検索 - みる会図書館

検索対象: 戦争論理学 あの原爆投下を考える62問

戦争論理学 あの原爆投下を考える62問から 279件ヒットしました。

戦争論理学 あの原爆投下を考える62問


S / 62 モ 被 爆 者 の こ と を 考 え て も 原 爆 投 下 を 肯 定 で き る の か ? 現 実 バ イ ア ス 慈 悲 深 い 殺 人 の バ ラ ド ク ス 背 理 法 論 理 を 超 え た 議 論 を も う ー っ 考 え よ う 。 そ れ は 、 原 爆 投 下 否 定 論 の 中 で 最 も あ り ふ れ て お り 、 し か も 最 強 の 論 法 と 普 通 受 け と め ら れ て い る も の だ 。 そ れ は 、 次 の よ う な 議 論 で あ る 。 「 い く ら 戦 略 や 功 利 論 で 原 爆 投 下 を 肯 定 す る こ と が で き よ う と も 、 そ れ は 血 の 通 わ な い 冷 た い 論 理 に す ぎ な い 。 具 体 的 な 個 々 の 人 間 の 姿 が 直 視 さ れ て い な い 。 原 爆 投 下 を 肯 定 す る 者 ら は 、 い っ た い 、 被 爆 者 の 体 験 談 を 聞 い て も 、 そ し て ケ ロ イ ド の 悲 惨 な 写 真 、 映 像 な ど を 見 て も な お 原 爆 投 下 を 肯 定 で き る の か ! 」 こ の 種 の 詰 問 を さ れ る と 、 た い て い の 人 は 沈 黙 を 強 い ら れ る 。 反 論 は 可 能 だ ろ う か ? 答 え ネ ッ ト に も 本 に も 、 こ の 種 の 詰 問 は 溢 れ て い る 。 一 例 と し て 、 「 教 え て ! goo 」 の 哲 学 力 テ ゴ リ の 中 の ス レ ッ ド 「 QNo. 3931786 原 爆 投 下 の 非 正 当 性 を 論 拠 付 け る 根 拠 は あ り ま す か ? 」 を 見 よ う (http://oshietel.g00 ・ ne. jP/qa3931786. html)o 質 問 者 momonga14 さ ん の 問 い 「 ・ ・ ・ ・ ・ ・ も ち ろ ん 写 真 な ど を 見 れ ば 、 理 屈 を 並 べ る ま で も な く 誰 も が 『 あ っ て は な ら な い 』 と 思 い ま す が 、 何 か 『 理 屈 」 は 無 い の で し よ う か ? 』 (08/04/08 1 1 : 14 ) に 対 し て 、 回 答 者 の 一 人 nekomac さ ん は 、 次 の よ う に 答 え て い る 。 「 哲 学 と し て 論 す る に し て も 、 今 な お 政 府 か ら の 援 助 も な く 、 原 爆 の 後 遺 症 に 苦 し み な が ら 生 き て い る 人 が い る 事 実 を 考 え れ ば 、 こ の 質 問 は 残 酷 で あ る と と も に 不 謹 慎 で あ る と 私 は 思 い ま す 。 原 爆 に つ い て は 資 料 館 に 行 け ば 戦 争 論 理 学 あ の 原 爆 投 下 を 考 え る 62 問

戦争論理学 あの原爆投下を考える62問


本 書 の よ う な 原 爆 投 下 肯 定 論 は 、 原 爆 と い う 殺 傷 手 段 に つ い て 、 「 質 に お い て は 銃 弾 と 異 な ら す 、 数 に お い て は 銃 弾 よ り も は る か に 少 人 数 の 犠 牲 で 戦 争 を 終 結 さ せ た 」 と い う 見 方 に 意 外 な 合 理 性 が あ る こ と に 注 意 を 喚 起 す る 。 そ こ か ら 無 関 連 要 因 重 視 の 誤 り を 是 正 し 、 戦 争 そ の も の の 悪 を 際 立 た せ る 試 み と し て 、 原 爆 投 下 肯 定 論 を 捉 え 直 す こ と が で き る の で あ る 。 ガ ー ・ ア ル ペ ロ ビ ッ ツ 「 原 爆 投 下 決 断 の 内 幕 」 く 上 〉 く 下 〉 ほ る ぶ 出 版 リ チ ャ ー ド ・ H. マ イ ニ ア 「 東 京 裁 判 勝 者 の 裁 き 」 福 村 出 版 朗 福 田 茂 夫 「 第 ニ 次 大 戦 の 米 軍 事 戦 略 」 中 央 公 論 社 朝 日 新 聞 「 新 聞 と 戦 争 」 取 材 班 「 新 聞 と 戦 争 」 朝 日 新 聞 出 版 蚣 読 売 新 聞 戦 争 責 任 検 証 委 員 会 「 検 証 戦 争 責 任 」 く 1 〉 く 2 〉 中 央 公 論 新 社 「 フ ォ ッ グ ・ オ ブ ・ ウ ォ ー マ ク ナ マ ラ 元 米 国 防 長 官 の 告 白 」 ソ ニ ・ ピ ク チ ャ ー ズ ・ エ ン タ テ ィ ン メ ン ト 2 6 0 戦 争 論 理 学 [DVD] あ の 原 爆 投 下 を 考 え る 62 問

戦争論理学 あの原爆投下を考える62問


/ 62 原 爆 肯 定 諭 者 は 、 核 兵 器 を 容 認 す る つ も り な の か ? 器 の 容 認 を も た ら し 、 将 来 の 核 戦 争 の 容 認 を も た ら す 」 B 「 広 島 ・ 長 崎 へ の 原 爆 投 下 を 正 当 だ っ た と 容 認 す る こ と は 、 現 在 の 核 兵 器 の 容 認 を 意 味 し 、 将 来 の 核 戦 争 の 容 認 を 意 味 す る 」 A 「 広 島 ・ 長 崎 へ の 原 爆 投 下 を 正 当 だ っ た と 容 認 す る こ と は 、 現 在 の 核 兵 次 の 二 つ の 批 判 を 区 別 し な け れ ば な ら な い 。 答 え さ て 、 こ の 批 判 は 正 し い だ ろ う か 。 容 認 に 繋 が り 、 将 来 の 核 戦 争 の 容 認 に 繋 が る 」 「 広 島 ・ 長 崎 へ の 原 爆 投 下 を 正 当 だ っ た と 容 認 す る こ と は 、 核 兵 器 の な も の が あ る 。 肯 定 論 を 堂 々 主 張 す る こ と に 対 す る 実 践 上 の 批 判 と し て 、 次 の よ う 論 理 的 意 味 と 因 果 的 影 響 不 当 な 類 推 う に 考 え る の は 短 絡 的 で あ る 。 そ れ は 「 不 当 な 類 推 」 で あ る * 。 目 立 つ 共 通 当 然 意 味 し て い る 、 な せ な ら 同 じ 核 兵 器 に 関 す る 容 認 だ か ら だ ー ー ー そ の よ 味 し て い る だ ろ う か 。 た と 容 認 す る こ と 」 は 、 「 現 在 の 核 兵 器 の 容 認 」 「 将 来 の 核 戦 争 の 容 認 」 を 意 ま す 、 論 理 的 な 主 張 に つ い て 考 え よ う 。 「 広 島 ・ 長 崎 へ の 原 爆 投 下 を 正 当 だ っ A は 論 理 的 ( 意 味 論 的 ) な 主 張 で あ り 、 B は 因 果 的 ( 語 用 論 的 ) な 主 張 で あ る 。 る よ う な 悪 影 響 を も た ら す 」 と 主 張 し て い る 。 し て も ) 、 核 兵 器 容 認 論 に 利 用 さ れ 、 今 後 の 核 兵 器 使 用 を 認 め る 議 論 を 強 め の も の が 核 兵 器 容 認 論 か ど う か は と も か く ( か り に 核 兵 器 容 認 論 で は な い と 争 容 認 と い う 内 容 を 持 っ て い る 」 と 主 張 し て い る 。 B は 、 「 肯 定 派 の 立 論 そ A は 、 「 肯 定 派 の 立 論 そ の も の が 核 兵 器 容 認 論 で あ り 、 核 兵 器 使 用 ・ 核 戦 1 9 0 戦 争 論 理 学 あ の 原 爆 投 下 を 考 え る 62 問

戦争論理学 あの原爆投下を考える62問


/ 62 不 用 意 な 議 論 が 核 兵 器 容 認 に 利 用 さ れ る こ と は 確 か で は ? 因 果 関 係 と 相 関 関 係 誤 っ た 前 提 へ の 依 存 そ れ で は 第 二 の 、 因 果 的 ・ 実 践 的 な 批 判 の 検 討 に 移 ろ う 。 こ ち ら は 、 「 広 島 ・ 長 崎 へ の 原 爆 投 下 の 容 認 は 、 将 来 の 核 戦 争 の 容 認 を も た ら す 」 と い う も の だ 。 こ の 「 も た ら す 」 メ カ ニ ズ ム は い ろ い ろ 考 え ら れ る だ ろ う 。 「 広 島 ・ 長 崎 へ の 原 爆 投 下 の 容 認 」 が 「 将 来 の 核 兵 器 使 用 の 容 認 」 と し て 理 解 さ れ や す い こ と 、 あ る い は 「 将 来 の 核 兵 器 使 用 の 容 認 を も た ら す も の 」 と し て 理 解 さ れ や す い こ と 、 あ る い は 「 将 来 の 核 兵 器 使 用 の 容 認 を も た ら す も の と し て 理 解 さ れ や す い も の 」 と こ で は 、 そ の メ カ ニ ズ ム の 詳 細 し て 理 解 さ れ や す い こ と ・ ・ ・ ・ ・ ・ 等 々 。 は 括 弧 に 人 れ て 、 と も か く 「 広 島 ・ 長 崎 へ の 原 爆 投 下 の 容 認 」 が 「 将 来 の 核 戦 争 の 容 認 」 を 増 や す 傾 向 が あ る 、 と い う 因 果 関 係 だ け が 主 張 さ れ て い る も の と 考 え よ う 。 肯 定 論 が 説 得 的 に 展 開 さ れ れ ば さ れ る ほ ど 、 核 兵 器 使 用 を 容 認 し や す い 風 潮 が 強 く な り 、 危 険 で あ る 、 と い う 主 張 で あ る 。 肯 定 論 へ の こ の 反 論 に 対 し て は 、 三 通 り の 再 反 論 が で き る 。 問 1 、 問 2 な ど で 学 ん だ 分 析 法 を 思 い 出 し な が ら 、 三 通 り の 再 反 論 を ス ケ ッ チ し て み よ う 。 答 え ま す 第 一 に 、 「 広 島 ・ 長 崎 へ の 原 爆 投 下 を 正 当 だ っ た と 容 認 す る こ と 」 が 「 将 来 の 核 兵 器 使 用 の 容 認 」 を も た ら す 、 と い う こ と を 否 定 す る 、 あ る い は 疑 問 視 す る と い う 応 答 。 第 二 に は 、 「 広 島 ・ 長 崎 へ の 原 爆 投 下 を 正 当 だ っ た と 容 認 す る こ と 」 が 「 将 来 の 核 兵 器 使 用 の 容 認 」 を も た ら す と し て も 、 そ の よ う な 心 理 的 影 響 を 受 け て し ま う 人 が 間 違 っ て い る の だ か ら そ の 誤 っ た 傾 向 を 正 さ ね ば な ら す 、 「 広 島 ・ 長 崎 へ の 原 爆 投 下 容 認 」 を 控 え る 必 要 は な い 、 と す る 応 答 。 1 9 2 戦 争 論 理 学 あ の 原 爆 投 下 を 考 え る 62 問

戦争論理学 あの原爆投下を考える62問


混 乱 に 陥 っ た ポ ス ト モ ダ ン 思 想 も 多 い 。 絶 対 的 区 別 と 相 対 的 区 別 と の 区 別 、 不 連 続 な 相 違 と 連 続 的 な 相 違 と の 相 違 、 を 正 し く 意 識 す る こ と が 重 要 で あ る 。 L. フ ァ ン ・ プ ー ル へ ー ス ト 「 東 京 裁 判 と オ ラ ン ダ 」 み す ず 書 房 蚣 Mavrodes, G 」 . , "Convention and the MoraIity Of War" P わ 〃 osop わ y & public Affairs, VOl.4, NO. 2 , 1975 , lnternational Ethics, (Princeton U. P. , 1985 ). 2 3 /62 原 爆 投 下 は た だ の 無 差 別 爆 撃 で は な い ? 関 連 要 因 と 無 関 連 要 因 で は 次 に 、 「 原 爆 投 下 は 無 差 別 爆 撃 で は な い 」 と い う 肯 定 論 に 対 す る 再 反 論 を 考 え よ う 。 こ れ も 二 つ あ る の だ が 答 え 前 問 の 要 領 で 、 二 つ の 再 反 論 を 構 成 し て み よ う 。 1 . 2 . 「 原 爆 投 下 は 一 般 の ( 普 通 の ) 無 差 別 爆 撃 と 違 わ す 、 普 通 の 無 差 別 爆 撃 そ の も の が 悪 な の だ 」 と 主 張 し つ づ け る 。 「 原 爆 投 下 が 普 通 の 無 差 別 爆 撃 と は 違 う と し て も 、 だ か ら と い っ て 悪 く な い こ と に は な ら な い 」 と 指 摘 す る 。 「 普 通 の 無 差 別 爆 撃 そ の も の が 悪 」 と 言 い 張 る 第 一 の 道 を と る と 、 議 論 は 同 じ と こ ろ で 停 滞 す る こ と に な る が 、 無 差 別 爆 撃 の 是 非 ま た は 損 得 を 論 じ 尽 く す こ と が で き れ ば 、 決 着 が つ く か も し れ な い 。 前 問 の 答 え の 「 罪 と 危 険 性 の 区 別 」 を 考 慮 に 人 れ た う え で 、 一 般 市 民 の 軍 需 産 業 へ の 貢 献 度 は 大 し た も の で は な か っ た の だ 、 ゆ え に 市 民 は 危 険 な 存 在 で は な か っ た の だ 、 と い っ た 議 論 に な る だ ろ う 。 実 際 、 戦 争 に 勝 っ た め の 努 力 と し て 見 た 場 合 、 無 差 別 爆 撃 の 効 率 に つ い て は 疑 問 の 余 地 が あ る 。 ア メ リ カ が 参 戦 後 し ば ら く の 間 、 ヨ ー 0 2 6 戦 争 論 理 学 あ の 原 爆 投 下 を 考 え る 62 問

戦争論理学 あの原爆投下を考える62問


止 し そ び れ た ) 度 合 は R で あ る ↓ 連 合 国 が 天 皇 の 処 罰 ま た は 天 皇 制 廃 止 を 求 め る 動 機 の 正 当 性 は R で あ る 連 合 国 が 天 皇 制 維 持 の 許 容 を 日 本 に あ ら か じ め 告 げ な か っ た こ と の 合 理 性 ↓ ↓ は R で あ る 天 皇 制 容 認 に 代 わ る 選 択 肢 が 原 爆 投 下 で あ っ た か ぎ り 、 原 爆 投 下 の 正 当 性 は R で あ る い の で あ る 。 す る 人 は 、 そ の 程 度 に 応 じ て 、 原 爆 投 下 の 正 当 性 を 受 け 容 れ な け れ ば な ら な れ だ け 強 く 非 難 す る 合 理 的 理 由 を 持 っ て い る 。 逆 に 、 天 皇 の 戦 争 責 任 を 追 及 し た が っ て 、 天 皇 の 権 限 を 小 さ く 見 積 も る 人 は 、 ア メ リ カ の 原 爆 投 下 を そ 投 下 は や む を え な か っ た 、 と い う 論 理 で あ る 。 怖 れ て ) 天 皇 制 護 持 を 保 証 し に く く な り 、 そ れ に 代 わ る 打 開 策 と し て の 原 爆 に く く な り 、 そ ん な 日 本 に 対 し て 連 合 国 側 は ( 妥 協 的 態 度 を 読 ま れ る こ と を き る だ ろ う 。 天 皇 の 責 任 が 重 け れ ば 重 い は ど 、 日 本 政 府 は 天 皇 の 免 罪 を 信 じ の 戦 争 責 任 と 原 爆 投 下 の 正 当 性 と の 間 に は 正 の 相 関 関 係 が あ る 」 と 断 定 は で 性 と が 「 正 比 例 す る 」 と ま で は 言 え な い だ ろ う 。 し か し 少 な く と も 、 「 天 皇 考 慮 に 人 れ ね ば な る ま い 。 よ っ て 、 天 皇 の 戦 争 責 任 の 度 合 と 原 爆 投 下 の 正 当 本 政 府 が 天 皇 制 に 固 執 す る こ と の 合 理 性 な ど の 値 も 副 次 的 フ ァ ク タ ー と し て こ れ は も ち ろ ん 、 こ く 単 純 化 し た 連 鎖 式 で あ る 。 ソ 連 参 戦 の 正 当 性 や 、 日 る 。 こ う し て 、 原 爆 投 下 の 正 当 性 と 、 天 皇 の 権 限 の 大 き さ は 、 比 例 す る の で あ 戦 争 論 理 学 山 本 七 平 「 裕 仁 天 皇 の 昭 和 史 」 祥 伝 社 あ の 原 爆 投 下 を 考 え る 62 問

戦争論理学 あの原爆投下を考える62問


し そ れ ら 自 体 が 作 戦 全 体 に と っ て は 偶 発 的 で あ る 。 撃 墜 し た 敵 戦 闘 機 の パ イ ロ ッ ト が 生 き て い よ う が 死 ん で い よ う が 、 敵 の 戦 闘 能 力 が 減 殺 さ れ れ ば 同 じ こ と だ 。 戦 争 に お け る 諸 作 戦 は 、 確 率 的 に 殺 傷 を 必 す や 伴 う で あ ろ う と は い え 、 論 理 的 に は 殺 傷 を 含 意 し て い な い 。 原 爆 投 下 は 、 唯 一 の 例 外 で あ る 。 多 数 の 死 傷 を も た ら し て 戦 争 そ の も の を 解 決 す る 作 戦 が 、 原 爆 投 下 だ っ た 。 こ の 意 味 で 、 原 爆 投 下 は 、 成 功 の 必 要 条 件 と し て 対 象 市 民 の 大 量 死 を 要 請 す る と い う 、 ま こ と に 理 不 尽 な 作 戦 な の で あ る 。 第 54 問 で 見 た よ う に 、 原 爆 投 下 と い え ど も 特 定 の 人 々 の 殺 傷 を 含 意 し て い な い の で は あ る が 、 一 定 数 以 上 の 殺 傷 を 不 可 欠 の 要 件 と し て 含 ん で い る こ と は 間 違 い な い の だ 。 ( 注 釈 し て お く と 、 日 本 軍 の 重 慶 爆 撃 も 、 一 般 市 民 を 殺 傷 す る こ と を 実 質 的 な 目 的 と し た 無 差 別 爆 撃 だ っ た 。 武 漢 占 領 後 、 そ れ 以 上 奥 地 へ 進 撃 で き な い こ と を 正 式 に 認 め た 日 本 軍 は 、 陸 戦 は 駐 屯 地 か ら 出 張 し て は 戻 る 討 伐 戦 ス タ イ ル を 主 と す る よ う に な り 、 戦 争 そ の も の の 解 決 は 空 爆 の 心 理 効 果 に 頼 ろ う と し た の で あ る 。 そ の 点 に お い て 原 爆 投 下 と 酷 似 し て い る * ) 。 原 爆 投 下 の 理 不 尽 さ は 、 さ し あ た り 原 爆 投 下 だ け を 注 視 し た 場 合 の 理 不 尽 さ で あ る 。 戦 争 を 終 結 さ せ る と い う 全 体 構 想 の な か に 位 置 づ け れ ば 「 緊 急 避 難 」 に よ る や む を え な い 犠 牲 と 言 う こ と も で き よ う 。 た だ し 倫 理 的 に は 、 緊 急 避 難 と は い え 人 命 を 奪 う こ と は 許 さ れ な い 。 た と え ば 10 人 の 不 治 の 患 者 を 助 け る た め に 1 人 を 殺 し て 臓 器 を 分 配 す る と い う 「 緊 急 避 難 」 の 移 植 手 術 を 行 な っ た 医 師 A は 、 結 果 的 に 多 く の 命 を 救 っ た と し て も 、 殺 人 罪 で 罰 せ ら れ る 。 原 爆 投 下 も 、 た と え 1 千 万 人 を 救 う た め で あ っ た と し て も 、 故 意 の 大 量 殺 人 に 訴 え た と い う 意 味 で は 、 許 さ れ な い 「 緊 急 避 難 」 な の で あ る 。 れ に 対 し 、 ダ ウ ン フ ォ ー ル 作 戦 を 発 動 し て 日 本 本 土 で 決 戦 を 行 な い 、 双 方 で 1 千 万 人 の 死 者 が 出 た 場 合 は 、 そ の 1 千 万 人 は 作 戦 の 本 質 上 必 須 で は な い 死 傷 な の で 、 理 論 的 に は 偶 発 的 な 事 故 と 見 な せ る 。 「 未 必 の 故 意 」 に よ る 損 害 な の で あ り 、 理 不 尽 度 は 小 さ い 。 爆 弾 や 銃 弾 を 避 け ら れ な か っ た 個 々 の 兵 士 や 住 民 が 不 運 だ っ た だ け な の で あ る 。 原 爆 に よ る 被 災 者 は 、 不 運 も 何 も 、 必 然 的 に 戦 争 終 結 の 生 贄 に さ れ て し ま っ た 人 々 で あ る 。 功 利 的 に は 原 爆 投 下 よ り も ダ ウ ン フ ォ ー ル 作 戦 の ほ う が は る か に 悲 惨 で 有 害 だ っ た ろ う が 、 倫 理 的 に は 、 原 爆 投 下 は タ ウ ン フ ォ ー ル 作 戦 2 3 8 戦 争 論 理 学 あ の 原 爆 投 下 を 考 え る 62 問

戦争論理学 あの原爆投下を考える62問


/ 62 定 言 三 段 論 法 ニ 重 効 果 無 差 別 爆 撃 は 悪 だ ろ う か ? 原 爆 は 、 そ の 威 力 か ら し て 工 場 な ど の 施 設 に 限 定 す る 精 密 爆 撃 に は 戦 略 を 用 い る よ う に な っ た の で あ る 。 民 間 人 を 攻 撃 す る こ と で 工 場 労 働 力 を 奪 い 、 敵 国 民 の 厭 戦 気 運 を 煽 る 対 日 戦 で は 、 最 初 の 数 ヶ 月 で 精 密 爆 撃 を 放 棄 し 、 無 差 別 爆 撃 へ 移 行 し た 。 の に 対 し 、 ア メ リ カ 軍 は 精 密 爆 撃 を 原 則 と し た 。 し か し ア メ リ カ 軍 も だ わ っ た 。 ョ ー ロ ッ パ 戦 域 で は 、 イ ギ リ ス 軍 が 無 差 別 爆 撃 に 専 念 し た さ な い の で 、 効 率 が 悪 い と さ れ 、 ア メ リ カ 軍 は は じ め は 精 密 爆 撃 に こ 別 爆 撃 は 、 精 密 爆 撃 に 比 べ る と 敵 の 軍 事 力 に 偶 然 的 に し か 影 響 を 及 ば ま に 呼 ば れ る が 、 無 差 別 爆 撃 と い う 呼 び 名 が 最 も 普 及 し て い る 。 無 差 け ら れ る 。 都 市 爆 撃 は 、 無 差 別 爆 撃 、 恐 怖 爆 撃 、 地 域 爆 撃 な ど さ ま ざ 地 や 商 業 地 を 破 壊 し て 敵 国 民 の 志 気 を 喪 失 さ せ る 「 都 市 爆 撃 」 と に 分 が 多 く 、 工 場 や 港 、 油 田 な ど の 施 設 を 破 壊 す る 「 精 密 爆 撃 」 と 、 住 宅 指 す 。 戦 略 爆 撃 は 、 戦 場 か ら 離 れ た 敵 国 領 土 や 占 領 地 を 攻 撃 す る 場 合 な く 、 大 局 的 に 見 て 敵 の 戦 争 遂 行 能 力 を 減 ら す た め に な さ れ る 爆 撃 を ら れ る 言 葉 で 、 戦 術 爆 撃 の よ う に 直 接 に 戦 局 を 有 利 に す る た め に で は 爆 撃 」 と は 、 戦 場 で 敵 の 戦 闘 部 隊 を 叩 く 「 戦 術 爆 撃 」 と 区 別 し て 用 い 般 市 民 を 対 象 に し た 無 差 別 爆 撃 は 、 「 戦 略 爆 撃 」 の 一 種 で あ る 。 「 戦 略 否 定 派 は 、 そ も そ も 無 差 別 爆 撃 が 悪 で あ る と 考 え る 傾 向 が 強 い 。 爆 否 定 論 」 「 原 爆 肯 定 派 」 「 原 爆 否 定 派 」 な ど と 呼 ぶ こ と に し よ う * 。 に 関 す る 肯 定 論 ・ 否 定 論 と 紛 ら わ し い 文 脈 に お い て は 、 「 原 爆 肯 定 論 」 「 原 定 派 」 、 肯 定 論 を 唱 え る 立 場 ま た は 人 々 を 「 肯 定 派 」 と 呼 ぶ 。 他 の 話 題 た と い う 意 見 を 「 肯 定 論 」 と 呼 ぶ 。 否 定 論 を 唱 え る 立 場 ま た は 人 々 を 「 否 論 」 、 ア メ リ カ に よ る 原 爆 投 下 は 正 し か っ た 、 あ る い は 避 け ら れ な か っ 爆 投 下 は 悪 か っ た 、 あ る い は 控 え る こ と が で き た と い う 意 見 を 「 否 定 本 書 で の 基 本 語 を ま す 次 の よ う に 定 め て お こ う 。 ア メ リ カ に よ る 原 戦 争 論 理 学 あ の 原 爆 投 下 を 考 え る 62 問

戦争論理学 あの原爆投下を考える62問


こ れ は 、 ア プ リ オ リ な ( 前 提 な し の ) 善 悪 と 、 条 件 付 き の 善 悪 を 混 同 し た 誤 り で あ る 。 ア プ リ オ リ に は 、 殺 人 は 悪 だ 。 し か し 、 そ の 殺 人 を な さ ね ば な ら な い と い う 場 合 、 そ の 条 件 下 で は 、 「 ひ と 思 い に 殺 す 」 こ と が 善 と な る 。 「 ひ と 思 い に 殺 す 」 こ と が 善 だ か ら と い っ て 、 私 た ち は 今 日 か ら 射 撃 場 へ 通 っ て 銃 を 人 手 し て 行 き す り の 人 の 頭 を 撃 つ べ き だ 、 と い う こ と に は な ら な い 。 「 ひ と 思 い に 殺 す 」 の が 善 と い う 意 味 は 、 ど う し て も 殺 さ ざ る を え な い と い う 条 件 下 に 限 っ た 場 合 の 善 を 述 べ て い る の で あ る 。 条 件 な し の 場 合 と 条 件 付 き の 場 合 の 区 別 は 重 要 で あ る 。 「 原 爆 投 下 は 正 し か っ た 」 と だ け 言 わ れ る と 、 あ の 戦 争 下 で は 、 と い う 限 定 条 件 を 抜 き に し て 、 た だ 「 原 爆 投 下 」 が 善 だ っ た か の よ う に 受 け 取 ら れ 、 核 兵 器 使 用 を 是 認 し た 物 言 い に 聞 こ え て し ま う 。 そ う で は な く 、 「 原 爆 投 下 は 善 か っ た 」 と 評 価 さ れ る べ き 前 提 条 件 を 補 っ て 考 え ね ば な ら な い 。 当 時 の 国 際 情 勢 、 戦 局 を 総 合 的 に 見 た 上 で 、 善 悪 を 判 定 す る の だ 。 平 和 時 に は ( ア プ リ オ リ に は ) 悪 で あ る こ と が 、 戦 争 時 と い う 特 殊 な 条 件 下 で は 善 に な る こ と も あ る 。 そ う 考 え る と 、 「 原 爆 投 下 は 正 し か っ た 」 は む し ろ 戦 争 拒 否 、 戦 争 否 定 の 主 張 を 強 く 押 し 出 し た 命 題 に な る 。 な せ か と い う と 、 原 爆 投 下 の よ う な 、 平 和 時 の 基 準 で は 極 悪 と し か 言 い よ う の な い 策 が 、 な ん と 善 に な っ て し ま う 、 そ れ が 戦 争 と い う も の だ 、 と い う 理 屈 だ か ら で あ る 。 「 許 さ れ ざ る 核 兵 器 使 用 が な ん と 許 さ れ て し ま う よ う な 戦 争 と い う 状 況 は 、 な ん と し て も 防 ぐ べ き だ ! 」 と い う 主 張 の 言 い 換 え が 、 ま さ に 原 爆 肯 定 論 な の だ と い う こ と が わ か る だ ろ う 。 こ れ は 一 種 の 「 背 理 法 」 で あ る 。 戦 争 を 仮 定 す る と 、 推 論 の あ げ く 、 結 論 と し て 、 核 兵 器 使 用 と い う 許 さ れ ざ る こ と が 許 さ れ る と い う 矛 盾 が 導 け て し ま う 。 よ っ て 、 戦 争 と い う 仮 定 は 許 さ れ な い 仮 定 で あ る 。 結 論 、 戦 争 は あ っ て は な ら な い * * 。 こ う し て 原 爆 投 下 肯 定 論 は 、 一 見 好 戦 的 な 主 張 の よ う に 見 え て 、 実 は 戦 争 反 対 の 立 場 の 強 い 表 明 に な り う る 。 逆 に 原 爆 投 下 否 定 論 は 、 一 見 平 和 的 な 主 張 に 見 え て 、 実 は 戦 争 に 甘 い 立 場 で あ り 、 戦 争 を 起 こ し や す く す る 立 場 だ 。 と い う の も 、 平 和 時 だ ろ う が 戦 時 だ ろ う が 核 兵 器 は 絶 対 許 さ れ な い の だ か ら 、 戦 争 が 起 き て も ま あ 大 丈 夫 、 と い う 戦 争 観 を 生 み や す い か ら だ 。 「 核 兵 器 さ え 使 わ な け れ ば 、 原 水 爆 さ え 禁 止 す れ ば 、 戦 争 は 致 し 方 な い 」 と い う 態 度 は 戦 争 論 理 学 あ の 原 爆 投 下 を 考 え る 62 問

戦争論理学 あの原爆投下を考える62問


の ヒ ュ ー リ ス テ ィ ク ス の 矛 盾 に 出 会 う こ と か ら 、 論 理 的 な く 左 脳 思 考 〉 の 必 要 性 に 気 づ く こ と も で き る だ ろ う 。 / 62 チ ャ ー ル ズ ・ ミ ー 「 ポ ッ ダ ム 会 談 』 徳 間 書 店 平 川 祐 弘 「 中 国 工 リ ー ト 学 生 の 日 本 観 」 文 藝 春 秋 蚣 B. パ ル ミ ー ロ ・ ポ ス ケ ー ジ 「 イ タ リ ア 敗 戦 記 」 新 評 論 色 摩 カ 夫 「 日 本 人 は な ぜ 終 戦 の 日 付 を ま ち が え た の か 」 黙 出 版 ハ ー バ ー ト ・ フ ァ イ ス 「 原 爆 と 第 ニ 次 世 界 大 戦 の 終 結 」 南 窓 社 ポ ー ル ・ グ ラ イ ス 「 論 理 と 会 話 」 勁 草 書 房 本 書 の 議 論 は 、 原 爆 投 下 肯 定 諭 の ほ う に 有 利 な 展 開 を 辿 っ て き た 。 後 知 恵 バ イ ア ス ド ・ モ ル ガ ン の 法 則 愚 者 の シ ナ リ オ 原 爆 投 下 を 回 避 す る に は 御 都 合 主 義 的 ャ ラ セ が 必 要 だ っ た ? 肯 定 論 者 の 言 い 分 は 、 二 つ あ る 。 A. 原 爆 投 下 よ り も 優 れ た 選 択 肢 は な か っ た 。 B . 原 爆 投 下 よ り も 優 れ た 選 択 肢 が か り に あ っ た と し て も 、 当 時 に は 発 見 で き な か っ た 。 1945 年 こ れ ま で の 各 問 で 主 に 論 証 し て き た の は 、 A で あ る 。 そ し て 補 助 的 に B を 考 慮 に 人 れ て き た 。 A が 言 え れ ば 、 肯 定 論 に と っ て 十 分 で あ る 。 し か し A は 必 要 で は な い 。 B が 言 え さ え す れ ば 、 A を 証 明 す る 必 要 は な い の で あ る 。 B は 、 第 4 問 以 降 何 度 か 見 て き た 「 意 図 主 義 」 ( 倫 理 は 事 実 よ り 意 図 に も と づ く ) と い う 原 則 の 応 用 で あ る 。 本 書 で は A が 正 し い こ と を 述 べ て き た が 、 も し か す る と そ れ は 間 違 っ て い て 、 原 爆 投 下 に ま さ る 選 択 肢 が あ っ た の か も し れ な い 。 最 も 有 力 な の は 、 連 合 国 側 と し て は 「 ポ ッ ダ ム 宣 言 に ス タ ー リ ン を 参 加 さ せ 、 天 皇 制 の 容 認 に 連 合 国 す べ て が 同 意 し て そ れ が 明 記 さ れ 、 第 13 項 に 原 戦 争 論 理 学 あ の 原 爆 投 下 を 考 え る 62 問