検索 - みる会図書館

検索対象: 人民の敵 第38号

人民の敵 第38号から 44件ヒットしました。

人民の敵 第38号


第 38 号 人 民 の 敵 外 山 恒 ー 活 動 報 告 誌 頒 価 1000 円 〈 単 行 本 用 未 発 表 原 稿 〉 『 全 共 闘 以 後 』 第 三 章 ( 2 ) 今 号 の 内 容 2017 年 1 1 月 1 日 02

人民の敵 第38号


人 民 の 敵 第 38 号 外 山 恒 ー 活 動 報 告 誌 頒 価 1000 円 く 単 行 本 用 未 発 表 原 稿 〉 『 全 共 闘 以 後 』 第 三 章 ( 2 ) 今 号 の 内 容 2017 年 1 1 月 1 日 02

人民の敵 第38号


第 38 号 人 民 の 敵 外 山 恒 ー 活 動 報 告 誌 頒 価 1000 円 〈 単 行 本 用 未 発 表 原 稿 〉 『 全 共 闘 以 後 』 第 三 章 ( 2 ) 今 号 の 内 容 2017 年 1 1 月 1 日 02

人民の敵 第38号


本 誌 は 、 外 山 恒 ー の 活 動 に 毎 月 5000 円 の 資 金 カ ン バ を し て く れ る 方 に 感 活 動 報 告 “ を 兼 ね て 送 付 し て い る も の で す 。 送 付 を 希 望 さ れ る 方 は 、 [email protected] ま で 、 あ る い は 外 山 に 直 接 、 送 付 先 住 所 ・ 氏 名 を お 知 ら せ く だ さ い 。 毎 月 末 に 「 福 岡 銀 行 春 日 原 支 店 普 通 1167080 ト ヤ マ コ ウ イ チ 」 へ の カ ン パ の 振 込 を 確 認 し 、 翌 月 は じ め に 最 新 号 を 送 付 し ま す 。 本 誌 が 一 方 的 に 送 り つ け て ら れ て く る 全 国 各 地 の 主 だ っ た 友 人 知 人 の 皆 様 も 、 た ま に は 労 を ね ぎ ら っ て カ ン パ い た だ け れ ば と 。 〈 発 行 シ ス テ ム 変 更 の お 知 ら せ 〉 2015 年 1 1 月 発 行 の 第 14 号 ま で 、 。 580 円 を カ ン バ す る と 最 新 号 が 亠 皿 送 付 さ れ る “ と い う シ ス テ ム で し た が 、 現 在 は 汚 000 円 を カ ン パ す る と 最 新 号 が 送 付 さ れ る “ シ ス テ ム と な っ て い ま す 。 ま た 第 14 号 ま で は 表 紙 に 「 非 売 品 」 と 記 載 し て い ま し た が 、 現 在 は 「 頒 価 1000 円 」 と 記 載 さ れ て い ま す 。 つ ま り 、 外 山 か ら の 直 接 の 購 読 者 は 、 手 元 に 1 冊 残 す と し て 、 他 の 4 冊 を 周 囲 の 友 人 知 人 に 転 売 す る こ と に よ っ て 、 実 質 的 に 1000 円 ま で 自 己 負 担 額 を 下 げ る こ と が 可 能 で す 。 も ち ろ ん 、 500 円 と か で 廉 価 販 売 し た り 、 あ る い は 第 布 教 “ と 割 り 切 っ て 無 料 配 布 し て も か ま い ま せ ん 。 外 山 恒 ー の 活 動 を 、 金 銭 的 に 支 え る か 、 具 体 的 活 動 で 支 援 し て く だ さ い 、 と い う こ と で 、 周 囲 の 直 接 の 友 人 知 人 に 外 山 の 言 動 を 広 め る 活 動 を 担 う と 先 行 し た 金 銭 負 担 が 相 殺 さ れ る 、 と い う シ ス テ ム な わ け で す 。 ま た こ の 変 更 は 、 第 14 号 ま で コ ン ビ ニ の コ ピ ー 機 で 印 刷 し て い た の が 、 自 前 の 印 刷 機 を 入 手 す る こ と に よ っ て 可 能 と な っ た も の で す 。 入 手 し た 印 刷 機 の 仕 様 の 事 情 で 、 版 型 が A4 か ら B 5 に 変 更 さ れ て い ま す 。 バ ッ ク ナ ン バ ー の 購 入 も 、 第 14 号 ま で は “ 1 冊 5000 円 、 、 、 第 15 号 か ら は 、 、 5 冊 セ ッ ト 5000 円 、 、 で す 。 な お 、 外 山 か ら の 郵 送 購 読 で は バ ラ 士 り は お こ な い ま せ ん ( 1000 円 で 入 手 し た け れ ば 、 1000 円 ず つ 出 し て く れ る 人 を 周 囲 に 4 人 探 し て く だ さ い ) 。

人民の敵 第38号


本 誌 は 、 外 山 恒 ー の 活 動 に 毎 月 508 円 の 資 金 カ ン バ を し て く れ る 方 に 感 活 動 報 告 “ を 兼 ね て 送 付 し て い る も の で す 。 送 付 を 希 望 さ れ る 方 は 、 [email protected] ま で 、 あ る い は 外 山 に 直 接 、 送 付 先 住 所 氏 名 を お 知 ら せ く だ さ い 。 毎 月 末 に 「 福 岡 銀 行 春 日 原 支 店 普 通 1167080 ト ヤ マ コ ウ イ チ 」 へ の カ ン バ の 振 込 を 確 認 し 、 翌 月 は じ め に 最 新 号 を 送 付 し ま す 。 本 誌 が 一 方 的 に 送 り つ け て ら れ て く る 全 国 各 地 の 主 だ っ た 友 人 知 人 の 皆 様 も 、 た ま に は 労 を ね ぎ ら っ て カ ン パ い た だ け れ ば と 。 〈 発 行 シ ス テ ム 変 更 の お 知 ら せ 〉 2015 年 1 1 月 発 行 の 第 14 号 ま で 、 80 円 を カ ン バ す る と 最 新 号 が ユ 送 付 さ れ る “ と い う シ ス テ ム で し た が 、 現 在 は 汚 000 円 を カ ン パ す る と 最 新 号 が 送 付 さ れ る “ シ ス テ ム と な っ て い ま す 。 ま た 第 14 号 ま で は 表 紙 に 「 非 売 品 」 と 記 載 し て い ま し た が 、 現 在 は 「 頒 価 108 円 」 と 記 載 さ れ て い ま す 。 つ ま り 、 外 山 か ら の 直 接 の 購 読 者 は 、 手 元 に 1 冊 残 す と し て 、 他 の 4 冊 を 周 囲 の 友 人 知 人 に 転 売 す る こ と に よ っ て 、 実 質 的 に 1000 円 ま で 自 己 負 担 額 を 下 げ る こ と が 可 能 で す 。 も ち ろ ん 、 500 円 と か で 廉 価 販 売 し た り 、 あ る い は “ 布 教 “ と 割 り 切 っ て 無 料 配 布 し て も か ま い ま せ ん 。 外 山 恒 ー の 活 動 を 、 金 銭 的 に 支 え る か 、 具 体 的 活 動 で 支 援 し て く だ さ い 、 と い う こ と で 、 周 囲 の 直 接 の 友 人 知 人 に 外 山 の 言 動 を 広 め る 活 動 を 担 う と 先 行 し た 金 銭 負 担 が 相 殺 さ れ る 、 と い う シ ス テ ム な わ け で す 。 ま た こ の 変 更 は 、 第 14 号 ま で コ ン ビ ニ の コ ピ ー 機 で 印 刷 し て い た の が 、 自 前 の 印 刷 機 を 入 手 す る こ と に よ っ て 可 能 と な っ た も の で す 。 入 手 し た 印 刷 機 の 仕 様 の 事 情 で 、 版 型 が A4 か ら B 5 に 変 更 さ れ て い ま す 。 バ ッ ク ナ ン バ ー の 購 入 も 、 第 14 号 ま で は “ 1 冊 5000 円 “ 、 第 15 号 か ら は 、 、 5 冊 セ ッ ト 5000 円 、 、 で す 。 な お 、 外 山 か ら の 郵 送 購 読 で は 。 バ ラ 売 り は お こ な い ま せ ん ( 1000 円 で 入 手 し た け れ ば 、 1000 円 ず つ 出 し て く れ る 人 を 周 囲 に 4 人 探 し て く だ さ い ) 。

人民の敵 第38号


百 害 あ っ て 一 利 な し の 危 険 な 原 発 に 反 対 の 声 を 上 げ る だ 彼 ら も ま た 、 " 運 動 ~ に 没 入 し う る 時 間 的 余 裕 を 手 に 青 弓 社 ・ 年 7 月 ) 、 そ れ 以 上 で は な く 、 大 分 県 別 府 市 で 三 け で い い の だ 、 と 広 瀬 は 保 証 し て く れ た の で あ る 。 し て い た し 、 と く に サ プ カ ル 方 面 に 関 心 が 強 い 場 合 に は 、 人 の 子 供 を 育 て な が ら 、 ご く 平 凡 な 主 婦 と し て 生 活 し て 代 表 的 な サ プ カ ル 誌 「 宝 島 」 に よ っ て 反 原 発 の 問 題 意 識 い た 。 そ れ が 、 こ の 八 七 年 四 月 の 広 瀬 隆 講 演 会 に 参 加 し と も あ れ 、 是 非 は さ て お き 、 広 瀬 隆 の 講 演 や 著 作 は 無 を 注 入 さ れ る こ と に な っ た 。 広 瀬 の 「 東 京 に 原 発 を ! 』 た こ と を 機 に 、 火 が つ い た よ う に 動 き 始 め た ( 「 実 録 い か 数 の 人 々 を 行 動 へ と 駆 り 立 て る こ と に な っ た 。 と く に 猛 を 八 一 年 と い う 相 当 早 い 段 階 で 刊 行 し て い る こ と か ら も た の た た か い 」 と 副 題 さ れ た 冊 子 「 原 発 や め て 、 え え じ ゃ な い か 』 ホ ー 然 と 動 き 始 め た の が 、 主 婦 と 若 者 で あ る 。 想 像 さ れ る よ う に 、 宝 島 社 ( 当 時 は 「 ー 00 出 版 局 」 ) は 原 プ 印 刷 出 版 部 , 年 6 月 に 寄 稿 さ れ た 、 当 時 三 十 八 歳 と い う か ら ″ 主 婦 の ほ う は 、 主 に 全 共 闘 世 代 に 属 す る 当 時 四 十 発 問 題 に 熱 心 だ っ た の だ 。 八 八 年 の 反 原 発 運 動 の 高 揚 の 五 0 年 前 後 の 生 ま れ で 、 お そ ら く " 六 八 チ 以 来 の べ テ ラ ン 活 動 家 歳 前 後 の 人 々 だ っ た 。 ち ょ う ど 子 育 て が 一 段 落 し 、 ″ 運 現 場 に は 、 と く に バ ン ク 系 の ( 要 は プ ル ー ハ ー ツ 系 と い う こ と で あ り 、 後 述 の 中 島 真 一 郎 の 文 章 中 で も 「 大 分 の 市 民 運 動 の 財 産 ( ? ) 」 と 形 容 さ れ て い る 佐 藤 憲 幸 の 文 章 「 マ ガ リ 君 の コ ペ ル ニ ク ス 的 転 回 」 動 。 に 没 入 し う る だ け の 時 間 的 余 裕 を 手 に し て い た 。 ″ 一 だ が ) 若 者 の 姿 が 多 く 見 ら れ た 。 段 落 と は い っ て も 一 番 手 の か か る 時 期 を 終 え た だ け で 、 ″ 主 婦 と 若 者 。 が 八 八 年 の 反 原 発 運 動 の 主 役 だ っ た わ に よ れ ば 、 小 原 は 八 六 年 末 か 八 七 年 初 頭 か ら 反 戦 運 動 な ど に 参 加 し こ の 世 代 の 主 婦 た ち の 子 供 は ま だ 中 高 生 ぐ ら い だ っ た ろ け だ が 、 ま ず そ の 高 揚 の き っ か け を 作 る の は 、 大 分 県 の 始 め て い た よ う で も あ る ) 。 う し 、 し た が っ て " 子 供 た ち の た め に 原 発 を 止 め な け れ 無 名 の 一 主 婦 で あ る 。 一 緒 に 講 演 を 聞 い た 主 婦 仲 間 た ち も 全 員 、 や は り ル 運 ば ″ と い う モ チ ベ ー シ ョ ン も 強 力 に 持 ち え た 。 ・ 一 「 以 降 の 反 原 発 運 動 の " 高 揚 設 は 、 し よ せ ん 動 設 め い た こ と と は 無 縁 だ っ た が 、 「 結 局 、 そ の ま ん ま " 若 者 。 の ほ う は 、 も ち ろ ん 学 生 も か な り い た が 、 主 東 京 で 始 ま り 東 京 で 終 わ っ た ロ ー カ ル な も の に す ぎ な い の メ ン パ ー で 「 広 瀬 隆 を 呼 ぶ 会 」 と い う の を つ く つ 」 て 、 べ つ ぶ に は こ の 頃 " フ リ ー タ ー ″ と 呼 ば れ 始 め て い た 根 無 し 草 が 、 八 八 年 の そ れ は 、 九 州 お よ び 四 国 に 始 ま り 、 東 京 の 六 月 に は 地 元 の 別 府 市 で 広 瀬 講 演 会 を 主 催 す る 。 た ち で あ る 。 し か し 、 そ こ か ら 先 、 ど う 動 い て い い も の や ら 、 な に 運 動 に 刺 激 を 与 え 、 最 後 は 北 海 道 に ま で 飛 び 火 し て い く バ ブ ル 期 で あ り 、 若 者 た ち の 多 く は 将 来 に 深 刻 な 不 安 の で あ る 。 せ 運 動 経 験 が ほ ぼ 皆 無 な わ け で 、 さ つ ば り 見 当 も っ か な を 抱 え て お ら ず 、 " フ リ ー タ ー 設 は 現 在 と は 違 っ て 当 初 い 。 や る 気 は あ る ん だ が 何 を や れ ば い い の か 分 か ら な い お ば ら よ し こ は " 自 由 な 生 き 方 。 と し て 積 極 的 に 選 ば れ る " 進 路 ~ だ っ 四 七 年 生 ま れ の 小 原 良 子 は 、 世 代 的 に は ま さ に 全 共 闘 と い う 状 態 が し ば ら く 続 く が 、 十 月 ニ 十 六 日 、 突 如 と し た 。 若 者 た ち は 、 会 社 に 縛 ら れ る こ と な く 、 最 低 限 の 生 世 代 に 属 す る と は い え 、 そ れ ま で " 運 動 “ と は ま っ た く て " 出 力 調 整 実 験 ~ と い う テ ー マ が 出 現 す る 。 活 費 を ア ル バ イ ト で 稼 い で 、 好 き な こ と を や っ て 暮 ら し 無 縁 に 生 き て き た も の で あ る ら し い 。 八 七 年 四 月 ニ 十 日 原 発 と い う の は 、 出 力 全 開 に す る か 完 全 に 止 め て し ま た い と 考 え た 。 ″ 好 き な こ と ″ と は つ ま り 音 楽 で あ っ た に 大 分 市 で 初 め て 広 瀬 隆 の 講 演 を 聞 い た よ う だ が 、 そ の う か 、 オ ン か オ フ か の ニ っ し か 選 択 肢 の な い 不 便 き わ ま り 芝 居 で あ っ た り 、 ゆ く ゆ く は そ ち ら を 本 業 に し て い く 時 点 ま で 、 前 年 に 起 き た チ ェ ル ノ ブ イ リ 原 発 事 故 の こ と り な い 発 電 方 法 で あ る ら し く 、 そ の 時 期 そ の 時 期 に 予 想 こ と が で き れ ば な お の こ と 素 晴 ら し い 。 む ろ ん や が て バ そ れ 自 体 を 知 ら な か っ た ほ ど だ と い う 。 さ れ る 電 力 需 要 に 合 わ せ て 発 電 量 を 調 節 す る と い う こ と プ ル が 崩 壊 し 、 彼 ら フ リ ー タ ー 第 一 世 代 は 手 痛 い し つ べ 「 そ れ ま で は 何 と な く 漠 然 と 巨 大 開 発 と か 自 然 破 壊 と が で き な い 。 足 り な く な る と マ ズ い わ け で 、 電 力 会 社 は 返 し を 食 ら う こ と に な る の だ が 、 八 八 年 当 時 は ま だ 気 楽 い う こ と に つ い て 不 安 を い だ い て い 」 た が ( 小 原 「 原 発 よ 当 然 、 常 に 予 想 需 要 を 上 回 る よ う に 発 電 す る の だ が 、 本 で い ら れ た 。 り も 命 が だ い じ 」 / 「 ク リ テ ィ ー ク 」 第 号 「 特 集 ・ 反 原 発 、 そ の 射 程 」 来 は ″ ち ょ っ と 上 回 る 程 度 の 発 電 量 で い い の に 、 " オ

人民の敵 第38号


つ る が そ れ ら は 利 益 を 生 ま な い 。 軍 事 費 と い う の は 、 万 一 に 備 用 原 発 が 稼 働 、 七 〇 年 に 福 井 県 の 敦 賀 原 発 お よ び 美 浜 原 て い る " 進 歩 主 義 ・ 進 歩 史 観 み に も 疑 い の 目 が 向 け ら れ 、 え る た め に 必 要 な 経 費 で は あ る が 、 も し 何 事 も な け れ ば 発 、 七 一 年 に 福 島 第 一 原 発 、 七 四 年 に 福 島 第 一 原 発 ・ ニ " 科 学 ・ 技 術 の 進 歩 ~ の 一 帰 結 と も い え る 水 俣 病 を は じ 結 果 的 に は カ ネ を ド プ に 捨 て て い る の と 一 緒 で あ る 。 そ 号 機 お よ び 福 井 県 の 高 浜 原 発 と 、 ( 核 武 装 の た め な ら せ い ぜ い め と す る " 公 害 ~ 問 題 へ の 取 り 組 み も 進 ん で 、 そ う し た 一 「 三 基 で い い は す な の に 、 原 発 を や れ ば 儲 か る メ カ ニ ズ ム を 自 民 党 一 連 の 動 向 に イ ン ス パ イ ア さ れ た 一 部 の 若 い 原 子 力 学 者 ん な ″ 無 駄 遣 い み は 、 平 時 に は 世 論 が 納 得 し な い 。 そ こ で ア メ リ カ が 考 え つ い た の が 、 原 子 炉 を 動 か せ ば 政 府 が 強 引 に 作 り 上 げ て し ま っ た た め に 電 力 会 社 も に 乗 っ て ) 原 た ち が 、 " 自 己 否 定 的 に " 原 発 。 を 問 題 に し 始 め る の だ 。 ど う せ も の す ご い 熱 が 出 る の だ か ら 、 そ れ で 湯 を 沸 か し 発 が 各 地 に 建 て ら れ て い く 。 六 九 年 十 一 月 、 同 年 春 か ら 相 互 交 流 を 始 め て い た 原 子 て タ ー ビ ン を 回 し 、 発 電 に 使 う こ と が で き る の で は な い 七 0 年 の 大 阪 万 博 は ″ 原 子 力 の 平 和 利 用 ~ の キ ャ ン ペ ー か 、 と い う こ と だ 。 こ う し て " 原 発 ~ が 生 ま れ た 。 つ ま ン ・ イ ベ ン ト で も あ り 、 開 会 式 の た め に 完 成 し た ば か り カ の 若 手 研 究 者 た ち が 、 東 北 大 学 で お こ な わ れ た 原 子 力 り も と も と は 原 爆 製 造 が 主 目 的 で 、 発 電 は " つ い で な の 敦 賀 原 発 か ら の 送 電 が お こ な わ れ 、 " 万 博 に 原 子 の 灯 学 会 で 原 子 力 研 究 の 現 状 を 糾 弾 す る ビ ラ を ま き 、 そ の 場 の で あ る 。 も ち ろ ん ア メ リ カ は そ う い う 言 い 方 を せ ず 、 を と そ の こ と が 大 い に ア ピ ー ル さ れ た 。 今 も 残 る 万 博 で 「 全 国 原 子 力 科 学 者 連 合 」 ( 全 原 連 ) を 結 成 す る の が 、 会 場 の モ ニ ュ メ ン ト 、 岡 本 太 郎 の 太 陽 の 塔 も 、 ″ 太 日 本 の 反 原 発 運 動 の 出 発 点 で あ る と さ れ る 。 む ろ ん 彼 ら こ れ は " 原 子 力 の 平 和 利 用 ~ な の だ と 宣 伝 し た 。 若 手 研 究 者 た ち は 、 そ も そ も は " 夢 の エ ネ ル ギ ー と し ア メ リ カ 以 外 の 国 々 も 次 々 と 核 武 装 を 独 自 に 実 現 す る 陽 Ⅱ 核 エ ネ ル ギ ー 々 を 称 揚 す る も の で あ る 。 て の 原 子 力 と い う ″ 神 話 み を 素 朴 に 信 じ て そ の 道 に 進 み 、 こ と を 恐 れ た ア メ リ カ は 、 い っ そ の こ と 最 初 か ら ア メ リ 力 の 監 視 下 で さ ま ざ ま な 縛 り を 設 け た 上 で 、 " 発 電 に 「 ヒ ロ シ マ ・ / ー ト 」 の 大 江 ( 健 : ・ 郎 ) で さ え 、 「 核 時 し か し 研 究 を 重 ね る う ち に 、 ど う も 安 全 性 の 問 題 や 核 用 途 を 限 っ て 西 側 同 盟 国 に 核 技 術 の 提 供 を お こ な う 方 針 代 の 想 像 力 」 (' 九 ヒ 0 年 ) で は 、 原 子 力 の 平 和 利 用 に 廃 棄 物 の 問 題 は 解 決 不 可 能 で は な い の か と 疑 問 を 持 つ に を 固 め る ( つ い で に 技 術 提 供 料 も 得 ら れ て 儲 か る ) 。 こ れ に 乗 っ も ろ 手 を あ げ て 賛 意 を 表 明 し て い た 時 代 で あ る 。 核 兵 至 っ た の で あ る 。 て 日 本 で は 正 カ 松 太 郎 や 中 曽 根 康 弘 が 原 発 導 入 の 旗 振 り 器 の 製 造 と 原 子 力 の 「 平 和 」 利 用 が 竣 別 で き な い 問 題 原 子 力 学 者 自 身 に よ る 反 原 発 運 動 の 中 心 に い た 一 人 役 を 務 め る の だ が 、 お そ ら く 少 な く と も 中 曽 根 は 、 本 音 だ と い う 、 今 や 常 識 と も 言 え る 視 点 は 、 大 江 さ え 持 ち が 、 三 八 年 生 ま れ で 当 時 は 東 京 都 立 大 の 助 教 授 だ っ た 高 じ ん ざ ぶ ろ う え な か っ た の で あ る 。 と り わ け 、 ス リ ー マ イ ル 島 も チ ェ 木 仁 三 郎 で 、 高 木 は 00 年 の 死 去 に 至 る ま で 日 本 の 反 原 で は 将 来 の 日 本 の 核 武 装 を 念 頭 に 置 い て い た は ず で あ 発 運 動 全 体 の 中 心 る 。 ル ノ ブ イ リ も 起 こ っ て い な か っ た 時 代 で あ る 原 発 が で あ り 続 け る 。 高 安 全 で あ る と い う プ ロ バ ガ ン ダ は 、 ま だ 十 一 一 分 に 大 衆 言 う ま で も な く 正 力 や 中 曽 根 も ″ 原 子 力 の 平 和 利 用 み 木 は 七 三 年 に 大 学 を こ と さ ら に 言 い つ の り 、 進 歩 主 義 の 左 翼 や リ べ ラ ル 派 的 な 支 持 を え る こ と が で き た 。 を 辞 し 、 や が て ( 経 秀 実 「 反 原 発 の 思 想 史 」 筑 摩 叢 書 ・ 年 ) も こ そ っ て 原 発 を 歓 迎 し た 。 原 子 力 は か っ て た し か に " 夢 七 六 年 に 全 原 連 を の エ ネ ル ギ ー で 、 そ ん な 素 晴 ら し い も の に 反 対 す る こ 発 展 さ せ る 形 で 設 だ が 同 時 に よ う や く ち ょ う ど そ の 頃 か ら 、 ″ 反 原 発 を と な ど 、 思 い も よ ら な か っ た の で あ る 。 立 さ れ た 民 間 シ ン 五 七 年 九 月 、 茨 城 県 東 海 村 で 日 本 最 初 の 原 子 炉 ( 実 験 用 ) の 問 題 意 識 も 現 れ 始 め る 。 " 六 八 年 ~ の 学 生 た ち が " 戦 ク タ ン ク 「 原 子 力 が 動 き 始 め 、 六 六 年 七 月 に は 同 じ く 東 海 村 で 最 初 の 商 業 後 民 主 主 義 。 を 批 判 し 、 新 旧 の ″ 前 衛 党 。 が 共 に 護 持 し み は ま 第 第 子 力 資 第 嘖 報 室 代 表 、 , 木 仁 三 郎

人民の敵 第38号


ド チ は た し て 1 万 人 も 集 ま る の か 、 せ い ぜ い ル 6 千 人 ぐ ら い じ ゃ な い の か っ て 多 く の 人 マ や が 云 っ て た し 、 オ レ も そ の ぐ ら い に 考 え て た ん だ よ 。 と こ ろ が 到 着 す る と 、 公 園 た つ じ ゅ う が も う 人 で 埋 め 尽 く さ れ て る わ け 集 さ 。 事 前 に 集 会 届 を 出 し て あ る の は 小 音 も 人 楽 堂 と 公 会 堂 だ け な ん だ 。 公 会 堂 の 中 で は シ ン ポ ジ ウ ム ふ う の 、 各 地 の 状 況 だ と た か を 議 論 す る き ち ん と し た イ ベ ン ト で 、 と 小 音 楽 堂 の ほ う で は 結 構 く だ け た イ ベ ン 言 ト を や っ て る 。 だ け ど 両 方 と も も う 、 そ と だ れ 以 上 は 人 が 人 り き れ な い よ う な 状 況 に 人 万 な っ て た 。 そ れ に 小 音 楽 堂 や 公 会 堂 に 入 る に は チ ケ ッ ト を 買 う 必 要 も あ っ て 、 そ だ が 、 そ の こ と は 後 述 す る 。 ま ず 当 日 の 状 況 に つ い て 、 ち ゃ っ て 、 — か 所 の 出 口 か ら し か 地 上 に 出 ら れ な い よ も そ も 最 初 か ら 屋 内 に 入 る 気 が な い 人 も 大 勢 い た ん だ 鹿 島 の 延 言 を 見 て み よ う 。 」 日 呷 っ う に し て あ る ん だ よ 。 し か も 出 て み る と 、 機 動 隊 が そ こ ら じ ゅ う に 固 ま っ て る 。 日 本 山 妙 法 寺 の お 坊 さ ん た 公 園 の あ ち こ ち で い ろ ん な 人 が 勝 手 に い ろ ん な こ と あ れ は 2 日 間 に わ た っ て ス ケ ジ ュ ー ル が 組 ま れ て ち も 登 場 す る と す ぐ 排 除 さ れ た し : : : し か し あ れ だ け を や っ て て 、 あ る 一 角 は 例 に よ っ て ハ レ ・ ク リ シ ュ ナ の よ う な ヒ ッ ピ ー 集 団 が い て 、 別 の 一 角 で は ( 引 て 、 4 月 日 に は そ れ ぞ れ の " プ ロ ジ ェ ク ト ~ ご と 大 量 の 機 動 隊 を 見 た の は 、 後 に も 先 に も あ の 時 だ け だ に 行 動 す る こ と に な っ て た 。 労 働 者 グ ル ー プ は 厚 生 省 な 。 と に か く 第 1 機 動 隊 か ら 第 9 機 動 隊 ま で 、 全 部 出 用 者 註 ・ " 動 物 解 放 ~ を 掲 げ る 、 次 節 で 詳 述 す る 反 天 皇 制 グ ル ー プ 「 秋 て た も ん ね 。 の 嵐 」 の 初 期 の 活 動 を 抵 っ た 極 左 的 パ ン ク ・ バ ン ド 群 の 一 つ ) が に 行 っ て 、 原 子 力 関 係 の 労 働 者 の 安 全 に つ い て 問 い た ギ グ を や っ て る そ れ と は 別 に ア ト ミ ッ ク ・ カ フ ェ 系 だ し た り 、 食 品 問 題 を や っ て る 人 た ち は 農 林 水 産 省 に 行 っ た り 、 そ れ ぞ れ 各 省 庁 を 相 手 に い ろ い ろ や る ん と い う 厳 戒 態 勢 で あ る 。 の 連 中 が 演 奏 し て る 一 角 も あ る 。 あ と 、 ト ム ・ キ ャ ッ ト っ て 覚 え て る ? だ け ど 、 権 力 の 側 は 、 反 原 発 運 動 が も の す ご い 盛 り 上 翌 ニ 十 六 日 の 笨 番 は 、 い っ た ん 日 比 谷 公 園 に 集 合 ( 略 ) が り を 示 し て る こ と が 分 か っ て る か ら 、 対 応 も 異 様 に し て か ら の デ モ と な る 。 厳 し く て さ 。 霞 ヶ 関 の 官 庁 街 の 、 地 下 鉄 の 駅 に 出 口 が 「 ふ ら れ 気 分 で Rock ゴ - RolI 」 肅 年 ) ね 。 あ の ト ム 、 そ れ ぞ れ い く つ も あ る で し よ 。 そ れ を ほ と ん ど 閉 鎖 し キ ャ ッ ト も な ぜ か 来 て て 、 や つ ば り 別 の 一 角 で 演 奏 ″ 1 万 人 行 動 ) 1 万 人 集 会 ″ と 銘 打 っ て は い た け ど 、

人民の敵 第38号


. ー 。 を イ 、 を に 一 ま 4 , す き や ば し さ ら に ま た ワ ー ツ と 流 れ て い っ て 、 今 度 は 数 寄 屋 橋 の 、 そ ん な ふ う に 道 草 ば か り 食 っ て い る の で 、 な か な か 通 茫 然 自 失 の 表 情 で 、 ほ と ん ど 身 動 き も で き ず に 棒 立 ち に な っ て そ の 様 子 を 見 て る ( 笑 ) 。 つ い に オ レ た ち は こ 赤 尾 ( 引 用 者 註 ・ 右 翼 の 「 大 日 愛 国 党 」 総 我 数 寄 屋 橋 交 産 省 に 到 着 し な い の だ が 、 ぞ れ で も や が て 到 着 す る こ と こ ま で や っ て る ん だ と 思 っ た 。 ガ ラ ス も 割 れ ち ゃ う ん 差 点 で ほ ぼ 毎 日 、 ス テ ッ キ を 振 り 回 し な が ら 吠 え る よ う な 街 頭 演 に は な る 。 通 産 省 も 署 名 を 受 け 取 る 気 は な く 、 門 は 固 く 説 を す る 姿 は 、 銀 座 の 風 物 詩 と 化 し て い た 。 九 0 年 死 去 ) が い 閉 さ さ れ 、 小 原 ら は ま た し て も 通 産 省 前 の 路 上 で た だ 騒 じ ゃ な い か と 思 っ た よ つ も 演 説 し て る ス ク ラ ン プ ル 交 差 点 が あ る で し よ 、 あ ぎ 続 け る し か な い 。 そ の 役 人 た ち の 中 に 、 フ ク シ マ だ か フ ク イ だ か っ て そ こ に 出 た の 。 信 号 が 青 に な る と 、 そ の ヒ ッ ビ ー 連 中 驚 く べ き こ と に 、 こ の 日 の 行 動 に も 参 加 し た 鹿 島 は 、 い う 見 覚 え の あ る 奴 が 混 じ っ て て 、 そ い つ は 通 産 省 の が ス ク ラ ン プ ル 交 差 点 の 真 ん 中 ま で ワ ー ツ と 出 て 行 っ 法 大 の 仲 間 数 名 と 共 に 、 裏 口 か ら 通 産 省 の 建 物 内 へ と " 侵 原 子 力 ナ ン ト カ 部 の 部 長 な ん だ 。 前 年 の 秋 の 反 原 発 運 て 、 シ ャ ン シ ャ カ と 踊 り ま く っ て 、 赤 に 変 わ る と ま た 入 ~ し て い る 。 動 で 、 何 度 も 交 渉 を も っ た 相 手 な の 。 東 京 の 反 原 発 運 ワ ー ツ と 歩 道 に 戻 っ て く る ( 笑 ) 。 そ れ を 延 々 と 繰 り 返 動 っ て 地 味 だ っ た か ら 、 そ う い う 交 渉 も 終 始 お と な し く や る だ け な ん だ け ど 、 そ い つ は 全 然 マ ト モ に 相 手 を す ん だ よ ( 笑 ) 。 そ の 様 子 を 、 赤 尾 敏 が 街 宣 車 の 上 で 杖 門 の 前 で ず っ と 騒 い で る ん だ け ど 、 門 は 開 か な い だ を つ い て ジ ー ツ と 見 て る の 。 ろ う し 、 ど う し よ う も な い し 、 こ れ は こ の ま ま 何 の 展 し て く れ な く て 、 「 い や い や 、 安 全 で す か ら 」 と か 云 っ ( 鹿 島 イ ン タ ビ ュ ー ) 開 も な く 終 わ る し か な い か な 、 と 思 っ て た 。 法 政 の 人 て た よ う な 奴 で 、 そ い つ が オ レ の 目 の 前 で 真 っ 青 に 間 も 何 人 か 来 て た ん だ け ど 、 「 裏 に 回 れ ば 入 れ な い こ な っ て る ( 笑 ) 。 で 、 他 の 奴 に 「 ア ン タ が 話 し 合 い を 拒 と は な い よ う だ し 、 ち ょ っ と 入 っ て み な い か ? 」 っ て 否 し た ん だ か ら 、 ア ン タ が 責 任 を 取 れ 。 こ の 連 中 と 話 云 い 出 す 奴 が い て 、 試 し に 行 っ て み し 合 い を す れ ば い い じ ゃ な い か 」 と か 云 わ れ て る そ 花 の 銀 座 の ス ク ラ ン プ ル 交 差 点 を 占 拠 す る 人 民 た ら 、 入 れ ち ゃ っ た の 。 さ ら に 表 側 い つ は 、 「 そ ん な こ と 云 っ た っ て 、 こ っ ち 側 が 出 し た に 面 し た ロ ビ ー ま で 行 け る か な と 条 件 を 蹴 っ た の は あ い つ ら の ほ う じ ゃ な い か ! 」 っ て 、 思 っ て 試 し に 行 っ て み た ら 、 そ れ も う す っ か り 声 も 上 擦 っ て る わ け よ 。 も 行 け ち ゃ っ た 。 そ し た ら 、 表 側 は 全 面 ガ ラ ス な ん だ け ど 、 そ の 向 こ う 「 あ い つ ら が 条 件 を 蹴 っ た ん だ 」 と い う の は ど う い に も の す ご い 数 の 群 衆 の 姿 が 見 え て う 意 味 か と い う と 、 た し か に 通 産 省 側 は こ の 日 の 交 渉 て 、 そ れ が ド ン ド コ 、 ド ン ド コ と 太 に つ い て 条 件 を 出 し て き た ん だ 。 交 渉 に 応 じ て も い し 鼓 ゃ な ん か を 打 ち 鳴 ら し て て 、 も の け ど 、 「 人 に 限 る 」 っ て 。 さ ら に 「 子 供 は ダ メ 、 ゼ ッ す ご い 音 で グ ワ ン グ ワ ン と ロ ビ ー に ケ ン も ダ メ 」 っ て 云 っ て き て て 、 我 々 の 側 は も ち ろ ん 反 響 し て る ん だ ( 笑 ) 。 ロ ビ ー に は 「 そ ん な の は 受 け 入 れ ら れ な い 。 我 々 に は " 代 表 〃 な 機 動 隊 が 1 小 隊 い て 、 他 に 原 子 力 関 ん か 存 在 し な い ん だ か ら 、 全 員 で 行 っ て 全 員 で 交 渉 す 係 の 役 人 が 何 人 か い た け ど 、 み ん な る ん だ 」 っ て い う 、 そ う い う と こ ろ が や つ ば り 小 原 2 歩 イ

人民の敵 第38号


と の こ と で あ る 。 提 出 さ れ た 案 は 、 宮 沢 案 と ″ ほ っ け の い う 対 立 だ ろ う 。 そ し て た し か に " 八 九 年 設 の 諸 闘 争 を セ プ ト だ っ た ら し い ) に は 、 ほ っ け の 会 に つ い て 、 「 訂 ・ 9 結 成 、 ・ 1 改 名 」 と の 記 述 が あ る 。 当 初 は 「 札 幌 ほ っ 会 ~ の ニ つ だ け だ っ た と い う 。 担 っ た ″ ド プ ネ ズ ミ み た ち は 、 本 章 で 後 述 す る 「 秋 の 嵐 」 け の 会 」 と い う グ ル ー プ 名 で は な か っ た こ と に な る 。 お お よ そ 以 上 の よ う な 経 緯 が 想 像 さ れ 、 こ れ が 、 先 に に せ よ 、 あ る い は 「 劇 団 ど く ん ご 」 に せ よ 、 活 動 内 容 や 古 賀 は 、 「 そ の 活 動 家 の 男 性 は 、 「 札 幌 現 地 化 闘 争 委 員 「 反 原 発 札 幌 現 地 化 闘 争 委 員 会 」 と い う の は 札 幌 ほ っ け の 思 想 信 条 と は 関 係 の な い 、 直 感 的 あ る い は イ メ ー ジ 喚 起 会 ( 準 ご と い う 名 前 を そ の グ ル ー プ に 付 け よ う と し た 。 会 に 結 集 し た 三 グ ル ー プ の う ち の 一 つ の 名 称 だ と い う の 的 と で も 言 え よ う か 、 少 な く と も 活 動 や 主 張 の " 内 容 ″ 大 規 模 な 放 射 能 の 被 害 を 前 に し て は 泊 だ け で な く 札 幌 も は 宮 沢 の 記 憶 違 い か も し れ な い と し た 理 由 で あ る 。 そ う を そ の 名 称 か ら は 推 測 し に く い よ う な ネ ー ミ ン グ を 好 む ま た 現 地 だ と い う の で あ る 。 だ が み ん な は そ の 『 変 な 名 で は な く 、 ほ っ け の 会 が そ う 名 乗 り 始 め る 以 前 の 、 名 前 傾 向 が あ っ た よ う に も 思 わ れ る 。 前 」 を 嫌 っ た の で 、 結 局 そ れ は 「 札 幌 ほ っ け の 会 」 と い の な い 三 者 共 闘 を 宮 沢 が 勝 手 に そ う 呼 び 始 め 、 危 う く ( ? ) そ れ に 宮 沢 案 の 「 札 幌 現 地 化 闘 争 委 員 会 ( 準 ) 」 が 、 ま う 名 前 に じ き に 変 わ っ た ( 傍 点 引 用 者 ) 。 ほ っ け は 北 海 道 定 着 し か け た 名 称 が そ れ で あ っ た と 考 え ら れ る ( た だ し 宮 る で 古 く さ い " 既 成 左 翼 物 的 な ネ ー ミ ン グ で あ る か に 字 を 代 表 す る 魚 で あ っ た か ら で あ る 。 今 に し て 思 え ば 、 「 現 沢 は イ ン タ ビ ュ ー で 、 「 ぼ く ら の グ ル ー プ は 一 応 、 機 関 を 出 し て て 、 面 の 印 象 だ け で 決 め つ け る の も い た だ け な い 。 意 味 内 容 「 反 原 発 札 幌 現 地 化 闘 争 委 員 会 準 備 会 」 っ て の を 、 ま あ ぼ く 1 人 が 名 か ら す れ ば ( そ の " 意 味 ~ と い う こ と 自 体 が 忌 避 さ れ た わ け で は 地 化 闘 争 委 員 会 ( 準 ご と 『 ほ っ け の 会 」 の 差 異 は 、 レ ー ニ ン 主 義 的 な 左 翼 の 運 動 論 が 、 人 間 以 外 の 自 然 に 視 点 を 乗 っ て た よ う な も の な ん だ け ど ( 笑 ) 」 と も 言 っ て い る か ら 、 先 に 引 あ る が ) 、 こ れ は む し ろ " 新 し い セ ン ス な の で あ る 。 古 置 こ う と す る エ コ ロ ジ ズ ム に 乗 り 越 え ら れ た 瞬 間 だ っ た い た 宮 沢 自 身 の 文 章 に 「 私 も 参 加 し て い た ノ ン セ ク ト グ ル ー プ か ら 形 賀 も 一 応 は そ の 含 意 を 「 泊 だ け で な く 札 幌 も ま た 現 地 だ 」 の か も し れ な い 」 と 書 い て い る か ら 、 つ ま り 当 初 は 、 宮 成 さ れ た 」 と あ っ た と お り 、 " 宮 沢 ・ 猪 俣 フ ラ ク シ ョ 冫 は 末 期 に は と い う こ と だ と 頭 で は 理 解 し て い る よ う だ が 、 そ の よ う 沢 が 勝 手 に 「 札 幌 現 地 化 闘 争 委 員 会 ( 準 ) 」 ( 「 準 」 は 「 準 備 実 際 そ う 名 乗 り か け て い て 、 そ れ が " 準 備 会 。 だ っ た と す れ ば 、 新 グ な 発 想 こ そ が 実 は 当 時 ま さ に ″ 新 し い も の だ っ た の だ 会 」 な ど の 略 ) と 呼 ん で い る だ け で と く に 定 ま っ た 名 称 が ノ し ー プ の 名 称 を 決 め る 会 議 で は 「 ( 準 ) 」 を 抜 い て 単 に 「 札 幌 現 地 化 闘 と い う こ と に 気 づ い て い な い 。 な か っ た 、 十 月 ニ 十 六 日 の 行 動 に 向 け て の " 時 限 共 闘 ″ 争 委 員 会 」 を 提 起 し た の か も し れ な い ) 。 宮 沢 は 、 「 当 時 と く に ぼ く が 最 初 に 云 っ て た の は 、 「 札 組 織 が 、 十 一 月 以 降 も そ の ま ま 存 続 し 、 や が て 翌 八 八 年 た だ し 、 " エ コ ロ ジ ズ ム が レ ー ニ ン 主 義 を 乗 り 越 え て 4 幌 を ″ 現 地 設 に し よ う 、 札 幌 を " 現 地 ″ と し て 闘 お う 」 っ 一 月 に 入 っ て 改 め て 正 式 に 名 前 を 決 め る 話 し 合 い が お こ 云 々 と い う 古 賀 の " 分 析 ″ は 、 た だ の ト ン チ ン カ ン だ と て こ と 。 そ も そ も 札 幌 は 泊 か ら そ う 遠 く も な い し 、 そ れ な わ れ て 、 宮 沢 案 は 否 決 さ れ 、 「 札 幌 ほ っ け の 会 」 に 決 断 じ ざ る を え な い 。 に 広 瀬 ( 隆 ) さ ん も 云 っ て た よ う に 、 原 発 事 故 と い う の 定 し た と い う こ と だ ろ う 。 " ほ っ け ″ に 何 か エ コ ロ ジ カ ル な 意 味 が 込 め ら れ て い は 日 本 全 国 が ″ 現 地 と な り う る ん だ と い う 意 識 が あ っ た 。 だ け ど そ こ を 強 調 し た 理 由 は 、 例 え ば 泊 と い う " 現 宮 沢 も 「 2 ・ 以 降 」 の ど こ か の 時 点 で 「 ま ず 名 前 を た わ け で は な さ そ う な こ と は 、 宮 沢 証 言 に あ る 、 「 ぼ く 、 決 め る 話 し 合 い を し た 」 と 言 っ て お り 、 宮 沢 と し て は 例 魚 の ホ ッ ケ が 好 き だ か ら 」 と い う 提 案 者 の ノ リ か ら 地 の 人 々 の 行 動 の " 行 間 ″ を 読 ん で い た ら 自 由 に 闘 え え ば 「 青 年 学 生 共 闘 」 と か 、 「 ゴ リ ッ と し た 名 前 に し た も 容 易 に 想 像 し う る 。 む し ろ 意 味 な ど な く 、 宮 沢 案 と な い だ ろ う 、 と 。 当 時 は ま だ " ニ ュ ー ウ ェ ー プ ″ ″ オ ー ル ド ウ ェ ー ブ ″ と い う 概 念 は な か っ た け ど 、 後 に 云 わ れ か っ た 」 の だ が 、 「 と こ ろ が 多 数 派 に な ら な く て 」 、 「 「 ぼ く 、 " ほ っ け 案 と の 間 に 何 ら か の ″ 対 立 が あ っ た と す れ ば 、 魚 の ホ ッ ケ が 好 き だ か ら " ほ っ け の 会 ~ に し よ う 」 っ て そ れ は 、 濃 厚 に ″ 意 味 ~ を 背 負 っ た 名 前 に す る の か 、 そ る 准 オ ー ル ド ウ ェ ー プ の 運 動 に こ っ ち が 必 ず し も 合 わ 云 い 出 し た 奴 が い て 、 そ れ が 多 数 派 に な っ ち ゃ っ た ( 笑 ) 」 れ と も 、 と く に 意 味 の な い " 軽 い 〃 名 前 に す る の か 、 と せ な く て い い よ う な 運 動 形 態 と は ど う い う も の か と 考 え - 、 の 材 ト