検索 - みる会図書館

検索対象: 波 2017年 01 月号 [雑誌]

波 2017年 01 月号 [雑誌]から 121件ヒットしました。

波 2017年 01 月号 [雑誌]


ギ リ シ ア 人 の 物 語 ◆ 塩 野 七 生 2017 年 1 月 27 日 発 売 ! な ぜ 民 主 主 義 は 「 自 滅 」 し た の か ? 民 主 政 の 成 熟 と 崩 壊 新 潮 社

波 2017年 01 月号 [雑誌]


2017 年 1 月 号 ( 通 巻 第 565 号 ) 平 岩 弓 枝 / な っ か し い 面 影 第 4 回 2 竹 田 裕 子 >< 山 本 一 郎 / ェ ビ デ ン ス を 重 ん じ る 「 男 の 子 」 だ っ た 竹 田 圭 吾 の 素 顔 6 佐 伯 啓 思 / 「 民 主 主 義 」 の 真 実 10 佐 藤 優 / プ ー チ ン の ロ シ ア に つ い て 最 良 の 教 科 書 12 水 村 美 苗 / ジ プ シ ー の 大 家 族 と 一 人 の 「 よ そ 者 」 14 髙 橋 秀 実 / 身 も 蓋 も あ り ま せ ん 16 一 宮 崎 駿 >< 養 老 孟 司 / 合 計 154 歳 、 ふ た り が い ま 夢 中 な こ と 。 東 え り か / 描 き 出 さ れ た 、 美 し く 幻 想 的 な 絵 に 感 嘆 32 青 木 千 恵 / 「 悩 ん だ 者 勝 ち 」 と 考 え た い 34 皿 山 本 一 カ >< 鈴 木 光 司 / 歴 史 は 船 で や っ て 来 た ! 36 茂 木 健 一 郎 / ア イ ス ク リ ー ム の 冷 た さ と コ ー ヒ ー の 熱 さ 50 有 田 芳 生 / 今 宵 も 呑 兵 衛 は 太 田 本 を 手 に 日 本 文 化 を 守 る 52 ー 牧 山 桂 子 / 「 ス マ ー ト 」 で あ る か ど う か 58 小 竹 め ぐ み ・ 小 笠 原 舞 / 子 育 て の つ ら さ は 9 割 が 思 い 込 み ! ? 新 井 信 昭 / 知 財 を 制 す る 者 は ビ ジ ネ ス を 制 す る 70 ー 北 上 次 郎 / 男 に と っ て 仕 事 と は 何 か 74 ー 窪 美 澄 >< 前 野 健 太 / 小 説 と 中 出 し と ロ ッ ク ン ロ ー ノ レ ′ 104 高 山 れ お な / 神 々 の 住 ま い へ 誘 う 最 新 ガ イ ド 41 と ん ぼ の 本 編 集 室 だ よ り 57 〔 新 潮 新 書 〕 水 月 昭 道 / お 坊 さ ん だ っ て 、 ワ ー キ ン グ プ ア 76 宮 﨑 香 蓮 / 新 潮 文 庫 で 歩 く 日 本 の 町 92 連 、 戌 井 昭 人 / 煙 た か ろ う 、 さ の よ い よ い 新 連 載 24 ジ ェ ー ン ・ ス ー / 生 き る と か 死 ぬ と か 父 親 と か 第 11 回 42 山 下 洋 輔 / 猛 老 猫 の 逆 襲 山 下 洋 輔 旅 日 記 第 10 回 46 津 村 記 久 子 / や り な お し 世 界 文 学 第 32 回 54 野 村 進 / 多 幸 感 の く に 第 2 回 堀 本 裕 樹 、 穂 村 弘 / 俳 句 と 短 歌 の 待 ち 合 わ せ 第 41 回 72 大 澤 真 幸 / 山 崎 豊 子 の く 男 〉 第 11 回 78 木 皿 泉 / カ ゲ ロ ポ 日 記 第 33 回 86 瀧 井 朝 世 / サ イ ン 、 コ サ イ ン 、 偏 愛 レ ビ ュ ー 第 82 回 90 佐 藤 賢 一 / 遺 訓 第 13 回 94 ミ ラ ン ダ ・ ジ ュ ラ イ ( 岸 本 佐 知 子 訳 ) / 最 初 の 悪 い 男 第 10 回 109 編 集 室 だ よ り 118 新 潮 社 の 新 刊 案 内 119 編 集 長 か ら 123 カ ッ ト 水 上 多 摩 江 編 集 兼 発 行 者 楠 瀬 啓 之 発 行 所 株 式 会 社 新 潮 社 〒 162 ー 8711 東 京 都 新 宿 区 矢 来 町 71 TEL 03 ー 3266 ー 5111 ( 営 業 部 直 通 ) 03 ー 3266 ー 5411 ( 編 集 部 直 通 ) 印 刷 所 大 日 本 印 刷 株 式 会 社 ◎ SHINCHOSHA 2017 , Printed in J 叩 an 本 誌 か ら の 無 断 転 載 、 法 律 で 認 め ら れ た 場 合 以 外 の コ ピ ー を 禁 じ ま す 。 18 コ 一 フ ム 、 、

波 2017年 01 月号 [雑誌]


新 潮 社 刊 行 物 の ご 注 文 に つ い て ◎ 単 行 本 、 文 庫 、 雑 誌 の ご 注 文 方 法 ① 書 店 に ご 注 文 書 店 に て お 受 け 取 り 。 ② 小 社 に ど 注 文 ご 自 宅 へ 郵 送 ( ご 注 文 の 本 体 価 格 合 計 金 額 が 108 円 以 上 か ら 承 り ま す ) 。 ③ ハ ガ キ に て ・ ・ ① 電 話 に て ・ 〒 162 ー 8711 東 京 都 新 宿 区 矢 来 町 71 新 潮 社 読 者 係 ま で お 送 り 下 さ い 。 ご 注 文 品 の 、 ⑤ 書 名 ( 巻 数 も ) ⑥ 冊 数 を ご 明 記 の 上 、 ・ ・ お 客 様 の 、 ① 郵 便 番 号 ② ご 住 所 ③ お 名 前 ( ふ り が な も ) ④ 電 話 番 号 ② F AX に て ・ ・ ・ ・ ・ 《 フ リ ー ダ イ ヤ ル 0120 ー 493 ー 746 読 者 係 24 時 間 年 中 無 休 》 ・ ・ ・ 《 フ リ ー ダ イ ヤ ル 0120-468 ー 465 読 者 係 平 日 の み 10 : 00 ~ 17 : 》 対 象 雑 誌 は 、 週 刊 新 潮 、 新 潮 、 小 説 新 潮 、 新 潮 45 、 芸 術 新 潮 、 ENGINE 、 考 え る 人 、 波 、 yom yom の 9 ◎ 雑 誌 定 期 購 読 の ご 注 文 方 法 合 計 が 5000 円 以 上 の 場 合 、 代 金 引 換 に よ る お 支 払 い を お 願 い し て お り ま す 。 発 送 費 は 無 料 で す 。 ェ ン ス ス ト ア 、 郵 便 局 で お 支 払 い 下 さ い 。 発 送 費 は 1 回 の ご 注 文 に つ き 210 円 ( 税 込 ) で す 。 本 体 価 格 本 体 価 格 合 計 が 580 円 未 満 の 場 合 、 ご 注 文 品 と と も に お 送 り す る 専 用 振 替 用 紙 に て 、 お 近 く の コ ン ビ ニ ① 電 話 に て ・ ・ ・ 種 類 で す 。 ② F AX に て ・ ・ ・ ・ ・ 《 フ リ ー コ ー ル 0120 ー 988 ー 95 ? 雑 誌 定 期 購 読 〇 〇 係 24 時 間 年 中 無 休 》 ・ ・ ・ 《 フ リ ー コ ー ル 0120 ー 323 ー 900 雑 誌 定 期 購 読 〇 〇 係 9 : ~ 18 : 00 平 日 の み 》 128 ご 送 金 を お 願 い い た し ま す 。 ③ ご 購 読 料 が 切 れ ま す 時 は 、 終 了 月 に 払 込 用 紙 を 同 封 し て お 送 り い た し ま す の で 、 そ の 際 に ご 継 続 の 雑 誌 定 期 購 読 「 波 」 係 ま で お 願 い し ま す 。 そ の 際 、 必 ず 読 者 番 号 を お 知 ら せ 下 さ い 。 ② 住 所 変 更 の ご 連 絡 は 、 ハ ガ キ で 、 〒 162-8747 東 京 都 新 宿 区 矢 来 町 63 新 潮 社 別 館 私 書 箱 第 108 号 て い ま す 。 ① 「 波 」 を お 送 り す る 際 の 封 筒 の お 名 前 の 下 に 、 読 者 番 号 と お 預 か り し て い る ご 購 読 料 の 期 限 を 付 記 し 「 波 」 定 期 購 読 の 皆 様 へ 換 」 で の お 届 け と な り 、 代 引 手 数 料 と し て 350 円 ( 税 込 ) を 加 算 い た し ま す の で ご 注 意 く だ さ い 。 ヤ ル 03 ー 3266 ー 5130 ( 平 日 の み 10 時 ~ 17 時 ま で ) へ 。 な お 、 ハ ガ キ ・ 電 話 で お 申 込 み の 場 合 は 「 代 金 引 新 宿 区 矢 来 町 71 新 潮 社 オ ン デ マ ン ド 係 ま で お 送 り く だ さ い 。 電 話 の 場 合 は 、 オ ン デ マ ン ド 専 用 ダ イ 価 ) と 冊 数 、 お 名 前 ( ふ り が な も ) 、 郵 便 番 号 、 ご 住 所 、 電 話 番 号 を 明 記 の 上 、 〒 162 ー 8711 東 京 都 ◎ パ ソ コ ン を お 使 い に な ら な い 方 は 、 ハ ガ キ ・ 電 話 で の ご 注 文 も 承 り ま す 。 ハ ガ キ の 場 合 は 書 名 ( 定 上 記 URL の 【 オ ン デ マ ン ド ブ ッ ク 】 よ り 案 内 に 沿 っ て 手 続 き を 完 了 し て 下 さ い 。 ◎ く h 。 nt 本 の 通 販 ス ト ア 〉 http://honto.jp/netstore.html に て ご 注 文 を 承 っ て お り ま す 。 新 潮 オ ン デ マ ン ド ブ ッ ク ス の ご 注 文 に つ い て 下 さ い 。 本 済 み 冊 数 に 定 価 を 掛 け た 金 額 に 、 返 金 手 数 料 を 加 え た 金 額 を 差 し 引 い て 精 算 致 し ま す 。 予 め ご 了 承 * ご 購 読 途 中 の 解 約 は ご 容 赦 下 さ い ま す よ う お 願 い 致 し ま す 。 や む を 得 な い 事 情 で 解 約 さ れ る 場 合 、 送 で お 申 し 込 み 下 さ い 。 ◎ 『 出 版 総 目 録 』 『 CD 総 目 録 』 『 新 潮 文 庫 解 説 目 録 』 を ご 希 望 の 方 は 、 電 話 、 FAX 、 ハ ガ キ に て 読 者 係 ま ご 了 承 下 さ い 。 ◎ 本 誌 広 告 欄 の 価 格 は 、 平 成 28 年 12 月 15 日 現 在 の も の で す 。 今 後 多 少 変 更 の あ る 場 合 も ご ざ い ま す が 、 店 店 頭 で の 発 売 日 を 目 安 と い た し ま す が 、 諸 般 の 事 情 に よ り 遅 れ る 場 合 も ご ざ い ま す 。 こ ・ 了 承 く だ さ い 。 用 紙 に て 、 お 近 く の コ ン ビ ニ エ ン ス ス ト ア 、 郵 便 局 で お 支 払 い 下 さ い 。 な お 、 お 届 け 日 に つ い て は 、 書 お 申 し 込 み 後 に 現 在 発 売 中 の 号 の 次 号 か ら お 送 り 致 し ま す 。 代 金 は 、 雑 誌 と と も に お 送 り す る 専 用 振 替 ③ イ ン タ ー ネ ッ ト に て ・ ・ ・ ・ ・ 新 潮 社 ホ ー ム ペ ー ジ か ら ご 注 文 下 さ い 。 http://www ・ shinchosha. co. jp/

波 2017年 01 月号 [雑誌]


こ ろ で 、 言 い 忘 れ た こ と が ひ と っ た け あ る 。 傑 作 で す 。 〉 昨 年 本 誌 4 月 号 で 葉 室 麟 さ ん が こ う 評 し た 朝 井 ま か て さ ん 受 の 『 眩 』 が 、 日 本 の 歴 史 を 素 材 と し た 最 も 優 れ た 文 学 作 品 に 与 え ら れ る 第 回 中 山 義 秀 文 学 賞 を 受 賞 し ま し た 。 学 葛 飾 北 斎 の 娘 で 自 ら も 絵 師 で あ っ た 葛 飾 応 為 を 描 い た こ の 文 作 品 、 選 考 委 員 か ら 「 偉 大 な 父 親 の 背 中 を 追 い 、 西 洋 画 の 遠 き 秀 近 法 や 光 と 影 の 描 写 に も 果 敢 に 挑 戦 し て お の れ の 道 を 突 き 進 描 義 む 懸 命 さ 、 葛 藤 と 苦 悩 に 真 正 面 か ら 取 り 組 ん だ 姿 勢 が い い 」 を 山 1 と 高 く 評 価 さ れ 、 す で に 7 刷 ま で 版 を 重 ね て い ま す 。 熱 中 劫 叨 朝 井 さ ん は 美 術 館 で 本 書 の カ バ ー 装 画 で も あ る 応 為 作 「 吉 の 回 井 原 格 子 先 之 図 」 を 見 て 、 浮 世 絵 離 れ し た モ ダ ン な 表 現 方 法 と 円 作 美 し さ に 息 を 呑 み 、 そ の 場 で 彼 女 を 描 く こ と を 決 意 し た と 言 創 第 い ま す 。 完 全 な 一 目 惚 れ で し た が 、 ど う や ら 応 為 の 方 も 朝 井 さ ん を 見 初 め た よ う 。 「 わ た し だ け の 表 現 を す る 、 わ た し 自 身 に な り た い 」 と 願 っ て 画 業 一 途 の 生 涯 を 送 る 女 絵 師 の 姿 が 、 朝 井 さ ん の そ れ と び た り 重 な る の で す 。 日 常 か ら 離 れ た 年 末 年 始 の ひ と と き 、 相 思 相 愛 ふ た り の 創 作 者 が 放 っ 甘 美 な 熱 に 触 れ 、 思 う さ ま 「 く ら っ 」 と し て み ま せ ん か ? 〈 と 新 潮 社 の 新 刊 案 内 朝 井 ま カ て 三 三 三 三 2017 年 1 月 新 潮 社 の ISBN の 出 版 社 コ ー ド は 978-4-10 で す 。 表 示 の 価 格 に は 消 費 税 が 含 ま れ て お り ま せ ん 。 119

波 2017年 01 月号 [雑誌]


編 集 長 か ら 2017 年 冬 号 本 体 907 円 + 税 考 え る 人 一 あ け ま し て お め で と う ご ざ い 2 016 年 ク リ ス マ ス に 中 国 の る 英 国 の オ ッ ク ス フ ォ ー ド 英 語 よ 年 一 ん 辞 典 が 、 2016 年 を 象 徴 す る ち す ま す ! 新 年 号 で は = 「 ⑩ 人 -c ト 語 版 「 = 「 ☆ プ チ 「 今 年 の 言 葉 ( ワ ー ド ・ オ プ ・ が ア ッ く 抱 負 を 語 っ て い ま す 。 O 」 が プ レ オ ー プ ン し ま し た 。 ザ ・ イ ヤ ー ) 」 を 発 表 し ま し た 。 中 国 の ス マ ホ 向 け コ ミ ュ ニ ケ 1 い ち ば ん 多 い の は 、 「 1 人 で 表 タ ① 目 シ ョ ン ア プ リ O に て 、 選 ば れ た の は 「 「 9 : 「 ミ h ( ボ コ を 紙 を 飾 る ! 」 「 ピ ン 企 画 を す チ ス ス ト 真 実 ) 」 で し た 。 英 国 の る ! 」 こ と 。 ナ ン ・ ハ ー 1 、 そ し ニ コ ☆ プ チ 誌 面 を 中 国 語 訳 し な よ プ 出 離 脱 問 題 を め ぐ る 国 民 投 票 、 て オ ン リ ー 1 を 必 死 に 目 指 す モ が ら 紹 介 し て い ま す 。 と ☆ 進 米 大 統 領 選 で の ド ナ ル ド ・ ト ラ デ ル た ち で す 。 中 国 は 日 本 以 上 に 子 供 服 が 豊 こ コ 国 ン プ 氏 の 勝 利 な ど の 報 道 や 論 評 人 気 の 中 学 生 プ ラ ン ド の イ メ 富 で す 。 ュ ニ ク ロ や N << 、 ニ 中 新 ン の 中 で 、 こ の 言 葉 の 使 用 頻 度 が ー ジ モ デ ル に な る こ と も 、 ニ コ ()D な ど の フ ァ ス ト フ ァ ッ シ ナ 急 増 し た の だ と い い ま す 。 客 観 ⑩ た ち の 目 標 の ひ と つ 。 通 称 イ ョ ン は も ち ろ ん 、 超 高 級 プ ラ ン 的 事 実 や 真 実 を 伝 え る 言 葉 よ り 、 し か メ ⑩ と 呼 ば れ て い て 、 毎 年 な れ ド か ら 超 激 安 服 ま で : 十 人 々 の 不 満 や 怒 り と い っ た 感 情 る の は 各 プ ラ ン ド 1 人 だ け 。 ト し そ れ に 見 合 っ た 情 報 は 少 な く に 訴 え る 言 葉 ( 根 拠 の な い ウ ソ , プ モ デ ル の 証 で す 。 イ メ ⑩ は 月 中 混 沌 と し て い る 状 態 で す 。 や 捏 造 情 報 で あ っ て も ) の ほ う 毎 月 自 分 1 人 の フ ァ ッ シ ョ ン 。 へ 2 体 売 先 日 、 深 の 小 学 生 に グ ル 1 本 発 が 世 論 形 成 に 大 き な 影 響 力 を 与 ー ジ が 持 て た り 、 自 分 の 名 前 の プ イ ン タ ビ ュ ー を 試 み ま し た 。 万 売 え た と い う の で す 。 ニ コ ☆ プ チ を 渡 し た 瞬 間 、 吸 い ) 発 コ 一 フ ポ 商 品 が 作 れ た り 、 お し ゃ で は 、 言 葉 は 力 を 失 っ た の 込 ま れ る よ う に 誌 面 を 見 始 め 、 月 定 れ な 店 員 さ ん や 担 当 の プ レ 前 半 は イ ン タ ビ ュ ー に な ら な い か ? も は や 頼 む に 足 り な 」 の 2 ~ 明 = さ ん と 仲 良 し に な 0 て 世 界 が か ? と い え ば 、 そ う で は な い 広 が っ た り と 本 当 に 夢 の 世 界 ! ほ ど で し た 。 フ ァ ッ シ ョ ン 写 真 で し よ う 。 空 転 す る 言 葉 に よ っ 今 月 の 「 夢 の イ メ ⑩ 着 ま わ し 」 は 一 一 一 口 葉 以 上 に 伝 わ る の で す 。 好 て も た ら さ れ た 混 乱 は 、 や が て を で は 、 そ ん な 華 や か な 世 界 を 恋 き な コ ー デ が 日 本 の 読 者 と 変 わ 言 葉 自 身 が そ の 不 均 衡 を 正 し 、 ス ト ー リ ー で お 届 け 。 ニ コ ラ モ ら な い こ と に も 驚 き ま し た 。 新 た な 現 実 、 真 実 に 寄 り 添 う 表 デ ル や ア 。 ハ レ ル の 世 界 の 楽 し さ 日 本 の 「 女 子 小 学 生 フ ァ ッ シ 現 へ の 道 す じ を 用 意 す る は ず で が 伝 わ っ て 、 読 者 み ん な の 夢 に ョ ン 」 の 媒 体 、 プ ラ ン ド 、 イ ベ す 。 混 迷 の 2017 年 に 向 け て も 繋 が れ ば い い な 。 ン ト が セ ッ ト に な っ て 中 国 に 展 「 こ と ば の 危 機 、 こ と ば の 末 表 紙 は 鈴 木 美 羽 、 久 間 田 琳 加 、 開 す れ ば 、 新 た な マ ー ケ ッ ト を 来 」 を 特 集 し た 所 以 で す 。 香 音 、 清 原 果 耶 の ゴ ー カ 晴 れ 着 開 拓 で き る は ず で す 。 ( 編 集 長 ・ 河 野 通 和 ) 姿 。 2017 年 も よ ろ し く お 願 ( 編 集 長 ・ 山 元 琢 治 ) ■ 今 号 は 肥 月 日 発 売 い し ま す ! ( 編 集 長 ・ 眞 部 菊 実 ) ■ 偶 数 月 日 発 売 % 0 ☆

波 2017年 01 月号 [雑誌]


ね kagü 新 潮 社 主 催 イ ベ ン ト 案 内 2017 1 れ 3 ( 金 ) 19 : ① ① ~ 2 ① : 3 ① 津 田 大 介 >< 竹 田 裕 子 「 死 の 6 日 前 ま で 発 信 し 続 け た 男 、 竹 田 圭 吾 が 遺 し た も の 」 2016 年 1 月 、 51 歳 で 亡 く な っ た ジ ャ ー ナ リ ス ト の 竹 田 圭 吾 氏 。 一 周 忌 に 際 し 手 記 「 一 〇 〇 万 回 言 っ て も 、 言 い 足 り な い け ど ー ー ジ ャ ー ナ リ ス ト 竹 田 圭 吾 を 見 送 っ て 』 を 刊 行 し た 妻 の 竹 田 裕 子 氏 と 、 生 前 親 交 が 深 か っ た メ ア ・ ア ク テ ィ ビ ス ト の 津 田 大 介 氏 が 語 る 。 2 年 に 及 ぶ 膵 臓 が ん の 治 療 の 最 中 も 世 の 中 を 冷 静 に 見 つ め 、 情 報 の 分 析 ・ 発 信 を 続 け た 竹 田 氏 の 半 生 を 、 映 像 ・ 写 真 も 見 な が ら 振 り 返 る 。 2 圓 0 円 1 れ ① ( 火 ) 19 : 00 ~ 20 : 30 山 下 澄 人 x 飴 屋 法 水 x 佐 々 木 敦 「 「 語 り え ぬ も の 』 を め ぐ っ て 」 佐 々 木 氏 を 司 会 に 、 演 劇 に 関 わ る 2 人 が 「 語 り え ぬ も の 」 の 言 表 可 能 性 を 探 る 。 20 開 円 1 れ 2 ( 木 ) 19 : 00 ~ 20 : 30 「 美 少 年 」 で 読 み 解 く 、 西 洋 美 術 の 歴 史 美 術 史 に お い て 美 少 年 は い か に 描 か れ 愛 で ら れ て き た の か 。 「 芸 術 新 潮 」 特 集 記 念 。 2000 円 1 ′ 19 休 ) 18 : 50 ~ 20 : 30 小 林 秀 雄 と 人 生 を 読 む タ ベ 私 の 人 生 観 』 元 担 当 編 集 者 を 講 師 に 、 主 要 作 品 を 1 編 ず っ 味 読 す る 人 気 連 続 講 座 。 3000 円 ( 茶 菓 付 ) 1 ′ 24 ( 火 ) 19 : 30 ~ 20 : 30 井 上 荒 野 x 斎 藤 由 香 x 井 上 都 「 父 と 私 ー ー 井 上 光 晴 、 北 杜 夫 、 井 上 ひ さ し 」 偉 大 な 文 筆 家 の 娘 3 人 が 、 創 作 家 が い る 家 庭 の ド ラ マ や 、 父 の 影 響 な ど を 語 る 。 2000 円 チ ケ ッ ト 購 買 、 イ ベ ン ト 紹 介 は こ ち ら 一 00 万 回 言 っ 言 い 足 り な い ジ ャ ー ナ リ ス ト 竹 田 圭 吾 を 見 送 っ て 竹 田 裕 子 け て 選 、 夫 働 最 期 の 日 々 を 綴 っ た 感 動 の 手 記 。 が ん の 公 表 、 第 死 の 6 日 前 ま で 続 け た 仕 事 。 ね kagü 2F 「 söko 」 東 京 都 新 宿 区 矢 来 町 67 東 京 メ ト ロ 東 西 線 「 神 楽 坂 」 駅 2 番 出 口 徒 歩 1 分 都 営 地 下 鉄 大 江 戸 線 「 牛 込 神 楽 坂 」 駅 AI 出 口 徒 歩 7 分 ね kag ⅱ と は 新 潮 社 の 元 書 庫 を 改 築 し た 店 舗 で 2F に レ ク チ ャ ー ス ペ ー ス 「 söko 」 が 併 設 さ れ て い ま す 。 www.lakagu.com/event 【 お 問 い 合 わ せ 新 潮 社 ラ カ グ 室 】 [email protected] CO. jp 03 ー 3266 ー 7185 108

波 2017年 01 月号 [雑誌]


た 本 の 立 て 続 け の 受 賞 を 全 身 で 喜 ぶ 編 集 者 、 ◇ 二 月 刊 行 予 定 の 本 は 以 下 の 通 り で す 。 と い う 図 は い い も の で す 。 古 井 由 吉 ゆ ら ぐ 玉 の 緒 ◇ 遠 藤 周 作 さ ん の 名 作 『 沈 黙 』 が 、 マ ー テ イ ン ・ ス コ セ ッ シ 監 督 に よ っ て 映 画 化 さ れ 管 見 妄 語 知 れ ば 知 る ほ ど 藤 原 正 彦 ◇ 今 月 の 表 紙 は 、 二 〇 一 六 年 一 月 に 五 十 一 ま し た ( 一 月 二 十 一 日 公 開 ) 。 ・ ハ チ カ ン で 松 浦 寿 輝 名 誉 と 恍 惚 歳 で 亡 く な っ た ジ ャ ー ナ リ ス ト の 竹 田 圭 吾 試 写 が 行 わ れ 、 監 督 は ロ ー マ 法 王 に 十 七 世 創 岩 場 の 上 か ら さ ん 。 が ん を 告 知 さ れ て か ら 二 年 三 か 月 後 紀 の 隠 れ 切 支 丹 が 拝 ん だ マ リ ア 像 を 贈 り 、 に 亡 く な り ま し た 。 出 演 中 に 病 を 公 表 法 王 は 「 『 沈 黙 』 は 読 ん だ こ と が あ る 。 日 杉 山 隆 男 兵 士 に 聞 け 最 終 章 し 、 死 の 六 日 前 ま で 仕 事 を 続 け た こ と は 記 本 へ 布 教 に 行 き た か っ た 」 と 語 っ た 由 。 日 松 本 侑 子 み す ゞ と 雅 輔 憶 に 新 し い と 思 い ま す 。 夫 人 の 竹 田 裕 子 さ 本 の 戦 国 期 の 切 支 丹 数 は 四 十 — 六 十 万 人 、 ん の 新 刊 『 一 〇 〇 万 回 言 っ て も 、 言 い 足 り 今 の 日 本 の カ ト リ ッ ク 信 者 数 と あ ま り 変 わ 相 場 英 雄 不 発 弾 な い け ど ジ ャ ー ナ 屮 ス ト 竹 田 圭 吾 を 見 送 り ま せ ん が 、 当 時 の 人 口 は 今 の 十 分 の 一 で 高 田 崇 史 っ て 』 は 、 あ る 雑 誌 社 で の 出 会 い か ら 覚 悟 し た 。 そ こ に 起 き た 禁 教 と 〈 神 の 沈 黙 〉 を 鬼 門 の 将 軍 の 別 れ ま で を 描 き 切 り 、 惻 々 と 胸 を う ち ま め ぐ る ド ラ マ は 、 原 作 の 発 表 後 五 十 年 た っ 今 野 勉 宮 沢 賢 治 の 真 実 す 。 と り わ け タ イ ト ル に も な っ た 手 紙 の 件 た 今 で も 色 あ せ る こ と は あ り ま せ ん 。 映 画 乾 く る み り は 、 少 し だ け 大 げ さ に 言 え ば 、 男 泣 き に も 原 作 も 、 そ し て 一 月 刊 行 の 遠 藤 周 作 名 講 物 件 探 偵 ふ ど う さ ん 泣 き ま し た 。 本 号 の 裕 子 さ ん と 山 本 一 郎 さ 演 集 『 人 生 の 踏 絵 』 も ぜ ひ ! 奥 野 修 司 被 災 地 の 霊 体 験 ん の 対 談 共 々 、 ど う ぞ お 読 み 下 さ い 。 ち な ◇ 先 月 号 か ら 野 村 進 さ ん の ノ ン フ ィ ク シ ョ 写 真 ・ 藤 田 庄 市 み に 表 紙 の 写 真 は 、 編 集 長 を 務 め た 「 ニ ュ ン 「 多 幸 感 の く に 」 、 今 月 号 か ら 曵 井 昭 人 伊 勢 神 宮 神 事 編 ・ 遷 宮 編 ・ 解 説 編 文 ・ 限 研 吾 、 河 合 真 如 ほ か ー ズ ウ ィ ー ク 日 本 版 」 編 集 部 で の 一 枚 。 さ ん の 小 説 「 煙 た か ろ う 、 さ の よ い よ い 」 ポ ー ル ・ オ ー ス タ ー 冬 の 日 誌 ◇ 朝 井 ま か て さ ん の 『 眩 』 が 中 山 義 秀 文 学 の 連 載 開 始 。 そ れ ぞ れ 、 出 雲 と 世 田 谷 と い 柴 田 元 幸 訳 賞 を 、 葉 室 麟 さ ん の 『 鬼 神 の 如 く 黒 田 叛 う 土 地 と 人 間 に 真 っ 向 か ら 取 り 組 み ま す 。 カ ル ミ ネ ・ ア バ ー テ ふ た つ の 海 の あ い だ で 《 新 潮 ク レ ス ト ・ ブ ッ ク ス 》 臣 伝 』 が 司 馬 遼 太 郎 賞 を 、 受 賞 し ま し た 。 関 口 英 子 訳 ◇ 新 潮 社 ホ ー ム ペ ー ジ 、 リ ニ ュ 1 ア ル ! 二 冊 と も 隣 席 の ( か っ て 居 酒 屋 評 論 家 ・ 太 ht も " 7 w. shinchosha. co.jp/ 皇 室 が な く な る 日 笠 原 英 彦 田 和 彦 氏 の 文 中 で 「 眼 鏡 美 人 秘 書 」 と し て ◎ 新 シ リ ー ズ 「 村 上 柴 田 翻 訳 堂 」 刊 行 中 。 「 生 前 退 位 」 が 突 き つ け る 皇 位 継 承 の 危 機 《 新 潮 選 書 》 酔 払 い ぶ り を 活 写 さ れ て 業 界 内 で 評 判 を と http://www.shinchosha ・ co ・ 」 p/murakami 閉 さ れ た 言 語 ・ 日 本 語 の 世 界 鈴 木 孝 夫 shib ata/ っ た ) 編 集 者 が 担 当 し ま し た 。 自 分 の 作 っ 〔 増 補 新 版 〕 《 新 潮 選 書 》 編 集 室 だ よ り 118

波 2017年 01 月号 [雑誌]


編 集 長 か ら 小 説 は 終 わ ら な い 亡 く な ら れ た 高 井 有 一 氏 の 未 完 ん 偲 原 点 』 を 読 ん で い て 思 い 出 し た 。 っ の 遺 作 ( 「 帰 還 」 ) を 掲 載 す る 。 私 が 初 め て 本 誌 に 配 属 さ れ た 一 読 を 九 九 三 年 C ( プ ル 崩 壊 直 後 で す を 氏 は 二 〇 〇 二 年 頃 か ら 創 作 準 備 を 時 を 始 め 、 中 国 山 西 省 ま で 取 材 に ね ) 、 印 刷 所 へ の 入 稿 は 生 原 稿 か フ ァ ク ス の コ ピ 1 が 大 半 で 、 赴 き な が ら 、 体 調 を 崩 さ れ た ◎ レ 「 帰 還 」 の 主 人 公 は 中 国 八 路 軍 現 在 で は 常 識 の デ ー タ 入 稿 は わ ず か だ っ た 。 挿 絵 も 当 然 、 原 画 「 と の 戦 闘 で 銃 創 を 負 い な が ら 辛 ヾ 入 稿 。 そ し て 本 文 レ イ ア ウ ト や う じ て 生 還 す る 。 だ が 帰 国 後 の ツ 彼 は 、 戦 時 の 日 常 が 平 時 の 狂 気 タ イ ト ル 回 り の デ ザ イ ン 、 果 て で あ る こ と に 耐 え ら れ ず 、 ・ 「 気 は 新 聞 広 告 ま で 、 す べ て 編 集 部 違 ひ 沙 汰 」 を 起 し て し ま う の だ 。 で 手 掛 け て い た 。 往 事 渺 茫 で は 彼 は も は や 〈 戦 中 〉 に い な い が 、 あ る の だ が 、 デ ジ タ ル 化 や 専 門 円 ま だ 〈 戦 後 〉 に 辿 り 着 い て い な 化 が 、 効 率 化 以 外 に 何 を も た ら い 。 高 井 氏 は 、 そ の 引 き 裂 か れ 体 売 し た の か 、 興 味 深 い と こ ろ だ 。 本 発 た 時 を 直 視 す る よ う に 、 ま た 自 そ ん な こ と を 考 え て い る う ち 、 作 の 末 完 を 噛 み し め る よ う に 、 気 が 付 け ば 新 年 号 だ 。 「 新 春 吉 手 書 き の 原 稿 に 「 途 中 ま で 」 と 例 読 み 切 り 大 特 集 」 に は 、 藤 田 宜 永 、 木 皿 泉 、 篠 田 節 子 、 中 島 売 記 し た : : : ◎ 本 号 掲 載 の 舞 城 王 京 子 、 桜 木 紫 乃 、 加 納 朋 子 、 一 円 働 発 太 郎 「 秘 密 は 花 に な る 。 」 ( 一 月 淀 〇 枚 ) で 、 主 人 公 の 主 婦 は 家 庭 條 次 郎 、 そ し て 畠 中 恵 ( 「 し ゃ ば け 」 新 シ リ ー ズ ) の 8 氏 が 登 2 物 崩 壊 の 危 機 に 直 面 し 、 「 愛 情 と い う も の が 、 怪 物 な の だ 」 と い 場 。 さ ら に 加 藤 廣 氏 、 早 見 和 真 ロ ロ う 認 識 に 達 す る 。 だ が 、 読 了 後 氏 の 新 連 載 、 始 動 す る 「 日 本 フ の 余 韻 が 複 雑 で あ れ ば あ る ほ ど 、 ア ン タ ジ ー ノ ベ ル 大 賞 2 01 私 た ち は 物 語 の 終 わ り か ら 始 ま 7 」 の 選 考 委 員 、 恩 田 陸 、 萩 尾 る 主 人 公 の 生 を 想 像 し て や ま な 望 都 、 森 見 登 美 彦 各 氏 の 座 談 会 い 。 そ う 、 す べ て の 小 説 は 終 わ な ど 。 そ し て 今 月 か ら 表 紙 は 、 ら な い 。 「 途 中 ま で 」 な の だ 。 山 本 加 奈 子 氏 の イ ラ ス ト レ ー シ ( 編 集 長 ・ 矢 野 優 ) ョ ン に 。 ( 編 集 長 ・ 江 木 裕 計 ) ロ ロ ロ 小 説 新 潮 月 ラ 新 潮 一 い ま 新 聞 や テ レ ビ に 出 て こ な い 言 葉 に 人 間 の 「 血 統 」 や 「 血 筋 」 が あ る 。 血 で 何 か が 決 定 さ れ る こ と に 強 い 拒 否 反 応 が あ る よ う で 、 そ れ を ち ょ っ と し た 良 識 と で も 思 っ て い る ら し い 。 普 通 に 生 き て い れ ば 、 血 に よ っ て 何 か が 決 ま る こ と は 当 然 と 弁 え る も の だ 。 才 能 し か り 容 貌 し か り 、 病 気 も し か り だ 。 そ し て 、 天 皇 陛 下 で あ る 。 天 皇 制 は 畢 竟 、 血 統 の 問 題 だ 。 だ が 皇 位 継 承 者 を 論 じ る 際 、 血 は も う ど う で も い い の だ と 、 頭 の い い 血 統 の 有 識 者 が 語 り 出 す 。 メ デ ィ ア の 血 統 十 円 嫌 い が 議 論 に 影 響 し な い わ け が 1 中 な い 。 だ か ら 盲 点 が で き る 。 今 本 発 月 号 の 八 幡 和 郎 氏 の レ ポ ー ト は そ こ を 衝 い た 。 現 在 の 皇 室 に 一 番 近 い 血 筋 を 辿 っ て い く と 、 皇 籍 離 脱 し た Ⅱ 宮 家 で は な い 、 京 都 や 大 阪 に 住 む 思 い も 寄 ら ぬ 人 た ち に 行 き 当 た る 。 皇 室 改 革 に 一 石 を 投 じ る 記 事 で あ る 。 さ て 、 今 月 号 か ら 少 し ば か り リ ニ ュ ー ア ル 。 「 人 間 研 究 」 の 色 合 い を 強 く し 、 「 人 物 」 を 幅 広 く 取 り 上 げ ま す 。 引 き 続 き ご 愛 読 を お 願 い い た し ま す 。 ( 編 集 長 ・ 若 杉 良 作 ) リ し 123

波 2017年 01 月号 [雑誌]


小 説 と 中 出 し と ロ ッ ク ン ロ ー ル ! 窪 う ま い こ と い い ま し た ね ( 笑 ) 。 私 と に な る こ と も あ り ま す ? つ け な く な る 感 じ と か は 、 想 像 し て 書 く し か な い 。 も 、 小 説 で 保 守 的 に な っ て も 仕 方 な い か 前 野 そ れ は も の す ご く あ り ま す ね 。 ら 、 ど ん ど ん 新 し い も の を 書 い て い く こ 「 悩 み 、 不 安 、 最 高 凵 」 っ て 曲 は 、 居 酒 前 野 想 像 で よ く あ そ こ ま で 書 け る な あ 。 屋 で 隣 に 座 っ た サ ラ リ ー マ ン の 方 の 「 兄 窪 で も そ ん な こ と を 言 い な が ら 、 前 野 と で 「 変 態 」 し て い き た い で す ね 。 で も 、 さ ん の 「 す ば る 」 の 連 載 の エ ッ セ イ っ て 何 だ か す ご く や な 予 感 が す る ん だ よ な あ 。 ち ゃ ん 、 人 生 は 、 悩 み 、 不 安 、 最 高 だ よ 前 野 え 、 何 が で す か ね ! 」 っ て 言 葉 か ら 生 ま れ ま し た 。 「 な す ご く 良 い で す よ ね 。 「 グ ラ サ ン 便 り 」 。 私 、 毎 月 切 り 取 っ て 日 記 帳 に 貼 っ て ま す 。 窪 前 野 さ ん み た い な 人 は き っ と 、 さ ら ん だ こ の 人 、 哲 学 者 か 」 っ て 思 い ま し っ と 小 説 を 書 い て 、 さ ら っ と 芥 川 賞 と か 前 野 い や あ 、 み ん な の 暇 つ ぶ し で す よ 。 た ( 笑 ) 。 窪 前 野 さ ん の 曲 に は 女 性 の 一 人 称 で 書 書 く こ と は 、 音 楽 の 片 手 間 に で き る よ う 直 木 賞 と か 獲 っ ち ゃ う タ イ プ で す よ ね 。 前 野 実 は 俺 、 狙 っ て ま す ! デ イ ラ ン い た も の も あ り ま す よ ね 。 ど う や っ て 女 な こ と じ ゃ な い で す ね 。 窪 ま た ま た ! も ノ 1 ベ ル 文 学 賞 獲 っ て ま す し ね 。 性 の 気 持 ち に 切 り 替 え て い る ん で す か ? 前 野 あ れ は 俺 の 感 情 を 女 性 の 器 に 人 れ 前 野 で も 確 か に 、 「 書 き た い 」 と い う 窪 も し そ う な っ た ら 、 私 た ち 作 家 は 全 力 で つ ぶ し に か か り ま す 。 覚 悟 し て く だ て る だ け で す け ど ね 。 あ と は サ ン マ ル ク 気 持 ち は あ り ま す 。 ど う せ こ う い う 商 売 さ い よ ( 笑 ) 。 カ フ 工 と か で 、 憂 鬱 そ う な 女 性 を 観 察 し な ん で 、 普 通 じ ゃ な い 、 変 な こ と を い っ . た = り ・ レ J 、 か ば い や り た い 。 歌 を 歌 い な が ら も 、 俳 優 ( く ぼ ・ み す み 作 家 ) ( ま え の ・ け ん た 音 楽 家 ・ 俳 優 ) 十 一 月 十 八 日 神 楽 坂 la kagü に て 窪 私 は セ ッ ク ス シ ー ン を 書 く と き 、 男 を や り た い し 、 小 説 も 書 い て み た い 。 性 の 気 持 ち が わ か ら な く て 苦 労 し て ま す 。 「 変 わ る 」 と い う 意 味 で の 「 変 態 」 を 楽 『 よ る の ふ く ら み 』 は 新 潮 文 庫 、 『 変 態 だ 』 は 新 潮 オ ン ラ イ ン ブ ッ ク ス で 発 売 中 。 た と え ば 、 こ と が 済 ん だ 後 に 男 の 人 が そ し ん で い き た い ん で す ( 笑 ) 。 「 こ の 曲 、 い い よ 」 っ て 、 心 の 底 か ら 、 伝 え ま す 。 C D シ ョ ッ プ 店 員 が つ く る 音 楽 サ イ ト 全 日 本 C ◎ シ ョ ッ プ 店 員 組 合 www.cdshop-kumiai.jp 107

波 2017年 01 月号 [雑誌]


カ ゲ ロ ポ 日 記 に 十 の 禾 ム い 何 う あ れ と い る の フ に も へ ゆ ナ た カ と と は い ン ウ す か オ 工 の 細 種 繰 日 う ビ ガ 月 る ら 一 丿 レ 。 月 く 、 は の イ 最 庶 ス ン 、 本 連 へ 。 本 さ 類 り も 何 。 サ で そ の 適 民 ト ス っ 昨 ワ 十 ン 用 赤 が 返 に 糸 各 う た と の の リ ト 月 リ 0 ン 歴 日 ア ・ 日 文 ぶ 人 を の も い あ す で も ケ い で 史 記 現 ハ っ 受 た ペ 谷 爬 。 す あ 繰 、 具 / レ 日 書 に 代 ー け 赤 こ を セ て る り 。 も 史 ニ こ か ン し て ス オ 触 の ツ い 糸 勺 く 重 。 返 も く た も ケ の ン れ 第 シ 最 私 す か 軸 あ な さ う る し モ な 一 ユ ◎ が 人 著 デ 後 自 。 人 最 ら っ と る て 社 ス て 、 の 1 ら 者 つ 後 だ の も の 身 や た い に い に ル 4 生 が 岡 、 約 に 買 い 黒 た 万 つ に O き 芸 田 の て の ム リ O 生 ' 寸 汨 こ 一 店 モ 年 は 本 う だ も 、 は し O き 平 史 ア ン 筆 な : 本 の な と 買 、 で う た 0 円 と の 訳 諦 で 人 荷 っ 黒 す プ を + 叙 作 い モ の 189 1990 税 述 品 ラ 取 と す は カ ゝ て と か め は し い て ン あ 赤 て 、 思 プ で も と へ 三 一 ま 都 の を 市 ア 工 流 十 メ イ 食 煮 の う 思 シ 茶 リ う ァ 動 子 中 た 新 一 る あ だ の う カ = ン イ 匕 つ 1 : テ 、 カ ゞ の 潮 月 い 生 ち ま シ た つ ク ) つ ン イ 樊 イ し ゝ 学 た 0 は た い で に や の テ ち の 食 ん 本 イ じ ト 見 し 。 初 も 十 か を ま 五 る も 生 と 並 ら 買 る だ 匹 へ ら め 四 つ の ム て 関 し 18 日 呼 ん 九 ン 。 て 生 う ち と る っ 討 係 、 く の の だ 姜 び や 、 匹 う う を 。 た で そ ま 」 煮 つ を 煮 干 ん あ ち た の そ い る 新 る 柔 て 物 る あ た 人 に 匹 る く 新 イ か 定 聞 な ら ち の ◎ い し っ よ が れ の 展 テ さ 中 か ず る を 読 た り く と 、 て か の 3 受 こ 煮 。 見 そ 方 と な だ い う い に 付 と 金 と う 、 ま る う い る が れ 1 な 柔 車 が 。 紙 と 。 冷 間 一 目 い フ が 鯛 椅 え 蔵 。 目 干 、 ケ ら に ワ 税 劑 と イ 茶 物 貼 カ 私 子 っ 庫 タ 【 既 刊 】 1 号 「 地 名 の 政 治 言 語 苦 つ あ の 匹 ス そ の と が ワ の 学 」 2 号 「 言 語 の 復 活 」 3 号 「 単 一 言 語 支 配 」 6 号 「 漢 字 文 化 圏 の 文 字 ナ シ ョ ナ リ ズ ム ② 」 7 号 「 危 機 言 語 」 8 号 「 地 域 語 発 展 の 田 日 切 、 る っ オ ン ′ た め に 」 9 号 「 / ヾ イ リ テ ラ シ ー 」 う の た た ト 10 号 「 社 会 言 語 学 再 考 」 1 1 号 レ 「 移 民 と 言 語 ① 」 12 号 「 移 民 と 0 っ ム 。 や 十 そ ム さ が 言 語 ② 」 13 号 「 学 校 教 育 に お し 所 れ 焼 つ 階 ち う け る 少 数 派 言 語 」 14 号 「 リ テ ラ ば だ や る い に て 、 い シ ー 再 考 」 15 号 「 ネ ッ ト 時 代 の 。 あ 。 置 り ん て こ と ば と 社 会 」 16 号 「 セ ク シ ュ 元 食 る イ 言 し い は ア リ テ ィ 、 権 力 、 撹 乱 」 17 号 「 ア 私 カ じ ジ ア の リ ン ガ フ ラ ン カ 」 別 冊 2 て 、 は 「 脱 帝 国 と 多 言 語 化 社 会 の ゆ く ネ の も で ら 四 れ い え 」 別 冊 3 「 言 語 的 多 様 性 と い 勘 へ も れ コ 匹 る う 視 座 」 別 冊 4 「 ケ ル ト 諸 語 文 ッ 、 な と だ わ タ イ ヒ の 復 興 」 ( 2200 ~ 2500 円 + 税 ) つ け コ い ト こ レ つ た 、 林 ぐ や た な を こ 三 元 社 っ 止 は ら 持 う の い た か だ や っ マ 〒 1 1 3-0033 文 京 区 本 郷 1 -28-36 ろ ろ て と 鳳 明 ビ ル 1 階 電 話 03-5803-4155 の の www.sangensha. CO. jp だ い う と と あ か 逆 ョ か か う 0 0 0 ( つ づ く ) 0 0 89