検索 - みる会図書館

検索対象: 本の雑誌 2016年12月号

本の雑誌 2016年12月号から 138件ヒットしました。

本の雑誌 2016年12月号


森 英 俊 本 棚 が 見 た い の 斎 月 書 寺 、 靆 ト 第 、 一 ! 。 、 。 第 第 ・ と 寧 き ヾ : 々 ヾ :

本の雑誌 2016年12月号


本 の 雑 誌 読 者 カ ー ド ( 2016 ・ 12 月 号 ) 本 誌 に 対 す る 意 見 お よ び 活 字 文 化 全 般 に 対 す る 意 見 を 書 い て く だ さ い 。 本 の 雑 誌 ロ 三 角 窓 口 ( 三 角 窓 口 傑 作 選 へ の 収 録 も 口 可 ロ 不 可 ) ロ 私 が す す め る 一 冊 ( ど ち ら 宛 て か V を つ け て く だ さ い )

本の雑誌 2016年12月号


一 魔 法 少 年 一 」 度 の 宝 石 第 に 厦 の 使 者 大 暗 室 ら 、 大 金 境 の に ド 1 黒 い 天 使 ~ 県 衣 ~ 黄 金 仮 面 打 呂 い 当 ロ に 畴 ー 1 ー 評 隷 ャ ト ロ 御 の 0 の ( : 0 ・ 第 び ン べ し 石 滝 ・ リ こ 、 物 お Ⅳ 淋 第 謝 三 第 を こ 号 0 第 霻 、 ー 型 量 鹽 当 , 山 二 笑 う 内 : 幽 震 塔 、 「 青 い 術 師 の 星 森 英 俊 ( 翻 訳 家 ・ ミ ス テ リ ー 評 論 家 ) 4 階 12 畳 の 書 庫 と 1 階 24 畳 の ガ レ ー ジ 、 階 段 、 踊 り 場 な ど に IO 万 冊 強 の 本 を 収 容 。 書 庫 は 探 偵 小 説 、 原 書 、 文 庫 、 ガ レ ー ジ は シ ュ ニ ア 小 説 、 階 段 は 明 朗 小 説 と 分 類 さ れ 、 古 書 価 数 万 円 の 本 や 見 た こ と の な い 本 が 散 見 さ れ る 。 写 真 撮 影 : 中 村 規 ( 書 店 ・ 書 斎 と も )

本の雑誌 2016年12月号


東 京 都 千 代 田 区 神 田 神 保 町 0 0 友 田 三 和 ビ ル 郵 便 は が き 本 の 雑 誌 こ の ア ン ケ ー ト は 永 く 保 存 し 本 の 雑 誌 社 の 資 料 に い た し ま す 本 の 雑 誌 社 内 三 角 窓 口 行 郵 便 番 号 / 住 所 も ? ( 歳 ) 男 ・ 女 氏 名 ( ふ り が な ) 職 業 ど ん な 雑 誌 を 読 ん で い ま す か 本 誌 を ど こ の 書 店 で 買 い ま し た か

本の雑誌 2016年12月号


下 鉄 有 楽 町 線 護 国 寺 駅 六 番 出 口 か ら 地 上 に 上 が り 、 音 羽 通 り を 護 国 寺 方 向 に 一 分 ほ ど 歩 い た と こ ろ に プ ッ ク ス 音 羽 が あ る 。 店 頭 の ラ ッ ク に 週 刊 誌 が 並 ぶ 間 ロ 二 間 ほ ど の 町 の 本 屋 さ ん だ 。 緑 の 什 器 で 統 一 さ れ た 売 場 は 一 一 十 坪 弱 で 、 左 側 は 人 口 か ら 旅 行 ガ イ ド 、 雑 誌 、 実 用 、 語 学 と 続 き 、 突 き 当 た り が 児 童 書 、 右 側 は 文 芸 、 ビ ジ ネ ス ・ ノ ン フ ィ ク シ ョ ン 、 新 書 、 コ ミ ッ ク と 続 く 。 正 面 は 新 刊 平 台 で 右 が 文 庫 、 左 が 雑 誌 の 棚 だ 。 坪 数 の わ り に 文 芸 書 の 比 率 が 高 い の は 講 談 社 、 光 文 社 な ど 大 手 出 版 社 が 至 近 だ か ら だ ろ う 。 開 店 は 一 一 〇 〇 一 一 年 。 書 店 勤 務 だ っ た 柴 山 社 長 が 独 立 し て 開 業 し た 。 当 初 は 音 羽 通 り の 向 か い 仰 書 店 ◎ ブ ッ ク ス 音 羽 で 営 業 し て い た が 、 一 一 年 前 に 西 日 の 当 た ら な い 西 側 に 移 転 。 坪 数 は 変 わ ら な い が 、 通 り を 渡 っ た だ け で 学 生 が 減 る な ど 、 客 層 に は 微 妙 な 変 化 が あ っ た そ う だ 。 年 配 の 男 性 客 が 中 心 だ が 、 そ も そ も 人 口 が 少 な い 町 な の で 外 商 に 力 を 注 い で い る 。 近 隣 の 美 容 室 、 飲 食 店 は も ち ろ ん 、 会 社 や 学 校 に も 配 達 し て い る た め 、 入 荷 し た 本 の 半 分 が 店 頭 に 並 ば な い こ と も し ば し ば 。 手 間 も か か る し 時 間 も か か る が 、 天 候 に 左 右 さ れ な い の が 外 商 の メ リ ッ ト た と い う 。 現 在 は 柴 山 夫 妻 と 娘 の 相 田 志 都 さ ん の 三 人 で 切 り 盛 り す る が 、 レ ジ に 立 っ 相 田 さ ん の 隣 で は 早 く も 三 代 目 ( 候 補 ? ) が な じ み 客 か ら も ら っ た お も ち や で お 店 を 広 げ て い た 。 地 本 棚 か 見 た い ! 本 神 と も 呼 ば れ る ミ ス テ リ ー 評 論 家 ・ 森 英 俊 さ ん の 書 庫 は 自 宅 の 四 階 に あ る 。 二 間 続 き の 十 二 畳 で 、 南 向 き に 大 き な 窓 が あ る が 、 も ち ろ ん 通 常 は 本 に 陽 が 当 た ら な い よ う に プ ラ イ ン ド が 下 さ れ て い る 。 書 庫 に あ る の は 古 い 探 偵 小 説 と ミ ス テ リ ー の 原 書 に 文 庫 な ど 。 人 っ て す ぐ 左 の 棚 の 最 上 段 は 『 釀 酵 人 間 』 の 栗 田 信 コ ー ナ ー で 、 棚 一 段 分 の 購 人 価 格 は な ん と 百 一 一 十 万 ! 周 囲 に は 宮 野 叢 子 、 岡 田 鯱 彦 、 楠 田 匡 介 、 渡 辺 啓 助 、 高 木 彬 光 な ど の 稀 覯 本 が ず ら り と 並 び 、 ガ ラ ス 戸 の 棚 に は 鮎 川 哲 也 の プ レ ミ ア 本 、 突 き 当 た り は ク リ ス テ ィ の 原 書 棚 、 さ ら に カ ー の 原 書 に ス タ ウ ト の 原 書 と 、 マ ニ ア 垂 涎 の 激 レ ア 本 が 森 英 俊 ◎ 書 斎 一 部 屋 に 会 し て い る の で あ る 。 階 段 の 棚 に は 三 橋 一 夫 、 宮 下 幻 一 郎 、 竹 森 一 男 な ど の 明 朗 小 説 が 整 然 と 並 び 、 手 前 に 貸 本 漫 画 が 山 と 積 ま れ て い る 。 竣 工 以 来 、 一 度 も 本 来 の 用 途 に 使 わ れ た こ と が な い 縦 長 の ガ レ ー ジ ( 二 十 四 畳 く ら い ) に は ス チ ー ル の ラ ッ ク と キ ャ ビ ネ ッ ト 一 一 つ が 設 置 さ れ 、 「 少 年 少 女 最 新 探 偵 長 編 小 説 集 」 「 少 年 探 偵 小 説 文 庫 」 、 ポ プ ラ 社 や 偕 成 社 、 大 蔵 出 版 等 の 少 年 向 け 叢 書 が 完 璧 に 並 ぶ 。 ど れ も 鬼 の よ う な 値 段 が す る ら し い 蔵 書 数 は 十 万 冊 以 上 ! と い う が 、 ジ ュ ニ ア 小 説 は 集 め 始 め て か ら 十 年 程 度 、 貸 本 漫 画 は こ の 二 年 ほ ど と の こ と だ か ら 、 ま だ ま だ 増 殖 中 な の で あ る 。 古 本 神 は ど こ ま で 買 う の か

本の雑誌 2016年12月号


窓 04 そ う と こ ろ で 、 『 古 本 屋 ツ ア ー ・ イ な お 知 ら せ ☆ 本 の 雑 誌 の 年 間 ま ず 、 日 の 手 づ く り 市 。 母 が , ン ・ 京 阪 神 』 は 「 川 月 下 旬 発 売 」 大 切 購 読 料 は 、 一 年 間 冊 で 、 8 行 っ て み た い と い う 事 な の で 、 天 と の 事 で す が 、 四 日 ま で に は 発 売 880 円 ( 税 ・ 送 料 込 ) で す 。 何 月 気 が よ け れ ば 行 く が 、 母 が 疲 れ な 旧 さ れ ま す よ ね ? で き れ ば 日 に 号 か ら ご 希 望 か と 、 住 所 、 氏 名 ( フ い か 心 配 。 ( 私 が 以 前 友 人 と 行 っ Ⅷ は 、 発 売 さ れ て て ほ し い ー 京 都 冖 リ ガ ナ ) を 明 記 の 上 、 現 金 書 留 ま た は 郵 便 振 替 ( 00150 ー 3 ー 50 た 時 は あ ま り の 人 出 の 多 さ に 疲 れ の 古 本 屋 さ ん だ け で も チ ェ ッ ク し 3 7 8 ・ 本 の 雑 誌 社 ) に て お 申 込 み き っ た の で ) 。 2 回 目 は 、 四 日 か て 、 私 の 秋 の 古 本 巡 り の ガ イ ド プ 下 さ い ら の 秋 の 古 本 ま つ り 。 ず っ と 行 っ ッ ク に し た い で す 。 奈 良 の 古 本 屋 ・ ハ ッ ク ナ ン ・ ハ ー は 年 1 月 号 以 降 て み た か っ た の で 、 私 に と っ て は 、 さ ん も 載 っ て い る と の 事 な の で 、 の 在 庫 が あ り ま す 。 定 価 は 、 こ ち ら が メ イ ン で す 。 こ の お 寺 の Ⅲ そ れ も 楽 し み に し て い ま す 年 1 、 8 月 号 が 本 体 7 6 2 円 神 保 町 ブ ッ ク フ ェ ス テ ィ ヾ ノ 周 辺 の 古 本 屋 さ ん 巡 り も 楽 し み 。 ( 東 中 真 智 子 ・ 会 社 員 歳 ・ 明 石 市 ) ( + 税 ) 。 マ 年 7 月 号 が 本 体 694 ル は 今 年 も 大 盛 況 の う ち に 「 古 書 善 行 堂 」 さ ん に も 初 め て 行 十 月 十 九 日 搬 人 だ か ら 間 に Ⅷ 円 ( + 税 ) 。 年 1 、 8 月 号 、 1 、 8 月 号 が 本 体 7 7 8 円 ( + △ 終 わ っ た が 、 な に を 隠 そ う 、 フ ェ く 予 定 。 初 め て 行 く 古 本 屋 さ ん は 合 い ま し た よ ね ? ぜ ひ 参 年 年 2 、 5 、 7 、 9 5 月 税 ) 。 キ ン チ ョ ー し ま す 。 ス テ イ バ ル 二 日 め の 十 月 三 十 日 、 考 に し て く だ さ い 号 年 257 、 9 、 Ⅱ 月 号 が 本 体 6 岩 波 ブ ッ ク セ ン タ ー の 上 で 「 本 の - 6 7 円 ( + 税 ) 。 年 6 月 号 が 本 雑 誌 の 神 保 町 め っ た く た ガ イ ド 」 - 京 都 線 の 多 機 能 ト イ レ は 考 え も の だ - 体 926 円 ( + 税 ) 。 年 川 月 号 と い う ト ー ク イ ベ ン ト が 行 わ れ た が 本 体 796 円 ( + 税 ) 。 そ れ 以 外 の 号 は す べ て 本 体 648 の で あ る ! ガ イ ド 担 当 は 炎 の 営 電 車 の 多 機 能 ト イ レ は 考 え Ⅷ 京 都 線 △ も の だ 。 業 ・ 杉 江 と 私 ・ 浜 本 。 つ ま り お じ 「 俺 、 悪 く な い よ な ! 鍵 閉 め て 円 ( + 税 ) で す 。 希 望 号 数 を 明 記 の 上 、 定 期 購 読 と さ ん 一 号 と 二 号 の 一 一 人 組 だ 。 は た 私 の す ぐ 後 ろ の 男 子 大 学 生 が 人 一 な い の が 悪 い や ん な ! 」 「 女 性 じ 同 様 に お 申 込 み 下 さ い 。 富 士 山 マ ガ し て 二 人 の 話 を 聞 き に 人 は 集 ま っ ろ う と ボ タ ン を 押 す と 、 お じ さ ん ゃ な く て 、 ほ ん ま よ か っ た な あ 」 ジ ン サ ー ピ ス (http://www.fujisan.co. が き ば っ て い た 。 た の か 、 一 一 人 の 話 は ウ ケ た の か と 大 学 生 た ち 。 そ の 会 話 を 扉 越 し jp/hon) で も 定 期 購 読 の お 申 込 み と 実 は こ れ を 書 い て い る 今 は 十 月 半 Ⅷ 「 う わ っ ! す み ま せ ん ! 」 と 慌 て に 聞 い て し ま う 、 お じ さ ん の 気 持 損 パ ッ ク ナ ン パ ー の 購 人 が 可 能 で す 。 当 社 刊 の 単 行 本 を 直 接 お 申 込 み の ば で 、 未 来 は わ か ら ず ド キ ド キ 中 て そ の 子 は 閉 め よ う と し て い た 川 ち : ・ 。 中 秋 の 悲 劇 辛 い ぜ 、 お じ 場 合 は 、 広 告 ペ ー ジ で 定 価 を ご 確 認 な の で あ る 。 ま あ 、 大 盛 況 は 予 言 一 が 、 多 機 能 だ け に な か な か 閉 ま ら さ ん 。 頑 張 れ 、 お じ さ ん 。 で も 、 の 上 、 書 名 を 明 記 し て 同 様 に お 申 込 で き ち ゃ う ん だ け ど ( 笑 ) 。 な い 。 ボ タ ン を 焦 っ て 押 せ ば 押 す 澱 人 間 っ て 便 座 体 勢 だ と 何 に も 抵 抗 み 下 さ い ( い ず れ も 送 料 当 社 負 担 ) 。 で き な い こ と が よ く わ か っ た 川 月 は 、 2 回 も 京 都 の 百 萬 ほ ど 難 し い 遍 知 恩 寺 へ 行 く こ と に な り 乗 車 率 120 % 。 ド ル 箱 の 考 え も の だ 。 △ 110

本の雑誌 2016年12月号


い 出 し た い の は 、 「 宇 宙 で も 音 が あ っ た 苦 労 し た 。 こ こ で 、 ス タ ・ ハ や ド ト ー ル と ・ 平 松 洋 子 ( じ ・ 青 山 南 ( 囲 ) い う わ け に は い か ん だ ろ う 。 ほ う が 、 カ ッ コ イ イ よ な ! 」 ( 意 訳 ) と 「 政 吉 」 の あ と に 寄 っ た 三 栄 町 の 牛 た ん オ ア ハ カ か ら ト ウ モ ロ コ シ の ト ル テ ィ い う 、 ジ ョ ー ジ ・ ル ー カ ス の 言 葉 で す ね 。 ・ 酒 井 貞 道 ( ) 専 門 店 「 忍 」 は 昭 和 五 十 四 年 創 業 。 ゆ で ー ヤ を ど っ さ り 持 っ て 帰 っ て き ま し た 。 ・ 鏡 明 ( % ) 初 め て 航 空 機 の ・ ヒ ジ ネ ス ク ラ ス に 乗 っ た ん 、 た ん 焼 き 、 た ん シ チ ュ ー 、 た ん の ・ 内 澤 旬 子 ( ) 静 岡 に 行 っ た 。 二 十 年 ぶ り と い う 感 、 た ん で す が 、 お 茶 が う ま い の が 一 番 の 驚 生 姜 煮 、 ど て 煮 、 た ん の 塩 漬 、 味 噌 漬 、 ャ ギ 四 匹 の 越 冬 対 策 に 追 わ れ て い ま す 。 じ 。 東 示 の プ ラ ン ド や 店 が や た ら に 多 く き で し た 。 短 時 間 だ っ た の で 、 設 備 や サ た ん ス ー プ : : : 激 し く う ま い 。 四 ッ 谷 散 そ し て も し か し た ら 二 月 に 新 し い 家 族 が て 、 静 岡 ロ ー カ ル の 喫 茶 店 を 探 す の に 、 ー ビ ス は あ ま り 堪 能 で き ま せ ん で し た 。 歩 の お と も に ぜ ひ ど う ぞ 。 増 え る か も ・ : : ・ ( も ち ろ ん ャ ギ で す が ) 上 司 小 剣 文 学 研 究 ・ : : ・ 小 松 左 京 の 猫 理 想 郷 : : ・ 貯 尻 啖 え 孫 市 : ・ 2 。 16 年 月 号 本 文 中 に 版 元 名 が 記 載 さ れ て 上 司 小 剣 論 : : 木 も れ 日 を 縫 う : : 死 を 呼 ぶ ク イ ズ : い る も の を 原 則 と し て い ま す カ ム 。 ハ ネ ル ラ : 真 説 忠 臣 蔵 ・ : 【 さ 】 が 、 内 容 に 一 言 及 し て い る 場 合 掲 載 図 書 索 引 8- . -6 等 も 掲 載 し て い ま す サ ー モ ン ・ キ ャ ッ チ ャ ー 汗 血 千 里 の 駒 ・ : 新 選 組 血 風 録 : ・ ワ っ 0 . ワ 」 . っ 0 .8 . 9- カ ン プ ノ ウ の 灯 火 : 0 0 最 悪 の 将 軍 ・ : 新 選 組 颯 爽 録 ・ : っ 3 ワ 】 0 41 鉞 子 : ・ : ・ 芻 棋 士 と い う 人 生 : 最 後 の 忠 臣 蔵 : ・ 生 か 、 死 か : ア イ ヌ 学 入 門 : : 肪 オ ア ハ カ 日 誌 : ・ ・ : 京 都 異 国 遺 産 : ・ 精 神 分 裂 病 と 妄 想 ・ : ・ : 怩 坂 本 龍 馬 : ・ 相 棒 : ・ : 王 に な ろ う と し た 男 京 都 の 平 熱 : ・ 作 家 の 舞 台 裏 : ・ 世 界 の 終 わ り の 七 日 間 : 明 る い 夜 に 出 か け て : : 1 ・ 2 ・ 幻 京 の 路 地 裏 ・ ・ 真 田 騒 動 : ・ 世 界 の 不 思 議 な 図 書 館 ・ : 1 人 イ 1 赤 穂 浪 士 : ・ : 大 わ ら ん じ の 男 : ・ 九 鬼 周 造 随 筆 集 ・ : 〈 — ・ ・ パ ラ ー ド 短 編 全 集 〉 関 ヶ 原 : 11 ワ 】 : お 楽 し み は こ れ か ら だ : ・ : 公 家 武 者 松 平 信 平 ・ : ・ : 鮖 戦 雲 の 夢 : ・ 9. 14 織 田 信 雄 : ・ 雨 の こ と ば 辞 典 : ・ : 幻 国 盗 り 物 語 : : ・ ・ ジ ェ リ ー フ ィ ッ シ ュ は 凍 ら な 戦 争 ま で : ・ 落 窪 物 語 : 安 徳 天 皇 漂 海 記 : : 四 熊 と 踊 れ : : ・ 禅 と 福 音 : 8- 7 8 る り ・ の こ と ・ ・ あ ん な あ よ お う き き や : 跖 折 ロ 信 夫 天 皇 論 集 : : : 9 ・ 0 : 四 十 七 人 の 刺 客 : ・ : ・ ・ 総 司 の 夢 : 11 ・ ワ 1 ア ン ニ ョ ン 、 エ レ ナ : : 妬 お れ の 足 音 : ・ : 決 戦 ー 関 ヶ 原 : : : 炻 ・ Ⅳ ・ ジ ビ エ 教 本 : : 漱 石 先 生 ぞ な 、 も し : 1 1 : ・ 跖 尾 張 春 風 伝 : ・ 家 康 、 江 戸 を 建 て る : ・ 現 代 語 訳 好 色 一 代 男 : ・ 四 ・ 十 二 人 の 死 に た い 子 ど も た ち 【 た 】 女 た ち の 忠 臣 蔵 : 一 〇 一 教 室 ・ : ・ : 四 幻 燈 機 の な か で : ・ : 絽 大 正 十 五 年 の ヒ コ ー キ 野 郎 : 崩 一 刀 斎 夢 録 ・ : 【 か 】 幸 福 に な る メ キ シ コ : ワ っ 0 ・ : 修 羅 走 る 関 ヶ 原 ・ ・ : 大 東 亜 共 栄 圏 ・ : 街 道 を ゆ く : ・ ヴ ィ ジ ョ ン ズ : : 古 寺 巡 礼 ・ : 昭 和 ェ ロ 本 描 き 文 字 コ レ ク シ 高 山 盆 地 : ・ 輝 く 日 の 宮 : ・ ウ エ ス タ ン 武 芸 帳 : ・ 哂 っ 士 ま に ・ 島 に 胸 き : 孤 愁 の 岸 ・ : 1 歌 麿 さ ま 参 る : ・ ・ : 月 輪 先 生 の 犯 罪 捜 査 学 教 室 : ・ 孤 宿 の 人 : ・ ・ : ・ 四 昭 和 時 代 一 九 八 〇 年 代 谷 崎 潤 一 郎 全 集 ・ : 1- 1 1 1 火 天 の 城 : ・ ゴ ッ ド ・ ガ ン : 埋 も れ た 日 本 : ・ チ ベ ッ ト 聖 地 の 路 地 裏 : ・ : こ の 国 の か た ち : : 忠 臣 蔵 : ウ ル ト ラ マ ン に な っ た 男 : : : 盟 上 司 小 劍 コ ラ ム 集 : シ ョ 。 ハ ン ・ コ ン ク ー ル ・ 【 あ 】 17 35 93 26 24 18 58 134

本の雑誌 2016年12月号


本 の 誌 0 / ヾ ッ ク + ン / ← の こ 16 年 7 月 号 16 年 8 月 号 1 6 年 9 月 号 号 月 1 6 年 1 1 月 号 特 集 ・ さ よ う な ら 、 特 集 ・ 読 書 の 原 点 特 集 ・ 400 号 記 念 な 特 集 ・ 映 画 天 国 ! 特 集 ・ め ざ せ 新 人 を 探 せ ! 吉 野 朔 実 16 年 2 月 号 16 年 3 月 号 16 年 5 月 号 新 を 物 を き 卩 第 当 特 集 ・ 全 日 本 評 伝 特 集 ・ ア ウ ト ロ ー 特 集 ・ 人 の 本 は 汚 す な ! 特 集 ・ 週 刊 誌 の 時 代 特 集 ・ 出 版 社 を 作 グ ラ ン プ リ ! で い こ う ! 本 の 読 み 方 四 十 八 手 ! ? が 再 び や っ て き た ! ろ う ! 15 年 12 月 号 1 6 年 1 月 号 本 の 報 : ・ バ ッ ク ナ ン バ ー の 購 入 方 法 ■ 当 社 宛 に 、 郵 便 振 替 (OOI 50 ー 3-50378 ・ 本 の 雑 誌 社 ) も し く は 現 金 書 留 で お 申 込 み 下 さ い 。 富 士 山 マ ガ ジ ン サ ー ビ ス (http://www.fuji san. co.jp/hon) で も 購 入 で き ま す 。 ※ 上 記 の ほ か 、 2014 年 1 月 号 以 降 の 在 庫 が あ り ま す 。 特 集 ・ 本 の 雑 誌 が 選 特 集 ・ 太 宰 治 は 本 当 詳 し く は 110 ペ ー ジ 「 大 切 な お 知 ら せ 」 を ご 覧 下 さ い 。 ぶ 2015 年 度 ベ ス ト 10 に 人 間 失 格 な の か ? ・ 定 其 目 貝 言 の ご 案 肉 ☆ 本 の 雑 誌 の 年 間 購 読 料 は 1 年 間 12 冊 で 、 8880 円 ( 税 ・ 送 料 込 ) で す 。 何 月 号 か ら ご 希 望 か と 、 住 所 、 氏 名 ( フ リ ガ ナ ) を 明 記 の 上 、 現 金 書 留 ま た は 郵 便 振 替 (OOI 50-3-50378 ・ 本 の 雑 誌 社 ) に て お 申 込 み 下 さ い 。 富 士 山 マ ガ ジ ン サ ー ビ ス (http:// www.fujisan.co.jp/hon) で も お 申 込 み い た だ け ま す 。 お じ さ ん 三 飆 ? イ 文 ま 版 に 費 ′ 、 ー 験 て が 、 か 第 含 ド ま を 舞 ド リ ト ル 生 第 る ! 第 年 立 繩 を に 物 ー 特 大 号 特 大 号 本 体 667 円 + 税 本 体 778 円 十 税 ・ , 本 体 667 円 + 税 本 体 796 円 十 税 本 体 667 円 + 税 号 16 年 6 月 号 ー 強 , 」 を ー ー 声 三 み 第 い ま 《 リ 「 新 学 ス 女 ・ に 第 第 4 対 談 ハ , 会 矗 ^ 十 セ 感 ! 当 せ 、 店 象 ・ 社 山 義 第 、 大 い に 5 1 セ ン 学 ン ス プ リ ン グ 、 第 調 ー に イ ン タ ビ 、 ! 本 体 667 円 十 税 本 体 667 円 十 税 本 体 667 円 + 税 本 体 667 円 + 税 本 は れ よ 新 《 な ′ ク 3 ス を を り 上 “ 宿 題 を 物 を ー 本 体 667 円 十 税 帳 第 の 物 5 べ ト ま : れ だ ! お 第 ま 「 を ベ ス ト 3 」 も ・ き ス 子 リ ー 、 飛 代 支 学 ・ 時 礒 / ン 7 ・ ク シ ・ ン 、 ス ン タ ー を イ ン 第 ン ト の ベ ス ト 定 ! 特 大 号 本 体 778 円 + 税 本 体 667 円 + 税 ☆ 暗 目 お ま け ペ ー / ヾ ー 「 本 の 右 ら し 」 も つ い て く る !

本の雑誌 2016年12月号


あ ん な 権 力 指 向 の 強 い ド ン キ ホ ー テ が い る 地 下 を 走 っ て い る け ど 田 園 都 市 線 は い わ ゆ 事 の た め 、 久 し 振 り で 加 太 こ う じ 『 名 も な か 。 し か し お か げ で 、 私 の 書 き 下 し 『 『 東 る 地 下 鉄 で は な く て 東 急 線 だ ぜ 。 私 が 昔 か く す が し く し た た か に 』 ( 加 太 こ う じ に ら の ク セ で 東 急 新 玉 線 と 書 く と 校 閲 か ら は イ ヤ な 目 に 合 わ さ れ た こ と が あ る け れ ど 京 人 』 と 私 』 が 面 白 い も の に な り そ う だ 。 九 月 十 五 日 ( 木 ) 朝 日 新 聞 夕 刊 一 面 の 「 素 「 田 園 都 市 線 で は ? 」 と 指 摘 さ れ る け ど 地 こ れ は 名 著 で す ) に 目 を 通 す 。 サ プ タ イ ト 粒 子 」 欄 を 見 て 驚 く 。 名 文 家 斎 藤 信 也 で 知 下 鉄 は な の か よ 。 そ れ か ら 、 「 三 軒 茶 ル は 「 街 の エ リ ー ト 聞 き 書 集 」 で 、 エ リ ー ら れ た こ の 欄 は 短 文 が 幾 つ も 並 ら ん で い た 屋 。 セ レ プ と 庶 民 が 程 よ く 調 和 し た 街 。 ト と い う の は 、 あ え て そ う 呼 ん だ の だ と 思 し も き た ざ わ ( 轡 田 隆 史 の 湯 豆 腐 シ リ ー ズ も 独 特 の 味 が 下 北 沢 な ど の 学 生 街 に 比 べ る と 落 ち 着 い た う 。 そ の 「 エ リ ー ト 」 の 一 人 が 、 「 ハ カ バ あ っ た ) 。 そ れ が 普 通 の ( と い う よ り 凡 庸 大 人 の 雰 囲 気 が あ る 」 と い う 一 節 に も ま た ・ キ タ ロ ー の 原 作 者 」 で あ る 伊 藤 正 美 だ ま た 、 オ イ オ イ と つ っ 込 み を 人 れ た く な あ れ つ 、 キ タ ロ ー の 原 作 者 っ て 水 木 し げ る な ) コ ラ ム 風 文 章 に 変 っ て い る 。 九 月 十 七 日 ( 土 ) ア レ ッ 、 「 素 粒 子 」 、 一 兀 の る 。 三 軒 茶 屋 の ど こ が セ レ プ な ん だ よ ( 老 じ ゃ な い の ? 「 あ の ね 、 『 ハ カ バ ・ キ タ ロ ー 』 の こ と だ が 、 あ れ 、 今 、 水 木 し げ る が ス タ イ ル に 戻 っ て い る ( と い う こ と は 二 日 人 は 多 い け ど ね ) 。 む し ろ 下 北 沢 の 方 が セ 間 だ け で 更 迭 か ? ) 。 レ プ が 多 く 住 ん で い る は ず だ 。 こ う い う 間 や っ て る 。 水 木 は 逢 っ た こ と あ る の 」 と い 九 月 十 八 日 ( 日 ) 数 年 前 か ら 朝 日 新 聞 出 版 違 い を す る 人 は 小 倉 千 加 子 や 木 皿 泉 な ど 関 う 加 太 こ う じ の 質 問 に 対 し て 、 伊 藤 正 美 は こ う 答 え て い る 。 「 な い ん だ 。 兎 月 書 房 っ の 本 は 誌 『 一 冊 の 本 』 も 含 め て ) い 西 人 に 多 い が 、 七 尾 与 史 と い う 人 は ? っ さ い 送 ら れ て こ な く な っ た ( 『 週 刊 朝 日 』 九 月 ニ 十 一 日 ( 水 ) 十 一 時 少 し 過 ぎ 家 を 出 て と こ ろ で 貸 本 用 に 作 る か ら 名 前 使 わ せ て だ け は 編 集 部 の 誰 か が 手 書 き で 送 っ て く れ て 竹 橋 の 近 代 美 術 館 に 行 き 、 ト ー マ ス ・ ル く れ っ て 、 相 沢 っ て 絵 描 き が き て 、 フ 展 見 る ド イ ツ 出 身 の 建 築 家 ミ ー ス ・ ロ し よ う っ て い っ た ら 、 兎 月 書 房 は 『 墓 場 の る よ う に な っ た ) 。 だ か ら 『 小 説 ト リ ッ パ ー 』 も 全 然 目 に し て い な か っ た 。 し か し ー エ の 建 築 物 を 撮 っ た シ リ ー ズ の 説 明 書 き 鬼 太 郎 』 っ て 題 で 水 木 さ ん に 書 か せ て 、 そ に ミ ー ス の 一 一 = ロ 葉 と し て 「 神 は 細 部 に 宿 る 」 の ま ん ま に な っ て る 。 テ レ ビ で や る と き 墓 「 文 ち ゃ ん 」 が 書 評 を 書 い た か ら 最 新 号 三 〇 一 六 年 秋 季 号 ) が 送 ら れ て 来 た の で 久 し と い う フ レ ー ズ が 引 か れ て い た が 、 ア レ レ 場 は イ メ ー ジ が わ る い っ て こ と で ゲ ゲ ゲ の 振 り で 目 を 通 す 。 七 尾 与 史 の 連 載 小 説 「 死 レ レ ッ 、 そ の フ レ ー ズ は 美 術 史 家 ア ピ ・ ウ 鬼 太 郎 に な っ た ら し い 。 あ れ は あ れ で い し ん で す 」 。 手 塚 治 虫 神 格 化 の 反 動 で 水 木 プ な せ な い 屋 」 に い き な り こ う い う 一 節 が 登 ア ー ル プ ル グ の 一 一 = ロ 葉 じ ゃ な い の ? か ぐ ら り よ う た ー ム が 続 い て い る け ど 旋 毛 曲 り の 私 は や っ 場 す る 。 「 神 楽 と 良 太 は 一 緒 に 地 下 鉄 田 園 九 月 ニ 十 一 一 日 ( 木 ) 祭 日 だ け ど 私 の 仕 事 に 都 市 線 三 軒 茶 屋 駅 で 降 り た 」 。 オ イ オ イ 、 は 関 係 な い 。 昼 前 、 『 文 藝 春 秋 』 の 連 載 仕 ば り 手 塚 の 方 が 偉 大 だ と 思 い ま す 。

本の雑誌 2016年12月号


書 籍 化 ま で 0 光 年 『 地 上 最 後 の 刑 事 』 『 カ ウ ン ト ダ ウ ン ・ シ て い る 。 歴 史 は そ ち ら の 人 々 を 中 テ イ 』 に 続 く = 一 部 作 の 最 終 巻 で あ る 。 第 一 心 に 描 か れ が ち だ が 、 無 論 、 多 く 世 界 の 終 わ り へ 続 く 日 々 作 は 2012 年 の エ ド ガ ー 賞 、 二 作 目 は の 人 々 の 人 生 は そ れ ほ ど の 変 化 な 功 円 城 塔 寿 部 2 013 年 の フ ィ リ ッ プ ・ ・ デ ィ ッ ク 賞 し に 続 く 一 兀 戸 を 受 賞 し て い る 。 野 水 明 日 隕 石 が 落 ち て き て 世 界 が 滅 / 丁 舞 台 は 、 数 カ 月 後 に 小 惑 星 の 衝 突 が 予 測 び る と し た ら 何 を す る 、 と い う 話 ス 装 さ れ て い る 地 球 。 一 、 二 作 目 と 同 じ く 、 主 人 を 誰 も が し た こ と が あ る は ず で あ ン テ 公 は 日 々 、 事 件 の 調 査 を 続 け て い る る 。 漠 た る 不 安 で は な く 期 日 が き の イ ス と い 一 つ こ と に な る と 、 さ て こ れ は な っ ち り 決 ま っ て い る と こ ろ が ミ ソ わ ウ ミ 終 ・ の か ミ ス テ リ な の か と い う こ と に な り そ う で あ る 。 明 日 と い う こ と だ と 話 は の な の だ が さ て 。 早 い 。 こ れ を 、 数 カ 月 と い う こ と 世 、 小 惑 星 が 落 ち て く る 、 し か も 物 と し て の に し た と こ ろ に す ご み が あ る が 実 直 さ を 備 え て 落 ち て く る と い う 点 で サ イ 数 カ 月 前 か ら わ か っ て い る 方 が 自 然 だ 。 こ れ は 、 現 在 存 在 し な い 技 術 が 実 現 さ れ た エ ン テ ィ フ ィ ッ ク な こ と は 間 違 い な い 。 フ 自 暴 自 棄 な 行 動 が 増 え 、 後 先 考 え な い 行 社 会 を 描 く 、 な ん て こ と よ り 簡 単 で あ る べ イ ク シ ョ ン で あ る こ と も 確 か だ か ら 、 そ う 動 に 走 る 者 が 増 え そ う だ 、 と い う 予 想 く ら き だ 。 い う 意 味 で は 正 し く サ イ エ ン テ ィ フ ィ ッ ク い は 誰 に だ っ て 立 て ら れ る が 、 実 際 に そ こ で も 不 思 議 と 想 像 で き な い 。 危 機 に 挑 む な フ ィ ク シ ョ ン で あ る 。 へ 続 く 日 々 を 想 像 す る こ と が で き る か と な 科 学 者 た ち の 姿 を 戯 画 的 に 想 像 す る こ と は お そ ら く は こ の 作 品 の 世 界 に だ っ て 、 世 る と 話 は 別 だ 。 突 拍 子 も な さ す ぎ て 想 像 で で き て も 、 自 分 た ち が ど う し て い る か の 方 界 を 派 手 に 救 お う と し て い る 人 た ち は 存 在 き な い と い う の と は 少 し 違 う 。 は 不 思 議 と 霞 ん で し ま う も の で あ る 。 し て い る は ず な の だ が 、 ウ イ ン タ ー ス が 描 小 惑 星 が 数 カ 月 後 に 落 ち て く る 可 能 性 は だ か ら 、 本 作 は c-o な の か ミ ス テ リ な く の は そ う し た 人 々 で は な い 。 ご く 当 た り 前 に 存 在 す る 。 の か と 問 わ れ る と 、 そ れ よ り も う 少 し 想 像 実 際 問 題 、 重 大 な 出 来 事 の 進 行 中 に も そ ご く 当 た り 前 に 起 こ り う る こ と へ の 想 像 力 の 必 要 な も の 、 と 応 え る こ と に な り そ う れ に 直 接 関 わ る こ と の で き る 人 々 は 限 ら れ が 追 い っ か な い と い う の は 奇 妙 な こ と で 、 だ 、 ま ー 90 ~ w 0 R L D 0 F 丁 R 0 B L E の り 問 界 わ 日 世 終 七 118