検索 - みる会図書館

検索対象: ソーシャルもうええねん

ソーシャルもうええねんから 74件ヒットしました。

ソーシャルもうええねん


【 お も な 参 考 文 献 】 ◆ 守 屋 英 一 著 『 フ ェ イ ス ブ ッ ク が 危 な い 』 ( 文 藝 春 秋 ) ◆ 竹 内 宏 編 『 ア ン ケ ー ト 調 査 年 鑑 2 012 年 版 』 ( 並 木 書 房 ) ◆ 金 城 辰 夫 監 修 『 図 説 現 代 心 理 学 入 門 』 ( 培 風 館 ) 186

ソーシャルもうええねん


こ の 「 地 道 に 写 経 を す る 」 と い う 作 業 は つ ら い で す 。 し か し 、 僕 は こ の 習 慣 を つ け た お か げ で 役 に た っ た こ と が あ り ま す 。 僕 は 2002 年 に オ ー ス ト ラ リ ア の 永 住 権 を 申 請 し ま し た 。 そ の 過 程 で 、 <<< 用 紙 354 枚 の 英 語 の 小 論 文 を 書 か さ れ る の で す が 、 当 時 、 僕 は フ ォ ー マ ル な 形 式 の 英 語 の 長 文 を 書 く こ と が ま っ た く で き ま せ ん で し た 。 セ ン タ ー 試 験 程 度 の 英 語 の 知 識 も あ や し か っ た で す 。 間 題 集 を 買 っ て 、 間 題 を 解 い て み て 、 語 学 学 校 の 先 生 に 添 削 し て い た だ い た と こ ろ 、 赤 字 で ほ と ん ど の 部 分 を 直 さ れ て 、 原 型 を と ど め て い ま せ ん で し た 。 そ も そ も 英 語 の 冠 詞 や 前 置 詞 を 理 解 し て い な い 人 間 に 、 論 理 的 で フ ォ ー マ ル な 形 式 の 小 論 文 を 書 く の は 無 理 で す 。 ま ず 合 格 は 無 理 で し た 。 そ こ で 、 ネ ッ ト で そ の 模 範 解 答 だ け を 集 め て き て 、 毎 日 毎 日 、 地 道 に そ れ を 写 経 し た と こ ろ 、 あ っ さ り 合 格 し ま し た 。 オ ー ス ト ラ リ ア に 旅 行 で や っ て き た 僕 に 永 住 権 が 授 与 さ れ ま し た 。 「 地 道 に 写 経 す る 精 神 」 は 他 で も 応 用 が き く の で す 。 ど ん な に 歳 を と っ て も 、 ど ん な に べ テ ラ ン に な っ て も 、 何 か を 学 ぶ 時 に は 、 プ ラ イ ド も 恥 も 捨 て て 、 素 直 に 「 地 道 に 写 経 す る 精 神 だ け は 、 ず っ と 持 っ て い た い と 思 い ま す 。 1 18

ソーシャルもうええねん


ー a- 0 発 売 日 に 。 ハ ナ ソ ニ ッ ク の エ ン ジ ニ ア が し た こ と 日 本 以 外 の 国 で は 、 韓 国 の デ ジ タ ル 家 電 の ほ う が 日 本 製 品 よ り メ ジ ャ 1 な 場 合 が 多 い で す 。 価 格 も 安 い し 、 ユ ー ザ ー の ニ ー ズ に 沿 っ た 製 品 を 作 っ て い ま す し 、 特 殊 な 機 能 を 追 求 し た り し て い な い か ら で す 。 日 本 メ ー カ ー は 、 特 殊 な 技 術 に こ だ わ る こ と が 多 い で す 。 た と え ば 、 19 7 5 年 に ソ ニ ー が ビ デ オ の べ ー タ マ ッ ク ス を 出 し た と き 、 な ぜ か 「 カ セ ッ ト の 大 き さ 」 に こ だ わ っ て い ま し た 。 彼 ら は 、 文 庫 本 サ イ ズ に こ だ わ っ て い た の で す 。 そ の せ い で 初 代 べ ー タ は 1 時 間 し か 録 画 で き ま せ ん で し た 。 そ こ は こ だ わ る べ き と こ ろ だ っ た の か ど う か 、 今 思 う と 謎 で す 。 そ の 後 、 い ろ い ろ な 理 由 で 、 べ ー タ マ ッ ク ス は 市 場 か ら は じ き 出 さ れ ま し た 。 デ ジ タ ル オ ー デ ィ オ プ レ イ ヤ ー の 世 界 も •-p--:oz や 韓 国 製 に 日 本 メ ー カ ー が 遅 れ を 取 っ て い 1 イ 8

ソーシャルもうええねん


作 成 例 の た め 「 事 業 開 始 年 度 〇 〇 」 「 決 算 期 〇 月 、 「 発 行 株 式 数 〇 〇 株 」 と な っ て い る の は 、 言 う ま で も あ り ま せ ん 。 し か し な が ら 、 僕 は 、 そ の 「 〇 〇 」 の ま ま 出 し ま し た 。 事 業 年 度 、 発 行 株 式 数 、 決 算 月 な ど 、 当 時 の 僕 に は わ か り ま せ ん 。 プ ロ グ ラ マ ー の 僕 に 、 そ ん な も の が わ か る わ け が あ り ま せ ん 。 興 味 も な い た め 、 調 べ る こ と も し ま せ ん で し た 。 — ー を つ つ こ ん で 出 せ ば い い や 、 人 生 と り あ え ず コ ン パ イ ル だ 、 と 思 っ て い ま し た 。 後 日 、 法 務 局 に 呼 び 出 さ れ た の は 言 う ま で も あ り ま せ ん 。 法 務 局 は 大 量 の コ ン パ イ ル エ ラ ー を 返 し て く れ ま し た 。 僕 が テ ン プ レ ー ト の ま ま 出 し た 登 記 書 類 に は 、 付 箋 紙 が び っ し り と 貼 っ て あ り ま し た 。 法 務 局 の 担 当 の お っ ち ゃ ん は 、 僕 を 奥 の 部 屋 に 連 れ て 行 き 、 一 行 一 行 、 「 こ こ に こ れ を 書 く ん や 」 「 発 行 株 式 数 か ? 資 本 金 が 100 万 の 会 社 や っ た ら 、 100 株 で え え や ろ 」 「 こ こ に 訂 正 印 押 す ん や 」 「 訂 正 文 字 数 を こ こ に 書 く ん や 」 と 1 時 間 半 く ら い か け て 、 教 え て く れ ま 僕 が 初 め て 作 っ た 会 社 の 定 款 や 登 記 書 類 は 訂 正 印 だ ら け で 、 原 型 を と ど め て い ま せ ん で し た 。 登 記 簿 は 書 き 直 す 箇 所 が 多 す ぎ て 、 全 部 、 法 務 局 の お っ ち ゃ ん の 指 導 で 書 き 直 し ま し た 。 非 常 に カ ッ コ 悪 い 船 出 で す 。 な ん だ か 書 類 一 つ 作 れ な い 自 分 が 情 け な く な り ま し た 。 131 第 2 章 動 い て い る も の を 見 せ れ ば 大 人 は 納 得 す る

ソーシャルもうええねん


装 丁 ・ 本 文 デ ザ イ ン ー ー 井 上 祥 邦 (yockdesign) ー ー ー 福 原 武 志 ( エ フ ・ ク リ エ イ ト ) 装 画 ー ー 佐 藤 秀 峰 企 画 ・ 編 集 ー ー 岡 本 弘 美

ソーシャルもうええねん


「 あ —' え れ ー 、 東 京 か ら 仕 事 来 よ る な あ 」 彼 女 は 、 作 業 服 か ら 着 替 え 、 ゴ ム 手 袋 を は ず し て 、 家 に 入 る や 否 や 、 パ ソ コ ン に 向 か い ま す 。 案 の 定 、 メ ー ル が 届 い て い ま し た 。 ク リ ッ ク し て 、 メ ー ル を 開 き ま す 。 主 婦 は 老 眼 気 味 で 最 近 、 文 字 が 読 み に く く な っ て き ま し た 。 短 い 箇 条 書 き の 文 章 と 、 数 枚 の 写 真 が 添 付 さ れ て い ま す 。 す い こ - っ 数 秒 間 目 を 閉 じ て 、 何 か 文 章 を 推 敲 し 、 目 を 見 開 く と 、 彼 女 は き わ め て 速 い ス ピ ー ド で 文 章 を 打 ち 込 み 始 め ま し た 。 東 京 か ら 1000 キ ロ 離 れ た 大 自 然 の 空 の 下 、 歳 の 主 婦 の 手 に よ っ て 、 彼 女 が 一 度 も 、 行 っ た こ と も 、 見 た こ と も 、 ロ に し た こ と も な い 、 「 オ シ ャ レ 」 で 「 ス イ ー ツ 」 な レ ビ ュ ー が 量 産 さ れ ま す 。 ド ル チ ェ を い た だ き に き ま し た 5 ル ン ル ン ) す つ ご い 人 気 店 さ ん で す も ん ね ー も う 、 毎 週 来 て ま す ) 私 の い ち ば ん の お 気 に 人 り の お 店 で す 。 068

ソーシャルもうええねん


。 。 -* の 実 名 主 義 は ど こ ま で 本 当 か ? 2012 年 川 月 4 日 発 表 の プ レ ス リ リ ー ス に よ り ま す と 、 は 世 界 中 で 川 億 人 以 上 が 使 っ て い る 超 巨 大 だ そ う で す 。 竹 内 宏 編 『 ア ン ケ ー ト 調 査 年 鑑 2012 年 版 』 ( 並 木 書 房 ) に は 、 マ ク ロ ミ ル に よ る 「 ュ ー ザ ー500 名 に 聞 く の 利 用 実 態 調 査 」 の 結 果 が 出 て い ま す 。 そ れ を 見 る と 、 。 。 の よ い と こ ろ は 、 「 全 世 界 で 登 録 ュ ー ザ ー が 多 い 、 % 、 「 実 名 な の で 情 報 に 信 憑 性 が あ る % と な っ て い ま す 。 し か し 、 僕 は 皆 さ ん に 言 い た い で す 。 こ の 世 に は 、 誰 も が ウ ソ と わ か っ て い て も 誰 も つ つ こ ま な い 数 字 が 3 つ あ り ま す 。 一 つ は 、 中 国 の ( 国 内 総 生 産 ) 、 も う 一 つ は 、 デ ー モ ン 閣 下 の 年 齢 、 最 後 の も う 一 つ は 、 00k の ユ ー サ ー 数 で す 。 が 実 名 主 義 の ネ ッ ト ワ ー ク で あ る こ と を 信 じ て い る 日 本 人 は 、 が ア メ リ カ 製 Z だ と い う こ と を 忘 れ て い る と 思 い ま す 。 リ ー マ ン シ ョ ッ ク や イ ラ ク 戦 争 や 036

ソーシャルもうええねん


こ こ 数 年 、 ソ ー シ ャ ル な 時 代 に な っ て も 、 僕 の 仕 事 は 、 ま ず 「 プ ロ グ あ り き 」 で 成 り 立 っ て い ま す 。 プ ロ グ で ま ず 何 か を 発 表 し て か ら 、 反 響 を 見 、 後 に プ ロ ジ ェ ク ト を 始 め る と い う 仕 事 の 仕 方 で す 。 そ ん な 僕 の 「 5 年 分 の プ ロ グ 、 を 今 回 、 本 に ま と め ま し た 。 時 代 背 景 に 合 わ な い 記 事 を 抜 い て 、 多 く の 加 筆 を し ま し た 。 読 ん で い た だ く と こ の 5 年 の 間 に 浸 透 し て き た 「 ソ ー シ ャ ル 」 の 危 う く て 信 用 で き な い 感 じ が 、 よ く わ か る と 思 い ま す 。 こ だ こ だ 、 「 仕 事 が な い か ら 」 と い う 理 由 で 、 た だ た だ 書 き 飛 ば し 続 け た プ ロ グ で す 。 今 も 連 プ ロ ゴ ス 載 中 の 『 — ォ ル タ ナ テ イ プ ・ プ ロ グ 』 『 誠 プ ロ グ 』 『 0 O 』 『 エ ン ジ ニ ア 』 な ど で 、 5 年 分 、 計 2200 万 ペ ー ジ ビ ュ ー は あ る と 思 い ま す 。 ご 一 読 願 え れ ば 幸 い で す 。 村 上 福 之 は じ め に 013

ソーシャルもうええねん


フ ォ ロ ワ ー も 、 「 い い ね ! 」 も カ ネ で 買 え る 。 。 の 株 価 も 上 場 当 初 よ り は 半 分 以 下 に 落 ち 込 み 、 つ い に 赤 字 に 転 落 し ま し た 。 も 経 営 的 に は よ く な い よ う で す 。 2012 年 3 月 に 米 国 の ゴ ー カ ー メ デ ィ ア 社 が の 純 損 失 額 は 、 2011 年 1S4 月 て 2540 万 ド ル 人 手 し た 資 料 に よ る と 、 ( 幻 ・ 9 億 円 ) で 、 必 ず し も 順 風 満 帆 な 経 営 状 態 で は な い よ う で す 。 ソ ー シ ャ ル で 一 時 期 は も て は や さ れ て い た 会 社 が 、 経 営 的 に 大 変 な 状 況 に な っ て い ま す 。 の フ ォ ロ ワ ー が ネ ッ ト 上 で 売 り 買 い さ れ る よ う に な っ た の は 、 2010 年 く ら い か ら で す 。 執 筆 時 点 で ( 2012 年 8 月 四 日 ) 、 ア メ リ カ の フ ォ ロ ワ ー 販 売 サ イ ト を 見 た と こ ろ 、 フ ォ ロ ワ ー 5000 人 で ド ル 、 つ ま り 3800 円 で す 。 家 族 4 人 で 回 転 寿 司 に 行 く 料 金 よ り も ず っ と 安 い 値 段 で 5000 人 分 の フ ォ ロ ワ ー が 買 え ま す 。 g-æ o o の 「 い い ね ! も 、 同 じ こ ろ か ら ネ ッ ト 上 で 売 り 買 い さ れ る よ う に な り ま し 016

ソーシャルもうええねん


— の 人 に 多 い で す 。 こ う い う 人 は 、 受 託 案 件 の 見 積 も り を 作 っ た り す る と き に 、 す さ ま じ く 実 力 を 発 揮 し ま す 。 か っ て 、 — ( シ ス テ ム イ ン テ グ レ ー シ ョ ン ) 業 界 で 受 託 バ ブ ル が あ っ た と き に は 、 非 常 に 重 要 な 人 だ っ た と 思 っ て い ま す 。 彼 が 「 な い こ と な い こ と 、 を 言 い 連 ね る だ け で 、 値 段 が 膨 れ 上 が る 仕 組 み だ っ た の で し よ う 。 し か し 、 自 社 サ ー ビ ス の 開 発 に は 、 本 音 を い え ば 、 邪 魔 に な る 人 が 多 い で す 。 仕 事 の 内 容 が 変 わ っ た に も か か わ ら ず 、 や り 方 を 変 え ら れ な い 人 も 多 く 、 一 緒 に 仕 事 を す る の は 大 変 で す 。 た だ し 、 大 手 か ら 受 託 し た と き は 、 「 経 済 的 な 意 味 」 で 重 要 な 人 の 場 合 が 多 々 あ り ま す 。 ⑤ し よ っ ち ゅ う プ ロ グ を 書 い て い て 、 し か も プ ロ グ が 長 い 人 僕 の よ う に 、 よ く プ ロ グ を 書 き 、 な お か っ そ の プ ロ グ の 文 章 が 長 い 人 は だ い た い 「 な ん ら か の 意 味 で 面 倒 く さ い 人 」 で す 。 プ ロ グ の 文 章 が 長 い 人 は 、 以 下 の タ イ プ の ど れ か に 当 て は ま り 1 1 1 第 2 章 動 い て い る も の を 見 せ れ ば 大 人 は 納 得 す る