検索 - みる会図書館

検索対象: 完訳 日本の古典 第三十一巻 今昔物語集 ㈡

完訳 日本の古典 第三十一巻 今昔物語集 ㈡から 519件ヒットしました。

完訳 日本の古典 第三十一巻 今昔物語集 ㈡


完 訳 日 本 の 古 典 31 今 昔 物 語 集 本 朝 世 俗 部 0 0 0 VO%O 小 学 館

完訳 日本の古典 第三十一巻 今昔物語集 ㈡


今 昔 物 語 集 巻 第 一 一 十 六 本 朝 付 宿 報

完訳 日本の古典 第三十一巻 今昔物語集 ㈡


今 昔 物 語 集 巻 第 一 一 十 五 本 朝 付 世 俗

完訳 日本の古典 第三十一巻 今昔物語集 ㈡


今 昔 物 語 集 巻 第 一 一 十 七 本 朝 付 霊 鬼

完訳 日本の古典 第三十一巻 今昔物語集 ㈡


完 訳 日 本 の 古 典 第 三 + 一 巻 今 昔 物 語 集 い 定 価 一 九 〇 〇 円 昭 和 礙 年 9 月 日 初 版 発 行 校 注 ・ 訳 者 馬 淵 和 夫 国 東 文 麿 今 野 達 発 行 者 相 賀 徹 夫 印 刷 所 凸 版 印 刷 株 式 会 社 発 行 所 株 式 会 社 小 学 館 〒 期 東 京 都 千 代 田 区 一 ッ 橋 一 一 ー 三 ー 振 替 口 座 東 ・ 京 八 ー 二 〇 〇 番 電 話 編 集 ( 〇 三 ) 二 九 一 一 ー 四 七 六 三 業 務 ( 〇 三 ) 二 三 〇 ー 五 三 三 三 販 売 ( 〇 三 ) 一 一 三 〇 ー 五 七 三 九 ・ 造 本 に は 十 分 注 意 し て お り ま す が 、 万 一 、 落 丁 ・ 乱 丁 な ど の 不 良 品 が あ り ま し た ら お と り か え い た し ま す 。 ・ 本 書 の 一 部 あ る い は 全 部 を 、 無 断 で 複 写 複 製 ( コ ピ ー ) す る こ と は 、 法 律 で 認 め ら れ た 場 合 を 除 き 、 著 作 者 お よ び 出 版 者 の 権 利 の 侵 害 と な り ま す 。 あ ら か し め 小 社 あ て 許 諾 を 求 め て く だ さ い Printed in Japan K. Mabuti H. Kunisaki ( 著 者 検 印 は 省 略 日 . Konno い た し ま し た ) ISBN 4 ・ 09 ・ 556031 ・ 2 1986

完訳 日本の古典 第三十一巻 今昔物語集 ㈡


凡 例 : 今 昔 物 語 集 巻 第 一 一 十 五 本 朝 付 世 俗 平 将 門 謀 反 を 発 し 誅 せ ら る る 語 第 一 ・ 藤 原 純 友 海 賊 に 依 り て 誅 せ ら る る 語 第 一 一 源 充 と 平 良 文 と 合 戦 す る 語 第 三 : 平 維 茂 が 郎 等 殺 さ る る 語 第 四 : 平 維 茂 藤 原 諸 任 を 罸 っ 語 第 五 : 春 宮 の 大 進 源 頼 光 の 朝 臣 狐 を 射 る 語 第 六 藤 原 保 昌 の 朝 臣 盗 人 の 袴 垂 に 値 ふ 語 第 七 : 源 頼 親 の 朝 臣 清 原 冂 凵 を 罸 た 令 む る 語 第 八 : 源 頼 信 の 朝 臣 平 忠 恒 を 責 む る 語 第 九 : 頼 信 の 言 に 依 り て 平 貞 道 人 の 頭 を 切 る 語 第 十 目 次 原 文 現 代 語 訳 ・ : 三 三 七 ・ : 三 四 一 一 ・ : 三 四 四 ・ : 三 四 七 ・ : 三 五 四 ・ : 三 五 五 ・ : 三 毛 ・ : 三 五 七 ・ : 三 六 0

完訳 日本の古典 第三十一巻 今昔物語集 ㈡


凡 例 : 今 昔 物 語 集 巻 第 一 一 十 五 本 朝 付 世 俗 平 将 門 謀 反 を 発 し 誅 せ ら る る 語 第 一 ・ 藤 原 純 友 海 賊 に 依 り て 誅 せ ら る る 語 第 一 一 源 充 と 平 良 文 と 合 戦 す る 語 第 三 : 平 維 茂 が 郎 等 殺 さ る る 語 第 四 : 平 維 茂 藤 原 諸 任 を 罸 っ 語 第 五 : 春 宮 の 大 進 源 頼 光 の 朝 臣 狐 を 射 る 語 第 六 藤 原 保 昌 の 朝 臣 盗 人 の 袴 垂 に 値 ふ 語 第 七 : 源 頼 親 の 朝 臣 清 原 冂 凵 を 罸 た 令 む る 語 第 八 : 源 頼 信 の 朝 臣 平 忠 恒 を 責 む る 語 第 九 : 頼 信 の 言 に 依 り て 平 貞 道 人 の 頭 を 切 る 語 第 十 目 次 原 文 現 代 語 訳 ・ : 三 三 七 ・ : 三 四 一 一 ・ : 三 四 四 ・ : 三 四 七 ・ : 三 五 四 ・ : 三 五 五 ・ : 三 毛 ・ : 三 五 七 ・ : 三 六 0

完訳 日本の古典 第三十一巻 今昔物語集 ㈡


翡 III 今 昔 物 語 集 510 巻 第 十 六 巻 第 十 七 巻 第 十 八 巻 第 十 九 巻 第 二 十 巻 第 一 一 十 一 巻 第 二 十 二 巻 第 二 十 三 巻 第 二 十 四 巻 第 二 十 五

完訳 日本の古典 第三十一巻 今昔物語集 ㈡


今 昔 物 語 集 巻 第 二 十 六 170 そ の を さ の ち か な ら ほ り か た っ た 其 長 ノ 後 ニ モ 必 ズ 堀 ケ ン カ シ 。 遂 ニ 不 聞 エ デ 止 ニ ケ リ 、 ト ナ ン 語 リ 伝 へ タ ル ト 一 長 の 後 日 の 消 息 に つ い て は ま っ た く 伝 わ っ て こ な か っ た 。 ャ 。 ち ん ぜ い の さ だ し げ の じ ゅ し ゃ よ ど に し て た ま を か ひ え た る こ と だ い じ ふ ろ く 鎮 西 貞 重 従 者 於 淀 買 得 玉 語 第 十 六 う じ し ゅ う い も の が た り 本 話 の 典 拠 は 未 詳 。 た だ し 、 『 宇 治 拾 遺 物 語 』 一 四 の 六 ( 前 半 話 ) は 同 文 的 同 話 で 、 両 者 は 同 原 拠 と み ら れ る 。 な お 『 宇 治 拾 遺 物 語 』 一 四 の 六 は 、 後 半 に 「 た う し せ う ず 」 の 類 話 を 付 記 し 、 話 末 に 説 話 の 取 材 源 を 注 記 す る な ど 、 本 話 よ り も 古 形 ( 典 拠 の 原 形 ) を と ど め る と み ら れ る 点 が 注 目 さ れ る 。 唐 人 が 京 大 夫 貞 重 の 下 人 が 淀 で 買 い 入 れ た 宝 玉 に 心 奪 わ れ 、 再 三 値 を つ り 上 げ て は 譲 渡 方 を 切 望 し た 末 、 つ い に 貞 重 が 進 物 用 品 六 、 七 千 疋 分 の 質 草 に 入 れ た 太 刀 十 腰 と 引 換 え に 宝 玉 を 買 い 取 っ た 話 。 類 話 と し て は 『 宇 治 拾 遺 物 語 』 一 四 の 六 後 半 の 「 た う し せ う ず 」 の 話 、 き ん ギ よ く 『 金 玉 ね ず ぶ く さ 』 一 の 一 水 魚 の 玉 の 事 な ど が あ り 、 近 世 末 以 降 の 文 献 所 載 例 と 民 間 伝 承 に つ い に ほ ん む か し ば な し し ゅ う せ い て は 関 敬 吾 『 日 本 昔 話 集 成 』 第 三 部 補 遺 「 六 六 〇 魚 石 」 に 詳 し い 。 石 田 幹 之 助 『 増 訂 長 安 た い へ い こ う き の 春 』 二 一 〇 ~ 二 八 一 ハ ー の 所 説 に よ る と 、 本 話 の 源 流 は 中 国 大 陸 で 、 晋 唐 小 説 や 『 太 平 広 記 』 に 多 く 収 め ら れ て い る 西 域 胡 人 の 来 唐 求 宝 譚 が 祖 型 と い う 。 ニ 九 州 の 、 特 に 北 九 州 の 古 称 。 三 貞 重 の 姓 の 明 記 を 期 し た 欠 字 。 注 九 よ り 推 す に 「 秦 」 を 擬 す べ き か 今 昔 、 鎮 西 ノ 筑 前 ノ け ノ 貞 重 ト 勢 徳 ノ 者 有 ケ リ 。 字 ヲ バ 京 大 夫 ト ゾ 0 大 宰 府 の 政 務 に か か わ 。 て い ( 現 代 語 訳 四 一 八 ハ ー ) つ ひ き こ や み

完訳 日本の古典 第三十一巻 今昔物語集 ㈡


今 昔 物 語 集 巻 第 二 十 七 262 れ ふ し の は は お に と な り て こ を く ら は む と す る こ と だ い に じ ふ さ む 猟 師 母 成 鬼 擬 瞰 子 語 第 二 十 三 本 話 の 典 拠 は 未 詳 。 老 母 が 鬼 に 化 し て わ が 子 を 襲 い 、 手 を 射 切 ら れ た 話 。 兄 弟 で 深 夜 鹿 狩 の - も レ 」 ど り た め に 「 待 ち 」 を し て い る と 、 鬼 が 兄 の 髻 を つ か み 上 げ た 。 弟 が そ の 手 を 射 切 っ て 持 ち 帰 る と 、 意 外 に も 老 母 の 手 だ っ た と い う 次 第 で 、 類 話 は 昔 話 「 鍛 冶 屋 の 婆 」 の 中 に 散 見 。 特 に 新 潟 県 蒲 原 地 方 で 採 集 さ れ た 弥 三 郎 婆 系 の 話 は 酷 似 す る 。 本 話 は そ の 古 型 、 ま た は 同 型 話 の 最 古 の 文 献 記 載 例 と し て 注 目 す べ き か 。 な お 、 老 女 が 鬼 に 変 じ 、 鬼 が 老 女 に 化 し た 例 は す で に 本 巻 第 一 五 か ん き よ と も つ る ぎ の ま き も ′ ャ り ば し 話 に み え 、 『 太 平 記 』 付 載 「 剣 巻 」 所 収 の 戻 橋 伝 説 の 後 日 譚 も そ う で あ っ た 。 『 閑 居 の 友 』 下 の 三 そ ろ り も の が た り に は 、 恨 み を 抱 い て 生 き な が ら 鬼 に な っ た 美 濃 女 の 話 が み え 、 『 曾 呂 利 物 語 』 二 の 二 老 女 を 猟 師 が 射 た る 事 に は 、 夜 ご と に 人 を 食 い 殺 し た 百 歳 近 い 庄 屋 の 老 母 が 夜 間 猟 師 に 射 殺 さ れ た 話 が 収 録 さ れ て い る 。 事 々 し く 仏 典 の 羅 刹 女 鬼 な ど を 引 合 に 出 す ま で も な く 、 鬼 婆 の 存 在 は 伝 説 ・ 昔 話 の 類 で お な じ み の も の 。 ↓ 柳 田 国 男 「 狼 と 鍛 冶 屋 の 姥 」 ( 『 桃 太 郎 の 誕 生 』 所 収 ) ・ 関 敬 吾 『 日 本 昔 話 集 成 』 第 二 部 本 格 昔 話 所 収 「 二 五 一 一 鍛 冶 屋 の 婆 」 。 一 国 名 の 明 記 を 期 し た 欠 字 。 ニ 郡 名 の 明 記 を 期 し た 欠 字 。 今 。 キ 、 凵 ノ 風 、 Ⅱ ノ 郡 ニ 、 鹿 猪 ヲ 殺 ス ヲ 役 ト 為 ル 者 、 兄 弟 一 一 人 有 ケ = も 。 ば ら そ の こ と を す る 、 専 四 業 と す る 者 の 意 。 こ こ で は 狩 人 、 き ゃ う だ い か き つ れ や ま ゆ き つ ね や ま ゆ き 猟 師 。 リ 。 常 ニ 山 ニ 行 テ 、 鹿 ヲ 射 ケ レ バ 、 兄 弟 掻 列 テ 山 ニ 行 ニ ケ リ 。 四 「 掻 」 は 接 頭 語 。 連 れ 立 っ て 。 ま た よ こ ギ 一 ま き ゅ ひ 五 狩 猟 の 方 法 の 一 。 以 下 の 説 明 待 ト 云 フ 事 ヲ ナ ム シ ケ ル 。 其 レ ハ 高 キ 木 ノ 胯 ニ 横 様 ニ 木 ヲ 結 テ 、 其 レ ニ 居 テ ( 現 代 語 訳 四 六 一 し か た い へ い き た か き ゐ か き