検索 - みる会図書館

検索対象: 現代日本の文学 36 大岡 昇平 集

現代日本の文学 36 大岡 昇平 集から 442件ヒットしました。

現代日本の文学 36 大岡 昇平 集


大 岡 昇 平 集

現代日本の文学 36 大岡 昇平 集


現 代 日 本 の 文 学 36 全 60 巻 大 岡 昇 平 集 昭 和 45 年 7 月 1 日 初 版 発 行 昭 和 57 年 10 月 1 日 29 版 発 行 電 話 は , 東 京 ( 03 ) 720 ー 1111 へ お 願 い し ま す 。 著 者 発 行 者 発 行 所 大 岡 昇 平 古 岡 滉 鑾 学 習 研 究 社 東 京 都 大 田 区 上 池 台 4 ー 40 ー 5 〒 145 振 替 東 京 8 ー 142930 電 話 東 京 ( 720 ) 1111 ( 大 代 表 ) 印 刷 大 日 本 印 刷 株 式 会 社 中 央 精 版 印 刷 株 式 会 社 製 本 中 央 精 版 印 刷 株 式 会 社 本 文 用 紙 三 菱 製 紙 株 式 会 社 表 紙 ク ロ ス 東 洋 ク ロ ス 株 式 会 社 製 函 永 井 紙 器 印 刷 株 式 会 社 * こ の 本 に 関 す る お 問 合 せ や ミ ス な ど が あ り ま し た ら , 文 書 は , 東 京 都 大 田 区 上 池 台 4 丁 目 40 番 5 号 ( 〒 145 ) 学 研 お 客 さ ま 相 談 セ ン タ ー 現 代 日 本 の 文 学 係 へ , OShohei Ooka 1970 Printed in Japan ISBN4-05-050246-1 C0393 本 書 内 容 の 無 断 複 写 を 禁 す

現代日本の文学 36 大岡 昇平 集


現 代 日 本 の 文 学 大 岡 昇 平 集 〈 監 修 委 員 〉 伊 藤 整 井 上 靖 川 端 康 成 ネ 三 島 由 紀 夫 究 〈 編 集 委 員 〉 習 足 立 巻 一 学 奥 野 健 男 尾 崎 秀 樹 杜 夫 ( 五 十 音 順 )

現代日本の文学 36 大岡 昇平 集


注 解 大 岡 昇 平 文 学 ア ル ・ ハ ム 評 伝 的 解 説 製 編 写 装 作 集 真 担 責 撮 山 当 任 影 幀 田 桜 生 大 中 田 井 川 を : 泰 梓 満 男 央 風 紅 間 野 益 敏 人 郎 四 石

現代日本の文学 36 大岡 昇平 集


注 解 大 岡 昇 平 文 学 ア ル ・ ハ ム 評 伝 的 解 説 製 編 写 装 作 集 真 担 責 撮 山 当 任 影 幀 田 桜 生 大 中 田 井 川 を : 泰 梓 満 男 央 風 紅 間 野 益 敏 人 郎 四 石

現代日本の文学 36 大岡 昇平 集


水 と 大 岡 昇 平 大 岡 昇 平 文 学 紀 行 丸 谷 才 一 ッ ′ 第 ? 、 お 物 陽 光 に つ つ ま れ た 武 蔵 野 を 散 策 す る 丸 谷 才 一 氏 昭 和 45 年 春 の と あ る 一 日 , 17

現代日本の文学 36 大岡 昇平 集


目 次 大 岡 昇 平 文 学 紀 行 水 と 大 岡 昇 平 武 蔵 野 夫 人 俘 虜 記 花 朝 の 歌 母 父 丸 谷 才 一 一 七 : 三 奕 一 一 0 四 六 五 ・ ・ 三 九 四

現代日本の文学 36 大岡 昇平 集


目 次 大 岡 昇 平 文 学 紀 行 水 と 大 岡 昇 平 武 蔵 野 夫 人 俘 虜 記 花 朝 の 歌 母 父 丸 谷 才 一 一 七 : 三 奕 一 一 0 四 六 五 ・ ・ 三 九 四

現代日本の文学 36 大岡 昇平 集


建 て ら れ た 中 原 中 也 詩 碑 の 除 幕 式 に 小 林 秀 雄 、 河 上 徹 太 郎 、 今 日 出 海 に 、 学 芸 書 林 よ り 刊 行 さ れ る 「 現 代 文 学 の 発 見 」 を 平 野 謙 、 埴 谷 雄 と と も に 出 席 。 七 月 、 日 本 の 文 学 「 大 岡 昇 平 集 」 を 中 央 公 論 社 か ら 高 ら と と も に 編 集 、 解 説 を 担 当 す る 。 出 版 。 八 月 、 「 私 の 戦 後 史 ー を 「 文 芸 」 に 、 「 こ の 八 月 十 五 日 」 を 読 昭 和 四 十 三 年 ( 一 九 六 八 ) 五 十 九 歳 売 新 聞 に 発 表 。 三 月 、 「 ナ ポ レ オ ン の 首 」 を 「 芸 術 新 潮 」 に 、 四 月 、 「 大 来 る 」 を 昭 和 四 十 一 年 ( 一 九 六 六 ) 五 十 七 歳 「 婦 人 公 論 」 に 、 六 月 、 「 歩 行 者 の 心 理 」 を 「 朝 日 新 聞 」 に 、 十 月 、 一 月 、 「 在 り し 日 の 歌 ー ー ー 中 原 中 也 の 死 」 を 「 新 潮 」 に 、 一 一 月 、 「 龍 「 学 歴 詐 称 ー を 「 新 潮 」 に 、 十 一 月 、 「 世 界 文 学 に お け る 日 本 文 学 」 馬 殺 し 」 を 「 小 説 現 代 」 に 発 表 。 遺 稿 集 「 成 瀬 仁 蔵 先 生 」 を 編 集 刊 を 「 朝 日 新 聞 ー に そ れ ぞ れ 発 表 。 行 。 四 月 、 「 母 六 夜 」 を 「 群 像 」 に 発 表 。 現 代 の 文 学 「 大 岡 昇 平 集 」 昭 和 四 十 四 年 ( 一 九 六 九 ) 六 十 歳 を 河 出 書 房 新 社 か ら 出 版 。 五 月 、 ス タ ン ダ ー ル の 「 赤 と 黒 」 を 戯 曲 一 月 、 現 代 日 本 文 学 大 系 「 大 岡 昇 平 ・ 三 島 由 紀 夫 集 」 を 筑 摩 書 房 よ 化 し て 芸 術 座 で 上 演 。 六 月 、 イ タ リ ア 語 版 「 日 本 現 代 小 説 集 」 の 序 り 刊 行 。 四 月 、 「 三 田 文 学 」 で 「 わ が 文 学 を 語 る 」 の 題 で 秋 山 駿 と 文 を 書 く 。 同 集 に 「 俘 虜 記 」 を の せ る 。 「 渡 辺 崋 山 ー を 「 小 説 新 潮 」 対 談 。 「 文 芸 」 で 「 転 回 期 と し て の 戦 後 」 の 題 で い い だ ・ も も と 対 に 発 表 。 「 将 門 記 」 を 中 央 公 論 社 よ り 刊 行 。 富 士 山 麓 の 鳴 沢 村 に 長 談 。 五 月 、 「 六 十 の 引 越 し 」 を 「 読 売 新 聞 」 に 発 表 。 六 月 、 中 央 公 男 貞 一 設 計 の 山 小 屋 を 設 け る 。 十 月 、 「 在 り し 日 、 幼 な か り し 日 」 論 社 版 日 本 の 文 学 「 柳 田 国 男 ・ 斎 藤 茂 吉 ・ 折 ロ 信 夫 集 」 の 解 説 を 書 を 「 群 像 , に 、 「 最 後 の 家 長 」 を 「 新 潮 」 に 発 表 。 筑 摩 書 房 現 代 文 く 。 「 愛 に つ い て 」 を 「 毎 日 新 聞 」 に 連 載 。 「 中 央 公 論 」 に 連 載 の 学 大 系 「 大 岡 昇 平 集 」 刊 行 。 十 一 月 、 「 秋 の 悲 歎 」 を 「 新 潮 ー に 発 「 レ イ テ 戦 記 」 完 結 。 「 な ぜ 戦 記 を 書 く か 」 を 「 朝 日 新 聞 」 に 発 表 。 表 。 戯 曲 「 赤 と 黒 」 限 定 五 百 部 を 講 談 社 よ り 刊 行 。 十 一 一 月 、 戯 曲 大 磯 の 家 を 引 払 い 仮 住 居 に 移 る 。 「 富 永 次 郎 の こ と 」 を 「 毎 日 新 聞 」 「 遙 か な る 団 地 」 を 「 群 像 」 に 発 表 。 に 発 表 。 八 月 、 「 ミ ン ド ロ 島 ふ た た び 」 を 「 海 」 に 発 表 。 「 昭 和 文 学 昭 和 四 十 ニ 年 ( 一 九 六 七 ) 五 十 八 歳 の 証 言 」 を 文 藝 春 秋 か ら 刊 行 。 「 中 山 義 秀 の 死 」 を 「 朝 日 新 聞 」 に 、 一 月 、 戯 曲 「 遙 か な る 団 地 」 を 劇 団 「 雲 」 が 上 演 。 「 レ イ テ 戦 記 」 十 月 、 「 葬 送 記 」 を 「 中 央 公 論 」 に そ れ ぞ れ 発 表 。 同 月 、 東 京 都 世 を 「 中 央 公 論 」 に 連 載 。 「 朝 日 新 聞 」 の 「 文 芸 時 評 」 を 始 め る 。 一 一 田 谷 区 成 城 七 ー 十 五 ー 十 一 一 の 新 居 に 移 転 。 十 一 月 、 「 富 永 次 郎 の 思 月 、 「 遙 か な る 団 地 」 を 講 談 社 よ り 刊 行 。 「 雪 の 思 い 出 」 を 「 朝 日 新 い 出 」 を 「 童 説 , に 、 十 一 一 月 、 「 欠 陥 高 速 道 路 」 を 「 中 央 公 論 」 に 聞 」 に 発 表 。 三 月 、 フ ィ リ ビ ン 戦 跡 訪 問 団 の 一 員 と し て 十 八 日 よ り そ れ そ れ 発 表 。 中 央 公 論 社 よ り 「 ミ ン ド ロ 島 ふ た た び 」 を 刊 行 。 三 週 間 、 レ イ テ 、 ミ ン ド ロ 島 を 旅 行 。 四 月 、 「 戦 跡 を 訪 ね て 」 を 「 朝 昭 和 四 十 五 年 ( 一 九 七 〇 ) 六 十 一 歳 日 新 聞 」 に 、 七 月 、 「 ダ ナ オ 湖 ま で 」 を 「 別 冊 文 藝 春 秋 , に そ れ ぞ 一 月 、 「 鎮 魂 歌 」 を 「 文 芸 」 に 発 表 。 「 婦 人 公 論 」 に 「 青 い 光 」 を 連 れ 発 表 。 六 月 、 新 潮 社 よ り 刊 行 さ れ る 「 小 林 秀 雄 全 集 」 の 編 集 、 解 載 。 「 読 売 新 聞 」 の コ ラ ム 欄 「 東 風 西 風 」 を 担 当 。 「 三 十 一 一 年 目 の 正 説 を 中 村 光 夫 、 江 藤 淳 と と も に 担 当 す る 。 十 一 月 、 角 川 書 店 よ り 刊 月 ー を 「 毎 日 新 聞 」 に 発 表 。 行 さ れ る 定 本 「 中 原 中 也 全 集 」 を 中 村 稔 、 吉 田 生 と と も に 、 さ ら ( 本 年 譜 は 編 集 部 が 作 成 し 、 大 岡 昇 平 氏 の 校 閲 を 得 ま し た )

現代日本の文学 36 大岡 昇平 集


争 が は じ ま る 。 三 月 、 「 漢 字 と カ ナ , を 「 朝 日 新 聞 」 に 発 表 。 四 月 、 三 月 、 「 ソ 連 の 思 い 出 , を 「 朝 日 新 聞 」 に 、 「 新 し い 興 味 , を 「 文 学 「 ア マ チ 、 ア ゴ ル フ 」 を ア サ ヒ ゴ ル フ 出 版 局 か ら 出 版 。 五 月 、 「 記 界 」 に 、 「 大 衆 文 化 論 を た だ す 」 を 「 中 央 公 論 」 に 、 四 月 、 「 六 十 の 憶 」 を 「 文 学 界 」 に 発 表 。 「 花 影 」 を 中 央 公 論 社 か ら 出 版 。 六 月 、 手 習 い 、 ビ ア ノ と 取 組 む 」 を 「 朝 日 新 聞 」 に 発 表 。 新 日 本 文 学 全 集 「 若 草 物 語 」 を 「 朝 日 新 聞 」 に 連 載 。 九 月 、 「 サ ド 裁 判 の 意 味 す る も 「 大 岡 昇 平 集 」 を 集 英 社 よ り 出 版 。 五 月 、 「 ソ 連 紀 行 」 を 「 文 芸 」 に の 」 を 「 朝 日 新 聞 」 に 、 十 月 、 「 黒 髪 」 を 「 小 説 新 潮 」 に 、 「 李 少 年 連 載 。 六 月 、 「 大 衆 文 化 論 に お け る 一 一 つ の 虚 像 」 を 「 中 央 公 論 。 に 、 を 殺 し て は な ら な い 」 を 「 婦 人 公 論 」 に 発 表 。 日 本 現 代 文 学 全 集 八 月 、 「 面 影 ー を 「 群 像 」 に 、 「 情 事 」 を 「 新 潮 , に 、 十 月 、 「 挙 兵 」 「 大 岡 昇 平 ・ 三 島 由 紀 夫 集 」 を 講 談 社 か ら 出 版 。 十 一 月 、 「 一 年 悪 口 を 「 文 藝 春 秋 ー に 、 「 自 発 的 禁 書 」 を 「 新 潮 」 に 、 「 天 誅 ー を 「 小 説 を い い つ づ け る と 」 を 「 毎 日 新 聞 」 に 、 「 わ が 小 説 ー を 「 朝 日 新 聞 」 新 潮 ー に 、 「 文 学 全 集 の 基 準 ー 大 宅 壮 一 氏 の 議 論 に つ い て 」 を 「 朝 に 、 十 二 月 、 「 現 代 文 学 の 主 軸 を ど こ に 」 を 「 東 京 新 聞 ー に 発 表 。 日 新 聞 」 に 発 表 。 十 一 月 、 「 天 誅 組 」 を 「 産 経 新 聞 」 に 連 載 。 十 一 一 「 花 影 」 に よ り 、 毎 日 出 版 文 化 賞 お よ び 新 潮 文 学 賞 を 受 け る 。 月 、 「 吉 村 虎 太 郎 」 を 「 世 界 」 に 、 「 ケ ル ビ ー ノ 礼 讃 」 を 「 文 学 界 , 昭 和 三 十 七 年 ( 一 九 六 一 l) 五 十 三 歳 に 発 表 。 昭 和 三 十 九 年 ( 一 九 六 四 ) 五 十 五 歳 一 月 、 「 霧 笛 」 を 「 新 潮 」 に 発 表 。 短 篇 集 「 逆 杉 」 を 新 潮 社 か ら 、 「 常 識 的 文 学 論 」 を 講 談 社 か ら 出 版 。 一 一 月 、 「 サ ド 裁 判 受 難 記 」 を 一 月 、 「 路 上 」 を 「 新 潮 」 に 発 表 。 三 月 、 日 中 文 化 交 流 協 会 の あ っ 「 新 潮 」 に 、 三 月 、 「 批 評 の 変 質 ー を 「 中 央 公 論 」 に 発 表 。 佐 伯 彰 一 せ ん に よ り 、 三 週 間 中 国 を 旅 行 。 四 月 、 「 中 国 の 旅 か ら ー を 「 東 京 と の 論 争 で あ る 「 ニ セ モ / の ウ シ ロ メ タ サ , を 「 毎 日 新 聞 」 に 発 新 聞 」 に 、 五 月 、 「 文 学 的 中 国 紀 行 」 を 「 中 央 公 論 」 に 発 表 。 七 月 、 表 。 五 月 、 「 論 争 の 新 展 開 」 を 「 文 学 界 」 に 、 六 月 、 「 小 林 秀 雄 の 世 デ ュ マ の 「 椿 姫 」 を 翻 訳 脚 色 し て 、 日 生 劇 場 で 上 演 。 十 一 月 、 「 プ 界 」 を 「 新 潮 ー に 連 載 。 ソ ビ エ ト 作 家 会 議 の ま ね き に よ り 、 芹 沢 光 ラ イ 。 ハ シ イ 裁 判 の 意 味 , を 「 東 京 新 聞 ー に 、 十 一 一 月 、 「 文 士 は 裁 判 治 良 と と も に ソ ビ エ ト へ 行 く 。 七 月 、 「 大 衆 文 学 再 批 判 」 を 「 群 像 ー に 弱 い 」 を 「 新 潮 ー に 発 表 。 に 発 表 し 、 海 音 寺 潮 五 郎 と 論 争 す る 。 「 文 壇 論 争 術 」 を 雪 華 社 か ら 、 昭 和 四 十 年 ( 一 九 六 五 ) 五 十 六 歳 「 現 代 小 説 作 法 」 を 文 藝 春 秋 新 社 か ら 出 版 。 八 月 、 「 慢 心 を 去 れ 」 を 一 月 、 叔 母 蔦 枝 死 去 。 「 姉 小 路 暗 殺 。 を 「 小 説 現 代 」 に 、 「 詩 碑 を 建 譜 「 群 像 」 に 、 「 匿 名 批 評 論 」 を 「 中 央 公 論 」 に 発 表 。 推 理 小 説 「 歌 と っ , を 「 小 説 新 潮 」 に 、 「 将 門 記 」 を 「 展 望 」 に 、 「 雅 歌 」 を 「 新 死 と 空 」 を 光 文 社 か ら 出 版 。 九 月 、 ソ ビ エ ト よ り 帰 国 。 十 月 、 胃 潰 潮 」 に 発 表 。 三 月 、 「 高 杉 晋 作 」 を 「 別 冊 文 藝 春 秋 ー に 、 「 歴 史 小 説 瘍 の た め 虎 の 門 の 病 院 へ 入 る 。 日 本 文 学 全 集 「 大 岡 昇 平 集 」 を 新 潮 の 現 代 的 意 味 」 を 「 朝 日 新 聞 」 に 、 四 月 、 「 紀 元 節 の 思 い 出 」 を 「 展 年 社 よ り 出 版 。 十 一 月 、 「 病 床 雑 感 」 を 「 読 売 新 聞 , に 発 表 。 望 」 に 、 「 歴 史 と 小 説 ー を 「 産 経 新 聞 ー に 、 「 民 の 声 と 大 国 の 利 害 」 昭 和 三 十 八 年 ( 一 九 六 = l) 五 十 四 歳 を 「 読 書 人 , に 、 五 月 、 「 肉 親 の 死 」 を 「 潮 ー に 発 表 。 ス タ ン ダ ー 一 月 、 「 戦 後 文 学 は 復 活 し た し を 「 群 像 ー に 発 表 。 「 現 代 小 説 作 法 」 ル の 「 パ ル ム の 僧 院 」 を 改 訳 し 、 「 世 界 の 文 学 」 の 一 巻 と し て 中 央 -4 公 論 社 か ら 出 版 。 六 月 、 「 叔 母 」 を 「 群 像 」 に 発 表 。 山 口 市 湯 田 に を 「 文 学 界 」 に 連 載 。 二 月 、 「 白 鳥 の 死 を め ぐ っ て 」 を 「 新 潮 」 に 、 っ た え