検索 - みる会図書館

検索対象: 落語的学問のすすめ

落語的学問のすすめから 80件ヒットしました。

落語的学問のすすめ


今 日 は シ ャ レ で っ せ ! 四 講 Winter 0 Summer Clam

落語的学問のすすめ


222 亠 の と か IJ 早 い も の で 、 大 学 で 講 義 を す る な ど 、 落 語 家 ら し か ら ぬ 依 頼 を 受 け 、 恥 ず か し な が ら と 始 め て 、 あ っ と い う 間 の 一 年 間 で し た 。 こ の 本 は 、 そ の 講 義 内 容 を 、 そ の ま ま の 形 で 文 字 に し て あ り ま す 。 桂 文 珍 漫 談 集 か 、 と 思 わ れ る 部 分 も た く さ ん ご ざ い ま す 。 そ こ は そ れ 、 読 者 の 皆 さ ん の 賢 明 さ で 、 何 が 言 い た い の か を 、 く ん で い た だ け れ ば 幸 せ で ご ざ い ま す 。 多 く の 番 組 を や ら さ せ て い た だ い て い る 関 係 上 、 ど う せ 、 休 講 が 多 い の だ ろ う : : : と 思 わ れ る の が 嫌 で 、 一 年 間 毎 週 、 無 遅 刻 、 無 欠 勤 と い う 、 こ れ ま た 、 落 語 家 ら し か ら ぬ 、 マ ジ メ さ で 、 講 義 し ま し た と こ ろ ( 多 少 ム キ に な っ て や り ま し た が : : : ) 、 選 択 科 目 だ っ た 一 年 目 と 異 な り 、 本 年 度 は 、 修 科 目 に な っ て し ま い ま し た 。 困 っ た こ と で す 。 今 も っ て 、 二 百 人 の 教 室 は 立 見 が 出 て お り 、 吉 本 の エ ラ イ さ ん は 、 ゼ ニ

落語的学問のすすめ


224 こ ん な 機 会 を 与 え て い た だ い た 、 関 西 大 学 の 谷 沢 永 一 教 授 。 こ の 本 の 出 版 に あ た り ご 尽 力 い た だ い た 潮 出 版 社 の 背 戸 編 集 長 や 有 田 さ ん 。 立 派 す ぎ る 装 幀 を し て い た だ い た 菊 地 信 義 さ ん 。 そ し て 、 月 曜 の 朝 、 第 一 講 目 に 遅 れ ず に 来 た 学 生 諸 君 。 そ し て ま た 、 こ の 本 を 手 に し て い た だ い て い る 未 だ 見 ぬ 皆 さ ん へ 。 心 か ら 、 亠 の ・ り ・ ・ ・ か ・ と ・ 、 つ 平 成 元 年 六 月 桂 文 珍

落語的学問のすすめ


落 語 的 学 問 の す す め 定 価 : ・ = 一 一 〇 〇 円 ( 本 体 一 〇 六 八 円 ) 初 版 : ・ : : : 一 九 八 九 年 七 月 一 一 五 日 七 刷 : : 一 九 八 九 年 十 月 三 〇 日 著 者 : ・ 桂 文 珍 発 行 者 : ・ 富 岡 勇 吉 発 行 所 : : : 株 式 会 社 潮 出 版 社 来 星 都 千 代 田 区 飯 田 橋 一 一 一 ・ 一 ・ 三 〒 一 〇 一 一 電 話 ・ : 販 売 部 ( 〇 一 一 D 二 三 〇 ー 〇 七 四 一 編 集 部 ( 〇 一 一 l) 二 三 〇 ー 〇 七 七 一 振 替 : ・ 五 ー 六 一 〇 九 〇 株 式 会 社 印 刷 所 : ・ 明 和 印 刷 付 物 印 刷 : ・ 株 式 会 社 田 「 製 本 所 ・ ・ ・ 東 京 美 術 紙 工 ISBN4 ー 267 ー 01203 ー 2 C 0095 OB. katura,1989 printed in Japan 落 丁 ・ 乱 丁 本 は お 取 り 替 え い た し ま す 。

落語的学問のすすめ


無 知 に 甘 え て い る こ と が 恥 ず か し い く お 願 い し ま ー す 。 ( 拍 手 ) 彼 は で す ね 、 実 は 今 年 入 社 し た て の 新 人 で ご ざ い ま し て 、 そ れ も こ の 関 西 大 学 の で す 。 す ご い で す ね え 、 ほ 、 ほ ー っ ! ( 拍 手 ) み な さ ん も 、 就 職 と い う こ と に な り ま す と 、 先 に 社 会 人 に な っ て る 方 に い ろ い ろ 聞 い て み る の が 一 番 参 考 に な る ん で は な い か と 、 こ う 思 い ま す の で ね 、 ち ょ っ と イ ン タ ビ ュ ー し て み ま し よ う ね 。 山 下 君 、 吉 本 興 業 を 選 ん だ 理 由 と い う の は ? 山 下 あ の 、 や つ ば り 、 人 と 違 う 仕 事 を し た い と い う か : 文 珍 あ あ 、 な る ほ ど ね 。 で 、 何 人 く ら い 受 け た ん で す か 。 山 下 二 百 人 は 超 え て た と : ・ 文 珍 ほ う 、 二 百 人 は 超 え て た 。 そ れ で 何 人 選 ば れ た ん で す 。 山 下 大 卒 は 十 一 人 。 文 珍 結 構 、 厳 し い で す な あ 。 一 部 上 場 の エ ラ イ 会 社 で ご ざ い ま す か ら ね え 。 で 、 今 は 私 の 現 場 を ケ ア し て く れ て る わ け で す け ど も 、 あ な た の 場 合 は 非 常 に ラ ッ キ ー で し た ね 。 私 の 担 当 に な る と い う の は 、 吉 本 の 中 で も 出 世 コ ー ス と い わ れ て お り ま し て ( 笑 ) 、 ひ ど い や っ は デ ィ ス コ の 店 員 に な っ て し ま い ま す 。 ( 笑 ) 厳 し い 試 験 を 通 っ て 、 デ ィ ス コ の 店 員 や っ て る 場 合 や な い で す よ 、 あ な た 。 入 り 口 で 「 い ら っ し ゃ い ま せ え 」 な ん て ね え 。 ( 笑 ) と こ ろ で 、 薄 給 で す か 。

落語的学問のすすめ


落 語 的 学 間 の す す め 桂 文 珍 4 12545 678904 k 、 物 ト ト ⅲ

落語的学問のすすめ


落 語 的 学 間 の す す め 4 桂 文 珍 12545 678904 katsura bunchin 潮 出 版 社

落語的学問のすすめ


そ れ か ら 、 岸 恵 子 さ ん が バ リ か ら の ニ ュ ー ス な ん か を お や り に な っ た り と か 、 い ろ い ろ ご ざ い ま す が 、 ア メ リ カ の ナ シ ョ ナ ル リ ー グ の 中 継 な ん か は 見 て る と お も ろ い で す な 。 日 本 の 野 球 と 違 い ま し て 、 向 こ う の ん は フ ォ ー ム も む ち ゃ く ち ゃ の 格 好 し と る の に 、 ぶ わ ー っ と ホ ー ム ラ ン を 打 っ て ま う 。 ど こ か ら あ ん な 。 ハ ワ 1 が 出 て く ん の や ろ と い う 感 じ が し ま す 。 そ や か ら 、 日 本 へ や っ て く る 助 つ 人 の 外 人 さ ん い う の は 、 ホ ン ト に 向 こ う で は 力 が な く な っ て 来 た ん だ な っ て よ く わ か り ま す ね 。 け ど 、 中 継 見 て る と 、 彼 ら 外 人 選 手 い う の は 、 か み 煙 草 を 噛 ん で ま す か ら ね 、 し よ っ ち ゅ つ ば う 唾 を べ っ ぺ べ つ べ 吐 く わ け で す よ 。 汚 い ん だ 、 こ れ が 。 あ ん な ん を 日 本 の テ レ ビ で タ 方 な ん か に 流 す と 、 ま た う る さ い お 母 は ん 連 中 が 「 ご 飯 食 べ て る 最 中 に 、 唾 吐 い て 汚 い 」 と か 文 句 い う ん で す ね 。 文 句 い う ん や っ た ら 、 テ レ ビ 見 ん と い た ら え え と 思 う ん や け ど 、 あ れ 友 だ ち い て な い ん や ろ ね 。 ( 笑 ) あ っ 、 す ん ま せ ん 、 カ メ ラ さ ん 。 フ ラ ッ シ ュ や め て い た だ け ま す か 。 一 応 、 み ん な 、 授 業 料 払 う て 聞 い て ま す ん で ね 、 わ ず か で す け ど も 。 ( 笑 ) わ ず か い う こ と な い ね 。 ぎ よ う さ ん 払 う て ん の や ね 。 私 が も ろ う て ん の が わ ず か で し た 、 い や い や 。 ( 笑 ) え ー 、 話 が ど こ ま で い っ た か わ か ら ん よ う に な っ た や な い か 。 ( 笑 ) そ う そ う 、 衛 星 放 送 や っ た ね 。 予 定 で は ね 、 一 九 九 〇 年 や か ら 、 あ と 一 年 後 か 、 そ の こ ろ に は 民 放 の 日 本 衛 星 放 送 会 社 「 い う の か 衛 星 を 打 ち 上 げ て 、 ほ い で 、 そ っ か ら ま

落語的学問のすすめ


1 刃 眼 光 紙 背 で 世 の 中 を 読 む 彼 は 、 お 相 撲 が 好 き ゃ ね ん な あ 。 落 語 よ り も お 相 撲 が 好 き い う 珍 し い 落 語 家 サ ン で 、 四 角 い 座 蒲 団 、 こ れ は ま あ 「 落 語 」 と い う こ と な ん で し よ う 。 け ど 、 図 書 館 広 場 前 っ て ど こ ? 図 書 館 の 前 の 広 場 や な い か ( 笑 ) 、 生 協 の 書 籍 部 の 前 の テ ン ト の 下 と 、 こ う 書 い て あ り ま す ん で ね 、 そ こ へ 文 福 ク ン が や っ て ま い り ま す 。 ほ で 、 共 演 が す ご い で す ね 。 共 演 、 相 撲 部 ( 笑 ) 、 一 体 、 ど う い う 催 し や ろ か ( 笑 ) 。 そ れ か ら 落 語 大 学 と 、 こ う い う ふ う に な っ と り ま す け ど も 、 相 撲 部 が 共 演 し て ど う す る の や て 思 う て し ま い ま す が 先 週 、 講 義 が 終 わ り ま し た と き に ね 、 生 協 の 人 が 「 文 珍 さ ん 、 来 週 こ れ あ る ん で す 、 来 て く だ さ い 」 て 。 だ れ が 行 く か 、 そ ん な も の 。 ( 笑 ) け ど 、 一 遍 並 ん だ ろ か い な 、 「 文 福 さ ん サ イ ン ち ょ う だ い 」 て 。 ( 笑 ) で 、 和 歌 山 出 身 の 人 っ て 困 っ た 特 徴 が あ り ま し て ね 。 ざ じ ず ぜ ぞ 、 だ ぢ づ で ど 、 こ れ が い え な い 。 「 ぜ ん ざ い 」 を 「 で ん だ い 」 ち ゅ な こ と 、 し い ま し て ね 。 「 ま ん だ い 」 、 何 を い う て ん の か な あ 思 う た ら 「 漫 才 」 。 ( 笑 ) そ の 彼 が 弟 子 入 り に や っ て き た と き は 、 も う 方 言 丸 だ し で 、 こ れ が お か し い て ね え 。 今 を 去 る こ と 十 七 年 ほ ど 前 や っ た と 思 う ん で す け ど も 、 当 時 、 私 は ま だ 師 匠 の カ バ ン 持 ち を し て お り ま し て ね 、 た ま た ま 難 波 花 月 い う と こ ろ へ 行 っ て お っ た ん で す 。 そ こ へ 真 っ 黒 け の 顔 し た 男 の コ が や っ て ま い り ま し て 、 「 お い や ー ん 、 て 、 こ う い う ん で す ね 。 「 お い や ん 」 い う の は お じ さ ん と い う 和 歌 山 の 方 言 で 、 そ れ は ま だ え え ん で す け ど も 、 弟 子 に し て く だ さ い て い

落語的学問のすすめ


126 片 つ ば で 音 の ク オ リ テ ィ を ど ん ど ん 高 め て い く 作 業 が さ れ な が ら 、 も う 片 つ ほ で は そ う い う 新 し い も の と は 別 に 、 古 い も の の 中 に 良 さ を 見 つ け て し ま う と い う か 、 新 鮮 さ を 感 じ る 。 人 間 い う の は 、 そ な い な ふ う に う ま く バ ラ ン ス を と ろ う と す る 、 そ う い う 生 き 物 で あ ろ う か と 思 い ま す ね 。 新 し い も の と 古 い も の と い う こ と で は 、 先 週 、 ニ ュ ー メ デ ィ ア の 話 を し ま し た と き に 、 そ れ と は ま る で 逆 の 伝 統 的 な 落 語 の 世 界 に お け る 唯 一 の ス プ ラ ッ タ ー も の と も い え る 『 皿 屋 さ ら ち 敷 』 の お 話 を し ま し た で す が 。 そ ん で 、 田 ん ば と か 野 辺 を つ ぶ し て 更 地 に し て 家 を 建 て た と こ ろ か ら 、 " 更 屋 敷 ~ と 呼 ば れ た の で は な い か 、 そ れ か ら 昔 は ほ と ん ど の も の に " 霊 ~ と い う の が あ る て 思 わ れ て ま し た か ら 、 そ こ に 各 土 地 の 伝 承 な ん か が 結 び つ い て 、 そ の 種 の 話 が 全 国 で 語 り 継 が れ て き た の で は な い か と 、 そ う い う 説 を 紹 介 し ま し た ね 。 ほ な ら 、 な ぜ す べ て の も の に " 霊 ~ が あ る ん だ い う と ら え 方 を し た の か て い う と 、 昔 は い ま の よ う に 豊 か な 時 代 で は な い で す か ら 、 物 を 大 事 に し な け れ ば な ら な い 。 そ れ を 教 え る に は 理 屈 で い う よ り も 、 恐 布 と と も に 教 え 込 む ほ う が 簡 単 だ っ た ん で し よ う ね 。 そ の 点 、 現 代 の 車 文 化 な ん か を 見 て ま す と 、 一 台 何 百 万 も す る 車 が 一 一 年 と か 三 年 で 廃 車 に さ れ て い る 。 こ れ 、 昔 み た い に 車 に も 霊 が あ る と い う ふ う に 考 え て い く と 、 と て も そ ん な こ と は 布 く て で き な い で す ね 。 で す か ら 、 使 い 捨 て 文 化 と い う の は 、 霊 と い う も の が 存 在 し な い と い う の を 確 認 し た と こ ろ で 成 り 立 っ て お る わ け で す 。 そ う じ ゃ な い と 、 私 な ん か 使 い 捨 て カ イ ロ の 「 ど ん と 」 の コ マ ー シ ャ ル や っ て ま す か ら 、