検索 - みる会図書館

検索対象: パニック・裸の王様 (新潮文庫)

パニック・裸の王様 (新潮文庫)から 179件ヒットしました。

パニック・裸の王様 (新潮文庫)


新 潮 文 庫 健 著 ッ ク ・ 裸 の 王 様 リ 目 新 潮 社 リ 94 版

パニック・裸の王様 (新潮文庫)


当 , 、 , 、 , 、 , 、 新 潮 文 庫 開 高 健 の 作 品 ッ ク ・ 裸 の 王 様 日 文 オ ペ ラ ン ソ ン の 末 裔 ロ フ ィ ツ 、 ノ ュ ・ 新 し い 天 体 開 地 球 グ ラ ス の ふ ち を 回 る た ち 輝 け る 夏 開 対 談 、 酉 に つ い て ( 吉 行 淳 之 介 共 著 ) 食 卓 は 笑 う ワ ン 手 帖 ( 監 修 ) 街 に 彦 ぐ あ っ た 頃 ( 吉 行 淳 之 介 共 著 ) 破 れ た 繭 耳 の 物 語 陽 炎 耳 の 物 語 * * 閉 影 の カ バ ー 印 刷 錦 明 印 刷

パニック・裸の王様 (新潮文庫)


2 は だ か お う さ ま パ ニ ッ ク ・ 裸 の 王 様 新 潮 文 庫 カ 昭 和 三 十 五 年 六 月 二 十 五 日 発 行 昭 和 六 十 二 年 五 月 二 十 日 四 十 五 刷 改 版 平 成 三 年 五 月 十 五 日 五 十 三 刷 会 こ う た け し 著 者 高 健 株 ね c-' 製 4 2 ノ 発 行 者 佐 藤 亮 一 本 株 式 発 行 所 新 潮 社 会 社 社 6 1 郵 便 番 号 東 京 都 新 宿 区 矢 来 町 七 一 金 O 業 務 部 ( 〇 三 ) 三 一 一 六 六 ー 五 一 一 一 会 1 電 話 編 集 部 ( 〇 三 ) 三 一 一 六 六 ー 五 四 四 〇 式 ⅷ - 振 替 東 京 四 ー 八 〇 八 番 株 4 ⑥ m 価 格 は カ バ ー に 表 示 し て あ り ま す 。 乱 丁 ・ 落 丁 本 は 、 ご 面 倒 で す が 小 社 通 信 係 宛 ご 送 付 く だ さ い 。 送 料 小 社 負 担 に て お 取 替 え い た し ま す 。

パニック・裸の王様 (新潮文庫)


文 字 づ か い に つ い て 新 潮 文 庫 の 日 本 文 学 の 文 字 表 記 に つ い て は 、 原 文 を 尊 重 す る と い う 見 地 に 立 ち 、 次 の よ う に 方 針 を 定 め た 。 一 、 ロ 語 文 の 作 品 は 、 旧 仮 名 づ か い で 書 か れ て い る も の は 新 仮 名 づ か い に 改 め る 。 二 、 文 語 文 の 作 品 は 旧 仮 名 づ か い の ま ま と す る 。 三 、 常 用 漢 字 表 、 人 名 用 漢 字 別 表 に 掲 げ ら れ て い る 漢 字 は 、 原 則 と し て 新 字 体 を 使 用 す る 。 四 、 年 少 の 読 者 を も 考 慮 し 、 難 読 と 思 わ れ る 漢 字 や 固 有 名 詞 ・ 専 門 語 等 に は な る べ く 振 仮 名 を つ け る 。

パニック・裸の王様 (新潮文庫)


ち ゅ う せ ん れ る う え さ ら に 抽 籤 で 末 等 一 〇 〇 〇 円 か ら 特 等 一 〇 万 円 ま で の 賞 金 が 当 る の だ 。 セ ー ル ス ・ マ ン た ち は 連 日 連 夜 哀 訴 に 狂 奔 し た 。 彼 ら は 利 潤 を 増 し 、 リ べ ー ト を 提 供 し 、 賞 金 を ち ら っ か せ る だ け で は 満 足 で き ず 、 問 屋 と 小 売 店 の 店 主 を か た つ ば し か ら 温 泉 に 招 待 し た の だ 。 サ あ た み ム ソ ン は 北 海 道 に 走 り 、 ヘ ル ク レ ス は 熱 海 で お ば れ た 。 酒 が そ そ が れ 、 女 が 踊 っ た 。 し か し こ の 表 面 的 な 陽 気 さ に も か か わ ら す 八 月 に 入 る と 不 穏 な 情 報 が 流 れ は じ め た 。 中 小 メ ー カ ー が 倒 産 し は じ め た の で あ る 。 彼 ら に は 懸 賞 を つ け た り 報 奨 金 を 増 し た り 問 屋 を 招 待 し た り す る 力 が な か っ た 。 し か も 商 品 は お な じ キ ャ ラ メ ル で あ る 。 問 屋 は 滞 貨 を 口 実 に 彼 ら 王 の 品 を こ ば ん だ 。 窮 迫 し た 彼 ら は 一 箱 で も 現 金 に か え た い 焦 躁 か ら 建 値 を 崩 し て ま で 哀 訴 し 裸 た 。 夏 枯 れ の 資 金 難 は 深 刻 で あ っ た 。 彼 ら は 息 を つ こ う と し て 口 を あ け た は ず み に お ば れ て ク し ま っ た の だ 一 軒 が 値 を 崩 す と た ち ま ち ニ ュ ー ス は 波 及 し 、 問 屋 は か た つ ば し か ら 中 小 た た 」 メ ー カ ー を 叩 い た 。 乱 売 、 値 崩 れ 、 倒 産 が 全 国 に 野 火 の よ う に ひ ろ が り 、 私 た ち は 新 聞 の 自 ノ 殺 者 名 の な か に 幾 人 か の 小 工 場 経 営 者 の 名 を 読 む よ う に な っ た 。 こ れ は 欲 望 の 限 定 さ れ た 、 底 の 浅 い 市 場 で 起 る 悲 劇 だ っ た 。 か ぎ ら れ た 面 積 の な か で の 陣 取 ご っ こ だ っ た 。 い い か え れ ス ペ ー ス ・ ヘ ル メ ッ ト ば 宇 宙 帽 が 彼 ら を 窒 息 さ せ 、 ポ ケ ッ ト 猿 が 彼 ら の 動 脈 に 歯 を た て た の だ 。 し れ つ セ ー ル ス ・ マ ン た ち は も う 拍 手 し な か っ た 。 い ぜ ん と し て 招 待 合 戦 は 熾 烈 に つ づ け ら れ た が 、 そ れ は 熱 い 鉄 板 の う え で 踊 る 猫 の よ う な も の だ っ た 。 酒 は に が く な り 、 狂 騒 は 苦 痛 と な か ん っ , 」 0 、 し ナ ′ ・ - 刀 ノ 亠 〔 店 の 押 入 れ に は 缶 と 箱 が 山 積 み に さ れ 、 問 屋 の 倉 庫 は 床 が 見 え な く な っ た 。 そ し て 、 や が て 値 崩 れ の 兆 候 は メ ー カ ー 品 に も あ ら わ れ だ し た 。 あ ち ら こ ち ら の 小 売 店 が 金 に か 118

パニック・裸の王様 (新潮文庫)


ク き び す ど て 農 学 者 は だ ま っ て 肩 を す く め る と 踵 を か え し 、 湖 岸 の 土 堤 に 待 た せ て あ っ た 自 動 車 の 方 へ 草 む ら を 去 っ て い っ た 。 俊 介 は そ の あ と を 追 っ た 。 沖 の 方 で は し き り に 小 さ な 悲 鳴 が 聞 え た 。 帰 り の 自 動 車 で は 、 俊 介 は 運 転 手 か ら 毛 布 を 借 り て 眠 っ た 。 眼 が さ め る と い つ の 間 に か 車 あ さ ひ は 高 原 を お り て 田 ん ば の な か の 街 道 を 走 っ て い た 。 軽 金 属 の よ う な 朝 陽 が 林 や 畑 の う え に 輝 い て い た 。 そ れ を 見 て 俊 介 は 、 新 鮮 な 経 験 、 新 鮮 な エ ネ ル ギ ー が 体 を 通 過 し た あ と で き ま っ て 味 わ う 虚 脱 感 を お ば え た 。 な に げ な く 窓 の 外 を 眺 め た 彼 は 、 街 道 を 一 匹 の 猫 が 歩 い て い る の ら ね こ の を 発 見 し た 。 や せ て 、 よ ご れ た 野 良 猫 で あ る 。 車 の 音 が し て も お ど ろ か ず 、 ち ら り と ふ り か え っ た だ け で 、 そ の ま ま 道 の は し を 町 の 方 向 に む か っ て ゆ っ く り と 歩 き つ づ け た 。 皮 肉 な 終 末 だ と 俊 介 は 思 っ た 。 あ る わ び し さ の ま じ っ た 満 足 感 の な か で 彼 は 猫 に む か っ て つ ぶ や い 」 0 「 や つ ば り 人 間 の 群 れ に も ど る よ り し か た な い じ ゃ な い か 」 ( 「 新 日 本 文 学 」 昭 和 三 十 一 一 年 八 月 号 ) ね こ

パニック・裸の王様 (新潮文庫)


開 高 健 著 大 阪 旧 陸 軍 工 廠 跡 に 放 置 さ れ た 莫 大 な 鉄 材 に 開 高 健 著 日 本 一 二 文 オ ペ ラ 目 を つ け た バ タ ヤ 集 団 「 ア パ ッ チ 族 」 の 勇 猛 果 敢 な 大 攻 撃 ! 雄 大 な ス ケ ー ル で 描 く 快 作 。 北 海 道 に 入 植 し た 開 拓 部 落 の 人 々 と 自 然 と の 開 高 健 著 ロ ビ ン ソ ン の 末 衣 冏 苛 酷 な 闘 い の 日 々 。 " 食 べ る ~ こ と に 翻 弄 さ れ る 人 間 の 驚 く べ き エ ネ ル ギ ー の 放 出 を 描 く 。 ア ラ ス カ で の キ ン グ ・ サ ー モ ン と の 壮 烈 な 闘 い を ふ り だ し に 、 世 界 各 地 の 海 と 川 と 湖 に 糸 開 高 健 著 フ ィ ッ シ ュ ・ オ ン を 垂 れ る 世 界 釣 り 歩 き 。 カ ラ ー 写 真 多 数 収 録 。 新 し い 御 馳 走 の 発 見 は ″ 天 体 の 発 見 ″ 以 上 の 開 高 健 著 新 し い 天 体 も の ー ー 官 僚 主 義 、 の 痛 烈 な 諷 刺 を 軸 に 、 瞬 時 に 消 え 去 る 美 味 の 本 質 を 捉 え た 食 味 小 説 。 食 物 、 政 治 、 文 学 、 釣 り 、 酒 、 人 生 、 読 書 : ・ 開 高 健 著 毒 ロ 閉 ロ 豊 か な 想 像 力 を 駆 使 し 、 時 に は 辛 辣 な 諷 刺 を ま じ え 、 名 文 で 読 者 を 魅 了 す る の エ ッ セ ー 酒 ・ 食 ・ 釣 ・ 旅 。 ー ー 無 類 に 豊 饒 で 、 限 り な 地 球 は グ ラ ス の く 奥 深 い 〈 快 楽 〉 の 世 界 。 長 年 に わ た る 飽 く ふ ち を 回 る な き 探 求 か ら 生 ま れ た 極 上 の エ ッ セ イ 四 編 。

パニック・裸の王様 (新潮文庫)


く は 自 分 に む か っ て 肉 薄 の 姿 勢 を と っ た 重 い 体 を い く つ も ひ し ひ し 感 じ た 。 誰 か が 声 を だ せ ば ば く は た ち ま ち 告 発 の 衝 動 に 走 っ た だ ろ う 。 ぼ く は か っ て そ の と き ほ ど 濃 密 な 感 情 で 太 郎 を 愛 し た こ と は な か っ た 。 審 査 員 た ち は 息 苦 し い 沈 黙 の な か で た が い に 顔 を み あ わ せ 、 山 口 を み た 。 彼 は さ き ほ ど の は げ し い ま な ざ し を 失 っ て 肩 を お と し 、 み す ぼ ら し げ に 髪 を か き あ げ た 。 壇 上 か ら 審 査 員 を げ ん き 侮 蔑 し 、 画 家 を の の し っ た 自 信 と 衒 気 は も う ど こ に も な か っ た 。 彼 は 細 い 首 で 大 き な 頭 を 支 え た 、 み じ め な ひ と り の 青 年 に す ぎ な か っ た 。 す で に 彼 は 画 家 で も な く 教 師 で す ら な か っ た 。 様 彼 は 苦 痛 に 光 っ た 眼 で ば く を み る と 、 な に か い お う と し て 口 を ひ ら い た が 、 言 葉 に は な ら な 王 か っ た 。 の 緊 張 は す ぐ と け た 。 審 査 員 た ち は 山 口 を 見 放 し た 。 彼 ら は そ っ と 背 を む け 、 ひ と り 、 ふ た り と 礼 儀 正 し く 壇 を お り て い っ た 。 画 家 は ハ ン カ チ で ひ っ き り な し に 顔 を ぬ ぐ い 、 教 育 評 論 ね こ ぜ 家 は つ ん と 澄 ま し 、 指 導 主 事 は 世 慣 れ た 猫 背 で 、 そ れ ぞ れ 大 田 氏 に か る く 目 礼 し な が ら 去 っ て い っ た 。 大 田 氏 は な に も 知 ら ず に い ち い ち て い ね い に 頭 を さ げ 、 満 足 げ に 微 笑 し て 全 員 が 立 去 る の を 見 送 っ た 。 は げ し い 贈 悪 が 笑 い の 衝 動 に か わ る の を ば く は と め る こ と が で き な か っ た 。 窓 か ら 流 れ こ こ う し よ う む 斜 光 線 の 明 る い / 丿 ー の な か で ば く は ふ た た び 腹 を か か え て 哄 笑 し た 。 ( 「 文 學 界 」 昭 和 三 十 一 一 年 十 二 月 号 ) 209

パニック・裸の王様 (新潮文庫)


「 ス ル メ だ よ 。 ミ ミ ズ も い い け れ ど 、 ス ル メ な ら 一 本 で 何 匹 も 釣 れ る 」 「 へ え 。 い ち い ち と り か え な く っ て い い ん だ ね ? 「 う ん 」 「 妙 だ な あ 」 ば く は タ バ コ を 口 か ら は な し た 。 「 だ っ て 君 、 ス ル メ は イ カ だ ろ う 。 イ カ は 海 の 魚 だ ね 。 す る と 、 つ ま り 、 川 の 魚 が 海 の 魚 を 食 う ん だ ね ? : 様 し っ て か ら 、 し ま っ た と ば く は 思 っ た 。 こ の 理 屈 は に が い 潮 だ 。 貝 は 蓋 を 閉 じ て し ま う 。 王 や り な お し だ と 思 っ て 体 を 起 し か け る と 、 そ れ よ り さ き に 太 郎 が い っ た 。 の 「 エ ビ ガ ニ は ね 」 彼 は せ き こ ん で 早 口 に い っ た 。 「 エ ビ ガ ニ は ね 、 ス ル メ の 匂 い が 好 き な ん だ よ 。 だ っ て 、 ぼ く 、 も う せ ん に 田 舎 で は そ う や っ て た ん だ も の 」 ひ と み 太 郎 の 明 る い 薄 茶 色 の 瞳 に は 、 は っ き り そ れ と わ か る 抗 議 の 表 情 が あ っ た 。 ぼ く は 鍵 が は ま っ て カ チ ン と 音 を た て る の を 聞 い た よ う な 気 が し た 。 こ れ は 新 発 見 で あ っ た 。 大 田 夫 人 か ら も 山 口 か ら も ば く は 太 郎 が 田 舎 に い た こ と が あ る な ど と は 一 言 も 教 え ら れ て い な か っ た 。 大 田 夫 人 が 後 妻 だ と い う こ と を 聞 い て も 、 ず っ と ぼ く は 太 郎 が 都 会 育 ち だ と 思 い こ ん で い た の だ 。 た し か に 荒 蕪 地 は ア ス フ ァ ル ト で 固 め ら れ て い ふ た

パニック・裸の王様 (新潮文庫)


名 作 を 耳 て 読 む ー カ セ ッ ト ブ ッ ク 新 し い 読 の ス タ イ ル 開 高 健 り べ 怪 玉 ろ 髟 ナ 戦 ち よ の よ り 戦 同 ま を 時 た 結 収 、 品 付 録 著 さ 。 者 せ る 編 朗 学 八 ロ ロ 1 カ セ ッ ト 〕 分 の カ セ ッ ト 歩 く 影 た ち ノ ヾ 中 本 、 也 新 潮 社 版