検索 - みる会図書館

検索対象: 替歌研究

替歌研究から 715件ヒットしました。

替歌研究


こ の 。 ハ ロ デ ィ 集 で 目 に つ く の は 七 七 七 五 の 一 一 十 六 文 字 の 歌 詞 で 、 「 ア ル プ ス 一 万 尺 」 「 デ カ ン シ ョ 節 」 「 ど ど い つ 」 「 ソ ー ラ ン 節 」 「 小 原 節 」 「 ト コ ト ン ヤ レ 節 」 と 、 自 由 に 歌 え る 替 歌 が 多 い こ と で あ る 。 オ デ コ が 広 い の 殿 様 バ ー ゲ で 後 ろ が な い の が 家 来 ハ ゲ ス ダ レ の 向 こ う に 三 日 月 見 え る は 月 食 ハ ゲ と も 人 は 呼 ぶ プ ラ ネ タ リ ュ ー ム に ジ ャ リ ッ パ ゲ 入 れ ば ど ち ら が 夜 空 か 頭 だ か ツ ル ッ パ ゲ お や じ の ト コ ヤ の 料 金 高 い ぞ お 毛 毛 の 探 し 賃 頭 の 上 に ゆ げ を た て て す ぐ に 怒 鳴 る の ヤ カ ン ハ ゲ オ リ ン ピ ッ ク で 優 勝 し た の か 月 桂 樹 じ ゃ な い カ ッ バ ハ ゲ 年 を 隠 し て か つ ら を か ー ぶ り 粋 に ス マ す は 見 栄 っ パ ゲ ハ ン ド ル 握 っ て お じ ぎ を す る の は ヘ ッ ド ラ イ ト の ハ ゲ と い 、 つ ハ ゲ た ハ ゲ だ と バ カ に す る な よ イ ン デ ィ ア ン と コ ジ キ に や ち ょ い と い な い ◆ 豪 気 節 ( 大 学 か ぞ え う た 替 歌 ) 一 時 と せ 一 流 大 学 あ き ら め て 深 夜 の ラ ジ オ を 友 と す る ( そ い つ は ご も っ と も そ い つ は お っ か れ さ ん ) 二 時 と せ 二 度 と 来 る ま い こ の 地 獄 孤 独 に 不 安 に 不 眠 ぜ め 678

替歌研究


変 り 易 き は 人 ご こ ろ 悲 憤 慨 嘆 花 魁 も こ う し の 内 じ ゃ と 濁 声 あ げ て 論 語 よ み よ み 吉 原 へ ホ ー カ イ 通 う 書 生 さ ん の 気 が 知 れ ぬ 長 歎 大 息 シ ガ レ ッ ト ロ に 咬 え て 金 縁 眼 鏡 長 く 着 流 す 絹 衣 裳 ホ ー カ イ 俳 優 と 思 え ば 書 生 さ ん 優 柔 不 断 見 台 を 前 に 控 え と 勿 体 ら し く 呻 る 姿 は よ け れ ど も ホ ー カ イ 数 え 切 れ な い 娯 親 類 内 職 勉 強 こ れ が 日 清 戦 争 後 に な る と 、 「 サ サ 」 と い う は や し 詞 を 入 れ て 歌 わ れ る よ う に な り 、 「 サ サ ホ ー カ イ 節 」 と 呼 ば れ た 。 汽 車 が 着 く 上 等 の 室 に は 二 人 連 す い っ す か れ つ 大 宮 の サ サ 大 神 宮 景 色 は よ ろ し 東 は 海 岸 イ ギ リ ス 波 止 場 書 生 さ ん 女 郎 は 買 い た し 銭 は な し 独 り 寝 る の も ひ ょ ん な も の サ サ ホ ー カ イ 二 階 の 鼠 が チ ウ と 啼 く の が 気 に か か る あ ほ よ 馬 鹿 よ 明 の 鐘 東 が 白 む 短 か 夜 に 去 ん で 下 ん せ 後 の た め サ サ ホ ー カ イ 末 の 契 り を 楽 し み に ま た の お い で を さ よ な ら 失 敬 こ の 「 サ サ ホ ー カ イ 節 」 は 明 治 三 十 二 年 ご ろ 、 「 サ サ キ タ コ ラ シ ョ 節 」 の 替 調 で 歌 わ れ て い る 。 ◆ さ さ さ た こ ら し ょ 即 こ む そ う 書 生 さ ん 伊 達 に 虚 無 僧 す る で な い 親 に は 勘 当 う け 学 校 落 第 し サ サ き た こ ら し ょ か ど 仕 方 が な い か ら ね 工 わ た し 月 琴 持 っ て 門 に 立 つ 一 文 お く れ 7 06

替歌研究


夜 ご と か わ す 仇 枕 こ れ も ぜ ひ な や 国 の た め 作 詞 作 曲 者 不 明 の 流 行 歌 。 元 歌 不 詳 。 昭 和 十 八 年 ご ろ 、 軍 人 相 手 の 娼 婦 た ち の 宿 舎 で 歌 わ れ た 。 ◆ 湖 畔 の 別 れ 替 歌 朝 は 空 か ら 波 間 か ら 明 け て 静 か な 小 鳥 の 朝 し た 馬 車 に ゆ ら ゆ ら 島 民 の 吹 く よ ロ 笛 に ゆ ら ゆ ら と 金 と 銀 と の 陽 が の ば る 椰 子 の 木 陰 に ひ と と き を 吹 か す 煙 草 の 煙 り の 果 て に ド ッ ト 上 っ た 波 し ぶ き 此 処 は 孤 島 よ 離 れ 島 年 に 一 度 の 船 が 来 る 星 の 光 り で 寝 む る 夜 は 夢 も は る か な 潮 路 を 越 え て 帰 る 古 里 彼 の 家 で た の し ま ど い も 束 の 間 に さ め て さ ぐ っ た は だ 守 り 元 歌 は 昭 和 十 七 年 ご ろ 、 松 竹 映 画 「 湖 畔 の 別 れ 」 主 題 歌 。 「 落 ち 葉 ち る ち る 山 あ い の / 青 い 静 か な 湖 こ い し 星 か す み れ か 真 珠 の 玉 か / お と め 心 の ゆ め の い ろ / ゅ め の い ろ 」 ( 西 条 八 十 作 詞 ) 替 歌 は 、 グ ア ム 島 元 日 本 兵 調 査 団 が 発 見 し た 。 石 田 正 夫 ( 当 時 、 海 軍 軍 属 設 営 隊 工 員 ) の 雜 の う の な か に 、 ヤ シ 酒 が は い っ た 一 升 び ん と と も に ポ ロ ボ ロ に な っ た ノ ー ト ( 遺 書 ) に 記 さ れ て い た 。 ◆ お 島 仙 太 郎 旅 唄 替 歌 銃 も と ら ず に 第 一 線 へ 男 度 胸 の 身 は 白 襷 き あ が る か ち ど き 南 の 空 の 364

替歌研究


ニ 一 一 口 ◆ い つ で も 夢 を 替 歌 猫 よ り ひ そ か に 大 よ り や さ し く 私 は い つ も 歩 い て る 音 が 聞 こ え る 淋 し い 夜 更 け に 汚 物 に ぬ れ た こ の 胸 に 撤 い て い る い る 殺 虫 剤 よ い つ で も 撒 く の 猫 よ り ひ そ か に 大 よ り 優 し く ゴ キ プ リ ソ ン グ を 唄 っ て る 元 歌 は 昭 和 三 十 七 年 、 橋 幸 夫 と 吉 永 小 百 合 と で 歌 い 、 レ コ ー ド 大 賞 を 受 賞 し た 。 「 星 よ り ひ そ か に / 雨 よ り や さ し く / あ の 娘 は い つ も / 歌 っ て る : : : 」 ( 佐 伯 孝 夫 作 司 ) 。 替 歌 は 、 元 歌 の 甘 く 悲 し い 非 現 実 的 な ム ー ド を 、 汚 な ら し く て 生 活 力 が 盛 ん な ゴ キ プ リ を う た っ て 、 あ て こ す っ て い る 。 ◆ 柔 替 歌 取 る と 思 、 つ な 田 5 え ば 負 け る や る と 思 っ て 税 金 を 払 っ て 生 き て る 庶 民 の 意 地 を 男 一 匹 ほ め て や る 人 は 人 で も 税 務 署 育 ち か け た 情 け を 誰 が 知 る せ め て 今 宵 は 人 間 ら し く 抱 い て 泣 く の も 抱 い て 泣 く の も 夜 の 花 ロ で い う よ り 押 さ え が 早 い 庶 民 相 手 の 強 気 ぐ せ え ら い や つ に は 下 か ら で る ぞ や わ ら か 一 筋 や わ ら か 一 筋 出 世 道 元 歌 は 昭 和 三 十 九 年 、 古 賀 政 男 の 作 曲 で 美 空 ひ ば り の 歌 。 や く ざ っ ほ い 歌 い 方 が 大 衆 に う け た 。 「 勝 っ と 思 う な 思 え ば 負 け る / 負 け て も と も と : ( 関 沢 新 一 作 詞 ) 。 替 歌 は 税 務 署 を 皮 肉 っ た 。 税 金 の 苦 痛 を う っ た え る 替 歌 57 石

替歌研究


死 ぬ ほ ど い や な 保 険 書 き 金 と い う 字 に は か て や せ ぬ 寒 い 徹 夜 の 月 始 め 初 め の 体 位 は 筏 で す ア ノ 娘 の 両 足 た く し あ げ 足 を の ば し て ギ ッ チ ラ コ 漕 げ ば こ ぐ ほ ど い い 気 持 ち 次 の 体 位 は 本 茶 臼 女 上 位 も ョ カ チ ン チ ン 蝶 が 舞 、 つ よ に 軽 や か に ひ ざ に 抱 き っ き い い 気 持 ち お 次 の 体 位 は 宝 船 足 を 優 し く 抱 き 上 げ て 肩 に か つ い で エ ン ヤ ラ コ つ ぎ か ら つ ぎ へ と い い 気 持 ち << は 昭 和 三 十 六 年 こ ろ 、 伊 豆 網 代 で 。 は 同 じ こ ろ 、 大 阪 今 里 新 地 で 。 0 か ら は 、 さ ま ざ ま に 歌 い 替 え ら れ た 歌 詞 で あ る が 、 の 「 お 座 敷 女 中 を し て り や こ そ / 男 の 四 、 五 人 あ た り ま え / の 四 じ ゃ あ る ま い し : ・ 」 な ど 、 第 十 五 章 で 既 出 「 海 軍 小 唄 」 ( ズ ン ド コ 節 ) と 同 じ よ う な 文 句 で 歌 わ れ て い る 。 。 は 京 都 の 「 保 険 医 新 聞 ー か ら 採 集 。 — は は か ま 満 緒 著 「 オ ト ナ の 歌 集 」 ( 一 九 六 〇 ・ 青 春 出 版 社 ) よ り 。 j82

替歌研究


し 女 工 の 歌 農 村 か ら 製 糸 工 場 に 募 集 さ れ た 女 工 た ち は 、 苛 酷 な 労 働 条 件 の な か で 、 自 ら の 生 活 を 次 の よ う に 歌 っ て い る 。 ギ ス じ ゃ あ る ま い し ウ リ ば か り 食 べ て な ん で 糸 目 が で る も の か 三 度 三 度 に 葉 っ ぱ を く れ て 糸 目 出 せ と は シ ャ ラ お か 町 の 糸 ひ き や 乞 食 と 一 つ わ ん に し よ う け に 箸 そ え て こ ん な 会 社 へ 来 る の じ ゃ な い が 知 ら ぬ 募 集 人 に だ ま さ れ ま た 、 た と え ば 、 「 青 島 節 」 ( 大 正 四 ) に 出 て く る 歌 詞 の な か で 女 優 が 牡 丹 の 花 な ら ば 洋 妾 な ん ぞ は バ ラ の 花 後 家 は 野 菊 で 尼 は 蓮 花 下 女 は 南 瓜 の 花 か い な ナ ッ チ ョ ラ ン ( 七 節 ) 女 事 務 員 が 柳 な ら 女 詩 人 は 花 す み れ 女 教 師 が 蘭 の 花 女 工 が ヘ ち ま の 花 か い な ナ ッ チ ョ ラ ン ( 八 節 ) と 女 工 歌 と な っ た が 、 こ れ は 花 の た と え が 、 か の 女 た ち の 生 活 を 自 嘲 的 に 歌 っ て い る か ら で あ る 。 ◆ 生 く る 屍 わ た し や 女 工 よ 春 降 る 小 雨 独 り し ょ ぼ し よ ば 音 も な い つ に な っ た ら 晴 れ る や ら っ き ぬ 涙 で ぬ ら す 枕 わ た し や 女 工 よ は か な い 小 鳥 羽 根 が あ っ て も 飛 べ も せ ず 空 が 見 え て も 籠 の 中 羽 毛 折 ら れ た 小 さ な 小 鳥 わ た し や 女 工 よ は か な い 花 よ 霜 に い じ け た 小 さ な っ ほ み 248

替歌研究


女 性 の 替 歌 か っ て の 替 歌 に は 男 性 優 位 の 春 歌 が 横 行 し た 。 そ の 流 れ は 明 治 、 大 正 、 昭 和 、 戦 後 と 受 け つ が れ て き た が 、 そ の 性 差 別 に 抗 議 す る 替 歌 が 出 て き た 。 ◆ 美 し き 天 然 替 歌 優 生 保 護 法 改 悪 堕 胎 罪 女 の 敵 を ゆ る す ま じ ※ い ま ぞ 目 ざ め し わ れ ら 女 お の れ が た め に 輝 や く 時 ぞ 代 年 物 価 高 公 害 低 賃 銀 七 男 社 会 の な れ の は て ( ※ く り か え し ) 章 十 元 歌 既 出 。 一 九 七 五 年 、 ウ ー マ ン ・ リ プ グ ル ー プ 「 ド 第 テ カ ボ 一 座 [ に よ る 「 ミ ュ ー ズ カ ル 女 の 解 放 」 の ヒ ッ ト メ ド レ ー 集 の プ ロ ロ ー グ よ り 。 リ プ 新 宿 セ ン タ ー で 同 年 三 月 一 日 に 最 終 公 演 。 「 か わ ら 版 ー ( 一 九 七 五 年 七 月 号 掲 載 ) に よ る 。 ◆ 新 金 色 夜 叉 替 歌 夢 も 希 望 も 恋 も あ る リ プ の 女 は く じ け な い ど ん な 苦 難 が あ ろ う と も 女 の 解 放 を か ち と る ぞ 発 車 オ ー ラ イ 明 る く 明 る く 生 き る の よ 赤 い パ ン ツ を ぬ ぐ と き は な め て し ゃ ぶ っ て 汗 ま み れ 汗 ま み れ 白 い ハ ン ツ を ぬ ぐ と き は い つ も 処 女 よ と し が み つ く し が み つ く 8

替歌研究


第 二 十 二 章 ス ポ ー ツ ・ 娯 楽 と 替 歌 を た の し む 社 用 族 が お 座 敷 で 手 を 打 っ 姿 が 連 想 さ れ て く る 。 ◆ キ ャ デ ィ さ ん ( お 富 さ ん 替 歌 ) 粋 な 縞 柄 フ ラ ノ の ズ ボ ン 、 ン ヨ ッ , 「 仇 な 姿 の テ ィ ー 飛 ん だ 筈 だ よ キ ャ デ ィ さ ん チ ョ ロ を し た と は お 釈 迦 さ ま で も 知 ら ぬ 仏 の キ ャ デ ィ さ ん エ ー サ オ ー 玉 を く れ ス ラ イ ス ポ ー ル を 恨 む じ ゃ な い が 風 に 流 れ て や ぶ の 中 や り き れ な い な キ ャ デ ィ さ ん こ れ じ や ポ ー ル も 手 持 ち が な い よ こ れ を さ が さ に や キ ャ デ ィ さ ん エ ー サ オ ー す ま さ れ め え 元 歌 は 既 出 。 以 上 の 替 歌 は 一 九 五 五 年 ご ろ 、 京 都 の あ る ゴ ル フ ク ラ ブ の パ ン フ レ ッ ト に 収 録 さ れ て い た も の で あ る 。 こ の ほ か に 「 炭 鉱 節 」 「 眞 室 川 音 頭 」 な ど の 替 歌 が 見 ら れ る 。 ◆ 独 立 麻 雀 隊 の 歌 ( 独 立 守 備 隊 の 歌 替 歌 ) あ あ マ ン ガ ン の 大 理 想 ッ モ ル 捨 て る は 東 よ り は じ ま る と こ ろ マ ー ジ ャ ン の パ イ 打 っ 音 の や か ま し さ エ ン エ ン 徹 夜 三 十 時 東 亜 の バ ク チ 進 め ゆ く み ん な 賭 け ご と マ ニ ヤ で す 趣 味 と 実 益 ス ロ ー ガ ン 元 歌 は 土 井 晩 翠 作 詞 、 旧 戸 山 学 校 軍 楽 隊 作 曲 。 「 あ あ 満 州 の 大 平 野 / ア ジ ア 大 陸 東 よ り / 始 ま る と こ ろ 黄 海 の / 波 打 っ 岸 に 端 ひ ら き ・ : 」 軍 歌 を ゲ ー ム の 歌 に 替 え た の は 痛 快 で あ る 。 j23

替歌研究


替 歌 九 州 炭 坑 節 + ナ ッ チ ョ ラ ン 節 ↓ 青 島 節 柳 家 金 語 楼 「 兵 隊 」 替 歌 歌 詞 の 七 節 「 女 優 が 牡 丹 の 花 ら ば 」 歌 詞 の 八 節 「 女 事 務 員 が 柳 な ら 」 製 糸 工 場 の 女 工 の 歌 ◆ 籠 の 鳥 替 歌 < 新 籠 の 鳥 命 が け し た 一 一 人 が 仲 も 今 は 逢 、 つ さ 、 ん ま ま な ら ぬ ま ま に な ら ぬ は 浮 世 の 定 め 無 理 か ら 逢 う の が 恋 じ ゃ も の 逢 う て 話 し て 別 れ る 時 は 7 ← い つ も 涙 が 落 ち て 来 る 落 ち る 涙 は 誠 か う そ か 女 心 は わ か ら な い う そ に 涙 は 流 せ ぬ も の を ほ ん に 悲 し い 籠 の 鳥 元 歌 逢 い た さ 見 た さ に 恐 さ も 忘 れ 暗 い 夜 道 を た だ ひ と り 逢 い に 来 た の に な ぜ 出 て 逢 わ ぬ ば く の 呼 ぶ 声 忘 れ た か あ な た の 呼 ぶ 声 忘 れ は せ ぬ が 出 る に 出 ら れ ぬ 籠 の 鳥 籠 の 鳥 で も 知 恵 あ る 鳥 は 人 目 忍 ん で 逢 い に 来 る 作 詞 秋 月 四 郎 刀 2

替歌研究


第 十 三 章 日 中 戦 争 前 後 褌 は ず し は 丸 裸 ス ル は 男 の 生 き る 道 出 し て く れ る な 夜 が り 声 泣 け ば 坊 や が 目 を さ ま す 元 歌 作 詞 西 条 八 十 花 も 嵐 も 踏 み 越 え て 行 く が 男 の 生 き る 道 泣 い て く れ る な ほ ろ ほ ろ 鳥 よ 月 の 比 叡 を 独 り 行 く 元 歌 は 松 竹 映 画 「 愛 染 か つ ら 」 主 題 歌 で 、 昭 和 十 三 年 ご ろ か ら 流 行 。 替 歌 は 戦 中 、 戦 後 に か け て 歌 わ れ た 。 ー マ ネ ン ト を か け す ぎ て み る み る う ち に は げ 頁 よ く よ く 見 れ ば 毛 が 三 本 あ あ 恥 ず か し ゃ ( 恨 め し ゃ ) 恥 ず か し ゃ ー マ ネ ン ト は 止 め ま し よ う ー マ ネ ン ト に 火 が つ い て み る み る う ち に 大 や け ど は げ た 頭 に 毛 が 三 本 あ あ 恥 ず か し ゃ 恥 す か し ゃ ー マ ネ ン ト は マ ネ ン ト は 止 め ま し よ う ー マ ネ ン ト は 止 め ま し よ う 」 ー マ ネ ン ト は 止 め ま し よ う ( 皇 軍 大 捷 の 歌 替 歌 ) 289