検索 - みる会図書館

検索対象: 書斎の窓 2012年1・2月号

書斎の窓 2012年1・2月号から 98件ヒットしました。

書斎の窓 2012年1・2月号


29932 ー 0 29936 ー 8 29934 ー 4 29931 ー 3 29939 ー 9 29940 ー 5 17383 ー 5 90628 ー 9 90627 ー 3 90626 ー 2 90625 ー 4 90624 ー 6 A5 判 3 , 780 円 グ リ ー ン ・ ニ ュ ー デ ィ ー ル と 財 政 政 策 ( 財 政 研 究 第 7 巻 ) 日 本 財 政 学 会 編 A5 判 5 , 250 円 企 業 家 研 究 第 8 号 ( 2011 ) 企 業 家 研 究 フ ォ ー ラ ム 編 B5 判 3 , 150 円 立 教 ヒ ジ ネ ス レ ヒ ・ ユ ー 第 4 号 立 教 経 営 学 会 編 B5 判 1 , 800 円 社 会 と 調 査 第 6 号 ( 社 ) 社 会 調 査 協 会 編 B5 判 1 , 260 円 社 会 と 調 査 第 7 号 ( 社 ) 社 会 調 査 協 会 編 B5 判 1 , 260 円 環 境 社 会 学 研 究 第 17 号 環 境 社 会 学 会 編 B5 判 2 , 625 円 志 向 性 と 因 果 ( 哲 学 雑 誌 第 126 巻 第 798 号 ) 哲 学 会 編 A5 判 3 , 570 円 2011 年 度 に 追 加 さ れ た オ ン デ マ ン ド 商 品 一 覧 小 社 の ISBN の 出 版 社 コ ー ド は 「 4 ー 641 」 で す 。 定 価 は 税 込 価 格 で す 。 ご 注 文 は , e-mail : [email protected] へ お 願 い い た し ま す 。 百 貨 店 の 生 成 過 程 藤 岡 里 圭 著 4 , 830 円 所 得 税 ・ 法 人 税 の 課 税 べ ー ス 租 税 法 学 会 編 租 税 法 研 究 第 17 号 5 , 460 円 租 税 特 別 措 置 と 法 人 税 制 租 税 法 学 会 編 租 税 法 研 究 第 19 号 5 , 670 円 刑 事 司 法 の 大 転 換 日 本 法 社 会 学 会 編 法 社 会 学 72 6 , 720 円 議 員 行 動 の 政 治 経 済 学 一 自 民 党 支 配 の 制 度 分 析 建 林 正 彦 著 5 , 880 円 書 斎 の 窓 2 2 7 ・ 2 76

書斎の窓 2012年1・2月号


い く つ か 具 体 例 を あ げ て み よ う 。 出 し て 多 い こ と が 引 き 合 い に 出 さ れ 、 う な 印 象 を 受 け る 。 具 体 的 に は 、 大 き 最 も 顕 著 な の は 、 ア メ リ カ 合 衆 国 、 ア メ リ カ 合 衆 国 で 考 古 学 の 調 査 研 究 に な 遺 跡 を 発 見 し た と か 、 珍 し い 土 器 を カ ナ ダ な ど で は 、 考 古 学 が 歴 史 学 の 一 日 本 ほ ど 研 究 費 が お り な い の は 、 研 究 発 見 し た と か は 、 ニ ュ ー ス に は な る の 分 野 と し て 根 付 か ず 、 民 族 学 、 自 然 人 対 象 が 自 ら の 祖 先 の 遺 し た 文 化 で は な か も し れ な い が 、 そ れ だ け で は 、 そ の し , 刀 , ら で ま よ 、 ゝ 、 類 学 、 言 語 学 と と も に 、 人 類 学 の 一 分 ( オ し 力 と い う 論 調 が 見 ら 発 見 の 重 要 性 は 理 解 し て も ら え な い 。 野 と し て 位 置 づ け ら れ て い る 、 と い う れ た 。 も ち ろ ん 、 こ れ は 日 本 列 島 に お つ ま り 、 発 掘 調 査 に 大 き な 予 算 を 投 入 現 実 で あ る 。 様 々 な 事 情 が あ る が 、 最 い て 遺 跡 の 密 度 が 極 め て 高 く 、 毎 年 破 し た 意 味 を 説 明 す る 必 要 が 必 ず し も 十 大 の 理 由 は 、 遺 跡 を 遺 し た の が 先 住 民 壊 さ れ る 遺 跡 の 数 が 諸 外 国 に 比 べ 桁 違 分 と は い え な い と き が あ る よ う な の だ 。 の 祖 先 で あ る の に 対 し 、 遺 跡 を 調 査 研 い に 多 く 、 ま た 遺 跡 の 発 掘 経 費 も ア メ 当 時 の 社 会 の な か で 、 そ う い っ た 大 遺 究 す る の が ヨ ー ロ ツ 。 ハ か ら 移 民 し て き リ カ 合 衆 国 に 比 べ て 高 額 で あ る こ と に 、 跡 が ど う い う 意 味 を も っ て い た の か 、 た 白 人 の 子 孫 で あ る か ら で あ る 。 つ ま 主 と し て 因 っ て い る 。 し か し 、 民 族 に そ の 珍 し い 土 器 が 祭 祀 用 な ど 、 ど の よ り 、 遺 跡 を 調 査 研 究 す る 際 、 そ れ ら は か か わ る 意 識 の 違 い も ひ と つ の 背 景 と う な 役 割 を 果 た し て い た の か ま で 踏 み 自 分 達 の 祖 先 で は な く 、 他 民 族 の 祖 先 し て あ る の か も し れ な い 。 込 ん で 議 論 せ ね ば な ら な い 。 考 古 学 研 が 遺 し た 遺 跡 と い う 前 提 が あ る 。 し た そ れ に 対 し て 日 本 の 場 合 は 、 縄 文 時 究 者 が 研 究 費 を 申 請 す る 場 合 、 こ う い が っ て 、 郷 土 愛 が 考 古 学 研 究 や 文 化 財 代 や 弥 生 時 代 遺 跡 を 調 査 す る に 際 し て っ た 議 論 は 必 須 で 、 こ れ が 説 明 で き な 保 護 の 契 機 に な る こ と は 、 日 本 ほ ど 多 も 、 そ れ ら が 、 祖 先 の 遺 し た 遺 跡 で あ い こ と に は 、 研 究 費 の 申 請 は 採 択 さ れ く な い よ う だ 。 る と い う 、 暗 黙 の 前 提 が あ る 。 し た が 。 特 に 、 申 請 書 を 審 査 す る 研 究 者 っ て 、 考 古 学 の 重 要 性 を あ ま り 声 高 に ア メ リ カ 考 古 学 会 Society for が 他 分 野 の 専 門 家 の 場 合 、 そ う い っ た American Archae010gy の ニ ュ ー ス 叫 ば な く と も 、 日 本 社 会 に お い て 考 古 議 論 の 重 要 性 は さ ら に 大 き く な る 。 窓 レ タ ー 上 で 最 近 論 争 が あ っ て 、 日 本 の 学 の 意 義 は 一 般 の 方 々 に 理 解 し て も ら そ れ で も 、 そ こ ま で 踏 み 込 ん で 議 論 斎 書 遺 跡 発 掘 に 投 下 さ れ る 金 額 が 世 界 で 突 え る と い う 「 甘 え 」 が 日 本 に は あ る よ す る こ と へ の 躊 躇 が 日 本 考 古 学 界 に は

書斎の窓 2012年1・2月号


彡 法 学 教 室 ラ イ プ ラ リ ィ ()5 判 ) 13061 ー 6 13110 ー 1 1361 ト 3 13595 ー 6 04282 ー 7 04279 ー 7 憲 法 基 本 判 例 を 読 み 直 す 野 坂 泰 司 著 3 , 675 円 続 ・ lnteractive 憲 法 長 谷 部 恭 男 著 2 , 520 円 事 例 で 考 え る 会 社 法 伊 藤 靖 史 ・ 伊 藤 雄 司 ・ 大 杉 謙 ー ・ 齊 藤 真 紀 ・ 田 中 松 井 秀 征 著 予 3 , 570 円 事 例 演 習 民 事 訴 訟 法 第 2 版 遠 藤 賢 治 著 2 , 730 円 事 例 か ら 刑 法 を 考 え る 第 2 版 島 田 聡 一 郎 ・ 小 林 憲 太 郎 著 3 , 360 円 事 例 演 習 刑 事 訴 訟 法 古 江 賴 隆 著 日 ・ 彡 コ ン メ ン タ ー ル ()5 判 ) 01746-7 新 版 注 釈 民 法 ( 1 の Ⅱ 01846 ー 4 注 釈 国 際 私 法 第 1 巻 01847 ー 1 注 釈 国 際 私 法 第 2 巻 彡 そ の 他 シ リ ー ズ 2 , 625 円 奥 田 昌 道 編 10 , 500 円 櫻 田 嘉 章 ・ 道 垣 内 正 人 編 7 , 140 円 櫻 田 嘉 章 ・ 道 垣 内 正 人 編 5 , 250 円 債 権 ( 1 ) 会 社 法 新 判 例 50 ( ジ ュ リ ス ト ブ ッ ク ス ) 弥 永 真 生 著 A5 判 1 , 575 円 13605 ー 2 00803 ー 8 消 費 者 法 第 4 版 ( 法 律 学 大 系 ) 大 村 敦 志 著 A5 判 4 , 095 円 彡 大 学 研 究 叢 書 13088 一 3 13091 ー 3 13103 ー 3 13591 ー 8 04806 ー 5 04989 ー 5 16368 ー 3 29927 ー 6 執 政 機 関 と し て の 議 会 ( 九 州 大 学 法 学 叢 書 4 ) 村 西 良 太 著 A5 判 6 , 300 円 福 祉 国 家 と 憲 法 構 造 ( 同 志 社 大 学 法 学 叢 書 2 ) 尾 形 健 著 A5 判 7 , 350 円 環 境 法 の 現 代 的 課 題 ( 立 命 館 大 学 法 学 叢 書 第 12 号 ) 吉 村 良 一 著 A5 判 都 市 居 住 ・ 災 害 復 興 ・ 戦 争 補 償 と 批 判 的 「 法 の 支 配 」 ( 北 海 道 大 学 大 学 院 吉 田 邦 彦 著 A5 判 8 , 610 円 法 学 研 究 科 叢 書 19 ) 6 , 510 円 高 度 成 長 期 の 日 本 経 済 ( 東 京 大 学 も の づ く り 経 営 研 究 シ リ ー ス ) 武 田 晴 人 俊 哉 著 A5 判 3 , 990 円 福 祉 国 家 の 制 度 発 展 と 地 方 政 府 ( 関 西 学 院 大 学 研 究 叢 書 第 141 編 ) 北 山 A5 判 6 , 825 円 ア メ リ カ 南 部 の 法 と 連 邦 最 高 裁 ( 大 阪 市 立 大 学 法 学 叢 書 60 ) 勝 田 卓 也 著 究 年 報 2011 ) 一 橋 大 学 日 本 企 業 研 究 セ ン タ ー 編 B5 判 2 , 940 円 日 本 企 業 研 究 の フ ロ ン テ ィ ア 第 7 号 ( 一 橋 大 学 日 本 企 業 研 究 セ ン タ ー 研 編 A5 判 4 , 620 円 彡 単 行 本 〔 法 律 ・ 政 治 〕 13089 ー 0 ケ ー ス ブ ッ ク 憲 法 81 高 橋 和 之 編 安 西 文 雄 ・ 佐 々 木 弘 通 ・ 毛 利 書 斎 の 窓 透 ・ 淺 野 博 宣 2 2 7 ・ 2

書斎の窓 2012年1・2月号


ほ ど 、 国 際 法 の 基 礎 理 論 に 興 味 を も っ 議 論 す る 必 要 は な い と も い え る 。 そ れ ② 「 違 法 で あ る が 正 当 で あ る 」 若 い 研 究 者 が 育 た な く な る 。 研 究 者 の は ま た 国 際 社 会 で も 、 時 代 の 転 換 点 に み な ら ず 、 そ れ に よ っ て 実 定 法 の 概 念 二 一 世 紀 の 変 わ り 目 で 私 が 気 に な っ は 常 に 出 て く る も の で 、 た と え は 第 二 を 玩 具 の よ う に 弄 ぶ 法 曹 だ け が 育 つ の た 物 一 一 一 口 い に 、 : ・ lllegal but legitimate" 次 大 戦 後 の ニ ュ ー ル ン ベ ル グ 裁 判 や 極 で あ れ ば 、 日 本 社 会 の 将 来 は 暗 い 。 ( 違 法 で あ る が 正 当 で あ る ) と い う 言 東 軍 事 法 廷 の や っ た こ と は 、 近 代 法 の 私 は 、 東 京 工 業 大 学 、 立 教 大 学 、 東 説 が あ る 。 こ れ は 、 コ ソ ボ 紛 争 や ア フ 観 念 か ら い え ば 、 や は り illegal but 京 大 学 を 経 て 、 現 在 、 明 治 大 学 に お 世 ガ ン 侵 攻 、 イ ラ ク 戦 争 に お け る z«e 一 eg 三 mate で あ っ た と 評 す る こ と も で き る の だ ろ う 。 話 に な っ て い る 。 二 〇 一 〇 年 一 二 月 に 東 o や ア メ リ カ の 武 力 介 入 を 国 際 法 的 に 大 を 定 年 で 去 る に あ た っ て 、 「 現 代 国 ど う 説 明 す る か と い う 議 論 の 中 で よ く た だ こ の 物 言 い を 私 が 気 に す る の は 、 際 法 に お け る 合 法 性 観 念 の 変 容 」 と 題 出 て く る も の で 、 Simma. cassesse, 私 が 方 法 論 と し て こ だ わ り 続 け た 法 実 し て 、 そ れ ま で 自 分 が や っ て き た 研 究 と an pellet な ど の 著 名 な 国 際 法 学 者 証 主 義 と は 何 か と い う 問 題 、 と り わ け の 簡 単 な 素 描 と 問 題 意 識 に つ い て 話 を だ け で な く 、 Noam Chomsky の 政 治 実 証 主 義 国 際 法 学 と の 関 係 で 一 一 〇 世 紀 し た 。 そ れ は 私 自 身 の 研 究 の 出 発 点 を 評 論 な ど で も 取 り 上 げ ら れ て い る 。 も に お け る 国 際 法 の 動 態 、 国 際 法 の 変 化 思 い 起 こ し ( 私 の 恩 師 で あ る 寺 澤 一 先 ち ろ ん こ れ ら 武 力 介 入 に は 賛 否 両 論 が の 過 程 あ る い は 国 際 法 の 欠 缺 を 埋 め る 生 は 、 機 会 あ る た び に 、 「 初 心 、 忘 れ あ り 、 illegal and illegitimate と す た め の 法 的 議 論 の あ り 方 、 更 に は 逆 に る べ か ら ず 」 と 仰 っ て そ の 言 葉 の 薀 蓄 る 主 張 か ら 、 そ の 対 局 に あ る legal 現 代 に お け る 国 際 法 現 象 と し て の い わ を 楽 し そ う に 話 さ れ た ) 、 そ の 「 初 心 」 and legitimate と い う 主 張 、 さ ら に ゆ る soft 一 aw を 含 む 規 範 の 過 剰 、 法 に 立 ち 返 り な が ら 、 私 自 身 の 今 後 の 国 "legitimate. and not so much ille ・ 規 範 相 互 の 抵 触 の 扱 い な ど に 関 わ る 問 2 際 法 学 の 研 究 の 方 向 を 自 分 自 身 に 自 覚 gal' ・ か ら "legitimate. and therefore 題 を 提 起 す る か ら で あ る 。 さ せ る と い う 作 業 で も あ っ た が 、 そ の legal" と い う 立 場 ま で い ろ い ろ あ る 。 ③ 手 続 優 位 の 合 法 主 義 窓 内 容 の 一 部 を こ こ に 抄 録 し て 、 若 い 人 illegal but 一 eg 三 ma ( e と い う こ と は 、 が 国 際 法 の 研 究 を 志 す き っ か け が 作 れ そ れ と し て は 国 内 法 に つ い て も な じ み 近 代 法 実 証 主 義 に お け る 合 法 性 の 観 斎 た ら 望 外 の 幸 せ で あ る 。 の な い 命 題 で は な い の で 、 取 り 立 て て 念 は 、 何 よ り も ま ず 、 法 的 手 続 を 重 視

書斎の窓 2012年1・2月号


灯 の 明 か り の 届 く と こ ろ だ け を 探 し て な り 、 そ う し た 概 念 の 厳 密 化 、 客 観 化 (incident study) の 手 法 で あ る 。 リ ワ 乙 い る の と 同 じ だ と 表 現 し て い る 。 つ ま い ー ス マ ン は 国 際 法 学 が 現 実 の 政 治 過 程 に 努 め る こ と は 、 普 遍 的 な 意 味 を 持 っ り 事 例 一 nc ミ en ( の 中 に 生 き た 法 が あ る 眦 と 没 交 渉 (irrelevant) に な っ て い る は ず で あ る 。 そ れ が 私 の 結 論 で あ っ た 。 の に 、 教 科 書 や case ・ book の 中 を 探 し の は 、 「 規 則 の 一 団 ー と し て の 教 科 書 ⑦ 国 際 法 は 神 話 体 系 か ? て い る と い う こ と で あ る 。 彼 は ま た 最 の 的 な 法 の 知 識 を 振 り 回 し て 、 国 際 法 学 こ う し て 国 際 法 研 究 の 方 法 的 な 戦 線 者 が 、 や れ 合 法 だ 、 や れ 違 法 だ と 、 あ 近 の 国 際 法 学 を MOO ( Court Lawyer 書 た か も 裁 判 官 の よ う に 振 る 舞 う か ら で と も 揶 揄 し て い る 。 規 範 的 形 式 の 文 書 を 整 え た 後 、 私 は 原 理 的 な 研 究 と と も に 、 判 例 研 究 、 実 定 法 的 な 国 際 法 概 念 あ る と 主 張 す る 。 教 科 書 的 な 法 は 、 彼 が あ れ ば 、 法 で あ れ 、 soft law で あ の 言 葉 に よ れ ば 、 「 神 話 体 系 」 (myth れ 、 国 際 機 関 や さ ら に は Z(-)O の 報 告 の 研 究 に も 力 を 注 い だ 。 た だ そ の 過 程 で は 、 幾 つ か の 大 き な 理 論 的 な 挑 戦 に sys ( em ) で あ り 現 実 に 生 き て い る 法 書 の 類 ま で 、 法 ・ 非 法 の 区 別 な く 総 動 (operational code) で は な い 。 国 際 員 し て 、 合 法 か 違 法 か を 確 定 し よ う と も 出 会 っ た 。 そ の な か で 私 に と っ て な 法 学 者 は 現 実 の 政 治 過 程 に re 一 evant な す る 国 際 法 学 者 の こ と で あ る 。 お 未 解 決 の 課 題 は 、 や は り マ ク ド ウ ー 丿 ー ス マ ン の 法 は 、 伝 統 的 な 法 源 論 ガ ル の 高 弟 と い わ れ る リ ー ス マ ン (). 法 を 探 し 求 め る 場 所 を 間 違 っ て い る 。 Reisman) が 提 唱 し た 「 事 例 研 究 」 彼 ら は 、 夜 道 で 鍵 を 落 と し た 人 が 、 街 に お け る 法 と 非 法 の 区 別 と 国 際 法 の 概 と 1 質 の 円 ) 破 た 円 ム 斑 の 態 円 世 国 円 学 テ 際 因 動 、 ん 書 繻 日 本 よ 、 浮 上 せ よ / 異 考 毓 士 机 -0 、 ノ ・ ー ス 国 要 の 恥 超 迷 こ コ 哲 見 育 さ 幻 世 紀 を 生 き 抜 く た め の 具 体 的 戦 略 で 出 一 の ( 性 示 向 シ の 三 治 い 混 靤 ~ ~ 一 る を 入 表 区 明 複 し か 際 凭 鐘 「 四 京 x て そ 教 考 村 上 誠 一 郎 ( 衆 議 院 議 員 ) + が 長 幻 世 紀 戦 略 研 究 室 に な 検 の 践 伸 育 で レ 主 期 の に オ を 子 大 の 、 「 の " 。 , わ そ 識 ア . 証 時 為 確 介 を 理 一 写 」 教 式 政 治 ・ 経 済 ・ 財 政 ・ 産 業 ・ 国 防 ・ 教 育 等 、 今 棘 " の 認 だ 子 確 の 寛 形 郎 日 わ が 国 の 前 に 立 ち 塞 が る 全 て の 問 題 格 。 る を ズ 視 加 文 美 題 邦 博 え 性 一 1 0 れ = 能 作 問 畑 群 0 対 し 具 体 的 突 破 口 を 切 り 開 く 渾 身 , シ 本 い 、 ゾ 塚 見 貫 リ 池 き の 政 策 提 言 。 四 六 ・ ニ 五 六 頁 ・ ニ 一 00 円 ス 2 ホ 界 大 一 / ど 草 分 」 ) フ 坂 」 未 〔 好 評 既 刊 〕

書斎の窓 2012年1・2月号


11503 ー 3 11504 ー 0 11585-9 11505 ー 7 11397-8 編 2 , 730 円 会 社 法 判 例 百 選 第 2 版 ( 別 冊 ジ ュ リ ス ト ) 江 頭 憲 治 郎 ・ 岩 原 紳 作 ・ 神 作 裕 之 ・ 藤 田 友 敬 編 2 , 280 円 会 社 法 施 行 5 年 理 論 と 実 務 の 現 状 と 課 題 ( ジ ュ リ ス ト 増 刊 ) 岩 原 紳 作 ・ 平 成 22 年 度 重 要 判 例 解 説 ( ジ ュ リ ス ト 臨 時 増 刊 ) 3 , 000 円 編 2 , 600 円 国 際 法 判 例 百 選 第 2 版 ( 別 冊 ジ ュ リ ス ト ) 小 寺 彰 ・ 森 川 幸 一 ・ 西 村 弓 敏 裕 編 2 , 520 円 刑 事 訴 訟 法 判 例 百 選 第 9 版 ( 別 冊 ジ ュ リ ス ト ) 井 上 正 仁 ・ 大 澤 小 松 岳 志 編 2 , 730 円 裕 ・ 川 出 彡 学 会 年 報 13101 ー 9 13113 ー 2 13593 ー 2 13094 ー 4 14428 ー 6 29930 ー 6 29933 ー 7 12551 ー 3 12550 ー 6 12546 ー 9 29928 ー 3 29929 ー 0 29937 ー 5 29938 ー 2 29935 ー 1 77 所 得 税 制 の 最 近 の 動 向 ( 租 税 法 研 究 第 39 号 ) 租 税 法 学 会 編 A5 判 3 , 360 円 生 物 多 様 性 保 全 と 法 政 策 ( 環 境 法 研 究 第 36 号 ) 人 間 環 境 問 題 研 究 会 編 A5 判 4 , 095 円 人 身 損 害 賠 償 に 関 す る 諸 問 題 ( 交 通 法 研 究 第 39 号 ) 日 本 交 通 法 学 会 編 A5 判 2 , 625 円 教 育 法 学 40 年 と 政 権 交 代 ( 日 本 教 育 法 学 会 年 報 第 40 号 ) 日 本 教 育 法 学 会 編 A5 判 4 , 410 円 知 的 財 産 と 独 占 禁 止 法 ( 日 本 経 済 法 学 会 年 報 第 32 号 ) 日 本 経 済 法 学 会 編 A5 判 3 , 045 円 侵 害 訴 訟 と 無 効 の 抗 弁 ( 日 本 工 業 所 有 権 法 学 会 年 報 第 34 号 ) 日 本 工 業 所 有 権 法 学 会 編 A5 判 4 , 725 円 著 作 権 研 究 第 37 号 著 作 権 法 学 会 編 A5 判 4 , 410 円 市 民 / 社 会 の 役 割 と 国 家 の 責 任 ( 法 哲 学 年 報 2010 ) 日 本 法 哲 学 会 編 A5 判 3 , 990 円 法 の 教 育 ( 法 社 会 学 第 75 号 ) 日 本 法 社 会 学 会 編 A5 判 4 , 200 円 地 域 社 会 の 法 社 会 学 ( 法 社 会 学 第 74 号 ) 日 本 法 社 会 学 会 編 A5 判 4 , 200 円 「 核 」 と ア メ リ カ の 平 和 ( 国 際 政 治 第 163 号 ) 日 本 国 際 政 治 学 会 編 A5 判 2 , 100 円 国 際 政 治 研 究 の 先 端 8 ( 国 際 政 治 第 164 号 ) 日 本 国 際 政 治 学 会 編 A5 判 2 , 100 円 開 発 と 政 治 ・ 紛 争 - ー 新 し い 視 角 ( 国 際 政 治 第 165 号 ) 編 A5 判 2 , 100 円 環 境 と グ ロ ー バ ル ・ ポ リ テ ィ ク ス ( 国 際 政 治 第 166 号 ) 編 A5 判 2 , 100 円 リ ス ホ ン 条 約 と EIJ の 課 題 ( 日 本 EU 学 会 年 報 第 31 号 ) 日 本 国 際 政 治 学 会 日 本 国 際 政 治 学 会 日 本 EU 学 会 編 書 斎 の 窓 2072 7 ・ 2

書斎の窓 2012年1・2月号


え ま す 。 例 え ば 、 青 森 県 で は 二 〇 一 一 年 の 社 に よ る メ キ シ コ 湾 原 油 流 出 含 め た 社 会 科 学 は 、 社 会 的 な 問 題 に 関 年 六 月 の 知 事 選 で 原 発 維 持 派 の 現 職 が 事 故 な ど 、 一 企 業 が 甚 大 な 損 害 を も た す る 論 点 を き ち ん と 整 理 す る 際 の 視 点 再 選 さ れ ま し た が 、 津 軽 海 峡 を 挟 ん だ ら す よ う な 事 故 を 起 こ す こ と は あ り え を 提 供 す る こ と は で き ま す 。 そ れ に よ 反 対 側 の 函 館 の 人 は そ の 選 挙 に は 参 加 ま す 。 株 式 会 社 は 有 限 責 任 で す か ら 、 っ て 、 責 任 あ る 一 市 民 と し て 議 論 、 選 窓 し て い ま せ ん 。 建 設 予 定 の 大 間 原 発 か 株 主 が 大 き な 責 任 を 負 っ て も 被 害 を カ 択 を し て い く 際 の 助 け と な る は ず で す 。 の 〔 完 〕 書 ら 函 館 ま で の 距 離 は 二 〇 5 三 〇 し か バ ー し き れ な い と い う 事 態 は い く ら で あ り ま せ ん 。 何 か ト ラ ブ ル が 起 き た 時 、 も 起 こ り え ま す 。 こ れ を ど う 解 決 す る ( お や ま ・ だ い す け Ⅱ 函 館 は リ ス ク だ け を 負 う こ と に な り ま か と い う 大 き な 問 題 は 、 原 発 に 限 ら ず 東 京 大 学 大 学 院 経 済 学 研 究 科 講 師 ) ( さ わ だ ・ や す ゆ き 日 そ こ か し こ に 潜 ん で い ま す 。 す 。 今 回 の よ う な 大 規 模 な 事 故 が 起 き 東 京 大 学 大 学 院 経 済 学 研 究 科 准 教 授 ) た ら 負 の 外 部 性 が 近 隣 の 自 治 体 に 及 ぶ こ れ ら の 問 題 は 、 結 局 は 国 民 一 人 ひ ( や す だ ・ よ う す け 日 政 策 研 究 大 学 院 大 学 助 教 授 ) こ と を 考 慮 す べ き で す 。 と り が よ く 考 え 、 ま た よ く 議 論 し て 、 ( ゃ な が わ ・ の り ゆ き 日 東 京 大 学 大 学 院 経 済 学 研 究 科 准 教 授 ) 先 に 議 論 し た こ と は 、 大 き な リ ス ク 社 会 全 体 で 選 択 し な け れ ば な ら な い こ を は ら む 事 業 を 行 う 私 企 業 一 般 に あ て と で 、 学 問 自 体 が 「 正 解 」 を 与 え る も は ま り ま す 。 東 電 に 限 ら ず 、 二 〇 一 〇 の で は あ り ま せ ん 。 し か し 、 経 済 学 を す ① 識 る る て タ 部 れ 援 礎 問 重 る ヘ ン 円 刊 版 わ を は れ 政 何 略 晃 め を 支 ア 動 月 出 ワ の 災 R 体 ら 財 で 蹴 賀 著 を 》 の 聶 0 = 営 0 強 , 」 ' 大 = 」 治 , 波 か 政 《 03 出 ~ 大 雄 時 経 三 に ネ 雄 本 ピ ン 理 に 能 日 新 。 有 都 、 稲 生 5 早 京 災 学 岩 横 災 電 ス 雌 東 コ 小 ・ 負 持 柴 ・ 起 被 鈴 河 ・ 《 加 ・ カ 早 学 早 稲 田 大 学 ブ ッ ク レ ッ ト 《 震 災 後 》 に 考 え る

書斎の窓 2012年1・2月号


あ る よ う だ 。 例 え ば 、 遺 跡 の 発 掘 調 査 っ た こ と 。 第 一 一 に 、 歴 史 学 の 大 き な 枠 る 考 古 学 教 育 は 理 論 研 究 を 日 本 以 上 に 報 告 書 の 最 終 ペ ー ジ の 「 報 告 書 抄 録 」 大 切 に す る 。 考 古 学 に 限 ら ず 、 ど の よ 組 み の 中 で 、 文 献 史 学 に は で き な い 、 の 表 に 、 「 特 記 事 項 」 と い う 欄 が あ 「 考 古 学 に し か で き な い 貢 献 は 、 遺 跡 や う な 研 究 も 学 問 全 体 に 貢 献 し て い る こ て 、 発 掘 調 査 の 意 義 ( つ ま り 、 お 金 を 土 器 の 正 確 な 観 察 と 記 述 に 基 づ い て 歴 と を 意 識 し て ア ピ ー ル す る 必 要 性 が 高 窓 か け た こ と の 意 義 ) を 簡 単 に 記 人 す る 史 を 再 構 築 す る こ と で あ る か ら 、 大 学 い の で あ ろ う 。 人 類 学 科 に お か れ る 考 斎 書 こ と に な っ て い る 。 こ の 欄 が 空 欄 の 報 レ ヴ ェ ル の 考 古 学 教 育 も 、 土 器 ・ 石 器 古 学 専 攻 の 場 合 は 、 考 古 学 が 社 会 構 造 告 書 を 散 見 す る の は 悲 し い 現 実 で あ る 。 の 正 確 な 観 察 と 記 述 に 大 き な 比 重 が お ま で 議 論 を 及 ぼ さ な い と 、 考 古 学 の ポ こ れ に は 様 々 な 理 由 が 考 え ら れ る 。 ひ か れ て い る こ と で あ る 。 ス ト が 民 族 学 に 置 き 換 え ら れ る の で は と つ は 、 戦 前 の 日 本 考 古 学 界 が 、 遺 跡 な い か と い っ た 危 機 感 が 考 古 学 研 究 者 ア メ リ カ 考 古 学 の 場 合 の 間 で あ る よ う だ 。 や 土 器 の 社 会 的 背 景 を 議 論 す る こ と が 皇 国 史 観 に 抵 触 す る の で は な い か と い ア メ リ カ 合 衆 国 で は 、 大 学 に も よ る 私 が 一 九 八 〇 年 代 前 半 に 学 部 生 活 を う 恐 れ か ら 、 そ う い っ た 議 論 を 避 け て 、 だ ろ う が 、 状 況 は 日 本 と 逆 の ケ ー ス が 送 っ た ミ シ ガ ン 大 学 は 特 に そ う い っ た 遺 跡 や 土 器 の 記 述 に 終 始 す る 傾 向 が あ 極 め て 多 く 、 大 学 、 特 に 大 学 院 に お け 傾 向 が 強 か っ た 。 一 、 二 年 生 向 け 「 先 ち 旅 死 の フ み ス へ の 角 川 書 店 の 読 書 ・ 総 合 誌 グ ン し ス も レ 明 ト な ド . ね 々 ・ . け ・ 人 シ カ イ ツ の る ン ド で す ポ な ノ セ サ ゼ で ク 工 円 ジ 0- 年 ◆ 望 0 ノ ◆ 下 ◆ き 希 価 チ ◆ ◆ 子 ◆ 子 2 づ ◆ 1 本 の 旅 人 定 ◆ ニ よ 一 恵 子 め み 月 メ 庭 山 ア ・ 村 本 0 上 原 わ 井 酸 道 戸 村 桜 ,? 平 」 刊 ・ 飴 榎 思 川 西 ス 酒 辛 霊 瀬 花 2012 January 豪 華 執 筆 陣 に よ る 連 載 小 説 ・ エ ッ セ イ を は じ め 、 幅 広 い ジ ャ ン ル の コ ラ ム 、 話 題 の 新 刊 紹 介 な ど 、 読 書 人 の た め の 新 鮮 な 情 報 を 満 載 ! 特 別 対 談 定 期 購 読 の お 申 し 込 み は 角 川 グ ル ー プ 受 注 セ ン タ ー 「 本 の 旅 人 」 係 ま で 年 間 1000 円 ( 税 ・ 送 料 込 ) 〒 354-0041 埼 玉 県 入 間 郡 三 芳 町 藤 久 保 550-1 0049 -259 -1 100 h ttp : 〃 www.kadokawa. CO. jp/ ほ か

書斎の窓 2012年1・2月号


北 海 道 学 ス ラ ブ 研 究 セ ン タ ー 〔 ス ラ ブ ・ ユ ー ラ シ ア 晝 書 〕 原 暉 之 編 著 8 日 露 戦 争 と サ ハ リ ン 島 日 高 義 博 読 書 と 人 生 広 域 的 ・ 多 角 的 な 視 点 か ら 、 従 来 の 研 究 の 欠 落 部 分 を 埋 め 、 全 体 史 の 再 4 町 込 Ⅷ 399 。 円 構 築 を 目 指 す 国 際 共 同 研 究 の 最 新 の 成 果 ! 保 税 可 局 ー ー 刑 法 学 者 に よ る 百 学 百 話 神 よ ・ 著 者 の 専 門 家 と し て の 地 下 水 脈 を 形 作 っ て き た も 田 「 版 版 越 境 す る 日 韓 宗 教 文 化 : 。 櫻 井 義 秀 著 旺 格 の に 、 幅 広 い 書 物 と の 付 き 合 い が あ る 。 そ れ を 省 察 ー 韓 国 の 日 系 新 宗 教 日 本 の 韓 流 キ リ ス ト 教 日 韓 の 研 究 者 に よ る ト 8 [ 出 し 、 と き に 遊 び 、 直 感 と イ メ ー ジ 豊 か な 随 想 の 世 界 田 = 代 0 ラ ン ス ナ シ ョ ナ ル な 視 点 か ら の 現 状 を 分 析 ! 7350 円 学 は 限 り な く 広 い 。 読 書 と 人 生 Ⅱ 読 書 随 想 千 櫻 井 義 秀 墅 日 本 宣 教 の 戦 略 と Ⅲ 滞 独 随 想 Ⅳ 坐 忘 居 随 想 新 書 判 七 三 五 円 都 著 匕 店 中 西 尋 子 京 5 韓 日 祝 福 大 市 上 道 統 一 教 会 ー 東 2 元 ・ 現 役 信 者 へ の 聞 き 取 り 、 教 団 の 宣 教 戦 略 、 信 仰 と 生 活 構 造 な ど 総 幌 合 的 に 分 析 。 詳 細 な 実 証 研 究 に 基 づ く わ が 国 初 の 研 究 書 。 4935 円 札 修 市 民 の た め の コ ミ ュ ニ テ ィ ・ 0 専 ビ ジ ネ ス 人 門 0 譿 ゴ 信 仰 は ど の よ う に 継 承 さ れ る か ー 〒 徳 田 賢 ニ ・ 神 原 理 編 地 域 再 生 、 住 民 の 生 き が い 作 り な ー 創 価 学 会 に み る 次 世 代 育 成 日 本 最 大 の 新 宗 教 ・ 創 価 学 会 を 事 例 に 、 〒 ど に 取 り 組 む ビ ジ ネ ス の 入 門 と 実 践 編 。 一 六 八 〇 円 00q 》 》 0 円 大 規 模 調 査 に 基 づ き 信 仰 継 承 を 多 角 的 に 分 析 す る 。 4200 円 前 田 雅 英 究 込 構 る へ ま 円 じ 開 象 蜑 刑 法 各 論 講 義 【 第 5 版 】 展 田 大 前 田 刑 法 各 論 の 全 面 改 訂 版 。 刑 法 改 正 を 踏 ま え 、 最 新 判 例 、 重 要 論 点 ・ 学 説 表 円 的 を カ バ ー 。 事 実 に 即 し て 考 え 、 具 体 的 事 案 に 対 応 で き る 力 を 養 う 。 0 ク よ 大 を ー ) 5 の 3 ロ A 」 0 - 4725 円 樋 渡 展 洋 ・ 斉 藤 淳 編 圏 界 円 題 = = ロ 近 出 術 円 共 世 編 g を 吉 政 党 政 治 の 混 迷 と 政 権 交 代 学 学 の 当 小 泉 内 閣 以 降 、 一 一 〇 〇 九 年 の 政 権 交 代 を 経 て 現 在 に 至 る 日 本 の 政 覚 政 治 の 店 京 大 学 譜 い ) 一 戮 物 判 = 5 建 弩 的 世 4 族 混 迷 と そ の 原 因 を 、 新 選 挙 制 度 ・ 長 期 経 済 停 滞 に 着 目 し 、 実 証 的 に 分 析 。 京 響 大 系 論 私 帋 笹 倉 秀 夫 。 。 8 円 東 都 の 著 書 と 、 著 け 典 学 / " 近 る と 島 め 対 京 マ キ ア ヴ ェ ッ リ ・ ヘ ー ゲ ル ・ ヴ ェ ー バ ー 政 治 の 覚 醒 一 一 城 の 術 圭 日 呼 に 洋 部 変 社 容 、 画 俊 い 圏 国 家 と 個 人 と ナ シ ョ ナ リ ズ ム の 関 係 、 政 治 に 必 要 な 技 術 思 考 な ど 、 政 治 的 思 都 聖 秦 殺 . 解 ル 崧 絵 中 惟 の 本 質 を 、 三 人 の 政 治 思 想 家 へ の 深 い 洞 察 か ら 鋭 く 描 き 出 す 。 【 近 刊 】

書斎の窓 2012年1・2月号


い る だ ろ う し 、 現 地 説 明 会 の 開 催 が 報 理 解 を 得 ら れ る も の と 確 信 す る 。 ま た の 中 で 構 築 す る 仮 説 に 過 ぎ な い と い う 9 乙 道 さ れ な け れ ば 、 現 地 説 明 会 に 来 て く 私 は 、 大 学 ・ 大 学 院 を ア メ リ カ 合 衆 国 こ と で あ る 。 テ レ ビ で 邪 馬 台 国 の 女 王 れ る 一 般 の 方 々 も 増 え て は く れ な い 。 で 修 め た の で 、 合 衆 国 と 日 本 の 状 況 を 卑 弥 呼 の 行 動 な ど が 語 ら れ た り す る が 、 そ こ で 今 回 の 連 載 で は 、 文 化 財 保 護 対 比 さ せ な が ら 、 日 本 で は 「 当 た り 前 」 す べ て 仮 説 で あ る 。 こ の 当 然 の 現 実 が 窓 と し て 、 あ ま り と り あ げ ら れ る こ と が 一 般 に は 知 ら れ て い な い こ と が あ っ て 斎 や 博 物 館 、 あ る い は 考 古 学 を 取 り 巻 く 書 敬 馬 く こ と が あ る 。 し か し こ の こ と か 、 社 会 情 勢 な ど を 取 り 上 げ 、 考 古 学 が 現 な か っ た 現 実 を 出 来 る 限 り 紹 介 し た い 極 め て 重 要 な 問 題 を は ら ん で い る の で と 考 え て い る 。 在 で も 社 会 の 一 部 と し て 、 社 会 と い か あ る 。 例 え ば 我 々 が 古 墳 時 代 社 会 に つ に 密 接 に 結 び つ い て い る か を 説 明 し た 社 会 的 影 響 を 受 け る 考 古 学 い て 議 論 す る と き 、 我 々 は 社 会 の 流 行 い と 考 え た の で あ る 。 そ し て 、 考 古 学 の 存 在 に 目 を 向 け て い た だ く き っ か け ま ず ご 理 解 い た だ き た い の は 、 過 去 や そ の 時 そ の 時 に 学 界 で 支 配 的 な 考 え に し て い た だ き た い と 願 う 。 若 狭 氏 は 、 の 社 会 を 再 構 築 す る と い っ て も 、 タ イ 方 の 影 響 か ら 逃 れ る こ と は で き な い の 地 元 の 自 治 体 で 文 化 財 保 護 行 政 の 先 頭 ム マ シ ン は 存 在 し な い た め 、 そ れ は 現 で あ る 。 以 下 、 社 会 の 影 響 下 で い か に に 立 っ て こ ら れ た の で 、 読 者 諸 兄 の ご 代 社 会 に 生 き る 我 々 考 古 学 研 究 者 が 頭 考 古 学 研 究 の あ り 方 が か わ っ て く る か 、 的 円 と 円 の 円 史 円 冊 原 円 理 円 訳 英 学 著 お ネ 0 か 編 科 由 学 。 「 歴 , " の 史 ま か 煢 の 区 0 理 = 知 こ を 自 一 , 哲 』 学 基 期 想 一 職 の e 文 倫 瞿 田 認 と こ 編 中 を 文 和 - = 向 ム 修 前 思 レ の と 、 能 と 歩 , 田 造 の 鋭 の を 町 造 欲 な 敗 が 聡 〈 卩 何 論 の の ズ 一 房 京 一 口 は 的 子 、 脳 ニ ら カ へ 学 森 も 望 橘 性 響 構 和 学 外 せ ナ ロ ~ 力 解 江 倫 本 と ら 教 ト の 者 。 わ 草 昭 科 な 女 語 ′ ン さ メ 想 学 圏 日 史 ナ の さ 勁 カ 善 四 学 ド 女 的 哲 語 味 舌 し , 中 島 義 道 け い そ う