検索 - みる会図書館

検索対象: 書斎の窓 2012年1・2月号

書斎の窓 2012年1・2月号から 98件ヒットしました。

書斎の窓 2012年1・2月号


書 斎 の 窓 No. 6 1 1 2012 年 1 ・ 2 月 号 《 目 次 》 大 学 と 学 問 と ⑨ セ ミ ナ ー ・ : 苅 谷 剛 彦 表 Ⅱ 法 律 学 全 集 > 刊 行 記 念 ① ・ : 園 部 逸 夫 思 い 出 の 中 の 法 律 学 全 集 ( 行 政 法 ) 花 よ り 秤 ⑨ 公 共 性 に は 花 よ り 秤 ・ ・ : 森 際 康 友 ・ : 宮 塚 久 『 移 転 価 格 税 制 の フ ロ ン テ ィ ア 』 に 寄 せ て ・ 事 情 変 更 法 理 の 基 層 と し て の lex mercatoria と bona fides 『 再 交 渉 義 務 の 理 論 』 の 装 画 お よ び エ ピ グ ラ フ ・ 解 題 : ・ 石 川 博 康 奥 脇 直 也 リ レ ー 連 載 ・ 国 際 法 ⑩ 国 際 法 学 の す す め 千 田 實 東 日 本 大 震 災 と 田 舎 弁 護 士 震 災 か ら の 復 興 】 経 済 学 で 未 来 を 描 く ③ 完 ・ : 尾 山 大 輔 ・ 澤 田 康 幸 ・ 安 田 洋 祐 ・ 柳 川 範 之 塩 見 英 治 鬨 震 災 と 電 力 改 革 の 視 点 ・ : 植 田 和 弘 地 域 か ら の グ リ ー ン ・ ニ ュ ー デ ィ ー ル ・ 「 経 済 史 ー を あ る く ⑩ 完 井 上 準 之 助 研 究 ノ ー ト (ll) : : : 杉 山 伸 也 中 国 を 歩 く 、 世 界 を み る ① 丸 川 知 雄 「 未 曾 有 」 の 読 み 間 違 え か ら 考 え る 日 本 的 な 批 判 的 思 考 と は ・ : 楠 見 孝 『 批 判 的 思 考 力 を 育 む 』 の 発 刊 に よ せ て 心 が 分 子 に 出 会 う と き 【 精 神 薬 理 学 の 世 界 ⑨ ・ : 廣 中 直 行 = = 拠 か 人 を 癒 す の か ? ・ : 佐 々 木 憲 一 考 古 学 と 社 会 ① 考 古 学 と 現 代 社 会 ・ ・ 一 〇 〇 〇 に つ い て ー ー 会 員 制 「 電 子 書 籍 選 集 」 定 額 閲 覧 サ ー ビ ス : ・ 有 斐 閣 一 一 〇 一 一 年 新 刊 図 書 一 覧 ・ オ ン デ マ ン ド 商 品 一 覧 : 由 編 集 室 の 窓 : 崩 新 刊 案 内 ( 1 月 )• : 巻 末 〔 表 紙 〕 デ ザ イ ン Ⅱ 神 田 程 史 11 6 31 23 16

書斎の窓 2012年1・2月号


ン ド 印 刷 ・ 製 本 の 仕 組 み の 活 用 に よ る , 希 望 書 籍 一 冊 か ら の 製 本 ・ 販 売 1 の 収 載 書 籍 に つ い て 少 し 補 足 を し ま す 。 サ イ ト の 開 設 当 初 か ら し ば ら く は 法 律 書 に 限 定 し た 収 載 に な り ま す 。 初 期 の 収 載 候 補 と し て は , ま ず , ① こ れ ま で オ ン デ マ ン ド 書 籍 と し て 販 売 し て い る も の ( 新 書 等 一 部 を 除 く ) , ② 少 部 数 の 復 刻 版 販 売 を 目 的 と し て 限 定 的 に 復 刻 重 版 を し て き た 書 籍 を 対 象 に し ま し た 。 こ れ に ③ 1945 年 か ら 1989 年 ( 戦 後 か ら 昭 和 の 終 わ り ま で ) に 刊 行 さ れ た ② と 同 等 ク ラ ス の 単 行 本 , 論 文 集 , 講 座 等 を 加 え て い ま す 。 こ の 結 果 と し て , 当 初 は 法 律 書 が 多 く , 法 律 関 係 以 外 の 方 に お 勧 め す る に は ふ さ わ し い も の と な っ て お り ま せ ん 。 ま た , 電 子 書 籍 の 著 作 権 利 用 の 許 諾 を 含 む 準 備 に 想 定 よ り 時 間 が か か り , 次 に 述 べ る 仮 オ ー プ ン 時 に は 300 点 程 度 , 2012 年 4 月 の 本 格 オ ー プ ン 時 で も 500 点 程 度 に と ど ま る と 見 て い ま す 。 仮 オ ー プ ン ・ 本 格 オ ー プ ン 当 初 の サ ー ビ ス の 開 始 は , 2011 年 12 月 22 日 で , 仮 オ ー プ ン の 位 置 づ け で す 。 読 者 の 皆 様 の ご 希 望 や ご 要 望 を 承 る た め , 無 料 で す べ て の 書 籍 を ご 利 用 い た だ き , 使 い 勝 手 を よ り よ く す る た め の ご 希 望 や ご 意 見 ・ ア イ デ ア , ま た , 収 載 の 書 籍 に つ い て の ご 希 望 ・ ご 要 望 を , web サ ー ビ ス の 中 で い た だ け る よ う な 仕 組 み を 作 り ま す 。 2012 年 4 月 1 日 か ら 正 式 オ ー プ ン の 予 定 で す 。 月 額 1 , 000 円 相 当 ( 年 額 12 , 000 円 ) の 会 員 制 ・ 利 用 料 定 額 サ ー ビ ス と し て 本 格 運 用 を 開 始 し ま す 。 仮 オ ー プ ン で い た だ き ま し た ご 意 見 や ア イ デ ア や ご 希 望 を 多 く 採 り 人 れ , よ り 使 い や す い 便 利 な サ ー ビ ス に し て い き た い と 存 じ ま す 。 準 備 の で き た も の か ら 定 期 的 に 収 載 を 増 や し , ま ず 1000 点 の 収 載 を 目 指 し ま す 。 そ の 後 は , 原 則 的 に 半 年 ご と に 250 タ イ ト ル 程 度 増 や す こ と を 予 定 し て い ま す 。 今 後 の 展 開 予 定 1 こ の YDC1000 は , 前 述 の 通 り , ま 書 斎 の 窓 2 硼 2 ノ ・ 2 ず 当 初 法 律 書 ・ 法 学 書 か ら 収 載 し , 会 員 も 法 律 関 係 の 研 究 者 や 図 書 館 等 を 想 定 し ま す が , 対 象 を 広 げ , 広 く 政 治 学 ・ 経 済 学 等 の 社 会 科 学 , 社 会 学 ・ 心 理 学 等 の 人 文 科 学 の 分 野 も カ バ ー し た 書 籍 群 を 収 載 し て い き ま す 。 2 当 初 は 一 定 金 額 の 会 員 制 の サ ー ビ ス で す が , 近 い 将 来 「 大 学 の 先 生 方 が 教 科 書 採 用 に 当 た っ て , 事 前 に 書 籍 の 内 容 を 確 認 で き る 。 電 子 献 本 サ ー ビ ス " サ イ ト 」 「 電 子 書 籍 を 購 人 で き る 電 子 書 店 」 も 兼 ね る も の に 発 展 さ せ た い と 考 え て い ま す 。 3 現 在 , 弊 社 の 出 版 物 の み の web サ ー ビ ス で す が , な る べ く 早 い 段 階 で , こ の 仕 組 み そ の も の を 他 の 出 版 社 に も お 使 い い た だ き , 一 定 の 料 金 で , い ろ い ろ な 出 版 社 か ら 発 行 さ れ た 書 籍 を も 閲 覧 で き る サ ー ビ ス と し て , 発 展 さ せ る こ と を 目 指 し ま す 。 現 在 で は な か な か 手 に 人 り に く い 過 去 の 書 籍 に 込 め ら れ た 先 人 の 叡 智 と , 現 在 の 書 籍 に 込 め ら れ た 現 代 の 叡 智 と を 検 索 ・ 閲 覧 し て 学 べ る 場 で あ り , さ ら に こ の サ ー ビ ス 内 の 電 子 書 籍 が 電 子 書 籍 同 士 で 連 携 し , 引 用 部 分 や 参 考 文 献 か ら 対 象 の 電 子 書 籍 に リ ン ク が 貼 ら れ , 先 人 の ・ 現 代 の 叡 智 を す べ て の 人 が 電 子 的 に 容 易 に 享 受 で き る 仕 組 み ( 「 叡 智 の 海 」 と 名 付 け て い ま す ) も 実 現 し た い と 考 え て い ま す 。 こ れ ま で 電 子 書 籍 元 年 と 。 何 度 も " わ れ て き ま し た 。 で す が , ま だ ま だ 専 門 書 に お い て は 電 子 書 籍 は 身 近 な も の と は な っ て お り ま せ ん 。 し か し , こ う し た 専 門 書 に 特 化 し た 新 し い 試 み の サ ー ビ ス が 受 け 人 れ ら れ , よ り 便 利 な も の と し て 育 ち , 皆 様 の お 役 に 立 て る よ う に な り た い と 念 じ て お り ま す 。 ど う か 温 か く 見 守 る と 同 時 に , 大 い に 利 用 し て い た だ き , 意 見 ご 要 望 を お 寄 せ い た だ け れ ば 幸 い に 存 じ ま す 。 〔 取 締 役 ・ 電 子 メ デ ィ ア 開 発 室 長 〕 74 鈴 木 道 典

書斎の窓 2012年1・2月号


29932 ー 0 29936 ー 8 29934 ー 4 29931 ー 3 29939 ー 9 29940 ー 5 17383 ー 5 90628 ー 9 90627 ー 3 90626 ー 2 90625 ー 4 90624 ー 6 A5 判 3 , 780 円 グ リ ー ン ・ ニ ュ ー デ ィ ー ル と 財 政 政 策 ( 財 政 研 究 第 7 巻 ) 日 本 財 政 学 会 編 A5 判 5 , 250 円 企 業 家 研 究 第 8 号 ( 2011 ) 企 業 家 研 究 フ ォ ー ラ ム 編 B5 判 3 , 150 円 立 教 ヒ ジ ネ ス レ ヒ ・ ユ ー 第 4 号 立 教 経 営 学 会 編 B5 判 1 , 800 円 社 会 と 調 査 第 6 号 ( 社 ) 社 会 調 査 協 会 編 B5 判 1 , 260 円 社 会 と 調 査 第 7 号 ( 社 ) 社 会 調 査 協 会 編 B5 判 1 , 260 円 環 境 社 会 学 研 究 第 17 号 環 境 社 会 学 会 編 B5 判 2 , 625 円 志 向 性 と 因 果 ( 哲 学 雑 誌 第 126 巻 第 798 号 ) 哲 学 会 編 A5 判 3 , 570 円 2011 年 度 に 追 加 さ れ た オ ン デ マ ン ド 商 品 一 覧 小 社 の ISBN の 出 版 社 コ ー ド は 「 4 ー 641 」 で す 。 定 価 は 税 込 価 格 で す 。 ご 注 文 は , e-mail : [email protected] へ お 願 い い た し ま す 。 百 貨 店 の 生 成 過 程 藤 岡 里 圭 著 4 , 830 円 所 得 税 ・ 法 人 税 の 課 税 べ ー ス 租 税 法 学 会 編 租 税 法 研 究 第 17 号 5 , 460 円 租 税 特 別 措 置 と 法 人 税 制 租 税 法 学 会 編 租 税 法 研 究 第 19 号 5 , 670 円 刑 事 司 法 の 大 転 換 日 本 法 社 会 学 会 編 法 社 会 学 72 6 , 720 円 議 員 行 動 の 政 治 経 済 学 一 自 民 党 支 配 の 制 度 分 析 建 林 正 彦 著 5 , 880 円 書 斎 の 窓 2 2 7 ・ 2 76

書斎の窓 2012年1・2月号


あ る よ う だ 。 例 え ば 、 遺 跡 の 発 掘 調 査 っ た こ と 。 第 一 一 に 、 歴 史 学 の 大 き な 枠 る 考 古 学 教 育 は 理 論 研 究 を 日 本 以 上 に 報 告 書 の 最 終 ペ ー ジ の 「 報 告 書 抄 録 」 大 切 に す る 。 考 古 学 に 限 ら ず 、 ど の よ 組 み の 中 で 、 文 献 史 学 に は で き な い 、 の 表 に 、 「 特 記 事 項 」 と い う 欄 が あ 「 考 古 学 に し か で き な い 貢 献 は 、 遺 跡 や う な 研 究 も 学 問 全 体 に 貢 献 し て い る こ て 、 発 掘 調 査 の 意 義 ( つ ま り 、 お 金 を 土 器 の 正 確 な 観 察 と 記 述 に 基 づ い て 歴 と を 意 識 し て ア ピ ー ル す る 必 要 性 が 高 窓 か け た こ と の 意 義 ) を 簡 単 に 記 人 す る 史 を 再 構 築 す る こ と で あ る か ら 、 大 学 い の で あ ろ う 。 人 類 学 科 に お か れ る 考 斎 書 こ と に な っ て い る 。 こ の 欄 が 空 欄 の 報 レ ヴ ェ ル の 考 古 学 教 育 も 、 土 器 ・ 石 器 古 学 専 攻 の 場 合 は 、 考 古 学 が 社 会 構 造 告 書 を 散 見 す る の は 悲 し い 現 実 で あ る 。 の 正 確 な 観 察 と 記 述 に 大 き な 比 重 が お ま で 議 論 を 及 ぼ さ な い と 、 考 古 学 の ポ こ れ に は 様 々 な 理 由 が 考 え ら れ る 。 ひ か れ て い る こ と で あ る 。 ス ト が 民 族 学 に 置 き 換 え ら れ る の で は と つ は 、 戦 前 の 日 本 考 古 学 界 が 、 遺 跡 な い か と い っ た 危 機 感 が 考 古 学 研 究 者 ア メ リ カ 考 古 学 の 場 合 の 間 で あ る よ う だ 。 や 土 器 の 社 会 的 背 景 を 議 論 す る こ と が 皇 国 史 観 に 抵 触 す る の で は な い か と い ア メ リ カ 合 衆 国 で は 、 大 学 に も よ る 私 が 一 九 八 〇 年 代 前 半 に 学 部 生 活 を う 恐 れ か ら 、 そ う い っ た 議 論 を 避 け て 、 だ ろ う が 、 状 況 は 日 本 と 逆 の ケ ー ス が 送 っ た ミ シ ガ ン 大 学 は 特 に そ う い っ た 遺 跡 や 土 器 の 記 述 に 終 始 す る 傾 向 が あ 極 め て 多 く 、 大 学 、 特 に 大 学 院 に お け 傾 向 が 強 か っ た 。 一 、 二 年 生 向 け 「 先 ち 旅 死 の フ み ス へ の 角 川 書 店 の 読 書 ・ 総 合 誌 グ ン し ス も レ 明 ト な ド . ね 々 ・ . け ・ 人 シ カ イ ツ の る ン ド で す ポ な ノ セ サ ゼ で ク 工 円 ジ 0- 年 ◆ 望 0 ノ ◆ 下 ◆ き 希 価 チ ◆ ◆ 子 ◆ 子 2 づ ◆ 1 本 の 旅 人 定 ◆ ニ よ 一 恵 子 め み 月 メ 庭 山 ア ・ 村 本 0 上 原 わ 井 酸 道 戸 村 桜 ,? 平 」 刊 ・ 飴 榎 思 川 西 ス 酒 辛 霊 瀬 花 2012 January 豪 華 執 筆 陣 に よ る 連 載 小 説 ・ エ ッ セ イ を は じ め 、 幅 広 い ジ ャ ン ル の コ ラ ム 、 話 題 の 新 刊 紹 介 な ど 、 読 書 人 の た め の 新 鮮 な 情 報 を 満 載 ! 特 別 対 談 定 期 購 読 の お 申 し 込 み は 角 川 グ ル ー プ 受 注 セ ン タ ー 「 本 の 旅 人 」 係 ま で 年 間 1000 円 ( 税 ・ 送 料 込 ) 〒 354-0041 埼 玉 県 入 間 郡 三 芳 町 藤 久 保 550-1 0049 -259 -1 100 h ttp : 〃 www.kadokawa. CO. jp/ ほ か

書斎の窓 2012年1・2月号


」 新 こ YDCIOOO に つ い て 会 員 制 「 電 子 書 籍 選 集 」 定 額 閲 覧 サ ー ビ ス を き = 第 : 物 を を い 窰 物 鬱 ま 第 タ を ス ト 行 幸 物 、 い 物 を を 第 % YDC 1000 を を な 寒 ー = 物 、 第 , 第 第 物 第 盟 含 第 い 第 ミ 第 ” : 当 を れ い “ 第 第 イ 第 社 ・ 第 ま 物 法 、 第 烹 法 、 法 学 第 第 公 法 と 私 法 田 中 ニ 郎 著 第 1955 年 6 月 刊 第 第 公 法 と 私 法 、 公 沸 こ お け る 私 法 規 第 行 学 、 挙 学 第 、 を 物 ま の : の 定 適 和 ) 限 界 、 公 法 上 の 不 当 利 物 : 第 一 学 得 、 市 町 村 長 の 不 正 倍 と 市 町 村 の 査 任 及 ひ 公 物 と そ の 所 有 犠 等 を 取 め る 。 有 斐 閣 の 月 L000 円 相 当 で 電 子 書 籍 が 読 み 放 題 ! ! 法 ・ 法 物 学 - = 法 学 ・ 法 御 、 - ・ 〔 を ま 病 政 ま 法 重 境 ま 民 法 一 般 民 法 法 価 権 総 論 償 権 重 王 鑞 版 上 劍 上 ま 匳 と : ま 翹 坦 こ 要 各 論 験 を 物 第 不 動 産 ま 島 法 ー 第 島 行 第 会 社 法 手 小 切 手 ま 載 第 第 度 ・ 載 ま ー 民 事 新 ま 民 事 羅 行 ・ 保 全 法 破 を ま を 法 ま 刻 事 新 法 事 学 ・ 法 社 会 第 法 経 法 オ 産 ま 第 法 、 法 ・ 取 引 ま 法 督 学 ・ 法 会 争 法 制 史 勢 第 ま YDC と は , Yuhikaku Digital Con- こ と に な り ま す 。 tents の 頭 文 字 で あ り , 1000 は , サ ー ビ サ ー ビ ス の 7 つ の 特 徴 ス 開 始 当 初 の コ ン テ ン ツ 数 の 予 定 が 1 研 究 や 執 筆 に 当 た っ て 参 照 さ れ る こ 1000 点 で あ る こ と か ら 名 付 け ら れ ま し と が 多 い と 思 わ れ る 有 斐 閣 の 古 典 的 な た が , 音 が 「 選 」 と も 通 し 多 い こ と を 表 す 「 千 」 の 意 味 も 込 め て い ま す 。 も ち 書 籍 を 中 心 に 収 載 2 専 門 書 の 検 索 に 特 化 し た 書 誌 検 索 に ろ ん , 1000 点 に と ど ま る こ と は な く , 2000 , 3000 と 書 籍 を 増 や し て い き た い と ど ま ら な い 目 次 ・ 索 引 の 詳 細 検 索 機 能 と 計 画 し て い ま す 。 こ の サ ー ビ ス は , 第 一 段 階 で , ま ず は 3 す べ て の 書 籍 が , 月 額 1 , 000 円 相 当 な か な か 手 に 人 り に く い 古 典 的 な 文 献 ( 年 額 12 , 000 円 ) の 定 額 で 読 み 放 題 を , 安 価 で 研 究 者 ・ 実 務 家 等 の 皆 様 に 4 イ ン タ ー ネ ッ ト に つ な が っ て い れ ば Web サ イ ト 上 で い つ で も ど こ で も 閲 提 供 し , 研 究 や 執 筆 の 際 に ご 利 用 い た だ 読 で き る 仕 組 み く , あ る い は 現 在 の 問 題 へ の 解 決 の 糸 口 5 ダ ウ ン ロ ー ド し て モ バ イ ル 機 器 に 持 と し て 原 点 に 立 ち 返 る べ く 調 査 を し た い ち 出 し て 一 定 期 間 閲 読 で き る 仕 組 み も と い っ た 場 合 に も ご 利 用 い た だ く , と い 付 随 ( 予 定 ) う こ と を 目 的 と し て い ま す 。 6 引 用 等 に 必 要 な テ キ ス ト の 抽 出 や 必 以 下 , 「 YDC1000 」 の サ ー ビ ス に つ 要 な ペ ー ジ ご と の 印 刷 の 機 能 ( 予 定 ) い て ご 説 明 し ま す 。 2011 年 12 月 の ち ょ 7 電 子 的 に 閲 読 で き る 書 籍 を よ り 読 み う ど こ の 「 書 斎 の 窓 」 が 皆 様 の お 手 元 に や す い 「 紙 」 で も 読 め る よ う オ ン デ マ 届 い た こ ろ に , 仮 オ ー プ ン を 迎 え て い る 書 斎 の 窓 2 硼 2 7 ・ 2 0 魯 “ 2 ま 、 0 75

書斎の窓 2012年1・2月号


の 価 費 カ 論 検 題 る 適 企 が 4 ー コ と 言 寸 声 機 正 業 章 考 と 用 七 し あ る い の を 運 な が か に ん つ て で も 架 カ 日 が っ 担 し ー っ 六 法 最 新 版 ! 図 が た 取 あ 、 本 喬 ー 高 分 れ 近 ん い 示 重 り り 本 時 参 を か を ま て 照 さ 要 書 試 移 法 2012 ( 平 成 24 年 版 ) 多 で み 転 的 か 判 移 れ 問 め て 模 範 六 法 採 た 価 な に 転 て 題 契 く と の お に 約 も 格 観 判 持 価 比 り の い り ケ 上 の 税 点 、 断 ち 格 べ く や っ ☆ 追 録 贈 呈 ( 山 : : こ 18 円 ) る 米 い 血 げ で 制 か を 込 課 判 例 六 法 編 修 委 員 会 [ 編 ] 5 , 670 円 仰 み 税 て 幵 彡 た あ と 国 ス の 、 資 を 事 る 実 の 、 を 模 範 小 六 法 ☆ 追 録 贈 呈 。 務 分 う 法 受 泥 本 裁 産 通 例 企 と 析 と 的 書 判 の は と け じ 判 例 六 法 編 修 委 員 会 [ 編 ] 2 , 730 円 業 す 差 第 所 て 僅 は 理 評 に た デ ィ リ ー 六 法 編 修 代 表 鎌 田 薫 1 , 890 円 ッ 性 わ て れ 税 期 じ 例 の り し 、 公 務 員 試 験 六 法 2013 、 当 待 も ク と れ 課 て そ 移 増 論 税 繋 る 税 安 局 ス 予 は で 三 省 堂 編 修 所 [ 編 ] 2 , 730 円 。 強 易 の の 車 云 え が 企 プ 測 き に る 対 る ー 業 そ 化 に 裁 る 理 価 ラ 可 し と ン 能 の を 通 解 説 教 育 六 法 2011 で の 国 = 性 結 図 達 崇 と て 課 、 そ が 課 あ の 深 税 が 裁 税 解 説 教 育 六 法 編 修 委 員 会 [ 編 ] 改 ろ ン が 果 る 当 ☆ 追 録 贈 呈 2 , 730 円 こ 正 に 予 判 ク 。 プ め つ 所 局 ら 対 想 。 争 も ま 納 と ロ 判 例 付 き 7 去 ( が と 谷 れ 税 も れ す さ セ 知 的 財 産 権 六 法 2011 な 己 攵 。 基 れ 判 の を 易 ば 者 る て ス く 正 準 、 断 間 い 関 を の 同 に 2 , 0 円 角 田 政 芳 [ 編 ] を は 経 、 裁 め な 企 法 な を の く ッ い 規 が 判 小 理 り 業 的 る 実 る ド イ ツ 上 地 登 記 法 安 と 施 整 、 と を す の さ 課 が ま 通 事 め タ 定 . し と ひ 石 川 清 ・ 小 西 飛 鳥 [ 著 ] 4 , 410 円 コ ン メ ン タ ー ル NTT 法 る ! 気 . イ 罸 = み ロ ロ 石 岡 克 俊 [ 編 著 ] 。 と に 本 れ の め や 武 い 込 必 書 を 精 神 障 害 法 か ん 要 ー 器 乗 か ひ を な だ な り は 池 原 毅 和 [ 著 ] 3 , 570 円 侍 日 越 っ 理 さ し 、 し 論 課 え 移 る よ く わ か る 建 築 の ト ラ ブ ル Q & A よ 転 や 税 り 第 2 版 で 考 当 月 カ っ ' 価 と 格 え 局 あ 安 藤 一 郎 [ 著 ] 2 , 18 円 と る 方 と な す 課 フ ラ ン ス 法 第 4 版 。 を る 税 れ の ば 納 に 本 ふ 理 滝 沢 正 [ 著 ] 3 , 990 円 幸 税 屈 書 / レ ロ き 士 い 者 せ が だ め 〒 101 ・ 8371 東 京 都 千 代 田 区 三 崎 町 2 ・ 22-14 谷 03 ( 3230 ) 9411 [ 編 集 ] く 価 格 は 税 込 〉 、 ん で が ず の http: 〃 www.sanseido. CO. jp/ 、 納 に 議 あ 勇 書 斎 の 窓 2 硼 2 7 ・ 2 = 省 、 堂 0 6 , 825 円 西 村 あ さ ひ 法 律 事 務 所 弁 護 士 ) 15

書斎の窓 2012年1・2月号


や 自 家 発 電 、 燃 料 電 池 な ど で あ る 。 わ 築 、 節 電 と 省 エ ネ 体 制 の 定 着 、 自 由 化 が 国 で は 、 全 国 の 発 電 量 に 占 め る 再 生 の 促 進 の た め に は 、 ス マ ー ト グ リ ッ ド エ ネ ル ギ ー の 割 合 は 一 % ( 水 力 を 除 く ) ( 次 世 代 送 信 網 ) の 整 備 が 欠 か せ な い 。 と 極 め て 低 い が 、 日 本 の 持 て る 技 術 を こ れ は 、 電 力 と 通 信 の 融 合 に よ る も の で 、 双 方 向 通 信 機 能 を 持 た せ た ス マ ー 躯 使 し て そ の 水 凖 を 高 め ね ば な ら な 、 0 ト メ ー タ ー ( 次 世 代 電 力 計 ) を 使 用 し 、 現 在 で は 、 ま だ 発 展 途 上 に あ り 課 家 庭 、 工 場 、 事 業 所 の 電 力 需 要 を リ ア 題 が 多 い 。 克 服 す べ き 障 害 の 一 つ が 、 経 済 性 で あ る 。 そ れ ぞ れ の 電 源 の 特 徴 ル タ イ ム で 把 握 し 電 力 の 流 れ を 自 動 で を と ら え 、 地 域 特 性 に 応 じ て マ ネ ジ メ 調 整 す る シ ス テ ム で あ る 。 を 駆 使 し エ ネ ル ギ ー 効 率 が 高 ま る 環 境 配 慮 型 ン ト し て い く エ 夫 、 固 定 価 格 買 取 り 制 の 都 市 は ス マ ー ト シ テ ィ と 称 さ れ 、 省 度 の 充 実 と 工 夫 が 求 め ら れ る 。 さ ら エ ネ 社 会 を 実 現 す る 試 み と し て 注 目 を に 、 需 要 サ イ ド に 力 点 を お い た 節 電 と 浴 び て い る 。 今 後 は 、 こ れ ら の ス マ ー 省 エ ネ へ の 政 策 転 換 の 方 向 性 が 必 要 と ト ク リ ・ ツ ド や 電 力 計 の 導 入 を 促 す 制 度 な る 。 以 上 の 分 散 型 ネ ッ ト ワ ー ク の 構 概 論 ル ソ ー の 政 治 思 想 ー ー 自 然 と 歴 史 の 対 立 お よ び そ の 止 揚 「 類 ま れ な 弁 証 法 的 精 神 の 持 ち 主 」 ル ソ ー の 土 橋 貴 Ⅱ 著 政 治 思 想 の 特 質 を 探 る 。 開 発 主 義 の 構 造 と 心 性 ー ー 戦 後 日 本 が ダ ム で み た 夢 と 現 実 佐 久 間 ダ ム 建 設 と 映 画 「 佐 久 間 ダ ム 」 の 「 開 発 イ メ 1 ジ 」 か ら 町 村 敬 志 日 著 戦 後 の 共 通 体 験 と し て の 開 発 主 義 を 展 望 。 七 七 七 〇 円 現 代 に 生 き る 内 村 鑑 三 ー ー ー 人 間 と 自 然 の 適 正 な 関 係 を 求 め て 内 生 誕 一 五 〇 周 年 の 今 年 、 そ の 言 葉 か ら 激 動 の 現 代 日 本 社 会 を 振 り か え る 。 案 一 浦 永 光 Ⅱ 著 説 原 発 ・ 再 生 文 化 論 新 類 似 の 法 則 幻 3 ・ 以 後 の わ れ わ れ を 問 い 、 日 本 及 び 日 本 人 の 川 元 祥 一 Ⅱ 著 ニ 七 三 0 円 グ ラ ン ド デ ザ イ ン を 提 言 。 四 六 ニ 0 円 の 整 備 や 技 術 開 発 の 促 進 が 要 と な る 。 ( 注 ) ( 1 ) 欧 米 の 代 表 的 電 力 自 由 化 モ デ ル と わ が 国 に お け る 自 由 化 促 進 の 経 過 に つ い て は 、 塩 夘 見 英 治 編 著 ( 二 〇 一 一 年 ) 『 現 代 公 益 事 業 』 窓 の 第 5 章 を 参 照 の こ と 。 ( 2 ) 八 田 達 夫 ( 一 一 〇 一 一 年 ) 「 新 東 電 の 設 計 斎 書 図 」 『 震 災 か ら の 経 済 復 興 の 提 言 』 東 洋 経 済 新 報 社 、 七 一 5 八 一 一 頁 。 ( 3 ) 青 木 昌 彦 ( 二 〇 一 一 年 ) 「 原 発 事 故 か ら 学 ぶ ( 上 ) ー 危 機 に 強 い 産 業 組 織 築 け 」 日 本 経 済 新 聞 社 、 八 月 四 日 号 。 ( 4 ) 澤 昭 裕 ( 二 〇 一 一 年 ) 「 発 送 電 分 離 論 こ こ が お か し い 」 『 WEDGE 』 一 一 月 号 一 四 5 一 七 頁 。 ( 5 ) ス マ ー ト ネ ッ ト ワ ー ク と ス マ ー ト グ リ ッ ド の 詳 細 に つ い て は 、 塩 見 英 治 編 著 ( 二 〇 一 一 年 ) 『 現 代 公 益 事 業 』 第 凵 章 を 参 照 の こ と 。 ( し お み ・ え い じ 中 央 大 学 経 済 学 部 教 授 ) ま d 本 書 区 闢 京 ⅶ 文 8 。 茶 0 9 /

書斎の窓 2012年1・2月号


設 置 し た 明 治 大 学 で 考 古 学 を 講 じ る を 志 願 し て く れ る 学 生 の 数 が 減 少 し て 社 会 の 一 部 と し て の 考 古 学 佐 々 木 と 、 群 馬 県 群 馬 町 ( 現 在 の 高 崎 き て い る こ と 。 他 大 学 で も こ の 状 況 は 考 古 学 と は 、 土 器 ・ 石 器 な ど 過 去 の 市 の 一 部 ) に お い て 、 開 発 で 破 壊 さ れ 深 刻 で あ る 。 ま た 遺 跡 を 発 掘 調 査 し て 、 る 予 定 の 遺 跡 の 発 掘 調 査 、 古 墳 群 の 保 そ の 現 場 で 発 掘 成 果 を 週 末 に 一 般 公 開 人 々 が 作 り 、 使 っ た も の や 、 住 居 跡 、 古 墳 な ど の 墓 、 集 落 跡 と い っ た 遺 跡 を 存 と 史 跡 整 備 事 業 、 そ の 成 果 を 展 示 す す る 現 地 説 明 会 に 来 て く だ さ る 方 の 大 る 博 物 館 の 企 画 ・ 運 営 に 、 明 治 大 学 卒 半 が お 年 を 召 し た 方 々 で あ る と い う 現 分 析 し て 、 歴 史 の 再 構 築 を 試 み る 学 問 業 以 来 尽 力 し て こ ら れ た 若 狭 徹 氏 と で 、 実 。 さ ら に 、 一 一 〇 〇 〇 年 一 一 月 に 明 ら で あ る 。 歴 史 の 再 構 築 を 目 指 す か ら 、 か と な っ た 前 期 中 期 旧 石 器 時 代 遺 跡 捏 歴 史 学 の 一 分 野 に 位 置 づ け ら れ る 。 交 互 に 担 当 す る 予 定 で あ る 。 こ の テ ー マ を 選 ん だ の に は 様 々 な 理 造 問 題 の 反 映 で あ ろ う 、 新 聞 ・ マ ス コ 7 今 回 縁 あ っ て 、 一 〇 回 に 亘 っ て 考 古 ミ が 考 古 学 の 調 査 研 究 成 果 を 一 九 七 〇 、 学 に 関 す る エ ッ セ イ を 連 載 す る 機 会 を 由 が あ る 。 ひ と つ は 、 近 年 の 日 本 社 会 に お け る 考 古 学 へ の 関 心 の 低 下 が あ る 。 与 え ら れ 、 「 考 古 学 と 社 会 」 と い う テ 八 〇 、 九 〇 年 代 ほ ど 取 り 上 げ て く れ な 窓 く な っ た こ と 。 こ れ も 、 特 に 大 学 で の 斎 ー マ を 選 ぶ こ と に し た 。 執 筆 は 、 考 古 例 え ば 、 日 本 考 古 学 界 を こ れ ま で 牽 引 書 学 専 攻 を 日 本 の 私 立 大 学 と し て 初 め て し て き た 明 治 大 学 で さ え 、 考 古 学 専 攻 専 攻 を 決 め る 若 者 に は 大 き く 影 響 し て 〔 連 載 〕 考 古 学 と 社 会 考 古 学 と 現 代 社 会 佐 々 木 憲 第 1 回

書斎の窓 2012年1・2月号


〔 連 載 〕 中 国 を 歩 く 、 世 界 を み る 「 未 曾 有 の 読 み 間 違 え か ら 考 え る だ が 、 中 国 語 を 知 る 身 か ら す る と 、 や ら 大 勢 は 「 ゆ う 」 で 、 仏 典 に 出 て く 麻 生 元 首 相 の 「 み ぞ ゅ う 」 こ の 騒 動 の そ も そ も の 原 因 は 日 本 語 に る よ う な 一 一 一 一 口 葉 は 「 う 」 と い う 使 い 分 け 一 一 〇 〇 八 年 、 当 時 首 相 だ 「 た 麻 生 太 お け る 漢 字 の 読 み 方 が 複 雑 す ぎ る こ と の よ う だ が 、 ど の 場 合 も 要 す る に 「 あ 郎 氏 が 「 未 曾 有 」 を 「 み ぞ ゅ う 」 と 読 に あ り 、 「 未 曾 有 」 を 「 み ぞ ゅ う 」 で る 」 と い う 意 味 な の で 、 読 み 分 け る 必 み 間 違 え た と い う の で マ ス コ ミ で ず い 読 ん で し ま う の も し か た が な い よ う に 要 な ど 本 来 な い よ う に 思 え る 。 ぶ ん 叩 か れ た 。 そ れ を み て 大 人 た ち は 、 思 え る 。 中 国 語 で は 「 有 」 と い う 字 に 中 国 語 で は ほ と ん ど の 字 は 一 つ の 読 表 向 き は 「 首 相 と も あ ろ う も の が な ん は 「 ヨ ウ 」 と い う 読 み 方 し か な い の に 、 み 方 し か な い 。 ま れ に 二 つ の 読 み 方 が て 無 教 養 な 」 と 呆 れ て 見 せ た か も 知 れ 日 本 語 で は 有 無 や 未 曾 有 の 時 は 「 う 」 、 あ る 字 も あ る 。 例 え ば 「 角 」 と い う 字 な い が 、 内 心 で は 、 か っ て 自 分 が 漢 字 保 有 、 有 機 、 有 償 な ど の 時 は 「 ゆ う 」 は 、 「 つ の 」 だ と か 「 か ど 」 を 表 す と 2 を 読 み 間 違 え た こ と な ど を 思 い 出 し た と 読 み 分 け な け れ ば な ら よ い 。 同 じ き は ジ ャ オ (jiao) 、 芝 居 の 配 役 と い り し て 秘 か に 赤 面 し た の で は な い だ ろ 「 有 為 」 で も 「 有 為 の 青 年 ー と 書 い て う 意 味 の 時 は ジ ュ エ (jue) と 使 い 分 う か 。 実 際 、 こ の 事 件 の あ と 『 読 め そ あ れ ば 「 ゆ う い , と 読 み 、 「 有 為 転 変 、 け ら れ て い る 。 あ る い は 、 「 給 」 と い 窓 う で 読 め な い 間 違 い や す い 漢 字 』 と い と 書 い て あ れ ば 「 う い 」 と 読 ま な け れ う 字 は 、 「 あ げ る 」 と い う 意 味 で 使 う 斎 書 う 本 が ベ ス ト セ ラ ー に な っ た そ う だ 。 ば な ら ず 、 お よ そ 規 則 性 が な い 。 ど う と き は ゲ イ (gei) 、 供 給 と い う 一 言 葉 で 丸 川 知 雄 第 1 回

書斎の窓 2012年1・2月号


法 律 学 全 集 DVD 刊 行 記 念 連 載 第 1 回 一 懐 か し い 思 い 出 私 が 、 昭 和 三 〇 年 代 か ら 四 〇 年 代 に 政 か け て 、 京 都 大 学 助 教 授 と し て 学 究 生 打 逸 活 を 送 「 た こ ろ 、 法 律 学 全 集 が 本 棚 一 杯 の 山 と な り 始 め た と き は 、 ま さ に 壮 観 と い う べ き 有 様 で あ っ た 。 今 も 、 行 政 法 関 係 の 法 律 書 は 次 々 と 刊 行 さ れ て 園 い る が 、 こ れ だ け 壮 大 な 全 集 を 刊 行 す る こ と は な く な っ て お り 、 と 言 っ て 、 >Q に 、 全 法 律 学 分 野 八 八 巻 ・ 一 八 八 法 令 の 改 正 が 相 次 ぐ 状 況 の 現 今 の 状 況 冊 ( 一 九 五 七 5 一 九 八 五 ) を 一 挙 収 録 の 下 で 、 版 を 重 ね る こ と は 困 難 で あ り 、 し た の は 、 文 字 通 り 、 快 挙 と い う べ き い ま の 住 宅 状 況 で は 、 こ れ だ け の 書 物 で あ ろ う 。 ま こ と に ご 同 慶 の 至 り で あ る 。 を 入 れ て 収 納 す る 本 箱 を 家 庭 に 置 く こ と は 困 難 に な っ て い る 。 他 方 、 先 人 の 法 律 学 全 集 の 行 政 法 分 野 ( 国 会 法 、 業 績 を 座 右 に 置 き た い と い う 要 望 も あ 選 挙 法 、 行 政 法 総 論 、 行 政 組 織 法 、 公 る こ と は 疑 い が な い 。 有 斐 閣 が 、 電 子 務 員 法 、 地 方 自 治 法 、 行 政 争 訟 法 、 国 メ デ ィ ア と い う 形 で 、 読 者 特 に 現 在 及 家 補 償 法 、 財 政 法 、 租 税 法 、 警 察 法 、 び 未 来 の 若 い 読 者 の 要 望 に 応 え る べ く 、 防 衛 法 、 公 企 業 法 、 公 物 営 造 物 法 、 公 窓 い ま や 日 本 行 政 法 学 の 古 典 と な っ た 法 用 負 担 法 、 交 通 法 ・ 通 信 法 、 土 地 法 、 斎 書 律 学 全 集 ( 行 政 法 分 野 全 一 一 一 巻 ) を 水 法 、 教 育 法 、 医 事 ・ 衛 生 法 ) で 初 め 思 い 出 の 中 の お 律 学 全 集 立 ロ 学 集 行 政 法 総 論 を 田 中 ニ 郎 有 変 盟 法 律 学 全 集 6 「 行 政 法 総 論 』 田 中 ニ 郎 [ 著 ] 1957 年 刊