検索 - みる会図書館

検索対象: 月刊 新聞ダイジェスト 2015年7月号

月刊 新聞ダイジェスト 2015年7月号から 176件ヒットしました。

月刊 新聞ダイジェスト 2015年7月号


政 一 治 m) と 連 携 し 、 民 間 事 業 に m—0) も 、 こ れ ま で よ り 増 さ せ る 。 る 。 4-+-qm は 資 本 金 10 お り 、 低 コ ス ト の イ ン フ 一 フ の 銭 失 い 」 と い う 言 葉 を 使 出 融 資 を 行 う 新 た な 仕 組 み も 積 極 的 に リ ス ク を 取 っ た ア ジ ア の イ ン フ ラ 需 要 は 00 億 を 目 標 に 創 立 メ ン 整 備 が 特 徴 に な る と 見 ら れ い な が ら 、 良 質 な イ ン フ ラ を 作 る 。 国 際 協 力 銀 行 (h 融 資 を 行 い 、 資 金 支 援 を 倍 年 間 8000 億 と さ れ バ ー 国 が 設 立 交 渉 を 進 め て る 。 安 倍 首 相 は 「 安 物 買 い の 重 要 性 を 強 調 し た 。 ( 読 売 5 ・ ) し た 衆 院 議 員 475 人 の 資 億 6520 万 円 。 相 続 な 位 は 神 佐 氏 ( 自 民 党 ) 国 会 議 員 の 資 産 公 開 リ ク ル 1 ト 事 件 な ど を 受 け て 199 万 円 産 報 告 書 が 日 、 国 会 議 員 ど で 前 回 か ら 2 億 円 余 り 資 で 9 億 6763 万 円 。 3 位 ロ 2 年 月 に 成 立 し た 資 産 公 開 法 に 基 づ く 。 国 会 議 員 は 当 選 時 に 土 地 ・ 建 物 、 預 金 、 れ た 。 共 同 通 信 の 集 計 で は 、 加 の 主 な 要 因 と な っ た 。 9856 万 円 。 上 位 川 人 を 畄 日 貸 付 金 、 借 入 金 な ど を 報 告 し 、 以 後 毎 年 、 増 氏 株 式 を 除 く 預 貯 金 な ど の 金 参 院 か ら の く ら 替 え を 含 自 民 党 議 員 が 独 占 し た 。 加 分 の 報 告 書 を 出 す 。 こ の ほ か 毎 年 、 前 年 1 融 資 産 と 土 地 、 建 物 を 合 わ む 新 人 議 員 人 の 平 均 は 1 政 党 別 の 1 人 当 た り 平 均 年 分 の 所 得 と 、 4 月 現 在 で 兼 業 や 顧 問 と し て 連 山 せ た 資 産 総 額 の 平 均 は 34 368 万 円 。 前 回 2291 資 産 は 、 公 開 対 象 が 小 沢 一 報 酬 を 受 け 取 っ て い る 会 社 名 を ロ す る 。 事 平 回 鳩 63 万 円 だ っ た 。 前 回 万 円 か ら 約 900 万 円 の 減 郎 共 同 代 表 ら 2 人 だ っ た 生 実 と 異 な る 報 告 を し て も 罰 則 は な い 。 員 産 13 年 5 月 の 公 開 時 と 比 べ と な っ た 。 女 性 議 員 の 平 均 活 の 党 が 1 億 903 万 円 で 議 首 院 て 233 万 円 多 く 、 2 回 連 は 1372 万 円 だ っ た 。 ト ッ プ 。 2 位 は 自 民 党 の 4 民 主 党 ( 1351 万 円 ) 、 公 の 資 産 を 比 較 す る と 、 生 活 衆 資 続 で 増 加 し た 。 首 位 は 鳩 山 1 億 円 以 上 の 資 産 が あ る 704 万 円 、 3 位 は 社 民 党 明 党 ( 915 万 円 ) 、 共 産 党 の 党 の 小 沢 一 郎 共 同 代 表 が 2 億 1491 万 円 で ト ッ プ 昨 年 月 の 衆 院 選 で 当 選 邦 夫 元 総 務 相 ( 自 民 党 ) の 議 員 は 幻 人 で 、 前 回 の 人 の 2490 万 円 。 以 下 は 次 ( 484 万 円 ) の 順 だ っ た 。 か ら 5 人 減 っ た 。 各 資 産 別 の 平 均 は 土 地 1 だ っ た 。 2 位 は 自 民 党 の 安 世 代 の 党 ( 1767 万 円 ) 、 円 円 円 円 円 円 円 円 円 円 標 の の 。 自 501 万 円 、 建 物 970 万 倍 晋 三 総 裁 ( 首 相 ) で 1 億 鳩 山 氏 に 続 く 資 産 総 額 2 維 新 の 党 ( 1700 万 円 ) 、 万 万 万 万 万 万 万 万 万 万 税 ど , た は 0 CO 6 1 6 ロ ー 00 4 4 円 、 預 貯 金 992 万 円 、 借 入 529 万 円 。 日 に 就 任 し つ ん ^ 0 LO 6 1 C'0 6 9 -1 0 課 な 託 し 自 8 叮 ー -1 6 ワ ー 0 9 9 6 6 9 L.n -1 CO 8 4- 1 1 人 税 債 信 入 の 金 1767 万 円 。 株 式 は 銘 た 維 新 の 党 の 松 野 頼 久 代 表 億 億 億 億 億 億 億 億 億 産 国 銭 五 党 移 . 沼 含 柄 と 株 数 の 公 開 で 、 所 有 す が 8578 万 円 で 3 位 に 入 9 6 4 4 3 2 2 2 2 資 く 金 捨 政 推 を 定 除 、 四 自 自 自 自 自 自 自 自 自 自 た 格 京 る 157 人 の う ち 鳩 山 氏 が っ た 。 と 固 を 金 を い 人 区 区 の 式 貯 台 な 像 小 沢 氏 は 2013 年 5 月 : 8 面 ( 保 有 株 式 数 で 最 多 だ っ た 。 0 ( 0 ー 8 ワ 」 1 2 物 株 預 円 ま 均 の 前 回 公 開 時 か ら 2127 ・ 図 の 岡 玉 道 岡 玉 京 葉 川 玉 阪 建 ( の 含 平 円 、 ど 性 間 は 万 円 資 産 が 増 え た 。 新 た に 産 、 の 幅 齔 幅 陳 仟 伏 地 な 期 て 金 。 資 田 党 首 ト ッ プ は 千 葉 県 勝 浦 市 に 土 地 と 建 土 金 定 し 入 略 額 夫 市 寿 郎 孝 郎 樹 也 生 章 は 貯 、 算 借 称 の 計 は 年 総 邦 佐 宏 太 義 一 員 卓 良 小 沢 氏 億 円 物 、 沖 縄 県 椪 に 建 物 額 預 券 合 、 敬 員 金 ど を 取 得 。 東 京 都 世 田 谷 区 な 総 、 証 。 金 。 議 資 山 山 木 生 藤 下 須 井 中 藤 産 額 価 計 付 党 院 な 日 に 公 さ れ た 衆 院 議 ど の 土 地 の 固 定 資 産 税 課 税 院 鳩 神 高 麻 新 鴨 白 平 田 左 資 準 有 合 貸 民 衆 衆 1 2 (') 4 5 6 7 8 9 員 の 資 産 報 告 書 で 政 党 党 首 標 準 額 も 上 が っ た 。 ニ : = ニ 平 均 像 1767 万 円 万 平 均 資 産 額 の 推 移

月刊 新聞ダイジェスト 2015年7月号


経 済 財 務 省 は 8 日 、 2015 年 3 月 末 た 。 麻 生 氏 は 閣 議 後 の 記 者 り 組 む 必 要 性 を 強 調 し た 。 の 価 格 上 昇 も 寄 与 し た 。 資 産 は 、 中 国 が ニ 位 で 一 一 百 の 「 国 の 借 金 」 ( 国 債 、 借 入 金 、 政 会 見 で 「 日 本 と し て 、 国 力 対 外 資 産 残 高 は ・ 5 % 対 外 負 債 残 高 は ・ 6 % 十 四 兆 三 千 六 士 一 一 億 円 、 ド 府 短 期 証 券 の 合 計 ) が 1053 兆 3 の 大 き な も の な の で 大 事 に 増 の 九 百 四 十 五 兆 一 一 千 七 百 増 の 五 百 七 十 八 兆 四 千 百 六 ィ ッ が 百 五 十 四 兆 七 千 五 十 572 億 円 に な っ た と 発 表 し た 。 Ⅱ す る 」 と 述 べ た 。 一 方 で 三 十 億 円 で 、 六 年 連 続 で 増 十 億 円 で 、 五 年 連 続 で 増 加 五 億 円 と 続 い た 。 ( 東 京 5 ・ ) 「 対 外 純 資 産 残 高 は ( 政 府 加 し た 。 直 接 投 資 の ほ か 、 し た 。 国 際 通 貨 基 金 (—ä 年 3 月 末 か ら 兆 4003 億 円 増 え 、 こ れ ま で の 最 高 を 更 新 し た 。 今 の ) 財 政 収 支 と は 別 の 話 機 関 投 資 家 に よ る 証 券 投 資 L.&) の 統 計 な ど に よ る と 、 年 4 月 1 日 時 点 の 推 計 人 口 だ 」 と 指 摘 し 、 財 政 再 建 に 取 が 増 え 、 保 有 す る 外 国 証 券 主 要 国 の 一 四 年 末 の 対 外 純 ( 1 億 2691 万 人 ) で 割 円 る と 、 国 民 1 人 当 た り 約 8 「 期 待 値 と し て は 良 い 兆 し 一 〇 年 Ⅱ 一 〇 〇 ) は 、 景 気 万 の 現 状 を 示 す 一 致 指 数 が 前 30 万 円 の 借 金 を 抱 え て い が 出 て い る 」 と 話 し た 。 「 緩 や か な 回 復 」 継 続 ( 朝 日 5 月 比 一 ・ 一 下 落 の 一 〇 九 る こ と に な る 。 ・ 五 で 、 一 一 カ 月 連 続 で 悪 化 人 高 齢 化 が 進 ん で 増 加 す る 5 月 の 月 例 報 告 企 業 部 門 は 低 調 景 気 動 向 指 数 が し た 。 個 人 消 費 の 鈍 さ に 加 社 会 保 障 費 の 財 源 不 足 を 借 内 閣 府 は 日 、 5 月 の 月 に よ る 消 費 意 識 の 改 善 も 加 2 カ 月 連 続 悪 化 え 、 ア ジ ア 向 け の ス マ ー ト 例 経 済 報 告 を 公 表 し た 。 景 わ り 、 消 費 者 総 合 指 数 は 2 月 な 要 因 だ 。 3 月 、 基 調 判 断 は 維 持 フ ォ ン 用 部 品 な ど の 生 産 や 3 内 訳 を み る と 、 普 通 国 債 出 荷 が 減 少 し た こ と が 影 響 気 の 基 調 判 断 を 2 カ 月 連 続 カ 月 連 続 で 増 加 。 家 電 や 百 が 最 も 多 く 、 年 3 月 末 よ で 据 え 置 き 、 「 緩 や か な 回 貨 店 な ど で 回 復 の 動 き が 出 内 閣 府 が 十 一 百 発 表 し た し た 。 基 調 判 断 は 、 景 気 が り 兆 円 超 増 え て 774 兆 復 基 調 が 続 い て い る 」 と し て い る 。 住 宅 建 設 も 新 築 住 三 月 の 景 気 動 向 指 数 ( 二 〇 回 復 局 面 に あ る こ と を 示 す 831 億 円 。 普 通 国 債 の う ち 、 東 日 た 。 個 人 消 費 を カ 月 ぶ り 宅 の 着 工 が 堅 調 で 4 カ 月 ぶ 「 改 善 を 示 し て い る 」 に 据 に 上 方 修 正 す る な ど 家 計 部 り に 上 方 修 正 し た 。 .1 新 え 置 い た 。 報 8 兆 2795 億 円 だ っ た 。 今 後 も 新 門 で 改 善 の 動 き が 出 た が 、 企 業 部 門 で は 生 産 を 7 カ 指 数 を 構 成 す る 経 済 指 標 規 に 国 債 を 発 行 す る こ と な ど か ら 、 生 産 や 輸 出 な ど 、 先 行 し て 月 ぶ り に 、 輸 出 を カ 月 ぶ の う ち 、 小 売 業 の 商 業 販 売 「 国 の 借 金 」 は 年 3 月 末 に は 約 1 9 額 や 鉱 工 業 生 産 財 出 荷 指 数 回 復 し て き た 企 業 部 門 に 弱 り に そ れ ぞ れ 下 方 修 正 し 推 売 167 兆 円 に 達 す る 見 通 し だ 。 さ が み ら れ た 。 読 た 。 軽 自 動 車 の 大 幅 な 販 売 の な ど 八 指 標 が 下 落 の 材 料 と 基 調 判 断 の 表 現 で 4 月 は 減 や ア ジ ア で ス マ 1 ト フ ォ 数 な っ た 。 上 昇 に 寄 与 し た の ヒ 日 1 凵 は 、 乗 用 車 な ど 耐 久 消 費 財 の 一 〇 五 ・ 五 で 、 三 カ 月 ぶ っ て 改 定 さ れ る た め 、 数 値 冒 頭 に 「 企 業 部 門 に 改 善 が ン 向 け の 部 品 需 要 が 一 服 し 剛 行 細 【 9 年 の 出 荷 指 数 と 、 大 口 電 力 使 り に 改 善 し た 。 み ら れ る な ど 」 と つ け て い た こ と か ら 、 鉱 工 業 生 産 指 動 が 今 後 変 動 す る 場 合 も あ 用 量 の 一 一 指 標 だ け だ っ た 。 各 指 数 は 、 生 産 や 消 費 な る 。 た が 、 5 月 は 削 除 し 、 2 カ 数 は 2 カ 月 連 続 で 減 少 。 輸 気 ( 東 京 5 ・ ) 出 数 量 も 減 っ た 。 日 会 見 数 カ 月 先 の 景 気 動 向 を 示 ど の 経 済 指 標 を 統 合 し て 算 月 ぶ り に 変 更 し た 。 す 先 行 指 数 は 〇 ・ 八 上 昇 出 さ れ る 。 過 去 に さ か の ば 個 人 消 費 は 、 賃 上 け な ど し た 甘 利 明 ・ 経 済 再 生 相 は 一 致 指 数 105 1 OO 95 国 の 借 金 1 053 兆 円

月刊 新聞ダイジェスト 2015年7月号


経 斉 3 ・ 0 % 増 の 1 兆 coo ル ガ ン ・ ス タ ン レ ー か 化 で 三 菱 を 追 い 指 す 考 え を 示 し た 。 日 銀 の 自 己 資 本 を 年 ぶ り に 上 回 っ 資 産 運 用 好 調 41 億 円 、 最 終 利 益 は ら の 収 益 が 748 億 円 上 け て い る 。 三 井 住 友 一 方 、 国 内 金 融 機 関 年 ぶ り 8 % 超 た 。 通 常 は 一 般 企 業 の 野 村 な ど 増 益 5 ・ 2 % 増 の 2247 と 最 終 利 益 を 押 し 上 け の 宮 田 孝 一 社 長 は は 国 債 を 大 量 に 保 有 し 最 終 ( 当 期 ) 利 益 に 当 証 券 5 社 、 3 月 期 億 円 を 確 保 。 =一 菱 た 。 三 菱 の 平 野 「 海 外 部 門 の 拡 大 や 、 て い る 。 日 銀 の 試 算 で 日 銀 は 日 、 201 た る 剰 余 金 の 5 % を 法 信 行 社 長 は 「 グ ロ 1 ( 企 業 の 合 併 買 は 、 国 内 の 金 利 が 1 % 大 手 証 券 5 社 の 証 券 は 原 油 安 な 5 年 3 月 期 決 算 を 発 表 定 準 備 金 に 積 み 立 て る ル な 金 融 グ ル ー プ を 目 収 ) の 仲 介 な ど を 強 化 上 昇 す る と 、 保 有 国 債 15 年 3 月 期 連 結 決 算 ど で 保 有 株 や に 損 し 、 自 己 資 本 比 率 が 前 が 、 今 回 は 財 務 の 健 全 指 し 、 海 外 事 業 を も う し た い 」 。 み ず ほ の 価 格 下 落 で 金 融 機 関 が 日 、 出 そ ろ 0 た 。 失 が 生 じ 、 最 終 利 益 は 期 末 の 7 ・ % か ら 8 性 を 高 め る た め 、 % 貯 ・ 8 % 減 の 509 億 一 段 強 化 し た い 」 と し の 佐 藤 康 博 社 長 は 「 グ に 生 じ る 損 失 は 総 額 7 資 産 運 用 部 門 な ど が 好 ・ % に 改 善 し た 。 健 に 増 額 し た 。 全 性 の 目 安 と な る 8 % ( 毎 日 5 ・ ) て 巧 5 Ⅳ 年 度 の 3 年 間 ル ー フ の 銀 行 や 証 券 、 ・ 5 兆 円 に 達 す る 。 国 調 な 野 村 ホ ー ル テ ィ ン 円 だ っ た 。 【 土 屋 渓 】 ( 毎 日 5 ・ 1 ) で 、 海 外 部 門 の 利 益 を 信 託 が 連 携 し て 不 動 産 債 の 大 量 保 有 リ ス ク を グ ス な ど 3 社 3 割 超 拡 大 す る 目 標 を 仲 介 や 資 金 運 用 な ど の ど の よ う に 解 消 す る か が 増 収 増 益 の 一 方 、 2 掲 け た 。 サ ー ビ ス を 一 括 で 提 供 も 課 題 と な っ て い る 。 社 は 減 収 減 益 だ っ た 。 日 の 東 京 株 式 市 場 は 、 感 さ れ た ほ か 、 円 安 の 恩 恵 ( 毎 日 5 ) 野 村 は 顧 客 か ら 預 か 三 井 住 友 や み ず し た い 」 と 、 貸 し 出 し 円 安 で 業 績 改 善 の 期 待 が 高 を 受 け や す い 自 動 車 や 電 る 資 産 が *00 兆 円 を ほ も 海 外 部 門 の 強 以 外 の 収 益 力 強 化 を 目 ま る 輸 出 関 連 株 を 中 心 に 買 機 、 造 船 な ど 輸 出 関 連 企 業 超 え て 運 用 手 数 料 な ど い が 優 勢 と な り 、 日 経 平 均 に 買 い が 集 ま り 、 日 経 平 均 想 、 月 年 が 伸 ひ 、 売 上 高 に 当 た 株 価 の 終 値 は 前 日 比 円 圏 株 価 の 上 昇 幅 は 一 時 、 18 予 8 6 3 8 の 連 カ 期 5 & 6 【 0 3 〔 7 ・ 6 .3. は る 純 営 業 収 益 が 前 期 比 月 9 Ⅳ . 7 イ ・ 6 銭 高 の 2 万 551 円 銭 と o 円 を 超 え た 。 た だ 、 急 速 益 「 日 連 続 で 上 昇 し 、 今 年 の な 株 価 上 昇 に は 警 戒 感 も 強 終 り ム -4- 8 ・ 4-- 11 益 5 生 減 ホ 準 。 午 後 に 入 る と 、 ひ と ま 上 7 最 高 値 を 更 新 し た 。 川 日 連 ・ 11 4 -1 終 期 7g6 円 昀 図 の . % 6 ナ 増 は 基 終 3 0 て 7 Ⅳ 6 新 2 Ⅳ 11 マ 合 ロ ー -44 9 6 ロ ー よ の 最 4 8 0 8 4 期 聖 = 続 、 続 の 上 昇 は 、 バ ブ ル 経 済 期 ず 利 益 を 確 定 す る た め の 売 感 の 1988 年 2 月 に 日 連 り 注 文 も 出 て 、 上 け 幅 を 縮 0 乙 1 上 は ス 米 0 8 00 4 ・ -4- 続 で 上 昇 し て 以 来 、 約 年 め た 。 【 鈴 木 一 也 】 益 ・ 内 ナ は 年 と 益 倍 乃 倍 四 倍 倍 下 ( 毎 日 5 ・ 四 ) 1 を 5. 2 ・ 3 0 増 傘 四 5 な 損 。 コ イ 村 日 株 3 カ 月 ぶ り だ 。 飾 仏 仼 比 ( -1 人 っ な ロ ー (C) 0 乙 、 ツ マ 野 1 債 買 米 前 日 の ニ ュ ー ヨ ー ク 株 式 0 3 3 9 2 カ ま の 国 売 ^ 0 LO -44 0 00 。 ス 市 場 は 、 米 国 景 気 の 先 行 き 純 刀 0 4 2 〕 、 】 ・ 4 0 〕 4 ・ ユ ~ 冗 1 ー ・ 第 第 8 、 〕 イ 、 7 / 4 き っ ム ・ ま ) っ ム 券 億 ン 証 へ の 期 待 を 背 景 に 反 発 。 早 か 債 ト 証 証 興 は 位 イ 。 国 円 グ ほ 位 単 テ 0 一 丁 東 期 利 上 げ 観 測 を 背 景 に ド ル 0 ′ イ 、 〉 友 地 益 高 ・ 円 安 が 進 ん だ 。 日 の 村 菱 す Ⅷ 単 で ル 野 大 三 み ※ 銀 名 匪 住 ほ な 住 ス 侃 務 東 京 市 場 で は 、 米 株 高 が 好 手 行 菱 井 ず そ 、 井 ラ 単 業 大 手 証 券 5 社 の 大 銀 三 三 み 三 ト ※ ※ 年 3 月 期 決 算 大 手 銀 行 5 グ ル ー プ の 最 終 利 益 の 推 移 ※ 3 月 期 30000 ( 億 円 ) 25000 20000 15000 10000 5000 0 -5000 ー 10000 -15000

月刊 新聞ダイジェスト 2015年7月号


を 受 け た 発 明 は 両 当 局 が 優 っ て い た 審 査 期 間 は 半 年 程 ( 朝 日 5 ・ r-.a ) 先 的 に 審 査 を 始 め 、 判 断 材 度 に 短 縮 さ れ る 見 通 し 。 当 特 許 審 査 日 米 が 情 報 共 有 考 洋 若 和 銀 得 い 末 り 月 り め 料 と な る 関 連 文 献 や 研 究 論 面 は 年 間 数 百 件 を 上 限 と し 資 宮 に は 取 の は 3 の む く を 同 時 申 請 受 理 、 半 年 で 取 得 文 の 調 査 、 同 じ よ う な 特 許 て 想 定 し て い る と い う 。 〈 硺 減 、 て し 間 で 出 , 1 ら き 字 。 の 有 無 な ど の 調 査 情 報 を 共 特 許 庁 に よ る と 、 201 ~ な し し 摘 世 の が g 体 、 膨 大 赤 い 特 許 庁 と 米 国 特 許 商 標 庁 る 。 企 業 に と っ て は 日 米 で 有 す る 。 審 査 そ の も の は 別 3 年 の 日 本 か ら 海 外 へ の 特 断 諟 、 。 。 は 幻 日 、 特 許 の 同 時 申 請 を の 商 品 同 時 発 売 な ど が し ゃ 々 に す る が 、 「 特 許 性 が あ 許 出 願 は 約 万 件 。 国 別 で ヒ れ 産 か れ 巧 一 億 字 で 資 繰 は の た め の 情 報 を 共 有 す る 一 」 よ る と 、 特 許 当 局 同 士 が 審 に 交 換 す る 。 審 査 結 果 は 同 も 多 か 0 た 。 ( 篠 健 一 郎 ) 業 け 一 企 一 」 方 ( 朝 日 5 ・ と で 合 意 し た 。 審 査 期 間 を 査 段 階 で 情 報 を 共 有 す る 取 時 に 通 知 す る と い う 。 企 受 え 一 干 感 行 を か で 越 期 し 崩 る 短 く す る ほ か 、 日 米 で 同 時 り 組 み は 、 世 界 初 と い う 。 同 時 申 請 が 受 理 さ れ れ 1 億 円 に 減 資 案 5 億 円 に 特 許 が と れ る よ う に す 発 表 に よ る と 、 同 時 申 請 ば 、 日 本 で 平 均 カ 月 か か 、 優 出 5 」 す じ 準 ヤ と を 倒 産 企 業 の う ち 、 従 業 員 が 5 日 本 自 動 車 工 業 会 が 日 ゞ ゞ 、 、 ま 。 に 応 シ っ 置 4 年 度 、 民 間 調 査 で 初 人 未 満 の い わ ゆ る 零 細 企 業 の 割 1 。 フ 億 る な 企 本 い 以 ど 外 い の 遇 発 表 し た 平 成 年 度 の 自 動 大 す と ら い に 資 て 円 な る な 優 合 が 高 ま っ て い る 。 2014 年 鸞 減 車 の 国 内 生 産 台 数 は 、 前 年 度 は 倒 産 全 体 に 占 め る 割 合 が 統 カ ロ 5 人 未 満 の 企 業 の 倒 産 件 数 は 計 が さ か の ば れ る 1989 年 度 年 度 か ら 7 % 近 く 減 っ た 。 従 644 台 と な り 、 5 年 ぶ り シ プ 億 を 減 兆 る 新 を を 課 一 〕 の 調 査 開 始 以 来 、 初 め て 間 % 台 。 0 業 員 囲 5 人 の 中 小 企 業 は % 年 に 前 年 実 績 を 下 回 0 た 。 消 に 達 し た 。 企 業 倒 産 の 件 数 自 体 減 っ て お り 、 零 細 企 業 の 方 が 減 シ 金 減 税 上 を い 円 資 プ 「 費 税 増 税 後 の 販 売 低 迷 が 響 は 減 少 し て い る も の の 、 零 細 企 少 の ス ピ ー ド は 緩 や か だ 。 本 す 上 で 売 遇 て 億 れ て 課 一 し 業 の 減 少 ペ ー ス は 大 企 業 や 中 堅 零 細 企 業 の 倒 産 比 率 は 田 年 度 生 軽 の 乗 用 車 は 0 ・ 3 % 増 企 業 と 比 べ て 鈍 い 。 の ・ 8 % を 底 に 上 昇 を 続 け て 車 の 181 万 2335 台 。 昭 9 万 724 台 で 2 年 連 続 の 同 時 に 発 表 し た 年 の 海 東 京 商 工 リ サ ー チ の 調 査 に よ い る 。 東 京 商 工 リ サ ー チ の 友 田 る と 、 年 度 の 全 体 の 倒 産 件 数 信 男 ・ 取 締 役 情 報 本 部 長 は 「 事 動 和 れ 年 に 統 計 を 始 め て 以 前 年 割 れ に な 0 た 。 地 域 別 外 生 産 は 4 ・ 3 % 増 の 17 は 9543 件 で 、 幻 年 ぶ り に 1 来 、 過 去 最 高 を 更 新 し た 。 で は 、 北 米 向 け が ・ 3 % 47 万 6219 台 と な り 、 業 再 生 が 進 ん だ 中 堅 ・ 中 小 企 業 万 件 を 割 り 込 ん だ 。 5 人 未 満 の と 、 取 り 残 さ れ た 零 細 企 業 で 一 一 乗 用 車 全 体 は 4 ・ 2 % 減 の 減 と 減 少 が 目 立 っ た 。 生 産 5 年 連 続 で 過 去 最 高 を 更 新 企 業 の 倒 産 は 6723 件 と 全 体 極 化 し て い る 。 経 営 が 苦 し く 廃 808 万 7895 台 だ っ 拠 点 の 海 外 移 転 の 進 行 が 背 し た 。 の 間 ・ 4 % を 占 め た 。 年 度 の 業 の 選 択 肢 も 選 ひ づ ら い 」 と 指 ( 産 経 4 ・ 四 ) た 。 ト ラ ッ ク は 2 ・ 3 % 景 に あ る 。 欧 州 が 3 ・ 3 % ( 日 経 5 ・ リ 比 率 か ら 約 2 上 昇 し て い る 。 摘 し て い る 。 増 、 バ ス は 2 ・ 5 % 増 。 増 、 ア ジ ア は 0 ・ 6 % 減 だ 輸 出 は 3 ・ 1 % 減 の 44 っ た 。 経 済

月刊 新聞ダイジェスト 2015年7月号


り 、 4 年 ぶ り に 増 加 に 油 製 品 な ど に 使 う 原 油 で 、 黒 字 額 は 前 年 同 月 回 復 が 続 く 保 証 も な つ な が る 。 第 一 生 命 経 転 じ た 。 原 油 安 や 円 安 の 輸 入 額 が 約 2 割 減 る の 1306 億 円 か ら 大 。 市 場 に は 、 年 ご 済 研 究 所 の 熊 野 英 生 首 効 果 が 大 き い が 、 経 常 一 方 、 円 安 で 自 動 車 な 幅 に 増 加 。 市 場 で は ろ に は 経 常 赤 字 に 転 落 席 エ コ ノ ミ ス ト は 「 国 収 支 の 改 善 が い つ ま で ど の 輸 出 が 改 善 し た 。 年 度 も 経 常 収 支 の 改 善 す る と の 見 方 が あ る 。 際 収 支 の 面 か ら も 財 政 続 く か は 見 通 せ な い 。 円 安 は ア ジ ア な ど か ら 基 調 が 続 く と の 見 方 が 経 常 赤 字 は 、 国 内 で 再 建 の 要 請 は 強 ま っ て 黒 字 拡 大 の 主 因 は 、 の 旅 行 客 を 招 き 寄 せ 、 大 勢 だ 。 た だ 、 原 油 価 格 必 要 な 資 金 を ま か な え い る 。 企 業 も 稼 ぐ 力 を 輸 出 入 に よ る モ ノ の 取 サ ー ビ ス 収 支 の 一 部 で は 最 近 、 上 昇 に 転 じ て な い 状 況 だ が 、 海 外 か 高 め な い と 、 経 常 赤 字 引 収 支 を 示 す 買 易 収 支 あ る 旅 行 収 支 は 年 ぶ い る 。 米 国 の 利 上 げ 観 ら 安 定 的 に 資 金 を 調 達 の 引 力 に 巻 き 込 ま れ の 赤 字 額 が 6 兆 570 り の 黒 字 に 転 じ た 。 測 な ど を 背 景 に 円 安 基 で き れ ば 間 題 な い 。 し る 」 と 指 摘 。 財 政 再 建 8 億 円 と 前 年 度 よ り 4 か し 、 政 府 の 信 用 低 下 と 企 業 の 競 争 力 強 化 を 3 月 単 月 の 経 常 収 支 調 は 維 持 し て い る が 、 兆 4479 億 円 縮 小 し は 原 油 安 な ど か ら 2 兆 米 国 の 景 気 減 速 な ど の で 調 達 資 金 の 金 利 が 上 両 輪 で 進 め る 必 要 性 を た こ と 。 原 油 安 で 、 石 7953 億 円 の 黒 字 リ ス ク も あ り 、 輸 出 の 昇 す れ ば 、 国 民 負 担 に 強 調 す る 。 【 和 田 憲 一 一 】 侮 財 務 省 が 日 発 表 し た 4 の 要 因 が 剥 落 し た 格 好 だ 。 o) も 肪 ・ 0 % 減 だ っ た 。 2 カ 月 ぶ り 貿 易 赤 字 月 の 貿 易 統 計 ( 速 報 、 通 関 た だ 、 4 月 の 貿 易 収 支 の 輸 出 は 8 ・ 0 % 増 の 6 兆 べ ー ス ) に よ る と 、 輸 出 か 赤 字 幅 は 平 成 年 3 月 5515 億 円 と 8 カ 月 連 続 4 月 前 年 比 は 大 幅 縮 小 ら 輸 入 を 差 し 引 い た 貿 易 収 億 円 ) 以 来 最 も 小 幅 な 水 準 増 加 。 自 動 車 や 自 動 車 部 品 、 支 は 534 億 円 の 赤 字 だ つ だ っ た 。 原 油 安 に よ っ て 半 導 体 な ど の 電 子 部 品 が 牽 た 。 3 月 は 2 年 9 カ 月 ぶ り 「 前 年 比 で は 輸 入 額 の 減 少 引 し た 。 地 域 別 で は 米 国 に に 貿 易 黒 字 に 転 じ た た め 、 が 続 く 見 通 し 」 ( 財 務 省 ) 対 す る 貿 易 黒 字 が 6488 報 2 カ 月 ぶ り の 赤 字 に な っ た で 、 輸 出 が 堅 調 に 推 移 す れ 億 円 。 自 動 車 な ど の 輸 出 の ・ 2 」 が 、 赤 字 額 は 前 年 同 月 ( 8 ば 貿 易 赤 字 の 縮 小 傾 向 が 続 伸 び を 反 映 し た 。 中 国 は 4 4 759 億 円 の 赤 字 と な っ た 255 億 円 ) に 比 べ ・ 5 く と み ら れ る 4 月 の 輸 入 額 は 前 年 同 月 が 、 赤 字 幅 は 比 較 可 能 な 昭 年 % 縮 小 し た 。 . 浦 7 年 2 3 月 の 貿 易 黒 字 は 2 月 に 比 4 ・ 2 % 減 の 6 兆 604 和 年 以 来 、 4 月 と し て は ・ 6 ※ ・ 8 中 国 の 舂 節 休 暇 が あ っ て 現 9 億 円 と 4 カ 月 連 続 で 減 少 最 も 小 さ か っ た 。 中 国 を 含 ・ ( 0 地 で 生 産 活 動 が 停 滞 し 、 中 し た 。 原 油 価 格 の 下 落 で 、 む ア ジ ア は 2844 億 円 の 国 か ら の 輸 入 額 が 低 水 準 だ 原 油 の 輸 入 額 が ・ 6 % 減 黒 字 、 欧 州 連 合 (ß )) は . 月 っ た こ と が 影 響 し て い る 。 と な り 、 原 油 に 価 格 が 連 動 353 億 円 の 赤 字 だ っ た 。 ℃ 5 円 1 ー ・ レ ト 4 月 に 赤 字 に 戻 っ た の は こ す る 液 化 天 然 ガ ス (QZ ( 産 経 5 ・ % ) 貿 易 収 支 の 推 移 [ ー ※ 輸 出 の 27 年 4 月 、 輸 入 の 27 年 3 、 4 月 は 速 報 値 20 % 輸 出 4 0 0 輸 入 経 済 0.5 ト 黒 字 額

月刊 新聞ダイジェスト 2015年7月号


安 倍 首 相 が 米 議 会 で 演 説 ・ : 安 倍 首 相 の 演 説 評 価 と 各 国 の 反 応 : ・ 首 相 演 説 英 語 と 日 本 語 訳 ニ ュ ア ン ス に 違 い 島 サ ミ ッ ト 開 幕 安 倍 首 か 550 億 円 の 支 援 を 表 明 自 民 党 一 一 階 総 務 会 長 が 習 主 席 に 首 相 の 親 書 渡 す 最 終 報 告 書 提 示 国 連 で の 新 た な 法 規 定 検 討 : ・ 記 事 特 集 文 書 採 択 さ れ す zæ l— 会 議 が 決 裂 決 裂 の 背 景 に イ ラ ン の 核 開 発 を 巡 る 中 東 情 勢 : 政 府 が 財 政 健 全 化 計 画 の 基 本 方 針 を 公 表 : ・ 安 全 保 障 関 連 法 案 閣 議 決 定 核 軍 縮 が 土 壇 場 で 暗 転 揺 ら く zo-e 体 制 貶 5 年 153 月 期 の が 年 率 換 篁 で 2 ・ 4 % 増 に 安 保 法 案 閣 議 決 定 集 団 的 自 衛 権 を 限 定 容 認 : ・ 対 外 純 資 産 が 366 兆 円 に 過 去 最 高 を 更 新 : ・ 谺 安 全 保 障 法 制 の 全 体 像 : 5 月 の 基 調 判 断 「 緩 や か な 口 復 」 継 続 月 例 報 告 地 理 的 制 約 の 緩 和 で 自 衛 隊 の 活 動 拡 充 : 安 倍 政 権 、 安 保 関 連 材 法 案 を 国 会 提 出 へ ・ : ・ 国 の 借 金 が 1053 兆 円 1 人 830 万 円 の 借 金 に 安 全 保 障 法 制 を め く る こ れ ま で の 動 き : 安 保 法 案 審 議 入 り 集 団 的 自 衛 権 「 外 国 で 可 能 」 年 度 の 消 費 者 物 価 指 数 が 2 ・ 8 % 上 昇 ・ : 読 み と き 安 保 法 制 : ・ ・ 5 法 案 本 な ぜ 一 括 審 議 ワ 経 常 黒 字 が 7 兆 00—00 億 円 に 4 年 ふ り に 拡 大 1 4 ・ 安 保 法 制 で ど う 変 わ る 改 正 案 要 旨 : ・ っ こ つ な 今 国 会 で 初 の 党 首 討 論 、 約 材 カ 月 ふ り : : ・ : : : ・ 4 月 の 貿 易 赤 字 534 億 円 財 務 省 発 表 : 安 全 保 障 用 語 集 医 療 保 険 改 革 法 が 成 立 国 保 運 営 を 都 道 府 県 に 物 価 上 昇 2 % 目 標 先 送 り 日 銀 「 展 望 リ ポ ー ト 」 五 輪 特 措 法 が 成 立 五 輪 相 を 専 任 ポ ス ト に : 日 銀 が 金 融 緩 和 継 続 を 決 定 金 融 政 策 決 定 会 合 日 米 防 衛 新 指 針 合 意 ス ポ ー ツ 庁 設 置 法 成 立 年 月 の 発 足 目 指 す 大 手 行 の 最 終 益 高 水 準 3 月 期 連 結 決 算 ・ 日 米 両 政 府 が 防 衛 指 針 改 定 で 合 意 : ・ ・ ア ジ ア に 5 年 間 で 兆 円 の 支 援 首 相 表 明 : 日 銀 の 自 己 資 本 年 ふ り 8 % 超 : 新 旧 「 日 米 防 衛 協 力 の 指 針 」 の 概 要 衆 院 議 員 の 資 産 報 告 書 を 公 開 平 均 3463 万 円 農 地 バ ン ク の 年 度 実 績 目 標 の 2 割 に ・ : ガ イ ド ラ イ ン と は 大 阪 都 構 想 の 是 非 で 住 民 投 票 反 対 多 数 で 廃 案 引 漁 業 ・ 養 殖 減 少 歯 止 め か か ら す 年 度 水 産 白 書 % 日 米 同 盟 、 線 か ら 面 へ : ・ ・ ・ 四 大 阪 都 構 民 投 票 無 党 派 層 割 れ る 出 口 調 査 電 源 構 成 再 生 エ ネ を 重 視 NOOO 年 時 点 の 目 標 刀 ガ イ ド ラ イ ン 詳 報 : ・ ・ 5 大 阪 都 構 想 と は ? : 「 発 電 コ ス ト は 原 子 力 が 最 安 」 経 産 省 会 合 報 告 書 維 新 代 表 に 松 野 氏 : ・ ・ 東 証 1 部 3 月 期 決 算 純 益 兆 円 で 過 去 最 高 : ・ 四 }— 再 検 討 会 議 開 く オ ス プ レ イ 横 田 に 年 ま で に 機 表 ト ヨ タ 純 益 2 兆 円 超 3 月 期 連 結 決 算 ・ ト ヨ タ ・ マ ッ ダ が 提 携 発 表 環 境 や 安 全 技 術 で 田 核 拡 散 防 止 条 約 (zæe) 再 検 討 会 議 が 開 幕 : ・ 日 米 豪 防 衛 相 が 会 談 南 シ ナ 海 問 題 で 中 国 を け ん 制 岸 田 外 相 、 核 戦 力 の 透 明 性 訴 え 演 説 安 倍 首 相 が 訪 米 日 米 首 脳 会 談 で 共 同 声 明 を 発 表 ド コ モ と ロ ー ソ ン が ポ イ ン ト サ ー ビ ス で 提 携 発 表 日 米 首 脳 会 談 共 同 会 見 ・ 日 米 首 脳 会 談 要 旨 : : ・ ・ 田 年 の 企 業 倒 産 か 9543 件 に % が 零 細 企 業 日 本 提 案 の 共 同 声 明 に 過 去 最 多 の カ 国 が 賛 同 主 ー 要 目 。 、 次 OONTENTS

月刊 新聞ダイジェスト 2015年7月号


経 済 ま れ 、 持 ち 家 に 住 ん で い る 人 の 摘 も あ る 。 が 激 し い 生 鮮 食 品 を 除 い た コ ア で 、 増 税 の 影 響 を 除 い て 判 断 す 住 宅 ロ ー ン も 家 賃 を 払 っ て い る コ ア コ ア 指 数 は 食 料 品 と エ ネ . a 日 銀 は ど れ を 目 標 に 使 っ を 材 料 に し て い る 。 昨 夏 以 降 の る 必 要 が あ る ん だ 。 だ け ど 、 日 と み な さ れ る 。 ル ギ ー を 除 い た も の 。 原 油 価 格 て い る の 。 大 幅 な 原 油 価 格 下 落 の 状 況 で は 常 生 活 で 感 じ る 負 担 は 、 消 費 税 が 大 き い の は 確 か だ ね 。 こ の 中 で 、 天 候 な ど に 左 右 さ の 高 騰 な ど の 影 響 を 除 き 傾 向 を < 日 銀 の 目 標 の 2 % は 、 さ コ ア コ ア も 参 考 に し て い る 。 れ 値 動 き が 激 し い 生 鮮 野 菜 な ど 見 る こ と が で き る 。 で も 、 食 料 ま ざ ま な 物 価 が 上 が る 状 況 を 想 a 「 増 税 の 影 響 を 除 く 」 の の 生 鮮 食 品 を 除 い た の が コ ア 指 品 と ガ ソ リ ン 価 格 は 消 費 者 の 生 定 し て い る た め 、 総 合 が 使 わ れ は な ぜ 。 数 。 物 価 の 基 調 を 見 る に は 、 月 活 に 大 き く 関 係 す る か ら 「 生 活 て い る 。 物 価 の 基 調 や 見 通 し を < 日 銀 は 物 価 の 変 動 か ら 経 々 の プ レ を 除 く 方 が 分 か り や す 実 感 と か け 離 れ て い る 」 と の 指 判 断 す る 際 に は 一 時 的 な 値 動 き 済 の 実 力 を 継 続 的 に み て い る の 経 常 収 支 の 改 善 は 、 原 油 一 一 一 百 六 十 九 億 円 で 、 比 較 可 年 価 格 の 下 落 や 円 安 効 果 に 能 な 八 五 年 度 以 降 で 最 大 。 1 ー 戸 0 経 常 黒 字 4 年 ぶ り 拡 大 京 よ る 貿 易 赤 字 の 縮 小 に 加 貨 物 輸 送 や 旅 行 に 伴 う サ ー 年 度 原 油 安 受 け 、 兆 円 え 、 海 外 投 資 か ら 得 る 利 子 ピ ス 収 支 は 一 一 兆 八 千 百 二 億 支 や 配 当 を 示 す 第 一 次 所 得 収 円 の 赤 字 だ っ た 。 収 財 務 省 が 士 一 百 発 表 し た 五 億 円 ) を 上 回 り 、 四 年 ぶ 支 が 伸 び た こ と が 貢 献 し 同 時 に 発 表 し た 一 五 年 一 一 一 ビ 一 一 〇 一 四 年 度 の 国 際 収 支 速 り に 拡 大 し た 。 旅 行 者 の お た 。 月 の 経 常 収 支 の 黒 字 額 は 一 一 サ 6 報 に よ る と 、 海 外 と の モ ノ 金 の 出 入 り を 示 す 「 旅 行 収 一 四 年 度 の 貿 易 収 支 の 赤 兆 七 千 九 百 五 十 三 億 円 と な や サ ー ピ ス 、 投 資 の 取 引 状 支 」 は 一 一 千 九 十 九 億 円 の 黒 字 額 は 六 兆 五 千 七 百 八 億 り 、 前 年 同 月 と 比 べ 一 一 兆 六 況 を 示 す 経 常 収 支 の 黒 字 額 字 。 訪 日 外 国 人 旅 行 者 の 増 円 と な り 、 前 年 度 よ り 四 兆 千 六 百 四 十 六 億 円 増 え た 。 収 推 収 日 守 と 得 は 七 兆 八 千 百 億 円 と な っ 加 で 、 一 九 五 九 年 度 以 来 五 四 千 四 百 七 十 九 億 円 減 っ 九 カ 月 連 続 の 黒 字 。 サ ー ビ 所 た 欠 2 十 五 年 ぶ り に 黒 字 と な っ た 。 ス 収 支 は 初 め て 黒 字 と な っ 前 年 度 ( 一 兆 四 千 七 百 十 た 。 第 輸 入 は 液 化 天 然 ガ ス た 。 黒 字 額 は 千 六 百 七 十 八 Z(.5) が 増 え 、 前 年 度 比 1 億 円 だ っ た 。 ( 東 京 5 ・ ) 国 際 収 支 日 本 と や 贈 与 の 「 第 2 次 所 得 収 ・ 8 % 増 の 八 士 一 兆 一 千 八 一 5 一 0 1-n 0 【 、 一 0 L-n 0 「 1 ) 0 【 、 ) 0 っ っ ) っ 4 っ ム イ ー ・ - 1 1 ー 1 ー ・ つ ・ 4 経 海 外 と の 経 済 取 引 を 支 」 で 構 成 さ れ る 。 東 日 本 百 三 十 九 億 円 。 一 方 、 輸 出 示 す 指 標 。 全 体 像 を 示 す 大 震 災 後 の 燃 料 輸 入 の 増 加 は 自 動 車 が 好 調 で 8 ・ 4 % 財 務 省 が 日 発 表 し 「 経 常 収 支 」 は 、 輸 出 入 の や 円 安 進 行 に 伴 い 貿 易 収 支 増 の 七 十 五 兆 六 千 百 一 一 一 十 一 一 た 2014 年 度 の 経 常 原 油 安 、 訪 日 客 増 が 主 因 差 額 を 示 す 「 貿 易 収 支 」 、 が 悪 化 し て い る 一 方 で 、 企 億 円 だ っ た 。 収 支 は 、 黒 字 額 が 前 年 輸 送 や 海 外 旅 行 の 「 サ ー ビ 業 の 海 外 展 開 拡 大 に よ り 第 経 常 黒 字 第 一 次 所 得 収 支 の 黒 字 額 回 復 継 続 は 見 通 せ ず 度 の 5 ・ 3 倍 と な る 7 ス 収 支 」 、 利 子 や 配 当 の 1 次 所 得 収 支 は 伸 び て い 拡 大 は 川 ・ 1 % 増 の 十 九 兆 一 千 兆 億 円 と な 「 第 1 次 所 得 収 支 」 、 寄 付 る 。 2 経 常 収 支 第 ー 瞽 ま 第 ミ 0 を ー 貿 易 収 支 凵 ( 東 京 5 ・ 2 )

月刊 新聞ダイジェスト 2015年7月号


で 構 成 し 、 背 景 説 明 を 含 む 全 文 は 基 本 的 見 解 空 き 家 対 策 特 別 措 置 法 の 翌 日 に 公 表 す る 。 経 済 の リ ス ク を 明 確 に し 、 空 き 家 を 減 ら し て 土 地 や 建 物 の 有 効 利 用 を 金 融 政 策 の 透 明 性 を 高 め る 。 進 め よ う と す る 法 律 で 、 15 年 2 月 に 一 部 施 新 市 場 関 係 者 の 注 目 度 は 高 く 、 日 銀 も 市 場 と 行 さ れ た 。 5 月 26 日 か ら は 、 倒 壊 や 衛 生 上 の 対 話 の 一 環 と す る 。 成 長 率 や 物 価 上 昇 率 の の 問 題 な ど が あ る 「 特 定 空 き 家 」 を 自 治 体 が 事 見 通 し は 公 表 3 カ 月 後 の 決 定 会 合 で 「 中 間 評 用 決 め 、 除 去 や 修 繕 の 指 導 、 勧 告 、 命 令 を す る 価 」 し 、 進 捗 を 点 検 す る 。 し く み が 動 き 出 す 。 勧 告 に 従 わ な い と 、 住 宅 の 日 銀 は 2013 年 4 月 以 降 は 3 年 分 の 見 通 し が た っ 土 地 へ の 固 定 資 産 税 の 優 遇 が な く な り 解 を 示 し て お り 、 17 年 度 の 経 済 ・ 物 価 見 通 し 増 税 に な る 。 命 令 に 従 わ な い と 、 自 治 体 に よ 説 は 今 回 の リ ポ ー ト で 初 め て 公 表 し た 。 米 連 邦 ( 朝 日 5 ・ 19 ) る 強 制 撤 去 も 可 能 に な る 。 準 備 理 事 会 (FRB) や 欧 州 中 央 銀 行 (EC B) な ど 海 外 の 中 央 銀 行 も 同 様 に 3 年 先 ま で 政 府 の 女 性 活 躍 推 進 策 の 経 済 ・ 物 価 見 通 し を 公 表 し て い る 。 政 府 は 日 本 再 興 戦 略 の 柱 と し て 「 女 性 の 活 72 頁 に 関 連 記 事 躍 促 進 」 を 掲 げ 、 国 や 自 治 体 、 企 業 で 「 2020 年 ま で に 指 導 的 地 位 に 占 め る 女 性 の 割 合 30 プ ロ 向 け フ ァ ン ド % 」 と の 目 標 を 示 し た 。 こ れ を 踏 ま え 15 年 新 興 企 業 な ど へ の 投 資 を 活 性 化 さ せ る た め 、 2 月 に は 「 女 性 の 職 業 生 活 に お け る 活 躍 の 推 2007 年 9 月 の 金 融 商 品 取 引 法 施 行 に 合 わ せ 進 に 関 す る 法 律 ( 女 性 活 躍 推 進 法 ) 案 」 を 閣 て 導 入 さ れ た 。 銀 行 や 証 券 会 社 、 投 資 組 合 な 議 決 定 、 国 会 に 提 出 し た 。 企 業 や 国 、 自 治 体 ど の 機 関 投 資 家 ( プ ロ ) が 対 象 だ が 、 一 般 の に 女 性 管 理 職 や 女 性 採 用 比 率 の 数 値 目 標 の 設 投 資 家 も 49 人 ま で 出 資 で き る 通 常 の フ ァ 定 、 女 性 活 用 の 行 動 計 画 の 策 定 な ど を 義 務 付 ン ド 業 者 は 登 録 制 だ が 、 プ ロ 向 け は 社 名 や 代 け る 内 容 。 国 は 優 れ た 取 り 組 み を 行 う 企 業 を 表 者 名 な ど を 金 融 庁 に 届 け 出 る だ け で 運 営 で ( 東 京 5 ・ 4 ) 認 定 す る 。 き る 。 同 庁 に よ る と 、 14 年 3 月 末 時 点 の 投 ( 読 売 5 ・ 4 ) 資 総 額 は 約 8 兆 8000 億 円 。 経 済 復 興 予 算 東 日 本 大 震 災 か ら の 復 興 に 使 う た め に 政 府 経 常 収 支 が 復 興 特 別 会 計 で 用 意 す る 予 算 。 復 興 集 中 期 海 外 と の さ ま ざ ま な 経 済 取 引 の 収 支 を 示 し 、 間 と し て 2011 ~ 15 年 度 は 26.3 兆 円 の 財 源 日 本 経 済 の 「 稼 ぐ 力 」 の 指 標 と さ れ る 。 モ ノ を 確 保 し た 。 内 訳 は 法 人 税 や 所 得 税 の 増 税 で の 輸 出 入 に よ る 「 貿 易 収 支 」 、 旅 行 や 輸 送 な 10.5 兆 円 、 日 本 郵 政 株 の 売 却 益 で 4 兆 円 、 残 ど モ ノ 以 外 の 「 サ ー ビ ス 収 支 」 の ほ か 、 外 国 り は 決 算 剰 余 金 や 歳 出 削 減 な ど だ 。 16 ~ 20 の 子 会 社 か ら 得 た 配 当 や 外 国 債 券 の 利 子 な ど 年 度 は 一 部 事 業 に 地 方 負 担 を 入 れ る 。 の 「 第 1 次 所 得 収 支 」 、 無 償 の 経 済 協 力 な ど ( 日 経 5 ・ 9 ) 87 頁 に 関 連 記 事 の 「 第 2 次 所 得 収 支 」 の 4 項 目 か ら な る 。 貿 易 収 支 は 、 財 務 省 が 発 表 す る 貿 易 統 計 に も 同 部 品 供 給 網 ( サ プ ラ イ チ ェ ー ン ) じ 項 目 が あ る が 、 集 計 方 法 が 違 う た め 数 値 が 原 材 料 や 部 品 の 調 達 か ら 、 製 品 の 製 造 、 流 ( 読 売 5 ・ 13 E ) 異 な る 。 通 に 至 る ま で の 一 連 の 流 れ 。 在 庫 削 減 な ど の 370 頁 に 関 連 記 事 た め 、 そ の 管 理 は 企 業 経 営 で も 重 要 に な っ て い る 。 東 日 本 大 震 災 で 部 品 供 給 網 が 寸 断 さ れ 、 展 望 リ ポ ー ト 半 導 体 や 自 動 車 な ど の 生 産 が 滞 っ た こ と で 注 日 銀 が 毎 年 4 月 末 と 10 月 末 に 公 表 す る ( 読 売 5 ・ 6 ) 「 経 済 ・ 物 価 情 勢 の 展 望 」 の 通 称 。 先 行 き 3 目 さ れ た 。 年 程 度 の 経 済 成 長 率 や 物 価 の 見 通 し 、 金 融 政 策 の 運 営 方 針 な ど を 示 す 。 金 融 政 策 決 定 会 合 ー 0 T lnternet 0f Things の 略 語 で 、 直 訳 は 「 モ の メ ン バ ー で あ る 総 裁 、 副 総 裁 ( 2 人 ) 、 審 ノ の イ ン タ ー ネ ッ ト 」 。 高 齢 者 宅 の 電 気 ポ ッ 議 委 員 ( 6 人 ) が 実 質 国 内 総 生 産 (GDP) ト の 使 用 デ ー タ を 家 族 に メ ー ル で 送 信 し 、 安 や 消 費 者 物 価 指 数 (c p I ) 上 昇 率 を 予 測 す 否 確 認 に 役 立 て る 例 な ど が 実 用 化 さ れ て い る る 。 予 測 値 の 最 高 値 と 最 低 値 を 除 い た 幅 を 大 ほ か 、 自 動 車 か ら 発 信 さ れ る 走 行 ル ー ト や 運 勢 見 通 し 、 中 央 値 を 日 銀 の 見 通 し と す る 。 転 状 況 な ど の 情 報 を も と に 、 自 動 運 転 技 術 の リ ポ ー ト は 「 基 本 的 見 解 」 と 「 背 景 説 明 」 三 ロ ( 日 経 5 ・ 1)

月刊 新聞ダイジェスト 2015年7月号


決 め て い る が 、 中 尾 総 裁 は き ょ 一 つ の 、 国 際 経 済 「 そ れ だ け で は ア ジ ア の イ 加 ン フ ラ 需 要 を 満 た す に は 不 参 ′ ▽ : ・ ア ジ ア ・ 太 平 洋 地 域 の 貧 困 を に 所 得 が 低 い 国 に は 超 長 期 で 金 利 【 バ ク ー Ⅱ 共 同 】 ア ゼ ル を 実 行 す る 際 に は 、 経 済 規 十 分 だ 」 と 指 摘 し た 。 減 ら し て 開 発 を 進 め る ) 」 と を 目 的 の 安 い 融 資 も 実 施 す る 。 2014 も バ イ ジ ャ ン の 首 都 バ ク ー で 模 が 急 拡 大 し た 中 国 や イ ン 4 日 の 各 国 代 表 に よ る 演 域 主 月 航 開 か れ て い た ア ジ ア 開 発 銀 ド と い 0 た 新 興 国 の 出 資 比 説 で は 、 中 国 の 楼 継 偉 財 政 地 金 融 機 関 。 本 部 は → リ ピ の 「 2 億 3000 万 誌 。 融 資 先 は 億 - 一 難 行 (<n) 年 次 総 会 は 5 率 や 議 決 権 を 、 ど こ ま で 高 相 が 、 に 対 し 「 資 本 ニ ラ で 、 ア ジ ア と オ セ ア ニ ア の ほ 4000 万 ド ル の イ ン ド を 筆 頭 に 、 要 権 日 、 閉 幕 し た 。 中 尾 武 彦 め る か が 焦 点 と な る の は 必 を 充 実 さ せ 、 組 織 の 効 率 を 国 封 決 00 総 裁 は 演 説 で 「 近 〔 将 至 で 、 議 論 は 難 航 し そ う だ 。 上 け て ほ し い 」 と 発 言 。 融 、 カ 交 、 』 0 《 0 「 県 → 。 イ 、 = イ - = ロ 議 来 、 加 盟 国 に 増 資 の 支 持 を 現 在 の 出 資 比 率 は 、 日 本 資 を 増 や す だ け で な く 、 新 ~ ℃ 検 求 め る 」 と 各 国 に 増 資 の 検 が ・ 7 % 、 米 国 が ・ 6 興 国 の 発 言 力 を 高 め る た め A 」 。 割 ペ ~ 国 0 → 、 一 【 、 歴 代 00 裁 」 〈 〕 、 00 出 資 を 元 手 に 市 場 か ら 資 金 を 調 達 9 代 目 に な る 。 8 代 目 の 総 裁 は 日 資 地 討 を 要 請 。 中 国 主 導 の ア ジ % で 、 日 米 が 最 大 の 出 資 国 に も 増 資 に 踏 み 切 る 必 要 が 】 な ア イ ン フ 一 フ 投 資 銀 行 と し て ほ ば 並 ん で い る 。 一 あ る と の 考 え を に じ ま せ 米 し 、 新 興 国 の 道 路 や 発 電 所 、 通 信 銀 の 黒 田 東 彦 総 裁 が 務 め た 。 年 畄 日 幕 士 閉 (n) に 対 抗 し 、 資 本 力 を 方 、 中 国 は 6 ・ 5 % 、 イ ン た 。 網 、 上 下 水 道 な ど の 建 設 ・ 整 備 に 末 時 点 の 専 門 職 員 1058 人 の う ド は 6 ・ 4 % に と ど ま っ て 次 回 の 総 会 は 来 年 5 月 に 会 高 め て 途 上 国 の イ ン フ ラ 整 必 要 な お 金 を 貸 し 付 け て い る 。 特 ち 、 日 本 人 が 150 人 と 凵 % を 占 ( 総 ド イ ツ の フ ラ ン ク フ ル ト で 、 定 元 カ め て お り 、 145 人 の 米 国 と 並 ぶ 国 備 を 加 速 さ せ る 考 え を 表 明 予 は 今 回 の 総 会 で 、 開 か れ る 。 群 有 最 大 勢 力 に な っ て い る 。 < し た 。 を 国 ( 産 経 5 ・ 6 ) 国 京 立 か 賃 年 か ら 融 資 能 力 を 最 大 で 金 官 ▽ ・ : こ れ ま で 融 資 の 焦 げ 付 き や 環 各 増 資 が 実 現 す れ ば 200 内 カ 中 し 年 の 次 境 破 壊 を 防 ぐ た め に 個 々 の 案 件 を 1 ・ 5 倍 に 拡 大 す る こ と を 9 年 以 来 と な る 。 た だ 増 資 国 政 中 財 慎 重 に 審 査 し て き た が 、 新 興 国 か 彦 ら は 機 動 性 の 低 さ に 不 満 も 出 て い 行 が 結 束 し て 課 題 解 決 に あ た 国 が 主 導 す る ア ジ ア イ ン フ 域 国 武 た 。 ア ジ ア の イ ン フ ラ 投 資 需 要 は 財 務 相 会 議 閉 幕 銀 年 地 米 ラ 尾 と る 必 要 性 を 確 認 し て 閉 幕 し ラ 投 資 銀 行 n) に 川 年 の Ⅱ 年 間 で 8 兆 ド ル に 上 る 0 ニ 中 官 共 同 声 明 は 採 択 せ ず 国 た 。 共 同 声 明 は 今 回 、 採 択 つ い て は 、 適 正 な 組 織 運 営 本 マ の 務 と さ れ 、 新 興 国 は 迅 速 な 資 金 調 達 カ 日 本 財 や 融 資 基 準 な ど が 重 要 と の 【 ド レ ス デ ン Ⅱ 佐 久 間 修 さ れ な か っ た 。 日 元 へ の ニ ー ズ が 強 い 。 中 国 主 導 で 設 ア 立 準 備 が 進 む ア ジ ア イ ン フ ラ 投 資 志 】 ド イ ツ 東 部 の ド レ ス デ こ の 日 の 本 会 合 で は 、 ギ 見 方 で 一 致 し た 。 ジ 資 部 裁 銀 行 (<——n) は 迅 速 な 審 査 を ン で 開 催 さ れ た 先 進 7 カ 国 リ シ ャ に 対 す る 支 援 継 続 の ま た 、 国 際 通 貨 基 金 (— ア 本 総 う た っ て 支 持 を 集 め て お り 、 ア ジ ((>) 財 務 相 ・ 中 央 銀 行 妥 当 性 な ど を 協 議 。 ギ リ シ ) の 準 備 資 産 (n ア 開 発 銀 行 も 改 革 が 急 務 だ 。 総 裁 会 議 は 四 日 、 ギ リ シ ャ ヤ の 債 務 返 済 が 可 能 に な る ±) の 構 成 通 貨 見 直 し に 関 ( 日 経 5 ・ 3 ) の 債 務 問 題 な ど 世 界 経 済 の よ う 、 欧 州 側 が 努 力 す る 方 し て も 言 及 が あ り 、 人 民 元 リ ス ク 要 因 に つ い て 、 向 性 を 確 認 し た 。 ま た 、 中 の 採 用 を 働 き か け る 中 国 が ⅸ : マ ン ′ 強 ア 経 済 0

月刊 新聞ダイジェスト 2015年7月号


2 兆 刪 意 円 期 大 手 行 最 終 益 月 高 水 準 収 益 源 、 海 外 に シ フ ト 大 手 銀 行 5 グ ル 】 フ の 2015 年 3 月 期 連 結 決 算 が 日 出 そ ろ っ た 。 最 終 ( 当 期 ) 利 益 の 合 計 は 2 兆 7704 億 円 で 、 前 期 か ら 3 ・ 4 % 減 少 し た も の の 年 の リ 1 マ ン ・ シ ョ ッ ク 後 で は 過 去 2 番 目 の 高 水 準 。 三 菱 フ イ ナ ン シ ャ ル ・ グ ル 1 プ (LO) の 最 終 利 益 は 1 兆 337 億 円 と 発 足 後 初 め て 1 兆 円 を 超 え た 。 海 外 部 門 の 収 益 が 増 加 し た ほ か 、 国 債 や 株 式 の 売 却 益 が 利 益 を 押 し 上 け た 格 好 だ 。 【 中 井 正 裕 、 土 屋 渓 、 神 崎 修 一 】 経 一 斉 日 本 銀 行 は 日 、 金 融 政 日 銀 が 2 % の 物 価 上 昇 目 し か し 、 実 際 は 「 生 活 が 楽 に な つ 日 銀 は 動 き が と り づ ら い 状 況 に あ 解 説 標 の 達 成 時 期 先 送 り を 余 儀 た 」 と い う 感 覚 は 広 が っ て お ら ず 、 消 る 。 定 策 決 定 会 合 を 開 き 、 現 在 の な く さ れ た 背 景 に は 、 「 異 次 元 緩 費 の 伸 び は 鈍 い 。 昨 年 十 月 の 追 加 的 黒 田 総 裁 は 記 者 会 見 で 、 「 安 倍 政 决 金 融 政 策 を 維 持 す る こ と を り 和 」 の 効 果 が 想 定 通 り に 表 れ て い な な 金 融 緩 和 策 に よ っ て 円 安 が 急 激 に 権 の 経 済 政 策 の 歯 車 が お か し く な っ 決 め た 。 世 の 中 に 出 回 る お を ま い 現 状 が あ る 。 金 融 政 策 に よ る 円 安 進 み 、 国 内 で 原 材 料 価 格 や 輸 入 品 の て き た の か 」 と の 質 問 に 対 し 、 「 ま っ 金 の 量 を 年 間 約 別 兆 円 の ペ た く そ の よ う に は 思 わ な い 」 と 否 定 続 → ロ 進 行 の 副 作 用 な ど に よ 0 て 、 さ ら な 値 上 げ と い う 悪 影 響 が 意 識 さ れ た 。 ー ス で 増 や す 「 量 的 ・ 質 的 一 一 〇 一 七 年 四 月 に 消 費 税 率 の 川 % し た 。 「 人 々 の 期 待 に 働 き 掛 け る 」 と - = 灯 る 追 加 緩 和 を 打 ち づ ら い 状 況 だ 。 継 金 融 緩 和 」 を 続 け る 。 手 黒 田 東 彦 総 裁 は 「 物 価 上 昇 の 基 調 、 の 引 き 上 げ を 予 定 す る 安 倍 政 権 い う 大 規 模 緩 和 策 の 起 点 を 考 え れ ば 和 景 気 の 現 状 に つ い て は 、 に は 続 い て い る 」 と の 強 気 な 見 方 を 変 は 、 さ ら な る 円 安 で 消 費 者 の 生 活 に 強 気 な 姿 勢 を 崩 せ な い の だ ろ う が 、 緩 「 緩 や か な 回 復 を 続 け て い 策 え て い な い 。 大 企 業 を 中 心 に 今 年 の 影 響 が 出 る こ と を 避 け る た め 、 追 加 政 府 の 成 長 戦 略 な ど の 改 革 が 進 ま な 〃 舂 闘 で 賃 金 上 昇 の 動 き な ど が み ら れ 緩 和 に 消 極 的 な 姿 勢 に 転 じ た 。 さ ら い 中 で 金 融 政 策 に よ る 「 時 間 稼 ぎ 」 の 、 る 」 と し た 。 前 月 の 「 緩 や ネ る た め だ 。 現 状 の 消 費 者 物 価 上 昇 率 に 、 円 安 ド ル 高 に よ る 米 国 の 輸 出 伸 限 界 は 見 え 始 め て い る 。 ( 須 藤 恵 里 ) か な 回 復 基 調 を 続 け て い ( 東 京 5 ・ 1 ) 緩 の 伸 び 悩 み は 、 原 油 価 格 の 大 幅 な 下 び 悩 み を 受 け て 、 米 産 業 界 か ら 不 満 日 る 」 か ら 「 基 調 」 の 文 言 を 落 に よ る も の だ と 強 調 す る 。 が 噴 出 し か ね な い と の 指 摘 も あ り 、 削 除 し 、 よ り 前 向 き な 表 現 に 修 正 し た 。 個 人 消 費 に つ い て は 、 「 底 堅 く 推 移 し け や 点 。 ョ 務 融 、 業 の あ て が ス の も 手 も 式 の 開 興 模 受 米 拠 る シ 債 金 し 事 そ の つ 行 一 一 に 大 行 株 業 を 新 規 て い る 」 と し て 、 前 月 の 「 全 を 欧 ゃ い ・ 州 の 化 外 。 カ ま 銀 リ マ 携 京 の 銀 の 企 所 も 大 化 に 収 て ン 欧 米 悪 海 た 体 高 友 機 ン 提 東 イ ほ 行 本 務 と の 体 と し て は 」 と い う 文 言 を 出 熟 心 買 っ マ の 欧 が や め 営 が 住 空 ヤ の 菱 タ ず 銀 日 事 行 へ だ 削 り 、 判 断 を 上 方 修 正 し 進 成 中 業 な 一 降 、 り 却 進 経 感 井 航 ミ と 三 に み 手 か に 各 業 的 外 の を 事 に リ 以 で 繰 売 を 的 在 三 の 。 関 。 年 。 大 ほ 心 。 事 極 海 場 行 の 発 の 年 響 金 の 退 較 存 は 行 収 機 た 収 の た 中 る ラ 積 消 費 者 物 価 ( 生 鮮 食 品 を の 市 銀 で 活 年 影 資 産 撤 比 の に 銀 買 融 つ は 買 ム し を い フ も 内 手 ア が 囲 や の は 資 の で 銀 。 年 手 を 金 切 行 を ナ 得 先 て ン に 除 く ) の 上 昇 率 に つ い て は 、 銀 国 大 ジ 設 ク 機 関 有 ら か 邦 る 大 業 手 み 銀 行 ト 取 出 し イ 資 「 当 面 0 % 程 度 で 推 移 す る 邦 て ア 開 ッ 危 機 保 か な る 英 事 大 踏 銀 べ を 進 設 国 融 と み ら れ る 」 と の 見 通 し を Key Wo 「 d 丁 維 持 し た 。 黒 田 彦 総 裁 は 日 午 5 グ ル ー フ の 傘 下 主 ・ 7 % 増 加 し た 。 し か す 「 預 貸 金 利 ざ や 」 は 0 国 内 利 益 の 低 迷 を カ ・ 肪 % と い ず れ ー し た の が 海 外 収 益 後 、 記 者 会 見 し 、 決 定 内 容 要 行 の 貸 出 残 高 は ア ベ し 、 金 融 機 関 の 融 資 先 ノ ミ ク ス や 大 規 模 金 融 獲 得 競 争 が 激 化 し 貸 出 も 前 期 か ら 目 減 り し 、 だ 。 三 菱 は 年 に つ い て 説 明 す る 。 ( 読 売 5 ・ ) 緩 和 を 背 景 に 企 業 や 個 金 利 が 低 下 。 資 金 調 達 国 内 の 貸 し 出 し に よ る に 買 収 し た タ イ の ア ユ 人 の 資 金 借 り 入 れ が 増 コ ス ト と な る 預 金 金 利 利 益 は 5 グ ル 1 プ す べ タ ヤ 銀 行 の 利 益 が 38 2 億 円 、 米 金 融 大 手 モ え 、 前 期 か ら 2 ・ 9S7 と 、 貸 出 金 利 の 差 を 示 て で 前 期 を 下 回 っ た 。 JO