検索 - みる会図書館

検索対象: 痕跡 (下) (講談社文庫)

痕跡 (下) (講談社文庫)から 223件ヒットしました。

痕跡 (下) (講談社文庫)


講 談 社 文 庫 痕 跡 ( 下 ) パ ト リ シ ア ・ コ ー ン ウ ェ ル 一 相 原 真 理 子 訳 講 談 社

痕跡 (下) (講談社文庫)


ー 著 者 レ ヾ ト リ シ ア ・ コ ー ン ウ ェ ル マ イ ア ミ 生 ま れ 。 警 察 記 者 、 検 屍 局 の コ ン ピ ュ ー タ ー ・ ア ナ リ ス ト を 経 て 、 19 年 「 検 屍 官 」 で 小 説 デ ビ ュ 。 MWA ・ CWA 最 優 秀 処 女 長 編 賞 を 受 賞 し て 、 一 躍 人 気 作 家 に 。 バ ー ジ ニ ア 州 検 屍 局 長 ケ イ ・ ス カ ー ベ ッ タ が 主 人 公 の 検 屍 官 シ リ ー ズ は DNA 鑑 定 、 コ ン ピ ュ ー タ ー 犯 罪 な ど 時 代 の 最 先 端 の 素 材 を 扱 い 読 者 を 魅 了 、 19g 年 代 ミ ス テ リ ー 界 最 大 の ベ ス ト セ ラ ー 作 品 と な っ た 。 他 の 作 品 に 正 義 感 あ ふ れ る 女 性 警 察 署 長 と そ の 部 下 た ち の 活 躍 を 描 い た 「 ス ズ メ バ チ の 巣 」 「 サ ザ ン ク ロ ス 」 「 女 性 署 長 ハ マ ー 」 な ど 。 ー 訳 都 相 原 真 理 子 東 京 都 生 ま れ 。 慶 應 義 塾 大 学 文 学 部 卒 業 。 フ ア デ ィ マ ン 「 本 の 愉 し み 、 書 棚 の 悩 み 」 ( 草 思 社 ) 、 コ デ ル 「 本 を 読 む っ て お も し ろ い 」 ( 白 水 社 ) 、 フ ィ ル プ リ ッ ク 「 復 讐 す る 海 」 ( 集 英 社 ) 、 コ ー ン ウ ェ ル 「 検 屍 官 」 シ リ ー ズ 、 「 ス ズ メ バ チ の 巣 」 「 サ ザ ン ク ロ ス 」 ( 以 上 、 講 談 テ ザ イ ン 一 菊 地 信 義 社 文 庫 ) な ど 、 翻 訳 書 多 数 。 こ ん せ き 痕 跡 ( 下 ) パ ト リ シ ア ・ コ ー ン ウ ェ ル 一 相 原 真 理 子 訳 あ い は ら ま り ⑥ Mariko Aihara 2004 284 年 12 月 15 日 第 1 刷 発 行 発 行 者 一 一 野 間 佐 和 子 発 行 所 ー ー 株 式 会 社 講 談 社 東 京 都 文 京 区 音 羽 2 ー 12 ー 21 〒 112 ー 8 開 1 電 話 出 版 部 ( 03 ) 5395 ー 3510 販 売 部 ( 03 ) 5395 ー 5817 業 務 部 ( 03 ) 5395 ー 3615 Printed in Japan 製 版 印 刷 製 本 講 談 社 文 庫 凸 版 印 刷 株 式 会 社 大 日 本 印 刷 株 式 会 社 大 日 本 印 刷 株 式 会 社 定 価 は カ バ ー 表 示 し て あ り ま す 落 丁 本 ・ 乱 丁 本 は 購 入 書 店 名 を 明 記 の う え 、 小 社 書 籍 業 務 部 あ て に お 送 り く だ さ い 。 送 料 は 小 社 負 担 に て お 取 替 え し ま す 。 な お 、 こ の 本 の 内 容 に つ い て の お 問 い 合 わ せ は 本 書 の 無 断 複 写 ( コ ピ ー ) は 著 作 権 法 上 で の 例 外 を 除 き 、 禁 じ ら れ て い ま す 。 I S B N 4 ー 0 6 ー 2 7 4 9 4 8 ー 5 文 庫 出 版 部 あ て に お 願 い い た し ま す 。

痕跡 (下) (講談社文庫)


265 痕 跡 ( 下 ) 「 う す い 空 気 に は 慣 れ て る わ 」 彼 女 は 去 っ て い く べ ン ト ン の 背 中 へ む か っ て い っ た 。

痕跡 (下) (講談社文庫)


259 痕 跡 ( 下 ) 「 や つ が ど こ か よ そ で 調 剤 さ せ た 記 録 は な い か ? 南 フ ロ リ ダ で は ? 」 「 リ ッ チ モ ン ド だ け だ 。 全 国 を あ た っ た け ど ね 。 さ っ き い っ た よ う に 、 い ま の 薬 は あ と 五 日 分 し か 残 っ て い な い 。 そ れ が な く な っ た ら 、 困 る は ず だ 。 ほ か に 手 に い れ る 方 法 が な い か ぎ り 」 「 よ く や っ て く れ た 」 ル ー デ ィ は キ ッ チ ン の 冷 蔵 庫 を あ け 、 ミ ネ ラ ル ウ ォ ー タ ー の ポ ト ル を つ か ん だ 。 「 あ と は ま か せ て く れ 」 る 。

痕跡 (下) (講談社文庫)


痕 跡 訳 者 あ と が き ・ 目 次 356

痕跡 (下) (講談社文庫)


121 痕 跡 ( 下 ) る の だ ろ う か ? や が て 何 も き こ え な く な っ た 。 「 べ ン ト ン ? い る の ? べ ン ト ン ? な ん て こ と よ 」 と 、 つ ぶ や く 。 「 な ん て こ と な の よ 」 そ う い っ て 受 話 器 を お い た 。

痕跡 (下) (講談社文庫)


111 痕 跡 ( 下 ) こ と に 、 そ れ に よ っ て 容 疑 者 が 解 放 さ れ た り 、 裁 判 に か け ら れ た り 、 刑 務 所 や 処 刑 室 へ 送 ら れ た り す る こ と も あ り う る 。 ス カ ー ベ ッ タ は 入 れ 歯 の こ と を 考 え た 。 フ ォ ー の 兵 士 が ち が う 入 れ 歯 を 、 死 ん だ 肥 満 女 性 の ロ に 無 理 や り は め よ う と し て い る と こ ろ が 、 目 に う か ぶ 。 こ う し た わ ず か な 気 の ゆ る み が 、 重 大 な ミ ス に つ な が る の 「 な ん で べ ン ト ン に 相 談 し ね え の か 、 わ か ん ね え な 」 マ リ ー ノ は べ ッ ド の 脇 に お か れ た 、 水 の は い っ た コ ッ プ に 手 を の ば し た 。 「 ビ ー ル を 一 、 二 杯 飲 む の が な ぜ い け ね え ん だ ? 迎 え 酒 っ て や つ だ よ 」 「 な ぜ そ ん な こ と し て い い と 思 う の ? 」 ス カ ー ベ ッ タ は フ ァ イ ル フ ォ ル ダ ー を ひ ざ に お き 、 報 告 書 の コ ピ ー を ば ら ば ら め く っ て い る 。 ギ リ ー と ト ラ ク タ ー 運 転 手 に つ い て す で に 知 っ て い る こ と か ら 、 何 ら か の 新 し い 事 実 が う か ん で こ な い か と 期 待 し て い る の だ 。 「 ア ル コ ー ル は 傷 の 治 り を 遅 く す る の よ 。 そ も そ も お 酒 は い ま ま で だ っ て あ な た に あ ま り や さ し く な か っ た で し よ う ? 」 「 ゆ う べ は や さ し い ど こ ろ じ ゃ な か っ た 」 「 好 き な も の を 注 文 す れ ば い い わ 。 わ た し は あ あ し ろ 、 こ う し ろ と あ な た に 指 図 は し ま せ ん か ら ね 」

痕跡 (下) (講談社文庫)


さ て 、 つ ぎ の 十 四 作 目 だ が 、 作 者 は す で に 執 筆 を す す め て お り 、 タ イ ト ル も 『 Predator 』 と き ま っ て い る 。 逃 亡 中 の は ず の 狼 男 シ ャ ン ド ン が 再 び 登 場 す る の か 、 ま っ た く 新 た な ス ト ー リ ー に な る の か は 、 ) し ま の と こ ろ ま だ 不 明 だ 。 本 書 『 痕 跡 』 で ス カ ー ベ ッ タ は リ ッ チ モ ン ド へ も ど っ た が 、 こ こ に 腰 を 落 ち 着 け る 気 は な さ そ う だ 。 コ ー ン ウ エ ル は 最 近 ポ ス ト ン に 居 を か ま え た と き く 。 『 黒 蠅 』 で 登 場 し た こ と の あ る こ の 町 が 、 今 後 ス ト ー リ ー の 舞 台 に な る 可 能 性 も あ る だ ろ う 。 楽 し み に 次 作 の 完 成 を 待 ち た い 。 と こ ろ で 本 シ リ ー ズ の 映 画 化 の 話 は こ れ ま で に も 何 度 か あ っ た が 、 実 現 は し な か っ た 。 だ が 先 日 、 四 作 目 の 『 真 犯 人 』 が 映 画 化 さ れ る と い う ニ ュ ー ス が 伝 え ら れ た 。 監 督 は ジ ョ ン ・ グ リ シ ャ ム 原 作 の 『 依 頼 人 』 、 『 評 決 の と き 』 な ど を て が け て い る ジ ョ 工 ル ・ シ ュ マ ッ カ ー 、 そ し て 気 に な る ス カ ー ベ ッ タ 役 に は ジ ョ デ ィ ・ フ ォ ス タ ー の 名 前 が あ が っ て い る 。 完 成 が い つ に な る の か は 未 定 の よ う だ が 、 今 度 こ そ ス ク リ ー ン で ケ イ に 会 え る こ と を 期 待 し た い と 思 う 。 本 書 の 出 版 に あ た り 、 今 年 も 多 く の 方 々 の お 世 話 に な っ た 。 お 忙 し い な か 、 丁 寧 に 原 稿 に 目 を と お し 、 貴 重 な 助 言 を し て く だ さ っ た 作 家 で あ り 法 医 学 者 で も あ る 椹 野 道 流 氏 を は じ め 、 い つ も な が ら 叱 咤 激 励 に つ と め て く だ さ っ た 講 談 社 文 庫 出 版 部 の 皆 様

痕跡 (下) (講談社文庫)


ト レ ー ニ ン グ キ ャ ン プ の な か の 細 い 道 を と お っ て 、 五 人 の 捜 査 官 が そ れ ぞ れ べ つ の 方 向 か ら 、 し つ く い を 塗 っ た セ メ ン ト 屋 根 の 小 さ な 家 に せ ま っ て い る 。 彼 ら は ブ ッ シ ュ ネ ル 社 の ス コ ー プ と タ ク テ ィ カ ル ラ イ ト を 装 着 し た 、 九 ミ リ 口 径 カ ー ビ ン 銃 の べ レ ッ タ ・ ス ト ー ム で 武 装 し て い る 。 そ の 家 は 古 く 、 あ ち こ ち 傷 ん で お り 、 雑 草 の お い し げ つ た せ ま い 庭 は 、 空 気 で ふ く ら ま せ た サ ン タ や ス ノ ー マ ン や 棒 キ ャ ン デ ィ で 、 け ば け ば し く 飾 ら れ て い る 。 ヤ シ の 木 に は 色 と り ど り の 電 球 が 、 お ざ な り に は り め ぐ ら さ れ て い た 。 家 の な か で 犬 が ひ っ き り な し に ほ え て い る 。 捜 査 官 た ち は 体 に な な め に か け た タ ク テ ィ カ ル ス リ ン グ に べ レ ッ タ ・ ス ト ー ム を つ け 、 銃 口 が 四 十 度 の 角 度 で 下 を む く よ う に か ま え て い る 。 黒 ず 下 く め の 服 装 で 、 襲 撃 の と き に は ふ つ う つ け る 防 弾 チ ョ ッ キ を 、 つ け て い な い 跡 家 の な か で は 、 ル ー デ ィ ・ ム ー ジ ル が バ リ ケ ー ド の か げ で 悠 然 と 待 ち か ま え て い 痕 る 。 テ ー プ ル や 椅 子 を ひ っ く り か え し て 高 く つ み あ げ た バ リ ケ ー ド は 、 キ ッ チ ン の せ ま い 戸 口 を ふ さ い で い る 。 ル ー デ ィ は 迷 彩 色 の ズ ボ ン に テ ニ ス シ ュ ー ズ を は き 、

痕跡 (下) (講談社文庫)


「 そ う ね え 、 ホ ル ム ア ル デ ヒ ド や 何 か の 刺 激 性 物 質 に さ ら さ れ な く な れ ば 、 病 気 は 進 は ん こ ん 行 し な い は ず だ け ど 。 で も よ く な る わ け で も な い 。 肺 組 織 に 瘢 痕 が 残 る か ら 。 そ う な る と 、 も う も と に は も ど ら な い の 。 だ か ら そ う ね 、 彼 は ま だ 病 気 を か か え て い る は ず だ わ 。 そ れ が ど れ ぐ ら い 深 刻 か は わ か ら な い け ど 」 「 か か り つ け の 医 者 が い る は ず で す よ ね 。 昔 の 職 員 フ ァ イ ル を 見 れ ば 、 医 者 の 名 前 が わ か り ま す か ね ? 」 「 フ ァ イ ル が ま だ あ る と す れ ば 、 州 の 公 文 書 保 管 所 ね 。 で も ド ク タ ー ・ マ ー カ ス に 請 求 し て も ら わ な い と 。 わ た し に は 権 限 が な い か ら 」 「 え え 。 医 師 と し て の あ な た の 意 見 を き き た い ん で す が ね 、 ド ク タ ー ・ ス カ ー ベ ッ タ 。 つ ま り ぼ く が 知 り た い の は 、 い ま の そ の 男 の 健 康 状 態 な ん で す 。 ま だ 具 合 が 悪 く て 、 そ の 医 者 に か か っ て い る か 、 ど こ か の ク リ ニ ッ ク に い っ て い る 、 あ る い は 処 方 薬 を 飲 ん で い る と 思 い ま す ? 」 下 「 も ち ろ ん 処 方 薬 を 飲 ん で い る 可 能 性 は あ る わ 。 で も 薬 は 飲 ん で い な い か も し れ な 跡 そ れ な り に 健 康 に 気 を つ か っ て い る な ら 、 い ち ば ん 気 を つ け て い る の は 病 気 の 人 痕 と 接 触 し な い よ う に す る こ と で し よ う ね 。 か ぜ や イ ン フ ル エ ン ザ に か か っ て い る 人 を さ け て 、 う つ ら な い よ う に す る こ と 。 上 気 道 の 感 染 症 に か か る と 面 倒 な こ と に な る 。