検索 - みる会図書館

検索対象: 現代日本の文学 38 梅崎 春生 椎名 麟三 集

現代日本の文学 38 梅崎 春生 椎名 麟三 集から 442件ヒットしました。

現代日本の文学 38 梅崎 春生 椎名 麟三 集


現 代 日 本 の 文 学 梅 崎 春 生 椎 名 麟 二 ー 集 北 尾 奥 足 三 川 井 伊 崎 野 立 集 端 上 藤 修 五 + 杜 秀 健 巻 委 紀 康 夫 成 靖 整 聖 夫 樹 男 学 習 研 究 社

現代日本の文学 38 梅崎 春生 椎名 麟三 集


椎 名 麟 三 集

現代日本の文学 38 梅崎 春生 椎名 麟三 集


現 代 日 本 の 文 学 38 梅 崎 春 生 全 60 巻 著 者 発 行 者 発 行 所 集 梅 崎 春 生 椎 名 麟 二 古 岡 滉 昭 和 57 年 10 月 1 日 26 版 発 行 昭 和 46 年 2 月 1 日 初 版 発 行 椎 名 学 習 研 究 社 東 京 都 大 田 区 上 池 台 4 ー 40 ー 5 〒 145 振 替 東 京 8 ー 142930 電 話 東 京 ( 720 ) 1111 ( 大 代 表 ) 印 刷 大 日 本 印 刷 株 式 会 社 中 央 精 版 印 刷 株 式 会 社 製 本 中 央 精 版 印 刷 株 式 会 社 本 文 用 紙 三 菱 製 紙 株 式 会 社 表 紙 ク ロ ス 東 洋 ク ロ ス 株 式 会 社 製 函 永 井 紙 器 印 刷 株 式 会 社 * こ の 本 に 関 す る お 問 合 せ や ミ ス な ど が あ り ま し た ら , 文 書 は , 東 京 都 大 田 区 上 池 台 4 丁 目 40 番 5 号 ( 〒 145 ) 学 研 お 客 さ ま 相 談 セ ン タ ー 現 代 日 本 の 文 学 係 へ , 電 話 は , 東 京 ( 03 ) 720 ー 1111 へ お 願 い し ま す 。 ◎ Etsu Umezaki, Sumiko Otsubo 1971 Printed ⅲ Japan ISBN4-05 ー 050248 ー 8 C0393 本 書 内 容 の 無 断 複 写 を 禁 す

現代日本の文学 38 梅崎 春生 椎名 麟三 集


梅 崎 春 生 集

現代日本の文学 38 梅崎 春生 椎名 麟三 集


梅 崎 舂 生 文 学 碑 建 立 の た め 鹿 児 島 ・ 坊 の 津 を 訪 れ る 。 左 よ り 中 崎 坊 の 津 教 育 長 、 檀 一 雄 、 麟 三 、 長 井 坊 の 津 町 長 、 前 田 純 敬 、 埴 谷 雄 高 ( 昭 和 41 年 ) を 一 ) ッ 上 梅 崎 春 生 文 学 碑 除 幕 式 の 日 に 。 梅 崎 恵 津 夫 人 と ( 昭 和 41 年 ) 、 物 物 を 如 の 第 物 を 第 を : オ え を 暑 ッ ス を 物 を 悪 震 椎 名 驅 昭 和 年 ・ 冬 樹 社 刊 右 昭 和 年 ・ 新 潮 社 刊 左 書 下 ろ し 長 編 「 懲 役 人 の 告 発 」 の 取 材 を す る 麟 一 一 一 。 墨 田 区 押 上 の 工 場 に て ( 昭 和 年 ) 純 文 学 書 下 ( 撮 影 票 原 達 夫 氏 )

現代日本の文学 38 梅崎 春生 椎名 麟三 集


梅 崎 春 生 集 目 次 梅 崎 春 生 文 学 紀 行 梅 崎 文 学 の 原 点 を 求 め て 島 : ポ ロ 家 の 春 秋 : 狂 凧 : 注 解 梅 崎 春 生 文 学 ア ル 。 ハ ム 評 伝 的 解 説 中 村 真 一 郎 一 七 三 浦 朱 門 四 一 七 紅 野 敏 郎 四 0 一 一 四 0 九 巴 七

現代日本の文学 38 梅崎 春生 椎名 麟三 集


梅 崎 春 生 集 目 次 梅 崎 春 生 文 学 紀 行 梅 崎 文 学 の 原 点 を 求 め て 島 : ポ ロ 家 の 春 秋 : 狂 凧 : 注 解 梅 崎 春 生 文 学 ア ル 。 ハ ム 評 伝 的 解 説 中 村 真 一 郎 一 七 三 浦 朱 門 四 一 七 紅 野 敏 郎 四 0 一 一 四 0 九 巴 七

現代日本の文学 38 梅崎 春生 椎名 麟三 集


椎 名 三 集 目 次 椎 名 三 文 学 紀 行 優 し さ に 満 ち た 旅 深 夜 の 酒 宴 : 美 し い 女 : 注 解 椎 名 麟 三 文 学 ア ル バ ム 評 伝 的 解 説 佐 古 純 一 郎 四 三 三 装 幀 大 川 泰 央 写 真 撮 影 増 山 紀 夫 作 品 校 正 山 形 庫 之 助 編 集 責 任 桜 田 満 製 作 担 当 勝 呂 睦 男 中 村 真 一 郎 三 三 紅 野 敏 郎 四 0 六 豐 三

現代日本の文学 38 梅崎 春生 椎名 麟三 集


椎 名 三 集 目 次 椎 名 三 文 学 紀 行 優 し さ に 満 ち た 旅 深 夜 の 酒 宴 : 美 し い 女 : 注 解 椎 名 麟 三 文 学 ア ル バ ム 評 伝 的 解 説 佐 古 純 一 郎 四 三 三 装 幀 大 川 泰 央 写 真 撮 影 増 山 紀 夫 作 品 校 正 山 形 庫 之 助 編 集 責 任 桜 田 満 製 作 担 当 勝 呂 睦 男 中 村 真 一 郎 三 三 紅 野 敏 郎 四 0 六 豐 三

現代日本の文学 38 梅崎 春生 椎名 麟三 集


椎 名 麟 三 文 学 ア ル バ ム 椎 名 麟 三 氏 の 精 神 形 成 の 歴 史 を 考 え る と き 、 い つ も 私 が 想 う こ と は 、 少 年 の 日 の 家 出 の こ と で あ る 。 も ち ろ ん 、 少 年 昇 ( 椎 名 麟 三 の 諢 本 名 ) が 十 五 歳 の 時 に 家 出 を 決 行 し た と い う こ と は 、 そ の 背 後 に あ っ た 不 幸 な 生 い 立 ち と 無 関 係 に そ の 意 味 を 考 え る こ と が で き な い ・ か そ れ よ り も 、 私 が 注 意 し た い 点 は 、 「 家 」 と 宅 い う 秩 序 か ら 脱 出 を は か っ た 少 年 の 孤 独 が 、 け ・ つ 医 、 よ ノ \ 、 実 存 的 と 呼 ば れ る 椎 名 氏 の 文 学 の ユ ニ ー ク な 性 格 を 生 み 出 し た の で は な い か 松 と い う こ と な の で あ る 。 そ れ は 、 大 正 十 五 年 ( 一 九 二 六 ) の 六 月 の こ と で あ っ た が 、 年 譜 に よ る と お お よ そ っ ぎ の よ 、 つ な 状 況 で あ っ た 。 ・ : 中 学 三 年 の 麟 三 は 、 六 月 、 父 の 約 束 ふ り こ ・ フ 京 不 履 行 の た め 生 活 難 に 隘 り 、 学 費 生 活 費 - 平 一 ム 勺 刀 牛 見 〈 椎 名 麟 三 〉 一 三 ロ イ ′ 日 角 一 三 ロ 佐 古 純 一 郎 し い な り ん ぞ う 433