検索 - みる会図書館

検索対象: 兎の眼

兎の眼から 350件ヒットしました。

兎の眼


少 年 期 の 一 体 験 を 淡 い 感 傷 で 描 き 、 人 生 に 疲 れ た ト ロ ッ コ ・ 一 塊 の 土 芥 川 龍 之 介 哀 感 を 漂 わ せ る 名 作 「 ト ロ ッ コ 」 、 寡 婦 と な 「 た 農 家 の 嫁 と 姑 を 描 く 「 一 塊 の 土 」 な ど 計 二 十 一 編 。 自 ら 三 十 五 年 の 生 涯 を 絶 っ た 最 晩 年 、 昭 和 二 年 に 或 阿 呆 の 一 生 ・ 芥 川 龍 之 介 書 か れ た 小 説 な ど 遺 稿 を 中 心 に し て 編 纂 し た 一 冊 。 侏 儒 の 言 葉 表 題 作 の 他 「 た ね 子 の 憂 鬱 」 「 歯 車 」 な ど を 収 録 。 薫 り 高 い 童 話 「 蜘 蛛 の 糸 」 、 愛 娘 を 犠 牲 に し て 芸 セ 蜘 蛛 の 糸 ・ 地 獄 変 芥 川 龍 之 介 術 の 完 成 を は か る 老 絵 師 の 苦 悩 と 恍 惚 を 描 く 王 朝 も の の 傑 作 「 地 獄 変 ー な ど 、 八 編 を 収 録 。 う ち 続 く 災 害 に 荒 廃 し た 平 安 京 を 舞 台 に 描 く 文 壇 ス 羅 生 門 ・ 鼻 ・ 芋 粥 芥 川 龍 之 介 処 女 作 「 羅 生 門 」 な ど 初 期 の 十 八 編 を 収 録 。 人 間 べ の 孤 独 と 侘 び し さ を 描 い た 、 芥 川 文 学 の 原 点 。 庫 と あ る 港 町 の 古 ア パ ー ト 霧 笛 荘 。 不 幸 に 追 い 立 て 浅 田 欠 に 冫 良 ら れ こ こ に 辿 り 着 い た 住 人 た ち が 、 そ れ ぞ れ 人 生 蚊 霧 笛 荘 夜 話 の 真 実 に 気 付 い て い く 。 ロ マ ン と 人 情 溢 れ る 物 語 。 角 南 の 島 、 異 国 に 暮 ら す マ リ コ 。 夜 に 混 じ り 合 う 情 マ リ コ / マ リ キ ー タ 池 澤 夏 樹 熱 の 記 憶 。 肌 に し み わ た る 旅 の 芳 香 。 深 く 澄 ん だ 水 の 味 わ い 、 珠 玉 の 短 篇 集 。 解 説 ・ 江 國 香 織 。 追 憶 が 禁 じ ら れ た 植 民 都 市 、 「 思 い ー を 失 っ た 人 や が て ヒ ト に え ら 池 澤 夏 樹 間 は 。 地 球 か ら 切 り 離 さ れ た 、 絶 望 と 孤 独 。 一 人 写 真 【 普 後 均 れ た 時 が 満 ち て : ・ の 男 が 過 去 に 向 か い 旅 立 つ 。 著 者 初 の 近 未 来 小 説 。

兎の眼


探 偵 事 務 所 に 勤 め る 辻 山 、 歳 。 女 子 大 生 直 美 の 赤 川 次 郎 ベ ス ト セ レ ク シ ョ ン ⑥ 赤 冫 良 監 視 と 「 お も り 」 が 命 じ ら れ た 。 密 か に 後 を つ け 探 偵 物 語 る が 、 あ っ と い う 間 に 尾 行 は ば れ て : 今 日 、 ノ バ が 死 ん だ 。 昨 日 か も し れ な い け ど 、 私 赤 川 次 郎 ベ ス ト セ レ ク シ ョ ン ⑦ 赤 欠 郎 に は 分 ら な い 。 で も 私 は 知 っ て い る 。 本 当 は 、 マ 殺 人 よ 、 こ ん に ち は マ が パ パ を 殺 し た ん だ っ て い う こ と を : あ れ か ら 三 年 、 ユ キ が あ の 海 辺 に 帰 っ て き た 。 と 一 フ 赤 川 次 郎 ベ ス ト セ レ ク シ ョ ン ⑧ こ ろ が 新 た な 殺 人 事 件 が ー ー 目 の 前 で 少 女 が 殺 さ 赤 、 イ 百 セ 殺 人 よ 、 さ よ う な ら れ 、 奇 怪 な メ ッ セ ー ジ が 次 々 と 届 き 始 め た ! 楽 し い 大 学 生 活 を 過 ご し て い た 純 江 。 あ る 出 来 事 ス 赤 川 次 郎 ベ ス ト セ レ ク シ , ン ⑨ 赤 冫 良 か ら 彼 女 の 運 命 は 暗 転 し て い く 。 若 い 女 性 に 訪 れ べ 哀 愁 時 代 た 、 悲 し い 恋 の 顛 末 を 描 く ラ ブ ・ サ ス ペ ン ス 。 紳 二 は 心 配 で な ら な か っ た 。 婚 約 者 の 素 子 の 様 子 文 赤 川 次 郎 ~ ス ト セ レ ク シ , ン ⑩ 赤 冫 良 が ヨ ー ロ ッ パ か ら 帰 っ て 以 来 ど う も お か し い 血 と 【 ラ 懐 し の 名 画 ミ ス テ リ ー 趣 向 に 満 ち た 傑 作 ミ ス テ リ ー 五 編 収 録 ー 角 夜 空 に 消 え る 一 閃 の 花 火 に 人 生 の 空 し さ を 象 徴 さ 芥 川 龍 之 介 せ た 「 舞 踏 会 」 、 憂 鬱 の 中 で 、 見 知 ら ぬ 姉 弟 の 情 舞 踏 会 ・ 蜜 柑 に 一 時 の 安 ら ぎ を 見 い だ す 「 蜜 柑 」 ほ か 十 四 編 。 人 間 ら し さ を う た っ た 童 話 「 杜 子 春 」 、 切 支 丹 も 杜 子 春 ・ 南 京 の 基 督 芥 川 龍 之 介 の の 傑 作 「 南 京 の 基 督 」 、 姉 妹 と 従 兄 の 三 角 関 係 を 抒 情 と と も に 描 く 「 秋 」 な ど 計 十 七 編 を 収 録 。

兎の眼


た と い う 声 を 聞 い た こ と が あ っ た が 、 そ う で は な い だ ろ う 。 本 と い う 「 証 拠 」 を 残 す か ら 、 か え っ て 自 分 の 生 き つ ぶ り や ら 思 想 と い っ た も の を 人 の 目 に 晒 す こ と に な り 、 か え っ て し ん ど い の で は な い だ ろ う か 。 し か も 、 ど の 作 品 で も 灰 谷 さ ん は ( 。 と う や ら 「 教 育 者 」 の 姿 勢 を 崩 さ な い で い る よ う に 思 え る か ら 、 余 計 そ う 考 え て し ま う の で あ る 。 そ し て 今 度 の 角 川 文 庫 版 に は 、 最 初 の 理 論 社 版 の 編 集 者 を つ と め た 私 が 「 解 説 」 を 書 く と い う め ぐ り あ わ せ と な っ て し ま い ま し た 。 思 え ば あ れ か ら 、 ち ょ う ど 四 半 世 紀 の 年 月 が 流 れ 去 っ て お り ま す 。 そ の 間 変 り も な く 引 き つ づ い て 多 く の 読 者 た ち に よ っ て 愛 読 さ れ て き た こ と を 思 え ば 、 わ が 『 兎 の 眼 』 は 既 に 定 評 を 得 て 、 輝 か し い 「 名 作 ー の 位 置 を 占 め て き た こ と を 物 語 っ て い る の で し よ う 。 で は 、 そ れ が ど ん な 意 味 で の 「 名 作 ー で あ る の か 、 今 や 単 な る 児 童 文 学 の 枠 を 越 え て 、 現 代 日 本 文 学 総 体 の 流 れ の 中 で こ の 作 品 の 占 め る 座 標 を 考 え て み た い と の 思 い が 、 改 め て う ず 「 私 の 心 に 疼 く の で す 。 工 〈 〈 第 一 次 世 界 大 戦 の ト ラ ウ マ か ら 〉 ち 都 お お ざ 0 ば に 現 代 文 学 と 言 え ば 、 何 と し て も 第 一 次 世 界 大 戦 ( 一 九 一 四 5 一 八 ) と い う お お ト ラ ウ マ 受 世 紀 初 頭 の 巨 き な 社 会 的 シ ョ ッ ク を 受 け て 、 そ の 精 神 的 傷 害 の よ う に 発 生 し た さ ま ざ ま の 潮 流 を 思 わ ず に は い ら れ ま せ ん 。 あ の 時 代 の 危 機 感 を 反 映 し て 、 ダ ダ イ ズ ム だ の 未 来 派 だ の 表 現 主 義 だ の と い っ た さ ま ざ ま の モ ダ ニ ズ ム が 、 絵 画 や 演 劇 の 世 界 に は い ち は や く 開 さ ら

兎の眼


野 島 は 同 僚 の 女 性 の 結 婚 話 を 耳 に し 動 揺 を 隠 せ な 白 石 一 文 か っ た 。 そ の 女 性 と は 、 野 島 が 不 倫 相 手 だ っ た か 不 自 由 な 心 ら だ : 心 の も ど か し さ を 描 く 珠 玉 小 説 集 。 代 議 士 の 父 の 秘 書 と し て 働 く 柴 田 龍 彦 。 自 ら が 起 す ぐ そ ば の 彼 方 白 石 一 文 こ し た 不 始 末 か ら 不 遇 な 状 況 に あ る 彼 に 人 生 最 大 の 選 択 が 訪 れ る ・ : 。 政 界 を 舞 台 に し た 長 編 大 作 ! 出 世 コ ー ス の 秘 書 室 の 津 上 は 、 イ ン フ レ の 中 で 父 一 フ 城 山 三 郎 の 遺 産 を 定 期 預 金 す る 。 金 融 政 策 を 真 剣 に 考 え る ぎ っ と お セ 小 説 日 本 銀 行 ″ 義 通 〃 な 彼 は 、 あ え て 困 難 な 道 を 選 ん だ : ・ 。 戦 中 派 の 矢 ロ は 激 し い 生 命 の 燃 焼 を 求 め て サ ラ リ 城 山 三 郎 ー マ ン を 廃 業 、 安 売 り の 薬 局 を 始 め た 。 メ ー カ ー 価 格 破 壊 べ は 執 拗 に 圧 力 を 加 え る が : 庫 化 繊 会 社 社 員 乗 村 は 、 よ う や く 渉 外 連 絡 課 長 の 椅 城 山 三 郎 子 を つ か む 。 仕 事 は 外 人 バ イ ヤ 1 に 女 を 抱 か せ 闇 紋 危 険 な 椅 子 ド ル を 扱 う こ と だ 。 だ が や が て : 角 出 世 コ ー ス か ら は ず れ た 津 秋 に う ま い 話 が こ ろ が り 込 ん だ 。 ア メ リ カ 系 資 本 の 石 油 会 社 の 経 営 者 募 城 山 三 郎 、 つ ま し = 一 ⅱ り ・ ・ 集 ! 月 給 数 倍 。 競 争 は 激 烈 を 極 め る が : ・ 足 尾 銅 山 の 資 本 家 の 言 う ま ま 、 渡 良 瀬 川 流 域 谷 中 辛 酸 城 山 三 郎 村 を 鉱 毒 の 遊 水 池 に す る 計 画 は 強 行 ! 日 本 最 初 田 中 正 造 と 足 尾 鉱 毒 事 件 の 公 害 問 題 に 激 し く 抵 抗 し た 田 中 正 造 を 描 く 。

兎の眼


角 川 文 庫 発 刊 に 際 し て 角 川 源 義 第 二 次 世 界 大 戦 の 敗 北 は 、 軍 事 力 の 敗 北 で あ っ た 以 上 に 、 私 た ち の 若 い 文 化 力 の 敗 退 で あ っ た 。 私 た ち の 文 化 が 戦 争 に 対 し て 如 何 に 無 力 で あ り 、 単 な る あ だ 花 に 過 ぎ な か っ た か を 、 私 た ち は 身 を 以 て 体 験 し 痛 感 し た 。 西 洋 近 代 文 化 の 摂 取 に と っ て 、 明 治 以 後 八 十 年 の 歳 月 は 決 し て 短 か す ぎ た と は 言 え な い 。 に も か か わ ら ず 、 近 代 文 化 の 伝 統 を 確 立 し 、 自 由 な 批 判 と 柔 軟 な 良 識 に 富 む 文 化 層 と し て 自 ら を 形 成 す る こ と に 私 た ち は 失 敗 し て 来 た 。 そ し て こ れ は 、 各 層 へ の 文 化 の 普 及 滲 透 を 任 務 と す る 出 版 人 の 責 任 で も あ っ た 。 一 九 四 五 年 以 来 、 私 た ち は 再 び 振 出 し に 戻 り 、 第 一 歩 か ら 踏 み 出 す こ と を 余 儀 な く さ れ た 。 こ れ は 大 き な 不 幸 で は あ る が 、 反 面 、 こ れ ま で の 混 沌 ・ 未 熟 ・ 歪 曲 の 中 に あ っ た 我 が 国 の 文 化 に 秩 序 と 確 た る 基 礎 を 齎 ら す た め に は 絶 好 の 機 会 で も あ る 。 角 川 書 店 は 、 こ の よ う な 祖 国 の 文 化 的 危 機 に あ た り 、 微 力 を も 顧 み ず 再 建 の 礎 石 た る べ き 抱 負 と 決 意 と を も っ て 出 発 し た が 、 こ こ に 創 立 以 来 の 念 願 を 果 す べ く 角 川 文 庫 を 発 刊 す る 。 こ れ ま で 刊 行 さ れ た あ ら ゆ る 全 集 叢 書 文 庫 類 の 長 所 と 短 所 と を 検 討 し 、 古 今 東 西 の 不 朽 の 典 籍 を 、 良 心 的 編 集 の も と に 、 廉 価 に 、 そ し て 書 架 に ふ さ わ し い 美 本 と し て 、 多 く の ひ と び と に 提 供 し よ う と す る 。 し か し 私 た ち は 徒 ら に 百 科 全 書 的 な 知 識 の ジ レ ッ タ ン ト を 作 る こ と を 目 的 と せ ず 、 あ く ま で 祖 国 の 文 化 に 秩 序 と 再 建 へ の 道 を 示 し 、 こ の 文 庫 を 角 川 書 店 の 栄 あ る 事 業 と し て 、 今 後 永 久 に 継 続 発 展 せ し め 、 学 芸 と 教 養 と の 殿 堂 と し て 大 成 せ ん こ と を 期 し た い 。 多 く の 読 書 子 の 愛 情 あ る 忠 言 と 支 持 と に よ っ て 、 こ の 希 望 と 抱 負 と を 完 遂 せ し め ら れ ん こ と を 願 一 九 四 九 年 五 月 三 日

兎の眼


う さ ぎ め 兎 の 眼 は い た に け ん じ ろ う 灰 谷 健 次 郎 5 平 成 十 年 三 月 一 一 十 五 日 初 版 発 行 平 成 二 十 五 年 五 月 二 十 五 日 二 十 九 版 発 行 発 行 者 ー 井 上 伸 一 郎 発 行 所 ー 株 式 会 社 角 川 圭 店 東 京 都 千 代 田 区 富 士 見 一 一 ー 十 三 ー 三 電 話 ・ 編 集 ( 〇 一 一 l) 三 二 三 / 、 八 五 五 五 併 - 〒 一 〇 二 ー 八 〇 七 八 7 一 8 ) 9 「 ー 。 発 売 元 ー 株 式 会 社 角 川 グ ル ー プ ホ ー ル デ ィ ン グ ス 1 9 、 東 京 都 千 代 田 区 富 士 見 二 ー 十 三 ー 三 電 話 ・ 営 業 ( 〇 三 ) 三 二 三 八 八 五 二 一 文 〒 一 〇 二 ー 八 一 七 七 http://www.kadokawa.co.j て 0 印 刷 所 ー 旭 印 刷 製 本 所 装 幀 者 ー 杉 浦 康 平 本 書 の 無 断 複 製 ( コ ピ ー 、 ス キ ャ ン 、 デ ジ タ ル 化 等 ) 並 び に 無 断 複 製 ◎ 物 の 譲 渡 及 び 配 信 は 、 著 作 権 法 上 で の 例 外 を 除 き 禁 じ ら れ て い ま す 。 ま た 、 本 書 を 代 行 業 者 等 の 第 三 者 に 依 頼 し て 複 製 す る 行 為 は 、 た と え 個 人 や 家 庭 内 で の 利 用 で あ っ て も 一 切 認 め ら れ て お り ま せ ん 。 落 丁 ・ 乱 丁 本 は 角 川 グ ル ー プ 受 注 セ ン タ ー 読 者 係 に お 送 り く だ さ い 。 送 料 は 小 社 負 担 で お 取 り 替 え い た し ま す 。 定 価 は カ バ ー に 明 記 し て あ り ま す 。 は 20-1

兎の眼


338 れ ほ ど 泣 か さ れ 、 ど れ ほ ど 涙 を そ そ い で 編 集 し た こ と で し よ う か 。 そ し て 、 あ れ か ら 四 半 世 紀 が 過 ぎ 去 っ た 今 に な っ て 、 老 い た る 編 集 者 と し て の 私 は 、 し み じ み と 思 う の で す 。 た と え ば 、 あ の 第 一 次 世 界 大 戦 後 の ト ラ ウ マ ひ と つ を と っ て み て も 、 そ の 痛 み の 中 に は 、 未 だ に 日 を 逐 っ て 新 た に な る 痛 み が あ る は ず で す 。 そ ん な 痛 み の あ る よ み が え 限 り 、 『 小 僧 の 神 様 』 は ま す ま す 甦 る で し よ う 。 同 様 に し て 、 『 蟹 工 船 』 や 『 一 九 二 八 三 ・ 一 五 』 も ま す ま す 甦 ら さ れ ず に は い な い は ず で す 。 い や 、 日 本 現 代 文 学 を そ の 自 浄 カ ふ し よ く を 喪 失 さ せ る ま で に 腐 蝕 さ せ て い る 営 利 主 義 の た め に 、 不 当 に 忘 れ 去 ら れ よ う と し て い る う め あ の プ ロ レ タ リ ア 文 学 の 総 体 が 、 今 も 疼 き つ づ け て い る 当 時 の 受 難 者 た ち の ト ラ ウ マ の 呻 き と と も に 新 生 す る 日 が 、 や が て 必 ず や っ て く る に 違 い あ り ま せ ん 。 ま し て わ が 『 兎 の 眼 』 は 、 第 二 次 世 界 大 戦 の ト ラ ウ マ を 生 々 し く 身 に 帯 び て 誕 生 し ま し た 。 ふ し ぎ な こ と に 、 そ の 傷 の 生 々 し さ は 、 日 を 逐 っ て 深 ま り つ つ あ る と は 言 え な い で し よ う か 。 と り わ け わ が 国 の 子 ど も た ち の 命 運 に 焦 点 を あ わ せ て 凝 視 す る な ら ば 、 事 態 は ま こ と ′ 」 と す ま す 悪 化 し 、 致 命 的 な ま で に 疼 き は 増 大 し て お り ま す 。 本 来 な ら ば 作 中 人 物 の 悉 く が 、 そ れ そ れ に 前 進 し 、 希 望 を 見 出 し 、 ほ ん の 少 し 楽 天 的 な 行 進 が 始 ま る は ず で し た 。 ざ せ つ た と い 日 本 の 高 度 成 長 の 歩 み が 破 綻 し 、 バ ブ ル 経 済 に よ っ て 挫 折 す る に し て も 、 少 な く と も 子 ど も た ち は 生 来 の 楽 天 主 義 の 旗 を か か げ て 前 進 す る は ず で し た 。 と こ ろ が ど う で し よ う 。 映 画 の ス ト ッ プ モ ー シ ョ ン の よ う に 、 今 や そ の 全 体 が 停 止 し 、 や が て 後 退 し つ つ あ り ま す 。 そ ん な 受 難 者 た ち が 増 幅 さ れ て い る 日 本 の 現 状 に 対 し 、 こ の 小 説 そ の も の が 、 か

兎の眼


古 典 「 東 海 道 四 谷 怪 談 」 を 下 敷 き に 、 お 岩 と 伊 右 わ ら え も ん 京 極 夏 彦 衛 門 夫 婦 の 物 語 を 、 怪 し く 美 し く 、 新 た に 蘇 ら せ 嗤 う 伊 右 衛 門 る 。 第 二 十 五 回 泉 鏡 花 文 学 賞 受 賞 作 。 舌 先 三 寸 の 甘 言 で 、 八 方 丸 く お さ め て し ま う 小 股 京 極 夏 彦 潜 り の 又 市 や 、 山 猫 廻 し の お ぎ ん 、 考 物 の 山 岡 百 巷 説 百 物 語 介 が 活 躍 す る 江 戸 妖 怪 時 代 小 説 シ リ ー ズ 第 1 弾 。 凶 悪 な 事 件 の 横 行 で お 取 り つ ぶ し の 危 機 に あ る 北 京 極 夏 彦 林 藩 で 、 又 市 の 壮 大 な 仕 掛 け が 動 き 出 す 。 妖 怪 仕 セ 続 巷 説 百 物 語 掛 け が 冴 え 渡 る 人 気 シ リ ー ズ 第 2 弾 。 明 治 十 年 。 事 件 の 解 決 を 相 談 さ れ た 百 介 は 、 又 市 京 極 夏 彦 た ち と の 仕 掛 け の 数 々 を 語 り だ す 。 懐 か し い 鈴 の 後 巷 説 百 物 語 べ 音 の 思 い 出 と と も に 。 第 百 三 十 回 直 木 賞 受 賞 作 リ 庫 怪 し い こ と に 関 す る あ れ こ れ を 、 語 り 尽 く す ー 文 対 談 集 妖 怪 大 談 義 京 極 夏 彦 間 ロ は 広 く 、 敷 居 は 低 く 、 奥 が 深 」 、 妖 怪 の 世 界 へ の 溢 れ ん ば か り の 思 い が こ も っ た 、 充 実 の 一 冊 。 角 押 入 で 死 ん だ よ う に 生 き る 幽 霊 役 者 ・ 小 平 次 と 、 京 極 夏 彦 女 房 お 塚 を は じ め 、 彼 を 取 り 巻 く 人 間 た ち が 咲 か 覘 き 小 平 次 せ る 哀 し い 愛 の 華 。 第 十 六 回 山 本 周 五 郎 賞 受 賞 作 。 「 堕 落 と い う 真 実 の 母 胎 に よ っ て 始 め て 人 間 が 誕 坂 口 安 吾 生 し た の だ 」 と 説 く 作 者 の 世 俗 に お も ね ら な い 苦 堕 落 論 行 者 の 精 神 に 燃 え る 新 し い 声 。

兎の眼


山 奥 の 一 別 荘 に 集 ま っ た 様 々 な 男 女 。 異 様 な 雰 囲 不 連 続 殺 人 事 件 坂 口 安 吾 気 の 日 々 、 や が て 起 こ る 八 つ の 殺 人 : ・ 。 日 本 の 推 理 小 説 史 上 、 不 朽 の 名 作 と の 誉 れ 高 い 長 編 推 理 。 〃 肝 臓 先 生 み と あ だ 名 さ れ た 赤 木 風 雲 の 滑 稽 に し 坂 口 安 吾 て 実 直 な 人 間 像 を 描 き 出 し た 感 動 の 表 題 作 を は じ 肝 臓 先 生 め 五 編 を 収 録 。 安 吾 節 が 冴 え わ た る 異 色 の 短 編 集 。 文 明 開 化 の 世 に 、 次 々 起 き る 謎 の 事 件 。 そ れ に 挑 明 治 開 化 安 吾 捕 物 帖 坂 口 安 吾 戦 す る の は 、 紳 士 探 偵 結 城 新 十 郎 と そ の 仲 間 た ち 。 セ 勝 海 舟 も 登 場 す る 、 明 治 探 偵 小 説 。 性 へ の 関 心 に 身 悶 え す る ほ ろ 苦 い 青 春 を ユ ー モ ラ 生 Ⅲ ス に 描 き な が ら 、 え も い わ れ ぬ ェ ロ ス 立 ち 上 る 、 重 松 か つ ば ん 屋 べ 著 者 初 、 会 心 の バ ラ エ テ ィ 文 庫 オ リ ジ ナ ル " 庫 孤 独 、 祈 り 、 暴 力 、 セ ッ ク ス 、 聖 書 、 殺 人 清 十 五 歳 の 少 年 が 背 負 っ た 苛 烈 な 運 命 を 描 い て 、 各 重 松 紋 疾 走 国 紙 誌 で 絶 賛 さ れ た 衝 撃 作 、 堂 々 の 文 庫 化 ! 角 人 と つ な が り た い 。 た だ そ れ だ け を 胸 に 煉 獄 清 の 道 を 駆 け 抜 け た 一 人 の 少 年 。 感 動 の ク ラ イ マ ッ 重 松 疾 走 国 ク ス が 待 ち 受 け る 現 代 の 黙 示 録 、 つ い に 完 結 ー 歳 の 若 さ で 日 本 を 代 表 す る 企 業 の 人 事 課 長 に 抜 白 石 一 文 擢 さ れ た エ リ ー ト サ ラ リ ー マ ン と 、 暗 い 過 去 を 背 一 瞬 の 光 負 う 短 大 生 。 愛 情 の 究 極 を 描 く 感 動 の 物 語 。

兎の眼


284 小 谷 先 生 た ち の 仲 間 が ひ と り ふ え た 。 図 工 専 科 の 江 川 洋 子 先 生 で 、 ビ ラ を く ば る の な ら 、 わ た し も く ば り ま す と い っ て く れ た の だ 。 江 川 先 生 は ま だ 若 い 女 性 だ っ た の で 、 小 谷 先 生 は た い へ ん 心 づ よ く 思 っ た 。 五 人 の 先 生 た ち は 朝 三 十 分 は や く 学 校 に く る こ と に し た 。 も っ と も 小 谷 先 生 は 「 朝 の 日 記 」 の 時 間 に あ た る の で 、 子 ど も に 事 情 を 話 し て 、 し ば ら く 休 ま せ て も ら う こ と に し た 。 「 い い よ 、 せ ん せ い 、 。 ほ く ら は か い て お く か ら ね 。 て つ ぞ う ち ゃ ん が が っ こ う に く る よ う に な っ た ら 、 ま た み て ね 」 と 子 ど も た ち は い っ て く れ た 。 処 理 所 の 人 た ち と 手 分 け し て 、 駅 蔔 、 バ ス 停 留 所 な ど で ビ ラ を く ば る こ と に し た 。 小 谷 先 生 は 江 川 先 生 と 組 ん だ 。 江 川 先 生 は ち ょ っ と は ず か し そ う だ っ た 。 小 谷 先 生 は ク ズ 屋 を し て な れ て い る の で 、 ビ ラ を 手 わ た す く ら い の こ と は な ん で も な か っ た 。 く ば り は じ め て 、 五 分 ほ ど た っ た 。 純 と み さ え 、 そ れ に 鉄 三 が ま っ 赤 な 顔 を し て か け て き た 。 は あ 〇 移 転 後 の 旧 処 理 所 あ と に 住 宅 を 建 設 し て 優 先 入 居 さ せ る こ と み な さ ん の 声 が 大 き く な る こ と を 、 わ た し た ち は 願 っ て お り ま す 。 町 塵 芥 処 理 所 現 業 員 一 同 姫 松 小 学 校 教 員 有 志 一 同