検索 - みる会図書館

検索対象: 砦なき者

砦なき者から 216件ヒットしました。

砦なき者


講 談 社 立 庫 砦 な き 者 野 沢 尚 講 談 社

砦なき者


242 長 坂 と 赤 松 は 勢 い を そ が れ 、 つ ん の め っ た よ う な 気 分 に な る 。 「 で は 、 彼 女 の 死 因 に は ど ん な 不 審 な 点 が : : : 」 「 首 吊 り 死 体 を 見 た こ と は あ る か ね 」 「 い え 。 銃 弾 で 頭 を 吹 き 飛 ば さ れ た 死 体 な ら 、 外 国 の 内 戦 地 帯 で 嫌 と い う ほ ど 目 に し ま し た 「 首 を 吊 っ て 二 分 か ら 三 分 す る と 、 仮 死 込 態 に な っ た 自 殺 者 は 大 便 や 小 便 を 洩 ら す 。 全 て の 筋 肉 が 弛 緩 す る た め だ 。 古 谷 め い 子 の 死 体 の 周 り に は そ う い う 痕 跡 は な か っ た 。 見 苦 し い 有 り 様 に し た く な か っ た ん だ ろ う 、 首 を 吊 る 前 に 排 便 を 済 ま せ た よ う だ な 。 問 題 は こ の 痕 跡 白 黒 写 真 の 束 か ら 、 一 一 人 に 見 せ て も い い と 判 断 し た 写 真 を 選 び 、 テ ー プ ル に 広 げ た 。 写 真 の 上 の 方 に 、 だ ら ん と 垂 れ 下 が っ た 素 足 が 見 え る 。 ビ ジ ネ ス ・ ホ テ ル の べ ッ ド の 上 に 換 気 孔 が あ り 、 そ こ に 浴 衣 の 帯 を く ぐ ら せ 、 古 谷 め い 子 は 首 を 吊 っ て い た と い う 。 写 真 は 足 の 真 下 、 枕 に 広 が る 大 き な 染 み を 捉 ら え て い た 。 「 失 禁 し た 跡 で は な い ん で す か ? 」 「 違 う 。 調 べ た が 尿 で は な か っ た 。 何 だ と 思 う 。 発 見 さ れ た 時 は す で に 乾 き か け て い た 。 も う 少 し 遅 れ て い た ら 見 逃 し て い た か も し れ な い 」 長 坂 と 赤 松 は 顔 を 見 合 わ せ て 考 え る 。 尿 や 汗 以 外 の 人 間 の 体 液 。 力 」 し か ん

砦なき者


「 で 、 そ の お 仲 間 は ? 」 「 彼 の 友 人 の ア パ ー ト で 死 ん だ よ う に 眠 っ て い ま し た 。 と に か く 胃 の 中 身 を 吐 か せ て 、 病 院 に 連 れ て 行 き ま し た 」 「 救 急 車 は 呼 ば な か っ た ん で す ね ? 」 「 え え 。 疑 う よ う だ っ た ら 本 人 に 会 っ て 訊 い て 下 さ い 。 実 家 が 鶯 谷 の 肉 屋 で 、 安 西 新 平 と い う の 十 九 歳 の 少 年 で す 。 も う い い で す か 」 「 解 剖 の 所 見 が 入 っ て き ま し た 」 話 は ま だ 終 わ っ て い な い 。 「 長 坂 さ ん は 確 か に 自 殺 だ そ う で す 」 あ い づ ち 八 尋 は も な く 、 赤 松 を 見 返 し た ま ま で 聞 く 。 「 た だ し 、 胸 や 腹 部 に 打 撲 の 痕 が あ っ た そ う で す 。 格 闘 の 痕 跡 か も し れ な い と い う こ と で 臨 す 」 降 そ れ で ? と 八 尋 の 目 が 訊 き 返 し て い た 。 「 そ の 日 、 市 の 駅 に 何 人 か の 若 者 が 降 り 立 っ た そ う で す 。 彼 ら は タ ク シ ー に 乗 っ て 、 〈 菻 章 保 護 区 に 行 っ て ほ し い と 運 転 手 に 言 っ た 。 と こ ろ が 途 中 で 降 り て 、 別 の 自 家 用 車 に 乗 っ て 去 = 一 つ て 行 っ た 。 ど れ も 地 一 兀 の 若 者 に は 見 え な か っ た と 、 運 転 手 は 私 た ち の 取 材 に 答 え ま し た 」 「 赤 松 さ ん 」 八 尋 が 遮 っ た 。 赤 松 は 構 わ ず 続 け る 。 ほ と ば し る 感 情 を 止 め ら れ な い 。 あ 。 を ご い し を へ

砦なき者


は ハ ン デ ィ ・ カ メ ラ を 抱 え て い る 。 森 か ら 救 急 隊 員 が 担 架 を 運 ん で き た 。 防 水 マ ッ ト を か け ら れ た 人 間 だ 。 「 先 ほ ど 通 報 し た 首 都 テ レ ビ の 者 で す 。 何 が あ っ た ん で す か 」 あ ま へ か つ ば 雨 合 羽 を 着 た 地 元 警 官 に 詰 め 寄 る 。 自 分 の 声 と は 思 え な い ほ ど 動 揺 し 、 震 え て い る 。 「 確 認 し て い た だ け ま す か 」 赤 松 は 担 架 の 許 に 連 れ て い か れ る 。 い や だ 、 見 た く な い 。 紀 藤 は カ メ ラ を 肩 か ら 下 ろ し た 。 撮 影 す る の は 全 て を 確 認 し て か ら だ 。 自 分 の 見 た い も の を 見 る 時 だ け だ 。 マ ッ ト が め く ら れ る 。 長 坂 が 眠 っ て い た 。 寝 る 場 所 を 間 違 え て い ま せ ん か と 声 を か け た く な る ほ ど 、 安 ら か な 顔 に 雨 粒 が 落 ち る 。 血 の 気 を 失 っ た 首 は 斜 め に 縄 の 痕 跡 を 残 し て い た 。 上 半 身 は 裸 だ っ た 。 臨 赤 松 は ロ を 押 さ え る 。 心 臓 が 喉 元 ま で せ り 上 が っ て い る 。 声 に な ら な い 悲 鳴 が 喉 の 中 で 哮 降 り 狂 っ て い る 。 「 発 見 し た 時 は 手 遅 れ で し た 。 ロ ー プ で 首 を 吊 っ て い ま し た 。 衣 服 は 全 部 脱 ぎ 捨 て て あ り ま 章 し た 」 = 一 紀 藤 は 歯 を 食 い 縛 り 、 カ メ ラ を 構 え る 。 レ ン ズ の 水 滴 を 拭 っ て 長 坂 の 穏 や か な 死 に 顔 を 捉 ら え た 。 奈 々 は 後 ず さ り 、 水 た ま り の 地 べ た に へ た り こ む 。 赤 松 は 長 坂 の 頬 に 触 れ た 。 冷 た か っ た 。 死 の 咸 覺 が 指 先 を 痺 れ さ せ る 。 た け

砦なき者


ー 著 者 一 野 沢 尚 1960 年 、 愛 知 県 名 古 屋 市 生 ま れ 。 日 本 大 学 芸 術 学 部 映 画 学 科 卒 業 。 1983 年 第 9 回 城 戸 賞 受 賞 。 1985 年 テ レ ビ ド ラ マ 「 殺 し て 、 あ な た 」 て 、 脚 本 家 デ ビ ュ ー 。 以 後 テ レ ビ 、 映 画 て 、 活 躍 。 1997 年 「 破 線 の マ リ ス 』 て 、 第 43 回 江 戸 川 乱 歩 賞 受 賞 。 同 年 「 恋 愛 時 代 』 て 、 第 4 回 島 清 恋 愛 文 学 賞 受 賞 。 1999 年 テ レ ビ ド ラ マ 「 結 婚 前 夜 」 「 眠 れ る 森 」 て 第 17 回 向 田 邦 子 賞 受 賞 。 2001 年 「 深 紅 』 ( 講 談 社 ) て 、 第 22 回 吉 川 英 治 文 学 新 人 賞 受 賞 。 2005 年 テ レ ビ ド ラ マ 「 砦 な き 者 」 な ど の 脚 本 で 第 29 回 工 ラ ン ド ー ル 賞 特 別 賞 受 賞 。 テ レ ビ 作 品 「 親 愛 な る 者 へ 」 「 青 い 鳥 」 「 氷 の 世 界 」 「 水 曜 日 の 情 事 」 な ど の ほ か 「 川 、 そ し て 海 へ 」 で の 倉 本 聰 、 三 谷 幸 喜 氏 と の 共 同 脚 本 も 話 題 に 。 映 画 作 品 「 マ リ リ ン に 逢 い た い 」 「 そ の 男 、 凶 暴 に つ き 」 ほ か 。 小 説 『 リ ミ ッ ト 』 『 砦 な き 者 』 『 魔 笛 』 『 ひ た ひ た と 』 ( 講 談 社 ) 、 『 龍 時 03 ー 04 』 『 ふ た た び の 恋 』 ( 文 藝 春 秋 ) 、 『 殺 し 屋 シ ュ ウ 』 ( 幻 冬 舎 ) 、 『 烈 火 の デ ザ イ ン 一 菊 地 信 義 月 』 ( 小 学 館 ) ほ か 。 も の と り で 砦 な き 者 の ざ わ ひ さ し 野 沢 尚 ⑥ Yukiko Nozawa 2004 2004 年 2 月 巧 日 第 一 刷 発 行 2005 年 3 月 馬 日 第 8 刷 発 行 発 行 者 一 一 野 間 佐 和 子 発 行 所 ー ー 株 式 会 社 講 談 社 東 京 都 文 京 区 音 羽 2 ー 12 ー 21 〒 112-8001 電 話 出 版 部 ( 03 ) 5395 ー 3510 販 売 部 ( 03 ) 5395 ー 5817 業 務 部 ( 03 ) 5395 ー 3615 Printed in Japan 製 版 印 刷 製 本 大 日 本 印 刷 株 式 会 社 大 日 本 印 刷 株 式 会 社 株 式 会 社 千 曲 堂 講 談 社 文 庫 定 価 は カ バ ー ( 表 示 し て あ り ま す 落 丁 本 ・ 乱 丁 本 は 購 入 書 店 名 を 明 記 の う え 、 小 社 書 籍 業 務 部 あ て に お 送 り く だ さ い 。 送 科 は 小 社 負 担 に て お 取 替 え し ま す 。 な お 、 こ の 本 の 内 容 に つ い て の お 問 い 合 わ せ は 本 書 の 無 断 複 写 ( コ ビ ー ) は 著 作 権 法 上 で の 例 外 を 除 き 、 禁 じ ら れ て い ま す 。 I S B N 4 ー 0 6 - 2 7 59 64 ー X 文 庫 出 版 部 あ て に お 願 い い た し ま す 。

砦なき者


講 談 社 文 庫 刊 行 の 辞 二 十 一 世 紀 の 到 来 を 目 睫 に 望 み な が ら 、 わ れ わ れ は い ま 、 人 類 史 上 か っ て 例 を 見 な い 巨 大 な 転 換 期 を む か え よ う と し て い る 。 世 界 も 、 日 本 も 、 激 動 の 予 兆 に 対 す る 期 待 と お の の き を 内 に 蔵 し て 、 未 知 の 時 代 に 歩 み 入 ろ う と し て い る 。 こ の と き に あ た り 、 創 業 の 人 野 間 清 治 の 「 ナ シ ョ ナ ル ・ エ デ ュ ケ イ タ ー 」 へ の 志 を 現 代 に 甦 ら せ よ う と 意 図 し て 、 わ れ わ れ は こ こ に 古 今 の 文 芸 作 品 は い う ま で も な く 、 ひ ろ く 人 文 ・ 社 会 ・ 自 然 の 諸 科 学 か ら 東 西 の 名 著 を 網 羅 す る 、 新 し い 綜 合 文 庫 の 発 刊 を 決 意 し た 。 激 動 の 転 換 期 は ま た 断 絶 の 時 代 で あ る 。 わ れ わ れ は 戦 後 一 一 十 五 年 間 の 出 版 文 化 の あ り か た へ の 深 い 反 省 を こ め て 、 こ の 断 絶 の 時 代 に あ え て 人 間 的 な 持 続 を 求 め よ う と す る 。 い た ず ら に 浮 薄 な 商 業 主 義 の あ だ 花 を 追 い 求 め る こ と な く 、 長 期 に わ た っ て 良 書 に 生 命 を あ た え よ う と っ と め る と こ ろ に し か 、 今 後 の 出 版 文 化 の 真 の 繁 栄 は あ り 得 な い と 信 ヒ る か ら で あ る 。 同 時 に わ れ わ れ は こ の 綜 合 文 庫 の 刊 行 を 通 じ て 、 人 文 ・ 社 会 ・ 自 然 の 諸 科 学 が 、 結 局 人 間 の 学 に ほ か な ら な い こ と を 立 証 し よ う と 願 っ て い る 。 か っ て 知 識 と は 、 「 汝 自 身 を 知 る 」 こ と に つ き て 。 現 代 社 会 の 瑣 末 な 情 報 の 氾 濫 の な か か ら 、 力 強 い 知 識 の 源 泉 を 掘 り 起 し 、 技 術 文 明 の た だ な か に 、 生 き た 人 間 の 姿 を 復 活 さ せ る こ と 。 そ れ こ そ わ れ わ れ の 切 な る 希 求 で あ る 。 わ れ わ れ は 権 威 に 盲 従 せ す 、 俗 流 に 媚 び る こ と な く 、 渾 然 一 体 と な っ て 日 本 の 「 草 の 根 」 を か た ち づ く る 若 く 新 し い 世 代 の 人 々 に 、 心 を こ め て こ の 新 し い 綜 合 文 庫 を お く り 届 け た い 。 そ れ は 知 識 の 泉 で あ る と と も に 感 受 性 の ふ る さ と で あ り 、 も っ と も 有 機 的 に 組 織 さ れ 、 社 会 に 開 か れ た 万 人 の た め の 大 学 を め ざ し て い る 。 大 方 の 支 援 と 協 力 を 衷 心 よ り 切 望 し て や ま な い 。 一 九 七 一 年 七 月 野 間 省 一

砦なき者


跖 「 監 察 医 に よ る と 、 椎 骨 動 脈 を 絞 め る に は 三 十 キ ロ の 力 が 必 要 だ そ う で す 。 数 人 が か り な ら 自 殺 に 見 せ か け る こ と も 可 能 な ん で す 。 格 闘 の 痕 跡 は そ の 時 の も の だ と し た ら 」 「 赤 松 さ ん 」 八 尋 は も う 一 度 遮 る 。 近 寄 っ て き た 。 赤 松 の 鼻 先 ま で 迫 っ て き た 。 「 恐 い で し よ う ね 」 「 凡 5 い . ど う い う 意 味 か と 見 返 す 。 「 長 坂 さ ん と 同 じ 森 に 迷 い こ ん で い る ん じ ゃ な い か と 思 う と 、 恐 く て 仕 方 が な い ん で し ょ ロ 許 が 頬 に 引 か れ る 。 テ レ ビ で は 決 し て 映 さ れ る こ と の な い 、 八 尋 の 魔 物 め い た せ せ ら 笑 「 で も 大 丈 夫 で す 。 あ な た が 人 に 優 し い マ ス コ ミ 人 で あ る 限 り は 」 俺 を 怒 ら せ た ら 長 坂 の 一 一 の 舞 だ 。 八 尋 は そ う 言 い た い の だ 。 「 脅 迫 で す か 、 そ れ は 」 解 釈 は ご 自 由 に 、 と い う 表 情 を 浮 か べ た 。 踵 を 返 し て 玄 関 の 自 動 ド ア を く ぐ り 、 ハ イ ヤ ー に 乗 り こ む 。 ま だ 生 か し て お い て や る 。 八 尋 は 赤 松 に そ う 告 け た の だ 。

砦なき者


原 田 宗 典 見 学 ノ ス ス メ は に わ き み こ た ま ら な い 女 平 岩 弓 枝 は や ぶ さ 新 八 御 型 旧 〕 馬 場 啓 一 白 洲 次 郎 の 生 き 方 は に わ き み こ 、 こ ま な い 女 平 岩 弓 枝 は や ぶ さ 新 、 〕 馬 場 啓 一 白 洲 正 子 の 生 き 方 蜂 谷 涼 小 樽 ビ ャ ホ ー ル 平 岩 弓 枝 は や ぶ さ 新 ム 酳 帳 g 平 岩 弓 枝 は や ぶ さ 新 八 御 用 帳 田 望 帰 ら ぬ 日 遠 い 昔 遙 洋 子 結 婚 し ま せ ん 。 ^ 幽 霊 屋 敷 の 女 〉 林 望 リ ン ボ ウ 先 生 の 書 物 探 偵 帖 平 岩 弓 枝 お ん な み ち 全 三 冊 平 岩 弓 枝 は や ぶ さ 新 八 御 用 旅 曰 ひ づ め 帚 木 蓬 生 ア フ リ カ の 蹄 平 岩 弓 枝 花 嫁 の 日 平 岩 弓 枝 鑠 と ん の 飛 ん だ 道 帚 木 蓬 生 空 夜 平 岩 弓 枝 結 婚 の 四 季 平 岩 弓 枝 も の は 言 い よ う 録 帚 木 蓬 生 空 山 平 岩 弓 枝 わ た し は 椿 姫 東 野 圭 吾 放 課 後 目 業 祭 東 野 圭 吾 卒 坂 東 眞 砂 子 道 祖 土 家 の 猿 嫁 平 岩 弓 枝 花 ^ 雪 月 花 殺 人 ゲ ー ム > 庫 花 村 萬 月 皆 月 平 岩 弓 枝 青 の 伝 説 東 野 圭 吾 学 生 街 の 殺 人 社 浜 な っ 子 ア ジ ア 的 生 活 平 岩 弓 枝 青 の 回 帰 92 東 野 圭 吾 魔 球 講 浜 な っ 子 死 ん で も 平 岩 弓 枝 青 の 背 信 東 野 圭 吾 浪 花 少 年 探 偵 団 〈 マ ニ ラ 行 き の 男 た ち 〉 畠 山 健 二 下 町 の オ キ テ 平 岩 弓 枝 五 人 女 捕 物 く ら べ 東 野 圭 吾 し の ぶ セ ン セ に サ ヨ ナ ラ ^ 浪 花 少 年 探 偵 団 ・ 独 立 編 〉 林 丈 二 イ タ リ ア 歩 け ば : 平 岩 弓 枝 は や ぶ さ 新 八 〕 〔 東 野 圭 吾 十 字 屋 敷 の ピ エ ロ 平 岩 弓 枝 林 丈 二 フ ラ ン ス 歩 け ば : は や ぶ さ 新 八 噸 ロ 〔 東 野 圭 吾 眠 り の 森 現 日 林 丈 二 大 は ど こ ? 平 岩 弓 枝 は や 灯 さ 締 物 御 用 帳 〔 〔 〔 東 野 圭 吾 宿 身 月 ー ビ ー ・ 山 口 女 王 陛 下 の ロ ン ド ン 平 岩 弓 枝 は や ぶ さ 新 八 帳 四 東 野 圭 吾 変 原 口 純 子 中 国 の 賢 い キ ッ チ ン 平 岩 弓 枝 は や ぶ さ 新 八 噸 国 東 野 圭 吾 仮 面 山 荘 殺 人 事 件 年 原 日 純 子 と 中 華 生 活 ウ ォ ッ チ ャ ー ズ 踊 る 中 国 人 平 岩 弓 枝 は や ぶ さ 新 八 御 用 〔 東 野 圭 吾 天 使 の 耳 ど

砦なき者


258 の 選 択 は 考 え ら れ な か っ た 。 あ れ は 軍 隊 で は な い 。 見 か け 倒 し の 威 嚇 集 団 で し か な い 。 軍 用 服 に 袖 を 通 し て 、 ぎ 澄 ま し た ナ イ フ で 肉 を 切 る 日 々 に 「 囁 き 」 が 訪 れ た 。 死 な な け れ ば な ら な い 人 間 が い る 。 今 、 八 尋 さ ん の 「 囁 き 」 を 受 け た 者 の 中 で 、 ど れ だ け の 人 間 が 刃 物 を 手 に し て い る こ と だ ろ う か 。 み ん な が 凶 器 を 握 れ ば 恐 く な い 。 恐 く な け れ ば 殺 人 は 肯 定 さ れ 、 法 に 許 さ れ る 行 為 と な る 。 法 は 国 家 に あ る 。 八 尋 さ ん と い う 国 家 に 。 少 年 は 凶 器 を 隠 し 持 ち 、 街 に 放 た れ た 。 渋 谷 の ビ ジ ネ ス ・ ホ テ ル に 部 屋 を 取 り 、 長 坂 を 迎 え 入 れ た 。 「 大 丈 夫 で す か 」 に じ 長 坂 の 腕 に 血 が 滲 ん で い た 。 バ タ フ ラ イ ・ ナ イ フ が か す め た 痕 だ っ た 。 狭 い シ ン グ ル ・ ル ー ム 。 赤 松 と 長 坂 は 息 を ひ そ め て 向 か い 合 う 。 廊 下 に 足 音 が 聞 こ え る と 、 ド ア の 前 を そ れ が 通 り 過 ぎ る ま で 黙 り こ く る 。 「 俺 は 赤 坂 の カ プ セ ル ・ ホ テ ル に 泊 ま り ま す 。 離 れ て い る ほ う が い い で し よ う 。 さ っ き の 樋 口 奈 々 と 連 絡 を 取 り ま し た 。 局 の 通 用 門 に も 若 者 十 数 人 が 集 ま っ て い る そ う で す 。 し ば ら く ホ 1 ム レ ス 状 態 で い る の が 安 全 み た い で す ね 」 「 福 島 で 何 か 分 か っ た か 」

砦なき者


せ き つ い 「 こ れ が 気 導 こ れ が 頸 動 脈 。 こ れ が 脊 椎 の 骨 に 保 護 さ れ た 椎 骨 動 脈 だ 。 ま ず 最 初 に は っ き り さ せ て お か ね ば な ら ん の が 、 絞 殺 と 首 吊 り で は 死 因 が 異 な る 場 合 が 多 い と い う こ と だ 。 他 殺 で は 気 道 が 塞 が れ た こ と に よ る 窒 息 死 が 多 い 。 一 方 、 自 殺 で は 脳 に ゆ く 血 液 が 遮 断 さ れ て 脳 内 が 酸 欠 込 態 に な る こ と に よ っ て 死 に 至 る 場 合 が 圧 倒 的 に 多 い 。 自 分 で 首 を 吊 る と 、 気 道 と 頸 動 脈 だ け で な く 、 上 か ら 引 っ 張 り あ げ ら れ て 角 度 が つ く た め 椎 骨 動 脈 も 塞 が れ 、 脳 へ の 血 液 供 給 は 瞬 時 に し て 止 ま る 。 そ の た め 顔 色 は 真 っ 青 に な り 、 結 膜 に 溢 血 点 も 見 な い 。 こ れ に 対 し て 絞 殺 で は : 首 の 側 面 図 に 真 横 に 線 を 入 れ る 。 「 こ う 絞 め る と 、 頸 動 脈 は 塞 が れ て も 、 椎 骨 動 脈 は 骨 に 守 ら れ て い る た め 閉 塞 さ れ な い こ と が 多 い 。 首 か ら 上 に 血 は 回 る こ と に な り 、 他 殺 の 場 合 の 顔 色 は 濃 い 赤 紫 色 で 、 溢 血 点 も 出 る 。 椎 骨 動 脈 を 完 全 に 閉 塞 さ せ る に は 約 一 一 一 十 キ ロ の 力 を か 臨 け な け れ ば な ら な い と 言 わ れ て い る 。 つ ま り 人 間 が 全 体 重 を か け た 首 吊 り の 場 合 以 外 に 、 絞 降 殺 で 椎 骨 動 脈 を 塞 ぐ こ と は 不 可 能 に 近 い 、 と い う わ け だ 」 大 石 が 一 = ロ 葉 を 切 る と 、 長 坂 が 満 を 持 し て 尋 ね た 。 章 「 古 谷 め い 子 は 自 殺 だ っ た と 警 察 は 発 表 し ま し た が 、 実 は 溢 血 の 痕 跡 も あ っ て 他 殺 の 疑 い も 三 あ っ た 、 と い う こ と で す か ? 」 「 い や 、 顔 色 と 溢 血 点 の ~ 磊 だ お い て は 、 彼 女 は 自 殺 だ っ た 。 警 察 が そ こ ま で ね じ 山 け て 発 表 を し た ら 、 こ り や 大 問 題 だ 」 こ ん せ き