検索 - みる会図書館

検索対象: ラズパイマガジン 2017年10月号

ラズパイマガジン 2017年10月号から 148件ヒットしました。

ラズパイマガジン 2017年10月号


上 田 隆 一 千 第 工 第 大 学 ま 来 ロ ポ テ ィ ク ス 学 料 准 教 授 Ras berry Pi Linux GitHub テ ス ト ツ ー ル 知 識 と ワ E 実 機 で 「 ROS 」 を ミ ド ル ウ 工 ・ ISBN: 978-4-8222-3929-9 ・ 発 行 : 日 経 BP 社 ・ 商 品 番 号 : 261040 ・ B5 変 型 判 、 344 ペ ー ジ 定 価 : 本 体 3 , 700 円 + 税 著 者 . 上 田 隆 一 の 基 礎 か ら 走 行 制 御 地 図 生 成 ポ ソ 入 門 宀 、 ◆ —Raspberry Pi で 子 ぷ ロ ポ 入 門 第 090 000 ・ 日 経 Linux 発 行 書 籍 の ご 案 内 か ら 操 作 で き る Web ア プ リ の 作 成 、 測 域 セ ン サ を 使 っ た 地 図 の 生 成 に 取 り 組 み ま す 。 ROS を 実 機 で 動 か す た め の 知 識 と ワ ザ を 凝 縮 し た 本 で す 。 な テ ス ト 方 法 な ど を 取 り 上 げ ま し た 。 さ ら に 、 USB カ メ ラ を 使 っ た 顔 認 識 、 音 声 認 識 ソ フ ト を 使 っ た 音 声 制 御 、 ス マ ー ト フ ォ ン な ど の web ブ ラ ウ ザ ー い ま す 。 具 体 的 に は 、 デ バ イ ス ド ラ イ バ の 書 き 方 、 Linux シ ス テ ム の 扱 い 方 、 Web サ ー バ ー と の 連 携 、 GitHub の 使 い 方 、 ラ イ セ ン ス の 選 択 、 基 本 的 し ま し た 。 ROS の セ ッ ト ア ッ プ と 活 用 は も ち ろ ん 、 「 技 術 の 総 合 格 闘 家 」 で あ る ロ ポ ッ ト の 開 発 者 、 研 究 者 が 押 さ え て お き た い 技 術 や 知 識 を 網 羅 し て ド ル ウ ェ ア 「 ROS 」 ( ロ ス ) を 中 心 に 、 そ の 技 術 全 体 を 、 実 際 に ロ ポ ッ ト 「 Raspberry Pi Mouse 」 ( ア ー ル テ ィ 製 ) を 動 か し な が ら 経 験 で き る よ う に Raspberry Pi を 搭 載 し た 車 輪 型 ロ ポ ッ ト を 題 材 に 、 Linux で 動 く 口 ポ ッ ト の プ ロ グ ラ ミ ン グ に つ い て 扱 っ た 本 で す 。 業 界 標 準 と な っ た ロ ポ ッ ト 用 ミ 実 機 の Raspberry Pi ロ ポ ッ ト で 使 う 知 識 と ワ ザ ロ ポ ッ ト ミ ド ル ウ ェ ア 「 ROS 」 を Eben リ pton 氏 推 薦 ! 英 ラ ズ ベ リ ー バ イ 財 団 創 設 者 準 備 編 第 1 部 第 1 章 は じ め に 第 2 章 セ ッ ト ア ッ プ 第 3 章 端 末 を 使 っ た 基 本 操 作 第 4 章 Git や GitHub を 用 い た ソ フ ト ウ ェ ア の 管 理 第 2 部 ROS 基 礎 編 主 な 内 容 第 9 章 ROS で ロ ポ ッ ト を 走 ら せ る 第 8 章 サ ー ビ ス 、 ア ク シ ョ ン の 実 装 と テ ス ト 第 7 章 ト ビ ッ ク 、 メ ッ セ ー ジ の 実 装 と テ ス ト 第 6 章 ROS パ ッ ケ ー ジ の 公 開 と テ ス ト 第 5 章 ROS ツ ア ー 第 3 部 付 録 ROS 応 用 編 第 1 0 章 USB カ メ ラ と OpenCV で 人 の 顔 を 追 う 第 1 1 章 音 声 認 識 ソ フ ト で ロ ポ ッ ト を 操 作 第 1 2 章 ウ ェ ブ ア プ リ を 作 っ て ス マ ホ か ら 操 作 第 1 3 章 測 域 セ ン サ で 地 図 を 作 成 第 14 章 お わ り に デ バ イ ス ド ラ イ バ の プ ロ グ ラ ミ ン グ 入 力 周 波 数 と 移 動 距 離 の 概 算 / 端 末 ・ シ ェ ル ・ コ マ ン ド ・ ツ ー ル の 操 作 / Python に 関 す る Tips / シ ミ ュ レ ー タ 「 raspimouse_ sim 」 / 日 経 Linux 連 載 時 の コ ラ ム ・ 2017 年 4 月 3 日 発 行 ・ 発 売 : 日 経 BP マ ー ケ テ ィ ン グ 全 国 の 書 店 で 好 評 発 売 中 ! イ ン タ ー ネ ッ ト で も お 買 い 求 め い た だ け ま す 。 http://amazon.jP/dP撝822239292/

ラズパイマガジン 2017年10月号


0000 090 WeIcome tO Raspberry PIease wait while the software is installed on YO は SD card ー thlS WIII take a few n ・ )inutes. Raspbian: Extractinq 05Y 、 tem 429 ′ 相 研 4093 MB written 信 .7 M 町 50 ( ) イ ン ス ト ー ル が 始 ま る ( 完 了 ま で 時 間 が か か る ) 10 % ・ 00 ・ 000 05 & ) & t led 05 ( ) 旧 式 訓 ed Su ( ( essfu OK 0 ク リ ッ ク イ ン ス ト ー ル が 完 了 し た ら 、 「 OK 」 を ク リ ッ ク す る * ↑ ↓ 「 贏 17 ⑦ 無 線 LAN に 3 で 接 続 し て い な か こ を ク リ ッ ク し 、 現 っ た 場 合 、 れ た 無 線 LAN の D (SSID) を ク リ ッ ク し て 、 バ ス ワ ー ド を 入 力 す る 138 Raspbian の デ ス ク ト ッ プ が 英 語 表 記 で 立 ち 上 が る 。 無 線 LAN を 使 う 場 合 は 接 続 し て お く こ こ で は 、 コ マ ン ド 操 作 の 基 本 と 日 本 語 化 に つ い て 説 明 し ま す 。 Raspbian で は 「 コ マ ン ド 入 力 」 が 頻 繁 に 登 場 し ま す 。 「 コ マ ン ド 」 と は OS に 対 し て 与 え る 指 示 の こ と で 、 キ ー ボ ー ド で 入 力 し ま す 。 デ ス ク ト ッ プ 画 面 上 端 の バ ー に あ る 、 黒 い ウ イ ン ド ウ の ア イ コ ン を ク リ ッ ク す れ ば 「 端 末 」 ( タ ー ミ ナ ル と も 呼 ぶ ) が 起 動 し 、 こ こ で コ マ ン ド を マ ン ド 入 力 」 に 慣 れ て 日 本 語 化 ツ , デ ス ~ ド か ら 端 末 (( タ ミ ガ い ー を 開 ぐ 入 力 で き ま す 。 そ の コ マ ン ド を 使 っ て 、 実 際 に 日 本 語 入 力 ソ フ ト を イ ン ス ト ー ル し ま す 。 イ マ ガ ジ - こ を ク リ ッ ク

ラズパイマガジン 2017年10月号


「 ラ イ ン ト レ ー ス 」 に 挑 戦 し よ う 値 を 正 し て ト 「 ラ ズ バ イ マ ウ ス 」 を 使 い ま す 。 セ ン サ ー か ら 読 み 取 っ た 値 を う ま く 補 正 す る こ と で 、 精 度 の 高 い ラ イ ン ト レ ー ス を 実 を 現 で き ま す 。 ロ ポ ッ ト 制 御 を 学 習 す る と き の 基 本 的 な 課 題 に 、 床 に 線 を 引 い て 、 そ こ を ロ ポ ッ ト に た ど ら せ る 「 ラ イ ン ト レ ー ス 」 と い う も の が あ り ま す 。 多 く の 場 合 、 ラ イ ン は 白 色 の 床 ( 紙 な ど を 敷 く ) に 数 セ ン チ 幅 で 、 黒 色 で 描 き ま す 。 ロ ポ ッ ト に ラ イ ン ( と 床 の 境 界 ) を 認 識 す る た め の セ ン サ ー を 取 り 付 け 、 セ ン サ ー か ら の 値 を 使 っ た 制 御 ソ フ ト ウ ェ ア で 、 ロ ポ ッ ト を ラ イ ン か ら 外 れ な い よ う に し な が ら 前 進 さ せ ま す 。 こ の と き の ソ フ ト ウ ェ ア は 数 行 で 済 む く ら い に 簡 単 で す が 、 速 く 正 確 に 動 作 さ せ よ う と す る と 複 雑 に な る た め 、 作 る 人 の 技 量 に 合 わ せ て 楽 し め ま す * 1 。 図 1 コ ー ス 上 を 走 る ラ ズ バ イ マ ウ ス ラ イ ン ト レ ー ス を 専 門 に し た 競 技 会 も あ り 、 マ イ コ ン カ ー ラ リ ー (ht tp://j-mcr. net/) や ロ ポ ト レ ー ス (ht tp ・ //www.ntf.or.jp/mouse/m tra ce. html) な ど が 開 催 さ れ て い ま す 。 ま た 、 工 場 で は 磁 気 テ ー プ を ト レ ー ス し て 工 場 内 を 移 動 す る ロ ポ ッ ト か 利 用 さ れ て お り 、 実 際 の 産 業 で も ラ イ ン ト レ ー ス に 似 た 技 術 が 応 用 さ れ て い ま す 。 今 回 は 「 Raspberry Pi Mouse 」 ( 以 下 、 ラ ズ バ イ マ ウ ス 、 あ る い は 単 に ロ ポ ッ ト と 呼 び ま す ) を 用 い て ラ イ ン ト レ ー ス の プ ロ グ ラ ミ ン グ を し て み ま し よ う 。 ラ ズ バ イ マ ウ ス は 図 1 の よ う に 二 つ の 車 輪 が モ ー タ ー ~ ( 千 葉 工 業 大 学 佐 藤 大 亮 、 上 田 隆 ) ( ス テ ッ ピ ン グ モ ー タ ー ) に 直 結 し て い る ア ー ル テ ィ の 移 動 型 ロ ポ ッ ト で す (http://products.rt-net.jp/mic romouse/raspberry-pi-mouse) 。 ラ ズ バ イ マ ガ ジ ン で は 、 2016 年 春 号 、 12 月 号 、 2017 年 2 月 号 、 4 月 号 で 取 り 上 げ て い ま す 。 本 記 事 で は 、 Raspberry Pi の 公 式 OS 「 Raspbian 」 (Jessie で も 新 版 Stretch で も (K) 上 で プ ロ グ ラ ム を 作 り ま す 。 ロ ポ ッ ト 制 御 を 本 格 的 に や り た い 方 は 、 ロ ボ ッ ト 制 御 ミ ド ル ウ ェ ア 「 ROS 」 (Robot ()perating System 、 http://wiki.ros.org/ を 利 用 す る 方 法 も あ り ま す 。 ラ ズ バ イ マ ウ ス で ROS を 使 う 方 法 は 、 「 Raspb erry Pi で 学 ぶ ROS ロ ポ ッ ト 入 門 」 ( 上 田 隆 一 著 、 日 経 BP 社 、 (http.〃 www.nikkeibp.co.jp/atclpubmkt/ book / 17 / 261040 / ) で 分 か り や す く 解 説 さ れ て い ま す 。 本 記 事 で は 詳 し く 取 り 扱 わ な い Linux シ ス テ ム 自 体 や デ バ イ ス ド ラ イ バ も 豊 富 に 解 説 さ れ て い る の で 、 ぜ ひ ご 覧 く だ さ い 。 ラ イ ン ト レ ー ス 用 基 板 の 取 り 付 け 今 回 の ラ ズ バ イ マ ウ ス は 廊 下 の 壁 * 1 日 経 ソ フ ト ウ ェ ア で は 、 Ozobot ( 2017 年 6 月 号 ) や mbot ( 2017 年 4 月 号 ) な ど の ラ イ ン ト レ ー ス 用 ロ ポ ッ ト が 扱 わ れ て い ま す 。 ラ ス パ イ マ ガ ジ ン 2011.10 を

ラズパイマガジン 2017年10月号


仕 組 み を 使 う ま で も な い で し よ う 。 HAT の 仕 組 み を 使 っ て 、 12C や ド ラ イ バ を 起 SPI を 有 効 に し た り 、 動 時 に 自 動 的 に 読 み 込 ま せ た り す る こ と も 可 能 で す 。 そ の た め に デ バ イ ス フ ァ イ ル を 生 成 す る た め の 「 Devi ce Tree OverIay 」 を 、 シ リ ア ル EE PROM に 格 納 で き ま す 。 な お 、 Device Tree Overlay を 自 力 で 作 る の は 大 変 で す が 、 Raspbian が 用 意 す る 「 /boot/overlays 」 以 下 の Device Tree Overlay を 流 用 す る の な ら 簡 単 で す 。 例 と し て SPI チ ャ ン ネ ル 0 を HAT 用 の シ リ ア ル EEP ROM を 使 っ て 起 動 時 に 自 動 で 設 定 し て み ま し よ う 。 そ の た め に 、 ま $¯/hats/eepro mutils 以 下 に 、 /boot/overlays 以 下 に あ る SPI チ ャ ン ネ ル 0 用 の Device Tree OverIay (spi()-hw-cs. dtbo) を コ ピ ー し ま す 。 $ cd ¯/hats/eepromutils ロ $ cp /boot/overlays/spi()-hw-c s . dtbo . ロ Device Tree OverIay を シ リ ア ル EEPROM に 含 め る に は 、 eepmake 屋 代 s 〔 0 2.5.0 File View DjspIay ChanneI HO ⅱ zon ー T ⅱ 992 「 Acq ⅵ 「 2 リ 回 HelP 」 ・ 且 レ 第 広 ツ Ⅱ A て い P 日 & er ℃ 6 Measu 「 ement Ch1 - 日 を q リ ency り 3 日 z 奩 CHI Next Delete DeleteAll 1 M 9 た 50 な Edae / 40rnV 図 12 G 曰 05 か ら 出 力 さ れ て い る 汎 用 ク ロ ッ ク の 波 形 Save - t = 24C6 コ マ ン ド の パ ラ メ ー タ ー と し て シ リ ア ル EEPROM に 含 め た い Device Tree Overlay の フ ァ イ ル 名 を 列 挙 す る だ け で す 。 次 の よ う に し て 「 te st. eep 」 を 作 成 し ま し よ う 。 . /eepmake eeprom—settings . tx t test . eep spiO-hw-cs . dtb0 ロ 後 は 先 ほ ど と 同 じ よ う に 、 シ リ ア ル EEPROM に 書 き 込 み ま す 。 $ s u d 0 . / e e p f 1 a s h . s h ー w 4 -f=test . eep ロ 温 湿 度 を テ ィ ス フ レ イ に 表 示 す HAT を 作 る ラ ズ バ イ を 再 起 動 す る と 、 シ リ ア ル EEPROM 内 部 の Device Tree Overlay が 読 み 込 ま れ 、 SPI チ ャ ネ ル 0 の デ バ イ ス フ ァ イ ル (/dev/spi 0- * ) が 有 効 に な り ま す 。 $ ls /dev/spi* /dev/spidev0.0 /dev/spidev0.1 ー こ で は ラ ズ バ イ 類 が あ り ま す が 、 と 1 本 の 線 (l-wire * 5 ) で 接 続 す る 「 DHTII 」 ( 秋 月 電 子 通 商 通 販 コ ー ド : M -07003 ) ま た は 「 AM2302 」 ( 秋 月 電 子 通 商 通 販 コ ー ド : M -0700 2 ) を 入 手 し て く だ さ い 。 DHTII と AM2302 の ピ ン ア サ イ ン は 図 13 の 通 り で す 。 残 念 な が ら DHTII と AM2302 の 手 持 ち が な く 、 12C と l-wire の 双 方 を サ ポ ー ト す る 「 AM2321 」 を 使 っ 74 で は 、 HAT の 仕 組 み を 使 っ て 実 用 的 な 回 路 を 組 み 立 て て い く こ と に し ま し よ う 。 例 と し て 「 温 湿 度 セ ン サ ー の デ ー タ を SPI 接 続 の LCD ( 液 晶 デ ィ ス プ レ イ ) に 表 示 す る 」 も の を 、 ス テ ッ プ バ イ ス テ ッ プ で 確 認 し な が ら 作 成 し て い く こ と に し ま す 。 ラ バ イ マ ガ ジ ン 201 れ 10 日 湿 戸 セ ン サ ー を 選 ぶ ′ 皿 ハ ー 又 ー こ で 温 湿 度 セ ン サ ー と し て 、 は 秋 月 電 子 通 商 で 売 ら れ て い る 中 国 Aosong Guangzhou Electronics 社 ( 以 下 、 Aosong 社 ) 製 の 温 湿 度 セ ン サ ー を 使 い ま す 。 Aosong 社 製 の 温 湿 度 セ ン サ ー に は い く つ か 種

ラズパイマガジン 2017年10月号


ン ス ト ー ル し て お く 必 要 が あ る 。 中 で も LLVM は イ ン ス ト ー ル 時 に Ubu ntu の バ ー ジ ョ ン が 依 存 し て い る た め 注 意 し て ほ し い 。 ビ ル ド に 必 要 な パ ッ ケ ー ジ を イ ン ス ト ー ル で き た ら ELL 本 体 を GitHub か ら ク ロ ー ン し て ビ ル ド す る 。 ELL の ビ ル ド に は 時 間 が か か る た め 、 j オ プ シ ョ ン で 並 列 に 実 行 す る 。 何 並 列 に す る か は 読 者 の マ シ ン ス ペ ッ ク に 合 わ せ て 調 整 し て ほ し い 。 E LL の リ ポ ジ ト リ ー を ク ロ ー ン $ git clone https://github . com / M i c ro s 0 ft / E L L . g i t ロ $ cd E L L ロ $ mkd i r b u i 1 d $ cd bui 1 d ロ . は 親 デ ィ レ ク ト リ ー を 表 し て い る の で 必 ず 付 け る $ cma ke . . ELL 本 体 の ビ ル ド ( 4 並 列 ) $ ma ke - j 4 ロ ELL Python Binding の ビ ル ド ( 仮 想 環 境 の ア ク テ ィ ベ ー ト が 必 須 ) $ make _ELL_python ロ {ELL の デ ィ レ ク ト リ ー } は clone し た ELL の ル ー ト デ ィ レ ク ト リ ー に 置 き 換 え る $ cd { ELL の テ ィ レ ク ト リ —)/bui1d/tutoria1s/vision/gettingStarted モ デ ル デ ー タ の ダ ウ ン ロ ー ド $ curl - 0 https://raw.githubusercontent.com/pjreddie/darknet/master/c fg/darknet . cfg ロ $ curl - 0 https://pjreddie.com/media/files/darknet . weights ロ デ モ の 実 行 ( 2 番 目 の カ メ ラ を 使 う 場 合 は python darknetDemo. py 1 ) $ python darknetDemo . py ロ 図 3 機 械 学 習 の モ デ ル 「 Da 「 knet 」 の 実 行 方 法 CO 0 a. 3 ・ 0 イ 1 X っ こ っ こ 0 / っ X っ ノ 2 4 ) , X 0 0 X 2 X 5 5 っ こ X X 0 0 X X っ こ う こ 4 0 0 / 0 つ 」 X ′ 0 8 OO イ 人 1 亠 ( O > 1 - 6 X X X 0 ・ 1 -C X 「 / -1 ム 4 ・ 4 ・ 0 0 'X X X 1 」 2 1 X X ・ ー 「 つ 」 イ よ 日 一 う っ こ 己 イ よ 3 「 ー " 4 ・ O+••JO 0 0 0 0 、 ノ 0 0 0 0 0 0 リ 0 X 「 ) V 0 a. 0 a. 0 a. 0 a. 0 a. 0 a. 0 0 a. 円 1 [ C X C X C X C X C X C X C C 9 0 3 0 0 '0 0 3 0 0 0 0 > 0 図 4 ビ ル ド 中 に 機 械 学 習 の モ デ ル デ ー タ が ロ ー ド さ れ る 了 す る と ウ イ ン ド ウ が 立 ち 上 が り 、 カ メ ラ に 写 っ 物 体 を 識 別 し て み る た 画 像 の 物 体 を 識 別 す る あ ら か じ め 用 意 さ れ て い る Pyth こ と が で き る 。 カ メ ラ に 物 体 を 写 す と 、 上 部 の 緑 on 用 の チ ュ ー ト リ ア ル は 、 Darknet と Cognitive T001kit の 2 種 類 が あ 色 の バ ー に 識 別 し た 物 体 り 、 ど ち ら も Web カ メ ラ を 使 っ た の 名 前 と そ の 確 率 が 表 示 物 体 識 別 で あ る 。 さ れ る 。 図 5 に 示 す よ う Darknet は Joseph Redmon 氏 が に 、 コ ー ヒ ー マ グ な ど が 公 開 し た 、 高 速 に 動 作 す る CNN ( 畳 正 し く 識 別 さ れ た 。 み 込 み ニ ュ ー ラ ル ネ ッ ト ワ ー ク ) の 図 5 物 体 を 識 別 し た と こ ろ モ デ ル だ 。 一 方 の Cognitive Toolkit 今 後 も ど ん ど ん 進 化 コ ー ヒ ー マ グ と 正 し く 識 別 さ れ て い る 。 は 、 Microsoft 社 が 公 開 し て い る デ ィ 今 回 は 、 Microsoft 社 か ら 新 た に 公 開 さ れ た 、 イ ン タ ー ネ ッ ー プ ラ ー ニ ン グ 用 ラ イ プ ラ リ CNTK 学 習 の 能 力 を イ ン タ ー ネ ッ ト 接 続 な ト 接 続 な し に 機 械 学 習 を 実 行 す る を 用 い た モ デ ル で あ る 。 し に 利 用 で き る よ う に な る 可 能 性 が 筆 者 の 環 境 で は Darknet の チ ュ ー こ と が で き る ラ イ プ ラ リ で あ る ELL ・ 高 し ) 。 の ビ ル ド と 、 2 種 類 の 物 体 識 別 チ ュ ト リ ア ル は 動 作 し た が 、 Cognitive ELL の GitHub に も 「 こ れ は 進 行 ー ト リ ア ル を 紹 介 し た 。 TooIkit の 方 は 動 作 し な か っ た 。 そ 中 の プ ロ ジ ェ ク ト で あ り 、 API を 含 残 念 な が ら 、 今 回 は Raspberry Pi の た め 、 こ こ で は Darknet の 実 行 方 め て 、 頻 繁 に 変 更 さ れ る 見 込 み 」 と で は 実 行 す る こ と が で き な か っ た 。 法 を 図 3 に 紹 介 す る 。 あ っ た 。 こ の ラ イ プ ラ リ は ま だ ま だ 進 化 し て い く だ ろ う 。 し か し 将 来 的 に は 、 Raspberry Pi の デ モ を 実 行 す る と モ デ ル デ ー タ の 00T ALGYAN 栂 井 良 太 ) ロ ー ド が 始 ま る ( 図 4 ) 。 ロ ー ド が 完 よ う な 低 ス ペ ッ ク な マ シ ン で も 機 械 coffee mug ( 75 % ) 既 Mi ( 「 05 ラ ス パ イ マ ガ ジ ン 2017.10

ラズパイマガジン 2017年10月号


54 Wi-Fi Netwotk Authentication Required Authentication required by W ト 日 network 、 swords 0 「 ー に Ⅳ れ keys requiredtoaccess theWi- 匚 」 Show password p き 55W 研 d : ー ン ド を 実 行 し て シ ス テ ム を ア ッ プ デ TerminaI 」 を 開 き 、 次 の よ う に コ マ ン メ ニ ュ ー の 「 System TOOI 」 - 「 LX ネ ッ ト ワ ー ク に 接 続 し た ら 、 メ イ な け れ ば 簡 単 に 接 続 で き ま す 。 別 な 設 定 や 選 択 は 不 要 で す 。 問 題 が 化 方 法 は 自 動 で 認 識 さ れ る の で 、 特 ス ワ ー ド を 入 力 し ま す ( 図 5 ) 。 暗 号 ア ク セ ス ポ イ ン ト に 設 定 し て あ る パ パ ス ワ ー ド 入 力 を 求 め ら れ る の で 、 た い ア ク セ ス ポ イ ン ト を 選 択 す る と を 、 一 ConneCt カ 画 面 図 5 ア ク セ ス ポ イ ン ト の バ ス ワ ー ド の 入 0 Cance/ upgrade update ー ト し て お く と よ い で し よ う 。 $ s u d 0 a p t $ sudO apt ん で ス ペ ー ス キ ー を 押 し 、 CTab] キ 基 本 的 に は 「 ja 」 p. UTF-8 」 を 選 s ロ $ sudO dpkg-reconfigure locale 従 っ て 設 定 作 業 を 進 め ま す 。 上 で 次 の コ マ ン ド を 実 行 し 、 画 面 に 常 の 手 順 と 同 じ で す 。 LXTerminal お き ま し よ う 。 手 順 は Debian の 通 続 い て 日 本 語 の 環 境 を 設 定 し て 日 本 語 を 使 え る よ う に し て お こ う な し で sudo が 使 え ま す 。 デ フ ォ ル ト の ユ ー ザ ー は パ ス ワ ー ド r 。 」 、 パ ス ワ ー ド も 「 linaro 」 で す 。 デ フ ォ ル ト の ユ ー ザ ー 名 は 「 lina ラ ス パ イ マ ガ ジ ン 2017.10 ー で カ ー ソ ル を 移 動 し て 「 OK 」 を 選 「 lin 、 ⅱ ぃ ffe d 臧 0 、 目 p を 「 o• て 90n を 「 ー 0 ( ・ 一 を 、 . ー a000 、 9 ・ f00 t ト 0 0 、 ・ =. 0 ・ 0 0 物 、 ・ ・ ー .0 { t ー 00. ー . れ , the 、 y 、 te 、 5 第 「 d 杙 目 0 by defaut : . パ ー ( 0 ー み 「 一 y fO 「 ー ns ー ー 駅 ー 0 れ 、 . h を 「 ( h ′ ・ ( ~ 0 「 ー 、 物 み Y し 0 ( 「 ・ ・ f ′ ま 0 ・ ・ 0 「 k を 、 を ・ れ ~ ー い ・ 一 ・ ng リ ・ 9 を 、 ・ れ を 一 一 0 ・ TF-8 」 を 選 択 図 6 日 本 語 環 境 の 設 定 画 面 で は 「 ja ー JP. U ( . リ 1 ド ・ 8 DefauIt 一 区 ・ 1 を わ 「 一 れ ・ 、 ⅵ 「 0 れ 第 代 : def•ult ー 90 ・ 0 ・ . they 物 ー ー ー ・ を 「 ま ( ・ 0 f ー ( 0 ー ー ー . $ sudO dpkg-reconfigure tzdata 「 Tokyo 」 を 選 ん で CTab] キ ー で し ま す ( 図 7 ) 。 「 Time Zone 」 で は 「 OK 」 に 移 動 し 、 CEnter] キ ー を 押 を 選 ん で CTab] キ ー で カ ー ソ ル を 「 Geographic area 」 で は 「 Asia 」 ば 日 本 時 間 に 合 わ せ ら れ ま す 。 し 、 メ ニ ュ ー に 従 っ て 選 択 し て い け に 合 わ せ ま す 。 次 の コ マ ン ド を 実 行 続 い て タ イ ム ゾ ー ン を 日 本 時 間 び 、 CEnter] キ ー を 押 し ま す ( 図 6 ) 。 フ ォ ン ト を イ ン ス ト ー ル し て お き ま 以 上 が 終 わ っ た ら 、 最 後 に 日 本 語 を 押 し ま す ( 図 8 ) 。 「 OK 」 ま で 移 動 し て CEnter] キ ー 印 を ミ 第 : 05 を 3 「 ト お 00 : コ : : 「 一 9 気 一 0 い れ を 画 、 を ー ー ー 9 ・ og 「 ・ p ト 上 ( ・ 一 を ー ( ト you ー ー 、 を . 5 は ト 、 ・ 4 は を れ ! ( ま t ー ・ 一 . ー を p 「 ・ 5 を 物 t ー れ 9 を ・ て 一 物 ← ~ 0 ′ 確 ー ー 0 読 は ( 物 they み ~ 0 ( ・ て ・ d. Pacific 0 ( ・ ・ 0 Sy 、 一 を 第 t ー を ・ ~ 0005 製 0 れ を 0 ー ・ 0 、 ・ 図 7 「 Geographic area 」 の 設 定 画 面 ー 0 ・ 囀 ⅱ ハ ー 0 ・ 3 ト い - -4 し 3 リ せ ( さ ! ド : リ •-JT 」 一 ユ 山 を 口 ← 0 ] 305 に 創 0 ~ on を : ー ・ ・ 、 き 、 を 一 ・ ct ー れ ・ cmty 0 「 「 ・ 9 ー 聞 ( 0 「 「 ・ 、 00 d ー 00 tO い 「 ~ ー ・ を れ を 、 図 8 1 物 、 hk 純 を 1 を 物 「 ・ い 1 ・ 一 Aviv ご に : ー 「 Time Zone 」 の 設 定 画 面 G 0 を 使 っ て み よ う し よ う 。 $ sudo apt i n s t a 1 1 fonts-takao Tinker Board を 再 起 動 し て く だ さ い 。 再 起 動 後 は 日 本 語 の デ ス ク ト ッ プ に な っ て い ま す 。 Tinker Board は 「 GPIO 」 「 12C 」 「 SPI 」 と い う 40 ピ ン の I/O 端 子 を ユ ー ザ ー が 使 え る よ う 、 メ ー カ ー 自 ら が 熱 心 に 整 備 し て い る の も 特 徴 の ー っ で す 。 Tinker Board の 40 ピ ン の I/O 端 子 の 割 り 当 て を 表 1 に 示 し ま す 。 GPIO に 対 し て は 、 Raspberry Pi で 広 く 利 用 さ れ て い る Python の ラ イ プ ラ リ 「 RPi. GPIO 」 互 換 の ラ イ プ ラ リ と 、 C や C + + 言 語 の ラ イ プ ラ リ と し て 使 わ れ て い る 「 WiringPi 」 互 換 ラ イ プ ラ リ の 双 方 が 、 メ ー カ ー か ら 提 供 さ れ て い ま す 。 microSD カ ー ド に 書 き 込 ん だ Tin kerOS に も 、 ユ ー ザ ー ⅱ naro の ホ ー ム デ ィ レ ク ト リ ー に ラ イ プ ラ リ の ア ー カ イ プ が あ ら か じ め 格 納 さ れ て い ま す 。 た だ し 、 OS イ メ ー ジ フ ァ イ ル を ダ ウ ン ロ ー ド し た サ ポ ー ト サ イ ト で 、 よ り 新 し い ラ イ プ ラ リ を 配 布 し て い ま す 。 ホ ー ム デ ィ レ ク ト リ ー に あ る も の は 使 わ ず 、 サ ポ ー ト サ イ ト か ら 新 し い ラ イ プ ラ リ を 入 手 し た

ラズパイマガジン 2017年10月号


62 ! リ b リ 飛 ド i0004 : フ ′ イ ル 新 ) 編 第 旧 表 示 Ⅳ ) 検 素 国 末 ( 0 ヘ ル プ 同 一 れ 0 ー 「 一 000 【 ー 5 ー 0 ( れ 0 「 0 network p 「 0 に “ 01 , 面 f な 「 5 ~ 引 池 ( を 5 、 p き に に 0 「 05 ( 30 れ 0 【 : , 0 . 円 p4. 0.30P , 3 、 ~ , 書 ・ 0 、 7 ー 9 ト ′ 醜 60 ー ] p ′ 0t0 ( 矼 na 0 00t 0 ー d ~ 0. ( 00n0 を d を 「 ー ー b ~ ー 0 「 0 ー を 一 一 0 fo 「 0 【 de に 0 ( t を d. ー 山 0 fO 「 ー ′ 、 一 0 れ 50.40. ー 0 ー ( te 「 n ー ) ・ い れ 0 ト ト ト ー 、 un ハ 0 、 0 「 」 : 086P ー 30f0 を . 宿 0 「 3 ー を 04. ー ー を 4 い 0000 し ( 、 uppo 「 一 . ~ you 11 not 物 0 0 050 ツ 00 「 イ を 円 0 【 を ( 0 介 レ 0 ー ・ 瞼 い ye 「 : NO 、 h を [ 0 「 れ 「 を ( tO 「 y 10 ー ・ ye 「 : ( 0 ー 0 00 【 ( 00 れ 0 ( t に 0 、 0 ( k に 一 池 untu ・ p ー ne る 4 : ~ 5 ・ ye 「 ・ 0 vdpau bbb 500n0W0 仁 .1080P ー 36fp 、 一 no 「 ー ・ 円 p4 イ 「 0 「 p 朝 「 5 一 00t ー 0 00 【 ト 0 ( 0 外 有 れ 0 ー ~ 00 : •vo=vdpau Jnknown 00t ー 00 00 the ( 0 000 ー ー 00 : ・ vO 第 dp 0 市 れ れ ー 0 に 64 : ー 5 い ye 「 - voavdpau bbb sunf い に 「 一 280 に 30fP5. れ 0 「 し p4 ー 【 、 一 1 「 を ~ : 00d ー 0 ( 0 ( ) ). -atd ー . ・ 3 ~ 00 望 und 員 av を 】 虹 「 に ー : audi0 ( 魯 p3 ) , -afd 0 , ・ ~ ・ 0 u れ 朝 は ・ ′ ] 「 0 0 : ⅵ d に 0 ( る 4 ) を ・ ー d 0 be ( 00 ハ 90 ′ op 【 一 円 い thou を k れ 0 、 気 ト を 0 「 0 ! 0001 す る 場 合 、 - vc オ プ シ ョ ン に 次 の よ コ ー デ ッ ク と し て VDPAU を 指 定 $ mplayer -VO vdpau sample . mpv て し ま い ま す ( 図 10 ) 。 の 動 画 は ほ と ん ど コ マ 落 ち が 発 生 し を 使 う だ け な の で 、 HD 解 像 度 以 上 ま す が 、 サ ー フ ェ ス と し て VDPAU 動 す れ ば ほ と ん ど の 動 画 が 再 生 で き そ の 上 で 次 の よ う に mplayer を 起 ン シ ョ ッ ト は 撮 れ な い 。 イ に ハ ー ド ウ ェ ア 経 由 で 描 画 さ れ る た め ス ク リ ー 能 だ が コ マ 落 ち が ひ ど い 。 な お ビ デ オ は デ ィ ス プ レ VDPAU を 出 力 先 と し て 指 定 す る だ け な ら 再 生 は 可 図 10 HD 動 画 を 再 生 中 の メ ッ セ ー ジ 二 凹 い い ー ト い 円 a 」 0 「 - b 「 ・ ” d : ー 50 再 れ 0 [ 0 : い レ 64 】 ー 9 ~ Ox ー 080 ~ 4b00 30.000 ′ 05 ~ 的 印 . ア kbps ( 16 を 一 一 kbyte/s) $ export VDPAU—DRIVER=sunxi VDPAU_DRIVER を セ ッ ト し ま す 。 す る 場 合 、 ま ず 次 の よ う に 環 境 変 数 VDPAU を 使 っ て mplayer を 起 動 問 題 が 見 ら れ ま す 。 か 、 機 能 す る と 画 面 が 壊 れ る と い う 生 ア ク セ ラ レ ー シ ョ ン は 機 能 し な い 本 的 に 問 題 あ り ま せ ん が 、 動 画 再 VDPAU の サ ー フ ェ ス へ の 出 力 は 基 少 し 具 体 的 に 説 明 し て お く と 、 す 。 ョ ン が 機 能 し な い こ と が 多 い よ う で 場 合 も あ り ま す が 、 ア ク セ ラ レ ー シ そ れ 以 外 の 動 画 で は 再 生 で き る 起 動 せ ざ る を 得 な く な り ま し た 。 で き な い だ け で な く 、 画 面 が 壊 れ 再 ラ ス パ イ マ ガ ジ ン 2017.10 う な 指 定 が サ ポ ー ト さ れ て い ま す 。 H . 264 形 式 $ mplayer -VO vdpau dpau sample . mp4 ロ HEVC 形 式 $ mplayer -VO vdpau dpau sample . mp4 ロ そ れ 以 外 $ mplayer -VO vdpau 2vdpau sample . mp4 ロ -vc ffh264v ffhevcv ffmpegl - v c ー v c た だ 、 ffhevcvdpau と ffh264vdp au は 完 成 度 が 低 い よ う で 、 ほ と ん ど の 動 画 で 画 面 が 壊 れ て し ま い 再 起 動 せ ざ る を 得 な く な り ま し た 。 ffm peg12vdpau は 指 定 で き ま す が 、 ア ク セ ラ レ ー シ ョ ン が ほ と ん ど 機 能 し て い ま せ ん 。 と い う わ け で す の で 、 筆 者 は PI NEA64 の 動 画 再 生 ア ク セ ラ レ ー シ ョ ン を 使 っ て 再 生 で き る 動 画 を 見 つ け る こ と が で き ま せ ん で し た た だ VDPAU の ド ラ イ バ や そ れ を 使 う 方 法 は 整 備 さ れ て き て い る の で 、 将 来 の ア ッ プ デ ー ト で 機 能 す る よ う に な る 期 待 は 持 て ま す 。 apt を 使 っ て と き ど き ア ッ プ デ ー ト を 実 行 し 、 上 記 を 参 考 に 動 画 を 再 生 し て み る と よ い で し よ う 。 電 子 工 作 で 遊 ほ う G 0 の 互 換 性 は ま す ま す PINE A64 は Raspberry Pi 互 換 の ピ ン ヘ ッ ダ ー を 備 え 、 さ ら に EuIer Bus と い う 拡 張 ピ ン ヘ ッ ダ ー を 備 え て い ま す 。 GPIO や 12C 、 SPI と い っ た バ ス も 豊 富 な の で 、 電 子 工 作 で は Raspberry Pi よ り も 使 い 道 が 広 い と い え る か も し れ ま せ ん 。 そ こ で 、 PINE A64 で ど こ ま で I / O が 使 え る の か を 紹 介 し て い き ま す 。 Python の RPi.GPlO を 使 う Raspberry Pi で 工 作 向 け の 言 き 五 と し て 最 も よ く 使 わ れ て い る の は Python で す 。 PINE A64 で は 、 Rasp berry Pi で 広 く 利 用 さ れ て い る RPi. GPIO 互 換 の ラ イ プ ラ リ が 用 意 さ れ て い ま す 。 後 述 す る よ う に 、 し 、 く つ か 制 限 が あ り ま す が 、 ま す は そ れ を イ ン ス ト ー ル す る と 便 利 で す 。 git を 使 っ て ソ ー ス コ ー ド を GitH ub * 7 か ら 入 手 し ま す 。 git と ラ イ プ ラ リ の イ ン ス ト ー ル に 必 要 な パ ッ ケ ー ジ を 導 入 し ま し よ う 。 RPi. GPIO-PineA64 以 下 に ソ ー ス コ ー ド が 展 開 さ れ る の で 、 次 の コ マ ン ド を 実 行 す れ ば 簡 単 に イ ン ス ト ー ル で き ま す 。 $ sudO apt update ロ $ sudO apt install build-essent i a 1 g i t py t h 0 n - d e v ロ 以 上 を イ ン ス ト ー ル し た ら git で ソ ー ス コ ー ド を 入 手 し ま し よ う 。 $ git clone https://github . com /swkim01/RPi . GP10-PineA64. git $ c d R P i . G P 1 0 ー P i n eA64 ロ $ sud0 python . /setup. py instal ま ず は LED の 点 灯 か ら 試 す こ と に し ま す 。 イ ン ス ト ー ル し た RPi. GPIO-PineA64 は 、 RPi. GPIO と ほ ば 互 換 性 が あ り ま す 。 図 11 に 示 す サ ン プ ル を 実 行 し て み ま し よ う ( プ ロ グ ラ ム は 読 者 限 定 サ イ ト に す べ て 用 意 し て あ り ま す ) 。 RPi. GPIO-PineA64 で 注 意 が 必 要 な の は 、 GPIO. setmode() に 何 を 使 う か で す 。 ご 存 知 の 読 者 も 多 い と 思 い ま す が 、 Raspberry Pi で は GPIO. setmo ま す は L チ カ

ラズパイマガジン 2017年10月号


USB ハ プ に キ ー ポ ー ド と マ ウ ス を つ な ぐ Pi Zero の 場 合 、 USB ハ プ に 無 線 LAN ア ダ ブ タ ー を つ な ぐ ( Pi Ze 「 0 / ZeroW と も 有 線 LAN ア ダ ブ タ ー を 差 し て も よ い ) 0 0 0 0 0 0 ・ 0 0 0 0 ラ ズ バ イ の 電 源 を 入 れ る 。 電 源 ボ タ ン な ど は な く 、 USB 電 源 ケ ー ブ ル を 差 せ ば 起 動 す る mini - HDM ト HD Ⅶ 変 換 ア ダ ブ タ ー を 使 っ て HD Ⅶ ケ ー ブ ル で デ イ ス プ レ イ に 接 続 す る OS を イ 一 ル す る イ 全 モ デ ル 共 通 )) ④ [InstaIIJ を ク リ ッ ク ⅲ 5 い ll ( り Edit config に ) Wifi netwo (w) Online help (h) Exit(Esc) N00B5 2.4 - N00B5 V2.4 ・ BuiIt: Mat ・ 17 201 フ Edit ( on 戸 Wifi n 物 0 「 (w) 0 可 ⅲ 0 help (h) Exit ( E 、 朝 Raspbian [RECOMMENDEDI A po 代 Deb 帰 ハ Stretch 「 th 住 Raspbe, 3 無 線 LAN 利 用 の 場 合 、 LibreELEC R 円 2 LibreELEC a ね 式 and us 部 ・ ⅲ 日 、 d ツ KOdi Ente こ を ク リ ッ ク し て 接 続 Raspbian Lite A p 【 Debian 5 し は ( h ー 併 the Raspberry 円 (mjntrn v 部 望 ー Lakka R 円 2 The DIY 「 「 0 日 1 山 ね ( Ole Data 代 Ⅲ ー Adds empty 512MB 0 気 4 ー 研 m 誂 pa 代 心 、 the pa 代 ロ ay 供 心 op 日 1 5 以 ル ( e media ( 日 部 ① 「 Raspbian 」 を チ ェ ッ ク ② 「 EngIish 」 の ま ま に す る Need に d. 4497 相 A 謝 国 0. 13140 ト 田 Raspbian [RECOMMENDEDI A PO 飜 02b n 5 レ ( h for 小 0 R 0 し 部 Ⅳ Pi ( れ Ⅲ d 日 、 k い 0 v を ハ ) ( on ′ m Waming: th 区 w ⅲ 訓 物 252 厄 ct 部 誂 ⅲ 0 Sy 引 . 則 ex 減 9 data the drive will be 0 e 「 w 「 に ten. ⅲ ( ん d 9 any 05 [ れ 歌 are already 就 a OSMC 円 2 A ね 式 and 他 誂 u 爬 れ ll Op 5 供 ( e m ね ( 日 0 一 謝 b0X05 i3 55k 、 pa ( 0 N を eded ・ 4491 一 相 A 謝 い 0. 13140 一 ⑨ ク リ ッ ク い nguage 山 : し 朝 English (IJK) 起 動 し た ら 、 表 示 さ れ た 画 面 の 下 端 の 「 Language 」 は そ の ま ま 確 認 メ ッ セ ー ジ に 対 し て 「 Yes 」 を 選 ぶ に し て 、 「 Raspbian 」 と [lnstaIIJ を ク リ ッ ク 137

ラズパイマガジン 2017年10月号


mic 「 OSD 功 ご OS を イ ッ ス ) レ ラ ズ バ イ の OS 「 Raspbian 」 を microSD カ ー ド に イ ン ス ト ー ル し ま す 。 こ の 作 業 は 2 段 階 に 分 か れ ま す 。 ま ず 、 os イ ン ス ト ー ル 用 の ツ ー ル 「 NOOBS 」 を microSD カ ー ド に コ ピ ー し ま す 。 そ の 次 に 、 microSD カ ー ド を ラ ズ バ イ に 差 し 込 ん で 起 動 し 、 画 面 に 従 っ て イ ン ス ト ー ル 作 業 を 実 施 し ま す 。 印 b 日 .0 円 / dow れ ” ds / DOWNLOADS P ・ & e 麕 ・ R 第 p 円 。 3d5 ・ DOWNLOADS HELP COMMUNITY NOOBS DOWNLOADS 3eginners 引 10 」 に 靆 3 代 with NOOBS ー New 0 よ 0 賃 Box So 負 wa YO し 03n p し 「 C 月 ヨ se 3 第 き 朝 1 3 d N003S SD 03 「 0 f 「 0n1 many a 爬 「 s. s し ch as 日 に 皿 A03 を 3n0 工 上 上 ! 上 は 0 ownload NOOBS に w and fOIlow the 日 上 止 ↓ 0 0 凵 」 and こ 0 ミ 主 ミ 二 工 .0 山 0 え 当 0 ⅵ 0 し 「 help pages. N006S an easy op を む ng system 旧 は which contains 日 0 に so p ℃ Ⅵ 0e5 3 selectlon Of 引 「 n ⅳ 2 operating systems which are then downioaded 行 0n1 麒 ern 引 instalted N006S L ・ 00n 給 朝 15 the same 0P2 「 a い 10 sys 01 ⅵ s に 爬 「 w に ho Raspbian pre- ioaded. 陂 p 「 0 Ⅵ 0e5 the same operating system selecti and 0 物 images し dow 030ed 引 installed 「 DownIoad 刀 P 」 を 選 ぶ NOOBS LITE ク リ ッ ク Raspbian is the Foundation ・ s 0 0 pported Ope 「 ating System. DownIoad it here. 0 「 し se N006S ou 「 easy in er fo 「 Raspbian and mo 「 e. NOOBS 0 れ 300 ー w k 松 SH ム ・ : 13 : b 醺 10 を を を 4 駟 : 64 : 3 に ま : 1 を 3 ! 5 き : ヨ 坐 5 ・ ! 醺 2 : 3 ま 、 0 を 51 : 0 ・ ! : 0 ! ー 600E を 4 ! 10 : 0 ー ー 5 ー 1 ! 4 を 北 蠣 : 404 「 NOOBS 」 の 「 DownIoad 刀 P 」 を 選 ん で 、 NOOBS を ダ ウ ン ロ ー ド す る ( 2017 年 8 月 18 日 時 点 の 最 新 版 は 2.4.3 ) 旧 版 の Raspbian Jessie (NOOBS 2.4.2 ) を 使 う 場 合 は 「 http://ftp.jaist.ac.jp/ pub/raspberrypi/NOOBS/images/NOOBS-2017-07-05 / NOOBS ー v2 4 ー 2. zip 」 ( 短 縮 URL 「 http://bit」 y/2wzaCOVJ) か ら ダ ウ ン ロ ー ド 。 い -04- : 0 RASPBIAN NOOBS w 0 10 " 師 000W1 め Z 怛 200 、 、 00 10 鴛 ー 00 義 物 」 WindowsJ ヾ ソ コ ン で 、 「 http://www.raspberrypi.0「g/d0W可 oads 」 に ア ク セ ス し 、 「 NOOBS 」 を ク リ ッ ク す る ( 第 町 メ ゞ ・ 0 イ 1 ア 1 セ 1 ・ 4 第 - ム ク レ 1 ⅸ 0 み , 第 - い メ リ 1 表 0 工 講 よ - ツ , 1 0-1 ー イ ス ク に パ ソ コ ン か ら mic 「 OSD カ ー ド を 取 り 出 す ダ ウ ン ロ ー ド し た ZIP フ ァ イ ル を 展 開 し 、 中 身 を す べ て micr oSD カ ー ド に コ ピ ー す る 起 動 す る 気 日 aspbe 「 Ⅳ p 新 々 の 場 合 )) USB キ ー ポ ー ド を つ な ぐ mic 「 oSD カ ー ド を ラ ズ バ イ に 挿 す 。 し つ か り 奥 ま で 押 し 込 む ()i 1 / 2 で は カ チ ッ と い う ) イ マ ガ ジ ン 135

ラズパイマガジン 2017年10月号


用 語 解 説 Ubuntu MATE ( マ テ ) Ubuntu の 公 式 派 生 版 ( フ レ イ バ ー ) の 一 つ 。 画 面 上 部 の パ ネ ル か ら メ ニ ュ ー を 表 示 し て 、 ア プ リ や 設 定 ツ ー ル を 起 動 す る 、 「 WindowsXP 」 に 似 た イ ン タ フ ェ ー ス を 持 つ 。 " ラ ズ バ イ 風 " ド 也 を 大 検 諏 特 集 2 表 1 P ト 2- bus の ピ ン ア サ イ ン 表 2 Euler bus の ピ ン ア サ イ ン 2 DC 4 DC IN 6 GND 8 5V 1 0 PH8 1 2 P B4 14 GND 1 6 P B7 18 P D4 20 GND 22 PD5 24 P DO 26 P D6 28 P D8 30 P B9 32 EAROUTN 34 GND 表 3 EXP の ピ ン ア サ イ ン 3.3V 1 充 電 LED 十 3 パ ワ ー ス イ ッ チ 5 U ARTO TX 7 GND 9 機 能 機 能 ー ピ ン 番 号 ピ ン 番 号 機 能 機 能 ピ ン 番 号 機 能 3.3V 1 リ チ ウ ム イ オ ン 3 バ ッ テ リ ー 十 温 度 セ ン サ ー 5 7 GND 9 PB3 1 1 PB5 13 PB6 1 5 3.3V 17 PD2 19 P D3 21 PDI 23 GND 25 PB2 27 PB8 29 EAROUTP 31 未 接 続 33 3.3V 1 2 5V 1 SDA 3 4 5V に CI SCL 6 5 GND GPCLKO 8 G 曰 014 7 GND 9 10 G 曰 015 G 曰 017 12 G 曰 018 G 円 027 14 GND G 日 022 16 G 日 023 3.3V 18 GP ℃ 24 17 SPI M03 20 GND SPI M 旧 0 21 22 GP ℃ 25 SPI SCLK 23 24 G 曰 08 GND 25 26 GP107 S D_S D 27 28 ID_S C G 05 29 30 GND G 曰 06 32 G 曰 012 31 展 開 し た フ ァ イ ル を microSD カ G 日 013 33 34 GND G 曰 019 35 36 G 曰 016 ー ド に 書 き 込 み ま す 。 Linux な ら ェ G 日 026 37 38 G 曰 020 ラ ー チ ェ ッ ク と リ ト ラ イ が あ る dd GND 39 40 G 曰 021 専 用 の Volumio Digital Audio PIay rescue を 使 っ た 方 が よ い で し よ う 。 係 で 利 用 で き な い の で 、 使 わ な い ピ er な ど 多 数 の イ メ ー ジ フ ァ イ ル が 取 Linux 機 が Ubuntu な ら 次 の よ う に ン ヘ ッ ダ ー と 考 え て お け ば よ い で し り そ ろ え ら れ て い ま す 。 ま す は 、 最 イ ン ス ト ー ル し ま す 。 も 一 般 的 と 考 え ら れ る Ubuntu 16.04 よ っ 。 LTS を 例 に し な が ら 基 本 的 な セ ッ ト PINE A64 の ス ト レ ー ジ は Raspb erry Pi シ リ ー ズ と 同 じ く microSD ア ッ プ を 見 て い き ま し よ う 。 カ ー ド で す 。 2 基 の USB2.0 ポ ー ト 、 Ubuntu の microSD カ ー ド イ メ デ ィ ス プ レ イ を 接 続 す る HDMI ポ ー ー ジ と し て 、 GUI を 含 む Ubuntu microSD カ ー ド を PC に 接 続 し 、 ト 、 ギ ガ ビ ッ ト イ ー サ ネ ッ ト を 備 え 書 き 込 み を 実 行 し ま す 。 Linux 機 で MATE の イ メ ー ジ フ ァ イ ル 、 べ ー ス イ メ ー ジ (Base lmage) 、 最 小 イ メ ま す 。 ま た 、 電 源 供 給 も Raspberry は microSD カ ー ド が /dev/sdc と し ー ジ (Minimal lmage) の 3 種 類 が Pi シ リ ー ズ 同 様 MicroUSB 端 子 か て 認 識 さ れ た と 仮 定 し ま す の で 、 デ 用 意 さ れ て い ま す 。 サ ー バ ー と し て 採 用 さ れ て い ま す 。 使 用 す る AC ア バ イ ス 名 は 読 者 の 環 境 に 応 じ て 読 み ダ ブ タ ー ま た は USB ハ プ の 電 源 供 利 用 す る の で あ れ ば べ ー ス イ メ ー ジ 替 え て く だ さ い 。 や 最 小 イ メ ー ジ を 、 そ う で な い な ら 給 能 力 は 5V2A 以 上 が 推 奨 で す 。 Ubuntu MATE を 選 択 す る の が 便 $ sudO ddrescue -f . /xubuntu-xe n i a 1 - ma t e - 2 0161215 - 1 0 n g s 1 e e p - p 利 で し よ う 。 使 用 す る microSD カ ー ine64-8GB . img /dev/sdc ド は 8G バ イ ト 以 上 に し て く だ さ い 。 な お 、 Windows 機 で ダ ウ ン ロ ー で は 、 PINE A64 へ の OS の イ ン ス ト ー ル と 起 動 、 セ ッ ト ア ッ プ の 基 mic 「 oSD カ ー ド へ の 書 き 込 み ド し 、 microSD カ ー ド に 書 き 込 む 場 8 月 時 点 で は 、 Ubuntu MATE の 本 的 な 方 法 を 紹 介 し て い き ま す 。 合 は 展 開 に 7- Zip * 3 な ど を 、 書 き 込 PINE A64 で す ぐ に 使 え る OS の イ メ ー ジ フ ァ イ ル を xubuntu-xeni イ メ ー ジ フ ァ イ ル は 公 式 の Wiki か aI-mate-20161215-Iongsleep-pine64- ら 多 数 リ ン ク さ れ て い ま す * 2 。 8GB. img. gz と い う フ ァ イ ル 名 で ダ ウ ン ロ ー ド す る こ と が で き ま し た 。 Ubuntu 、 Debian 、 openSUSE 、 Fe 作 業 用 の PC が Linux 機 な ら 、 次 dora な ど お な じ み の Linux デ ィ ス ト の コ マ ン ド を 実 行 し て 展 開 し て く だ リ ビ ュ ー シ ョ ン に 加 え 、 デ ス ク ト ッ プ に 特 化 し た Q40S や 、 オ ー デ ィ オ さ い 。 シ ス テ ム 2 LED 十 リ セ ッ ト ス 4 イ ッ チ 6 GND 8 U A DTO RX 1 0 KeyADC $ gzip -dc xubuntu-xenial-mate - 20161215 - longs ] eep - pine64 - 8GB . img . gz >xubuntu-xeniaI-mate-2 0161215 - ] 0 n g s 1 e e p - p i n e 64 - 8GB. i mg ロ $ sudO apt update ロ $ sudO apt install gddrescue Ubuntu 16.04 LTS を 使 っ て み よ う * 1 http://files.pine64.org/doc/ Pine%20A64%20Schematic/Pine0/020 A64%20Pin%20Assignment%20 160119. pdf を 参 考 に し ま し た 。 * 2 http://wiki.pine64.org/index.php/ P i ne_A64_Software_Rel ease * 3 https://sevenzip.osdn.jp/ ラ ス パ ガ ジ ン 2017.10