検索 - みる会図書館

検索対象: 技術と法律

技術と法律から 39件ヒットしました。

技術と法律


技 術 と 法 律 第 0 0 0 第 1 号 平 成 29 年 10 月 22 日 発 行 編 著 3Smips 技 術 と 法 律 プ ロ シ ェ ク ト

技術と法律


本 稿 の 場 面 設 定 は , ソ ー ス コ ー ド を 利 用 し た 立 証 を し た い も の の , ソ ー ス コ ー ド を 所 持 し て い な い こ と が 前 提 と な る の で , 以 下 , 文 書 提 出 命 令 の 問 題 に 重 点 を 置 い て 論 じ る こ と と す る 。 ま た , 本 稿 で は , 私 文 書 た る ソ ー ス コ ー ド に 限 定 し て 検 討 す る 。 3. 文 書 提 出 命 令 へ の 壁 文 書 提 出 命 令 に つ い て は , ニ つ の 壁 が あ る 。 ー っ 目 は , 文 書 提 出 理 由 の 有 無 で あ り , 民 訴 法 220 条 が , 一 般 的 に 提 出 義 務 を 法 定 し つ つ , 同 条 4 号 イ ~ ホ に お い て 除 外 事 由 を 設 け て い る こ と が 問 題 と な る 。 ソ ー ス コ ー ド で は , 特 に 4 号 ニ の 専 ら 文 書 の 所 持 者 の 利 用 に 供 す る た め の 文 書 ( 自 己 専 文 書 ) に 該 当 す る か が 問 題 と な る で あ ろ う 。 こ の 点 , オ ー プ ン ソ ー ス で あ っ た り , 契 約 当 事 者 へ の ソ ー ス コ ー ド の 提 供 が 約 定 さ れ て い た り す る と , 自 己 専 文 書 に 該 当 す る と は い え な い 。 し か し , 特 許 権 侵 害 の よ う に , 契 約 関 係 に な い 当 事 者 間 で の 紛 争 の 場 合 , ソ ー ス コ ー ド を 提 供 す べ き 状 況 が 考 え が た く , ま た , ソ ー ス コ ー ド が ノ ウ ハ ウ の 塊 で あ る こ と か ら す る と , 自 己 専 文 書 該 当 性 が 争 わ れ る よ う に 考 え ら れ る 。 な お , 特 許 訴 訟 や 著 作 権 訴 訟 に お い て は , 民 訴 法 上 の 文 書 提 出 義 務 除 外 事 由 で あ る 技 術 又 は 職 業 の 秘 密 に 関 す る 文 書 ( 民 訴 法 220 条 4 号 ハ , 197 条 1 項 3 号 ) で あ っ て も , 正 当 な 理 由 が な け れ ば 提 出 を 拒 む こ と が で き な い と さ れ て い る ( 特 許 法 105 条 1 項 , 著 作 権 法 114 条 の 3 ) 。 し か し 実 務 上 よ り 大 き な 壁 と な る の は 証 拠 調 べ の 必 要 性 ( 民 訴 法 181 条 1 項 ) で あ る 。 裁 判 所 は , た と え 当 事 者 が 申 し 出 た 証 拠 方 法 で あ っ て も , 取 り 調 べ の 必 要 性 が な け れ ば こ れ を 却 下 す る こ と が で き る 。 こ こ で , 文 書 提 出 命 令 の 申 立 て に つ い て の 決 定 に 対 し て は , 即 時 抗 告 が で き る が ( 民 訴 法 223 条 7 項 ) , 申 立 て を 却 下 し た 理 由 が , 証 拠 調 べ の 必 要 性 な し で あ る 場 合 は , 即 時 抗 告 が で き ず 判 決 理 由 に 対 す る 不 服 申 立 手 段 で あ る 控 訴 に よ ら な け れ ば な ら な い 7 。 法 文 の 定 め に 反 す る と の 見 解 も あ り 得 よ う が , そ も そ も 却 下 決 定 に 対 す る 抗 告 と は , 口 頭 弁 論 を 経 な い で 訴 訟 手 続 に 関 す る 申 立 を 却 下 し た 決 定 に 対 す る 不 服 申 立 て で あ り ( 民 訴 法 328 条 1 項 ) , 口 頭 弁 論 を 経 て な さ れ る 裁 判 で あ る 判 決 に 対 す る 不 服 で 賄 わ れ る も の は 対 象 と な ら な い 。 証 拠 調 べ の 必 要 性 な し と は , 換 言 す れ ば , こ れ を 取 り 調 べ な く て も 事 実 認 定 が で き る と の 証 拠 価 値 の 判 断 の 問 題 で あ り , 自 由 心 証 主 義 ( 民 訴 法 247 条 ) の 問 題 で あ る か ら , 判 決 に 対 す る 不 服 申 立 で あ る 上 訴 に よ っ て 検 討 さ れ る べ き 問 題 で あ る 8 。 さ て , 一 般 論 と し て い う と , 文 書 所 持 者 が 書 証 と し て 文 書 を 提 出 す る こ と に つ い て , 裁 判 所 が 証 拠 調 べ の 必 要 性 を い ち い ち 精 査 し , 個 別 に 採 否 を 検 討 す る こ と は な い と い っ て よ い 9 。 し か し , 鑑 定 ・ 検 証 ・ 証 人 尋 問 ・ 文 書 提 出 命 令 等 , 手 続 が 重 く な れ ば な る に つ れ , 裁 判 所 は , 証 拠 調 べ の 必 要 性 に つ い て 慎 重 な 判 断 を 行 う 傾 向 が あ る 。 こ れ は , 証 拠 収 集 に つ い て は , 第 一 次 的 に 当 事 者 が 行 う べ き と い う 弁 論 主 義 の 建 前 に よ る も の と 考 え ら れ る が , そ れ 故 代 替 方 法 に よ る 立 証 が 可 能 で あ り , か つ , そ ち ら で 心 証 形 成 が 十 分 に で き る の で あ れ ば , 必 要 性 な し と し て 却 下 さ れ る こ と が 多 い と い え る の で あ る 。 こ の こ と は , 主 張 立 証 責 任 を 負 う 側 が 文 書 提 出 命 令 の 申 立 を 行 う 場 合 , 特 に 深 刻 に な る 。 す な わ ち , 正 面 突 破 を し よ う と し て 文 書 提 出 命 令 を 申 し 立 て た ら , 脇 道 で 敗 訴 の 心 証 を 取 ら れ , 本 案 こ と 文 書 提 出 命 令 の 申 立 て も 却 下 さ れ る と い う , 踏 ん だ り 蹴 っ た り の 状 態 が で き る こ と と な る の で あ る 。 1 。 な お , 手 続 面 に も 若 干 付 言 す る 。 証 拠 調 べ の 必 要 性 の 有 無 に つ い て は , 民 訴 法 と 特 許 法 で は 若 干 異 な る 問 題 が あ る 。 す な わ ち , 当 事 者 と し て は , 文 書 提 出 命 令 の 判 断 が 出 る 前 は , 証 拠 を 見 て も ら っ て い な い の で あ る が , そ れ な の に 必 要 性 が な い と は ど う い う こ と か , と い う 疑 問 が 生 じ る 。 こ の 点 , 民 訴 法 223 条 4 ~ 6 項 は , 文 書 提 出 義 務 の 存 否 を 判 断 す る た め に , 裁 判 所 が , 裁 判 所 限 り で 文 書 を 閲 覧 す る こ と が で き る , い わ ゆ る イ ン カ メ ラ 手 続 を 定 め る 。 し か し こ れ は あ く ま で も 文 書 提 出 義 務 の 存 否 の 判 断 の た め の 手 続 で あ っ て , 証 拠 調 べ の 必 要 性 の た め の 手 続 で は な い 。 そ の た め , 証 拠 調 べ の 必 要 性 に つ い て , 同 手 続 を 利 用 す る こ と は で き な い 。 一 方 , 特 許 法 105 条 2 項 は , 特 許 法 上 の 文 書 提 出 義 務 の 除 外 事 由 で あ る 「 正 当 な 理 由 」 を 判 断 す る た め に イ ン カ メ ラ 手 続 を 利 用 す る こ と が で き る と こ ろ , か か る 正 当 な 理 由 と は 営 業 秘 密 で あ る こ と の 他 , 訴 訟 追 行 上 の 必 要 性 を も 加 味 し て 総 合 的 に 判 断 さ れ る も の と さ れ て お り , 具 体 的 に は , 営 業 秘 密 の 開 示 に よ り 所 持 者 が 受 け る 不 利 益 と 書 類 が 提 出 さ れ な い こ と に よ り 申 立 当 事 者 が 受 け る 不 利 益 が 比 較 衡 量 さ れ る こ と と な る 11 。 た だ し 特 許 法 105 条 2 項 は , 当 事 者 間 で の み し か 使 え ず 第 三 者 に 対 し 提 出 を 求 め る 場 合 は , な お , 民 訴 法 の 規 定 に 7 最 高 裁 平 成 1 1 年 ( 許 ) 第 20 号 同 1 2 年 3 月 1 0 日 宰 ー 小 法 廷 決 定 ・ 民 集 54 巻 3 号 1073 頁 。 8 逆 に い う と , 文 書 提 出 理 由 な し で 却 下 す る 場 合 , 取 調 べ の 必 要 性 は 肯 定 さ れ て い る の で あ る か ら , 取 調 べ を す れ ば 心 証 が 変 わ る 可 能 性 が あ る 。 そ う す る と 当 該 審 級 に お け る 判 断 を 尽 く さ せ る 必 要 が あ る の で 抗 告 に よ っ て 判 断 の 誤 り を 是 正 さ せ る 必 要 が あ る と い え る 。 9 例 外 は , 時 機 に 後 れ た 攻 撃 防 御 方 法 で あ る 場 合 ( 民 訴 法 1 57 条 ) や , 違 法 収 集 証 拠 等 を 理 由 と し , 証 拠 能 力 が 争 わ れ る 場 合 な ど で あ ろ う 。 10 文 書 提 出 命 令 の 申 立 て に 対 し 独 立 し た 決 定 書 が 作 ら れ る 事 例 も な い で は な い 実 務 上 口 頭 弁 論 終 結 の 際 に は 判 断 を 留 保 し 判 決 書 に お い て , 代 替 方 法 に よ る 心 証 形 成 が で き て お り , 必 要 性 が あ る と は い え な い と し て 却 下 さ れ る 事 例 も 少 な く な い 。 理 論 的 に は , 口 頭 弁 論 は , 訴 訟 が 裁 判 を す る の に 熟 し た と き に 終 結 す る の で ( 民 訴 法 243 条 1 項 ) , 判 断 留 保 の 状 態 で 口 頭 弁 論 を 終 結 す る と い う こ と は 取 り 調 べ な く て も 裁 判 を す る の に 熟 し て い る , す な わ ち 取 調 べ の 必 要 性 が な い と い っ て い る の に 等 し い と い え る 。 た だ し 口 頭 弁 論 終 結 後 , 判 決 書 作 成 を し て い る 際 に , 取 調 べ の 必 要 性 が あ る と 判 断 す る に 至 り , 改 め て 口 頭 弁 論 を 再 開 す る こ と も な い と は い え な い だ ろ う 。 1 1 中 山 信 弘 「 注 解 特 許 法 第 3 版 」 ( 青 林 書 院 ) 1 182 頁 5

技術と法律


第 1 部 1 . は じ め に 民 事 訴 訟 に お け る ソ ー ス コ ー ド の 取 扱 い に つ い て 民 事 訴 訟 に お い て , ソ フ ト ウ ェ ア の 仕 様 が 問 題 と な る 事 例 は い く つ か 考 え ら れ る が , そ の 多 く は , ① 特 許 権 侵 害 , 著 作 権 侵 害 , 不 正 競 争 防 止 法 等 を 理 由 と す る 知 的 財 産 訴 訟 , ② シ ス テ ム 開 発 に 関 連 す る 損 害 賠 償 請 求 に ニ 分 さ れ る 。 1 こ れ ら の 訴 訟 に お い て は , 当 事 者 か ら ソ ー ス コ ー ド の 提 出 を 求 め ら れ る こ と が 少 な く な い 。 し か し , 現 実 に ソ ー ス コ ー ド を 精 査 し て 判 決 を す る こ と は あ ま り な い よ う に 思 わ れ る 。 例 え ば , 株 式 会 社 マ ネ ー フ ォ ワ ー ド の 仕 訳 シ ス テ ム が , フ リ ー 株 式 会 社 の 仕 訳 シ ス テ ム に 関 す る 特 許 権 を 侵 害 し て い た か 否 か が 問 題 と な っ た 裁 判 例 2 に お い て , 原 告 で あ る フ リ ー 株 式 会 社 は , 株 式 会 社 マ ネ ー フ ォ ワ ー ド に 対 し , 仕 訳 シ ス テ ム の ソ ー ス の 開 示 を 求 め た が , 裁 判 所 は こ れ を 認 め な か っ た 。 一 方 , 技 術 者 か ら す れ ば , ソ ー ス コ ー ド は ノ ウ ハ ウ の 塊 と い う 意 識 が あ り , こ れ を 見 れ ば 請 求 の 当 否 は 一 目 瞭 然 で あ る と の 意 識 が あ る よ う に も 思 わ れ る 。 そ こ で , 本 項 で は , 民 事 訴 訟 に お け る ソ ー ス コ ー ド の 取 扱 に つ い て 検 討 し , 技 術 者 と 裁 判 所 の 発 想 の す れ を 考 察 し た い 。 弁 護 士 法 人 淀 屋 橋 ・ 山 上 合 同 弁 護 士 ・ 応 用 情 報 技 術 者 伊 藤 太 一 2. ソ ー ス コ ー ド の 訴 訟 法 上 の 取 扱 い ソ ー ス コ ー ド は , 訴 訟 法 上 , 記 載 さ れ て い る 字 面 を 問 題 と す る の で は な く , 記 載 さ れ て い る 思 想 的 意 味 内 容 を 証 拠 資 料 と し て 収 得 す る も の で あ る か ら , 書 証 ( 民 訴 法 21 9 条 ) と し て 取 り 調 べ ら れ る こ と と な る 。 3 書 証 の 申 出 は , ① 所 持 者 自 ら 提 出 す る 方 法 , ② 自 ら 所 持 し な い 場 合 に , 所 持 者 に 文 書 の 送 付 を 嘱 託 す る 方 法 , ③ 提 出 を 拒 む 相 手 に 対 し 文 書 提 出 命 令 の 申 立 を 行 う 方 法 が あ る ( 民 訴 法 219 条 , 226 条 ) 。 こ の う ち , ② の 文 書 送 付 嘱 託 に つ い て は , あ く ま で も 任 意 の 送 付 を 嘱 託 す る も の で あ り , 裁 判 所 を 介 し た 嘱 託 が な さ れ る と は い え , 提 出 義 務 が 課 さ れ る も の で は な い し 4 , 従 わ な い 場 合 の 制 裁 も な い 。 一 方 , ③ の 文 書 提 出 命 令 で あ れ ば , 命 令 の 対 象 が 訴 訟 当 事 者 で あ っ て , か っ , こ れ に 従 わ な い 場 合 , 裁 判 所 は 文 書 の 記 載 に 関 す る 文 書 提 出 命 令 申 立 人 の 主 張 を 真 実 と 認 め る こ と が で き る ( 民 訴 法 224 条 1 項 ) 5 。 た だ し , 第 三 者 が 従 わ な い 場 合 は , 決 定 で 20 万 円 以 下 の 過 料 に 処 せ ら れ る の み で あ り , 真 実 擬 制 効 は 働 か な い ( 民 訴 法 225 条 1 項 ) 。 6 1 平 成 29 年 9 月 26 日 午 前 1 1 時 の 時 点 で , 株 式 会 社 工 ル ・ ア イ ・ シ ー 提 供 の 判 例 検 索 シ ス テ ム で あ る 判 例 秘 書 に お い て 「 ソ ー ス コ ー ド 」 を キ ー ワ ー ド と し て 民 事 事 件 全 体 を 検 索 し た と こ ろ , 128 件 が ヒ ッ ト し た 。 概 観 で は あ る が , そ の う ち , 100 件 程 度 は 知 財 訴 訟 で あ る よ う に 見 受 け ら れ た 。 2 東 京 地 判 平 成 29 年 7 月 27 日 。 な お , 特 許 権 侵 害 は 否 定 さ れ て い る 。 3 な お . HDD や DVD に 保 存 さ れ た デ ー タ に つ い て も , 準 文 書 と し て . 紙 媒 体 と し て の 文 書 に 準 じ た 規 律 が 及 ぶ の で ( 民 訴 法 231 条 ) , 以 下 , 紙 媒 体 に よ る か テ ー タ に よ る か を 問 わ ず 検 討 す る 。 な お , デ ー タ に つ い て は , 必 要 な 場 合 . プ リ ン ト ア ウ ト し て 可 読 な 状 態 に す る こ と が 想 定 さ れ て い る こ と を 理 由 に , デ ー タ の 提 出 義 務 が 認 め ら れ る 場 合 , こ れ を ア ウ ト ブ ッ ト す る た め の プ ロ グ ラ ム も 提 供 す る 義 務 を 負 う と い う 裁 判 例 ( 大 阪 高 決 昭 和 53 年 3 月 6 日 高 民 集 31 巻 1 号 38 頁 ) が あ る 。 4 通 説 で は あ る が , 近 時 , 個 人 情 報 保 護 を 理 由 と す る 提 出 の 拒 絶 が 頻 発 す る こ と で , 訴 訟 と い う 公 的 手 続 に お け る 資 料 収 集 に 支 障 を 来 し て い る と の 問 題 意 識 か ら , 少 な く と も 公 法 上 の 義 務 が 課 さ れ , 開 示 に つ い て 正 当 な 理 由 が あ る こ と を 理 論 づ け る も の と し て , 梅 本 吉 彦 「 民 事 訴 訟 手 続 に お け る 個 人 情 報 保 護 」 法 曹 時 報 60 巻 1 1 号 3409 頁 が あ る 。 調 査 嘱 託 ( 民 訴 法 186 条 ) が , 調 査 対 象 団 体 に 公 法 上 の 回 答 義 務 を 負 わ せ る こ と に つ い て は 争 い が な い と こ ろ , 調 査 嘱 託 と 文 書 送 付 嘱 託 で は . 主 体 が , 裁 判 所 と 当 事 者 と い う 点 で 異 な る が , 手 続 保 障 の 上 で の 真 実 発 見 の 要 請 と い う 公 益 的 目 的 に 基 づ く 制 度 で あ る こ と に お い て 両 者 に 違 い は な い 。 ま に 調 査 嘱 託 は , 当 事 者 の 主 観 に 依 ら な い 客 観 的 事 項 に つ い て 回 答 を 求 め る こ と と さ れ て い る こ と に 鑑 み れ ば , 裁 判 所 が 自 ら こ れ を 調 査 し て も 公 平 性 の 問 題 が な い の で , 裁 判 所 が 主 体 と な っ て い る に 過 ぎ な い と も 解 し う る こ と , 実 務 上 も 当 事 者 か ら の 申 出 に 基 づ き 裁 判 所 が 嘱 託 す る こ と が ほ と ん ど で あ る こ と を 併 せ 考 え る な ら , 文 書 送 付 嘱 託 の 場 合 に 公 法 上 の 義 務 を 課 し て 差 し 支 え な い と 考 え る 。 5 あ く ま で も 文 書 の 記 載 に 関 す る 主 張 で あ っ て , 文 書 か ら 立 証 し よ う と し て い る 事 実 に つ い て 真 実 擬 制 が 働 く わ け で は な い こ と に 注 意 が 必 要 で あ る 。 ソ ー ス コ ー ド を 例 に 取 る と , ソ ー ス コ ー ド に 「 printf("hogehoge") 」 と い う 記 載 が あ る と の 主 張 が 真 実 で あ る と 認 め ら れ る こ と が あ っ た と し て も , 当 該 記 載 が 特 許 権 を 侵 害 し て い る と い う 主 張 が 真 実 と 認 め ら れ る わ け で は な い 。 ま た , 裁 判 所 は , 真 実 と 認 め る こ と が 「 で き る 」 だ け で あ っ て , 認 め な け れ ば な ら な い わ け で は な い こ と に も 留 意 が 必 要 で あ る 。 6 た だ し 当 該 第 三 者 が , 命 令 の 対 象 者 と 実 質 的 に 同 一 と み ら れ る よ う な 特 別 な 関 係 が あ り , 命 令 の 対 象 者 が 提 出 を 拒 ま せ て い る よ う な 場 合 等 は , 法 律 上 真 実 擬 制 を す る こ と が で き な く と も , 弁 論 の 全 趣 旨 ( 民 訴 法 247 条 ) や 訴 訟 上 の 信 義 則 ( 民 訴 法 2 条 ) に よ っ て . 真 実 擬 制 と 同 様 の 効 果 を 及 ぼ す と い う 立 論 が あ り 得 る よ う に 思 わ れ る 。 4

技術と法律


よ る し か な い 。 以 上 を 要 約 す る と , 技 術 者 と 法 律 家 の 間 で ソ ー ス コ ー ド に 対 す る 見 解 の 相 違 が あ る と す れ ば , 証 拠 調 べ の 必 要 性 が 鍵 に な る と 考 え ら れ る 。 で は , ど の よ う に 裁 判 所 が 証 拠 調 べ の 必 要 性 な し と 考 え て い る の か を 検 討 す る こ と と し た い 。 4 知 財 訴 訟 に お け る ソ ー ス コ ー ド 誤 解 を 恐 れ ず に い う な ら , 知 財 訴 訟 と い う の は , イ ン テ リ ジ ェ ン ス 間 違 い 探 し で あ る か ら , 侵 害 製 品 と さ れ て い る も の の ソ ー ス コ ー ド を 比 較 す れ ば 侵 害 が 明 ら か に な る よ う に 思 わ れ る し , 被 告 側 に と っ て も , ソ ー ス コ ー ド を 比 較 さ せ れ ば 侵 害 し て い な い こ と が 一 目 瞭 然 で あ る と い え そ う で あ る 。 し か し , ソ ー ス コ ー ド , 特 に ア ル ゴ リ ズ ム が 端 的 に 表 れ て い る 部 分 は , 正 に プ ロ グ ラ ム の コ ア 中 の コ ア と い う べ き で あ り , オ ー プ ン ソ ー ス 化 し な い 限 り , こ れ を 競 業 他 社 に 開 示 す る と い う こ と は あ り 得 な い 。 つ ま り , 攻 撃 ・ 防 御 を す る 側 い ず れ に と っ て も 12 , ソ ー ス コ ー ド を 提 出 す る こ と は 避 け た い と い う 事 情 が あ る 。 ま た , 知 財 訴 訟 で は , 技 術 的 範 囲 に 属 す る か 否 か が 問 題 と な り , こ の 点 は , ソ ー ス コ ー ド を 検 討 し た 方 が 良 い の か も 知 れ な い 。 し か し 一 般 論 と し て , ソ ー ス コ ー ド を テ ッ ド コ ビ ー し て い る と い う の は 考 え が た く , 結 局 は , ソ ー ス コ ー ド 同 士 を 比 較 し て , 技 術 的 範 囲 に 属 す る か 否 か , 特 に ア ル ゴ リ ズ ム の 解 析 が 問 題 と な っ て し ま う よ う に 思 わ れ る 。 そ う で あ る と , ソ ー ス コ ー ド を 検 討 し た と こ ろ で , 得 ら れ る も の が 大 き い と は い え な い よ う に も 考 え ら れ る 。 一 方 , 前 記 マ ネ ー フ ォ ワ ー ド 事 件 で は , 入 力 さ れ た 摘 要 と 出 力 さ れ る 勘 定 科 目 の 比 較 を 行 っ た 結 果 , 異 な る 出 力 ( よ り 正 確 に は , フ リ ー 株 式 会 社 の シ ス テ ム か ら は 出 現 し 得 な い 出 力 ) が 得 ら れ た こ と か ら , 特 許 権 侵 害 を 否 定 し た 。 い わ ば , 入 力 と 出 力 と い う 容 易 に 可 読 な 範 囲 か ら , プ ラ ッ ク ボ ッ ク ス と な っ て い る 内 部 構 造 の 非 同 一 性 を 認 定 す る と い う 手 法 を と っ た と い え る し , 得 ら れ る 成 果 が 異 な る の で あ れ ば 技 術 的 範 囲 に 属 さ な い と も い え る の で あ る か ら , こ れ で 足 り る と も い え よ う 。 そ も そ も , プ ロ グ ラ ム を 作 成 す る 際 に は , 如 何 な る 入 力 に 対 し て ど の よ う な 発 想 で 出 力 を す る か を 検 討 し こ れ を 実 現 す る た め の 手 段 と し て コ ー テ ィ ン グ を 行 う の で あ る か ら , 入 出 力 か ら 得 ら れ る も の の ほ う が よ り 本 質 的 な 特 徴 を 捉 え て い る と い え る 場 面 も 少 な く な い よ う に 思 わ れ る 。 そ う す る と , 入 出 力 等 の 内 部 構 造 を 見 な く と も 技 術 的 範 囲 に 属 す る か 否 か が 判 断 で き る の で あ れ ば 13 , ソ ー ス コ ー ド を 取 り 調 べ る 必 要 性 が あ る 事 例 は 限 定 さ れ る の で は な い か と 考 え る 。 5 シ ス テ ム 開 発 訴 訟 に お け る ソ ー ス コ ー ド シ ス テ ム 開 発 訴 訟 で は , ユ ー ザ ー か ら , べ ン ダ ー が 作 成 し た ソ フ ト ウ ェ ア に は 瑕 疵 が あ る 又 は 仕 事 と し て 完 成 し て い な い と い う 主 張 が な さ れ る こ と が 多 い 。 こ こ で , ユ ー ザ ー が 求 め る 機 能 と 現 実 の ソ フ ト ウ ェ ア の 差 が 瑕 疵 と し て 主 張 さ れ , こ の 立 証 手 段 と し て ソ ー ス コ ー ド を 解 読 す る こ と が 必 要 で あ る と 主 張 さ れ る 。 し か し , そ も そ も ユ ー ザ ー と べ ン ダ ー の 間 で , ソ ー ス コ ー ド レ ベ ル で 合 意 す る と い う こ と が あ る の で あ ろ う か 。 現 実 に は , ユ ー ザ ー 側 が 要 件 定 義 や 要 求 ス ペ ッ ク を 定 め , こ れ を 実 現 す る た め の 内 部 設 計 に つ い て は べ ン ダ ー 側 が 責 任 を 持 っ と い う も の で あ る と 思 わ れ る 。 そ う す る と , 債 務 不 履 行 と い え る か , 或 い は 瑕 疵 と い え る か は , 双 方 が 合 意 し た 要 件 定 義 や 要 求 ス ペ ッ ク を 満 た し て い る か 否 か が 問 題 と な る の で あ っ て ソ ー ス コ ー ド の 出 来 不 出 来 が , 直 接 , 瑕 疵 の 存 在 や 債 務 不 履 行 を 起 訴 づ け る も の で は な い よ う に 思 わ れ る 。 な お , ソ ー ス コ ー ド に は バ グ が あ る 場 合 が 多 く , こ れ を も っ て 瑕 疵 と い う 主 張 を 行 う こ と も 想 定 さ れ る 。 し か し , 開 発 す る シ ス テ ム の 規 模 に も よ る が , 一 般 論 と し て い う と , ソ フ ト ウ ェ ア 開 発 に お い て バ グ は つ き も の と さ え い え る も の で あ り , 些 細 な バ グ で あ れ ば 保 守 の 中 で 修 復 さ れ る こ と が 多 い 。 そ う す る と , 単 に バ グ が あ る か ら と い っ て も , 当 該 部 分 だ け で 個 別 に バ グ が 修 復 で き る の で あ れ ば 瑕 疵 と は い え な い よ う に 考 え ら れ る か ら , こ の 点 で も ソ ー ス コ ー ド を 見 る べ き 必 要 性 は 乏 し い よ う に 思 わ れ る 14 。 6 終 わ り に 以 上 検 討 し た よ う に , 一 般 論 と し て , こ れ ま で に 提 訴 さ れ て い る 民 事 訴 訟 の 類 型 で は , ソ ー ス コ ー ド そ の も の を 利 用 し な け れ ば な ら な い 立 証 と い う の は 相 当 限 定 さ れ る よ う に 思 わ れ る 。 技 術 者 か ら す る と 違 和 感 が あ る と こ ろ で あ ろ う が , 紛 争 が 起 こ っ て か ら , 過 去 を 振 り 返 り , 主 張 立 証 責 任 と い う ル ー ル の 中 で 解 決 す る 法 的 紛 争 に お い て 求 め ら れ る 立 証 と , As-Is か ら To - Be に 向 け て タ ス ク を 実 現 し な け れ ば な ら な い 技 術 者 と し て 検 討 す る 際 の 資 料 が 異 な る と い う こ と で 整 理 が で き な い 出 だ ろ う か 。 も ち ろ ん , 筆 者 と し て も , ソ ー ス コ ー ド が 必 要 と な る 場 面 が 存 す る こ と を 否 定 す る も の で は な い 。 し か し 一 般 論 と し て い う と , ソ ー ス コ ー ド は 判 読 が 困 難 で , 裁 判 所 に お い て も , 敬 遠 さ れ る 証 拠 の 一 つ と い っ て 良 い の で は な い か と 思 わ れ る 。 そ う で あ る な ら , よ り わ か り や す い 立 証 を 行 う と い う 観 1 2 も っ と も , 文 書 提 出 命 令 の 申 立 て を す る 段 階 で , 攻 撃 す る 側 は 自 分 の ソ ー ス コ ー ド も 開 示 し な け れ ば な ら な い こ と は 覚 悟 が で き て い る で あ ろ う 。 1 3 も ち ろ ん 100 % 同 じ 入 出 力 に な る と 言 う こ と は 考 え が た い が , 入 出 力 か ら 推 認 さ れ る ア ル ゴ リ ズ ム 部 分 が 同 一 と い え る か は 検 討 で き る よ う に 思 わ れ る 。 14 著 者 が 関 与 し た 判 決 で は あ る が , 大 阪 地 判 平 成 26 年 1 月 23 日 判 例 時 報 2278 号 83 頁 が , 債 務 不 履 行 に 当 た る か 否 か を 判 断 す る 際 の 一 般 論 と し て , 同 旨 の こ と を 判 示 し て い る 。 ま た , 東 京 地 判 平 成 9 年 2 月 18 日 判 例 タ イ ム ズ 964 号 172 頁 も 同 様 の 判 示 を し て い る 。 6

技術と法律


認 証 局 電 子 証 明 書 登 録 リ ホ ジ ト リ : C 日 L 等 を 格 納 し 公 表 す る テ ー タ 電 子 証 明 書 発 行 1 」 → ロ ー 電 子 署 名 3 ◆ ハ ッ シ ュ 結 合 関 数 ハ ッ シ ュ 関 数 : 文 字 や 数 字 な ど の デ ー タ ( 入 力 値 ) を 一 定 の 長 さ の テ ー タ ( 出 力 値 ) に 変 換 す る 関 数 図 1 電 子 署 名 ・ 認 証 の 仕 組 み ( 公 開 鍵 暗 号 方 式 ) 13 三 者 に み だ り に 所 持 さ れ な い よ う に し て い る こ と が 、 電 子 署 ま た 、 ⑥ 受 信 し た 電 子 デ ー タ ( 平 文 ) に つ い て 、 送 信 者 と 同 じ 名 が 付 さ れ た 電 磁 的 記 録 の 真 正 な 成 立 の 推 定 の 要 件 と さ れ ハ ッ シ ュ 関 数 を 用 い て ハ ッ シ ュ 値 を 生 成 し 、 ⑧ 先 の 手 順 ⑦ の て い る の で あ る 。 プ ロ ッ ク チ ェ ー ン 技 術 に よ り 、 第 三 者 が 取 引 復 号 の 結 果 得 ら れ た ハ ッ シ ュ 値 と 同 じ で あ る こ と が 確 認 さ れ 履 歴 を 改 ざ ん す る コ ス ト が 上 昇 し た た め 、 結 果 的 に 非 改 ざ ん た と き は 、 ハ ッ シ ュ 関 数 が 強 い 衝 突 耐 性 を 有 し て い る 限 り 、 電 証 明 は 容 易 と な っ て い る が 、 そ も そ も 秘 密 鍵 を 第 三 者 に 取 得 子 テ ー タ が 途 中 で 改 ざ ん さ れ て い な い こ と が 検 証 で き た こ と さ れ て し ま っ た 場 合 は 、 正 常 な 取 引 と し て 配 信 さ れ て し ま う か と な る 。 14 ら 、 暗 号 鍵 の 保 管 は 極 め て 重 要 で あ る 。 ( 3 ) 電 子 署 名 の 法 律 上 の 取 扱 い 電 子 署 名 の 法 的 な 取 扱 い に つ い て は 、 紙 媒 体 の 文 書 に お け ( 後 編 で は 、 プ ロ ッ ク チ ェ ー ン 技 術 を 利 用 し た 非 改 ざ ん 検 証 の る 署 名 又 は 押 印 と 同 様 で あ る 。 す な わ ち 、 「 電 磁 的 記 録 で あ っ 仕 組 み と 、 裁 判 所 に お い て ス マ ー ト コ ン ト ラ ク ト を 証 拠 と し て て 情 報 を 表 す た め に 作 成 さ れ た も の ・ ・ ・ ・ ・ ・ は 、 当 該 電 磁 的 記 録 取 り 調 べ る 方 法 を 検 討 す る 。 ) に 記 録 さ れ た 情 報 に つ い て 本 人 に よ る 電 子 署 名 ( こ れ を 行 う た め に 必 要 な 符 号 及 び 物 件 を 適 正 に 管 理 す る こ と に よ り 、 本 ※ な お 、 本 稿 中 の 意 見 に 渡 る 部 分 は 、 す べ て 筆 者 の 個 人 的 見 人 だ け が 行 う こ と が で き る こ と と な る も の に 限 る 。 ) が 行 わ れ 解 に 基 づ く も の で あ っ て 、 筆 者 が 所 属 す る 組 織 の 見 解 を 示 す て い る と き は 、 真 正 に 成 立 し た も の と 推 定 」 さ れ る ( 電 子 署 名 も の で は な い 。 及 び 認 証 業 務 に 関 す る 法 律 第 3 条 ) 。 書 面 へ の 押 印 か ら 文 書 の 成 立 の 真 正 を 推 定 す る 過 程 で 、 印 足 立 昌 聰 章 ( ハ ン コ ) が 適 切 に 管 理 さ れ 、 本 人 以 外 は 押 印 で き な い で あ 東 京 大 学 工 学 部 シ ス テ ム 創 成 学 科 生 体 情 報 シ ス テ ム コ ー ス 、 同 大 学 院 法 学 政 治 ろ う と い う 前 提 が あ っ た の と 同 様 に 、 電 子 署 名 の 場 合 に は 、 ( 学 研 究 科 法 曹 養 成 専 攻 修 了 。 弁 護 士 登 録 後 、 外 国 法 共 同 事 業 ジ ョ ー ン ズ ・ デ ィ 電 子 署 名 を ) 行 う た め に 必 要 な 符 号 及 び 物 件 を 適 正 に 管 理 す 法 律 事 務 所 を 経 て 、 現 在 は 井 護 士 活 動 を 休 止 し 、 特 許 庁 で 法 制 専 門 官 と し て 執 る こ と に よ り 、 本 人 だ け が 行 う こ と が で き る 状 況 、 す な わ ち 、 電 務 中 。 情 報 処 理 安 全 確 保 支 援 士 ( 登 録 セ キ ス ペ ) 、 弁 理 士 、 MCPC 認 定 IoT シ ス テ ム 技 術 者 ( 中 級 ) 。 子 署 名 時 の 暗 号 化 に 使 用 さ れ た 秘 密 鍵 を 適 正 に 管 理 し 、 第 1 3 総 務 省 「 電 子 署 名 ・ 認 証 ・ タ イ ム ス タ ン プ ~ そ の 役 割 と 活 用 ? 」 ( 2009 年 3 月 ) 2 頁 14 秘 密 鍵 が 第 三 者 に 流 出 す る と 、 送 信 者 A を 装 っ た 第 三 者 が 送 信 者 A の 秘 密 鍵 を 使 っ て 電 子 署 名 を 生 成 で き る た め 、 受 信 者 B は 、 電 子 証 明 書 上 の 公 開 鍵 に 対 応 す る 秘 密 鍵 の 正 当 な 保 有 者 か ら 送 信 さ れ た と 認 識 し て し ま う 。 秘 密 鍵 が 流 出 し た 場 合 に は 、 速 や か に 電 子 証 明 書 を 失 効 さ せ 、 新 た な 鍵 ペ ア を 生 成 す る 必 要 が あ る 。 利 用 の 申 込 ( 電 子 証 明 書 1 3 電 子 証 明 書 の 取 得 発 行 申 請 ) 電 子 証 明 書 送 信 者 A さ ん ( 認 証 業 務 の 利 用 者 ) A の 公 開 鍵 明 確 証 性 子 効 電 有 電 子 証 明 書 A の 公 開 受 信 者 日 さ ん ( 検 証 者 ) 有 効 な A の 公 開 鍵 8 ハ ッ シ ュ 値 ・ 改 ざ ん の 有 無 一 致 → な し 6 ハ ッ シ ュ 値 不 一 致 → あ り 電 子 証 明 書 A の 公 開 鍵 電 子 デ ー タ ( 平 文 ) 電 子 デ ー タ ( 平 文 ) ハ ッ シ ュ 関 数 A の 秘 密 鍵 で 暗 号 化

技術と法律


技 術 の 世 界 に お い て 、 工 ン ジ ニ ア が コ ン ピ ュ ー タ を 動 作 さ せ る た め に 組 み 上 げ る プ ロ グ ラ ム の こ と を 「 コ ー ド ( Code ) 」 と 呼 び ま す 。 一 方 、 法 律 の 世 界 に お い て 、 3 足 立 昌 聰 「 技 術 と 法 律 」 共 同 編 集 代 表 2017 年 10 月 吉 日 こ こ に 「 技 術 と 法 律 」 の 準 備 号 を 刊 行 し ま す 。 2 つ の 「 コ ー ド 」 が 共 に 発 展 す る 一 助 と な る こ と を 祈 念 し 、 ま だ ま だ 試 行 錯 誤 の 状 況 で す が 、 「 Study Code 」 で す 。 技 術 者 と 法 律 家 の 交 流 を 図 る 会 技 術 者 と 法 律 家 が 、 そ れ そ れ 自 身 の 分 野 の 情 報 を 他 方 に 提 供 し 、 も う ひ と つ は 、 「 技 術 と 法 律 」 で す 。 自 由 に 論 稿 を 投 稿 で き る 技 術 者 と 法 律 家 が 、 技 術 と 法 律 が 交 錯 す る テ ー マ に つ い て 、 ひ と つ は 、 2 つ の プ ラ ッ ト フ ォ ー ム を 作 る こ と に し ま し た 。 わ た し た ち は 、 技 術 者 と 法 律 家 は 互 い の 「 コ ー ド 」 を 理 解 す る た め の 場 と し て 、 2 つ の 「 コ ー ド 」 が 密 接 に 関 係 す る 時 代 の 中 で 、 人 工 知 能 や 仮 想 通 貨 に 対 す る 規 制 論 や 、 リ ー ガ ル テ ッ ク の よ う な 新 ビ ジ ネ ス が 勃 興 す る な ど 、 交 わ る こ と な く 、 そ れ そ れ の 進 化 を 遂 げ て き ま し た 。 技 術 者 と 法 律 家 と い う 全 く 異 な る 人 た ち に よ り 、 2 つ の 「 コ ー ド 」 は 、 「 コ ー ド ( Code ) 」 と 呼 ば れ ま す 。 立 法 者 が 、 国 や 組 織 の 行 動 の ル ー ル と し て 作 り 上 げ る 法 令 の こ と も

技術と法律


だ っ た 。 契 約 書 は 偽 造 さ れ た も の だ 。 」 と 主 張 し て い る と し よ う 。 こ こ で 、 こ の 契 約 書 が 信 用 で き る か ど う か を 検 討 す る に は 、 い く つ か の 推 理 を 経 る 必 要 が あ る 。 ま ず 、 契 約 書 の 最 後 の 署 名 欄 を 見 る と 、 売 主 の 名 前 が 手 書 き で 署 名 さ れ 、 そ の 横 に 売 主 の 実 印 ( 役 所 に 届 け 出 て 、 必 要 に 応 じ て 印 鑑 登 録 証 明 書 の 交 付 を 受 け ら れ る 印 章 ) が 押 印 さ れ て い る 。 と こ ろ で 、 日 本 は ハ ン コ 社 会 で あ り 、 特 に 実 印 に 対 す る 信 用 が 厚 い 。 そ れ は 、 普 通 は 実 印 を 大 切 に 管 理 し て お り 、 安 易 に 他 人 に 貸 し た り は し な い と い う 前 提 が あ る か ら で あ る 。 そ こ で 、 紙 面 に 実 印 が 押 印 さ れ て い る と き は 、 そ の 押 印 は 本 人 ( 売 主 ) の 意 思 に 基 づ い て な さ れ た も の に 違 い な い と い う 推 定 が 働 く 。 そ し て 、 押 印 し た 者 は 、 そ の 書 面 に 記 載 さ れ た 内 容 が 自 己 の 意 思 に 反 し て い る と き に 押 印 す る よ う な こ と は な い だ ろ う か ら 、 押 印 が 意 思 に 基 づ い て い る 以 上 、 紙 面 に 記 載 さ れ て い る 内 容 の と お り の 意 思 表 示 が あ っ た の で あ ろ う と い う 推 定 が 働 く 。 こ の よ う な 推 論 過 程 を 、 法 律 の 世 界 で は 「 ニ 段 の 推 定 」 と 呼 ん で お り 、 ニ 段 目 の 推 定 は 法 律 で 規 定 さ れ て い る 。 す な わ ち 、 民 事 訴 訟 法 228 条 4 項 は 、 文 書 が 紙 媒 体 で 作 成 さ れ る 場 合 に お い て 本 人 又 は 代 理 人 の 署 名 又 は 押 印 が あ れ ば 、 そ の 文 書 は 真 正 に 成 立 し た も の と 法 律 上 推 定 す る と し て い る 。 「 真 正 に 成 立 す る 」 と は 、 署 名 又 は 押 印 を し た 者 ( 文 書 作 成 者 ) の 意 思 が 表 示 さ れ た も の と 認 め ら れ る と い う 意 味 で あ る 。 も っ と も 、 署 名 又 は 押 印 自 体 に は 、 そ の 文 書 が い つ か ら 存 在 し た か 、 作 成 後 に 内 容 が 改 ざ ん さ れ て い な い か と い っ た 点 に つ い て は 、 何 の 確 実 性 も 担 保 し て い な い 。 文 書 が 電 子 的 な デ ー タ で あ る と き 、 紙 媒 体 に お け る 署 名 又 は 押 印 に 代 わ る 存 在 が 電 子 署 名 で あ る 。 電 子 署 名 は 、 実 印 の 保 管 の よ う な 経 験 則 に よ る 推 定 で は な く 、 暗 号 技 術 に よ っ て 新 た な 推 論 過 程 を 構 築 し て い る 。 2 電 子 署 名 ス マ ー ト コ ン ト ラ ク ト に 活 用 さ れ て い る プ ロ ッ ク チ ェ ー ン を 利 用 し た 仕 組 み に お い て は 、 取 引 (Transaction) を 行 う 当 事 者 間 で の 本 人 確 認 及 び 非 改 さ ん 検 証 に お い て 、 公 開 鍵 を 利 用 し た 電 子 署 名 の 検 証 に よ り 行 わ れ る 。 プ ロ ッ ク チ ェ ー ン 技 術 自 体 の 解 説 は 後 編 に 委 ね 、 本 稿 で は ま す 電 子 署 名 の 技 術 的 な 仕 組 み を 概 観 す る 。 ( 1 ) 電 子 署 名 と は 作 成 さ れ る 文 書 が 電 子 デ ー タ の 形 式 の 場 合 に は 、 筆 跡 鑑 定 や 印 影 の 対 照 ( 押 印 さ れ た 跡 と 印 章 の 比 較 ) に よ る 文 書 の 真 正 な 成 立 の 確 認 を 行 う こ と が で き な い 。 ま た 、 紙 へ 記 録 さ れ る 文 書 と は 異 な り 、 電 子 テ ー タ は 容 易 に 複 製 や 改 さ ん が で き て し ま う た め 、 原 本 (OriginaI) と 複 製 ( Copy ) の 区 別 が 本 質 的 に 不 可 能 で あ る 。 そ の た め 、 電 子 テ ー タ に つ い て 民 事 訴 訟 に お け る 証 拠 力 を 確 保 す る た め に は 、 署 名 又 は 押 印 に 代 わ る 電 子 テ ー タ 作 成 者 の 新 た な 証 拠 が 必 要 と な る 。 こ の よ う な 要 請 を ハ ッ シ ュ 関 数 と 公 開 鍵 基 盤 ( PKI) と い う 要 素 技 術 の 組 み 合 わ せ に よ り 可 能 と し た 技 術 が 、 電 子 署 名 で あ る 。 9 こ こ で い う 電 子 署 名 と は 、 電 磁 的 記 録 に 記 録 さ れ た 情 報 ( 電 子 デ ー タ ) に つ い て 作 成 者 を 示 す 目 的 で 行 わ れ る 暗 号 化 等 の 措 置 で 、 改 変 が 行 わ れ て い な い か ど う か 確 認 す る こ と が で き る も の を い う と 法 律 上 定 義 さ れ て い る ( 電 子 署 名 及 び 認 証 業 務 に 関 す る 法 律 2 条 1 項 ) 。 ( 2 ) ハ ッ シ ュ 関 数 と 公 開 鍵 基 盤 ( PKI) 電 子 署 名 の 仕 組 み が 、 ハ ッ シ ュ 関 数 と 公 開 鍵 基 盤 を 用 い て ど の よ う に 作 成 者 と 改 変 が 行 わ れ て い な こ と を 確 認 す る か の 基 本 的 な 仕 組 み を 図 1 に 示 す 。 こ こ で は 、 電 子 証 明 書 を 利 用 し た 電 子 デ ー タ の 安 全 な 送 信 方 法 に つ い て の み 説 明 し 、 電 子 証 明 書 の 発 行 処 理 及 び 認 証 局 の 働 き に つ い て は 詳 論 し な い 。 ま ず 、 ① 送 信 者 は 、 電 子 デ ー タ を ハ ッ シ ュ 関 数 に よ り 変 換 し て ハ ッ シ ュ 値 を 生 成 す る 。 ハ ッ シ ュ 関 数 と は 、 任 意 長 の 電 子 テ ー タ か ら 固 定 長 の ハ ッ シ ュ 値 9 と い う 数 列 を 計 算 す る 数 学 的 処 理 で あ る 。 こ こ で 用 い ら れ る ハ ッ シ ュ 関 数 は 、 元 の 電 子 デ ー タ が 1 ビ ッ ト で も 変 化 し た ら 、 ハ ッ シ ュ 値 が 非 常 に 高 い 確 率 で 異 な る 値 に な る 性 質 ( 衝 突 耐 性 ) 1 。 と 、 ハ ッ シ ュ 値 か ら 元 の 電 子 テ ー タ を 逆 算 で き な い 性 質 ( 一 方 向 性 ) を 有 し て い る 必 要 が あ る 11 。 次 に 、 ② 送 信 者 は 、 こ の ハ ッ シ ュ 値 を 電 子 証 明 書 で 証 明 さ れ て い る 公 開 鍵 に 対 応 す る 秘 密 鍵 で 暗 号 化 す る 。 こ の 暗 号 化 さ れ た 結 果 が 電 子 署 名 で あ る 。 公 開 鍵 と 秘 密 鍵 は 常 に ペ ア で 生 成 さ れ 、 秘 密 鍵 で 暗 号 化 さ れ た 情 報 は 対 応 す る 公 開 鍵 で の み 復 号 可 能 で あ る 。 秘 密 鍵 は 送 信 者 の み が 有 し て お り 、 第 三 者 と は 共 有 し な い 。 そ の 後 、 ③ 送 信 者 は 、 電 子 デ ー タ ( 平 文 ) と 電 子 署 名 を 結 合 し 、 ④ 先 ほ ど の 秘 密 鍵 に 対 応 す る 公 開 鍵 を 証 明 す る 電 子 証 明 書 と と も に 受 信 者 へ 送 信 す る 。 ⑤ 受 信 者 は 、 電 子 証 明 書 が 失 効 さ れ て い な い か な ど の 電 子 証 明 書 の 有 効 性 を 、 認 証 局 ( C A) に 対 し て 確 認 し た 上 で 12 、 ⑦ 公 開 鍵 で 電 子 署 名 を 復 号 す る 。 そ し て 、 送 信 者 の も の で あ る こ と が 証 明 さ れ た 公 開 鍵 で 電 子 署 名 が 復 号 で き た と い う こ と は 、 こ の 電 子 署 名 は 当 該 公 開 鍵 に 対 応 す る 秘 密 鍵 で 暗 号 化 さ れ た こ と を 意 味 し て い る 。 よ っ て こ の 電 子 署 名 が 秘 密 鍵 の 所 有 者 で あ る 送 信 者 に よ っ て な さ れ た も の で あ る こ と が 検 証 で き た こ と と な る 。 9 例 え ば 、 本 稿 脱 稿 時 に お い て 時 刻 認 証 業 務 認 定 事 業 者 が 採 用 す る SHA -256 と い う ハ ッ シ ュ 関 数 を 用 い た 場 合 に は 、 元 の 電 子 デ ー タ の フ ァ イ ル サ イ ズ に か か わ ら ず 、 ハ ッ シ ュ 値 は 常 に 256 ビ ッ ト と な る 。 1 0 仮 に 衝 突 耐 性 が 低 い と 、 ハ ッ シ ュ 値 が 同 じ で も 元 の 電 子 デ ー タ が 異 な る お そ れ が あ り 、 改 変 が 行 わ れ て い な い か 否 か の 検 証 ( 手 順 ⑧ ) に ハ ッ シ ュ 値 を 用 い る こ と が で き な い 。 1 1 結 城 浩 「 暗 号 技 術 入 門 第 3 版 」 ()B Creative 、 201 5 ) 174 頁 1 2 公 開 鍵 基 盤 に お け る 認 証 局 の 役 割 は 、 誤 解 を 恐 れ ず に 言 え ば 、 印 鑑 登 録 証 明 に お け る 地 方 自 治 体 や 法 務 局 の 役 割 と 類 似 す る 。 1 7

技術と法律


前 に カ ン ト リ ー マ ネ ー ジ ャ ー と し て PR 人 材 を 日 本 で 雇 用 し て お り 、 外 貨 建 て で PayPa 使 っ て 複 数 社 か ら 給 料 を 得 て い る 人 も い る 。 ま た 、 従 来 ア メ リ カ を 目 指 し て い た エ ン ジ ニ ア が ト ラ ン プ 政 権 に よ り 就 労 し に く く な っ た 影 響 で 、 ア ジ ア に も 就 労 先 と し て 目 が 向 き 始 め て い る 。 日 本 に 来 て も ら っ て 働 く の か 、 国 外 に い た ま ま 働 い て も ら う の か 、 そ の 際 に 銀 行 振 り 込 み で 払 う の か 、 PayP 引 で 払 う の か 、 例 え ば 1 0 万 円 が 海 外 か ら 日 本 の 銀 行 口 座 へ 振 り 込 み さ れ た 場 合 、 支 払 い 側 の 手 数 料 が 少 な く と も 1 , 000 円 か か る 。 受 け 取 り 側 は 金 融 機 関 か ら 何 の 原 因 に よ る 振 り 込 み な の か 確 認 の 電 話 が あ る 。 口 座 氏 名 が 微 妙 に 間 違 っ て い る 場 合 は こ の 電 話 に 対 応 し な い と 確 実 に 入 金 さ れ な い 。 な ら ば PayP 引 で 請 求 書 払 い を し て も ら っ た 方 が 早 い し 手 数 料 も 安 い 。 で は 日 本 が 大 好 き な 外 国 人 が ア メ リ カ や イ ギ リ ス の 仕 事 を 受 け 、 オ ー ス ト ラ リ ア の 銀 行 口 座 に お 給 料 を 受 け 取 り な が ら 日 本 に 滞 在 す る こ と は で き る で し よ う か 。 残 念 な が ら 現 状 と し て は 原 則 NO で あ る 5 。 そ れ だ け 世 界 を ま た い で 働 け る 優 秀 な 人 材 で あ っ て も 、 現 預 金 3000 万 円 以 上 あ る 富 裕 層 向 け 特 定 活 動 ビ ザ で 1 年 か 、 就 労 ビ サ を 得 る た め に 日 本 企 業 で 働 く も し く は フ リ ー ラ ン ス と し て の 実 績 を 示 し 日 本 で の 仕 事 を 受 注 す る か 、 資 本 金 500 万 円 以 上 出 資 し 正 社 員 を 2 名 以 上 雇 用 す る 計 画 で 会 社 設 立 し 投 資 経 営 ビ サ を 得 る 必 要 が あ る か ら だ 。 一 方 、 日 本 国 外 か ら Skype で 日 本 人 相 手 に 事 業 の コ ン サ ル を し て い る 場 合 、 ビ サ は 日 本 に 滞 在 す る た め の 制 度 で あ る た め 面 倒 な ビ サ を と る 必 要 は な い 。 と な る と 、 日 本 に い な く て も 成 り 立 つ ビ ジ ネ ス で あ れ ば ど ん ど ん 日 本 の お 金 が 外 国 へ 流 れ て い く 。 そ こ で 安 倍 政 権 に お い て は 、 優 秀 な 外 国 人 ・ 外 国 企 業 を 日 本 に 受 け 入 れ る こ と を と て も 重 視 し て い る 6 。 高 度 人 材 ポ イ ン ト 制 7 を も っ と 活 用 し て ほ し い と い う 要 望 が 行 政 書 士 に も 来 て い る 。 外 国 人 が 日 本 で 会 社 設 立 し て 投 資 経 営 ビ サ の 申 請 を す る と 待 っ こ と 3 か 月 以 上 、 最 近 の ケ ー ス で は 4-5 か 月 待 っ こ と も あ る 。 ビ サ が 出 た ら 日 本 へ 向 か い 住 居 の 契 約 し 仕 事 が 始 ま る と い う 日 本 人 の バ ー ト ナ ー が い な け れ ば も の す ご い タ イ ム ロ ス が 生 じ て い た 。 そ れ を 改 善 す べ く 外 国 人 創 業 者 向 け 経 済 特 区 と し て 、 東 京 都 ・ 愛 知 県 ・ 広 島 市 ・ 仙 台 市 ・ 新 潟 市 ・ 福 岡 市 の 6 カ 所 の 地 区 で 「 外 国 人 創 業 支 援 ビ ザ ( ス タ ー ト ア ッ プ ビ ザ ) 」 と し て 創 業 前 に 6 か 月 の 投 資 経 営 ビ サ を 得 る た め の 創 業 活 動 確 認 証 明 書 を 出 す こ と と な っ た 。 こ こ で ネ ッ ク に な る の が マ ネ ー ロ ン ダ リ ン グ 対 策 の KYC ( Know Your Customer 、 顧 客 確 認 ) で あ る 。 誰 に 銀 行 口 座 を 持 た せ て は い け な い の か 、 そ の 情 報 は 今 の と こ ろ ー 元 化 さ れ て お ら ず 、 銀 行 が 外 部 機 関 と 連 携 し て 対 策 し て い る 。 そ こ で 怪 し け れ ば 持 た せ な い 、 日 本 語 で 理 解 で き な け れ ば 持 た せ な い と い う 方 針 の 為 、 短 期 的 に 滞 在 し て い る 取 引 実 績 の な い 外 国 人 に 日 本 の 金 融 機 関 は 銀 行 口 座 を 簡 単 に 作 ら せ て く れ な い 現 状 が あ る 。 観 光 目 的 の 短 期 滞 在 ビ ザ は お お む ね 3 か 月 滞 在 で き る が 、 原 則 と し て 報 酬 を 得 て 働 く こ と は で き な い 。 た だ そ の 間 に 資 格 外 活 動 許 可 を 得 て ほ ん の 少 し 報 酬 を 得 る こ と が で き た ら さ ま ざ ま な 可 能 性 が 広 が る 。 た と え ば 、 ・ ゲ ー ム ク リ エ ー タ ー や 3D モ テ レ ー タ ー が 日 本 に 休 暇 で 遊 び に 来 た 際 、 つ い で に 子 ど も た ち に 週 末 ワ ー ク シ ョ ッ プ を 行 う ( 2020 年 プ ロ グ ラ ミ ン グ 教 育 義 務 化 に 伴 い 、 英 語 環 境 で の 開 発 人 材 需 要 あ り ) 。 ・ SNS で 交 流 あ る 知 人 を 呼 ん で 家 庭 料 理 ぶ る ま っ て も ら う ワ ー ク シ ョ ッ プ の 開 催 ( 反 復 継 続 し て 行 う 場 合 に は 飲 食 店 営 業 許 可 が 必 要 で す が 、 単 発 イ ベ ン ト の 場 合 は 不 要 ) ・ 日 本 人 ・ 外 国 人 TATOO ア ー テ ィ ス ト が 共 同 で 日 米 の 違 い を 示 し な が ら 技 術 を 教 え あ う セ ミ ナ ー ( た だ し TATOO を 施 す こ と は 医 師 法 違 反 と の 地 裁 判 決 が 出 て 、 即 日 控 訴 が な さ れ た ば か り ( 大 阪 地 裁 平 成 27 年 ( わ ) 第 4360 号 ) 。 ・ Etsy で 自 作 の グ ッ ズ を 売 っ て い る ア ー テ ィ ス ト が テ サ イ ン フ ェ ス タ に 出 展 す る ( テ ザ イ ン フ ェ ス タ 出 展 料 は 2 日 間 で 3 万 円 弱 す る た め 、 な か な か プ ラ ス の 収 益 に は な ら な い ) 。 わ ざ わ さ 就 労 ビ サ や 興 行 ビ サ を と る ま で も な い 、 国 益 を 損 ね る ほ ど の 収 益 で も な い 、 SNS と シ ェ ア リ ン グ サ ー ビ ス が 充 実 し て き た か ら こ そ 個 人 と の 繋 が り に よ る 文 化 交 流 が あ る 。 一 方 で 水 際 で あ る 入 国 審 査 と の 兼 ね 合 い を 情 報 技 術 で 補 う こ と が で き た ら 、 短 期 滞 在 の 間 に 健 全 に 稼 い だ お 金 が 日 本 に 落 と さ れ る 可 能 性 が 高 ま る 。 2016 年 に 日 本 に 新 規 で 入 国 し た 外 国 人 は 2100 万 人 を 超 え て い る % 不 法 滞 在 者 は 統 計 上 6 万 人 程 度 と 低 い が 、 い ま だ に 根 深 い 人 身 売 買 9 ・ 偽 装 結 婚 が あ る と 指 摘 さ れ て い る 。 割 合 が 少 な け れ ば よ い と い う 問 題 で は な い の で 、 技 術 に よ る 解 決 が 待 た れ る と こ ろ で あ る 。 今 ま で は 人 材 の 信 用 構 築 は 個 人 で は な し え な い こ と と さ れ 5 入 国 管 理 局 在 留 資 格 一 覧 表 http://www.immi-mo.」.go.jp/tetuduki/kanri/qaq5.htmI 6 ボ ス ト ン ・ コ ン サ ル テ ィ ン グ ・ グ ル ー プ 年 次 経 営 総 会 安 倍 総 理 ス ピ ー チ http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/statement/2017 / 0522bCg. ht 7 http://www.immi-mo.」.go.jp/newimmiact._3/system/ 8 http://www.mo.」.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyuukokukanri04 00063. htm ー 9 在 日 米 国 大 使 館 https://jp.usembassy.gov/ja/tip-2017- ja / ? ー . ga = 2.265805519.1994404843.1508119680-1049087302.15081 19680 た だ し こ の 指 摘 に 対 し て は 異 論 あ り 。 23

技術と法律


法 社 会 制 度 の プ ロ ト タ イ プ を 作 ろ う と い う も の だ 。 具 体 的 に は 、 ド ロ ー ン 、 シ ェ ア リ ン グ エ コ ノ ミ ー 、 宇 宙 ビ ジ ネ ス な ど 、 社 会 に 変 革 を も た ら し う る テ ク ノ ロ ジ ー や 、 そ れ に よ っ て 生 ま れ る ビ ジ ネ ス を 題 材 に し て 、 そ れ ら が 広 ま っ た 社 会 で 必 要 な 法 や 社 会 制 度 を 描 い て み る と い う 取 り 組 み で あ る 。 た と え ば ド ロ ー ン で あ れ ば 、 1 0 年 後 の 社 会 に お い て 、 ド ロ ー ン が 普 及 し た 世 界 で ど の よ う な サ ー ビ ス が 生 ま れ て い る の か 、 ア イ デ ア を 出 し 合 う 。 す る と 、 個 人 に 衛 星 の よ う に 張 り 付 く ド ロ ー ン や 、 地 域 の 商 品 を 運 搬 す る ド ロ ー ン な ど の ア イ デ ア が 出 る 。 次 い で 、 そ れ ら が 実 現 す る た め の 、 社 会 ビ ジ ョ ン 、 現 状 に お け る 課 題 や 悩 み 、 ビ ジ ョ ン を 実 現 す る 法 社 会 制 度 を 描 い て い く 。 1 日 の ワ ー ク シ ョ ッ プ な の で 、 緻 密 に 描 き 切 れ る も の で は な い が 、 法 を 創 造 す る と い う 視 点 で 、 社 会 像 か ら 必 要 で あ ろ う 制 度 ま で を 考 え る こ と が で き る 。 テ ク ノ ロ ジ ー と 法 、 そ し て 政 治 元 々 の 執 筆 の 命 題 で あ っ た ハ ッ カ ソ ン と 知 的 財 産 権 か ら 大 き く 論 点 が 広 が り す ぎ た が 、 こ れ ら は す べ て 一 本 の 線 で 繋 が っ て い る 。 サ ー ビ ス 創 出 の 手 段 と し て ハ ッ カ ソ ン が ひ ろ が る と し た ら 、 ハ ッ カ ソ ン と は 、 人 々 が 体 験 で き る 新 た な 価 値 を 表 現 す る プ ロ ト タ イ ピ ン グ の 場 と な る 。 解 決 す べ き 課 題 の 具 体 的 な 当 事 者 が 目 の 前 に い て SIT で 解 決 を は か る 作 り 手 が 、 ロ ジ カ ル な 問 い の 整 理 と 、 工 モ ー シ ョ ナ ル な 創 意 の 発 揮 を 通 じ て 世 の 中 に 小 さ な 一 石 を 投 じ る 。 そ の 一 石 は 、 ハ ッ カ ソ ン 以 降 の プ ロ セ ス で 、 社 会 に ボ ジ テ イ プ な 変 革 を も た ら す サ ー ビ ス と そ の と き 、 法 は 新 し い 自 由 と 秩 序 を 獲 得 す る た め の 進 化 が 求 め ら れ 、 そ の 議 論 は 、 法 を 扱 う 人 々 の み な ら す 、 課 題 の 当 事 者 や 解 決 の 担 い 手 た ち と と も に 行 わ れ て い く こ と に な る 。 一 方 で 、 規 制 と 支 援 の 両 面 で 、 人 々 の 暮 ら し や 産 業 の 発 展 を 支 え た 行 政 は 、 単 体 で は 課 題 解 決 の す べ て を 担 う こ と が で き な い 。 最 終 的 に 創 造 さ れ る べ き は 、 ハ ッ カ ソ ン を 通 じ て 生 ま れ る サ ー ビ ス で は な く 、 そ の 先 に あ る 新 し い 自 由 と 秩 序 で あ る と 考 え た 場 合 、 法 と は 解 釈 の み な ら ず 、 創 造 す る も の と し て 広 く 認 知 を 得 る べ き も の で あ り 、 こ れ ま で 行 政 が 事 実 上 大 半 を 担 っ て き た 立 法 の あ り 方 も 、 再 検 討 の 時 期 に 達 し て い る の で は な い だ ろ う か 。 た と え ば 、 ハ ッ カ ソ ン で 経 験 を 積 ん だ シ ビ ッ ク テ ッ ク の エ ン ジ ニ ア が 、 地 域 の 立 法 を 担 う た め に 地 方 議 会 の 議 員 に な る か も し れ な い 。 オ ー プ ン の 定 義 に 則 っ た 社 会 像 を 描 き 、 憲 法 を 語 る 政 党 が 現 れ る か も し れ な い 。 そ の と き 、 彼 の 背 後 を 支 え る の は ど ん な プ レ イ ヤ ー た ち で あ ろ う か 。 工 ン ジ ニ ア と 法 を 扱 う 人 々 に 共 通 す る の は 、 物 事 を ロ ジ カ ル に 考 え 、 そ の 整 合 性 を 強 く 意 識 す る 点 で あ る 。 現 状 の 枠 の 中 で 物 事 を 整 理 す る の で は な く 、 あ ら ゆ る 挑 戦 と そ こ か ら 生 ま れ る 多 様 な イ レ ギ ュ ラ ー を 包 含 し た 社 会 を 描 く べ く 、 そ の 力 を 存 分 に 活 か し て い く 。 ハ ッ カ ソ ン は そ の た め の 小 さ な 実 験 の 場 だ と 感 じ て も ら え れ ば 幸 い で あ る 。 原 亮 み や ぎ モ バ イ ル ビ ジ ネ ス 研 究 会 会 長 / 工 イ チ タ ス 株 式 会 社 代 表 取 締 役 社 長 1974 年 生 ま れ 。 東 京 都 品 川 区 出 身 。 法 政 大 学 法 学 部 政 治 学 科 卒 。 編 集 者 ・ ラ イ タ ー を 経 て 2004 年 、 仙 台 に 拠 点 を 置 く モ バ イ ル コ ン テ ン ツ の 制 作 プ ロ ダ ク シ ョ ン へ 入 社 を し て モ バ イ ル 業 界 へ 。 営 業 、 デ ィ レ ク タ ー 、 取 締 役 等 を 歴 任 し た の ち 、 2009 年 、 フ リ ー ラ ン ス へ 転 身 。 同 年 、 地 元 行 政 、 企 業 と 「 み や ぎ モ バ イ ル ビ ジ ネ ス 研 究 会 」 立 ち 上 げ 。 2011 年 「 Fandroid EAST JAPAN 」 設 立 。 20 1 4 年 「 Glob Lab SENDAIJ 代 表 幹 事 。 団 体 や 企 業 を 立 ち 上 げ な が ら 、 地 域 で 自 走 す る 人 や 組 織 、 社 会 を 作 る た め の 活 動 を 展 開 。 地 方 を 舞 台 に ,IT な ど 新 し し 吩 野 で 活 躍 す る プ レ ー ヤ ー の 輩 出 と 場 の 創 造 を 目 指 し て い る 。 2016 年 2 月 よ り エ イ チ タ ス 株 式 会 社 を 設 立 し 、 代 表 取 締 役 に 就 任 。 主 著 に 「 ア イ デ ア ソ ン ! 」 ( 2016 年 、 徳 間 書 店 、 共 著 ) な ど 。 33

技術と法律


氏 が イ ン ド ネ シ ア の 野 生 サ ル の 生 息 地 を 訪 れ 、 カ メ ラ を 設 置 し て お い た と こ ろ 、 サ ル が 撮 影 ボ タ ン を 押 し 自 撮 り 写 真 が 撮 影 さ れ た 。 ス レ イ タ ー 氏 は 、 サ ル の 自 撮 り 写 真 が 撮 影 さ れ る よ う に セ ッ テ ィ ン グ し た の は 自 身 で あ り 、 サ ル の 習 性 を 踏 ま え て 意 図 的 に そ の 状 況 を 作 り 上 げ た の で あ っ て 、 著 作 権 は ス レ イ タ ー 氏 自 身 に 帰 属 す る と 主 張 し た 。 そ の た め 、 サ ル に 著 作 権 は 帰 属 し 得 な い か ら バ ブ リ ッ ク ・ ド メ イ ン と な る と い う 考 え 方 と 、 ス レ イ タ ー 氏 に 著 作 権 が 帰 属 す る と い う 考 え 方 の 間 に 対 立 が 生 じ た 。 一 方 、 動 物 愛 護 団 体 PETA ( 動 物 の 倫 理 的 扱 い を 求 め る 人 々 の 会 ) は 、 撮 影 し た サ ル に 著 作 権 が 帰 属 す る と 主 張 し て 2015 年 9 月 に 提 訴 し た が 、 2016 年 1 月 に 米 連 邦 地 裁 は サ ル に 著 作 権 が 帰 属 し な い と い う 判 断 を 下 し た 。 こ れ に 対 し て PETA は 控 訴 し た が 、 2017 年 9 月 、 PETA と ス レ イ タ ー 側 と の 間 で 和 解 が 成 立 し 、 ス レ イ タ ー が こ の 写 真 の 著 作 権 か ら 得 ら れ る 収 入 の 25 % を イ ン ド ネ シ ア の 野 生 サ ル の 保 護 の た め に 用 い る な ど の 共 同 声 明 が 発 表 さ れ た 。 人 工 知 能 の 場 合 も 、 創 作 活 動 を 行 わ せ る べ く プ ロ グ ラ ミ ン グ を し た 上 で 実 際 に 創 作 活 動 を 実 施 さ せ た 者 に 、 人 工 知 能 に よ る 著 作 物 に 関 す る 著 作 権 が 帰 属 す る と 考 え る の が 、 最 も 自 然 な 考 え 方 で あ ろ う 。 し か し な が ら 、 人 間 が 意 図 す る こ と な く 、 人 工 知 能 が 偶 発 的 に 創 作 し た 著 作 物 に 関 し て は 、 誰 に 著 作 権 が 帰 属 す る の で も な く バ ブ リ ッ ク ・ ド メ イ ン と す る の が 妥 当 で あ ろ う 。 ル ー ル を 明 確 化 し 不 要 な 紛 争 を 避 け る た め に は 、 近 い 将 来 、 こ れ に 関 し て 著 作 権 法 改 正 が 必 要 と な る か も し れ な 4. ヒ ュ ー マ ン エ ラ ー を ど う 防 ぐ か 社 会 的 に 大 き な メ リ ッ ト を も た ら す 先 端 技 術 で あ れ ば あ る ほ ど 、 誤 作 動 に よ り 重 大 な 事 故 が 生 じ る 危 険 性 を は ら ん で い る こ と が 多 い 。 誤 作 動 の 原 因 の 大 多 数 は 人 為 的 な ミ ス で あ り 、 ミ ス を 防 ぐ た め の 技 術 的 な 対 策 を ど ん な に 施 し た と し て も 、 想 定 を 超 え る 人 為 的 な ミ ス が 生 じ て 致 命 的 な 結 果 が 生 じ る ケ ー ス は 枚 挙 に 暇 が な い 。 篠 原 ー 彦 4 は 、 航 空 機 事 故 と 医 療 事 故 を 比 較 し な が ら 、 以 下 の よ う な 事 例 を 挙 げ て い る 。 ボ ー イ ン グ 757 機 の 航 路 変 更 の 際 に コ ン ピ ュ ー タ 画 面 に 誤 入 力 が 生 じ 、 山 に 衝 突 し て し ま っ た 事 故 が あ る 。 医 療 に お い て も 、 電 子 力 ル テ で の ミ ス ク リ ッ ク が 原 因 で 劇 薬 が 誤 投 与 さ れ る と い う 事 故 が 生 じ て い る 。 ま た 、 入 力 の 際 の 単 位 の 間 違 い も 、 致 命 的 な 事 故 に つ な が る 。 工 ア バ ス A320 の 降 下 の 際 、 「 角 度 3.3 度 」 と 入 力 し た つ も り が 、 入 カ モ ー ド を 誤 認 し て お り 「 毎 分 3300 フ ィ ー ト 」 と 入 力 し て し ま い 、 急 降 下 し て 地 上 に 衝 突 し て し ま っ た 事 故 が あ る 。 医 療 に お い て も 、 薬 剤 を 総 量 50mL 投 与 し よ う と 入 力 し た つ も り が 、 時 間 当 た り 50mL の 投 与 速 度 と し て 入 力 し て し ま っ た た め 、 目 的 よ り も 10 倍 以 上 の 速 さ で 薬 剤 投 与 さ れ て し ま い 致 命 的 な 結 果 に な っ て し ま っ た 事 故 が あ る 。 こ の よ う な 事 故 が 生 じ な い よ う 、 可 能 な 範 囲 で 技 術 的 な 対 応 策 が と ら れ る こ と や 、 事 故 を 起 こ さ す 装 置 を 使 用 す る た め の マ ニ ュ ア ル 策 定 と そ れ に 基 づ く 研 修 が 普 及 す る こ と な ど が 望 ま れ る 。 し か し な が ら 、 人 為 的 な ミ ス は 想 定 外 で 生 じ る も の が ほ と ん ど で あ り 、 あ ら ゆ る 可 能 性 を 最 初 か ら 検 討 し て お く こ と は き わ め て 困 難 で あ る 。 人 為 的 ミ ス の 可 能 性 を す べ て 検 討 し つ く し て そ れ ら を 回 避 す る た め の 技 術 的 な 対 応 策 を と ら な い 限 り 、 そ の 装 置 を 市 場 に 出 し た メ ー カ ー が 大 き な 法 的 責 任 を 負 わ な く て は な ら な い と す る と 、 そ の 負 担 が 重 過 ぎ る が ゆ え に イ ノ ベ ー シ ョ ン の 創 出 が 阻 害 さ れ て し ま う で あ ろ う 。 5. 今 後 考 え る べ き こ と 上 で 述 べ た よ う に 、 新 し い 技 術 に 基 づ く 新 製 品 が 事 故 を 起 こ し た と き 、 そ れ を 生 産 し て 販 売 し て い る メ ー カ ー の 責 任 が 大 き す ぎ る と 、 メ ー カ ー の イ ノ ベ ー シ ョ ン を 実 現 し よ う と す る 意 欲 を そ い で し ま う こ と と な る 。 そ れ に よ っ て 消 費 者 が こ う む る 機 会 損 失 の 不 利 益 は 甚 大 で あ る 。 一 方 で 、 メ ー カ ー の 責 任 が ま っ た く 問 わ れ な い と す る と 、 安 全 性 に 不 安 の あ る 製 品 が 市 場 に た く さ ん 出 回 る こ と と な り か ね ず 、 そ れ に よ る 消 費 者 の 不 利 益 も 大 き い こ と と な ろ う 。 イ ノ ベ ー シ ョ ン の 実 現 と 安 全 性 の 確 保 の 双 方 を い か に バ ラ ン ス よ く 実 現 す る か は 、 「 責 任 あ る イ ノ ベ ー シ ョ ン 」 を 考 え る 上 で き わ め て 重 要 な 要 素 の 一 つ で あ る 。 こ の 問 題 に 一 定 の 解 決 を 与 え る 可 能 性 の あ る 制 度 設 計 と し て 新 製 品 の 安 全 性 の 確 保 に 関 す る 規 格 を 策 定 す る こ と が 挙 げ ら れ る 。 5 た と え ば 障 害 物 を 自 動 的 に 検 知 し て 停 止 す る 機 能 を 持 つ 自 動 車 に 関 し て は 、 そ の 機 能 が オ フ に な っ て い る の に 当 該 機 能 が 作 動 す る と 思 い 込 ん で か え っ て 事 故 が 起 き て し ま う な ど 、 想 定 さ れ う る 人 為 的 ミ ス が あ り 、 そ れ を 回 避 す る た め の 仕 組 み を 最 初 か ら 組 み 込 ん で お く こ と が 求 め ら れ る が 、 一 方 で 想 定 外 の こ と が 重 な っ て 事 故 に な る 可 能 性 も あ る 。 そ こ で 、 市 場 に 出 す 際 に 施 し て お く べ き 安 全 対 策 の 種 類 と 程 度 を あ ら か じ め 規 格 と し て 定 め て お き 、 そ の 規 格 を 満 た し た 上 で 事 故 が 起 き て し ま っ た 場 合 は メ ー カ ー 側 が 責 任 を 問 わ れ な い と い う こ と に す れ ば 、 イ ノ ベ ー シ ョ ン と 安 全 性 の 最 適 バ ラ ン ス が 保 た れ や す く な る で あ ろ う 。 し か し な が ら 、 社 会 的 な 制 度 設 計 を す る 上 で 、 考 え な く て は な ら な い こ と は 多 い 。 た と え ば 、 ど こ で 誰 が ど の よ う な プ ロ セ ス を 経 て 規 格 を 策 定 す る か 。 そ う し た 規 格 の 正 当 性 は ど の よ う に 保 証 さ れ る か 。 も し 規 格 が 不 適 切 な も の で あ る こ と が 判 明 し 、 そ の 問 題 が 提 起 さ れ る と き 、 ど の よ う な 機 関 が そ の 窓 口 と な り 、 ど の よ う に 審 理 を 行 う か 。 規 格 を ど の よ う な タ イ ミ ン 4 篠 原 ー 彦 「 先 進 医 療 機 器 開 発 に お け る 事 前 責 任 と イ ン フ ォ ー ム ド コ ン セ ン ト ~ 外 科 医 か ら 見 た 機 械 と 人 間 ・ 社 会 の 関 わ り ~ 」 、 近 藤 惠 嗣 編 著 『 新 技 術 活 用 の た め の 法 工 学 ー リ ス ク 対 応 と 安 全 確 保 の 法 律 ー 』 ( 民 事 法 研 究 会 、 2016 年 ) p. 270-293. 5 日 本 機 械 学 会 ・ 法 工 学 専 門 会 議 に お い て も 、 こ う し た テ ー マ に つ い て 様 々 な 角 度 か ら 議 論 し 検 討 を 行 っ て い る 。 20