検索 - みる会図書館

検索対象: 約束

約束から 257件ヒットしました。

約束


コ バ ル ト 文 庫 く 好 評 発 売 中 〉 視 線 。 「 自 分 」 で い た い た . ・ い こ と な ん て し て い な い ~ / ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ま 茅 野 泉 ◆ イ ラ ス ト / 苳 夜 え ま ◆ 瞳 は 中 学 3 年 生 。 他 校 か ら 赴 任 し ◆ て き た 担 任 の 吉 村 に 、 進 級 早 々 ◆ 目 を つ け ら れ て し ま う 。 も の わ か り の い い 先 生 を 装 っ た 吉 村 の 無 神 経 な 態 度 に い ら だ っ 瞳 。 2 人 の い さ か い は ク ラ ス に も 微 妙 な 影 を 落 と す 。 「 私 は 間 違 っ て な い 」 瞳 の 孤 独 な 戦 い が 始 ま っ た 。 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ . を 4 簽 ミ 、

約束


堕 ち る 月 コ バ ル ト 文 ロ く 好 評 発 売 中 〉 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ま 茅 野 泉 ◆ イ ラ ス ト / 上 條 保 ◆ 安 息 の 地 を 求 め 、 無 人 島 ア ウ ト サ イ グ ー ◆ へ 漂 着 し た 孤 独 な 少 年 た ◆ ち 。 そ こ で 彼 ら は 島 の 森 に 住 む 兄 妹 に 出 会 う 。 が 、 に リ ー ダ ー の ス ラ イ は 不 吉 な 予 感 を 抱 き は じ め る 。 そ し て つ い に 、 事 件 が ・ ・ ・ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ い い

約束


146 大 丈 夫 な の 、 と 桐 香 は ね た 。 絢 子 は 曖 昧 な 笑 み を 返 し た 。 「 ま 、 そ う い う こ と も あ る さ 鞄 を 置 き な が ら 隣 に 座 る 。 全 開 の 窓 か ら 空 を 見 あ げ 、 「 今 日 、 風 強 い ね え 」 と つ ぶ や く 「 元 気 だ っ た ? 「 う ん 」 「 ハ イ ト 、 行 っ て る の ? 」 「 行 っ て る よ 」 か せ 「 す ご い 稼 い で る で し よ 、 絢 子 っ て ? こ 「 哲 と 、 会 っ て る ? 」 か う か 争 ・ う ん 、 と 桐 香 は 頷 い た 。 あ ん ま り 噛 み 合 わ な い な あ 、 と 思 っ た 。 目 が 合 う た び に 顔 を そ ら し て 、 絢 子 は ど こ か 様 子 が 変 だ 。 「 ほ ん と ? 孤 独 だ 孤 独 だ 、 っ て あ い つ 、 こ な い だ 会 っ た 時 わ め い て た よ 」 「 会 っ た の : ・ ? 」 「 お 盆 休 み に ね 、 み ん な で 海 に 行 0 た 。 白 井 さ ん と 、 円 香 さ ん と 、 崇 と 哲 と あ た し と 、 あ と 畆 と 、 ア キ で 」 て つ

約束


あ と 、 夜 、 授 業 が あ る っ て い う の は 面 白 い で す 。 窓 の 外 が 真 っ 暗 で 、 グ ラ ウ ン ド の ラ イ ト だ け 点 い て て 、 教 卓 で 先 生 が 喋 0 て る 声 が 昼 間 よ り 妙 に 第 く よ う な 感 じ で す 。 学 校 じ ゃ な い み た い っ て い う 、 非 日 常 的 な 感 覚 が 面 白 い ん だ と 思 う 。 も ち ろ ん 、 ち ゃ ん と し た 学 校 な ん だ け ど 。 柚 子 さ ん は 、 最 初 は た だ の 優 し い 先 輩 だ っ た ん だ け ど 、 桐 香 が あ ん ま り ぐ ず ぐ ず し て る の で 喝 を 入 れ て も ら い ま し た 。 私 の な か で は さ ん 0 て 感 じ で す 。 前 橋 さ ん も さ り げ な く 怖 い で す ね 。 な ん か 正 体 わ か ん な い し 。 ど う い う 人 な ん だ ろ ? で も 働 く 秀 か や つ ば り 格 好 い い で す 。 書 き な が ら 思 っ た ん で す が 、 な ん か 登 場 人 物 が 多 い で す 。 な ん で か な あ と 思 っ た ら 、 桐 香 の 生 活 が わ り と 懾 た だ し い か ら で す ね 。 バ イ ト し て 、 家 庭 教 師 が 来 て 、 親 と も め つ つ 、 学 校 に 行 け ず っ て る 。 だ か ら 家 庭 教 師 の 先 生 が 登 場 す る 場 面 も あ っ た ん だ け ど 、 削 っ て し ま い ま し た 。 あ と プ ロ ッ ト の 段 階 で は 哲 の 次 に 重 要 な キ ャ ラ だ っ た 男 の 子 も 最 後 の 最 後 に 消 え て し ま い ま し た 。 粘 っ た ん だ け ど ね え 、 彼 。 人 物 多 す ぎ る ん だ も ん 。 哲 を 書 き た く て 書 い た は ず な ん で す が 、 最 終 的 に 私 が イ カ レ て い た の は ア キ で し た 。 名 前 な ん か 適 当 に つ け た の に 。 あ あ 、 で も 好 み で す 。 な ん で な の か が よ く わ か ら な い ん だ け ど 。 あ 、 と あ れ か な 。 ベ ジ ー タ か な 。 あ 仮 装 行 列 っ て 前 か ら 思 っ て た ん だ け ど 、 要 す る に コ ス プ レ で す よ ね ? そ り や キ ャ ラ ク タ ー は 多 少 異 な る け ど 。 中 学 の 時 、 担 任 の 先 生 が 理 科 担 当 だ か ら っ て こ と で 、 「 キ ュ リ ー 夫 人 」 に ゅ 、 つ こ お も し ろ

約束


116 「 こ わ っ と 笑 0 て 懾 て て 離 す 。 「 暴 力 ふ る っ た ・ : や さ 「 な に よ う 、 優 し く つ か ん だ だ け で し よ 」 「 つ か ん だ 、 ほ っ ぺ た っ か ん だ 」 「 違 う っ て 、 ち ょ っ と 触 っ た だ け じ ゃ ん 」 じ ん じ ん 痛 む 頬 を さ す り 、 桐 香 は ロ の 横 に 手 を 当 て た 。 声 を あ げ る 。 「 柚 子 さ ー ん 、 松 下 さ ん が 」 カ ウ ン タ ー に へ ば り つ い た 柚 子 が 、 な に 、 と 振 り 返 っ た 。 松 下 は 桐 香 の 肩 に 手 を 回 し 、 「 な ん で も な い で す う 」 と 気 持 ち 悪 い 笑 顔 を 浮 か べ た 。 「 私 に 暴 力 を 「 い や ん 、 桐 ち ゃ ー ん 」 ガ ッ 、 と 背 中 を 小 突 か れ 、 桐 香 は ロ を 閉 じ た 。 柚 子 は 肩 越 し に ふ た り を 見 比 べ 、 「 こ ら 」 と 鼻 に を 寄 せ た 。 だ め 「 川 上 さ ん で 遊 ん じ ゃ 駄 目 よ 、 松 下 さ ん 」 ゅ う こ

約束


柚 子 は 布 巾 を 広 げ 、 丁 寧 に 畳 み 直 し た 。 「 厨 房 に は 最 低 ふ た り 要 る し 、 フ ロ ア は 、 で き れ ば あ と も う ひ と り 欲 し い の よ 」 「 募 集 し な い ん で す か ? こ 「 う ん 、 で も 」 柚 子 は 表 情 を 明 る く し た 。 「 も う す ぐ 夏 休 み で し よ 。 大 学 な ん か は 休 み が 早 い か ら 、 今 、 夜 と か 土 日 に 入 っ て く れ て る 子 た ち が 、 平 日 に 回 っ て く れ る の よ 」 平 日 の 夜 や 土 日 の バ イ ト は 、 ほ と ん ど が 短 大 生 や 、 専 門 学 校 生 だ っ た 。 授 業 が な く な る 分 、 シ フ ト も 組 み 替 え ら れ る ら し い 「 じ ゃ 、 来 週 く ら い か ら ? こ 「 そ う 。 坂 田 さ ん は お 子 さ ん が 休 み に 入 る か ら 、 八 月 は お 休 み だ し ね 」 そ う な ん で す か 、 と 桐 香 は 厨 房 に 目 を 向 け た 。 坂 田 は 顔 を あ げ 笑 っ た 。 「 ま だ 小 さ い か ら 。 一 日 中 、 留 守 番 さ せ る わ け に も い か な い し 」 「 だ か ら 厨 房 に ひ と り と 、 フ ロ ア に も う ひ と り 、 追 加 さ れ る と 思 っ て て 」 拭 き 終 わ っ た 皿 を 、 柚 子 は も の す ご い 早 さ で 積 み あ げ て い っ た 。 は い 、 と 桐 香 は う な ず い 約 た 。 夏 休 み と い う 鏘 き が ひ ど く 懐 か し い 。 去 年 の 夏 、 桐 香 は 自 分 が 何 を し て い た の か よ く 覚 え て い な か っ た 。 予 備 校 に 通 っ た 。 い と こ が 遊 び に 来 た 。 覚 え て い る の は 単 な る 事 実 で 、 風 景 や て い ね い た た

約束


第 三 章 哲 が 働 い て い る と い う 居 酒 屋 へ 、 皆 で 道 路 沿 い に 歩 い た 。 そ の 名 前 に は 聞 き お ・ ほ え が あ っ す み れ た 。 顔 は 浮 か ん で こ な か っ た 。 誰 か が 、 菫 は 先 に 行 っ て る 、 と 言 う の を 聞 い て 、 初 め て 思 い 出 し た 。 大 き な 道 路 沿 い に 、 七 、 八 人 の 集 団 に な っ て 歩 い た 。 こ っ ち 、 と 肘 で 知 ら な い 男 の 子 に 押 し き り か 退 け ら れ て 、 桐 香 は ム ッ と し な が ら 顔 を あ げ た 。 彼 は 前 を 歩 く 男 の 背 中 を 叩 い た 。 「 ほ ら 、 道 路 側 行 け よ 」 夜 に な っ て も 往 来 の 激 し い 道 路 か ら 、 女 の 子 を 守 ろ う と し て く れ た ら し い 。 桐 香 は 顔 を あ げ 、 大 柄 な 彼 の 耳 ぶ た あ た り を じ っ と 見 つ め た 。 彼 は 気 づ い て 、 「 え 、 な に ? 約 と 愛 想 良 く 笑 っ た 。 ま す こ 「 益 子 く ん 」 て つ ひ じ

約束


ず き 、 と 胸 が い た 。 迷 惑 な ん だ よ 、 と い う 一 『 〔 葉 が 、 想 像 し て い た よ り も 痛 い 「 何 、 黙 っ て ん だ よ 」 「 ・ : ご め ん 」 「 切 る そ 。 今 電 話 待 っ て ん だ か ら 」 「 ご め ん な さ い : ・ 」 「 変 な の に 引 っ か か る ん じ ゃ ね え そ 」 「 う ん 、 わ か り ま し た 」 き ト で つ だ い ま ぎ わ 受 話 器 を 置 い た 。 切 る 間 際 に 声 が や さ し く な っ た の が 、 逆 に 桐 香 を 落 ち 込 ま せ た 。 兄 妹 で 久 し 振 り に 話 し た 。 最 後 に 顔 を 見 た の が い つ だ っ た か 、 も う よ く は 思 い 出 せ な い ほ ど だ 。 「 桐 香 、 早 く お い で ! 」 後 ろ の 方 で 絢 ポ ッ ク ス を 出 た 。 す で に 道 路 の だ い ぶ 先 ま で 、 皆 が 移 動 し て い る の が 見 え た 。 / か ば ん か か 子 が 叫 ん で 、 そ の 横 で 、 崇 が 顔 だ け 振 り 向 い て い た 。 桐 香 は 鞄 を 抱 え 、 ま く れ あ が る 夏 物 の ス カ ー ト を 押 さ え な が ら 、 走 っ て 皆 に 追 い つ い た 。 夜 な の に 汗 を か い て 、 ね っ と り と ま と わ り つ く 空 気 が 、 胸 元 や 剥 き 出 し の 足 首 を 撫 で て い た 。 「 も う 、 す ぐ そ こ だ か ら ー 約 崇 が 言 っ た 。

約束


に そ れ を 見 や り 、 舌 打 ち し て 、 箸 で 一 「 三 本 だ け つ ま み あ げ た 。 桐 香 の 器 に 投 げ 込 む 。 「 こ ん だ け ー ? 」 「 家 で い い も ん 食 っ て ん だ ろ ー 「 私 、 お 客 さ ん じ ゃ な か っ た の ? 「 だ か ら 具 、 出 し て や っ た じ ゃ ん 」 普 段 ど ん な も の 食 べ て る の 、 と 桐 香 は 言 っ た 。 哲 は 薄 く 笑 い 、 冗 談 だ よ 、 と 目 を 伏 せ た 。 ま か な 「 そ れ じ ゃ か す げ え か わ い そ う み た い じ ゃ ん か 。 バ イ ト 先 で 賄 い 食 っ て る も ん 。 今 な ん か 昼 と 夜 、 一 一 回 も だ ぞ 」 か わ い そ う じ ゃ ん 、 と 桐 香 は 思 っ た 。 賄 い を 二 回 も 、 な ん て い う 自 慢 は 、 普 通 し な い ん じ ゃ な い の 、 と 言 い そ う に な っ て や め た 。 そ う じ 「 じ ゃ 、 掃 除 と か は ? こ 「 し て る よ 」 「 洗 濯 」 「 あ 、 そ れ は ち ょ っ と 」 し た う じ ま ん

約束


256 今 度 は 桐 香 が 口 を 開 け た 。 哲 は テ ー ブ ル に 手 を あ げ 、 桐 香 の 指 を 引 き 寄 せ た 。 「 俺 、 シ ャ ツ が 欲 し い 」 「 ・ : シ ャ ッ 」 「 お ま え が 一 枚 だ め に し た か ら ー 「 あ っ : 「 弟 連 れ て ん じ ゃ ね ん だ か ら よ ー 」 「 え ? 」 ま ゆ 意 味 が わ か ら な く て 眉 を し か め る と 、 す そ 「 裾 が 伸 び 伸 び な ん だ よ 」 と 哲 は 声 を 荒 げ た 。 そ う い え ば 彼 に は 弟 が い た 。 後 ろ か ら 裾 を 夢 中 で 引 っ ぱ っ た こ と を 思 い 返 し て 、 桐 香 は 笑 い 出 し た 。 テ ー 。 フ ル の 上 で 、 指 先 だ け 哲 に 触 れ て い た 。 彼 が 上 か ら 押 さ え つ け る の で 、 桐 香 は 下 か ら 抵 抗 し た 。 目 が 合 う 。 哲 が 意 味 深 に 笑 う 。 「 じ ゃ あ 、 今 日 は 夜 ま で 遊 ぶ か 」 だ め 「 そ れ は 駄 目 」 「 待 つ よ 」