検索 - みる会図書館

検索対象: 本の雑誌 2016年 11月号

本の雑誌 2016年 11月号から 131件ヒットしました。

本の雑誌 2016年 11月号


本 の 雑 誌 読 者 カ ー ド ( 2016 ・ 11 月 号 ) 本 誌 に 対 す る 意 見 お よ び 活 字 文 化 全 般 に 対 す る 意 見 を 書 い て く だ さ い 。 本 の 雑 誌 三 角 窓 口 ( 三 角 窓 口 傑 作 選 へ の 収 録 も 口 可 ロ 不 可 ) ロ 私 が す す め る 一 冊 ( ど ち ら 宛 て か V を つ け て く だ さ い )

本の雑誌 2016年 11月号


東 京 都 千 代 田 区 神 田 神 保 町 0 0 友 田 三 和 ビ ル 本 の 雑 誌 社 内 三 角 窓 口 行 郵 便 は が き 本 の 雑 誌 こ の ア ン ケ ー ト は 永 く 保 存 し 本 の 雑 誌 社 の 資 料 に い た し ま す 郵 便 番 号 / 住 所 ( 歳 ) 男 ・ 女 氏 名 ( ふ り が な ) 職 業 ど ん な 雑 誌 を 読 ん で い ま す か 本 誌 を ど こ の 書 店 で 買 い ま し た か

本の雑誌 2016年 11月号


/ ヾ ッ ク 十 ン / ヾ ー の ご 案 肉 本 の 16 年 9 月 号 1 6 年 1 0 月 号 1 6 年 8 月 号 1 6 年 7 月 号 1 6 年 6 月 号 い 第 旅 び 特 集 ・ 400 号 記 念 な 特 集 ・ 映 画 天 国 ! 特 集 ・ さ よ う な ら 、 特 集 ・ 読 書 の 原 点 特 集 ・ 人 の 本 は 汚 す な ! 吉 野 朔 実 を 探 せ ! 本 の 読 み 方 四 十 八 手 ! ? 16 年 5 月 号 16 年 3 月 号 16 年 2 月 号 1 6 年 1 月 号 本 2 の 報 ; 加 物 集 を 第 第 を ダ ラ ン プ い ミ ミ 戔 00 ミ 愛 : 特 集 ・ 週 刊 誌 の 時 代 特 集 ・ 出 版 社 を 作 特 集 ・ ア ウ ト ロ ー 特 集 ・ 全 日 本 評 伝 特 集 ・ 本 の 雑 誌 が 選 が 再 び や っ て き た ! ろ う ! グ ラ ン プ リ ! で い こ う ! ぶ 2015 年 度 ベ ス ト 10 1 5 年 1 2 月 号 1 5 年 1 1 月 号 本 の 報 ; ・ バ ッ ク ナ ン バ ー の 購 入 方 法 ・ 当 社 宛 に 、 郵 便 振 替 (OOI 50 ー 3 ー 50378 ・ 本 の 雑 誌 社 ) も し く は 現 金 書 留 で お 申 込 み 下 さ い 。 ■ 富 士 山 マ ガ ジ ン サ ー ビ ス (http://www.fuji san. co.jp/hon) で も 購 入 で き ま す 。 ※ 上 記 の ほ か 、 2014 年 1 月 号 以 降 の 在 庫 が あ り ま す 。 特 集 ・ 太 宰 治 は 本 当 特 集 ・ 2015 年 SF 詳 し く は 110 ペ ー ジ 「 大 切 な お 知 ら せ 」 を ご 覧 下 さ い 。 に 人 間 失 格 な の か ? の 旅 ! ・ 定 目 目 ま の 安 肉 ☆ 本 の 雑 誌 の 年 間 購 読 料 は 1 年 間 12 冊 で 、 8880 円 ( 税 ・ 送 料 込 ) で す 。 何 月 号 か ら ご 希 望 か と 、 住 所 、 氏 名 ( フ リ ガ ナ ) を 明 記 の 上 、 現 金 書 留 ま た は 郵 便 振 替 (OOI 50 ー 3 ー 50378 ・ 本 の 雑 誌 社 ) に て お 申 込 み 下 さ い 。 富 士 山 マ ガ ジ ン サ ー ビ ス (http:// www.fujisan.co.jp/hon) で も お 申 込 み い た だ け ま す 。 本 体 667 円 十 税 本 体 667 円 十 税 本 体 667 円 + 税 400 考 第 、 な ん ` よ 滝 ス ト : 強 ー 夏 物 の 十 学 、 : れ 〆 ! 第 画 る 第 第 強 第 年 攻 増 命 に ・ る お じ ぐ ん ま 人 、 物 ー 館 鬘 4 て う き 1 - ら ん と 難 オ 3 上 学 期 犬 ス と ア ン い 第 ー 声 リ ト ル 第 ま : 吉 料 の + 第 学 、 : た ま 飛 物 第 書 カ ー - - 肓 円 ア 資 , た る く 豊 、 き 、 ぐ . 物 す イ 、 こ ・ 特 大 号 特 大 号 本 体 667 円 十 税 本 体 796 円 十 税 本 体 778 円 十 税 本 体 667 円 十 税 本 体 667 円 + 税 4 年 工 4 : つ ま ー ツ 」 っ セ ン テ ン ス ス メ リ ン グ 3 満 蓄 義 に 独 イ ン タ ピ ュ ー 、 ツ 紙 谷 物 を は ビ く を え ー : の キ 記 村 工 、 い ! 姦 を 宿 、 辷 山 第 ・ 大 い に / ン フ ィ ク % , ン 、 よ ン タ 、 ラ イ ン メ ン ト の ベ ス ト 協 嵳 ー お 年 ま " ・ 物 物 ト 3 し を 4 き す な ! 特 大 号 本 体 667 円 + 税 本 体 778 円 + 税 家 の 花 に 内 俵 に 朝 る 小 の ー カ ー ド 三 円 お い 物 に を 場 さ 社 5 べ ト ー 0 り 第 堂 ! 本 体 667 円 十 税 本 体 667 円 十 税 ☆ 目 あ 、 ま け ペ ー / ヾ ー 「 本 の ち ら し 」 も つ い て く る !

本の雑誌 2016年 11月号


佐 藤 秀 明 ・ 写 文 集 新 元 良 一 ・ イ ン タ ビ ュ ー 集 作 家 の 読 書 道 153 ー 物 写 真 集 日 本 の 川 を 旅 す る One author, One bOOk. 野 田 知 佑 の 名 著 『 日 本 の 川 を 旅 す る 』 同 行 取 材 で 現 在 を 代 表 す る 欧 米 作 家 人 の 創 作 秘 密 に 迫 気 に な る あ の 作 家 こ の 作 家 が 語 る 読 書 遍 歴 よ も 撮 っ た 風 景 た ち 定 価 ( 本 体 円 + 税 ) る イ ン タ ビ ュ ー 集 定 価 ( 本 体 円 + 税 ) や ま イ ン タ ピ 、 ー 定 価 ( 本 体 各 r-l-ooo 円 + 税 ) 野 田 知 佑 ・ エ ッ セ イ ・ 本 の 雑 誌 編 集 部 編 海 外 文 学 フ ァ ン 必 読 。 と び き り の 名 翻 訳 家 へ の 少 年 記 別 冊 本 の 雑 誌 ⑦ イ タ ビ 、 ー 集 / — 青 山 南 、 柴 田 元 幸 、 村 上 春 屋 の 雑 祕 自 然 と と も に 生 き た 少 年 時 代 。 野 田 知 佑 の 原 点 樹 他 / Ⅱ 岸 本 佐 知 子 、 堀 江 敏 幸 、 沼 野 充 義 他 本 屋 さ ん の す べ て が 詰 ま っ た ま る ご と 一 冊 「 本 が こ こ に あ る 定 価 ( 本 体 —0000 円 + 税 ) 定 価 ( — 本 体 円 + 税 ・ Ⅱ 本 体 2200 円 + 税 ) 屋 」 の 雑 誌 定 価 ( 本 体 1980 円 + 税 ) 別 冊 本 の 雑 誌 ⑩ 1 11 古 本 の 雑 誌 全 国 古 本 屋 案 内 座 談 会 、 古 本 者 人 生 す ご ろ く 等 本 島 田 清 次 郎 貔 記 憶 の ち ぎ れ 雲 伝 古 本 話 が 大 集 合 ! 定 価 ( 本 体 —ooo 円 + 税 ) 天 才 か 、 狂 人 か 。 ベ ス ト セ ラ ー 作 家 か ら 堕 ち た 草 森 紳 一 が 編 集 者 時 代 に す れ 違 っ た ク リ エ イ タ 男 に 迫 る 人 物 伝 定 価 ( 本 体 2500 円 + 税 ) 別 冊 本 の 雑 誌 ⑩ 誌 ー た ち と そ の 時 代 定 価 ( 本 体 円 + 税 ) rc 本 の 雑 オ ー ル タ イ ム ベ ス ト 10 0 、 偏 愛 ベ ス 内 澤 旬 子 ・ エ ッ セ イ ト 川 他 徹 底 ガ イ ド 定 価 ( 本 体 —LOOO 円 + 税 ) Get back,SUB! あ る リ ト ル 本 捨 て る 女 ・ マ ガ ジ ン の 小 「 本 の 雑 誌 」 傑 作 選 風 雲 編 黯 % 本 も 日 用 品 も 、 長 年 溜 め こ ん だ も の を 手 放 す 捨 1970 年 代 神 戸 発 、 幻 の カ ル チ ャ ー 誌 と 伝 説 「 本 の 雑 誌 」 れ 号 以 降 川 年 間 の 誌 面 を 、 ど ー だ 0 て 暮 ら し 開 始 ー 定 価 ( 本 体 円 + 税 ) の 編 集 長 の 足 跡 定 価 ( 本 体 euoooo 円 + 税 ) ど ー だ と 厳 選 濃 縮 ! 定 価 ( 本 体 1942 円 + 税 ) 池 澤 春 菜 ・ 書 評 集 「 本 の 雑 誌 」 傑 作 選 黯 % 創 刊 号 5 号 面 白 ペ ー ジ を 厳 選 ・ 再 編 集 。 総 目 乙 女 の 読 書 道 次 も 収 録 定 価 ( 本 体 1359 円 + 税 ) 定 食 と 文 学 声 優 に し て フ ァ ン の 著 者 の 書 評 集 。 池 澤 夏 樹 と の 父 娘 対 談 収 録 定 価 ( 本 体 —l-ooo 円 + 税 ) が 空 , ~ イ 集 定 価 ( 本 体 148 円 + 税 ) よ り ぬ き 読 書 相 談 室 シ リ ー ス プ ロ の 書 評 家 た ち が さ ま ざ ま な 読 書 の 悩 み を 一 気 に 解 消 す る ! 定 価 ( 本 体 各 —LOOO 円 + 税 ) 定 食 と 古 本 ② 注 文 の 多 い 活 字 相 談 ・ ③ よ り ぬ き 読 定 食 と 古 本 ゴ ー ル ド 三 時 の わ た し 書 相 談 室 ・ ④ 特 盛 す こ ぶ る 本 編 ・ ⑤ ど お か し く て フ シ ギ な 日 常 を イ ラ ス ト と 文 章 で 綴 と ん か っ 、 ニ ラ レ ノ ヾ 、 、 ノ 。 ハ ー グ 。 ガ ッ ツ リ ラ ン す こ い 幕 の 内 編 ・ ⑥ み だ れ 打 ち 快 答 編 っ た 午 後 三 時 日 記 定 価 ( 本 体 r-ooo 円 + 税 ) チ と 掘 り 出 し 本 定 価 ( 本 体 各 1500 円 + 税 ) ☆ 書 店 で 見 か け な い 場 合 は 直 接 当 社 に 現 金 書 留 ま た は 郵 便 振 替 ( 00150 ・ 3 ・ 50378 ) に て お 申 込 み 下 さ い 。 ( 送 料 当 社 負 担 )

本の雑誌 2016年 11月号


武 新 宿 線 の 野 方 駅 南 口 か ら 徒 歩 一 分 、 野 方 と き わ 通 り 商 店 街 に は た 書 店 は あ る 。 店 頭 に 絵 本 の 回 転 塔 が 立 ち 、 人 口 左 右 の 棚 に 週 刊 誌 、 幼 児 雑 誌 、 少 女 漫 画 誌 が 並 ぶ 昔 な が ら の 町 の 本 屋 さ ん と い っ た 風 情 だ 。 一 階 は 十 三 坪 強 。 雑 誌 を メ イ ン に 辞 書 、 実 用 、 コ ミ ッ ク 、 学 参 、 児 童 、 絵 本 、 文 芸 、 新 書 、 文 庫 の 新 刊 と 旅 行 ガ イ ド 書 が 並 ん で い る 。 一 階 に 並 ぶ の は す ぐ に お 金 に な っ て ほ し い 本 だ そ う で 、 実 は は た 書 店 に は 「 す ぐ に お 金 に な ら な く て も い い 本 」 が 並 ぶ 二 階 が あ る の だ 。 中 央 を 吹 き 抜 け に し た 二 階 は 七 坪 で 、 一 方 の 壁 面 に 原 発 、 沖 縄 、 戦 後 史 、 憲 法 な ど テ ー マ 別 に 分 類 さ れ た 人 文 ・ 社 会 系 の 本 が 並 び 、 書 店 ◎ は た 書 店 も う 一 方 の 壁 面 に は 文 庫 と 新 書 が 並 ぶ 。 目 を 惹 く の は 岩 波 文 庫 と 平 凡 社 ラ イ プ ラ リ ー の 充 実 だ が 、 た と え ば 岩 波 文 庫 『 茨 木 の り 子 詩 集 』 の 隣 に 中 公 文 庫 『 清 冽 詩 人 茨 木 の り 子 の 肖 像 』 ( 後 藤 正 治 ) が 並 ん で い た り 、 平 凡 社 ラ イ プ ラ リ ー 『 日 本 奥 地 紀 行 』 の 隣 に 平 凡 社 新 書 『 イ ザ ベ ラ ・ ー ド と 日 本 の 旅 』 ( 金 坂 清 則 ) が 並 ん で い た り と 芸 が 細 か い 。 八 一 年 九 月 に 開 店 し て 三 十 五 年 。 当 初 は 一 一 十 九 歳 だ っ た 店 主 も 六 十 四 歳 に な っ た が 、 棚 を 見 れ ば 社 会 が わ か る 書 店 を 目 指 す 姿 勢 に 変 わ り は な い 。 レ ジ 奥 の 客 注 取 り 置 き 棚 に 刊 行 さ れ た ば か り の 「 井 筒 俊 彦 全 集 」 別 巻 が 二 冊 あ り 、 撮 影 中 に 年 配 の 男 性 が 引 き 取 り に 来 て い た 。 西 本 棚 か 見 た い ! 万 井 素 子 『 銀 婚 式 物 語 』 に 「 あ た し は 、 ま ず 、 巨 大 な 来 本 棚 を 作 る 」 と い う 一 文 が 出 て く る 。 主 人 公 に と っ て の 理 想 の 書 庫 像 で 、 「 ま ず 、 す べ て の 壁 に 、 天 井 ま で の 作 り 付 け の 本 棚 を 作 る 。 ( 略 ) そ れ か ら 、 五 、 六 十 セ ン チ 間 隔 を お い て 、 ま た 、 本 棚 が 、 天 井 ま で 並 ぶ 」 と 、 そ の 書 庫 は 描 写 さ れ る が 、 ご 存 じ の よ う に 『 銀 婚 式 物 語 』 は 実 体 験 を 脚 色 し た モ デ ル 小 説 。 と い う こ と は 、 こ の 書 庫 は 実 際 に 作 ら れ た の で は な い か 。 お お 、 そ れ は 見 て み た い ー と い う わ け で 、 潜 人 し た 書 庫 は な ん と 二 十 九 畳 ! 目 測 で 幅 八 メ ー ト ル 奥 行 六 メ ー ト ル の 部 屋 は ほ と ん ど 図 書 館 で 壁 面 は も ち ろ ん 、 背 中 合 わ せ に な っ た 本 新 井 素 子 ◎ 書 斎 棚 が 十 数 列 、 等 間 隔 に 並 ん で い る 。 い ず れ も 天 井 ま で の 作 り 付 け だ か ら 、 倒 れ る こ と は な い の が 自 慢 だ 。 も う ひ と つ 、 書 庫 主 の 身 長 に 合 わ せ て 棚 間 の 幅 と 棚 板 の 高 さ を 設 計 し た の で 、 足 を か け て 自 在 に 棚 に 登 れ る の も 自 慢 。 脚 立 い ら ず で 最 上 段 の 本 を と る こ と が 可 能 な の だ 。 お 父 さ ん か ら 引 き 継 い だ 蔵 書 も 合 わ せ て 三 万 冊 以 上 が あ り 、 日 本 人 作 家 と 漫 画 は 作 家 別 五 十 音 順 作 家 ご と の 点 数 の 差 に 愕 然 と す る が 、 単 行 本 も 文 庫 も 混 在 し て い る か ら 、 こ の 作 家 は こ ん な 本 も 出 し て い た の か 、 と い う 発 見 も あ る 本 棚 が 汚 く な る け ど 、 使 い 勝 手 は 最 高 ! と 断 言 す る 五 十 音 順 で 並 べ ら れ る の も 「 巨 大 な 本 棚 」 な ら で は な の で あ る 。

本の雑誌 2016年 11月号


い ろ ど り 古 童 日 徒 ◎ 彩 古 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ が 該 当 者 な し 。 そ の 舞 台 と な っ た の は 春 陽 堂 書 店 か ら 出 版 さ れ て い た 「 ユ ー モ ア ク ラ ブ 」 と い う 雑 誌 だ 。 佐 々 木 邦 が 編 集 主 幹 を 務 「 ユ 1 モ ア ク ラ ブ 」 と ユ ー モ ア 覚 ◆ め 、 ユ ー モ ア 作 家 倶 楽 部 会 員 諸 氏 が 作 品 提 供 に 大 い に 寄 与 し て い ◆ た 。 ュ ー モ ア 作 家 倶 楽 部 会 員 は 伊 馬 鵜 平 ( 春 部 ) 、 乾 信 一 郎 、 林 ◆ ( ◆ ◆ ◆ ↓ ・ 、 ◆ ◆ 。 ◆ 。 ◆ ◆ あ 、 ◆ ◆ 、 ◆ 、 ◆ ◆ 《 ・ ヤ ◆ ◆ 、 ・ 、 ・ ◆ ◆ 、 ~ ・ ・ ◆ ・ ◆ ・ 。 ・ 、 ◆ 一 一 一 九 太 、 徳 川 夢 聲 、 岡 成 志 、 辰 野 九 紫 、 中 村 正 常 、 中 野 實 、 益 田 戦 前 の 雑 誌 は 研 究 者 泣 か せ と い わ れ て い る 。 な ぜ な ら ば 、 国 会 甫 、 サ ト ウ ・ ハ チ ロ ー 、 佐 々 木 邦 、 北 村 小 松 、 南 達 彦 、 獅 子 文 六 、 図 書 館 は お ろ か 、 全 国 の 図 書 館 を 探 し て も 所 蔵 の な い も の が 多 数 弘 木 丘 太 の 面 々 。 あ る か ら た 。 国 会 図 書 館 の 納 本 制 度 が 始 ま っ た の は 国 立 国 会 図 書 表 紙 は 志 村 立 美 の 美 人 画 。 ゲ ス ト で 登 場 す る 作 家 も 尾 崎 一 雄 や 館 法 が 成 立 し た 昭 和 一 一 十 三 年 一 一 月 以 降 の こ と 。 井 伏 鱒 一 一 と 豪 華 で 水 島 爾 保 布 、 松 下 井 知 夫 、 小 野 佐 世 男 と い っ た で は そ れ 以 前 は ど う だ っ た の か と い う と 、 戦 後 の 占 領 下 に お い 漫 画 家 た ち も 花 を 添 え て い る 。 た だ し 、 戦 争 に 突 き 進 ん だ 時 期 に て は が 検 閲 の 為 、 納 本 を 義 務 化 し て い た た め 、 資 料 が そ っ 発 行 さ れ た た め か 、 皇 軍 慰 問 に 最 適 と い っ た 文 字 が 表 紙 に 躍 っ て く り プ ラ ン ゲ 文 庫 と し て 残 っ て い る 。 多 少 の 漏 れ は あ る も の の 、 い た り も す る 雑 誌 で あ っ た 。 戦 後 の 出 版 物 の 閲 覧 は 可 能 と い え る 状 況 だ 。 七 冊 手 元 に あ っ た の で 、 さ ら に 突 っ 込 ん で 調 査 し よ う と し た の 問 題 は 戦 前 で 、 一 八 九 三 年 の 出 版 法 、 一 九 〇 九 年 の 新 聞 紙 法 に だ が 、 国 会 図 書 館 に は 十 三 冊 し か 所 蔵 が な い し 、 近 代 文 学 館 に は 基 づ き 内 務 省 の 検 閲 が あ っ た た め 、 出 版 社 は 発 行 物 の 提 出 義 務 が 四 冊 。 神 奈 川 近 代 文 学 館 が 一 番 あ っ た 。 だ が 、 戦 前 の 納 本 は 検 閲 の た め で あ り 、 納 本 さ れ た 本 は 多 く て 四 十 七 冊 と い う 状 況 だ っ 帝 国 図 書 館 に 引 き 継 が れ な か っ た よ う な の だ 。 現 在 、 国 会 図 書 館 た 。 に あ る 戦 前 の 本 や 雑 誌 は 帝 国 図 書 館 も し く は 後 の 国 会 図 書 館 が 独 そ こ か ら 判 っ た こ と は 創 刊 が 自 に 収 集 し た も の 。 そ の た め 、 所 蔵 の 無 い 雑 誌 は 多 数 あ る 昭 和 十 一 一 年 十 月 号 、 昭 和 十 八 年 ュ ー モ ア 賞 と い う 賞 を ご 存 知 だ ろ う か 。 芥 川 賞 ・ 直 木 賞 か ら 弾 一 月 号 ま で 刊 行 さ れ て 二 月 号 か か れ た = ー モ ア 小 説 を 対 象 に 与 え ら れ た 賞 で あ り 昭 和 十 五 年 と 十 ら 「 明 朗 」 に 改 題 。 終 刊 時 期 は 一 六 年 の 二 年 間 だ け 存 在 し た 賞 な の だ 。 「 各 雑 誌 、 各 新 聞 等 に 発 表 不 明 と い う こ と だ っ た 。 さ れ た 優 秀 な る ユ ー モ ア 小 説 。 原 則 と し て 新 進 ま た は 無 名 の 作 家 神 奈 川 近 代 文 学 館 に 行 っ て 、 年 記 を . 十 月 に 贈 る 」 と あ る 。 第 一 回 の 受 賞 者 は 宇 井 無 愁 と 北 町 一 郎 。 第 二 回 デ ー タ 取 り が し た い ー つ れ づ れ ~ は 一 穹

本の雑誌 2016年 11月号


作 小 説 」 と あ る 。 河 出 書 房 の 編 集 部 は と そ の 代 り に 『 想 い 出 の プ ロ レ ス 会 場 物 語 』 も か く 毎 日 新 聞 の 校 閲 は 何 故 こ の ミ ス を ( べ ー ス ポ ー ル ・ マ ガ ジ ン 社 ) と い う ム ッ ク 見 逃 し た の だ ろ う 。 雑 誌 『 世 田 谷 ラ イ を 買 う 。 そ れ か ら 同 じ サ イ ズ ( 四 変 判 ) の 圭 日 T 胖 う ろ フ 』 の し ま お ま ほ さ ん ( 豪 徳 寺 在 住 ) の 宮 崎 祐 治 『 東 京 映 画 地 図 』 ( キ ネ マ 旬 報 社 ) コ ラ ム を 愛 読 し て い る 。 そ の 最 新 号 ( も 。 部 屋 に 戻 っ て 、 早 速 、 『 想 い 出 の プ ロ レ の エ 生 の 立 + ・ ジ 先 た 号 ) の 感 想 を 書 い た ハ ガ キ を 編 集 部 気 付 ス 会 場 物 語 』 読 み 始 め る 。 し か し 後 楽 園 ホ 一 郎 し け で 送 っ た ら 、 き の う 返 事 ( ハ ガ キ ) が ー ル に 関 す る こ う い う 記 述 を 目 に し て 、 読 祐 エ 一 急 鴻 払 届 い た 。 そ の 礼 状 を 出 そ う と 思 っ て い た む の を や め に す る 。 「 プ ロ レ ス で の 初 使 用 内 ら 、 ア リ ャ リ ヤ 、 ハ ガ キ が 見 当 た ら な い 。 は 1966 年 ⅱ 月 日 の 日 本 プ ロ レ ス 。 メ 坪 だ か ら こ の 場 を 借 り て お 礼 を 言 い ま す 。 イ ン は ジ ャ イ ア ン ト 馬 場 ル イ ス ・ ヘ ル ナ 八 月 六 日 ( 土 ) 三 時 半 か ら 染 井 霊 園 で 「 外 し ま お さ ん あ り が と う ご ざ い ま し た 。 豪 徳 ン デ ス だ っ た 。 そ の 後 し ば ら く は 同 所 で の 骨 忌 」 だ か ら 三 時 に 神 保 町 の 岩 波 ブ ッ ク セ 寺 ( 世 田 谷 線 山 下 駅 ) を 描 い て 印 象 深 い 映 プ ロ レ ス の 開 催 権 は 同 団 体 が 独 占 し て い た ン タ ー で 月 の 輪 君 と 待 ち 合 わ せ 。 そ の 前 、 画 と 言 え ば 栗 田 ひ ろ み と 地 井 武 男 が 主 演 し が 、 力 道 山 の 死 後 は 規 制 が な く な り ・ : 二 時 半 に 神 保 町 に 出 て 、 書 泉 グ ラ ン デ の 三 た 『 放 課 後 』 だ 。 と こ ろ で 『 本 の 雑 誌 』 さ こ の 文 章 を 書 い た 高 崎 計 三 と い う 人 は 力 道 階 を 覗 く 。 デ ア ゴ ス テ ィ ー ニ の Q > マ ガ ん 、 し ま お さ ん と ク ラ フ ト ・ エ ヴ ィ ン グ 商 山 が い っ 亡 く な っ た と 思 っ て い る の だ ろ ジ ン の 戦 争 物 や 特 撮 物 や ヤ ク ザ 物 、 日 本 で 會 の 吉 田 篤 弘 さ ん と シ ェ イ ク ス ピ ア 学 者 の う 。 そ れ に し て も 、 同 様 の テ ー マ を 扱 っ た 一 番 こ の 書 店 が 充 実 し て い る 。 こ の シ リ ー 松 岡 和 子 さ ん に 豪 徳 寺 界 隈 を テ ー マ と し た 竹 内 宏 介 の 『 昭 和 プ ロ レ ス 浪 漫 』 ( 日 本 ス ハ ン フ レ ッ ト が 読 み ご た え あ る 。 特 に 座 談 会 を や っ て い た だ く と い う の は ど う か ポ ー ツ 出 版 社 一 一 〇 〇 一 年 ) は 名 著 だ っ た な 。 戦 争 物 や 特 撮 物 は 俳 優 ( 女 優 ) 名 鑑 と し て な 。 少 な く と も 私 は 読 み た い ね 。 今 日 も ク 八 月 十 ニ 日 ( 金 ) 昼 頃 渋 谷 に 出 て 東 急 東 横 充 実 し て い る 。 今 日 は 『 宇 宙 人 東 京 に 現 わ ソ 暑 い け れ ど 、 思 い 切 っ て 、 先 週 の 土 曜 日 に 店 の 渋 谷 大 古 本 市 を 覗 く 。 目 録 の 時 に は 気 る 』 と 『 大 東 亜 戦 争 と 国 際 裁 判 』 を 購 人 。 買 い 忘 れ て し ま っ た 『 ス ピ リ ツ ツ 』 の 最 づ か な か っ た け れ ど 今 回 の こ の 大 古 本 市 の 八 月 九 日 ( 火 ) 朝 、 毎 日 新 聞 の 一 面 を 目 に 新 号 買 い に 出 る 。 私 の 仕 事 場 か ら だ と 三 軒 コ ピ ー は 「 新 し い だ け じ ゃ 、 も の た り な い し た ら 河 出 文 庫 の 三 八 広 告 の 東 浩 紀 の 『 ク 茶 屋 よ り 松 蔭 神 社 駅 の 方 が 少 し 近 い か ら 、 ん で す 、 わ た し 。 」 だ 。 こ の コ ピ ー を 考 え リ ュ セ の 魚 』 の 紹 介 文 に 「 芥 川 賞 作 家 の 傑 山 下 書 店 に 行 く 。 し か し 見 当 た ら な い か ら た 広 告 代 理 店 ( 某 東 急 エ ー ジ ェ ン シ ー ) の 一 三 ロ

本の雑誌 2016年 11月号


次 号 矛 告 20 ー 6 年 一 2 月 号 息 子 も 歴 史 小 説 に レ ツ ズ サ タ ☆ 藤 原 道 長 の 摂 政 就 任 か ら 1000 年 、 徳 川 家 康 が 没 し て 400 年 、 幕 府 が 滅 ん で も 日 本 は 続 く 。 歴 史 が あ っ て 今 が あ る の だ ! と い う わ け で 、 ノ 編 集 後 記 / り 歴 史 小 説 で 日 本 史 年 表 を 作 る 座 談 会 か ら 、 関 ケ ま 原 に 忠 臣 蔵 、 龍 馬 に 信 長 、 新 選 組 に 河 井 継 之 助 今 月 の 新 刊 は 、 小 山 カ 也 著 「 古 本 屋 ツ ア ー ・ イ ン ま で if が 気 に な る 歴 史 本 ガ イ ド 、 そ し て 敗 者 の ・ 京 阪 神 』 で す 。 一 昨 年 の 神 保 町 編 、 昨 年 の 首 都 た 美 学 ま で 、 受 験 生 に も 超 お 役 立 ち の 特 集 だ あ ! 圏 沿 線 編 に つ づ き 、 古 ツ ア さ ん が 今 回 挑 ん た の は 、 た な ん と 古 本 屋 密 集 地 帯 の 京 阪 神 ! 京 都 、 大 阪 、 神 戸 の 三 都 市 を 中 心 に 、 阪 神 間 や 奈 良 、 滋 賀 ま で ん 優 丹 念 に あ る い て フ ォ ロ ー し た 、 関 西 古 本 屋 ツ ア 勝 決 定 版 で す 。 し か も 全 編 ほ ぼ 書 き 下 ろ し と い う モ し ま お じ さ ん 三 人 組 報 告 で 書 き 切 れ な か っ た 山 形 の 工 ノ ス ゴ サ 。 小 山 さ ん の 古 本 屋 巡 り に か け る 情 熱 が 【 み 】 ヒ 。 ソ ー ド を 書 い て お き た い 。 実 は 山 寺 か ら の 帰 り ひ し ひ し 伝 わ る 熱 い 一 冊 で す 。 ぜ ひ 。 道 、 三 人 組 は 山 形 の 名 店 「 梅 蕎 麦 」 に 昼 食 を と り 杉 読 書 の 秋 に ふ さ わ し く 、 本 の イ ベ ン ト が 目 白 押 し に 行 っ た の で あ る 。 そ こ で 私 が 注 文 し た の は ニ 色 せ い ろ 野 菜 天 ぶ ら 付 き だ っ た の だ が 、 や っ て き た で す 。 / 29 、 30 は 、 神 保 町 ブ ッ ク フ ェ ス テ ィ バ ル 。 の は ニ 色 せ い ろ 。 首 を 傾 げ る と 、 お 店 の お 姉 さ ん 出 展 は 5 回 目 の ひ ょ っ こ な の に 、 / 30 に は お っ も 「 す み ま せ ん 、 野 菜 天 付 き で し た ね 」 と 頭 を 下 と び つ く り お じ さ ん ニ 人 組 の 講 演 会 が ! Ⅱ / 3 は 、 げ る の で 、 い え い え と そ ば を 啜 っ て い た が 、 杉 江 し の ば ず く ん の 本 の 縁 日 2 田 6 。 会 場 は 千 駄 木 ・ 養 の ニ 色 せ い ろ 天 ぶ ら 付 き と 宮 里 の ミ ニ 天 丼 鳥 そ ば 源 寺 境 内 で す 。 版 元 古 書 店 リ ト ル プ レ ス な ど が 並 セ ッ ト が 出 て き て も 私 の 野 菜 天 ぶ ら は や っ て こ な び ま す 。 Ⅱ / 5 、 6 は 、 BOOK MARKET 秩 父 。 会 い ・ ・ ・ 。 あ あ 、 も う そ ば が な く な っ ち ゃ う よ 。 最 後 場 は 藤 村 書 店 秩 父 店 イ ベ ン ト ス ペ ー ス 。 美 味 し い の 一 本 を つ ゆ に つ け て い た ら 、 お 姉 さ ん が 「 お 待 一 日 間 。 ご 来 店 を お 待 ち し て お り ま す 。 た せ し ま し た 、 野 菜 天 ぶ ら 付 き の ニ 色 せ い ろ で す 」 高 橋 良 平 さ ん に 数 日 前 か ら 電 話 が つ な が ら な い と と 天 ぶ ら と そ ば を 運 ん で き た か ら 、 あ れ ? と 箸 が 止 ま っ た 。 「 最 初 の 二 色 せ い ろ は サ ー ビ ス さ せ て 他 社 の 方 か ら 連 絡 が く る 。 確 か に 何 度 か け て も ツ い た だ き ま す 」 と に つ こ り 微 笑 む の で あ る 。 な ん ー ツ ー ツ ー 。 各 方 面 に 聞 い て も 不 明 。 す わ 事 件 か と そ ば の お 代 わ り が 無 料 で き ち ゃ っ た の た 。 こ れ ッ と 御 自 宅 に 直 行 、 ベ ル を 押 す 。 応 答 が な い ・ ・ を 見 た 宮 里 は 「 す ご い 幸 運 。 山 寺 で お 祈 り し た か ど う か ご 無 事 で ! と ド ア を が ん が ん 叩 い て い た ら 「 は 一 い 」 と 良 平 さ ん が ! 「 え 、 電 話 ? こ っ ち か ら で す よ ! い い な あ 、 う ら や ま し い な あ 」 と 大 興 奮 だ が 、 も う 腹 い つ ば い だ っ て ( 笑 ) 。 い や 、 ら は つ な が る け ど 」 。 故 障 で 、 外 線 だ け 受 け ら れ う ま か っ た ん だ け ど 。 山 寺 の ご 利 益 が 作 家 志 望 者 な い 状 態 に な っ て い た 模 様 。 よ か っ た ・ 。 の み な さ ん の た め に 残 っ て い ま す よ う に ・ 。 【 浜 】 い ざ と な れ ば 電 報 も あ る し 」 い や い や い や 。 【 ま 】 本 の 雑 誌 1 1 月 号 第 41 巻 11 号 ( 通 巻 401 号 ) 2016 年 1 1 月 1 日 発 行 定 価 ( 本 体 667 円 + 税 ) BN978-4-86011-363-6 C0395 編 集 発 行 人 / 浜 本 茂 制 作 / 市 村 慶 子 編 集 部 / 松 村 眞 喜 子 宮 里 潤 ( 株 ) 本 の 雑 誌 社 〒 101-0051 東 京 都 千 代 田 区 神 田 神 保 町 1 -37 友 田 三 和 ビ ル 5F 電 話 03 ( 3295 ) 1071 振 替 口 座 : 00150-3-50378 丘 」 3 へ 多 の 特 集 0 れ p : / / 山 山 山 . 出 ebdOku. jp / 136

本の雑誌 2016年 11月号


で 1 ロ 。 一 時 3 よ ー 3 0 0 0 み の 新 ) 5 区 凵 四 方 切 5 宿 タ 貸 都 内 日 0 0 円 と 当 」 ン グ 〉 に 異 動 。 同 誌 の 巻 頭 グ ラ ビ ア 担 当 と 語 参 考 書 の 編 集 を 半 年 ほ ど し て 、 鶴 書 房 に こ の 本 に ま と め る 時 に 一 部 を 書 き な お し 、 す く し て 、 〈 週 刊 少 年 マ ガ ジ ン 〉 の 専 属 と な る 再 々 就 職 す る 。 ど ち ら も 、 き ち ん と 人 社 試 な る べ く そ の 差 を 少 な く す る よ う に は 努 め ま し た が 、 程 度 の ふ ぞ ろ い が 残 っ て い る か 前 の 大 伴 昌 司 氏 や 、 怪 奇 小 説 同 人 誌 〈 リ ト 験 を 。 ハ ス し て の 正 式 採 用 で あ っ た 。 さ て 、 も う 一 冊 は 、 秋 田 書 店 か ら 出 版 さ も し れ ま せ ん 〉 と あ る よ う に 、 星 さ ん 初 の ル ・ ウ ィ ア ー ド 〉 の 荒 俣 宏 氏 に 依 頼 し た り し て 趣 味 的 に も 満 足 し て い た が 、 組 合 問 題 れ た 星 新 一 氏 初 の ジ ュ ニ ア 集 『 黒 い ジ ュ ヴ ナ イ ル 作 品 で 、 〈 科 学 の 教 室 〉 ( 学 習 で 社 内 が ご た っ く 折 り か ら 、 編 集 方 針 が グ 光 』 ( 装 幀 Ⅱ 加 藤 た か し / 表 紙 ・ ロ 絵 ・ 挿 研 究 社 ) 五 八 年 四 月 号 か ら 八 月 号 ま で 五 回 ラ ビ ア 企 画 廃 止 の 方 向 に む か っ た こ と で 、 絵 Ⅱ 斎 藤 寿 夫 ) で あ る 。 「 ジ ュ ニ ア 版 連 載 の 表 題 作 ( え Ⅱ 山 中 冬 児 ) ー ー 同 誌 に 七 一 年 十 二 月 に 退 社 す る 。 名 作 シ リ ー ズ 」 と 叢 書 名 が あ る が 、 他 に 出 は 、 同 時 期 、 亀 山 竜 樹 ・ 文 、 古 賀 亜 十 夫 ・ 福 島 さ ん と は 、 〈 少 年 画 報 〉 に ジ ュ ヴ ナ た よ う す は な く 、 編 集 担 当 の 秋 田 君 夫 氏 が 画 の ″ 科 学 れ ん さ い 絵 物 語 。 「 宇 宙 少 年 隊 」 も ス タ ー ト し て い る 、 〈 こ ど も 家 の 光 〉 イ ル を 書 い て も ら っ て い た こ と か ら 顔 む り や り 通 し た 企 画 か も し れ な い 。 ほ ん わ た く し 見 知 り で 、 ジ ュ ニ ア 版 『 人 門 』 の 企 画 「 あ と が き 」 に 、 〈 こ の 本 は 、 私 が い ま ま 六 一 年 十 月 号 か ら 一 年 間 連 載 さ れ た 「 謎 の ひ と だ い ざ っ し を も ち こ む と 、 快 諾 し て く れ た と い う で に 十 代 の 人 た ち む け の い ろ い ろ な 雑 誌 に 星 座 」 を 含 め 八 篇 を 収 録 。 は な し か エ ス エ フ あ っ 少 年 画 報 時 代 に は 、 雑 誌 以 外 に 、 手 塚 治 書 い た を 集 め た も の で す 。 未 来 の 話 や 前 記 と 同 号 の 「 で て く た あ 」 欄 の 評 、 は な し う ち ゅ - っ く - っ そ - っ て き 虫 『 ス ー ー 太 平 記 』 ( 抄 録 版 ) や 望 月 三 宇 宙 で の 話 、 も っ と 空 想 的 な お と ぎ 話 の よ 〈 「 光 を 自 由 に 暗 く で き る 姿 な き 怪 物 」 の 謎 さ く ひ ん 起 也 『 秘 密 探 偵 』 な ど の 新 書 版 漫 画 も う な 作 品 な ど が ま ざ っ て い ま す 。 / し か し を 追 う ミ ス テ リ ー 『 黒 い 光 』 を は じ め 、 た い ね ん れ い 編 集 。 そ の 後 、 教 科 書 出 版 の 文 英 堂 で 、 英 十 代 と い っ て も 年 齢 に は は ば が あ り ま す 。 子 ど も た ち が 夏 休 み に 宇 宙 船 で 不 思 議 な 冒 ば な し 0 ほ ん 、 ん に く て い ど ン 十 コ の こ っ と 108

本の雑誌 2016年 11月号


と い う の だ か ら 、 芸 術 家 の 感 性 は Ⅷ 白 さ を 堪 能 し た 三 日 間 で あ っ た 。 そ う 言 わ れ て も 本 の 雑 誌 と し て ま し た 。 福 岡 ぶ ら り 旅 。 そ こ で 、 も 困 る と 思 い ま す が ( 中 武 照 美 ・ 中 学 校 教 諭 歳 ・ 宮 新 し く で き て い た リ シ ン ク プ ッ ク 鰤 一 般 人 の 想 像 を 越 え て い る ー そ し て 、 テ ン ト を 張 っ て 一 ヶ 月 崎 市 ) ま た 1 年 間 よ ろ し く お 願 い し ま 恥 ( 本 と ビ ー ル と 焼 酎 と ) と い う 本 屋 福 岡 と い え ば 「 本 屋 の 帰 り す 。 で は 、 偶 然 に も 秋 吉 健 太 氏 (Yah ー で も 泊 ま り 込 み を し た い 大 型 書 店 道 」 で お な じ み 、 徳 永 圭 子 ( 木 崎 達 広 ・ 教 員 歳 ・ 八 戸 市 ) Ⅷ 8 ラ イ フ マ ガ ジ ン 編 集 長 ) >< 嶋 浩 【 。 の 数 々 。 普 段 、 宮 崎 で は 目 に す る こ ち ら こ そ よ ろ し く で す 。 こ と の で き な い 本 に た く さ ん ふ れ Ⅷ さ ん の 丸 善 博 多 店 も よ ろ し く ー 一 郎 氏 ( 博 報 堂 ケ ト ル ) の ト ー ク シ ヨ ー を や っ て い た 。 メ デ ィ ア と は “ て き た 。 ま た 、 今 年 は 図 書 主 任 を 旧 と い う わ け で 、 東 京 を 破 壊 し 尽 く 椎 名 、 沢 野 と も 一 兀 気 で す ー し て い る の で 、 思 わ ず 手 に 取 り た 旧 し た か の よ う に み え た シ ン ・ ゴ ジ 7 月 は 私 の 誕 生 月 で あ る 。 全 く 関 係 の な い 仕 事 を し て い る が △ お 二 人 の 話 は 本 当 に 目 か ら 鱗 の 内 く な る ポ ッ プ な ど 、 と て も 参 考 に 皿 ラ だ が 、 実 は 本 誌 社 員 で 被 害 に あ 特 別 な こ と は 何 も い ら な い な っ た 。 イ ン タ ー 、 不 ッ ト が こ れ だ っ た の は 浜 田 公 子 ひ と り だ け 。 他 容 で あ っ た 。 あ の 安 西 水 丸 氏 は イ の で 、 三 連 休 に 福 岡 の 書 店 巡 り に ギ リ ス 製 の 傘 が 大 好 き だ っ た 。 そ 旧 け 発 達 し て も 、 や は り 実 際 に 本 屋 五 名 は 平 和 を 享 受 し つ つ 三 角 窓 口 毎 年 行 く こ と に し て い る に 行 き 、 ふ れ る こ と の 楽 し さ ・ 面 Ⅲ は 次 号 に 続 く の で あ る ー と い う こ と で 、 今 年 も 行 っ て 来 Ⅲ の 理 由 が 、 傘 を さ し た 時 の 雨 音 だ Ⅱ ロ ー ル は 父 手 も り を 引 き 剥 が し て い っ た 。 た 地 下 室 。 二 人 は そ こ に い な み 、 ヴ ェ ル ヌ の 『 海 底 二 万 里 』 緻 密 な 短 章 が 、 精 密 機 械 を 少 女 マ リ ー 少 年 ヴ ェ ル ナ ー は 士 官 学 校 い 父 や 妹 の 声 、 冒 険 小 説 や 科 を よ く 尋 ね ら れ た 。 「 子 ど も ~ 組 み 立 て る よ う に 続 く ア ン ソ 製 の 街 の 模 型 を 頼 り に 歩 き 、 ニ ー ・ ド ー ア の 『 す 。 へ て の 見 父 娘 で よ く 本 屋 を 訪 れ た 。 誕 に 進 む が 、 見 る に 堪 え な い リ 学 書 を 反 芻 し な が ら 、 閉 塞 の 向 け の 方 が い い で す か 」 と 聞 ~ え な い 光 』 。 水 面 の 月 の よ う 生 日 に 贈 ら れ た 点 字 の 物 語 は ン チ や 捕 虜 を 嬲 る 狂 気 の 集 団 恐 怖 や 孤 独 に 耐 え る 。 な ん と く と 「 両 方 見 た い 」 と い う 子 に 美 し い 翻 訳 小 説 だ っ た 。 世 界 を 広 げ 、 色 の あ る 想 像 や の 中 で 、 科 学 を 愛 す る 少 年 は 勇 敢 な の か と 心 を 寄 せ た 時 、 が 多 く 、 店 内 を ジ グ ザ グ と 並 フ ラ ン ス で 暮 ら す 盲 目 の 少 夢 の 世 界 を 膨 ら ま せ て く れ 心 を 凍 ら せ 未 来 を 諦 め て い く 。 少 女 は 言 う 。 「 違 う 。 ほ か に ん で 歩 く の が 楽 し い 。 自 然 の 女 マ リ ー 日 ロ ー ル と 、 ド イ ツ る 。 し か し 、 戦 争 と い う 巨 大 逃 げ 隠 れ た 屋 根 裏 部 屋 や 、 ど う し よ う も な か っ た の よ 。 美 し さ 、 冒 険 の 愉 快 と ス リ ル 、 の 炭 鉱 町 の 孤 児 院 で 育 っ た 少 な 手 は 、 そ ん な 父 の 手 の ぬ く 砲 撃 に よ っ て 生 き 埋 め に な っ 朝 に 起 き て 、 自 分 の 人 生 を 生 そ れ ら の も っ 詩 情 を や が て 彼 き て い る の 。 あ な た だ っ て そ ら は 知 る の だ ろ う 。 ど ん な こ ~ 年 ヴ ェ ル ナ ー 。 父 と と も に 逃 と が あ っ て も 、 自 分 の 人 生 を 本 屋 6 室 う で し よ う ? 」 ~ げ 惑 う 少 女 と 、 妹 を 残 し て 優 ン 装 突 き 放 す よ う で 、 こ ば れ る 生 き よ う ね と 小 さ な 背 中 に 投 ~ 秀 な 技 術 兵 と し て 戦 地 へ 赴 く イ 社 帰 り 遒 ~ 少 年 の ふ た つ の 空 を 、 戦 時 下 ザ 潮 人 生 を す べ て 掬 い 上 げ る マ リ げ か け る 。 藤 井 光 訳 。 訳 者 あ と が き に デ 新 ー の 言 葉 が 頭 を 離 れ な い 。 ~ で 禁 じ ら れ た 異 国 の ラ ジ オ の 子 ど も た ち で 賑 わ う 夏 休 も 子 ど も 達 が 微 笑 ん で い た " 波 が つ な ぐ 。 徳 杢 土 子 △ 115