る 舞 う の だ っ た 。 れ た 編 集 者 と い え る 。 単 な る 編 集 者 を 超 え て 、 ほ ん と う に 面 倒 見 の 大 型 大 は 勝 手 に 動 こ う と せ ず 、 わ た し が 動 け ば 、 大 も 同 時 に 動 く 人 間 の 部 屋 309

文藝 2015年 summer


し て い た 霧 生 も 、 慌 て て 立 ち 上 が る 。 だ ろ ? 役 割 は 果 た し き れ な か っ た こ と に な る だ ろ ? は い 、 と 返 事 を し た の は 、 よ だ 栗 木 田 は 佐 熊 を 見 て 言 っ た が 、 れ 混 じ り に う め い て い る 大 伏 だ っ た 。 霧 生 8 「 だ か ら 今 は 、 先 陣 を 切 る 仲 間 を 集 め る 時 期 な ん だ 。 己 を 律 し て 早 ま る こ と な く 、 機 が 熟 す ま で じ っ と 待 つ 。 決 し て 逝 き こ ば れ て そ の ま ま 解 散 す る だ ろ う と 霧 生 は 思 っ た が 、 栗 木 田 は 玄 関 で 佐 は い け な い 。 チ ャ ン ス は 一 度 し か な い わ け だ か ら 」 熊 に 「 何 か ま だ ち ょ っ と 離 れ が た い 気 分 じ ゃ な い ? ー と 言 い 出 し 「 そ の 機 が 熟 す の は い つ な ん で す ? 」 と 佐 熊 は 尋 ね た 「 そ れ は 我 々 の 判 断 す る こ と じ ゃ な い 。 個 々 人 が 勝 手 に 判 断 し て 、 「 こ れ か ら 我 々 は 、 松 保 神 社 の 未 来 系 の た ま り 場 に 移 動 し て 飲 み 食 い す る ん だ け ど 、 時 期 が み ん な 一 致 す る と 思 う か ね ? 」 佐 熊 さ ん も 来 な い か ? 佐 熊 も 霧 生 も 首 を 振 る 。 「 え 、 し い の ? 。 と 佐 熊 は 瞬 目 を 輝 か せ た が 、 す ぐ に 眉 を ひ そ 「 お 告 げ と い う か 、 徴 が 現 れ る 。 誰 も が 間 違 わ な い よ う な 、 明 快 め 、 「 敵 対 し て る は ず の 俺 が 急 に な れ な れ し く 顔 出 し た ら 、 気 分 な 徴 が ね 。 我 々 の 考 え で は 、 そ れ は 図 領 さ ん か ら も た ら さ れ る 。 害 す る や つ が い る だ ろ う 」 と う つ む い た 。 デ ィ ス ラ 1 と の 一 件 の プ ロ グ で 、 我 々 は そ れ を っ た 。 つ い に 徴 「 そ の 点 は 大 丈 夫 。 こ う い う こ と は よ く あ る か ら 、 み ん な 慣 れ て を も た ら す 存 在 が 現 れ た 、 っ て ね 。 私 は そ れ ま で も 麦 ば た け に 出 る し 、 お ん な じ よ う に し て 仲 間 に 加 わ っ た メ ン バ 1 も い る か ら 入 り し て い た か ら 、 図 領 さ ん の こ と は 知 っ て い た け れ ど 、 あ の プ そ れ で も し ば ら く 佐 熊 は 躊 躇 し て い た が 、 「 何 か こ の ま ま じ ゃ 、 ロ グ で 何 か が 変 わ っ た 。 図 領 さ ん も 、 あ の 人 な り の 使 命 に 目 覚 め 寂 し い じ ゃ ん 。 ま だ 物 足 り な い し 、 飲 も う 」 と 大 伏 に も 言 わ れ て 、 た ん だ よ 。 そ し て 、 そ の き っ か け が 佐 熊 さ ん 、 あ ん た だ っ た 」 そ の 気 に な っ た 。 栗 木 田 が 熱 い 目 で 佐 熊 を 見 つ め る 。 佐 熊 は 自 分 が 震 え て い る の 誰 か ら も 誘 わ れ な か っ た 霧 生 は 、 自 分 は メ ン バ 1 じ ゃ な い か ら を 知 っ た 。 震 え て 泣 い て い る の だ っ た 。 行 っ ち ゃ い け な い の か な 、 と 孤 独 に 思 い 、 つ い 「 ば く は 行 か な い 「 初 め に 言 っ た ろ 、 あ ん た は 未 来 系 の 源 で 生 み の 親 だ っ て 。 親 密 ほ う が い い か な 」 と つ ぶ や い て し ま っ た 。 な 空 気 を 演 出 し よ う と し た わ け じ ゃ な い っ て 、 こ れ で わ か っ て も 「 何 言 っ て る ん で す 。 一 緒 に 行 く に 決 ま っ て る で し よ 。 帰 る っ て ら え た か な ? 怖 が ら せ て か ら 優 し く す る こ と で 落 と そ う と し た 言 っ た っ て 、 拉 致 す る つ も り で し た よ 」 栗 木 田 は あ き れ た よ う に ん じ ゃ な い っ て 」 言 っ た 。 佐 熊 は 泣 き な が ら 、 「 わ か っ て る 」 と 答 え た 。 栗 木 田 は 佐 熊 の 佐 熊 へ の 栗 木 田 の 説 得 を 聞 き な が ら 、 霧 生 は 深 く 心 を 揺 さ ぶ ら 肩 を 抱 え る よ う に し な が ら 何 度 も 叩 き 、 小 さ く 大 伏 に 目 配 せ し 、 れ て い た の だ っ た 。 ク ズ 道 と い う は 死 ぬ こ と と 見 つ け た り 。 ま さ 大 伏 は シ ャ ツ の ボ タ ン を 留 め て 脇 差 を 手 に し て 立 ち 上 が る 。 放 心 に 自 分 の 道 は こ れ だ と 感 じ て い た 。 今 ま で 、 自 己 実 現 だ と か に こ

文藝 2015年 summer


男 子 は 街 か ら 出 な い 【 新 連 載 】 短 篇 シ リ 1 ズ 選 ん た 孤 独 は き 孤 独 山 内 マ リ コ 本 当 は ボ ウ リ ン グ の 代 金 す ら 出 し た く な か っ た 。 シ ュ 1 ズ 代 三 百 ヨ シ オ が 玄 関 の 縁 に 座 り 、 ポ ロ ポ ロ の ナ イ キ に 足 を 突 っ 込 ん で い る と 、 円 、 ワ ン ゲ 1 ム 六 百 円 の 金 が 惜 し い 。 持 っ て い た ゲ 1 ム ソ フ ト や 服 を 売 っ て 小 銭 に 替 え て し の い で き た け ど 、 な ん だ か ん だ で 出 費 が か 「 ユ ー チ ン た ち と ? さ む か ら 、 全 然 追 い っ か な か っ た 。 ヨ シ オ は 何 度 目 か の 失 業 中 で 、 母 親 は 一 応 確 認 す る 感 じ で 訊 い て き た 。 い ま は 母 親 に 小 遣 い を も ら い な が ら 生 き て い る 。 母 親 が ス 1 パ な ん で だ か 母 親 と い う の は 、 子 供 た ち の 友 情 は 永 遠 だ と 信 じ て い レ ジ 打 ち で 稼 い だ 、 世 界 一 悲 し い 金 を も ら い な が ら 。 仲 間 た ち は そ る ふ し が あ る 。 小 学 校 時 代 の 友 達 の ユ ー チ ン た ち と 、 一 一 十 九 歳 に な の こ と を 知 っ て い る は ず な の に 、 や れ カ ラ オ ケ だ 、 ラ ウ ン ド ワ ン だ 、 っ た い ま も 遊 ん で い る こ と に 、 ま っ た く 疑 問 を 持 た な い ど こ ろ か 、 居 酒 屋 だ と 、 金 の か か る 場 所 に 平 気 で 誘 っ て く る 。 ヨ シ オ は 誘 い を そ れ が 微 笑 ま し く て な ら な い と い っ た 顔 を し て く る の だ 。 ヨ シ オ は 断 っ た こ と が な か っ た 。 ヨ シ オ だ け じ ゃ な く 、 仲 間 た ち は 誰 も 誘 い そ の 表 情 を 見 る の が な ん と な く 嫌 で 、 黙 っ た ま ま ナ イ キ の 紐 を き っ を 断 ら な い 。 勝 山 な ん て バ イ ク 事 故 の あ と 退 院 し た ば か り で 、 片 手 く 結 ん で や り 過 ご し た 。 母 親 が 差 し 出 し た 三 千 円 を 、 目 も 合 わ さ ず に く し や り と 受 け 取 り 、 裸 の ま ま 尻 ポ ケ ッ ト に 突 っ 込 む 。 母 親 が く 片 足 が ギ ブ ス の 状 態 で も 、 カ ラ オ ケ に 来 て ブ ラ フ マ ン の 曲 を 歌 っ て た つ け 。 そ れ も め ち ゃ く ち ゃ 激 し い 曲 、 は か り 。 れ る 金 は 、 い つ も ち ょ っ と 湿 っ て い た 。 き っ と こ の 家 の 日 当 た り が 悪 く て 、 年 中 湿 気 が ひ ど い せ い だ ろ う 。 「 ち ょ っ と 出 か け て く る 」 240

文藝 2015年 summer


「 あ あ 。 じ ゃ あ 信 じ よ う 。 て か 、 生 ま れ る 前 に 住 ん で た と か 、 意 け 合 い が 本 当 の 協 力 と し て 力 を 発 揮 で き る よ う に な る の で す 。 味 わ か ら ん 」 自 分 が が ん ば る と い う 意 識 の 弱 い 人 、 孤 独 に 弱 い 人 は 、 耐 え ら 「 わ か れ よ 、 俺 を 妊 娠 し て た と き に 親 が 住 ん で た っ て 意 味 じ ゃ ね れ な く な る と 、 す ぐ に 弱 音 を 吐 き ま す 。 う ま く い か な い こ と を 、 え か 。 頭 使 え よ 」 人 の せ い に す る ん で す 。 自 分 は 被 害 者 だ か ら つ ら い の だ 、 と 訴 え み ご も 始 め ま す 。 も ち ろ ん 、 う ま く い か な い 理 由 が す べ て 自 分 に あ る と 「 つ ま り 、 ハ ク 1 で 妊 っ た か ら 漠 と 。 あ っ た ま 悪 」 「 そ れ は 俺 の 親 御 さ ん に 失 礼 で な い か い 」 い う こ と は な い で し よ う 。 で も 、 そ れ を 他 人 の せ い に し た ら 、 も う 自 分 は が ん ば れ な い と 、 ギ 、 フ ァ ッ プ し た こ と に な り ま す 。 ギ 、 フ 「 相 す ま ぬ 」 「 わ 、 ま さ か 相 沼 、 サ ム ラ イ 女 子 ? ア ッ プ し た 人 が 、 何 か を 解 決 で き る で し よ う か ? 何 か を 変 え ら れ る で し ょ , フ か ? ・ 「 だ っ た ら 何 と す る 」 実 例 を 出 し ま し ょ - フ 。 ば く が プ ロ グ を 立 ち 上 げ る き っ か け と な 「 俺 は サ ム ラ イ 男 子 」 「 ふ ん 、 愛 す べ き う つ け 者 よ の う 」 っ た 事 件 で す 。 こ こ に い ら し て い る 皆 さ ん は 、 す で に 詳 細 は ご 存 麦 ば た け で は 、 す で に 用 意 さ れ て い た 美 味 し い 料 理 が 、 ス タ ッ 知 で し よ う 。 デ ィ ス ラ ー 総 統 氏 は 、 ば く に 対 し て ど ん な 態 度 を 取 フ に よ っ て 次 々 と 供 さ れ た 。 、 、 ト リ ン ク は 飲 み 放 題 で ひ と り 一 一 千 円 っ た で し よ う か ? そ れ こ そ 、 被 害 者 で あ る こ と を 前 面 に 押 し 出 と い う 破 格 の 料 金 に 、 ふ と こ ろ の 寂 し い 相 沼 は 心 で 涙 し た 。 、 、 、 ノ ク し て 、 補 償 を 要 求 し て き ま し た よ ね ? デ ィ ス ラ ー 総 統 氏 は 、 何 で あ ん な に ま で 、 ど う 見 た っ て 無 理 な 被 害 を 訴 え て き た の で し ょ 1 も 「 図 領 さ ん の 男 気 ー に 乾 杯 を し ま く る 。 一 同 が 食 べ て い る 間 、 図 領 は プ ロ グ に も 書 い た 、 あ り う べ き 居 う か ? 真 意 は デ ィ ス ラ 1 総 統 氏 に 聞 く ほ か あ り ま せ ん が 、 ば く 言 ナ こ れ を 「 松 が 推 測 す る に 、 何 か か う ま く い か な か っ た こ と の い わ ば 八 つ 当 た 場 所 と し て の 松 保 商 店 街 像 に つ い て 、 詳 し く 吾 っ こ 。 保 縁 側 プ ロ ジ ェ ク ト 」 と 名 づ け て 商 店 街 と お 客 さ ん 一 体 で 推 進 し り を 、 麦 ば た け に し て し ま っ た の で し よ う 。 ば く の ミ ス を き っ か て い き た い と 説 明 し た あ と 、 特 に 強 調 し た の は 自 助 努 力 に つ い て け と し て 、 う ま く い か な い こ と す べ て を ば く の せ い に し た の で す 。 、 つ 」 0 キ ノ ↓ / い く ら ば く の せ い に し て も 、 デ ィ ス ラ 1 総 統 氏 の 困 難 は 少 し も 解 「 助 け 合 う こ と も も ち ろ ん 大 切 で す 。 で も 、 ま ず は 自 分 で が ん ば 決 し ま せ ん よ ね ? な せ な ら 、 ば く の せ い で は な い か ら 。 に も か る と い う 意 識 が な い と 、 助 け 合 い は 単 な る 傷 の 舐 め 合 い に な っ て か わ ら ず 、 デ ィ ス ラ 1 総 統 氏 は そ の 後 も ネ ッ ト 上 で ば く を 糾 弾 し た り 、 営 業 妨 害 を し た り と 、 し ま い ま す 。 そ れ は 、 厳 し い 現 実 を み ん な で 一 緒 に な っ て 見 な い 執 拗 に ば く の せ い に し 続 け ま し た 。 ど う し て で し よ う か ? 皆 さ ん 、 た ん た ん わ か っ て き ま し た よ ね 。 よ う に す る だ け の 逃 避 行 動 で 、 問 題 解 決 じ ゃ あ り ま せ ん よ ね ? 厳 し い 現 実 を 見 な い よ う に し た か っ た か ら で す 。 無 関 係 な ば く に 厳 し い 現 実 に 立 ち 向 か う に は 、 孤 独 に 耐 え ら れ る メ ン タ リ テ ィ が 必 要 な ん で す 。 み ん な が そ の 強 さ を 個 々 に 持 っ た と き 、 初 め て 助 当 た り 散 ら し て い る 自 分 を 直 視 し た ら 、 惨 め で 死 に た く な る で し