検索 - みる会図書館

検索対象: 聖徳太子Ⅰ 仏教の勝利

聖徳太子Ⅰ 仏教の勝利から 279件ヒットしました。

聖徳太子Ⅰ 仏教の勝利


《 引 用 文 献 〉 日 本 書 紀 〕 日 本 古 典 文 学 大 系 『 日 本 書 紀 』 岩 波 書 店 一 兀 興 寺 伽 藍 縁 起 抃 流 記 資 材 帳 〕 日 本 思 想 大 系 『 社 寺 縁 起 』 岩 波 書 店 上 宮 聖 徳 法 王 帝 説 . 家 永 三 郎 『 上 宮 聖 徳 法 王 帝 説 の 研 究 』 三 省 堂 〈 振 り 仮 名 〉 本 文 の 教 育 漢 字 以 外 お よ び 引 用 文 は す べ て 振 り 仮 名 を 付 し た 。 * 本 論 考 は 季 刊 雑 誌 『 創 造 の 世 界 』 ( 小 学 館 ) 長 期 連 載 の う ち 、 号 ( 一 九 七 八 年 八 月 ) —S 号 ( 一 九 七 九 年 五 月 ) に 掲 載 さ れ た も の で あ る 。 358

聖徳太子Ⅰ 仏教の勝利


く だ ら こ う く り ・ 国 、 百 済 は 遠 い 国 。 近 い 国 は 遠 い 国 よ り 社 儀 を 厚 く す る の が 当 然 で あ る 。 は た し て こ の 時 、 高 句 麗 り ん せ つ ま っ か っ き っ た ん り ん ご く は 隣 接 す る 靺 鞨 や 契 丹 と ト ラ ブ ル を 起 こ し て い た 。 隣 国 の す べ て を 中 国 の 属 国 と 考 え る 考 え 方 を 、 ず い せ い ふ く 代 々 受 け 継 い で い る 隋 が 、 一 つ の 属 国 が 力 を も っ て 他 の 属 国 を 征 服 す る の を 好 ま な い の は 当 然 で あ ろ う 。 こ う く り ず い き げ ん 高 句 麗 は 隋 の 機 嫌 を と っ て お く 必 要 を 感 じ た の で あ ろ う 。 開 皇 一 一 年 十 一 月 、 三 年 正 月 、 四 月 、 五 ち ょ う こ う こ う く り ず し 月 と た て 続 け に 朝 貢 し て い る 。 こ れ は 高 句 麗 と 隋 と の 関 係 が 親 密 さ を 増 し た こ と を 示 す の か 。 あ る き ん ち ょ う き ん ち ょ う い ち が い い は 緊 張 関 係 が あ る の で 、 そ の 緊 張 を 和 ら げ る た め で あ っ た か 。 一 概 に 断 定 す る こ と は む つ か し じ よ う き よ う と つ け つ か う ら い と よ く こ ん し し や た い こ う ぞ ん う た げ こ う い う 状 況 を 考 え る と 、 開 皇 四 年 四 月 の 「 突 厥 、 高 麗 、 吐 谷 渾 の 使 者 を 大 興 殿 に 宴 す 」 と い う ぶ ん て い ぶ ん れ つ と つ け っ あ わ か 記 事 が 問 題 と な る 。 こ の 開 皇 四 年 と い う 年 は 、 文 帝 の 分 裂 政 策 が 成 功 し 、 突 厥 の 反 主 流 派 の 阿 波 可 か ん た っ と う か か ん ず い こ う ふ く と つ け っ と よ く こ ん ず い せ い ば っ 汗 や 達 頭 可 汗 が 隋 に 降 伏 し 、 突 厥 は 弱 体 化 、 ま た 吐 谷 渾 も そ の 王 が 殺 さ れ 、 隋 の 大 規 模 な 征 伐 を こ う む ろ う と し て い た 時 で あ る 。 う た げ ち ょ う て い う た げ 「 宴 す 」 と あ る が 、 こ う い う 中 国 の 朝 廷 に お け る 宴 と い う も の は 、 は な は だ 複 雑 な 意 味 を も つ も の ち ん み い て き で あ ろ う 。 も ち ろ ん 山 海 の 珍 味 を 集 め て 夷 狄 の 使 を も て な す こ と は 、 一 つ の デ モ ン ス ト レ ー シ ョ ン ぎ し き こ う く り - せ い ば っ せ い ば っ で あ り 、 同 時 に 臣 属 の 儀 式 で あ る 。 高 句 麗 の 使 は す で に 征 伐 さ れ た 、 あ る い は 征 伐 さ れ よ う と す る と つ け っ と よ く こ ん い だ と よ く こ ん 突 厥 と 吐 谷 渾 の 間 に 並 ば さ れ 、 複 雑 な 思 い を 抱 い た に ち が い な い 。 と に か く 序 列 は 吐 谷 渾 の 前 で あ こ う く り ・ ず い る 。 高 句 麗 も い ち お う 重 ん ぜ ら れ た と い え る 。 し か し そ れ は 属 国 と し て の 順 序 で あ る 。 や が て 隋 の と つ け っ と よ く こ ん き よ う ふ こ う く り 征 伐 の 軍 隊 は 、 突 厥 や 吐 谷 渾 な ど の よ う に わ が 国 に も 及 ぶ だ ろ う 、 そ う い う 恐 怖 を 高 句 麗 の 使 は 感 せ い ば っ な ら れ い ぎ お よ 340

聖徳太子Ⅰ 仏教の勝利


第 四 章 物 部 の 滅 亡 と 法 興 寺 の 建 立 は し ひ と こ う ご う こ こ に 聖 徳 太 子 の 母 ・ 間 人 皇 后 に 関 す る 伝 説 が あ る 。 ほ ん て う れ き し ぞ ん い よ う め い て ん わ う ひ の え う ま の ぐ わ ん ね ん あ な ほ べ の み こ か し き や ひ め つ う み わ の さ か ふ の き み こ ろ 本 朝 歴 史 伝 に 曰 は く 、 用 明 天 皇 丙 午 元 年 、 穴 穂 部 皇 子 、 炊 屋 媛 に 通 じ 、 三 輪 逆 君 を 殺 す 。 う ま こ あ な に こ ろ あ な ほ た ん ば た い ざ か く た け の た ん ご く じ き 二 年 、 馬 子 、 穴 穂 を 殺 す 。 穴 穂 、 旦 波 に 走 る 。 竹 野 の 間 人 に 隠 る ( 丹 後 旧 事 記 ) 。 よ う め い て ん わ う そ く ゐ あ な べ の み こ う ま こ の す く ね た う こ く は し た け の ぐ ん た い ざ う ら か く 用 明 天 皇 即 位 一 一 年 、 穴 穂 部 皇 子 、 馬 子 宿 彌 ( 禰 ) に い ま れ て 、 当 国 に 走 り 竹 野 郡 間 人 浦 に 隠 は し ひ と く わ う ご う り ゃ う う ん ぬ ん た ん ご く じ き る 。 此 所 は 間 人 の 皇 后 の 領 な る 故 な り 云 々 ( 丹 後 旧 事 記 〈 竹 野 郡 誌 よ り 〉 ) 。 は し ひ と く わ う ご う し ん わ う こ あ い き た た い ざ む ら し し ゆ く じ ふ い う よ に ち じ ら い あ ら た た い ざ む ら し よ う 間 人 皇 后 、 親 王 を 顧 愛 し 、 来 り て 対 座 村 に 止 宿 す る こ と 十 有 余 日 。 爾 来 、 改 め て 間 人 村 と 称 う ん ぬ ん た い ざ む ら や く し ど う き す 云 々 ( 間 人 村 薬 師 堂 記 〈 竹 野 郡 志 よ り 〉 ) 。 し ゃ う と く た い し は は あ な に べ の は し ひ と ひ め た ん ご く じ き こ の さ と は し ひ と ひ め ゆ え ん 聖 徳 太 子 の 母 を 穴 穂 部 間 人 媛 と い ふ 。 丹 後 旧 事 記 に 云 は く 、 此 里 と 間 人 媛 の 由 縁 あ り 、 よ っ も っ そ ん め い た ん か ふ し て 以 て 村 名 と す ( 丹 哥 府 志 ) 。 わ う こ の ひ と わ う さ ん じ ふ い ち だ い み か ど び だ っ て ん わ う の し ろ し め す た み ゆ た ご ふ う じ ふ う と き あ せ い だ い み よ 往 古 人 、 王 三 十 一 代 の 御 帝 ・ 敏 達 天 皇 御 宇 民 豊 か に て 、 五 風 十 雨 の 時 に 逢 ふ 聖 代 の 御 代 な り あ ふ な か ん づ く み こ お た ん じ ゃ う う ま や と み こ が う た て ま っ の ち し ゃ う と く た い し け り と 仰 き た て ま つ る 。 就 中 に 皇 子 御 誕 生 ま し ま し て 、 廐 戸 の 皇 子 と 号 し 奉 る 。 後 に 聖 徳 太 子 た ま す な は こ れ お ん は は は し ひ と の く わ う ご う ま う た て ま つ け ん と く て い さ う に よ ご わ た た ま と な ら せ 給 ふ は 即 ち 是 な り 。 御 母 は 、 間 人 皇 后 と 申 し 奉 り て 賢 徳 貞 操 の 女 御 に 渡 ら せ 給 ふ し J き や よ も り や お お み は ん ぎ や く よ り み や こ た ち さ り た ま み だ さ け と い へ と も 、 時 な る 哉 、 守 屋 の 大 臣 叛 逆 に 依 て 、 奈 良 の 都 を 立 去 給 ひ 、 世 の 乱 れ を 避 た ま ひ し ば け い た ん ば く に た け の ぐ ん ね ひ ざ き ど と ほ う ち と は ま お ほ は ま さ と す ゐ じ ゃ く て 、 暫 し 谿 ( 丹 ) 波 の 国 竹 野 郡 子 の 日 崎 に 程 遠 か ら ぬ 、 内 外 の 浜 な る 大 浜 の 里 に 垂 跡 ま し ま す う ち と う ん ぬ ん き ふ き は ま い ま と こ ろ こ と ば よ び の ち は ま と な こ れ ひ ざ き い ま 云 々 。 旧 記 に 曰 く 、 内 外 の 浜 は 今 土 俗 の 俚 言 に 呼 て 後 の 浜 と 唱 ふ る は 是 な り 。 子 の 日 崎 は 今 の い ぬ ざ き ょ ご お ん あ ひ つ う き ふ き い ふ た け の ぐ ん ね ひ ざ き う ち と は ま 大 崎 と 呼 ふ を い ふ に や 。 ぬ と 子 と 語 音 相 通 ず れ は な り 。 旧 記 に 云 、 竹 野 郡 子 の 日 崎 内 外 の 浜 な お ほ は ま さ と い ま た い ぎ む ら す な は こ れ お は ま さ と す ぞ さ い う る 大 浜 の 里 と い ふ は 、 今 の 間 人 村 則 ち 是 な り 。 い に し へ は 大 浜 の 里 と い ひ し に や 。 既 に 左 右 に を ば ま む ら な か は ま む ら は ま お ほ は ま さ と こ と こ れ す な は ヘ い ぜ ん あ か し 小 浜 村 ま た 中 浜 村 あ る を も っ て 、 内 外 の 浜 な る 大 浜 の 里 と い ひ し 事 、 是 則 ち 炳 然 と し て 証 と す わ い

聖徳太子Ⅰ 仏教の勝利


第 一 章 仏 教 伝 来 の 意 味 す る も の っ ち の え う ま っ ち の え う ま ひ の え と ら 天 皇 七 年 は 丙 寅 の 年 で あ り 、 戊 午 の 年 で は な い 。 も し 当 時 の 戊 午 の 年 を 探 せ ば 、 宣 化 三 年 ( 五 む じ ゅ ん ほ う お う て い せ つ が ん ご う し え ん ぎ 三 八 ) と い う こ と に な る 。 こ の 点 す で に 元 興 寺 縁 起 も 法 王 帝 説 も 年 月 の 点 に お い て 、 重 大 な 矛 盾 を す い こ て ん の う せ い た ん え ん ぎ す い こ て ん の う 三 ) に 聖 徳 太 子 が 推 古 天 皇 の 生 誕 は ら ん で い る と い え る が 、 こ の 縁 起 は 、 推 古 天 皇 一 一 十 一 年 ( 六 一 て ん の う が ん ご う し 百 年 を 記 念 し て 、 元 興 寺 の 本 縁 お よ び 天 皇 や 臣 ら の 発 願 を 記 し た こ と に な っ て い る 。 と こ ろ が こ こ さ い に も 年 数 の ま ち が い が あ る 。 推 古 一 一 十 一 年 に 推 古 天 皇 は 六 十 歳 で あ り 、 百 歳 で は な い 。 ま た 月 日 に が ん ご う し え ん ぎ う お う て い せ つ つ い て も 、 日 本 書 紀 は 十 月 、 法 王 帝 説 は 十 月 十 二 日 と す る が 、 元 興 寺 縁 起 は 十 二 月 と す る 。 が ん ご う し え ん こ う し て み る と 、 古 く か ら 仏 教 伝 来 の 年 月 日 に つ い て は 異 説 が あ っ た と 思 わ れ る 。 こ の 元 興 寺 縁 ・ か ん ご う じ と う ろ ば ん め い 起 に 載 せ る 元 興 寺 の 塔 の 露 盤 の 銘 に は 、 や ま と の く に す め ら み こ と し き し ま み や 大 和 国 の 天 皇 、 斯 帰 斯 麻 の 宮 に く に お あ め し た し ら 天 の 下 治 し め し し 、 名 は 阿 米 久 爾 意 し は ら き ひ ろ に は み こ と 座 斯 波 羅 岐 比 里 爾 波 の 弥 己 等 の 世 に 仕 た て ま っ い な め お ほ お み へ 奉 り し 巷 宜 の 、 名 は 伊 那 米 の 大 臣 と を 1 ひ ろ に は し き し ま す め ら み こ と な み や 天 皇 、 名 は 広 庭 、 斯 帰 斯 麻 の 宮 ま し ま と き に 在 し し 時 に 、 き ん め い て ん の う と い い 、 た だ 欽 明 天 皇 の 時 の こ と で あ る と い う の み で 、 そ れ が 何 年 に 当 た る か 、 て ん の う ん え ん す い こ て ん の う ぎ の さ い

聖徳太子Ⅰ 仏教の勝利


こ う く り - も し れ な い 。 そ れ で 帰 っ て き た 。 も ち ろ ん 高 句 麗 の 水 夫 の 殺 害 に つ い て は 知 ら ぬ 顔 で あ る 。 こ れ に て ん の う う そ ば つ あ た し よ う こ た い し て 天 皇 も 嘘 と は 思 っ た が 、 別 に 罰 を 与 え な か っ た ら し い 。 証 拠 が な か っ た か ら で あ ろ う が 、 ば っ き び の な に わ あ ま り 罰 す る 気 持 ち が な か っ た か ら で も あ ろ う 。 吉 備 難 波 に し た ら 、 こ の 任 務 そ の も の が た い へ ん め い わ く こ う く り か れ 迷 惑 な の で あ る 。 い っ た い 日 本 の 船 で 高 句 麗 ま で 行 き 着 く こ と が で き る の か 。 彼 以 前 に そ う い う 例 こ う く り は 一 例 も な い 。 た と え 高 句 麗 の 船 が 日 本 海 横 断 に 成 功 し た と し て も 、 日 本 の 船 に そ れ が で き る と は か ぎ ら な い 。 ち ょ う て い き よ う お う き ょ ぜ っ 朝 廷 と し て は 、 饗 応 を 拒 絶 し た 以 上 、 そ の 要 求 だ け は 聞 か ね ば な ら ぬ と 思 っ て 難 波 に 命 じ た の で ち ょ う て い こ う く り あ ろ う が 、 朝 廷 と し て も 航 海 に 自 信 が あ っ て の こ と で は な い 。 ま た こ の 日 本 最 初 の 日 本 船 の 高 句 麗 A 」 こ う 渡 航 に 、 大 き な 意 味 を 見 い だ し て い た わ け で も な い 。 じ よ う き よ う な に わ か れ こ う い う 状 況 に お い て 、 難 波 が 何 か 口 実 を も う け て 帰 っ て く る の は 当 然 で あ る が 、 彼 は な り ゆ き こ ・ つ く り - 上 、 た い へ ん な 国 際 的 犯 罪 を 犯 し て し ま っ た の で あ る 。 罪 も な い 二 人 の 高 句 麗 人 の 水 夫 を 海 に 落 と し て し ま っ た の で あ る 。 な っ さ っ き か の え さ る つ い た ち き の え ね の ひ つ か ひ こ し の う み ほ と り と ま 三 年 の 夏 五 月 の 庚 申 の 朔 甲 子 に 、 高 麗 の 使 人 、 越 海 の 岸 に 泊 れ り 。 あ き ふ み づ き っ ち の と の ひ つ じ つ い た ち っ ち の え と ら の ひ つ か ひ み や こ ま ゐ ま う ま う や っ こ ら い に し と し 秋 七 月 の 己 末 の 朔 戊 寅 に 、 高 麗 の 使 人 、 京 に 人 り て 奏 し て 曰 さ く 、 「 臣 等 、 去 年 お く る つ か ひ あ ひ し た が く に ま か か へ や っ こ ら さ き や っ こ く に い た や っ こ く に す な は つ か ひ ゐ ゃ な ぞ ら 送 使 に 相 逐 ひ て 、 国 に 罷 り 帰 る 。 臣 等 、 先 に 臣 が 蕃 に 至 る 。 臣 が 蕃 、 即 ち 使 人 の 社 に 准 へ お ほ し ま の お び と い は ひ ら ゐ や ま あ へ こ ま の く に き み こ と あ っ ゐ や も ゐ や ま す ・ て お く る つ か ひ て 、 大 嶋 首 磐 日 等 を 礼 ひ 饗 た ま ふ 。 高 麗 国 の 王 、 別 に 厚 き 礼 を 以 て 礼 ふ 。 既 に し て 、 送 使 の ふ ね い ま い た か れ ま た つ つ し つ か ひ あ は せ い は ひ ら ま だ や っ か れ つ か ひ き た こ こ ろ う け 船 、 今 に 至 る ま で に 到 ら ず 。 故 、 更 謹 み て 使 人 拜 て 磐 日 等 を 遣 し て 、 臣 が 使 の 来 ら ざ る 意 を 請 た ま は す め ら み こ と き こ し め す な は な に は つ み せ の た ま み か ど あ ざ む 問 ら し む 」 と ま う す 。 天 皇 聞 し て 、 即 ち 難 波 が 罪 を 数 め て 曰 は く 、 「 朝 庭 を 欺 誑 き ま つ れ い た な に わ 184

聖徳太子Ⅰ 仏教の勝利


忘 れ ら れ た 殉 教 者 創 造 者 た ち 日 本 学 事 始 加 年 後 の 長 命 地 獄 室 日 日 本 老 残 破 局 か ら の 創 造 変 革 の 時 代 造 市 民 福 祉 の 設 計 倉 空 間 の 生 態 学 私 の 昭 和 史 「 世 界 文 化 」 の こ ろ 館 新 島 襄 の 生 涯 学 微 笑 の 構 造 レ ル ド ・ ダ ・ ヴ ィ 4 比 較 日 本 人 論 企 業 革 命 論 遍 路 ー そ の 心 と 歴 史 ー 牧 ロ 常 三 郎 価 値 創 造 者 ー の 教 育 思 想 奈 良 本 辰 也 現 代 科 学 と ヒ ュ ー マ ニ テ ィ 高 野 澄 筑 波 常 治 学 間 に 架 け る 橋 上 山 春 平 梅 原 猛 新 ・ 教 育 学 の す す め 吉 田 寿 三 郎 生 涯 教 育 論 市 川 亀 久 彌 教 育 の 散 歩 道 市 川 亀 久 彌 世 界 の 学 校 ・ 日 本 の 学 校 小 倉 寰 ニ 東 南 シ ア か ら 見 た 日 本 吉 村 元 男 古 代 日 本 の 航 海 術 に ・ メ ニ コ : フ カ 十 . や 上 ー こ 、 、 ー 」 ′ を ) か た 、 る 和 田 洋 一 紅 毛 碧 眼 日 本 談 義 ¯) ・ ・ デ ィ ヴ ィ ス 天 才 の 世 界 北 垣 宗 治 ・ 訳 田 中 英 道 続 天 才 の 世 界 千 石 敦 続 々 天 才 の 世 界 岡 本 清 一 お 茶 を 飲 み な が ら 宮 崎 忍 勝 凧 の 科 学 O ・ ・ べ セ ル 中 内 敏 夫 ・ 他 訳 桜 井 邦 朋 北 京 大 学 社 会 科 学 友 好 代 表 団 講 演 集 村 井 実 波 多 野 完 治 波 多 野 完 治 波 多 野 完 治 三 浦 朱 門 茂 在 寅 男 ラ ガ ナ の 異 色 対 談 集 湯 川 秀 樹 湯 川 秀 樹 湯 川 秀 樹 遠 藤 周 作 伊 藤 利 朗 小 村 宏 次 定 価 ( 各 ) 880 円

聖徳太子Ⅰ 仏教の勝利


こ - つ く り ・ こ ・ つ く り ・ こ の 二 回 目 の 高 句 麗 の 使 が 、 一 回 目 と ち が う の は 、 送 使 の 使 な る も の を 高 句 麗 が 要 求 し た こ と で こ う く り ・ き よ う お う あ る 。 こ の 高 句 麗 の 使 は 危 な い 困 難 な 航 海 に も か か わ ら ず 、 日 本 で は ま っ た く 饗 応 さ れ ず 、 都 へ も 人 れ ず 、 送 り 返 さ れ る が 、 送 使 の 使 を つ け る と い う 要 求 だ け は か な え ら れ た ら し い 。 こ う く り - き び の な に わ そ の 送 使 の 使 と い う も の は 、 ど う や ら 高 句 麗 ま で 送 っ て ゆ く 使 ら し い の で あ る 。 吉 備 難 波 が そ の 送 使 の 長 に 任 ぜ ら れ た 。 あ き ふ み ・ つ き き の と の う し つ い た ち の ひ こ し の う み と り な に は つ か ひ ら あ ひ は か お く る つ か ひ な に は ふ ね 秋 七 月 の 乙 丑 の 朔 に 、 越 海 の 岸 に し て 、 難 波 と 高 麗 の 使 等 と 相 議 り て 、 送 使 難 波 の 船 の も ひ と お し ま の お び と い は ひ さ を か の お び と ま せ つ か ひ ふ ね の ふ た り お く る つ か ひ ふ ね 人 大 嶋 首 磐 日 ・ 狭 丘 首 間 狭 を 以 て 、 高 麗 の 使 の 船 に 乗 ら し め 、 高 麗 の 二 人 を 以 て 、 送 使 の 船 の か く た が ひ の か だ み こ こ ろ そ な も ろ と も ふ な だ ち あ ま た さ と ば か り い た に 乗 ら し む 。 如 此 互 に 乗 ら し め て 、 の 志 に 備 ふ 。 倶 時 に 発 船 し て 、 数 里 許 に 至 る 。 お く る つ か ひ な に は す な は な み お そ と ら ふ た り う み な 送 使 難 波 、 乃 ち 波 浪 に 恐 畏 り て 、 高 麗 の 二 人 を 執 へ て 、 海 に 擲 げ 人 る 。 こ く じ よ く こ う い こ う く り ・ あ っ か こ れ は ま さ に 国 辱 的 な 行 為 で あ る 。 お そ ら く 高 句 麗 の 使 者 は 、 使 者 に た い す る 日 本 側 の 扱 い を 見 こ ・ つ く り ・ て 、 ほ ん と う に 日 本 側 の 船 が 高 句 麗 ま で 来 る の か 疑 っ た の で あ ろ う 。 そ れ で 水 先 案 内 と し て 、 二 人 こ う く り 戦 の 水 夫 を 日 本 側 に 乗 り こ ま せ 、 日 本 側 の 水 夫 二 人 を 高 句 麗 の 船 に 乗 り こ ま せ た の で あ ろ う 。 と こ ろ な に わ お き あ こ - つ く り . 宗 が で あ る 。 難 波 は 船 が 出 て 、 沖 合 い 数 里 に い た っ た と こ ろ で 、 大 き な 波 を 見 る と 高 句 麗 の 二 人 の 水 部 夫 を 海 に 投 げ 人 れ て 、 何 く わ ぬ 顔 で 帰 っ て き た の で あ る 。 は っ き き の え う ま つ い た ち ひ の と の ひ つ じ の ひ お く る つ か ひ な に は か へ ま う き か ~ り こ と ま う う み う ち く ち ら お 八 月 の 甲 午 の 朔 丁 未 に 、 送 使 難 波 、 還 り 来 て 復 命 し て 曰 さ く 、 「 海 の 裏 に 鯨 魚 大 き な 我 あ た ふ ね か ぢ さ を な に は ら い を ふ ね の お そ 蘇 る 有 り て 、 船 と 械 櫂 と を 遮 へ 囓 ふ 。 難 波 等 、 魚 の 船 呑 ま む こ と を 恐 り て 、 人 海 る こ と 得 ず 」 と す め ら み こ と き こ し め そ い つ は り こ と し つ か さ つ か く に ゆ る し つ か は 章 ま う す 。 天 皇 聞 し て 、 其 の 謾 語 を 識 る 。 官 に 駈 使 ひ て 、 国 に 放 還 さ ず 。 く じ ら か じ さ お く じ ら 第 ま っ た く と ぼ け た 話 で あ る 。 凉 、 、 、 、 魚 が て て き て 、 船 と 楫 櫂 を か ん だ 。 ひ ょ っ と し た ら 鯨 が 船 を の む か 183

聖徳太子Ⅰ 仏教の勝利


の た ま か う と と く く だ ら し ょ ぐ ん じ ち ん と う た い し ゃ う ぐ ん く だ ら わ う よ り ゅ う は ん か い ぐ わ い ま も と ほ こ う し よ く み こ と の り 詔 し て 曰 は く 、 「 行 都 督 百 済 諸 軍 事 鎮 東 大 将 軍 百 済 王 ・ 余 隆 、 藩 を 海 外 に 守 り て 、 遠 く 貢 職 を さ な ん ち ま こ と い た わ れ よ み き う し ゃ う し た が え い め い さ づ し ぢ せ つ を 脩 め 、 迺 の 誠 款 を 到 す 。 朕 、 嘉 す る あ り 。 よ ろ し く 旧 章 に 率 ひ て 、 こ の 栄 命 を 授 け 、 使 持 節 と と く く だ ら し ょ ぐ ん じ ね い と う だ い し ゃ う ぐ ん く だ ら わ う 都 督 百 済 諸 軍 事 寧 東 大 将 軍 百 済 王 た る べ し 」 と 。 く だ ら む ね い お う く だ ら 武 寧 王 は い っ た ん お と ろ え た 百 済 を 興 し 、 再 び 百 済 を 強 国 に し た と い う 強 い 誇 り を い だ い て い た り よ う か れ の で あ ろ う 。 そ し て そ れ を 、 彼 の 主 で あ る 梁 の 国 王 も 承 認 し た の で あ る 。 か ん こ く く だ ら ゅ う し ん そ う さ ん り 昭 和 二 十 五 年 、 韓 国 の 忠 清 南 道 の 公 州 、 当 時 の 百 済 の 首 都 が あ っ た 熊 津 の 北 西 方 、 宋 山 里 と い う り よ う り よ う し よ じ よ り よ う む ね い お う は つ く っ と う く っ と こ ろ で 武 寧 王 の 陵 が 見 つ か り 発 掘 さ れ た 。 陵 は ま っ た く 盗 掘 さ れ た こ と の な い 処 女 陵 で 、 そ の 中 お う ひ か ん し よ く ね い と う だ い し ゃ う ぐ ん く だ ら し ま わ う か ら 王 お よ び 王 妃 の 金 の 冠 飾 、 銅 の 鏡 な ど 、 す ば ら し い 遺 物 が 見 つ か り 、 「 寧 東 大 将 軍 百 済 斯 麻 王 、 年 六 十 一 一 歳 、 癸 卯 年 五 月 丙 戌 朔 む ・ 辰 0 崩 、 ・ : 」 と い う 文 字 の 刻 ま れ た 誌 石 が 見 つ か っ た 。 む ね い お う り よ う ぶ て い た ま わ ね い と う だ い し よ う ぐ ん ふ く そ う ひ ん り よ う せ い え 武 寧 王 は 梁 の 武 帝 に 賜 っ た 寧 東 大 将 軍 と い う 称 号 を 誇 り に し て い た わ け で あ る 。 副 葬 品 に も 梁 製 し ま お う か れ に り む し ま の の も の が 多 か っ た 。 こ こ で 斯 麻 王 と い う 名 は 、 日 本 書 紀 の 彼 が 日 本 の 主 島 で 生 ま れ た と い う 伝 承 を か ん こ く む ね い お う 興 思 い 起 こ さ せ る 。 昨 年 私 は は じ め て 韓 国 へ 行 き 、 こ の 武 寧 王 の 墓 と そ の 遺 物 の 保 存 し て あ る 公 州 博 か れ 国 物 館 を 見 た が 、 そ れ は 予 想 以 上 に す ば ら し か っ た 。 と く に 興 味 深 か っ た の は 、 彼 の 墓 に す で に 仏 教 」 」 す う は い は す 崇 拝 を 現 す 蓮 の 花 の 模 様 が あ っ た こ と と 、 晩 年 、 遊 興 に ふ け っ た と い う 伝 説 を う ら づ け る か の よ う 教 ま く ら さ か ず き か れ か れ き さ き 仏 に 、 徳 利 と 盃 が 彼 の 墓 の 枕 の 下 に あ っ た こ と で あ る 。 彼 は 妃 と と も に 葬 ら れ た が 、 こ の 妃 は 、 そ の か れ き よ う ら く お 一 一 歯 か ら み て 、 三 十 代 で あ る と い う 。 彼 は 晩 年 、 酒 と 女 色 に 溺 れ 、 死 後 も そ う い う 享 楽 に ふ け り た い 第 と 思 っ た の で あ ろ う か う む こ 135

聖徳太子Ⅰ 仏教の勝利


み な づ き し ら き っ か ひ ま だ み つ き た て ま っ に ヘ さ つ ね あ と ま さ あ は せ た た ら わ だ 六 月 に 、 新 羅 、 使 を 遣 し て 調 進 る 。 多 に 常 の 例 に 益 る 。 井 て 多 多 羅 ・ 須 奈 羅 ・ 和 陀 ・ 発 く ゐ よ む ら み つ き た て ま っ 鬼 、 四 つ の 邑 の 調 を 進 る 。 び だ っ ふ ゅ し も っ き か の え う ま つ い た ち の ひ く だ ら の く に こ き し か へ る つ か ひ お ほ わ け の お ほ き み ら き ゃ う ろ ん そ ( 敏 達 六 年 ) 冬 十 一 月 の 庚 午 の 朔 に 、 百 済 国 の 王 、 還 使 大 別 王 等 に 付 け て 、 経 論 若 こ ば く あ は せ り つ し ぜ ん じ び く に じ ゅ こ む の は か せ と け つ く る た く み て ら っ く る た く み む ゆ た り た て ま っ つ ひ な に け 干 巻 、 井 て 律 師 ・ 禅 師 ・ 比 丘 尼 ・ 呪 禁 師 ・ 造 仏 エ ・ 造 寺 工 、 六 人 を 献 る 。 遂 に 難 波 の お わ け の お ほ き み て ら は ペ 大 別 王 の 寺 に 安 置 ら し む び だ っ ふ ゆ か む な づ き し ら き き し さ な ま ま た み つ き た て ま っ あ は せ ほ と け の み か た た て ま っ ( 敏 達 ) 八 年 の 冬 十 月 に 、 新 羅 、 枳 叱 政 奈 末 を 遣 し て 調 進 り 、 抃 て 仏 像 を 送 る 。 び だ っ な つ み な ・ つ き し ら き あ と な ま し せ う な ま ま だ を さ み つ き た て ま っ ( 敏 達 ) 九 年 の 夏 六 月 に 、 新 羅 、 安 刀 奈 末 ・ 失 消 奈 末 を 遣 し て 調 進 る 。 納 め た ま は ず し て か へ し つ か は び だ っ ふ ゆ か む な づ き し ら き あ と な ま し せ う な ま ま だ み つ き た て ま っ ( 敏 達 ) 十 一 年 の 冬 十 月 に 、 新 羅 、 安 刀 奈 末 ・ 失 消 奈 末 を 遣 し て 、 調 進 る 。 納 め た ま は ず か 、 し つ か は し て 還 す 。 い け う ち ひ ろ し 日 本 書 紀 に 書 か れ る こ れ ら の 記 事 が 全 部 事 実 で あ っ た か ど う か わ か ら な い 。 池 内 宏 氏 の い う よ う し ん ぎ 戦 に 、 事 実 と フ ィ ク シ ョ ン と を は っ き り 区 別 す る 必 要 が あ ろ う 。 し か し そ の 真 偽 を 明 ら か に す る の は さ く ご 宗 容 易 で は な い 。 九 年 と 十 一 年 に ま っ た く 同 じ 記 事 が あ る 。 錯 誤 と も 考 え ら れ る が 、 こ こ で は 、 い ち し ら ぎ 部 お う 日 本 書 紀 の 本 文 を 信 じ て 、 二 度 に わ た っ て 新 羅 の 使 が 来 朝 し た と 考 え よ う 。 こ の 記 事 を 見 て は び だ っ ち ょ う て い き ん め い い な め つ き り わ か る こ と は 、 敏 達 外 交 は 、 前 の 朝 廷 の 欽 明 稲 目 外 交 と 、 外 交 方 針 が ち が っ て い る と い 蘇 う こ と で あ る 。 し ら ぎ く だ ら び だ っ く だ ら し ら ぎ 章 こ こ で 対 新 羅 外 交 は 六 件 で あ り 、 対 百 済 外 交 は 三 件 で あ る 。 つ ま り 敏 達 朝 で は 、 百 済 よ り 新 羅 と % き ん み つ く た ら い つ べ ん と う き ん め い い な め 第 の ほ う が 、 外 交 関 係 が 緊 密 な の で あ る 。 こ れ は ほ と ん ど 百 済 一 辺 倒 の 欽 明 稲 目 外 交 と ま っ た く 0 す な ら を さ ち

聖徳太子Ⅰ 仏教の勝利


守 屋 の 敗 北 と 巧 妙 な 馬 子 の 戦 後 処 理 人 間 を 描 く 日 本 書 紀 八 尾 に 残 る 物 部 氏 の 遺 跡 崇 峻 帝 の 誕 生 と 法 興 寺 の 建 立 崇 峻 四 年 は 法 興 元 年 高 句 麗 の 援 助 で つ く ら れ た 法 興 寺 任 那 回 復 の 詔 勅 と 筑 紫 出 兵 の 意 味 六 世 紀 末 の 高 句 麗 の 立 場 隋 帝 国 誕 生 の 波 紋 隋 帝 国 を め ぐ る 東 ア ジ ア の 情 勢 六 世 紀 末 の 朝 鮮 半 島 隋 が 責 め る 高 句 麗 ・ 四 つ の 大 罪 高 句 麗 か ら の 出 兵 要 請 と 馬 子 の 計 算 装 幀 坂 野 豊 表 紙 カ ・ ハ 三 00 三 0 四 一 一 三 四 三 四 七 三 五 四 飛 鳥 寺 釈 迦 如 来 座 像 人 江 泰 吉 撮 影