検索 - みる会図書館

検索対象: 新東亜大戦④ アメリカ本土最終決戦

新東亜大戦④ アメリカ本土最終決戦から 241件ヒットしました。

新東亜大戦④ アメリカ本土最終決戦


も っ と も 上 空 か ら 見 る 限 り 、 滑 走 路 上 に は 弾 痕 が 残 り 、 施 設 の 焼 け 跡 や 破 壊 さ れ た 陣 地 が 、 点 在 す る 情 景 だ け が 目 を 引 く 。 し か し 地 上 で 間 近 に 見 る と 、 大 部 分 が 痕 跡 を 巧 妙 に 隠 し て は い る が 、 そ れ の 大 半 は 擬 装 で あ る こ と が 見 て 取 れ る 。 コ ン ク リ ー ト 舗 装 の 滑 走 路 に 、 点 在 す る 弾 痕 は す べ て ペ ン キ で 描 か れ た も の で あ る 。 し や ば お そ ら く 娑 婆 で は 、 看 板 絵 描 き と し て 生 計 を 立 て て い た の だ ろ う か 、 見 事 な 腕 前 だ っ た 。 こ う し た 擬 装 は 、 ほ か に も 見 る こ と が で き る 。 た と え ば 、 焼 け 跡 に 見 え る 施 設 も 、 じ つ は 半 地 下 式 の 格 納 庫 や 整 備 壕 を 構 築 し た 痕 跡 を 、 隠 す た め に 施 さ れ た 擬 装 で あ っ ど う や ら 周 辺 の 焼 け 跡 か ら 、 そ っ く り 移 築 し て 、 施 設 を 隠 す 盛 り 土 の 上 へ 、 上 手 に 組 み 立 て た ら し い 。 こ れ で は た と え 空 撮 を お こ な っ た と し て も 、 そ う 簡 単 に は 見 抜 け は し な い だ ろ う 。 実 際 、 こ の 間 に も 何 度 か 飛 来 し た ( 四 の 偵 察 機 仕 様 ) が 、 高 高 度 か ら の 写 真 撮 影 を お こ な っ て い る 。 だ が 地 上 で 演 出 し た 擬 装 に 、 見 事 騙 さ れ た の か 、 ク 基 地 の 機 能 回 復 は ま だ 先 ク と 判 断 し た ら し い 。

新東亜大戦④ アメリカ本土最終決戦


338 そ こ で 設 営 部 隊 以 外 の 部 隊 も 、 大 部 分 が 野 戦 築 城 や 修 復 工 事 に 従 事 し て い た 。 そ の た め 駐 留 飛 行 隊 の 全 機 が 航 空 掩 体 に 収 容 さ れ 、 飛 行 隊 運 用 に 不 可 欠 な 格 納 庫 や 整 備 場 も 、 充 分 な 擬 装 を 施 さ れ て い る 。 ま た 対 空 陣 地 も 、 既 存 の 米 軍 陣 地 を 修 復 し た も の 以 外 に 、 島 内 に は 機 銃 や 高 角 砲 を 据 え た 擬 装 陣 地 が 、 計 画 ど お り 出 来 上 が っ て い た 。 唯 一 手 間 取 っ て い た の は 、 島 内 全 域 を 結 ぶ 有 線 電 話 網 の 建 設 で あ る 。 こ れ は 電 話 線 を 鉄 管 に 通 し て 、 地 中 に 埋 設 す る 工 事 が 必 要 だ っ た た め だ 。 普 通 な ら ば 電 柱 を 立 て て 、 電 線 を 張 り 巡 ら せ る か 、 あ る い は 単 に 地 面 へ 電 線 を 延 ば し て い く だ け で も 、 充 分 な の が 野 戦 電 話 網 な の だ 。 そ ん な も の に 、 こ れ ほ ど 手 間 を か け る の は 、 や は り 爆 撃 対 策 で あ る 。 電 柱 や 地 面 に 延 ば し た 電 線 な ら ば 、 爆 撃 で 破 壊 さ れ 、 あ る い は 寸 断 さ れ る 。 さ ら に 電 柱 が ど こ に 向 か っ て い る か を 、 空 撮 写 真 で 分 析 さ れ れ ば 、 通 信 所 や 旅 団 本 部 の あ り か ま で が 露 見 す る 。 そ れ を 避 け る た め に は 、 地 下 数 メ ー ト ル ま で 溝 を 掘 り 、 こ こ に 電 話 線 を 入 れ た 鉄 管 を 埋 設 す る 。 こ う し た 工 事 は 主 に 夜 間 に お こ な わ れ 、 偵 察 機 が 飛 来 す る 昼 間 は 、 一 切 の 作 業 を 中 止 し て 、 現 場 は 巧 妙 に 擬 装 さ れ て 痕 跡 を 隠 し た 。

新東亜大戦④ アメリカ本土最終決戦


岩 場 の 奥 に も 、 な に か の 施 設 が あ る よ う に 見 せ か け た の だ 。 「 こ ん な 子 供 騙 し の 手 に 引 っ か か る ほ ど 、 ヤ ン キ ー て え の は 馬 鹿 で す か ね え ー 工 事 の 最 中 に も 、 部 下 た ち の 間 か ら は 疑 問 の 声 が 挙 が っ て い た が 、 結 果 は 見 て の と お り で あ っ た 。 「 ホ ン ト に 奴 ら 引 っ か か っ た よ 」 あ め あ ら れ 「 雨 霰 と 爆 弾 を 降 ら せ た ん だ 」 「 そ り ゃ あ 二 〇 機 近 く の 四 が 、 滑 走 路 や 泊 地 を 無 視 し て 、 な に も な い 岩 場 だ け を 集 中 的 に 狙 っ て 、 爆 弾 を 落 と し た ん だ し : : : 」 「 こ の 調 子 で 、 何 カ 所 か に 集 中 爆 撃 を し て く れ れ ば 、 溜 め 池 は 簡 単 に 造 れ る な あ 部 下 た ち は 、 跡 形 も な く 消 え た 岩 場 を 眺 め て 、 呆 れ た よ う に 口 々 に 言 っ て い た 。 ま た 爆 撃 で も 倒 れ ず に 残 っ た 電 柱 は 、 そ の ま ま 陣 地 と 本 部 を 結 ぶ 有 線 電 話 と し て 、 使 、 つ こ と が で き た 。 米 軍 機 が 投 ず る 五 〇 〇 ポ ン ド ( 一 三 七 キ ロ ) や 一 〇 〇 〇 ポ ン ド ( 四 五 四 キ ロ ) 通 常 爆 弾 は 、 そ れ ぞ れ 地 面 に 命 中 す る と 着 発 信 管 が 作 動 し て 、 大 爆 発 を 起 こ す 。 た だ 信 管 が 作 動 す る 前 に 、 加 速 が つ い た 爆 弾 は 浅 く 地 中 に め り 込 む の で 、 爆 発 す る 際 に は 相 当 量 の 土 砂 を 吹 き 上 げ る 。 こ う し て い く つ も の 爆 発 痕 が 、 連 続 し て 周 囲 一 帯 に 生 ず る の だ 。

新東亜大戦④ アメリカ本土最終決戦


し か し そ れ は ソ 連 側 が 、 ウ ォ 1 レ ス 大 統 領 に 対 し て 、 仕 掛 け た 情 報 操 作 の 一 環 で あ っ た 。 も ち ろ ん ウ ォ 1 レ ス に 、 そ の 偽 情 報 を 信 じ さ せ る た め に 、 多 少 の 犠 牲 を 払 っ て い る つ ま り 英 国 政 府 や 英 国 対 外 情 報 部 部 内 に 、 ソ 連 側 の ス パ イ が 潜 ん で い る こ と を 、 そ れ と な く 会 話 の 中 で 匂 わ せ た の だ 。 ス タ ー リ ン は 、 英 国 政 府 の 中 枢 に 送 り 込 ん だ 潜 入 ス パ イ を 危 険 に 曝 し て で も 、 ウ ォ ー レ ス の 信 頼 を 勝 ち 取 る こ と が 重 要 だ と 判 断 し た ら し い 。 も っ と も 後 日 、 大 統 領 の 命 令 で が 、 閣 僚 や 側 近 の 身 辺 調 査 を お こ な っ た が 、 英 国 政 府 へ 情 報 提 供 を し て い た 痕 跡 は 皆 無 で あ っ た 。 だ ま 「 大 統 領 閣 下 は ス タ ー リ ン に 騙 さ れ た の で す ー 報 告 に 現 れ た フ 1 ヴ ァ 長 官 は 、 そ う 言 っ て ウ ォ 1 レ ス の 疑 惑 を 否 定 し て た 。 じ つ は は 情 報 提 供 者 を 閣 僚 で は な く 、 官 邸 職 員 か ら 獲 得 し て い た 。 な ぜ な ら 連 邦 政 府 の 陣 容 は 、 大 統 領 選 挙 の 結 果 で 大 き く 入 れ 替 わ る 。 歴 代 の 大 統 領 は 、 自 分 の 支 持 母 体 の 政 党 関 係 者 に 加 え て 、 側 近 や 有 力 支 持 者 の 中 か ら 、 閣 僚 や 各 官 庁 の 責 任 者 を 任 命 す る 。 そ の 範 囲 は 、 国 務 省 の 幹 部 だ け で な く 、 各 国 へ 赴 任 す る 大 使 や 公 使 に も 及 ぶ か ら 、 じ つ に 広 範 囲 で あ る 。 さ ら

新東亜大戦④ アメリカ本土最終決戦


そ し て 通 り に 立 っ 群 衆 に 向 か っ て 、 お 座 な り に 手 を 振 っ て い た ウ ォ ー レ ス の 上 半 身 、 ほ ぼ 同 じ 瞬 間 に 各 狙 撃 手 の ス コ ー プ 内 へ と 、 収 ま る 。 銃 声 は 群 衆 の 歓 声 に か き 消 さ れ て 、 誰 も 聞 い た 者 は い な か っ た 。 そ し て ど の 弾 丸 が 、 ウ ォ ー レ ス 大 統 領 の 側 頭 部 へ 命 中 し た の か も 、 定 か で は な い 。 た だ は っ き り し て い る の は 、 命 中 し た 銃 弾 が 合 州 国 と 世 界 の 歴 史 を 、 確 実 に 変 え た こ と で あ っ た 。 狙 撃 手 は 、 成 功 不 成 功 に か か わ ら ず 、 全 員 が そ の 場 か ら 速 や か に 逃 走 し て い る 。 た だ 一 個 所 を 除 い て は 、 薬 莢 す ら 落 ち て い な か っ た 。 凶 器 と 思 わ れ る 小 銃 と 薬 莢 三 個 が 発 見 さ れ た の は 、 教 科 書 会 社 の 倉 庫 ビ ル 内 で 、 そ こ に は 犯 人 ら し き 者 の 痕 跡 が 、 わ ず か な が ら 残 さ れ て い た 。 し か し そ れ よ り 重 要 な の は 、 対 日 強 硬 派 だ っ た ウ ォ ー レ ス 大 統 領 が 、 暗 殺 さ れ た こ と だ 。 ダ ラ ス 市 民 病 院 で ウ ォ ー レ ス 大 統 領 の 死 亡 が 確 認 さ れ る と 、 数 時 間 後 に は 副 大 統 領 丿 ー ・ ト ル ー マ ン が 、 合 州 国 憲 法 に よ っ て 大 統 領 へ と 就 任 し た 。 そ し て 最 初 の 閣 僚 会 議 で 、 ・ ト ル ー マ ン 大 統 領 は 自 分 の 決 断 を 口 に し た 。 「 私 は 、 日 本 帝 國 政 府 と の 間 で 一 刻 も 早 く 、 休 戦 交 渉 を お こ な う こ と を 決 め た 」 こ れ を 聞 い た 瞬 間 に 、 国 務 長 官 ハ ル は 顔 を 伏 せ た 。

新東亜大戦④ アメリカ本土最終決戦


し ん と う あ た い せ ん ほ ん ど さ い し ゅ う け っ せ ん 新 東 亜 大 戦 ④ ア メ リ カ 本 土 最 終 決 戦 た か ぬ き の ぶ ひ と 高 貫 布 士 学 研 M 文 庫 2012 年 4 月 24 日 初 版 発 行 発 行 人 発 行 所 発 売 元 脇 谷 典 利 株 式 会 社 学 研 パ プ リ ッ シ ン グ 〒 141 ー 8412 東 京 都 品 川 区 西 五 反 田 2 ー 11 ー 8 株 式 会 社 学 研 マ ー ケ テ ィ ン グ 〒 141 ー 8415 東 京 都 品 川 区 西 五 反 田 2 ー 11 ー 8 印 刷 ・ 製 本 一 中 央 精 版 印 刷 株 式 会 社 ◎ Nobuhito Takanuki 2012 Printed in Japan ☆ ご 購 入 ・ ご 注 文 は 、 お 近 く の 書 店 へ お 願 い い た し ま す 。 ☆ こ の 本 に 関 す る お 問 い 合 わ せ は 次 の と こ ろ へ 。 ・ 編 集 内 容 に 関 す る こ と は 一 一 編 集 部 直 通 Tel 03 ー 6431-1511 ・ 在 庫 ・ 不 良 品 ( 乱 丁 ・ 落 丁 等 ) に 関 す る こ と は 一 一 - 販 売 部 直 通 Tel 03 ー 6431 ー 1201 ・ 文 書 は 、 〒 141-8418 東 京 都 品 川 区 西 五 反 田 2-11 ー 8 学 研 お 客 様 セ ン タ ー 「 新 東 亜 大 戦 ④ 」 係 ☆ こ の 本 以 外 の 学 研 商 品 に 関 す る お 問 い 合 わ せ は 下 記 ま で 。 TeI 03 ー 6431 ー 1002 ( 学 研 お 客 様 セ ン タ ー ) 落 丁 ・ 乱 丁 本 は お 取 り 替 え い た し ま す 。 定 価 は カ バ ー に 明 記 し て あ り ま す 。 本 書 の 無 断 転 載 、 複 製 、 複 写 ( コ ピ ー ) 、 翻 訳 を 禁 じ ま す 。 本 書 を 代 行 業 者 等 の 第 三 者 に 依 頼 し て ス キ ャ ン や デ ジ タ ル 化 す る こ と は 、 た と え 個 人 や 家 庭 内 の 利 用 で あ っ て も 、 著 作 権 法 上 、 認 め ら れ て お り ま せ ん 。 複 写 ( コ ピ ー ) を ご 希 望 の 場 合 は 、 下 記 ま で ご 連 絡 く だ さ い 。 日 本 複 写 権 セ ン タ ー TEL 03-3401-2382 囮 く 日 本 複 写 権 セ ン タ ー 委 託 出 版 物 〉 た 一 28-7

新東亜大戦④ アメリカ本土最終決戦


わ め て 難 し い と の 分 析 だ 。 む ろ ん 上 陸 部 隊 の 第 一 波 、 第 二 波 は 、 内 陸 部 の 砲 台 と 海 岸 防 御 部 隊 が 奮 戦 す れ ば 、 大 損 害 を 与 え る こ と は 可 能 だ ろ う 。 し か し 比 島 攻 防 戦 の 戦 例 を 引 く ま で も な く 、 沖 合 か ら の 艦 砲 射 撃 に 加 え て 、 対 岸 の ロ バ ト カ 岬 砲 台 か ら 長 距 離 重 砲 を 撃 ち 込 ま れ れ ば 、 海 岸 一 帯 の 陣 地 は 長 く は も た な い 。 結 局 、 上 陸 第 三 派 、 第 四 派 を 阻 止 で き な い ま ま に 、 海 岸 堡 を 造 ら れ て 、 内 陸 へ の 侵 攻 を 許 す の は 時 間 の 問 題 だ 。 「 海 岸 線 で 支 え き れ る の は 短 時 間 だ と す れ ば 、 こ こ で の 兵 員 の 消 耗 は 、 あ と あ と の 継 戦 能 力 を 大 き く 損 な う 心 配 が あ り ま す 杉 野 旅 団 長 は 布 陣 変 更 の 理 由 を 、 堤 中 将 に こ う 説 明 し た 。 こ の 説 明 を 補 足 す る よ う に 、 杉 野 旅 団 長 が 卓 上 に 出 し た の は 、 数 日 前 に 司 偵 が 撮 影 し た 写 真 で 、 そ こ に は 半 島 の 軍 事 拠 点 ロ バ ト カ 岬 砲 台 が 空 撮 さ れ て い た 。 早 朝 の 撮 影 で あ っ た の か 、 や や 見 え に く い 個 所 が 多 い が 、 未 舗 装 の 道 路 に は 重 量 物 を 運 搬 し た 跡 に 生 じ る 路 面 荒 廃 の 痕 跡 が あ っ た 。 つ ま り 夜 の う ち に 、 大 重 量 の 物 が 通 過 し た 跡 だ 。 砲 台 に 搬 入 さ れ る 重 量 物 は 、 弾 薬 か 火 砲 と い う の が 常 識 だ 。 じ ゅ う り ん お そ ら く あ ま り の 重 さ に 、 未 舗 装 の 路 面 が 蹂 躙 さ れ 、 そ の 補 修 作 業 が 間 に 合 わ な か っ た の だ ろ う 。 未 舗 装 と は い っ て も 、 充 分 に 圧 延 さ れ 、 砕 石 を 敷 い た 路 面 が 無 残 に 破

新東亜大戦④ アメリカ本土最終決戦


が 、 蛸 壺 の 座 標 位 置 や ー 上 等 兵 と 伍 長 の 唖 然 と し た 表 情 を 見 て 、 今 田 軍 曹 は ニ ン マ リ と し た 。 「 最 後 に 仕 掛 け た 爆 薬 で は 心 許 な い ん で 、 出 発 前 に 指 示 さ れ た 符 丁 を 知 ら せ た ん や 。 ア レ を 伝 え た ら 、 五 分 以 内 に 、 砲 弾 が 降 っ て き て 、 痕 跡 も 残 さ ず に 吹 き 飛 ば し て く れ る 」 そ れ を 打 ち 明 け ら れ た 小 林 上 等 兵 は 、 思 わ ず 今 田 が 伝 え た 数 字 を 復 唱 し た 。 「 え え っ と ・ : ・ : 座 標 点 37564 だ か ら : : ミ ナ ゴ ロ シ : : : 皆 殺 し : : : マ ジ す っ か : ひ え え 5 こ う し た 顛 末 は さ て 置 き 、 観 測 点 か ら 伝 え ら れ た 数 値 に 基 づ き 、 次 々 と 榴 弾 が 赤 軍 の 通 信 拠 点 と 、 そ の 周 辺 に 撃 ち 込 ま れ て い っ た 。 士 た だ し 榴 弾 が 炸 裂 す る 中 で 、 榴 弾 に 混 じ っ て 複 数 の 発 煙 弾 が 同 時 に 撃 ち 込 ま れ て い 賑 た こ と に 、 赤 軍 側 は 気 づ か な か っ た 。 壮 発 煙 弾 は 、 着 弾 後 も 炸 裂 せ す に 、 地 中 に 弾 体 が 埋 ま っ た 状 態 で 着 色 さ れ た 煙 を 噴 き 章 出 し 続 け て い た 。 煙 は 、 周 囲 に 広 が る よ り も 、 上 方 に 向 か っ て 勢 い よ く 立 ち 上 っ て い そ れ は 風 が 吹 き 出 し て 、 厚 い 雲 が 吹 き 散 ら さ れ 、 や や 薄 日 が 射 し 込 む よ う な 天 候 状

新東亜大戦④ アメリカ本土最終決戦


命 ・ 学 研 文 庫 新 東 亜 大 戦 川 高 貫 布 士

新東亜大戦④ アメリカ本土最終決戦


本 書 は 小 社 か ら 出 版 さ れ た 「 新 東 亜 大 戦 ⑦ 」 ( 二 〇 一 〇 年 九 月 ) と 「 新 東 亜 大 戦 ⑧ 」 三 〇 一 一 年 二 月 ) の 一 部 を 改 稿 し て 合 本 し 文 庫 化 し た も の で す 。