検索 - みる会図書館

検索対象: 現代日本の文学 49 有吉 佐和子 瀬戸内 晴美 集

現代日本の文学 49 有吉 佐和子 瀬戸内 晴美 集から 462件ヒットしました。

現代日本の文学 49 有吉 佐和子 瀬戸内 晴美 集


昭 和 三 十 一 年 ( 一 九 五 七 ) 三 十 四 歳 キ ー 号 で ソ 連 を 訪 れ 、 シ ベ リ ア 、 モ ス ク ワ 、 レ ニ ン グ ラ ー ド 、 キ エ フ を 一 カ 月 間 旅 行 。 は じ め て の 海 外 旅 行 記 を 中 央 公 論 「 世 界 の 旅 」 「 文 学 者 」 解 散 の た め 、 小 田 仁 一 一 郎 主 宰 の 同 人 雑 誌 「 N 」 に 参 加 、 「 吐 蕃 王 妃 記 」 「 牡 丹 」 等 を 発 表 。 北 京 時 代 を 題 材 に し た 「 女 子 大 に 書 き お ろ す 。 第 一 巻 「 ナ ホ ト カ か ら ・ ハ イ カ ル 湖 ま で 」 第 五 巻 「 三 チ ュ イ ア イ リ ン 生 ・ 曲 愛 玲 」 を 新 潮 社 の 同 人 雑 誌 推 薦 作 と し て 応 募 、 同 年 の 新 潮 社 十 万 円 ソ 連 旅 行 」 。 小 田 仁 一 一 郎 と の 生 活 を 清 算 す る た め 、 練 馬 区 高 同 人 雑 誌 賞 を 受 賞 。 松 町 一 一 丁 目 四 七 一 三 の 一 〇 に 転 居 。 昭 和 三 十 ニ 年 ( 一 九 五 七 ) 三 十 五 歳 昭 和 三 十 七 年 ( 一 九 六 一 I) 四 十 歳 り よ う ら ん 五 月 「 女 子 大 生 ・ 曲 愛 玲 , 「 訶 利 帝 母 」 「 牡 丹 」 「 痛 い 靴 」 「 吐 蕃 王 七 月 「 か の 子 僚 乱 」 を 「 婦 人 画 報 」 に 連 載 開 始 ( 翌 々 年 三 十 九 年 六 妃 記 」 「 白 い 手 袋 の 記 憶 」 等 九 編 を お さ め た 、 処 女 短 編 集 「 白 い 手 月 ま で 一 一 十 四 回 掲 載 ) 。 十 月 「 夏 の 終 り 」 を 「 新 潮 」 に 発 表 。 同 月 袋 の 記 憶 」 を 朋 文 社 よ り 刊 行 。 九 月 同 人 雑 誌 賞 受 賞 第 一 作 と し て 一 一 十 九 日 号 か ら 「 女 徳 」 を 「 週 刊 新 潮 」 に 連 載 ( 翌 三 十 八 年 十 一 月 、 よ ほ う へ ん 「 花 芯 」 を 「 新 潮 」 に 発 表 。 毀 誉 褒 貶 相 な か ば し 、 そ れ 以 後 五 年 間 、 二 十 五 日 号 で 完 結 ) 文 芸 雑 誌 か ら 見 は な さ れ る 。 昭 和 三 十 八 年 ( 一 九 六 一 l) 四 十 一 歳 昭 和 三 十 三 年 ( 一 九 五 八 ) 三 十 六 歳 三 月 「 み れ ん 」 を 「 小 説 中 央 公 論 」 、 「 雉 子 」 を 「 新 潮 」 に 発 表 。 四 四 月 「 花 芯 」 を 七 十 枚 か ら 一 一 百 枚 に 書 き あ ら た め 、 三 笠 書 房 よ り 刊 月 「 夏 の 終 り 」 で 第 一 一 回 女 流 文 学 賞 を 受 賞 。 五 月 「 花 冷 え 」 を 「 小 れ い 、 ゆ う し ゃ 行 。 説 中 央 公 論 」 、 「 あ ふ れ る も の 」 を 「 新 潮 ー に 発 表 。 六 月 「 霊 柩 車 」 昭 和 三 十 四 年 ( 一 九 五 九 ) 三 十 七 歳 を 「 風 景 」 に 発 表 、 「 夏 の 終 り 」 を 新 潮 社 よ り 刊 行 。 七 月 「 け も の 中 野 区 大 和 町 三 八 九 番 地 尾 山 藤 一 一 方 に 転 居 。 同 人 雑 誌 「 」 解 散 、 の 匂 い 」 を 「 文 学 界 」 、 「 夜 の 椅 子 」 を 「 週 刊 文 春 」 に 発 表 。 八 月 小 田 仁 一 一 郎 ら と 「 無 名 誌 ー を 始 め る 。 七 月 一 一 十 五 日 か ら 、 初 め て の 「 盗 む 」 を 「 小 説 中 央 公 論 」 、 九 月 「 帰 ら ぬ 人 」 を 「 文 学 界 ー に そ れ 新 聞 小 説 「 女 の 海 」 を 東 京 タ イ ム ズ に 連 載 開 始 ( 翌 三 十 五 年 一 一 月 一 一 ぞ れ 発 表 。 十 一 一 月 「 冬 映 え 」 を 「 文 藝 春 秋 ー に 発 表 。 「 女 徳 」 を 新 十 一 日 完 結 ) 。 潮 社 、 「 フ ル ー ダ イ ア モ ン ド 」 を 講 談 社 よ り 刊 行 。 年 の 暮 れ 、 文 京 六 一 八 号 室 へ 転 居 。 昭 和 三 十 五 年 ( 一 九 六 〇 ) 三 十 八 歳 区 関 口 町 一 一 丁 目 目 白 台 ア パ ー ト 「 無 名 誌 」 に 序 章 を の せ た 「 田 村 俊 子 」 を 「 文 学 者 」 に ひ き つ い で 昭 和 三 十 九 年 ( 一 九 六 四 ) 四 十 二 歳 掲 載 、 一 年 間 に わ た っ て 連 載 。 女 た ち 数 名 の 同 人 誌 「 ツ 」 を 主 宰 、 一 月 「 女 戒 」 を 「 別 冊 文 藝 春 秋 」 に 発 表 、 同 月 よ り 「 背 徳 の 暦 」 を 三 号 ま で だ す 。 別 れ た 某 が 上 京 、 再 会 し て ふ た た び 交 際 が 始 ま る 。 「 小 説 現 代 」 に 連 載 。 二 月 「 田 村 俊 子 」 を 角 川 文 庫 よ り 刊 行 。 同 月 昭 和 三 十 六 年 ( 一 九 六 一 ) 三 十 九 歳 二 十 四 日 号 か ら 「 女 優 」 を 「 週 刊 新 潮 ー に 連 載 開 始 ( 十 一 月 一 一 日 号 四 月 、 文 藝 春 秋 新 社 よ り 「 田 村 俊 子 」 を 刊 行 、 同 作 品 で 第 一 回 田 村 で 完 結 ) 。 四 月 「 三 味 線 妻 . を 「 別 冊 文 藝 春 秋 ー に 発 表 。 「 恋 愛 学 俊 子 賞 を 受 賞 、 同 月 十 六 日 北 鎌 倉 東 慶 寺 、 田 村 俊 子 墓 前 で 授 賞 さ れ 校 」 を 東 方 社 よ り 刊 行 。 同 月 一 一 十 一 一 日 号 か ら 「 妻 た ち 」 を 東 京 新 聞 る 。 六 月 、 日 ソ 婦 人 懇 談 会 訪 ソ 使 節 団 の 一 行 に 加 わ り 、 モ ジ ャ イ ス 等 三 社 連 合 に 連 載 ( 翌 四 十 年 六 月 十 七 日 号 で 完 結 ) 。 六 月 「 妬 心 」

現代日本の文学 49 有吉 佐和子 瀬戸内 晴美 集


四 月 、 東 京 女 子 大 学 英 米 文 学 科 に 入 学 ・ 昭 和 ニ 十 五 年 ( 一 九 五 〇 ) 十 九 歳 こ の 年 五 月 、 病 気 の た め 一 年 休 学 。 七 月 、 父 真 次 急 逝 。 昭 和 ニ 十 六 年 ( 一 九 五 一 ) 一 一 十 歳 四 月 、 短 大 英 語 科 一 一 年 に 復 学 。 な お 在 学 中 は 古 典 芸 能 に 関 心 を も ち 、 演 劇 評 論 家 を 志 望 し 歌 舞 伎 研 究 会 に 所 属 。 五 月 、 雑 誌 「 演 劇 界 , の 第 四 回 懸 賞 論 文 に 応 募 し 、 入 賞 〈 以 後 第 五 回 ( 八 月 ) 、 第 六 回 ( 十 一 昭 和 六 年 ( 一 九 三 一 ) 一 月 一 一 十 日 、 和 歌 山 県 和 歌 山 市 真 砂 町 に 生 ま れ る 。 父 有 吉 真 次 、 母 月 ) と 引 続 き 入 賞 〉 。 こ の 他 カ ト リ ッ ク 学 生 連 盟 、 多 喜 一 一 ・ 百 合 子 秋 津 の 長 女 。 父 は 山 口 県 出 身 、 横 浜 正 金 銀 行 ( 東 京 銀 行 の 前 身 ) ニ 研 究 会 に も 入 っ て い た 。 一 一 十 一 歳 ュ ー ヨ ー ク 支 店 に 勤 務 。 母 は 和 歌 山 県 出 身 、 出 産 の た め 実 家 に 戻 っ 昭 和 ニ 十 七 年 ( 一 九 五 一 l) 二 月 、 「 演 劇 界 ー の 嘱 託 と な る 。 劇 評 家 利 倉 幸 一 の 勧 め で 執 筆 を 始 て い た 。 兄 一 人 、 弟 一 人 の 三 人 兄 弟 。 昭 和 十 年 ( 一 九 三 五 ) 四 歳 め る 。 八 月 、 大 蔵 出 版 社 編 集 部 に 勤 務 。 こ の こ ろ 同 人 雑 誌 「 白 痴 群 ー に 参 加 。 の ち 三 浦 朱 門 を 中 心 と す る 第 十 五 次 「 新 思 潮 ー 同 人 と 四 月 、 父 の 帰 国 に よ り 一 家 は 東 京 に 転 居 。 な る 。 昭 和 十 ニ 年 ( 一 九 三 七 ) 一 一 十 三 歳 四 月 、 ・ ハ タ ビ ア 日 本 人 小 学 校 入 学 。 そ の 後 、 再 び 父 転 任 の た め 、 ジ 昭 和 ニ 十 九 年 ( 一 九 五 四 ) ャ ワ ( イ ン ド ネ シ ア ) の バ タ ビ ア ( ジ ャ カ ル タ ) に 移 る 。 小 学 校 一 七 月 、 ア ズ マ カ プ キ 委 員 の コ レ ス ポ ン デ ン ト と し て 秘 書 の 役 目 も 果 年 の と き 、 す で に 「 真 珠 夫 人 」 、 「 鳴 門 秘 帖 」 な ど の 大 衆 文 学 を 読 し 、 事 務 連 絡 に あ た る 。 こ の 年 「 白 痴 群 」 第 六 号 に 「 落 陽 の 賦 」 を 発 表 。 み 、 引 き 続 き 「 夏 目 漱 石 全 集 」 、 「 有 島 武 郎 全 集 」 な ど を 乱 読 し た 。 昭 和 三 十 一 年 ( 一 九 五 六 ) 一 一 十 五 歳 昭 和 十 六 年 ( 一 九 四 一 ) 十 歳 一 月 、 「 地 唄 」 が 第 四 回 文 学 界 新 人 賞 侯 補 作 品 と し て 、 「 文 学 界 ー に 五 月 、 帰 国 。 東 京 市 下 谷 区 ( 現 在 の 台 東 区 ) 根 岸 小 学 校 五 年 に 編 入 。 掲 載 さ れ た 。 四 月 、 「 キ リ ク ビ 」 を 「 三 田 文 学 」 に 発 表 。 八 月 、 舞 そ の 後 小 学 校 は 五 回 転 校 し た が 、 ほ と ん ど 病 気 で 欠 が ち で あ っ 踊 劇 「 綾 の 妓 ー を 新 橋 演 舞 場 で 上 演 。 人 形 浄 瑠 璃 「 雪 狐 々 姿 湖 」 を 大 阪 文 楽 座 で 上 演 。 九 月 、 「 地 唄 ー が 第 三 十 五 回 芥 川 賞 候 補 作 品 と 昭 和 十 八 年 ( 一 九 四 三 ) 十 一 一 歳 し て 、 「 文 藝 春 秋 」 に 掲 載 さ れ る 。 十 月 、 「 ま っ し ろ け の け ー を 「 文 年 四 月 、 東 京 府 立 竹 ノ 台 高 等 女 学 校 に 入 学 。 女 学 校 も ま た 和 歌 山 高 芸 」 に 発 表 。 十 一 月 、 「 白 の 哀 悼 ー を 「 新 思 潮 ー 第 十 五 号 に 発 表 。 女 、 光 塩 女 子 学 院 な ど 五 回 転 校 し 、 最 後 に 都 立 富 士 高 等 学 校 ( 都 立 な お こ の 他 「 新 思 潮 」 に 「 ぶ ち い ぬ 」 ( 第 十 三 号 ) 、 「 紫 絵 由 来 . ( 第 十 四 号 ) な ど を 発 表 。 第 五 高 女 ) を 卒 業 し た 。 昭 和 ニ 十 四 年 ( 一 九 四 九 ) 十 八 歳 昭 和 三 十 ニ 年 ( 一 九 五 七 ) ニ 十 六 歳 有 吉 佐 和 子 年 譜 島 田 昭 男

現代日本の文学 49 有吉 佐和子 瀬戸内 晴美 集


十 一 月 、 「 華 岡 青 淵 の 妻 」 を 「 新 潮 , に 、 「 真 珠 島 に て 」 を 「 小 説 新 治 し て い た 。 九 月 、 「 海 暗 」 を 文 藝 春 秋 か ら 刊 行 。 十 一 月 、 新 潮 日 本 文 学 劬 「 有 吉 佐 和 子 集 」 を 新 潮 社 よ り 、 文 庫 版 「 ぶ え る と り こ 潮 〕 に 、 「 嫁 姑 の 争 い は 醜 く な い 」 を 「 朝 日 新 聞 , に 発 表 。 昭 和 四 十 ニ 年 ( 一 九 六 七 ) 三 十 六 歳 日 記 」 を 角 川 書 店 よ り そ れ ぞ れ 刊 行 。 一 月 、 「 既 雲 の 」 を 「 婦 人 公 論 」 に 連 載 ( 四 十 四 年 十 一 一 月 完 結 ) 、 昭 和 四 十 四 年 ( 一 九 六 九 ) 三 十 九 歳 「 不 信 の と き 」 を 「 日 本 経 済 新 聞 , に 連 載 ( 十 二 月 完 結 ) 。 一 一 月 、 「 華 一 月 、 「 孟 美 女 考 ー を 「 新 潮 」 に 、 「 ド ク フ レ ン 」 を 「 風 景 」 に 発 岡 青 洲 の 妻 」 を 新 潮 社 よ り 、 「 乱 舞 」 を 集 英 社 よ り そ れ ぞ れ 刊 行 。 表 、 「 終 ら ぬ 夏 」 を 「 文 学 界 」 に 連 載 、 「 芝 桜 」 を 「 週 刊 新 潮 」 に 連 三 月 、 「 華 岡 青 洲 の 妻 」 に よ り 第 六 回 女 流 文 学 賞 を 受 賞 。 四 月 、 「 神 載 ( 四 月 完 結 ) 。 「 女 一 一 人 の ニ ュ ー ギ ニ ア 」 を 朝 日 新 聞 社 よ り 刊 行 。 話 の 生 き て い る 国 」 を 「 世 界 ー に 発 表 、 「 海 暗 」 を 「 文 藝 春 秋 」 に 「 不 信 の と き 」 を 菊 田 一 夫 の 脚 色 ・ 演 出 に よ り 東 宝 芸 術 座 で 上 演 。 連 載 ( 四 十 三 年 四 月 完 結 ) 。 九 月 、 「 華 岡 青 洲 の 妻 」 を 自 ら か ら の 脚 一 一 月 、 中 央 公 論 社 版 「 日 本 の 文 学 」 付 録 の 座 談 会 「 阿 川 ・ 庄 野 ・ 有 色 ・ 演 出 に よ り 東 宝 芸 術 座 上 演 。 十 月 、 「 華 岡 青 洲 の 妻 」 が 増 村 保 吉 文 学 の 周 辺 」 に 出 席 。 三 月 、 「 不 信 の と き 」 を 菊 田 一 夫 脚 色 ・ 平 造 監 督 に よ り 大 映 で 映 画 化 さ れ た 。 十 一 月 、 「 華 岡 青 洲 の 妻 」 を Z 山 一 夫 演 出 に よ り 名 鉄 ホ ー ル で 東 宝 芸 術 座 上 演 。 五 月 、 「 二 代 の 生 テ レ ビ か ら 放 映 さ れ た 。 吾 妻 徳 穂 の た め 義 太 夫 「 赤 猪 子 」 ( 野 け り 」 を 「 文 藝 春 秋 」 に 発 表 。 七 月 、 「 日 本 に も あ る 毛 沢 東 思 想 学 沢 喜 左 衛 門 作 曲 ) を 書 き 、 国 立 劇 場 で 上 演 、 芸 術 祭 文 部 大 臣 賞 を 受 院 ー を 「 諸 君 」 に 発 表 、 「 針 女 ー を 「 主 婦 の 友 」 に 連 載 。 九 月 、 「 出 雲 賞 。 文 庫 版 「 地 唄 」 を 新 潮 社 よ り 、 文 庫 版 「 非 色 」 を 角 川 書 店 よ り の 阿 国 」 ( 上 ) を 中 央 公 論 社 よ り 刊 行 。 引 き 続 き ( 中 ) ・ ( 下 ) を 十 ・ そ れ そ れ 刊 行 。 十 一 一 月 、 文 庫 版 「 有 田 川 」 を 角 川 書 店 よ り 刊 行 。 十 一 月 に わ た っ て 刊 行 。 十 一 月 、 文 庫 版 「 私 は 忘 れ な い 」 を 新 潮 社 昭 和 四 十 三 年 ( 一 九 六 八 ) 三 十 七 歳 よ り 刊 行 。 一 月 、 「 海 暗 」 に よ り 第 一 一 十 九 回 文 藝 春 秋 読 者 賞 、 「 出 雲 の 阿 国 ー に 昭 和 四 十 五 年 ( 一 九 七 0 ) 三 十 九 歳 よ り 第 六 回 婦 人 公 論 読 者 賞 を 受 賞 。 中 旬 、 カ ン ポ ジ ア か ら イ ン ド ネ 一 月 、 文 庫 版 「 華 岡 青 洲 の 妻 」 を 新 潮 社 よ り 刊 行 。 三 月 、 「 出 雲 の シ ア を 回 り 、 畑 中 幸 子 が 滞 在 す る ニ ュ ー ギ ニ ア 奥 地 の 未 開 部 落 を 訪 阿 国 」 に よ り 第 一 一 十 回 芸 術 選 奨 を 受 賞 。 四 月 、 「 有 吉 佐 和 子 選 集 」 れ て 一 カ 月 暮 す 。 一 一 月 、 「 不 信 の と き 」 を 新 潮 社 よ り 刊 行 。 三 月 、 全 十 三 巻 を 新 潮 社 よ り 刊 行 し 始 め る 。 こ の 月 は 第 一 巻 「 紀 ノ 川 」 。 「 日 記 」 を 「 風 景 」 に 発 表 。 四 月 、 帰 国 。 四 月 か ら 「 不 信 の と き 」 を 十 五 月 、 選 集 第 七 巻 「 有 田 川 」 を 刊 行 。 六 月 、 「 華 岡 青 洲 の 妻 」 を 戍 一 回 に わ た り テ レ ビ か ら 放 映 。 日 本 短 篇 文 学 全 集 「 平 林 た 井 市 郎 の 演 出 に よ り 名 鉄 ホ ー ル に て 文 学 座 上 演 。 選 集 第 十 一 巻 「 華 い 子 ・ 円 地 文 子 ・ 有 吉 佐 和 子 集 」 を 筑 摩 書 房 よ り 刊 行 。 五 月 、 「 女 岡 青 洲 の 妻 」 を 刊 行 。 七 月 、 「 出 雲 の 阿 国 」 を 平 岩 弓 枝 脚 色 ・ 演 出 一 一 人 の ニ ュ ー ギ ニ ア 」 を 「 週 刊 朝 日 」 に 連 載 ( 十 一 月 完 結 ) 。 六 月 、 に よ り 歌 舞 伎 座 で 上 演 。 選 集 第 六 巻 「 助 左 衛 門 四 代 記 」 を 刊 行 。 裁 「 不 信 の と き 」 が 今 井 正 監 督 に よ り 大 映 で 映 画 化 さ れ る 。 筑 摩 書 房 曲 「 ふ る あ め り か に 袖 は ぬ ら さ じ 」 を 中 央 公 論 よ り 刊 行 。 七 月 、 八 版 現 代 文 学 大 系 「 現 代 名 作 集 」 四 に 「 海 暗 」 を 収 録 。 五 ・ 六 月 の 一 一 月 文 学 座 に よ り 東 京 国 立 劇 場 に て 「 華 岡 青 洲 の 妻 」 上 演 。 カ 月 に わ た っ て ニ ュ ー ギ ニ ア で 感 染 し た マ ラ リ ア が 発 病 し 、 入 院 療

現代日本の文学 49 有吉 佐和子 瀬戸内 晴美 集


を 新 潮 社 よ り 刊 行 。 六 月 末 ヨ ー ロ ツ ・ ( 旅 行 、 オ ラ ン ダ 、 フ ラ ン ス 、 ら ぬ 」 を 「 新 潮 」 に 、 「 冬 銀 河 」 を 「 小 説 現 代 」 に 発 表 ・ 三 月 、 「 旧 み う ら た ま 、 イ ギ リ ス 、 イ タ リ ー 、 ギ リ シ ャ を 回 り 一 カ 月 間 滞 在 。 九 月 「 花 野 」 友 」 を 「 別 冊 文 藝 春 秋 」 、 「 三 浦 環 」 を 「 婦 人 公 論 」 に 発 表 。 「 美 は を 文 藝 春 秋 新 社 よ り 刊 行 。 十 月 「 三 鷹 ・ 下 連 雀 ・ 太 宰 治 」 を 「 別 冊 乱 調 に あ り 」 を 文 藝 春 秋 新 社 よ り 刊 行 。 「 一 つ 屋 根 の 下 の 文 豪 」 を 文 藝 春 秋 」 に 「 地 獄 ば や し 」 を 「 新 潮 」 に 発 表 。 「 花 芯 」 を 東 方 社 「 風 景 ー に 三 回 連 載 。 五 月 、 「 春 の 争 い 」 を 「 オ ー ル 読 物 」 に 発 表 。 よ り 刊 行 ・ 十 一 一 月 「 紅 葉 疲 れ 」 を 「 別 冊 文 藝 春 秋 」 、 「 湖 へ の 旒 」 を 六 月 「 死 せ る 湖 」 を 「 別 冊 文 藝 春 秋 」 に 発 表 。 「 美 少 年 」 を 東 方 社 「 オ ー ル 読 物 」 に 発 表 。 「 女 優 」 を 新 潮 社 よ り 刊 行 。 中 野 区 本 町 通 り よ り 刊 行 。 七 月 「 愛 に は じ ま る 」 を 中 央 公 論 社 よ り 刊 行 。 同 月 三 十 五 丁 目 二 十 五 番 地 へ 転 居 、 沖 繩 へ 講 演 旅 行 ・ 日 よ り 「 彼 女 の 夫 た ち 」 を 「 学 芸 通 信 」 に 連 載 ( 翌 四 十 二 年 七 月 一 一 昭 和 四 十 年 ( 一 九 六 五 ) 四 十 三 歳 十 五 日 完 結 ) 。 九 月 「 昏 い 沖 」 を 「 別 冊 文 藝 春 秋 」 、 「 」 を 「 オ ー ル 一 月 、 「 歳 月 」 を 「 小 説 新 潮 」 に 、 「 淫 蕩 な 処 女 」 を 「 小 説 現 代 」 に 読 物 」 、 「 秋 扇 」 を 「 小 説 現 代 」 に 発 表 。 「 煩 悩 夢 幻 」 を 新 潮 社 よ り 発 表 。 「 輪 舞 」 ( 「 背 徳 の 暦 」 改 題 ) を 講 談 社 よ り 、 「 女 の 海 」 を 圭 文 刊 行 。 十 月 「 朝 な 朝 な 」 を 講 談 社 よ り 刊 行 。 十 一 月 、 「 ひ い ら ぎ 」 館 よ り 刊 行 。 「 花 怨 」 を 「 婦 人 倶 楽 部 」 に 連 載 ( 翌 四 十 一 年 三 月 完 を 「 オ ー ル 読 物 」 「 龍 灯 祭 」 を 「 文 藝 春 秋 ー に 発 表 。 「 夏 の 終 り 」 を 結 ) 。 「 美 女 伝 」 を 「 中 央 公 論 」 に 連 載 ( 同 十 月 号 で 完 結 ) 。 一 一 月 、 新 潮 文 庫 と し て 刊 行 。 同 月 一 一 十 八 日 号 か ら 「 夜 の 会 話 」 を 「 週 刊 文 七 日 号 か ら 「 煩 悩 夢 幻 」 を 「 週 刊 読 売 」 に 連 載 ( 十 月 十 日 号 で 完 春 」 に 連 載 ( 翌 四 十 二 年 に 完 結 ) 。 十 二 月 「 終 り な き 塔 」 を 「 別 冊 文 結 ) 。 三 月 、 「 貴 船 ー を 「 文 学 界 」 、 「 鎮 魂 」 を 「 新 潮 」 に 発 表 。 四 藝 春 秋 」 に 発 表 、 暮 れ の 二 十 三 日 居 を 京 都 市 中 京 区 西 / 京 原 町 六 十 月 、 「 不 在 の 人 」 を 「 オ ー ル 読 物 」 に 発 表 。 「 美 は 乱 調 に あ り 」 を 八 番 地 ( 俗 称 、 西 大 路 御 池 通 東 入 ル ) に 移 し 、 爾 来 、 東 京 の 仕 事 場 「 文 藝 春 秋 」 に 連 載 ( 十 一 一 月 号 で 完 結 ) 。 五 月 「 か の 子 撩 乱 」 を 講 ( 文 京 区 関 口 町 一 一 丁 目 、 目 白 台 ア ・ ハ ー ト 八 一 五 号 室 ) と 京 都 の 家 を 談 社 、 「 妻 た ち 」 上 巻 を 新 潮 社 よ り 刊 行 。 六 月 「 春 塵 」 を 「 小 説 新 往 復 の 生 活 を 送 る 。 潮 ー に 「 巴 里 祭 」 を 「 別 冊 文 藝 春 秋 」 に 発 表 。 七 月 「 妻 た ち 」 下 巻 昭 和 四 十 ニ 年 ( 一 九 六 七 ) 四 十 五 歳 す み か を 新 潮 社 、 「 道 」 を 文 化 服 装 学 園 よ り 刊 行 。 九 月 「 鬼 の 栖 」 を 「 文 一 月 、 「 い づ こ よ り 」 を 「 主 婦 の 友 」 に 連 載 ( 翌 々 年 四 十 四 年 六 月 芸 」 に 連 載 ( 翌 四 十 一 年 八 月 号 で 完 結 ) 。 十 月 、 ヨ ー ロ ツ ・ ( へ 旅 行 。 号 で 完 結 ) 、 「 火 の 蛇 」 を 「 オ ー ル 読 物 」 に 発 表 。 一 一 月 「 東 京 を 捨 て 「 ひ と つ の 夏 」 を 「 オ ー ル 読 物 」 に 発 表 。 十 一 月 「 朝 な 朝 な 」 を 四 て 京 都 に 移 る の 記 」 を 、 「 婦 人 公 論 」 に 、 「 女 囚 富 士 茂 子 の 場 合 」 を 譜 日 号 か ら 「 週 刊 現 代 」 に 連 載 ( 翌 四 十 一 年 八 月 十 一 日 号 で 完 結 ) 。 「 文 藝 春 秋 」 に 発 表 。 「 情 婦 た ち 」 を 「 小 説 新 潮 」 に 連 載 ( 十 二 月 号 十 二 月 「 彼 岸 へ 」 を 「 別 冊 文 藝 春 秋 」 に 発 表 。 で 完 結 ) 。 三 月 、 「 霧 の 花 」 を 「 別 冊 文 藝 春 秋 」 に 発 表 。 四 月 「 白 い 年 昭 和 四 十 一 年 ( 一 九 六 六 ) 四 十 四 歳 椅 子 」 を 「 文 芸 」 、 「 廻 り 舞 台 」 を 「 別 冊 小 説 新 潮 」 に 発 表 。 同 月 十 一 月 「 愛 に は じ ま る 」 を 「 小 説 新 潮 」 に 発 表 。 「 燃 え な が ら 」 を 「 婦 六 日 号 よ り 「 祇 園 女 御 」 を 「 三 社 連 合 」 に 連 載 ( 翌 四 十 三 年 五 月 三 人 生 活 」 に 連 載 ( 十 二 月 で 完 結 ) 。 「 愛 に つ い て 」 を 「 主 婦 の 友 」 に 十 日 号 で 完 結 ) 。 五 月 「 魚 の な み だ 」 を 「 オ ー ル 読 物 」 に 発 表 。 六 連 載 ( 十 ニ 回 ) 。 ニ 月 「 山 茶 花 」 を 「 オ ー ル 読 物 」 に 「 ゆ き て か え 月 「 読 む こ と 」 を 「 文 学 界 」 に 発 表 ・ 七 月 「 黄 金 の 鋲 」 を 「 新 潮 」 、

現代日本の文学 49 有吉 佐和子 瀬戸内 晴美 集


二 月 、 「 線 と 空 間 」 を 「 文 学 界 」 に 発 表 。 三 月 、 「 新 作 発 表 会 」 を 祭 文 部 大 臣 賞 を 受 賞 ) ・ 二 十 八 歳 Ⅷ 「 婦 人 生 活 」 に 発 表 。 四 月 、 「 赤 猪 子 物 語 」 を 「 新 女 苑 」 に 発 表 。 五 昭 和 三 十 四 年 ( 一 九 五 九 ) 月 、 「 張 子 の 虎 ー を 「 婦 人 朝 日 」 に 発 表 。 六 月 、 「 白 い 扇 」 を 「 キ ン 一 月 、 「 一 文 字 」 を 「 新 潮 」 に 、 「 「 薬 湯 便 覧 」 由 来 」 を 「 小 説 新 潮 」 グ 」 に 発 表 。 「 文 学 界 ー の 座 談 会 「 「 新 人 」 の 抵 抗 」 に 出 席 。 「 ま つ に 、 「 私 な り の 反 省 」 を 「 朝 日 新 聞 」 に 発 表 、 「 紀 ノ 川 」 を 「 婦 人 画 し ろ け の け 」 を 文 藝 春 秋 新 社 よ り 刊 行 。 七 月 、 「 女 雛 」 を 「 新 潮 」 に 、 報 」 に 連 載 ( 五 月 完 結 ) 。 「 げ い し や わ る つ ・ い た り あ の 」 を 中 央 公 戯 曲 「 笑 う 赤 猪 子 」 を 「 文 学 界 」 に 発 表 。 八 月 、 「 女 の 幸 福 , を 「 文 論 社 よ り 刊 行 。 一 一 月 、 「 祈 疇 」 を 「 文 学 界 」 に 、 「 千 姫 桜 」 を 「 週 刊 朝 学 界 」 に 発 表 。 十 月 、 「 美 つ つ い 庵 主 さ ん 」 を 「 文 学 界 」 に 、 「 銅 羅 」 日 ( 別 冊 ) 」 に 発 表 。 三 月 、 「 も な か の 皮 」 を 「 オ ー ル 読 物 」 に 、 を 「 別 冊 文 藝 春 秋 」 に 、 「 六 十 六 歳 の 初 舞 台 ー を 「 キ ン グ 」 に 発 表 。 「 芥 川 賞 残 念 会 ー を 「 新 潮 」 に 発 表 。 四 月 、 「 私 の 一 週 間 ー を 「 文 学 十 一 月 、 「 演 出 後 記 」 を 「 小 説 新 潮 」 に 、 「 朝 子 の 冒 険 」 を 「 週 刊 新 界 , に 発 表 、 「 江 口 の 里 」 を 中 央 公 論 社 よ り 刊 行 。 六 月 、 「 輪 島 の 漆 潮 ー に 発 表 。 「 断 弦 」 を 講 談 社 よ り 刊 行 。 十 二 月 、 「 油 煙 の 踊 り 」 を 器 」 を 「 別 冊 文 藝 春 秋 」 に 発 表 、 「 紀 / 川 」 を 中 央 公 論 社 よ り 刊 行 。 「 別 冊 文 藝 春 秋 , に 発 表 。 な お こ の 年 、 テ レ ビ ( 大 阪 ) の た め 菊 五 郎 劇 団 の た め 「 石 の 庭 ー を 執 筆 、 歌 舞 伎 座 で 上 演 。 七 月 、 「 芽 に テ レ ビ ド ラ マ 「 石 の 庭 ー の 台 本 を 執 筆 ( こ の 作 品 は 第 十 一 一 回 芸 術 鱗 ー を 「 文 学 界 ー に 、 「 挿 絵 の 女 」 を 「 オ ー ル 読 物 ー に 発 表 。 八 月 、 祭 奨 励 賞 を 受 賞 ) 。 ま た 「 白 痴 群 」 第 十 一 一 号 に 「 落 陽 , を 発 表 。 「 水 と 宝 石 」 を 「 新 潮 」 に 、 「 青 空 の 歌 」 を 「 日 本 」 に 、 「 私 は 忘 れ な い 」 を 「 朝 日 新 聞 」 に 連 載 ( 十 一 一 月 完 結 ) 。 十 月 、 「 王 台 」 を 「 中 央 昭 和 三 十 三 年 ( 一 九 五 八 ) 一 一 十 七 歳 一 月 、 「 残 骸 」 を 「 文 藝 春 秋 」 に 、 「 枯 葉 が 唄 う 道 、 を 「 別 冊 小 説 新 公 論 ( 臨 時 増 刊 号 ) 」 に 発 表 。 十 一 月 、 「 な ま 酔 い 」 を 「 小 説 新 潮 」 潮 」 に 、 一 一 月 、 「 尾 木 流 始 末 記 」 を 「 小 説 公 園 」 に 発 表 。 三 月 、 「 役 に 発 表 。 ロ ッ ク フ ェ ラ ー 財 団 の 招 き に よ り 、 ニ ュ ー ヨ ー ク に 留 学 。 者 廃 業 ー を 「 オ ー ル 読 物 ー に 発 表 。 四 月 、 「 貞 女 た ち 」 を 「 別 冊 小 サ ラ ・ ロ ー レ ン ス ・ カ レ ッ ジ に 学 ぶ 。 説 新 潮 」 に 発 表 、 「 美 つ つ い 庵 主 さ ん 」 を 新 潮 社 よ り 刊 行 。 五 月 、 昭 和 三 十 五 年 ( 一 九 六 〇 ) 二 十 九 歳 「 死 ん だ 家 」 を 「 文 学 界 」 に 、 「 夜 汽 車 の 女 」 を 「 週 刊 新 潮 , に 、 一 一 月 、 「 祈 疇 」 を 講 談 社 よ り 刊 行 。 三 月 、 「 私 は 忘 れ な い 」 を 中 央 公 「 ほ む ら 」 を 「 別 冊 週 刊 サ ン ケ イ 」 に 発 表 、 「 げ い し や わ る つ ・ い た 論 社 よ り 刊 行 。 八 月 、 ヨ ー ロ ッ パ 、 中 近 東 を 旅 行 す る 。 十 一 月 、 帰 り あ の 」 を 「 週 刊 東 京 」 に 連 載 ( 十 一 一 月 完 結 ) 。 七 月 、 「 指 輪 ー を 国 。 筑 摩 書 房 版 新 選 現 代 文 学 全 集 「 戦 後 小 説 集 」 Ü に 「 人 形 浄 瑠 「 小 説 新 潮 」 に 、 「 と ろ ろ 昆 布 」 を 「 オ ー ル 読 物 」 に 発 表 。 九 月 、 璃 」 を 収 録 。 こ の 年 は ほ と ん ど 執 筆 し な か っ た 。 「 海 鳴 り , を 「 新 潮 」 に 発 表 。 十 月 、 「 江 口 の 里 ー を 「 文 藝 春 秋 , 昭 和 三 十 六 年 ( 一 九 六 一 ) 三 十 歳 に 、 「 蚊 と 蝶 」 を 「 文 学 界 」 に 、 「 あ る 狂 態 」 を 「 別 冊 文 藝 春 秋 」 に 一 月 、 「 と も し び 」 を 「 週 刊 文 春 」 に 発 表 、 「 香 囀 」 を 「 婦 人 公 論 」 さ ん ば ば あ 発 表 。 十 一 月 、 「 新 し い 文 学 の 方 向 」 を 「 東 京 新 聞 」 に 発 表 。 十 一 一 に 連 載 ( 十 一 一 月 完 結 ) 。 一 一 月 、 「 三 婆 」 を 「 新 潮 」 に 発 表 、 新 鋭 文 学 月 、 「 人 形 浄 瑠 璃 [ を 「 中 央 公 論 」 に 発 表 。 こ の 年 、 ラ ジ オ 叢 書 ⑨ 「 有 吉 佐 和 子 集 」 を 筑 摩 書 房 よ り 刊 行 。 三 月 、 中 国 人 民 対 外 ( 大 阪 ) の た め 義 太 夫 「 ほ む ら 」 を 作 詞 ( こ の 作 品 は 第 十 三 回 芸 術 文 化 協 会 の 招 き に よ り 、 亀 井 勝 一 郎 、 井 上 靖 、 平 野 謙 ら と と も に 中

現代日本の文学 49 有吉 佐和子 瀬戸内 晴美 集


「 疑 う こ と を 学 べ 」 を 「 小 説 現 代 」 に 発 表 「 死 せ る 湖 」 を 文 藝 春 の 間 」 下 巻 を 毎 日 新 聞 社 よ り 刊 行 。 七 月 、 「 お 蝶 夫 人 」 を 講 談 社 よ 秋 新 社 よ り 刊 行 。 八 月 「 風 の 跫 音 」 を 「 オ ー ル 読 物 」 に 発 表 。 九 月 り 刊 行 。 同 十 四 日 よ り 「 純 愛 」 を 「 学 芸 通 信 社 」 に 連 載 ( 翌 四 十 五 「 極 楽 と ん ぼ の 記 」 を 「 新 潮 , に 発 表 。 「 鬼 の 栖 」 を 河 出 書 房 、 「 黄 年 六 月 一 一 十 三 日 完 結 ) 。 九 月 、 「 蘭 を 焼 く 」 を 講 談 社 よ り 刊 行 。 十 ニ 金 の 鋲 」 を 新 潮 社 。 「 瀬 戸 内 晴 美 傑 作 シ リ ー ズ 」 を 講 談 社 よ り 刊 行 。 月 「 奈 落 に 踊 る 」 を 文 藝 春 秋 よ り 刊 行 。 十 月 、 「 一 筋 の 道 」 を 文 藝 春 秋 よ り 刊 行 。 十 一 一 月 、 「 幽 会 」 を 「 別 昭 和 四 十 五 年 ( 一 九 七 〇 ) 四 十 八 歳 冊 文 褻 春 秋 」 、 「 蝶 を 殺 す 」 を 「 小 説 現 代 」 に 発 表 。 「 火 の 蛇 」 を 講 一 月 、 「 線 路 沿 い 」 を 「 風 景 」 に 発 表 。 「 と は ず が た り 」 を 「 婦 人 生 談 社 よ り 刊 行 。 活 」 に 連 載 ( 目 下 連 載 中 ) 。 同 月 、 四 月 号 よ り 「 恋 川 」 を 「 サ ン デ 昭 和 四 十 三 年 ( 一 九 六 八 ) ー 毎 日 」 に 連 載 ( 同 上 ) 。 三 月 、 「 思 想 の 科 学 」 に 連 載 し た 「 遠 い 四 十 六 歳 一 月 、 「 あ な た に だ け 」 を 八 日 号 か ら 週 刊 サ ン ケ イ に 連 載 ( 十 月 二 声 」 を 大 幅 に 書 き な お し 、 「 い っ て ま い り ま す ・ さ よ う な ら 」 を 付 十 八 日 完 結 ) 、 一 一 月 「 予 兆 」 を 「 文 芸 」 、 「 雁 の 便 り 」 を 「 オ ー ル 読 記 、 「 遠 い 声 」 を 新 潮 社 よ り 刊 行 。 七 月 「 自 分 へ の 問 い 」 を 「 文 学 物 」 に 発 表 、 「 情 婦 た ち 」 を 新 潮 社 よ り 刊 行 。 三 月 「 結 婚 通 知 」 を 者 」 に 発 表 。 九 月 、 「 お だ や か な 部 屋 」 を 「 文 芸 」 に 「 女 は ど う 変 「 小 説 現 代 」 に 発 表 。 四 月 、 「 愛 の 倫 理 ・ 才 気 あ る 生 き 方 」 を 青 春 出 り た が る か 」 を 「 群 像 」 に 発 表 。 版 社 よ り 刊 行 。 「 遠 い 声 ・ 管 野 す が 子 抄 」 を 「 思 想 の 科 学 」 に 連 載 ( 十 一 一 月 ま で ) 。 五 月 、 「 樹 の 幻 」 を 「 群 像 」 に 発 表 。 「 妻 と 女 の 間 」 を 「 毎 日 新 聞 」 に 十 九 日 か ら 連 載 ( 翌 四 十 四 年 六 月 十 七 日 完 結 ) 。 え ん お う 「 彼 女 の 夫 た ち 」 を 講 談 社 よ り 刊 行 。 七 月 「 鴛 鴦 」 を 「 文 藝 春 秋 」 に 発 表 。 八 月 「 ・ フ ィ ョ ン の 煮 え る ま で 」 を 「 文 学 界 」 、 「 う ち う み 」 を 「 風 景 」 に 発 表 。 十 月 「 椿 の 実 」 を 「 新 潮 」 に 発 表 ・ 「 祇 園 女 御 」 を 講 談 社 よ り 刊 行 。 十 一 一 月 「 さ ざ な み 」 を 「 群 像 」 、 作 家 に よ る 作 家 論 「 幻 の 美 女 た ち 」 を 「 文 学 界 」 に 発 表 。 「 あ な た に だ け 」 を サ ン ケ イ 出 版 部 よ り 刊 行 。 昭 和 四 十 四 年 ( 一 九 六 九 ) 四 十 七 歳 一 月 、 「 公 園 に て 」 を 「 文 芸 」 に 連 載 。 「 男 の 魅 力 」 を 「 小 説 新 潮 」 に 連 載 ( 十 一 一 月 号 ま で ) 。 三 月 「 妻 と 女 の 間 」 上 巻 を 毎 日 新 聞 社 よ り 刊 行 。 四 月 「 墓 の 見 え る 道 」 を 「 新 潮 」 に 発 表 。 五 月 「 奈 落 に 踊 る 」 を 「 文 学 界 」 に 連 載 ( 五 回 ) 。 六 月 、 「 蘭 を 焼 く 」 を 「 群 像 」 に 発 表 。 「 い っ て ま い り ま す さ よ う な ら 」 を 「 文 藝 春 秋 」 に 発 表 。 「 妻 と 女

現代日本の文学 49 有吉 佐和子 瀬戸内 晴美 集


国 を 訪 問 。 「 雛 の 日 記 」 を 「 文 学 界 」 に 、 「 落 陽 」 を 「 小 説 新 潮 」 講 談 社 よ り 刊 行 。 く ろ に 、 「 日 記 」 を 「 風 景 」 に 発 表 。 四 月 、 「 黒 衣 」 を 「 オ ー ル 読 物 ー に 昭 和 三 十 九 年 ( 一 九 六 四 ) 三 十 三 歳 発 表 、 「 女 弟 子 」 を 「 小 説 中 央 公 論 ー に 連 載 ( 七 ・ 十 月 ) 、 「 花 な ら 四 月 、 「 爪 ー を 「 風 景 」 に 発 表 。 「 鬼 の 腕 , を 「 小 説 新 潮 」 に 発 表 。 ば 赤 く ー を 「 週 刊 明 星 」 に 連 載 ( 十 月 完 結 ) 、 「 閉 店 時 間 」 を 「 読 売 「 香 華 」 が 木 下 恵 介 脚 本 ・ 監 督 に よ り 松 竹 で 映 画 化 さ れ た 。 六 月 、 新 聞 」 に 連 載 ( 十 二 月 完 結 ) 、 「 三 婆 」 を 新 潮 社 よ り 刊 行 。 五 月 、 「 ほ 「 一 の 糸 」 を 「 文 芸 朝 日 」 に 連 載 ( 四 十 年 六 月 完 結 ) 、 文 庫 版 「 紀 ノ む ら 」 を 講 談 社 よ り 刊 行 。 六 月 、 「 亀 遊 の 死 ー を 「 別 冊 文 藝 春 秋 」 川 」 を 新 潮 社 よ り 刊 行 。 七 月 、 「 ぶ え る と り こ 日 記 」 を 「 文 藝 春 秋 」 に 発 表 。 七 月 、 帰 国 。 「 最 も 身 近 な 読 者 」 を 「 新 潮 」 に 発 表 。 十 一 に 連 載 ( 十 一 一 月 完 結 ) 。 八 月 、 「 非 色 」 を 中 央 公 論 社 よ り 刊 行 。 十 二 月 、 「 ぷ え る と り こ 日 記 」 を 文 藝 春 秋 新 社 よ り 刊 行 。 月 、 「 墨 」 を 「 新 潮 」 に 発 表 、 「 女 弟 子 」 を 中 央 公 論 社 よ り 刊 行 。 三 十 一 歳 昭 和 三 十 七 年 ( 一 九 六 一 l) 昭 和 四 十 年 ( 一 九 六 五 ) 三 十 四 歳 一 月 、 「 わ が 小 説 , を 「 朝 日 新 聞 」 に 発 表 、 「 助 左 衛 門 四 代 記 」 を 一 月 、 「 地 下 鉄 と ベ ト ナ ム 戦 争 ー を 「 朝 日 新 聞 」 に 発 表 、 「 日 高 川 」 つ れ ま い 「 文 学 界 ー に 連 載 ( 三 十 八 年 三 月 完 結 ) 、 「 連 舞 ー を 「 マ ド モ ア ゼ ル 」 を 「 週 刊 文 春 」 に 連 載 ( 十 月 完 結 ) 。 一 一 月 、 現 代 の 文 学 「 有 吉 佐 に 連 成 ( 三 十 八 年 五 月 完 結 ) 。 一 一 月 、 「 う る し 」 を 「 小 説 新 潮 」 に 発 和 子 集 」 を 河 出 書 房 よ り 刊 行 。 三 月 、 「 有 田 川 ー を 菊 田 一 夫 の 脚 色 ・ 表 。 「 雛 の 日 記 」 を 文 藝 春 秋 新 社 よ り 刊 行 。 『 閉 店 時 間 」 を 講 談 社 よ り 演 出 に よ り 東 宝 芸 術 座 上 演 、 文 庫 版 「 香 華 」 を 新 潮 社 よ り 刊 行 。 五 刊 行 。 五 月 、 「 足 袋 , を 「 新 潮 」 に 、 戯 曲 「 光 明 皇 后 」 を 「 文 芸 」 に 月 、 「 若 草 の 歌 」 を 講 談 社 よ り 刊 行 。 同 月 一 一 十 日 、 約 一 年 間 の 予 定 発 表 。 「 光 明 皇 后 」 は 都 市 セ ン タ ー ホ ー ル で 文 学 座 に よ り 上 演 さ れ で 中 国 天 主 教 の 調 査 の た め 留 学 。 九 月 、 文 市 版 「 助 左 衛 門 四 代 記 」 た 。 「 若 草 の 歌 」 を 「 北 海 タ イ ム ス 」 な ど に 連 載 ( 八 月 完 結 ) 。 七 を 新 潮 社 よ り 刊 行 。 十 一 月 、 予 定 を 早 め て 中 国 か ら 帰 国 。 「 一 の 糸 」 ハ ワ イ に 取 材 旅 行 ( 翌 年 一 月 、 「 脚 光 」 を 講 談 社 よ り 刊 行 。 八 月 、 「 桜 の 影 ー を 「 文 藝 春 秋 」 に を 新 潮 社 よ り 刊 行 。 十 一 一 月 、 ア メ リ カ 、 発 表 。 十 月 、 「 休 日 」 を 「 文 芸 」 に 発 表 。 十 一 一 月 、 「 香 華 」 を 中 央 公 月 ま で ) 。 こ の 年 、 中 国 で 「 人 形 浄 瑠 璃 」 が 銭 稲 孫 ・ 文 潔 若 の 翻 訳 論 社 よ り 刊 行 、 新 日 本 文 学 全 集 「 有 吉 佐 和 子 」 を 集 英 社 よ り 刊 行 。 に よ り 作 家 出 版 社 よ り 刊 行 さ れ た 。 昭 和 四 十 一 年 ( 一 九 六 六 ) 昭 和 三 十 八 年 ( 一 九 六 = l) 三 十 一 一 歳 三 十 五 歳 み だ れ ま い き い び ん か く 一 月 、 「 崔 敏 殻 」 を 「 小 説 新 潮 」 に 発 表 、 「 有 田 川 ー を 「 日 本 」 に 連 一 月 、 「 不 要 能 力 の 退 化 」 を 「 新 潮 」 に 発 表 、 「 乱 舞 」 を 「 マ ド モ ア 譜 載 ( 十 一 一 月 完 結 ) 、 「 仮 縫 」 を 「 週 刊 平 凡 」 に 連 載 ( 七 月 完 結 ) 。 四 ゼ ル 」 に 連 載 ( 四 十 一 一 年 一 月 完 結 ) 、 「 日 高 川 」 を 文 藝 春 秋 新 社 よ り 刊 ひ し ょ ′ 、 月 、 「 非 色 」 を 「 中 央 公 論 」 に 連 載 ( 三 十 九 年 六 月 完 結 ) 、 「 若 草 の 行 。 一 一 月 、 「 婦 選 外 伝 」 を 「 中 央 公 論 」 に 、 「 私 が 見 た 中 国 の 文 化 革 年 歌 」 を 集 英 社 よ り 刊 行 。 六 月 、 「 草 の 花 . を 「 風 景 」 に 発 表 。 七 月 、 命 」 を 「 文 藝 春 秋 ー に 発 表 。 六 月 、 「 紀 ノ 川 」 が 久 坂 栄 一 一 郎 脚 色 ・ 「 連 舞 」 を 集 英 社 よ り 刊 行 。 八 月 、 文 庫 版 「 紀 ノ 川 」 を 角 川 書 店 よ 中 村 登 監 督 に よ り 松 竹 映 画 で 映 画 化 さ れ た 。 七 月 、 わ れ ら の 文 学 g り 刊 行 。 九 月 、 「 香 華 」 を 中 野 実 脚 色 に よ り 東 宝 芸 術 座 上 演 。 十 一 「 阿 川 弘 之 ・ 有 吉 佐 和 子 」 を 講 談 社 よ り 刊 行 。 九 月 、 「 秋 扇 抄 」 を 「 別 月 、 「 香 華 」 に よ り 第 十 回 小 説 新 潮 賞 を 受 賞 。 十 一 一 月 、 「 有 田 川 」 を 冊 文 藝 春 秋 」 に 発 表 ・ 十 月 、 「 髪 を 染 め る 」 を 「 文 学 界 」 に 発 表 。

現代日本の文学 49 有吉 佐和子 瀬戸内 晴美 集


サ ラ ・ ロ ー レ ン ス 大 学 の 学 生 た ち と カ ナ ダ で ス キ ー を 楽 し む 左 端 が 佐 和 子 ( 昭 和 三 十 五 年 ) 0 0 」 第 第 の 上 ワ シ ン ト ン の 国 会 議 事 堂 前 で ( 昭 和 三 十 五 年 ) 右 サ ラ ・ ロ ー レ ン ス 大 学 て の 小 説 「 落 陽 の 賦 」 ( 後 「 落 陽 」 と 改 題 、 短 篇 集 「 ほ を 諢 む ら 」 に 収 録 ) を 書 い て 、 朝 日 新 聞 の 同 人 雑 誌 評 ( 高 和 山 毅 氏 ) の 激 賞 を う け た 。 次 い で 、 三 浦 朱 、 瑟 か じ ゃ ま と し ゆ き む ら か み ひ ょ っ え し ん し ち さ っ 、 村 上 兵 衛 、 梶 山 季 之 氏 ら の 第 十 五 次 「 新 思 潮 」 に 加 わ り 、 せ っ せ と 短 篇 小 説 を 書 き つ づ け た 成 三 十 一 年 一 月 「 地 唄 」 と い う 短 篇 が 、 第 四 回 文 学 界 康 新 人 賞 候 補 作 品 と し て 「 文 学 界 」 に 載 さ れ た 。 こ の 作 品 は 、 「 新 思 潮 」 の 同 人 が 、 新 人 賞 候 補 と し て 勝 手 に ク 応 募 し て し ま っ た も の で 、 本 人 は 、 「 文 学 界 」 編 集 部 か ら 掲 載 の 通 知 が 来 た と き 、 「 文 学 界 」 と い う 雑 誌 の 名 前 ョ も 知 ら な か っ た ほ ど で あ っ た 。 ュ こ の 時 、 候 補 と な っ た 作 品 は 、 「 傀 儡 」 ( 戸 田 順 三 ) 、 「 太 陽 の 季 節 」 ( 石 原 慎 太 郎 ) 「 あ お 鳩 の 声 」 ( 安 岡 伸 好 ) 物 、 物 「 地 唄 」 ( 有 吉 佐 和 子 ) の 四 篇 で あ っ た が 、 「 太 陽 の 季 節 」 が 入 賞 し 、 彼 女 の 「 地 唄 」 は 次 点 と な っ た 。 「 地 唄 」 は 次 い で 、 第 三 十 五 回 芥 川 賞 の 候 補 作 と な っ た が 「 海 人 舟 」 ( 近 藤 啓 太 郎 ) が 当 選 作 と な り 、 彼 女 の は 再 び 次 点 と な っ た 。 し か し 、 幸 い 、 彼 女 の 作 品 は 、 当 選 作 と 共 に 、 候 補 作 と し て 、 「 文 藝 春 秋 」 ( 九 月 号 ) に 掲 載 さ れ 、 こ れ に よ っ て 文 壇 に デ ビ ュ ー し た の で あ っ た 。 な お 、 こ の 作 品 は 、 さ き に 「 新 田 5 潮 」 に 発 表 し た 「 宀 目 目 」 の 続 一 届 に あ た る も の で あ る 「 地 唄 」 と い う 作 品 は 、 富 崎 春 昇 と 思 わ れ る 芸 術 院 会 ( 昭 和 三 十 四 年 ) 455

現代日本の文学 49 有吉 佐和子 瀬戸内 晴美 集


~ ( を 一 「 第 を ー 、 第 い を 。 ミ お 、 第 寧 第 を ー は を を 第 、 第 亠 ー を を 当 、 を [ ・ 、 を を ト 当 ず を い ま ? す 0 こ ・ 越 ~ を ツ を ( 昭 和 三 十 九 年 ) 初 版 本 新 潮 社 刊 り フ ら ん る の 子 撩 乱 」 を 「 婦 人 画 報 」 に 連 載 し は し め た 。 岡 本 か の 子 と い う 、 や は り 「 わ が 身 に 対 す る 忠 実 さ か ら 世 俗 紙 の 常 識 を 越 え て 」 生 き た エ ク セ ン ト リ ソ ク な 女 流 作 家 の の 克 明 な 伝 記 小 説 で あ る 。 新 し い 資 料 を 探 り 出 し て 描 い た 「 岡 本 か の 子 伝 」 の 決 定 版 と も い う べ き 秀 作 で あ る ニ 一 一 口 同 時 に こ の 年 の 「 新 潮 」 十 月 号 に 、 「 花 芯 」 以 来 五 年 、 り に 、 私 小 説 的 発 想 で 描 い た 「 夏 の 匁 紅 り 」 を 発 表 し た 。 こ の 作 品 が 好 評 で あ っ た 。 平 野 謙 氏 は 「 文 芸 時 評 」 ( 昭 ・ 川 ) で 次 の よ う に 書 い て い る 年 「 け つ き よ く 、 旧 世 代 の 文 学 の 厚 み に 優 に 対 抗 し て い 氏 る の は 、 瀬 戸 内 晴 美 の 『 夏 の 終 り 』 ( 新 潮 ) た だ 一 篇 に 光 酥 一 一 東 す ぎ な い こ れ は 舟 橋 聖 一 の 作 に も 劣 ら ぬ 不 倫 な 人 間 ば く わ ん じ ん 今 る に 関 係 を 描 い た 情 痴 も の で 、 朴 念 仁 の 私 の ヒ ン シ ュ ク し す も そ う な 題 材 に も か か わ ら す 、 こ の 奇 怪 な 三 角 関 係 と い に と う よ り 四 角 関 係 の 愛 欲 小 説 に 感 心 し た の で あ る 。 返 ら き 氏 焼 張 ぬ む か し の 幸 福 の 思 い 出 に 、 妻 の 古 い 手 紙 を 取 っ て お 谷 清 い た 男 の 気 持 も 知 ら す 、 手 紙 を ぬ す み 読 ん で カ ッ と な 九 本 っ た ま ま 、 男 の 家 に は し め て の り こ ん で い く 女 主 人 公 を 中 、 い と す る 最 後 の し め く く リ か 、 こ と に す ぐ れ て い て ん て つ る 。 点 綴 さ れ た だ け の 女 性 的 な 男 の す が た も 、 そ の 最 後 の セ リ フ も い し 理 性 だ け で 割 り 切 れ ぬ 人 間 関 係 の 太 宰 治 の 娘 さ ん 太 田 ゆ が み を こ れ だ け 真 正 面 か ら 描 い た 作 品 は ち か ご ろ め 治 子 さ ん と 軽 井 沢 で ( 昭 和 三 十 九 年 ) ず ら し い 。 を 冪 ま 物 気 十 冗

現代日本の文学 49 有吉 佐和子 瀬戸内 晴美 集


た 必 要 性 が 、 社 員 内 部 に 自 覚 的 に な っ て き て い る こ と を 示 す も め て 文 芸 や 思 想 の 抽 象 的 な 問 題 を 論 ず る 雑 誌 を 発 行 し て 、 同 志 の で あ る 。 果 し て 第 三 巻 ( 大 2 ) は 、 第 一 号 と 第 一 一 号 は 「 青 鞜 」 が 再 起 す る 中 心 を 作 ろ う ( 「 ひ と す じ の 道 」 ) と い う 大 杉 栄 の 意 あ る い は 社 員 個 々 に 浴 び せ ら れ た 世 評 へ の 抗 議 を こ め た 「 新 し を 荒 畑 寒 村 が 受 け 容 れ て 発 行 し た 雑 誌 。 大 正 元 年 十 月 創 刊 ( 全 い 女 ー 特 集 と な っ た 。 こ の 時 期 の 特 色 は 、 社 員 た ち が 社 会 婦 人 一 一 十 三 冊 ) 。 毎 号 巻 頭 に 評 論 を 書 い た 、 理 論 家 と し て の 大 杉 と 、 問 題 に 注 目 し た こ と で あ り 、 エ レ ン ケ イ の 「 恋 愛 と 結 婚 」 ( ら い ほ と ん ど 毎 号 短 篇 小 説 を 載 せ 、 「 鑑 底 」 な ど す ぐ れ た 作 品 を 書 て う 訳 ) や 、 エ ン マ ・ ゴ ル ド マ ン の 「 婦 人 解 放 の 悲 劇 ー ( 野 枝 い た 、 先 駆 的 社 会 小 説 家 と し て の 荒 畑 の 一 一 人 が 中 心 で あ る こ と 訳 ) 、 発 禁 と は な っ た が 、 相 続 権 、 姦 通 罪 の 男 女 不 平 等 ら を つ は い う ま で も な い が 、 幅 広 い 寄 稿 者 が あ っ た 。 運 動 史 上 の 暗 黒 い た 「 世 の 婦 人 達 ち に 」 ( ら い て う 訳 ) な ど は そ の 例 で あ る 。 時 代 に か す か に あ げ た 公 然 の 声 で 、 し か も ア ナ ー キ ズ ム の 傾 向 三 0 七 小 林 清 親 版 画 家 。 ( 1847 ~ 1915 ) 初 め 広 重 、 国 房 ら の 影 響 を を 示 し 、 大 正 初 期 の 進 歩 的 社 会 思 想 の 中 心 的 雑 誌 で あ る こ と は 受 け た が 、 木 版 画 に よ っ て 舶 来 の 石 版 画 、 銅 版 画 の 味 を 出 そ う 間 違 い な い が 、 運 動 の 機 関 誌 と い う よ り は 、 文 芸 運 動 と し て の と し て 新 様 式 の 洋 風 の 版 画 を 作 り 一 派 を 立 て 、 「 東 京 近 郊 風 景 」 歴 史 的 な 役 割 を 担 う 意 が 大 き か っ た 。 弾 圧 に よ る 発 禁 が 続 き 、 な ど の 風 景 画 を 得 意 と し た 。 大 正 五 年 一 月 廃 刊 。 き セ 「 ス ・ ハ ル 」 ( 昂 ) 石 川 啄 木 、 平 野 万 里 、 吉 井 勇 ら を 同 人 と す る 三 一 五 治 安 警 察 法 明 治 三 十 年 前 後 よ り 新 し く 労 使 の 対 立 に 伴 う 労 詩 歌 雑 誌 。 明 治 四 十 一 一 年 一 月 創 刊 か ら 、 大 正 一 一 年 十 二 月 の 終 刊 働 問 題 が 生 ず る に 及 ん で 、 ス ト ラ イ キ な ど の 経 済 的 団 体 行 動 取 ま で 全 六 十 冊 刊 行 。 「 明 星 」 廃 刊 後 、 そ の 関 係 詩 人 が 集 ま り 、 後 締 り と 、 保 安 条 令 廃 止 後 の 不 備 ( 秘 密 結 社 の 禁 止 規 定 欠 除 ) を に は 森 鵰 外 を 中 心 と し て 、 与 謝 野 鉄 幹 、 品 子 、 上 田 敏 、 木 下 杢 補 う た め に 明 治 一 一 一 十 一 一 一 年 成 立 。 「 安 寧 秩 序 ヲ 保 持 ス ル 為 必 要 ナ 太 郎 ら も 後 援 し 、 明 治 末 期 の い わ ゆ る 新 浪 漫 主 義 思 潮 を 起 し た 。 ル 場 合 ニ 於 テ ハ 警 察 官 ハ 屋 外 ノ 集 会 又 ハ 多 衆 ノ 運 動 若 ハ 群 衆 ヲ )109 一 番 好 き 辻 は 明 治 四 十 三 年 ご ろ か ら 泡 鳴 の 著 作 に 親 し ん 制 限 、 禁 止 若 ハ 解 散 シ 、 又 ハ 屋 内 ノ 集 会 ヲ 解 散 ス ル ト キ ハ 内 務 だ 。 翌 四 十 四 年 に は 、 泡 鳴 に 近 づ き 、 プ ル タ ー ク の 「 英 雄 伝 」 大 臣 ハ 之 ヲ 禁 止 ス ル コ ト を 得 : : : 」 の 条 文 が 見 え る 。 の 訳 業 を 手 伝 う 。 辻 は 「 日 本 が 不 幸 で あ る 原 因 は 、 西 洋 文 明 を 三 = = グ レ ー ト 〈 ン ゲ ー テ の 「 フ ァ ウ ス ト 」 第 一 部 の 中 心 を な す 輸 入 し た こ と だ 。 そ の た め 、 自 分 た ち の 持 っ て い る 良 い も の を も の は 、 少 女 グ レ ー ト ヘ ン の 悲 劇 で あ る 。 フ ァ ウ ス ト は 無 垢 の 失 っ た こ と だ 。 自 分 が 西 洋 に 出 か け た 最 大 の 収 穫 は 、 自 分 が 日 少 女 グ レ ー ト ヘ ン と 恋 を し 、 少 女 は 身 も 心 も さ さ げ て 愛 の 最 大 本 人 で あ る と い う 悟 り を 得 た こ と で あ る 」 ( 「 比 処 が 巴 里 」 ) と い の 幸 福 を 受 け る が 、 愛 の あ ま り 一 家 を 破 減 さ せ 、 嬰 児 を 死 に 至 う 。 辻 が 泉 鏡 花 、 幸 田 露 伴 、 岩 野 泡 鳴 を 礼 讃 す る の も 、 先 の こ ら し め 、 苦 悩 と 屈 辱 の う ち に 獄 中 の 身 と な る 。 グ レ ー ト ヘ ン を と と か か わ る こ と で あ る 。 こ の 運 命 に お と し い れ た も の は 、 恋 の 小 世 界 に は 安 住 で き な い 九 「 近 代 思 想 」 大 逆 事 件 以 後 、 沈 黙 を 強 い ら れ て い た 社 会 主 義 と い う フ ァ ウ ス ト の 男 性 的 営 為 で あ っ て 、 そ れ が 可 憐 な 少 女 を 者 が 、 「 自 由 に 時 事 問 題 を 論 ず る こ と は も と よ り 困 難 だ が 、 せ 踏 み に じ っ た と い え る 。 天 才 、 巨 人 、 男 性 の 営 為 の た め の 犠 牲