検索 - みる会図書館

検索対象: 書斎の窓 2012年9月号

書斎の窓 2012年9月号から 88件ヒットしました。

書斎の窓 2012年9月号


2012 年 7 月 の 新 刊 12475 ー 2 国 際 民 事 手 続 法 〔 第 2 版 〕 本 間 靖 規 ・ 中 野 俊 一 郎 00108 一 4 旧 法 令 集 ー 平 成 改 正 版 宏 暫 是 鬱 、 峵 郎 ( 小 社 の ISBN の 出 版 者 コ ー ド は 「 978-4 ー 641 」 で す ) ISBN 書 名 編 著 者 ・ 酒 井 一 著 ・ 西 田 典 之 ・ 判 型 ・ シ リ ー ズ 定 価 ( 税 込 ) 12450 ー 9 北 ・ 東 北 ア ジ ア 地 域 交 流 史 姫 田 光 義 編 13625 ー 0 民 法 入 門 〔 第 7 版 〕 川 井 健 著 17387-3 リ ス ク の 社 会 心 、 理 学 中 谷 内 一 也 編 29950-4 企 業 家 研 究 第 9 号 ( 2012 ) 企 業 家 研 究 フ ォ 13124-8 国 際 化 の 中 の 企 業 課 税 の 動 向 租 税 法 学 会 編 ー ラ ム 編 B6 判 ア ル マ A ア ル マ I A5 判 A5 判 B5 判 租 税 法 研 究 40 4 , 200 1 , 890 2 , 100 4 , 095 3 , 150 3 , 150 3 , 360 ISBN 書 名 2012 年 8 月 の 新 刊 編 著 者 判 型 ・ シ リ ー ズ 定 価 ( 税 込 ) ア ル マ S 外 国 法 入 門 双 書 12478 ー 3 国 際 金 融 の し く み 〔 第 4 版 〕 秦 忠 夫 ・ 本 田 敬 吉 ・ 西 村 陽 造 著 村 上 淳 一 ・ 守 矢 健 一 04807-2 ド イ ツ 法 入 門 〔 改 訂 第 8 版 〕 ハ ン ス ・ ペ ー タ ー マ ル チ ュ ケ 著 29948 ー い 立 . 教 ビ ジ ネ ス レ ビ ュ ー 第 5 号 立 教 経 営 学 会 編 21301 ー 2 論 究 ジ ュ リ ス ト 2012 年 夏 号 ( 2 号 ) B5 判 ジ ュ リ ス ト 増 刊 2 , 100 2 , 625 1 , 800 2 , 800 書 斎 の 窓 2 2. 9

書斎の窓 2012年9月号


鰤 リ 笊 2 0 1 2 論 究 ジ ュ リ ス ト 2 号 伽 12 年 夏 号 ・ ジ ュ リ ス ト 増 刊 》 《 特 集 》 裁 判 員 制 度 3 年 の 軌 跡 と 展 望 国 際 化 時 代 に お け る 家 族 法 の 課 題 国 際 金 融 の し く み 第 4 版 侑 斐 閣 ア ル マ 》 企 業 家 研 究 第 9 号 ( 2012 ) 市 民 社 会 か ら み た ア ジ ア 《 国 際 政 治 169 》 民 商 法 雑 誌 5 月 号 ( 第 146 巻 第 2 号 ) 法 学 教 室 8 月 号 ( 第 383 号 ) ジ ュ リ ス ト 8 月 号 ( 第 1 4 号 ) ( 表 示 し た 価 格 は 税 込 で す ) 〃 c ど ア 匯 有 斐 閣 〒 101 ー 開 51 東 京 都 千 代 田 区 神 田 神 保 町 2 ヨ 7 電 話 03 ー 3265 ー 6811 FAX 03 ー 3262 ー 8035 http ://WWW. yuhikaku. co. jp/

書斎の窓 2012年9月号


書 斎 の 窓 No. 617 2 012 年 9 月 号 《 目 次 》 東 北 の 地 か ら ⑤ 信 頼 の 危 機 : リ レ ー 連 載 ・ 国 際 法 外 交 的 保 護 の 空 洞 化 と 復 権 : 経 営 理 念 浸 透 研 究 の 活 性 化 に 向 け て 『 経 営 理 念 の 浸 透 ー ー ア イ デ ン 一 一 ア イ テ ィ ・ プ ロ セ ス か ら の 実 証 分 析 』 を 刊 行 し て ・ : 高 尾 義 明 ・ 王 英 燕 河 合 忠 彦 現 実 に 対 す る 理 論 の 責 任 不 思 議 の 国 の 社 会 調 査 ② ア ン ケ ー ト 、 質 問 紙 調 査 、 サ ー ベ イ 佐 藤 郁 哉 , 「 ー 意 味 の 独 裁 者 ハ ン プ テ ィ ・ ダ ン プ テ ィ ・ : 丸 川 知 雄 中 国 を 歩 く 、 世 界 を み る ⑦ 日 本 茶 は 青 か っ た ・ カ ナ ダ の ア ラ セ プ ン レ ポ ー ト ③ ・ : 関 口 礼 子 社 会 心 理 学 と 進 化 的 ア プ ロ ー チ 北 村 英 哉 『 進 化 と 感 情 か ら 解 き 明 か す 社 会 心 理 学 』 を 刊 行 し て 「 想 定 外 」 や 「 未 曾 有 」 に 、 人 は ど う 立 ち 向 か う の か ・ : 古 川 久 敬 『 〈 先 取 り 志 向 〉 の 組 織 心 理 学 』 を 刊 行 し た 背 景 佐 々 木 憲 一 考 古 学 と 社 会 ⑦ 古 墳 時 代 考 古 学 と マ ル ク ス 主 義 児 童 文 学 の 宗 教 的 ロ ジ ッ ク ⑤ 魔 法 の 政 治 学 ・ : 中 村 圭 志 ・ ・ ロ ー リ ン ク 「 ノ 丿 ー ・ ポ ッ タ ー 」 【 書 評 】 大 内 伸 哉 〔 著 〕 『 労 働 の 正 義 を 考 え よ う 労 働 法 判 例 か ら み え る も の 』 ・ : 嶋 橋 右 近 『 労 働 の 正 義 を 考 え よ う 』 の 著 者 に 諫 言 す る 学 会 誌 紹 介 ・ : 礙 編 集 室 の 窓 : 新 刊 案 内 ( 8 月 ・ 9 月 ) : ・ 巻 末 〔 表 紙 〕 デ ザ イ ン Ⅱ 神 田 程 史 ・ : 野 家 啓 一 表 Ⅱ ・ : 加 藤 信 行 22 15 34 27 46 41

書斎の窓 2012年9月号


は ま さ に そ の 「 辺 境 」 に あ た る で あ ろ 育 ・ 実 務 の い ず れ に お い て も 輝 か し い ま え が き 】 国 際 法 学 の 「 辺 境 」 で 国 際 的 な 業 績 な ど 何 も な い に も か か わ う 。 辺 境 の 地 で 国 際 法 の 研 究 ・ 教 育 を こ の 「 リ レ ー 連 載 ・ 国 際 法 」 の 執 筆 ら ず 、 い た ず ら に 齢 だ け は 重 ね 、 四 半 遂 行 す る に あ た っ て は 、 そ れ な り の 難 依 頼 が 、 東 京 か ら 初 め て 津 軽 海 峡 を 越 世 紀 に わ た り 、 人 知 れ ず 細 々 と 地 方 大 点 も あ れ ば 利 点 も あ る 。 交 通 通 信 手 段 の 発 達 に よ り 今 で は そ ん な こ と は な く え て 札 幌 へ と や っ て 来 た 。 北 海 道 で 生 学 の 国 際 法 教 育 に 従 事 し て き た に す ぎ な っ た が 、 私 が 大 学 院 に 進 学 し て 国 際 ま れ 育 っ た 道 産 子 は 、 津 軽 海 峡 か ら 南 な い 者 だ か ら で あ る 。 し か し 、 今 回 の の 日 本 の こ と を 、 よ く 「 内 地 」 と 呼 ん 失 速 は 束 の 間 の 出 来 事 に す ぎ な い 。 気 読 法 の 研 究 生 活 に 入 っ た 頃 は 、 同 年 代 の で き た 。 「 内 地 」 の 錚 々 た る 国 際 法 学 者 の 皆 様 に は 、 是 非 、 再 び 颯 爽 と 走 り 国 際 法 研 究 者 と 議 論 し て 切 磋 琢 磨 す る よ う な 機 会 は な か っ た 。 国 際 法 の 研 究 者 た ち が 引 き 継 い で き た バ ト ン を 北 辺 続 け る 次 回 以 降 の 連 載 に 期 待 し て い た だ き た い 。 の 三 流 国 際 法 教 師 に 回 し た こ と は 、 会 や 講 演 会 も な か っ た 。 井 の 中 の 蛙 大 さ て 、 国 際 法 学 の 中 心 が ヨ ー ロ ツ 。 ハ 「 書 斎 の 窓 」 編 集 部 最 大 の 不 覚 と い わ 海 を 知 ら ぬ 状 況 で 、 内 地 の 人 た ち を 羨 窓 な け れ ば な ら な い 。 に あ り 、 日 本 は そ の 「 周 縁 」 に 位 置 す 望 す る と 同 時 に 、 ( 今 で も そ う で あ る 斎 こ れ ま で の 内 地 の 書 ラ ン ナ ー と 異 な り 、 国 際 法 の 研 究 ・ 教 る ( 本 誌 六 〇 六 号 ) と す れ ば 、 北 海 道 が ) 負 い 目 を 感 じ て い た 。 し か し 他 方 リ レ ー 連 載 ・ 国 際 法 外 交 的 保 護 の 空 洞 化 と 復 権 加 藤 信 行 第 回

書斎の窓 2012年9月号


# 書 評 載 。 そ の 時 の 表 題 は 、 「 Live 一 Labor る 近 Law 」 。 外 来 語 を 使 う 理 由 は 解 し 難 き の 諌 右 凡 そ 法 律 の 教 科 書 は 、 須 く 論 理 明 晰 も の の 、 内 容 を 的 確 に 表 し て は い た 。 た る べ き で あ り 、 且 つ 、 そ れ で 十 分 で 而 る に 、 如 何 な る 理 由 に 因 る の か 、 本 る 者 橋 あ る 。 文 体 流 麗 の 必 要 な し 。 無 骨 な 文 書 の 表 題 は 「 労 働 の 正 義 を 考 え よ う 」 , っ え 著 章 も 亦 良 し 。 文 体 で 奇 を 衒 う 等 は 論 で あ る 。 内 容 と 書 名 と の 乖 離 、 誠 に 甚 み の 画 外 。 而 る に 、 本 書 『 労 働 の 正 義 を 考 え オ ご し 。 本 書 に は 、 一 片 の 「 正 義 ー も 感 , っ よ う ー ー 労 働 法 判 例 か ら み え る も の 』 じ ら れ ず 。 「 労 働 」 と 「 正 義 ー と を 繋 例 刊 え ( 有 斐 閣 ) は 、 如 上 の 教 科 書 の 鉄 則 に ぎ 合 わ す も 、 時 代 錯 誤 以 外 の 何 物 に も を 考 真 っ 向 か ら 反 す る 。 形 式 が 講 義 記 録 の あ ら ず 。 正 義 の も っ 硬 派 な 語 感 は 、 著 義 師 年 を 故 か 、 文 体 は ロ 語 風 、 否 、 語 り か け 調 者 の 軟 弱 な 思 考 に 不 似 合 い 至 極 で あ 著 正 と で も 呼 ぶ べ き も の 。 そ の 格 調 の 余 り る 。 或 い は 、 著 者 は 、 何 ら か の 逆 説 的 の の の 低 さ に 、 多 く の 読 者 は 呆 れ 果 て よ な 意 図 を 込 め て 、 敢 え て 「 正 義 」 と い 働 斐 働 労 労 う 。 著 者 が 、 如 何 な る 理 由 で 、 斯 く の , っ 言 葉 を 用 い た カ 如 き 文 体 を 選 択 し た か は 、 詳 ら か で な 、 0 著 者 一 流 の 諧 謔 趣 味 に 因 る も の か 。 そ れ と も 、 読 者 へ の 露 骨 な 迎 合 本 書 に は 、 副 題 が 付 さ れ て い る 。 か 。 は た ま た 、 著 者 の 意 図 は 、 教 科 書 「 労 働 法 判 例 か ら み え る も の 」 、 で あ 7 税 判 円 執 筆 で は な か っ た か 。 る 。 確 か に 、 本 書 は 、 前 記 雑 誌 の 連 載 窓 書 名 へ の 違 和 感 も 払 拭 し き れ ず 。 本 時 に は 、 判 例 講 座 と 銘 打 た れ 、 各 回 に 斎 3 こ 書 書 の 基 は 「 法 学 教 室 」 と い う 雑 誌 の 連 主 と な る 判 例 が 取 り 上 げ ら れ た 。 其 れ

書斎の窓 2012年9月号


Yu SHEN 白 石 麻 保 ・ 矢 野 剛 ・ 吾 買 尓 江 艾 山 ロ ー マ ー 無 搾 取 の マ ル ク ス 無 搾 取 へ 大 西 広 教 授 略 歴 ・ 著 作 目 録 の 一 致 ー ー 一 般 的 効 用 関 数 と 可 変 的 ( 京 都 大 學 經 濟 學 會 発 行 、 定 価 一 一 五 〇 〇 円 ) 生 産 関 数 の も と で の 証 明 松 尾 匡 マ ル ク ス 派 最 適 成 長 論 に お け る 基 本 早 稻 田 政 治 經 濟 學 雜 誌 第 号 モ デ ル の 検 討 ー ー 経 済 成 長 の 限 界 と 〈 特 集 政 治 経 済 学 会 〉 最 適 労 働 配 分 に つ い て 高 橋 勉 第 2 回 「 政 治 経 済 学 会 」 報 告 論 文 労 働 価 値 説 と 時 間 ー ー ベ ー ム ー バ ヴ ェ 久 保 慶 一 ル ク の マ ル ク ス 批 判 に つ い て 〈 論 文 〉 森 本 壮 亮 プ リ テ ン に お け る 人 権 に つ い て の 議 レ ヴ ェ ラ ー ズ マ ク ロ 経 済 動 学 と 価 値 ・ 価 格 問 題 論 ・ ー ー ー 水 平 派 か ら チ ャ ー チ ス ト ま で 線 型 効 用 ・ 拡 張 モ デ ル の 場 合 ( 一 六 四 〇 年 代 か ら 一 八 四 〇 年 代 ) リ ー ・ デ ィ キ ン ソ ン 金 江 亮 労 働 増 加 型 技 術 進 歩 に よ る 均 整 成 長 日 尾 野 裕 一 訳 ・ 松 園 伸 監 訳 と 「 搾 取 」 の 消 滅 田 添 篤 史 〈 投 稿 論 文 〉 国 際 連 盟 構 想 と 戦 争 規 制 ー ー ・ グ A Marxian OptimaI Growth Model of China 】 1981 ー 2005 レ イ の 国 際 関 係 観 、 一 九 一 四 年 へ > 書 > 典 な 語 全 題 、 ゝ っ 典 典 さ 放 り (D > だ し ょ 0 > > く bD ト > 一 > 辞 書 て て 吏 」 辞 辞 典 ィ 一 界 0 で 一 0 ス レ ニ ス 典 》 ロ ュ リ 丿 ィ ー 典 吾 辞 サ > 】 ス 辞 冖 > 回 回 タ を 辞 用 学 学 一 ~ 帯 蓄 苡 に の み こ 読 員 賀 早 希 子 ス ウ ェ ー デ ン の 民 主 化 過 程 に お け る 政 党 シ ス テ ム の 形 成 ー ー 右 派 党 と 自 由 党 の 形 成 期 に お け る 相 互 関 係 に つ 安 武 裕 和 和 平 プ ロ セ ス と 民 主 主 義 体 制 下 で の 政 治 ス ポ イ ラ ー 問 題 ー ー ー 二 〇 〇 一 一 ー 一 一 〇 〇 五 年 の ス リ ラ ン カ の 事 例 宮 坂 綾 ( 早 稻 田 大 學 政 治 經 濟 學 會 発 行 、 定 価 一 八 〇 〇 円 ) 匯 有 斐 閣 http://www.yuhikaku. CO. jp/ の 」 Logos 公 式 HP ア ド レ ス http://www.JLogos.com/ 書 斎 の 窓 2 2 9

書斎の窓 2012年9月号


【 表 】 1 年 生 ( 11 歳 ) 奈 主 体 性 ・ 勇 気 1 『 ハ リ ー ・ ポ ッ タ ー と 賢 者 の 石 』 受 動 性 個 人 的 Ⅱ 『 ハ リ ー ・ ポ ッ タ ー と 秘 密 の 部 屋 』 2 年 生 ( 12 歳 ) ) Ⅲ 『 ハ リ ー ・ ポ ッ タ ー と ア ズ カ バ ン の 囚 人 』 3 年 生 ( 13 歳 ) 知 的 判 断 『 / 、 リ 。 三 ポ ッ タ — と 炎 の ゴ プ レ ッ ト 』 4 年 生 ( 14 歳 ) 記 闘 い を 公 正 V 『 ハ リ ー ・ ポ ッ タ と 不 死 鳥 の 騎 士 団 』 5 年 生 ( 15 歳 ) 仕 事 ・ 手 続 き 社 会 的 『 ノ 、 リ + ・ ポ ッ タ と 謎 の プ リ ン ス わ を 6 年 生 ( 16 歳 ) 早 = 愛 、 使 命 * 占 星 術 の 七 惑 星 : 療 ( 太 陽 : 自 己 ) , ) ( 月 : 無 意 識 ) , ( 水 星 : 知 性 ) , / ( 火 星 : 戦 い ) , ( 土 星 : 試 練 ) , 早 ( 金 星 : 愛 ) , ( 木 星 : 幸 運 ) 。 お そ ら く 作 者 は 読 者 サ ー ビ ス と し て , 本 の 内 容 と 占 星 術 の シ ン ボ リ ズ ム と の 対 応 も 図 っ て い た と 思 わ れ ま す 。 ル を 上 げ て い き ま す 。 か な り 珍 し い や と こ ろ が 、 オ カ ル ト 推 進 派 に は 気 の り 方 で す 。 私 の 見 る と こ ろ で は 、 各 巻 毒 な こ と に 、 シ リ ー ズ が 進 ん で も 、 ハ が 表 に 書 い た よ う に 道 徳 的 主 題 の よ う リ ボ タ の 魔 法 は な か な か こ う 、 魔 法 的 な も の を も っ て お り 、 ま る で 倫 理 の 教 に ブ ッ 飛 ん だ と こ ろ に 向 か っ て い か な 科 書 の よ う な 体 系 性 を 備 え て い ま す 。 い 。 だ ん だ ん 見 え て き た こ と は 、 作 者 の メ ッ セ ー ジ が 少 し も 呪 術 的 で は な く 、 ク メ タ フ ァ ー と し て の 魔 法 む し ろ 合 理 的 で 世 俗 的 な も の で あ る こ ハ リ ボ タ は 魔 法 Ⅱ 呪 術 を 大 々 的 に 描 と で し た 。 要 す る に 魔 法 は 能 力 や 技 術 く フ ァ ン タ ジ ー で あ る こ と か ら 、 古 代 の メ タ フ ァ ー の よ う な も の で あ っ て 、 ケ ル ト の ド ル イ ド 教 な ど 異 教 信 仰 を 主 眼 が 置 か れ て い る の は 、 人 間 関 係 、 「 復 興 」 さ せ て 魔 法 な ん か も じ ゃ ん じ 社 会 的 な 力 関 係 が 織 り な す ド ラ マ だ っ た の で す 。 ゃ ん や ろ う と い う ス ピ リ チ ュ ア ル 系 ペ イ ガ ニ ズ ム 異 教 主 義 の 流 れ に 属 す る も の だ と 思 わ 人 間 の 社 会 は 能 力 や 技 術 を め ぐ っ て れ が ち で す 。 シ リ ー ズ の 開 始 当 初 は フ さ ま ざ ま な 不 正 や 不 平 等 を 生 み 出 し て ア ン も そ う 思 っ た し 、 解 説 本 な ど も も い る 。 そ う し た 怨 念 の 構 造 と そ の 浄 化 つ ば ら オ カ ル ト 魔 法 大 全 的 な ノ リ で ハ に つ い て 、 魔 法 と い う 極 端 な メ タ フ ァ リ ボ タ を 紹 介 し た も の で し た 。 そ ん な ー を 用 い て 子 供 た ち の 気 を ひ き な が ら 9 こ ん な わ け で 、 英 米 で は 保 守 派 の ク リ ス チ ャ = 一 口 た の か ハ リ ボ タ で あ る ン か ら 「 子 供 た ち に 呪 術 を 吹 き 込 む も ふ う に 要 約 で き そ う で す 。 窓 の 」 と し て 警 戒 さ れ 、 焚 書 に も 遭 い ま 一 例 を 挙 げ て 、 ハ リ ボ タ の 書 き つ ぶ 斎 書 り を 確 か め て み ま し よ う 。

書斎の窓 2012年9月号


社 会 学 評 論 第 巻 第 4 号 多 文 化 都 市 に お け る セ キ ュ リ テ ィ と ( 日 本 社 会 学 会 発 行 、 定 価 一 五 〇 〇 円 ) 〈 特 集 都 市 社 会 研 究 の 新 た な 。 ハ ラ ダ イ ム コ ミ ュ ニ テ ィ 形 成 五 十 嵐 泰 正 の た め に 〉 〈 投 稿 論 文 〉 社 会 学 評 論 第 巻 第 1 号 特 集 【 「 都 市 社 会 研 究 の 新 た な 。 ハ ラ 会 話 に お け る 親 ア イ デ ン テ ィ テ ィ 〈 投 稿 論 文 〉 ダ イ ム の た め に 」 に よ せ て 戸 江 哲 理 都 市 下 層 に お け る 住 民 の 主 体 形 成 の 渡 戸 一 郎 ・ 谷 富 夫 〈 親 密 圏 〉 の 構 築 高 谷 幸 論 理 と 構 造 山 本 崇 記 移 動 と 世 代 か ら 見 る 都 市 ・ 村 落 の 変 〈 研 究 動 向 〉 日 本 人 の 排 外 意 識 に 対 す る 分 断 労 働 容 山 下 祐 介 テ ー マ 別 研 究 動 向 ( 現 象 学 的 社 会 市 場 の 影 響 永 吉 希 久 子 都 市 研 究 の 転 換 と 家 族 ・ コ ミ ュ ニ テ 学 ) 河 野 憲 一 家 族 の 民 主 化 阪 井 裕 一 郎 イ 論 の 課 題 玉 野 和 志 〈 書 評 〉 カ ネ ミ 油 症 事 件 に お け る 「 補 償 制 グ ロ ー バ ル 期 に お け る 地 域 構 造 の 変 片 桐 雅 隆 著 『 自 己 の 発 見 』 浅 野 智 彦 度 」 の 特 異 性 と 欠 陥 宇 田 和 子 容 と 地 方 都 市 西 村 雄 郎 佐 藤 恵 著 『 自 立 と 支 援 の 社 会 学 』 従 来 型 特 養 と 新 型 特 養 の 比 較 研 究 国 家 の リ ス ケ ー リ ン グ と 都 市 の ガ バ 藤 井 敦 史 片 桐 資 津 子 ナ ン ス 丸 山 真 央 富 永 健 一 著 『 社 会 学 わ が 生 涯 』 若 年 非 正 規 雇 用 労 働 者 と 希 望 貧 困 ・ 社 会 的 排 除 の 地 域 的 顕 現 佐 藤 慶 幸 益 田 仁 妻 木 進 吾 ・ サ ッ ク ス ほ か 著 『 会 話 分 析 基 本 カ テ ゴ リ ー と の ず れ を 含 む 自 己 像 大 都 市 の 繁 華 街 と 移 民 女 性 高 畑 幸 論 集 』 串 田 秀 也 石 井 由 香 理 て 対 応 書 籍 の 一 覧 表 を 掲 載 し て お り ま す 。 「 オ ン デ マ ン ド 出 版 」 の お 知 ら せ ・ ご 注 文 に つ い て : ・ : オ ン デ マ ン ド 対 象 書 籍 は 、 ■ 「 オ ン デ マ ン ド 出 版 」 と は : : : : 書 店 や 出 版 社 が 在 一 覧 表 に 掲 載 分 の み と な り ま す 。 完 全 受 注 生 産 で 庫 を 持 た ず 、 お 客 様 か ら の ご 注 文 の つ ど に 一 冊 か ら 制 す の で 、 発 注 後 の キ ャ ン セ ル は で き ま せ ん 。 ご 注 作 を す る 出 版 の 事 で す 。 こ れ に よ り 、 今 ま で 、 あ る 程 文 い た だ い て か ら の 制 作 に な り ま す の で 、 納 品 ま 度 の 需 要 が な け れ ば 重 版 ・ 復 刊 で き な か っ た 品 切 本 ・ で 約 一 ヶ 月 弱 か か り ま す 。 絶 版 扱 い 本 を 、 一 冊 単 位 で お 求 め い た だ け る よ う に な ◎ お 問 い 合 わ せ は 電 話 〇 三 ( 三 一 一 六 五 ) 六 八 一 一 営 業 部 ま で 。 り ま し た 。 小 社 ホ ー ム ペ ー ジ 及 び 「 総 合 図 書 目 録 」 に 有 斐 閣 http://www.yuhikaku. CO. jp/ 書 斎 の 窓 2072. 9

書斎の窓 2012年9月号


今 年 は 日 本 の エ レ ク ト ロ ニ ク ス 産 業 黒 字 を 計 上 し た の で あ る 。 に と っ て 特 に 強 く 記 憶 さ れ る 年 の 一 つ 上 記 一 二 社 を 含 む 日 本 の エ レ ク ト ロ ニ に な り そ う で あ る 。 液 晶 テ レ ビ 、 プ ラ ク ス 各 社 に と っ て は 、 半 導 体 で サ ム ス ズ マ テ レ ビ な ど の い わ ゆ る 薄 型 テ レ ビ ン 電 子 に 敗 れ た の に 続 く 敗 戦 で あ り 、 を め ぐ る 「 薄 型 e > ウ ォ ー ズ 」 に お い 現 在 の も っ と も ホ ッ ト な 「 ス マ ー ト フ て 、 日 本 メ ー カ ー が 韓 国 メ ー カ ー 、 こ オ ン ・ ウ ォ ー ズ ー で も ″ 敗 走 ″ を 重 ね こ の よ う な 状 況 に 対 し て は 、 も ち ろ と に サ ム ス ン 電 子 に 完 敗 し た か ら で あ て い る 。 ま た 、 始 ま っ た ば か り の " タ ん 企 業 を 責 め る 声 は 大 き く 、 例 え ば 、 る 。 を 主 力 製 品 と す る ソ ニ ー プ レ ッ ト ″ ウ ォ ー ズ で も 完 全 に 出 遅 れ 日 経 新 聞 は 次 の よ う に 述 べ て い る 。 ナ ソ ニ ッ ク 、 シ ャ ー プ が 二 〇 一 二 年 三 た ば か り か 、 次 世 代 テ レ ビ と し て 呼 び 「 『 開 発 か ら 製 造 ま で 自 社 で 抱 え る 』 と 月 期 決 算 で そ ろ っ て 創 業 以 来 の 巨 額 の 声 の 高 い 有 機 テ レ ビ に 至 っ て は 、 い っ た 日 本 型 の 事 業 モ デ ル が 時 代 遅 れ 最 終 赤 字 と な り 、 三 社 合 計 で 約 一 兆 六 サ ム ス ン 電 子 と 電 子 が 今 年 ( 二 〇 に な っ た の は 否 め な い 。 ・ : 多 く の 日 〇 〇 〇 億 円 の 赤 字 を 出 し た の に 対 し 、 一 二 年 ) 中 に 五 五 イ ン チ の 大 型 e-*> を 本 企 業 は 技 術 重 視 だ が 、 全 く 新 し い 商 サ ム ス ン 電 子 一 社 で 約 九 〇 〇 〇 億 円 の 発 売 す る 予 定 だ と い う の に 、 バ ナ ソ ニ 品 の 開 発 よ り 、 既 存 製 品 の 機 能 改 善 や 現 実 に 対 す る 理 論 の 責 任 ッ ク と ソ ニ ー は 単 独 で は 戦 え ず 、 開 発 を 共 同 で 進 め る こ と に 合 意 し た ば か り で あ る 。 「 日 本 型 モ デ ル 」 の 大 ビ ン チ 河 中 彦 書 斎 の 窓 2 2. 9

書斎の窓 2012年9月号


り ま せ ん が 、 賢 治 文 学 や ル イ ス 文 学 を 通 知 が 届 き 、 魔 法 界 に び つ く り デ ビ ュ ク ハ リ ボ タ は 別 腹 読 む と き の 頭 と ハ リ ボ タ を 読 む と き の ー を 果 た す こ と に な り ま す 。 今 回 取 り 上 げ た い の は 、 全 世 界 で プ 頭 は 別 、 く ら い に 割 り 切 っ た ほ う が よ こ の 物 語 に は 二 つ の 性 格 が あ っ て 、 丿 ー ・ ポ ッ タ ー ム を ま き お こ し た 「 ハ ー い か も し れ ま せ ん 。 一 面 に お い て は こ れ は 善 玉 ハ 丿 ー が 悪 ー 」 シ リ ー ズ ( 一 九 九 七 5 一 一 〇 〇 七 年 ) ハ リ ボ タ の 各 巻 の 邦 訳 タ イ ト ル は 次 玉 ヴ ォ ル デ モ ー ト を や つ つ け る と い う で す 。 ・ ・ ロ ー リ ン グ 作 の こ の ヤ 頁 の 表 の と お り で す 。 タ イ ト ル の 右 隣 「 桃 太 郎 の 鬼 退 治 」 型 フ ァ ン タ ジ ー で ン グ ア ダ ル ト 小 説 は 、 こ れ ま で 取 り 上 に 書 い た の は 主 人 公 ハ ー の 学 年 と 年 あ り 、 他 面 に お い て は 七 年 間 に わ た っ げ た 「 銀 河 鉄 道 の 夜 」 や 「 ナ ル ニ ア 国 齢 で す 。 ハ リ ー は 魔 法 能 力 を も っ た 少 ー が い ろ い ろ な こ と を 学 ん で い も の が た り 」 と は か な り 肌 合 い の 異 な 年 で あ り 、 ス コ ッ ト ラ ン ド に あ る ホ グ く 学 園 ド ラ マ で す 。 全 巻 は 緊 密 に 、 整 る 物 語 だ と 言 え る で し よ う 。 賢 治 や ル ワ ー ツ と い う 寄 宿 制 の 魔 法 学 校 の 生 徒 合 的 に 構 成 さ れ て い ま す 。 丿 ー の 年 イ ス の 世 界 は ひ た む き な 信 仰 に 近 く 、 で す 。 ハ リ ー は 十 一 歳 に な る ま で 自 分 齢 が 一 巻 ご と に 一 歳 ず つ 上 が っ て い ハ リ ボ タ 世 界 は ギ ャ グ 漫 画 に 近 い か ら が 魔 法 使 い で あ る こ と を 知 ら な か っ た の で 、 そ れ に 合 わ せ て 小 説 の 文 章 じ た で す 。 ご は ん と お 菓 子 は 別 腹 、 じ ゃ あ の で す が 、 あ る 日 ホ グ ワ ー ツ か ら 入 学 い が ま る で 学 校 の 教 科 書 の よ う に レ ベ 〔 連 載 〕 児 童 文 学 の 宗 教 的 ロ ジ ッ ク 魔 法 の 政 治 学 ¯) ・ ・ ロ ー リ ン グ 「 ハ リ ー ・ ポ ッ タ ー 」 中 村 圭 第 5 回 書 斎 の 窓 2072 9