検索 - みる会図書館

検索対象: 海猫〈上〉 (新潮文庫)

海猫〈上〉 (新潮文庫)から 286件ヒットしました。

海猫〈上〉 (新潮文庫)


新 海 上 潮 文 庫 巻 谷 村 志 穂 著 新 0 潮 社 乃 巧 版

海猫〈上〉 (新潮文庫)


海 猫 上 巻

海猫〈上〉 (新潮文庫)


上 こ 井 田 海 新 潮 文 庫 た - 79 - 1 0 平 成 十 六 年 九 月 一 日 発 行 平 成 十 六 年 十 月 五 日 四 刷 9 む ら ↓ ↑ 著 者 谷 発 行 者 佐 藤 隆 信 藤 皿 本 発 行 所 株 試 新 潮 土 製 社 会 郵 便 番 号 東 京 都 新 宿 区 矢 来 町 七 一 株 卩 編 集 部 ( 〇 一 一 l) 三 二 六 六 ー 五 四 四 〇 電 話 晃 読 者 係 ( 〇 一 一 l) 三 二 六 六 ー 五 一 一 一 4 http://www.shinchosha.co.jp 価 格 は カ バ ー に 表 一 小 し て あ り ま す 。 乱 丁 ・ 落 丁 本 は 、 ご 面 倒 で す が 小 社 読 者 係 宛 ご 送 付 く だ さ い 。 送 料 小 社 負 担 に て お 取 替 え い た し ま す 。 た に し

海猫〈上〉 (新潮文庫)


う に 目 を け さ い っ て い う ん だ 。 両 手 を 出 し て 海 猫 の 目 を 俺 に け せ っ て 」 波 音 と 海 猫 の 声 が 、 孝 志 の 耳 に 響 い て い た 。 ま だ 幼 い 広 次 が 、 あ の 光 の 少 な い 台 所 で 鵐 の 目 を 無 心 に せ が む 様 子 が 想 像 で き る よ う な 気 が し た 。 「 目 な ん か 血 ま み れ で さ 、 広 次 は そ れ を 海 に 持 っ て い っ て 、 洗 う ん だ 。 そ れ で ど こ に 集 め る ん だ か 、 考 え た ら お っ か ね え べ 孝 志 は 様 子 も 想 像 し て み る 。 い や 、 広 次 の 像 は 遠 く か す か に 浮 か ん で く る だ け だ っ た 愛 が 、 む し ろ 見 た わ け で も な い の に 、 そ ん な 広 次 を 作 業 場 の 陰 か ら の ぞ く 邦 一 の 姿 が く っ の き り 現 れ て く る 。 雪 白 「 こ め え と き は 誰 で も 、 変 な も ん が 欲 し い も ん だ と 思 う よ : 章 と 、 孝 志 は 言 い か け 、 同 時 に ふ と 広 次 が 描 い て い た あ の 油 絵 の こ と が 気 に な っ た 。 第 あ れ は 姉 で は な か っ た の か 。 間 違 い な く 姉 だ っ た 。 白 い 角 隠 し で は な く 、 白 い レ 1 ス の べ ー ル を か ぶ っ た 、 目 だ け が 光 る 女 の 顔 だ っ た 。 一 日 浜 で 、 潮 風 に 吹 か れ て 作 業 を し て い る と 、 日 暮 れ と と も に 睡 魔 に 襲 わ れ る 。 ま く ら あ ご 孝 志 は 、 自 分 用 に 用 意 さ れ た 布 団 の 上 で 丹 前 を 羽 織 る と 、 枕 に 顎 を の せ て 手 紙 を 書 い 125 ふ と ん

海猫〈上〉 (新潮文庫)


猫 う た 一 つ 唄 い ま し ョ 塩 辛 声 で 声 の 悪 い の は 両 親 譲 り ゆ え 文 句 知 ら ぬ は 師 匠 な き 故 よ オ 工 ャ 1 献 上 な さ れ し 尾 札 部 昆 布 日 本 一 ョ と 折 紙 つ い て う た 後 の 世 ま で も 謡 わ れ ま す る オ 工 ャ ー 海 七 月 土 用 に ア ラ 入 る な ら 朝 に カ モ メ が 飛 び 立 っ 頃 に 浜 の 娘 た ち ア お い で と 招 ぐ 「 今 年 は い い 昆 布 だ よ 。 肉 厚 で 、 よ く ぬ め っ て る も な 」 ど の 家 で も 同 時 に 始 ま っ た 作 業 に 、 南 茅 部 の 浜 一 帯 は 一 日 に し て 緑 に 染 ま っ た よ う だ っ た 。 昆 布 が 日 の 光 を 照 り 返 し 、 て ら っ と 反 射 し て い る 。 あ ち こ ち の 浜 か ら 、 歓 声 が 聞 110 お さ つ べ

海猫〈上〉 (新潮文庫)


「 よ う く 獲 っ た な 。 え れ え え れ え 。 こ ん な こ ま い う ち か ら 蛸 獲 れ る っ て い う の は 、 大 し た も ん だ よ : ・ ・ : 」 薫 は 聞 こ え て き た そ の 声 に く す っ と 笑 い 、 ふ た た び 浜 で 全 裸 で 泳 ぐ 日 に 焼 け た 子 供 た ち を 見 た 。 男 も 女 も な く 素 っ 裸 で 、 水 面 に 飛 び 上 が っ た り 、 あ つ ぶ あ つ ぶ と 呼 吸 す る 姿 は 、 い か に も 浜 の 子 供 た ち だ っ た 。 邦 一 も 、 き っ と そ う し て 育 っ た の だ ろ う 。 義 母 の み さ 子 も 、 蛸 を 獲 る の は う ま い も の だ っ た 。 昆 布 干 し が 終 わ り 、 ち ょ っ と 時 間 に 空 き が で き る と 、 義 母 は 下 着 姿 で 、 庭 の キ ュ ウ リ で も 摘 み に 行 く か の よ う に 海 へ 入 っ て い っ た 。 蛸 や 雲 丹 や 、 様 々 な も の を 獲 っ て き て 、 夕 食 に 並 べ る の だ 。 薫 は 、 ま だ こ の 海 に 体 を 沈 め て い な い だ が こ う し て 風 を 浴 び 、 潮 を 呼 吸 し て い る こ と で 、 少 し ず つ こ の 海 に 馴 染 ん で い る の 海 を 感 じ る 。 今 年 は 豊 漁 だ っ た と 、 昨 夜 は 、 邦 一 か ら 聞 か さ れ た 。 明 り を 消 し て 、 一 つ 布 団 に 入 ろ う と し て い た と き の こ と だ っ た 。 「 漁 の 間 は 気 が 立 っ て い て 、 驚 い た か も し ら ね 。 ん だ は 、 も し 今 年 、 こ れ で 漁 が 悪 い と 新 し く 入 っ て き た お 前 が 何 言 わ れ る か わ か ら ね 。 そ れ で 今 年 は 俺 、 絶 対 に 負 け ら れ ね え と 思 っ た か ら 」 邦 一 は そ う 言 い 、 薫 の 隣 で 煙 草 に 火 を つ け る と 、 甘 え た よ う な 表 情 を 浮 か べ た 。 そ し 猫 ふ と ん

海猫〈上〉 (新潮文庫)


「 や け に 悲 し そ う な の ね 」 あ き 「 別 に 悲 し く な ん て な い さ 。 俺 は た だ 、 呆 れ て ん だ 自 分 自 身 に さ 」 め じ り し わ 女 は 目 尻 に 皺 を 寄 せ て 笑 っ て い る 。 年 の 頃 な ら 、 四 十 く ら い な の だ ろ う か 。 黒 い ワ ニ 革 の 豪 勢 な バ ッ グ を 腕 か ら 下 げ て い た 。 「 あ ん た も 一 人 ? 孝 志 は 訊 く 。 年 上 の 女 の 扱 い な ら 慣 れ て い る 。 母 に し ろ 、 姉 に し ろ し よ せ ん は 女 な の 猫 だ と 、 い つ も 思 わ さ れ て き た か ら だ 。 「 見 て ご ら ん な さ い 、 今 日 は 星 が あ ん な に き れ い よ 」 女 は 夜 の 空 を 指 す 。 船 か ら 見 る 星 空 は 、 海 と つ な が っ て ド ー ム の よ う に 見 え る 。 す べ て が 暗 黒 の な か に あ り 、 星 と 、 進 ん で い く 船 の 明 り だ け が 輝 い て い る の だ 。 海 「 こ れ で こ ん な に 揺 れ な き や 、 こ の 船 も 最 高 な ん だ け ど 、 い や ね 」 「 人 を 乗 せ す ぎ だ よ 。 俺 は 吐 い ち ま い そ う だ っ け 。 も っ と も ろ く な も ん 喰 っ て も ね え ん だ け ど さ 」 「 フ フ つ 。 若 い っ て い い わ ね 」 「 よ く な い よ 、 最 悪 さ 」 「 い い わ よ 、 そ の と き に は 気 が っ か な い だ け 。 ね え 、 こ こ に ず っ と い ち ゃ 潮 水 で び し ょ 濡 れ よ 」

海猫〈上〉 (新潮文庫)


ポ ス ト ン バ ッ グ を 下 げ た 男 が 、 バ ス か ら 降 り て 不 安 気 に 辺 り を 見 渡 し た 。 「 お ー い 、 薫 ー 」 明 る い 声 が 響 い た 「 孝 志 ! 」 「 俺 さ 、 も う 来 ち ま っ た わ 。 新 聞 で 、 今 日 か ら 解 禁 だ っ て 読 ん だ か ら 」 薫 は よ ろ よ ろ っ と 立 ち 上 が る と 、 石 だ ら け の 道 を 渡 っ て 、 孝 志 に 駆 け よ っ た 。 猫 「 孝 志 、 あ た し 、 全 然 船 に 慣 れ な く て 。 ど う し た ら い い か と 思 っ て 」 「 や つ ば り だ 」 と 、 孝 志 は 高 い 声 で 笑 っ た 。 笑 い 始 め た ら 興 に の っ た よ う に 、 腹 を 抱 え て く く く っ と 笑 っ た 。 海 「 だ と 思 っ て は 、 ち ゃ ん と 持 っ て き て や っ た か ら 、 大 丈 夫 だ 。 漁 師 の 家 に は 秘 密 に せ ね し か ば 叱 ら れ る だ ろ う け ど 、 函 館 の 薬 局 で 酔 い 止 め 買 っ て き た か ら 」 孝 志 は 薫 の 耳 元 で そ う 言 っ て 、 髪 を 撫 で た 。 薫 は 目 を つ む る と 気 持 ち よ さ そ う に 、 深 呼 吸 し た 。 水 の 中 で 、 自 由 に 息 を し た 魚 の よ う に 感 じ ら れ た 。 112

海猫〈上〉 (新潮文庫)


海 「 姉 さ ん た ち も 、 お 疲 れ だ っ け ね ? 」 声 を か け る と 、 女 た ち も 一 瞬 華 や い だ よ う に な っ た 。 ま ん じ ゅ う 「 あ ら 弟 さ ん 、 帰 っ ち ま う の ? こ っ ち じ や 今 か ら 祝 い の 饅 頭 さ ん 、 ご ち そ う に な ろ う っ て 思 っ て る ん だ 。 呼 ば れ ね え が ? 」 「 甘 い も ん は 、 女 の 人 た ち の 楽 し み だ っ か ら 、 俺 は 外 で ゆ っ く り 一 服 し て く つ け 」 孝 志 は そ の ま ま 玄 関 で 靴 を は く と 、 外 に 出 た 。 肺 に 冷 た い 空 気 が 流 れ 込 ん で く る 。 一 猫 気 に 全 身 が 冷 や さ れ 、 縮 み 上 が る よ う な 震 え が 走 る の が 、 北 国 の 冬 だ 。 見 上 げ る と 、 藍 色 の 空 か ら 柔 ら か い 雪 が 落 ち 始 め て い た 。 少 し 歩 い て い く と 、 新 雪 を 踏 み し め る 音 が し て 、 そ の 音 を 懐 か し い と 思 っ た 。 子 供 の 頃 は 冬 の た び に 薫 と 、 新 雪 の 上 を 走 り 回 っ た も の だ 。 二 人 は 幼 い 頃 か ら 、 よ く 似 た 姉 弟 だ と 言 わ れ た が 、 そ れ は 本 人 た ち が 一 番 よ く 知 っ て い る こ と だ っ た 。 皮 膚 の 色 も 、 目 の 色 も 同 じ よ う に 淡 く 、 ど こ か 冷 た そ う に 見 え る 。 一 一 人 で い る と 、 そ れ を 確 認 し あ う よ う で 息 苦 し く も あ っ た 。 「 孝 志 、 姉 さ ん が 漁 師 の 家 に 来 る な ん て ね 。 あ ん た の 方 が ず っ と 海 が 好 き だ っ た の に 」 振 り 向 く と 、 花 嫁 衣 装 を 着 た ま ま の 薫 が 玄 関 の 灯 り の 下 に 立 っ て い た 。 孝 志 は 、 少 し 驚 い た 。 「 私 は 泳 げ も し な い の に 」 い ろ な っ

海猫〈上〉 (新潮文庫)


は 田 5 っ た が 、 ふ と 赤 い 郵 便 ポ ス ト の 横 に 立 つ 人 影 を 見 つ け た 。 豹 柄 の 派 手 な コ 1 ト に 赤 い 傘 と プ ー ツ を は い た 幸 子 だ っ た 。 「 あ れ 、 幸 ち ゃ ん 、 も う 来 て た つ け ? 」 孝 志 は 小 包 を 抱 え て 走 る 。 新 し く 降 り 積 も っ た 雪 に 、 足 跡 が つ い て い く 。 「 な ん だ か 早 く 来 ち ゃ っ た の 。 と く に や る こ と も な か っ た か ら 」 「 顔 色 す っ か り よ く な っ た な 」 猫 手 を 伸 ば し て 頬 に 触 れ た 。 そ し て 言 っ た 。 「 俺 と 結 婚 し て 欲 し い 。 母 さ ん に も 、 連 れ て く っ て い っ と い た 」 「 結 婚 ? 幸 子 は ほ て っ と し た 唇 を 半 開 き に し て 、 驚 く 。 海 「 あ あ 、 そ う だ 」 「 本 当 に ? 「 冗 談 で 、 こ ん な こ と い う か ? 俺 も ま だ 若 い し 、 幸 ち ゃ ん も ま だ 若 い け つ ど 、 俺 決 め た ん だ 。 俺 は 幸 ち ゃ ん が い な い と だ め だ 」 幸 子 は 頬 を 紅 潮 さ せ る と 、 目 を つ ぶ っ て 涙 を こ ば し た 。 「 あ ん た は ど う し て そ ん な に 優 し い の 」 「 幸 ち ゃ ん が 優 し い か ら さ 。 さ 、 行 こ う 。 そ の 前 に 郵 便 局 さ 、 つ き あ っ て 」 ひ ょ う が ら