検索 - みる会図書館

検索対象: 完訳 日本の古典 第三十六巻 新古今和歌集 ㈡

完訳 日本の古典 第三十六巻 新古今和歌集 ㈡から 561件ヒットしました。

完訳 日本の古典 第三十六巻 新古今和歌集 ㈡


凡 例 ・ : 巻 第 十 一 恋 歌 一 巻 第 十 二 恋 歌 二 : 巻 第 十 三 恋 歌 三 : 巻 第 十 四 恋 歌 四 ・ 巻 第 十 五 恋 歌 五 ・ 巻 第 十 六 雑 歌 上 : 巻 第 十 七 雑 歌 中 ・ 巻 第 十 八 雑 歌 下 : 目 次 ・ : 八 六

完訳 日本の古典 第三十六巻 新古今和歌集 ㈡


凡 例 ・ : 巻 第 十 一 恋 歌 一 巻 第 十 二 恋 歌 二 : 巻 第 十 三 恋 歌 三 : 巻 第 十 四 恋 歌 四 ・ 巻 第 十 五 恋 歌 五 ・ 巻 第 十 六 雑 歌 上 : 巻 第 十 七 雑 歌 中 ・ 巻 第 十 八 雑 歌 下 : 目 次 ・ : 八 六

完訳 日本の古典 第三十六巻 新古今和歌集 ㈡


163 巻 第 十 四 恋 歌 四 1304 一 心 の 満 ち た り な い 」 れ 。 ニ 庭 の 露 と 、 袖 の 涙 の 露 と の 両 意 を か け た 。 一 恨 み 悩 ん で 。 ニ 「 今 は 待 た じ 」 の 倒 置 表 現 。 ・ 新 宮 撰 歌 合 」 に 、 第 四 包 ・ 思 ひ つ が な れ ぬ る 」 。 同 歌 合 で は 、 次 の 一 三 0 三 の 歌 と 番 じ ゃ く れ ん ほ ふ し 寂 蓮 法 師 え ら れ 、 判 者 藤 原 俊 成 は 、 「 両 首 と も に 、 、 い 優 な り 」 と 評 し た 。 一 「 言 の 葉 」 の 「 葉 」 に 、 木 の 葉 の 「 葉 」 を か 恨 み わ び 待 た じ 今 は の 身 な れ ど も 思 ひ な れ に し 夕 暮 の 空 け て 、 「 秋 風 」 と の 縁 語 。 ニ 約 束 し て あ て に さ せ た タ 暮 。 三 「 秋 」 に 「 飽 き 」 を か け た 。 ・ 新 宮 撰 歌 合 」 に 、 第 三 包 ・ な り ぬ ら む 」 。 ぎ し う も ん ゐ ん の た ん ご 宜 秋 門 院 丹 後 一 三 0 = の 0 。 一 「 六 百 番 歌 合 」 ↓ 一 一 一 九 一 の 注 「 。 題 「 寄 -0 、 】 A 」 は 木 = 恋 」 。 木 に 託 し て 詠 む 恋 の 歌 。 ニ 藤 忘 れ じ の 言 の 葉 い か に な り に け ん 頼 め し 暮 は 秋 風 ぞ 吹 く よ し つ ね 原 良 経 。 三 吹 き 弱 る よ う に だ け で も し て く れ 。 四 「 松 」 に 「 待 っ 」 を か け た 。 0 藤 原 俊 成 は 、 「 六 百 番 歌 合 」 で 、 「 優 に 聞 え 」 る と 評 し た 。 一 ひ や く し ゅ の う た あ は せ せ っ し ゃ う だ い じ ゃ う だ い じ ん ・ 六 百 番 歌 合 」 の 題 「 寄 風 = 恋 」 。 風 に 家 に 百 首 歌 合 し 侍 り け る に 摂 政 太 政 大 臣 託 し て 詠 む 恋 の 歌 。 一 そ う で な く て さ め よ ひ 思 ひ か ね う ち 寝 る 宵 も あ り な ま し 吹 き だ に す さ め 庭 の 松 風 え 。 = 「 恨 み 」 に 、 「 裏 見 」 と 、 心 を 見 せ る 意 の 「 う ら 見 」 と を か け 、 「 裏 見 」 か ら 「 衣 . 、 の 縁 語 。 三 吾 妹 子 。 妻 や 恋 人 の 女 性 を さ す 。 こ こ で は 、 後 者 。 四 着 物 。 五 「 秋 」 に 、 「 飽 き 」 を か け 、 有 家 朝 臣 飽 き 心 を き か せ た 。 ・ 六 百 番 歌 合 」 で は 、 か た う ど 左 右 の 方 人 が 、 皆 、 「 す こ ぶ る 感 気 あ り 」 と 評 こ ろ も す そ 五 し 、 判 者 藤 原 俊 成 も 同 感 し て い る 。 蛎 さ ら で だ に 限 み ん と 思 ふ わ ぎ も 子 が 衣 の 裾 に 秋 風 ぞ 吹 く 1303 う ゑ も ん の か み み ち と も 右 衛 門 督 通 具 っ ゅ か た み 契 り き ゃ あ か ぬ 別 れ に 露 置 き し 暁 ば か り 形 見 な れ と は あ か っ き た の 四 く れ 三 ゅ ふ ぐ れ あ り い へ の あ そ ん 1301

完訳 日本の古典 第三十六巻 新古今和歌集 ㈡


五 歌 恋 五 ふ か く さ 第 思 ひ 入 る 身 は 深 草 の 秋 の 露 頼 め し 末 や 木 枯 し の 風 巻 1336 0 こ の 巻 は 、 逢 う こ と が 別 れ に つ な が る 恋 の 嘆 き の 歌 を 巻 頭 に 据 え て 、 恋 の は か な さ を か じ よ じ よ う み し め る 内 省 的 な 抒 情 を 主 調 と す る 。 恋 の 部 の 五 巻 中 、 本 集 時 代 の 作 が 最 も 少 な く 、 わ す か に 十 一 首 。 読 人 し ら ず の 歌 が 最 も 多 く 、 一 一 十 七 首 も 収 め て あ る 。 本 歌 ・ 白 妙 の 袖 の 別 れ は 惜 し け ど も 思 ひ 乱 れ て 許 し つ る か も 」 ( 万 葉 ・ 巻 十 一 一 作 者 未 詳 ) 、 「 吹 き 来 れ ば 身 に も し み け る 秋 風 を 色 な き も の と 思 ひ け る か な 」 ( 古 今 六 帖 紀 友 こ ひ の う た の り 一 ↓ 一 一 0 一 の 注 一 。 こ の 作 の 題 は 、 「 寄 弩 恋 歌 五 風 = 恋 」 。 ニ 「 白 妙 の 」 は 「 袖 」 の 枕 詞 。 三 袖 を あ か っ き 分 っ 暁 の 別 れ 。 四 涙 を も 暗 示 。 五 「 色 」 は 「 白 妙 」 の 縁 語 。 六 「 秋 」 に 、 「 飽 き 」 を か け た 。 み な せ の こ ひ の じ ふ ご し ゅ の う た あ は せ ふ ぢ は ら の さ だ い へ の あ そ ん 藤 原 定 家 朝 臣 ・ こ と に よ ろ し く 侍 り 」 ( 若 宮 撰 歌 合 後 鳥 水 無 瀬 恋 十 五 首 歌 合 に 羽 院 の 評 ) 。 し ろ た へ そ で っ ゅ 0 こ の 作 の 題 「 秋 ノ 恋 」 。 一 京 都 市 伏 見 区 。 白 妙 の 袖 の 別 れ に 露 落 ち て 身 に し む 色 の 秋 風 そ 吹 く 地 名 の 「 深 草 」 に 、 草 深 い 深 草 を か け 、 思 い の 深 さ を も き か せ た 。 ニ は か な い 身 を 暗 示 。 三 約 束 し て あ て に さ せ た 果 て 。 四 晩 秋 ・ 初 冬 に 吹 く 風 。 男 の 心 変 り を 暗 示 。 0 ・ 『 頼 め し 末 の 木 枯 し 』 、 な ほ 寂 し く や 侍 ら ん 」 ( 若 宮 撰 歌 合 後 鳥 羽 院 の 評 ) 。 0 参 考 「 年 を 経 て 住 み こ し 里 を い で て い な ば い と ど 深 草 野 と や な り な む 」 ( 伊 勢 物 語 百 一 一 十 三 深 草 の 女 を 飽 き が た に な っ た 男 の 歌 、 古 今 ・ 雑 さ き の だ い そ う じ ゃ う じ ゑ ん 前 大 僧 正 慈 円 下 在 原 業 平 ) 。 新 古 今 和 歌 集 巻 第 十 五 ニ た の す ゑ こ が ら 五 四 六 ふ ぢ は ら の い へ た か の あ そ ん 藤 原 家 隆 朝 臣 あ き の と も

完訳 日本の古典 第三十六巻 新古今和歌集 ㈡


よ ス ル か ぜ ニ こ ひ と ば の ゐ ん の お ほ ん と き う へ 一 殿 上 人 た ち 。 ニ 風 に こ と よ せ て 詠 む 鳥 羽 院 御 時 、 上 の を の こ ど も 、 寄 レ 風 恋 と い ふ 心 を 恋 の 歌 。 三 舟 の う し ろ か ら 吹 く 風 。 順 ご ん ち ゅ う な ご ん も ろ と き よ み 侍 り け る に 権 中 納 言 師 時 風 。 四 遠 く 遥 か な 海 路 。 五 ち ょ っ と だ け で も 。 「 ほ 」 に 「 帆 」 を か け 、 上 三 句 を 、 「 ほ の か お ひ か ぜ や ヘ し ほ ぢ に 」 の 有 意 の 序 詞 と し た 。 六 逢 い た い も の だ 。 追 風 に 八 重 の 潮 路 を ゆ く 舟 の ほ の か に だ に も 逢 ひ 見 て し が な ふ な び と 本 歌 「 由 良 の 門 を 渡 る 舟 人 梶 緒 絶 え ゆ く 0 へ も 知 ら ぬ 恋 の 道 か な 」 ( ↓ 一 0 七 一 ) 。 一 正 せ っ し ゃ う だ い じ ゃ う だ い じ ん ひ や く し ゅ の う た 百 首 歌 奉 り し 時 摂 政 太 政 大 臣 治 二 年 ( 一 一 一 (0) 、 後 鳥 羽 院 主 催 ・ 初 度 百 首 」 の よ し つ ね 「 恋 」 の 中 の 作 。 ニ 藤 原 良 経 。 三 ↓ 一 0 七 一 の 注 み な と お き し ほ か ぜ か ぢ を 三 。 四 手 が か り も わ か ら な い で 漂 っ て い る 。 梶 緒 絶 え 由 良 の 湊 に 寄 る 舟 の た よ り も 知 ら ぬ 沖 っ 潮 風 五 沖 の 潮 の 潮 風 。 本 歌 「 白 波 の 跡 な き か た に ゆ く 舟 も 風 そ し よ く し な い し ん わ う た よ り の し る べ な り け る 」 ( 古 今 ・ 恋 一 式 子 内 親 王 題 知 ら す か ち お ん 藤 原 勝 臣 ) 。 一 正 治 一 一 年 、 後 鳥 羽 院 主 催 ・ 初 し る べ せ よ 跡 な き 波 に 漕 ぐ 舟 の ゆ く へ も 知 ら ぬ 八 重 の 潮 風 度 百 首 」 の 「 恋 」 の 中 の 作 。 = 案 内 を し て く れ よ 。 三 舟 の 跡 の 残 ら な い 波 。 四 遥 か な 潮 風 。 本 歌 「 妹 が た め 玉 を 拾 ふ と 紀 の 国 の 由 良 の み 崎 に こ の 日 暮 し つ 」 ( 万 葉 ・ 巻 七 作 ご ん ち ゅ う な ご ん な が か た 歌 権 中 納 言 長 方 者 未 詳 ) 。 一 和 歌 山 県 。 「 や 」 は 、 「 の 」 に あ た 恋 一 0 七 一 の 注 一 。 三 拾 う と る 感 動 の 助 詞 。 ニ ↓ ひ ろ い う 。 四 た ま に だ け で も 。 ま れ に だ け で も 。 + 紀 の 国 や 由 良 の 湊 に 拾 ふ て ふ ・ た ま さ か に だ に 逢 ひ 見 て し 「 た ま 」 に 、 「 玉 」 を か け 、 上 三 句 を 、 「 た ま さ か に 」 の 序 詞 と し た 。 「 玉 」 は 、 美 し い 貝 が ら 、 カ ナ / あ ん な ご ん み 寺 一 き や 小 石 。 0 『 按 納 言 集 』 に 、 第 二 包 ・ 由 良 の 岬 -4 に 」 、 結 包 ・ あ ふ よ し も が な 」 。 1074 1073 四 四 あ 四

完訳 日本の古典 第三十六巻 新古今和歌集 ㈡


一 建 仁 元 年 ( 一 一 一 0 一 ) 十 一 月 、 後 鳥 羽 院 主 催 せ ん と う の 「 仙 洞 五 十 首 」 。 こ の 作 、 『 明 月 記 』 に よ す る と 、 後 鳥 羽 院 が 、 巻 頭 に 据 え る こ と を 指 示 こ ひ の う た し た 。 ニ 雲 に 託 し て 詠 む 恋 。 三 心 の 中 で ひ 恋 歌 二 そ か に 思 い こ が れ て 死 ん で し ま う で あ ろ う 、 そ の 火 葬 の 煙 だ け で も 。 「 思 ひ 」 の 「 ひ 」 に 「 火 」 を か け て 、 「 下 燃 え 」 「 火 」 「 消 え 」 は 「 煙 」 の 縁 ご じ っ し ゅ の う た よ ス ル く も ニ こ ひ く わ う た い ご う ぐ う の だ い ぶ と し な り の む す め 五 十 首 歌 奉 り し に 、 寄 レ 雲 恋 皇 太 后 宮 大 夫 俊 成 女 語 。 四 跡 を と ど め ぬ 雲 と な る わ が 恋 の 終 り 。 け ぶ り よ し つ ね 一 藤 原 良 経 邸 で 、 建 久 四 年 ( 一 一 九 三 ) に 催 さ 下 燃 え に 思 ひ 消 え な ん 煙 だ に 跡 な き 雲 の 果 て ぞ 悲 し き れ た 「 六 百 番 歌 合 」 。 題 「 初 恋 」 。 ニ 煙 が な び か な い 意 に 、 恋 人 が 心 を 許 さ な い 意 を 暗 三 ↓ 一 0 四 一 の 注 一 一 。 自 身 を 暗 示 。 四 藻 塩 せ っ し ゃ う だ い じ ゃ う だ い じ ん の い へ の ひ や く し ゅ の う た あ は せ ふ ぢ は ら の さ だ い へ の あ そ ん た 歌 摂 政 太 政 大 臣 家 百 首 歌 合 に 藤 原 定 家 朝 臣 を 焚 く 火 。 ↓ 一 0 の 注 = 。 恋 い こ が れ る 思 い 四 を 暗 示 。 五 煙 は 空 に く す ぶ り 乱 れ て も 。 嘆 あ ま も し ほ び た + な び か じ な 海 人 の 藻 塩 火 焚 き 初 め て 煙 は 空 に く ゆ り わ ぶ き も だ え て も 、 と い う 意 を 暗 示 。 0 参 耆 浦 く 海 人 だ に つ つ む 恋 な れ ば く ゆ る け ぶ り 巻 と も よ 行 く 方 そ な き 」 ( 源 氏 ・ 須 磨 朧 月 夜 が 光 源 氏 に 贈 っ た 歌 ) 。 「 海 人 だ に 」 に 「 あ ま た に 」 を 一 0 ー カ レ 子 ′ 1081 し た も 新 古 今 和 歌 集 巻 第 十 一 一 0 こ の 巻 は 、 ひ と り 心 に 秘 め て 人 を 恋 い つ づ け る 思 い の 苦 し さ を 詠 ん だ 作 を 収 め て い る 。

完訳 日本の古典 第三十六巻 新古今和歌集 ㈡


巻 第 十 九 神 祇 歌 : 巻 第 二 十 釈 教 歌 ・ 校 訂 付 記 隠 岐 本 跋 作 者 略 伝 ・ : 初 句 総 索 引 ・ ・ ロ 絵 目 次 山 水 屏 風 : 平 家 納 経 : 小 倉 色 紙 : 〈 装 丁 〉 中 野 博 之 五 00 ・ : 五 0 三 ・ : 五 三 五 ・ : 四 三 四 ・ : 四 六 六 四 九 八

完訳 日本の古典 第三十六巻 新古今和歌集 ㈡


巻 第 十 九 神 祇 歌 : 巻 第 二 十 釈 教 歌 ・ 校 訂 付 記 隠 岐 本 跋 作 者 略 伝 ・ : 初 句 総 索 引 ・ ・ ロ 絵 目 次 山 水 屏 風 : 平 家 納 経 : 小 倉 色 紙 : 〈 装 丁 〉 中 野 博 之 五 00 ・ : 五 0 三 ・ : 五 三 五 ・ : 四 三 四 ・ : 四 六 六 四 九 八

完訳 日本の古典 第三十六巻 新古今和歌集 ㈡


さ だ い へ の あ そ ん 四 歌 定 家 朝 臣 恋 尋 ね 見 る つ ら き 心 の 奥 の 海 よ 潮 干 の 潟 の い ふ か ひ も な し 第 1329 13 引 B30 生 き て よ も 明 日 ま で 人 は つ ら か ら じ こ の 夕 暮 を 訪 は ば 訪 へ あ か っ き ご ん ち ゅ う な ご ん き ん つ ね せ ん ご ひ や く ば ん の う た あ は せ 権 中 納 言 公 経 千 五 百 番 歌 合 に う ら ち ど り 三 つ く づ く と 思 ひ あ か し の 浦 千 鳥 波 の 枕 に 泣 く 泣 く ぞ 聞 く さ き の だ い そ う じ ゃ う じ ゑ ん あ か っ き ノ こ ひ 前 大 僧 正 慈 円 暁 恋 の 心 を か ね お と 暁 の 涙 や 空 に た ぐ ふ ら ん 袖 に 落 ち く る 鐘 の 音 か な み な せ の こ ひ の じ ふ ご し ゅ の う た あ は せ 水 無 瀬 恋 十 五 首 歌 合 に あ す お く そ で し ほ ひ ま く ら ・ か 、 、 オ こ と 一 「 六 百 番 歌 合 」 の 作 。 ↓ 一 = 九 一 の 注 一 。 ニ 袖 に 涙 と と も に 落 ち て く る 鐘 の 音 。 あ け む 「 鐘 」 は 、 寺 で 鳴 ら す 明 六 つ ( 午 前 六 時 ご ろ ) の 鐘 。 0 「 六 百 番 歌 合 」 に は 、 第 二 句 「 涙 や せ め て 」 。 「 慈 鎮 和 尚 自 歌 合 」 に 、 俊 成 は 、 特 に 下 句 の 趣 を 「 限 り な く 侍 る べ し 」 と 評 し た 。 本 歌 「 独 り 寝 は 君 も 知 り ぬ や つ れ づ れ と あ か し 思 ひ あ か し の う ら 寂 し さ を 」 ( 源 氏 ・ 明 石 ↓ 一 = 明 石 入 道 が 光 源 氏 に 詠 み 贈 っ た 歌 ) 。 一 七 一 一 の 注 一 。 ニ 「 思 ひ あ か ( 明 ) し 」 の 「 あ か し 」 に 「 明 石 」 を か け た 。 「 明 石 の 浦 」 は 、 兵 庫 県 明 石 市 の 海 岸 。 三 波 の 音 の 響 い て く る 枕 。 「 波 」 に 、 涙 の 意 を も は た ら か せ た 。 本 歌 、 伊 勢 島 や 潮 干 の 潟 に あ さ り て も い ふ か ひ な き は わ が 身 な り け り 」 ( 源 氏 ・ 須 み や す ど こ ろ 磨 伊 勢 の 御 息 所 が 光 源 氏 に 詠 み 贈 っ た 歌 ) 。 み ち の く 一 冷 淡 な 心 。 ニ 「 奥 」 に 、 「 み ち の 奥 ( 陸 奥 ) 」 の 意 を か け た 。 三 浅 い 心 を 暗 示 。 四 「 か ひ 」 に 「 貝 」 を か け 、 第 四 句 を 、 縁 語 に よ る 、 そ の ふ ぢ は ら の ま さ つ ね 藤 原 雅 経 有 意 の 序 詞 と し た 。

完訳 日本の古典 第三十六巻 新古今和歌集 ㈡


325 巻 第 十 七 雑 歌 中 1633 16 引 1632 1629 1630 お く や ま 三 す み よ し の う た あ は せ だ い じ ゃ う て ん わ う 住 吉 歌 合 に 、 山 を 太 上 天 皇 奥 山 の お ど ろ が 下 も 踏 み 分 け て 道 あ る 世 そ と 人 に 知 ら せ ん や ま か げ 一 一 「 深 く 」 に 、 、 い の 「 深 く 」 を か け た 。 ニ ど の よ う に 。 三 住 ま な い で 。 「 澄 ま さ い ぎ ゃ う ほ ふ し お も む き 題 知 ら ず 西 行 法 師 で を か け た 。 四 寂 し さ の 趣 。 一 住 ん で 澄 む と い う こ と の な い 人 の 心 。 山 深 く さ こ そ 心 は 通 ふ と も 住 ま で あ は れ を 知 ら ん も の か は 「 住 む 」 に 、 「 澄 む 」 を か け て 、 「 月 」 の 縁 語 。 ニ 人 か ら 惜 し ま れ て 山 陰 に 入 る 月 。 0 ・ ・ 、 い 姿 、 う る は し く く だ り て : ・ 」 ( 宮 河 歌 合 藤 原 定 家 の 評 ) 。 山 陰 に 住 ま ぬ 、 い よ 、 ゝ . 。 し 力 な れ や 惜 し ま れ て 入 る 月 も あ る 世 に 一 『 寂 蓮 法 師 集 』 に 、 「 右 大 臣 家 句 題 百 首 」 じ え ん の 歌 と し て い る 。 慈 円 の 家 集 『 拾 玉 集 』 に さ ん か ニ お く ル と し ヲ 山 家 送 レ 年 と い へ る 心 を よ み 侍 り け る 寂 蓮 法 師 よ る と 、 文 治 三 年 ( 一 一 八 七 ) 十 一 月 二 十 一 日 に 、 か ね ざ ね 九 条 殿 ( 藤 原 兼 実 ) か ら 題 を 与 え ら れ て 詠 ん だ つ ま ぎ を か た を か 四 や ま ぢ 百 首 歌 。 ニ た き ぎ に す る 小 枝 。 三 一 方 が 低 立 ち 出 で て 爪 木 折 り 来 し 片 岡 の 深 き 山 路 と な り に け る か な く な っ て い る 丘 。 四 木 立 の 深 い 山 道 。 一 承 元 二 年 ( 一 = 00 五 月 二 十 九 日 、 後 鳥 羽 す み よ し の や し ろ の 院 主 催 の 「 住 吉 社 歌 合 」 。 題 「 寄 山 ニ 雑 」 。 本 集 中 で 、 最 も 新 し い 歌 。 ニ 後 鳥 羽 院 。 三 草 木 の 乱 れ 茂 っ て い る 所 。 藪 。 四 正 し い 政 道 を 暗 示 。 「 踏 み 」 の 縁 語 。 0 『 増 鏡 』 の 「 お ど ろ の し た 」 の 巻 に 、 第 二 句 「 お ど ろ の 下 も 」 。 荒 れ 果 て て 風 も さ は ら ぬ 苔 の 庵 に わ れ は な く と も 露 は も り け ん ふ わ よ じ ゃ く れ ん ほ ふ し 一 風 も さ え ぎ ら れ な い で 吹 き 抜 け る 。 ニ 「 露 」 は 「 風 」 「 苔 」 の 縁 語 。 三 「 漏 り 」 と も 「 守 り [ と を か け た 。 ゃ ぶ す