検索 - みる会図書館

検索対象: 利己的な遺伝子

利己的な遺伝子から 23件ヒットしました。

利己的な遺伝子


Richard Dawkins THE SELFISH GENE New Edition Copyright01976 Ox ford University Press This Edition ◎ Richard Dawkins 1989 This book is published in Japan by arrangement with Oxford University Press

利己的な遺伝子


MAYNARD SMITH, J. (1978 ) 7 0 ん 伽 ツ 、 S . Cambridge: Cam- bridge University Prcss. MAYNARD SMITH, J. ( 1982 ) E ん れ イ ど 印 ヮ 研 Ga お ・ Cambridge: Cambridge UniversitY Press ・ MAYNARD SMITH, J. ( 1988 ) Ga 川 ぉ , Sex 聞 イ 方 ん 劜 New York: Harvester Wheatsheaf,. MAYNARD SMITH, J. ( 1989 ) E ん 朝 ワ G . Oxford: Oxford し 1 ・ niversity Press. MAWARD SMITH, J. and PARKER, G. A. (1976 ) The 10 c 0f asym- metnc contests. / 襯 初 4 / 召 訪 側 肝 24 , 159 ー 75 ・ MAYNARD SMITH, J. and PRICE, G. R. (1973 ) The logic 0f animal conflicts. Na ル 246 , 15—18. MCFARLAND, D. J. ( 1971 ) ん 記 ん M ど 4 れ な / れ 4 / 召 ど ん 側 肝 . London: Academic Press. MEAD, M. (1950 ) , Ma イ お 4 な . London: G011ancz. MEDAWAR, p. B. ( 1952 ) 月 な U 郷 0 ん 記 Pro み / ど 襯 お ん . London: H. K. Lewis. MEDAWAR, p. B. (1957 ) 7 ん U ⅲ 翩 研 ど イ ん / 血 畆 London: Methuen. 136. MEDAWAR, p. B. (1961) Rcview 0f P. Teilhard de The ~ ん 0 翩 0 れ 研 川 . Reprinted ⅲ p. B 、 Medawar ( 1982 ) ~ ん 犬 ゆ Oxford: Oxford University Press. MICHOD, R. E. and LEVIN, B. R. ( 1988 ) ど ん ″ 研 . Sunderland, Massachusetts: Sinauer. 138. MIDGLEY, M. ( 1979 ) Gene-juggling. 2 ん 掫 54 , 43g58 ・ MONOD, J. L. (1974 ) On the molecular theory 0f evolution. ln pro 房 群 研 S ー 「 犬 evo ん れ (ed. R. Ha の . Oxford: Clarendon Press. pp. 1 1 ー 24 ・ MONTAGU, A. ( 1976 ) ど Na 研 〃 4 川 4 れ , イ gg 伽 . New York: Oxford University Press. MORAVEC, H. ( 1988 ) 川 イ 朝 ″ . Cambridge, Massachusetts: Harvard し] ・ niversity Press. MORRIS, D. (1957)'Typicallntensity' and its relation t0 the problcm Of ritualization. ど ん ツ 04 「 I 1—21. Ⅳ 4 ど な 窺 房 0 磁 ん ど パ G ″ / レ ' ( 1966 ) London: Longmans, P. 96. ORGEL, L. E. ( 1973 ) 7 加 0 畩 わ バ 研 ん 旅 . London: Chapman and Hall. ORGEL, L. E. and CRICK, F. I L C. ( 1980 ) Selfish DNA: the ultimatc parasite. Na 尾 284 , 604 ー 7 ・ 146. PACKER, C. and PUSEY' A. E. い 982 ) Cooperation and compctition (viii) 538 145 ・ * 144 ・ 143 ・ 142 ・ 141 ・ 140 ・ 139 ・ 137 ・ 135 ・ 134 ・ * 133 ・ 132 ・ 131 ・ 130 ・ 129 ・ 128. * 127. 126.

利己的な遺伝子


一 九 八 九 年 版 へ の ま え が き 『 利 己 的 な 遺 伝 子 (The Selfish Gene) 』 が 出 版 さ れ て か ら 十 年 ほ ど の 間 に 、 こ の 本 の 中 心 を な す メ ッ セ ー ジ は 、 教 科 書 に も 載 る オ ー ソ ド ッ ク ス な 見 解 と な っ て し ま っ た 。 こ れ は い さ さ か 逆 説 的 な こ と で あ る が 、 な ぜ 逆 説 的 で あ る か に つ い て は 少 々 説 明 が い る 。 こ の 本 は 、 出 版 さ れ た と き は 革 命 的 と そ し ら れ な が ら そ の 後 次 第 に 帰 依 者 を 得 て 、 つ い に は ま っ た く オ ー ソ ド ッ ク ス な も の と な っ て し ま っ た の で 、 今 に し て み る と い っ た い あ の さ わ ぎ は 何 だ っ た ん だ と い ぶ か ら れ る 、 と い う 類 い の 本 で は な い 。 ま っ た く そ の 反 対 だ 。 最 初 か ら 書 評 は 心 地 よ い ほ ど に 好 意 的 で 、 こ れ が 論 争 的 な 本 だ と は 、 最 初 は 見 ら れ な か っ た 。 何 年 か の う ち に こ れ は 大 い に 問 題 を は ら ん だ 本 だ と い う 評 判 が 高 く な っ て い っ て 、 今 で は 過 激 な 極 端 論 の 著 作 だ と 広 く み な さ れ て い る 。 け れ ど 、 こ の 本 が 極 端 論 だ と い う 評 判 が 広 ま っ て い っ た そ の 同 じ 年 月 の 間 に 、 こ の 本 の 実 際 の 内 容 は 、 次 第 、 次 第 に 極 端 な も の と は 思 わ れ な く な り 、 次 第 、 次 第 に 当 然 な も の と し て 通 用 す る よ う に な っ て し ま っ た 。 利 己 的 遺 伝 子 説 は ダ ー ウ イ ン の 説 で あ る 。 そ れ を 、 ダ ー ウ イ ン 自 身 は 実 際 に 選 ば な か っ た や り か た で 表 現 し た も の で あ る が 、 そ の 妥 当 性 を ダ ー ウ イ ン は 直 ち に 認 め 、 大 喜 び し た だ ろ う と 私 は 思 い た い 。 事 実 そ れ は 、 オ ー ソ ド ッ ク ス な ネ オ ・ ダ ー ウ イ ニ ズ ム の 論 理 的 な 発 展 で あ り 、 た だ 目 新 し い イ メ ー ジ で 表 現 さ れ て い る だ け な の だ 。 個 々 の 個 体 に 焦 点 を あ わ せ る の で な く 、 自 然 の 遺 伝 子 瞰 図 的 見 方 を と っ て い

利己的な遺伝子


し ど う み て も こ . は . 魅 惑 的 な 題 名 で は な 、 。 そ こ で 私 は 、 遺 伝 子 何 代 も 続 く 可 能 る 染 色 体 の 小 さ な 小 片 と 定 義 し て 、 こ の 本 に 「 利 己 的 な 遣 伝 子 ー (The selfish Gene ) と い う 表 題 を つ け た の で あ る 。 こ こ で 、 第 一 章 の 章 末 に 残 し た 問 題 に た ち 、 、 つ こ わ け で あ る 第 一 章 よ 、 自 然 淘 汰 の 基 本 単 位 と い う 肩 書 き に 値 す る あ ら ゆ る 単 位 が 、 利 己 的 た と 考 え ら れ る こ と を み ナ ま た 、 人 に よ っ て 、 種 を 自 然 淘 汰 の 単 位 と 考 え る 人 、 種 内 の 個 体 群 な い し 集 団 を 単 位 と 考 え る 人 、 あ る い は 個 体 を 単 位 と 考 え る 人 も い る こ と を み た 。 私 は 自 然 淘 汰 の 基 本 単 位 と し て 、 し た が っ 利 己 主 義 基 本 単 位 と し て 、 遺 伝 子 を 考 え る ほ う が い し 、 と 述 べ た 。 私 が 今 お こ な っ た の は 、 私 の 主 張 が 必 す 正 し く な る よ う に 遺 伝 子 を 定 義 す る こ と で あ る 。 も 「 と も 一 般 的 な 形 で い え ば 比 幻 測 沢 〔 〔 一 心 6 〕 生 」 ・ も ・ を ・ 」 〕 ・ い デ ・ 一 ) 〕 〕 ・ で ・ お 「 0 。 生 き の こ る も の も あ れ ば 死 ぬ も の も あ る の だ が 、 こ の 選 択 的 な 死 が 世 界 に な ん ら か の 影 響 を お よ ・ ほ す に は 、 さ ら に 条 件 が 必 要 で あ る 。 を 修 は 無 数 り ・ ゴ 「 ビ ・ し の 形 で 存 在 し て い な け れ ば な ら な い 。 そ し て そ の 単 位 の 少 な く と も 一 部 の も の は 、 進 化 の で 意 味 の あ る 期 間 ( 0 。 ヒ ー の 形 で ) 生 き の こ る こ と の で き る が な け れ は な ら な い 。 小 さ な 遺 伝 単 位 は こ れ ら の 特 性 を そ な え て い る 。 個 体 、 グ ル ー プ 、 種 に は そ れ が な い 。 遺 伝 イ な 業 績 で あ っ た 。 今 日 で は 、 こ れ は い く ぶ ん 単 純 す ぎ る こ と が わ か っ て い る 。 シ ス ト ロ ン で す ら 、 と き の に は 分 割 さ れ る こ と が あ る し 、 同 一 染 色 体 上 2 」 っ の 遺 伝 子 は い ず れ も 完 全 に 独 立 し て は い な い 。 私 が 不 お こ な っ た の は 、 不 可 分 の 微 粒 子 と い う 理 想 に 極 度 に 近 づ く 単 位 と し て 遺 伝 子 を 定 義 す る こ と で あ る 。 遺 伝 子 は 不 可 分 で は な い が 、 め っ た に 分 割 し な い 。 そ れ は ど ん な 個 体 の 体 内 に も 明 確 に 存 在 す る か 、 明

利己的な遺伝子


参 考 文 献 51. DAWKINS, R. ( 1986 ) SociobioIogy: the new storm in a teacup. ln 50. DAWKINS, R. (1986 ) 窈 ど み ″ Ⅲ 4 島 加 最 既 HarIow: Longman. PP ・ 403 ー 25 ・ 加 川 砌 (ed. D. S. Bendall). Cambridge: Cambridge University Press. 49. DAWKINS, R. (1983 ) Universal Darwinism. ln 0 ん れ 。 川 川 。 な な Cambridge University Press. pp ・ 45 4. So 房 房 0 (eds. King's C011ege SociobioIogy Group). Cambridge: 48. DAWKINS, R. (1982 ) Replicators and vehicles. ln C ″ 砒 P 房 バ Freeman. * 47 ・ DAWKINs, R. ( 1982 ) ど 方 イ ど イ P ん 0 り . Oxford: W. H. Silverbcrg). Boulder, C010rado: Westview Press. pp ・ 331 7. ln So 0 ん 0 あ . ・ 方 0 伽 d N 肝 ど / Nu 加 (eds. G. W. Barlow and J. 46. DAWKINS, R. ( 1980 ) G00d strategy or evolutionarily stable stratcgy. Zei な ア / T ゆ り 励 房 bg 51, 184 ー 200. * 45 ・ DAWKlNs, R. (1979 ) Twelve misunderstandings 0f kin selection. 55473 ・ 44. DAWKINS, R. (1979 ) ln defence of selfish genes. ん 56 , Longman. DAWKINS, M. S. ( 1986 ) U av ど 月 れ 4 / み av . Harlow: 26 , 13 47. butterfly ara ど “ g ど の : the rcsident always wins. / 襯 4 / お 勗 硎 肝 42. DAVIES, N. B. (1978 ) Territorial defence in the speckled wood DARWIN, C. R. (1859 ) ど 0 翻 ツ 、 Sp お . London: John Murray. edition. Boston: Willard Grant. 40. DALY, M. and WILSON, M. (1982 ) Sex, E00 ん れ イ 召 勗 側 れ 2nd University Press. pp. IOI ー 22. Ⅳ -0 み Co 加 Ⅷ (ed. R. A. Hinde). Cambridge: Cambridge 39. CULLEN,J. M. ( 1972 ) Some principles ofanimal communication. ln 月 れ 240 ( 2 ) , 104 ー 13 ・ 38. CROW, J. F. ( 1979 ) Genes that Golate Mendel's rules. S ー 「 16 ト 82. 37. CLOAK, F. T. ( 1975 ) ls a culturaleth 0 possib 厄 ? 〃 4 4 「 房 0 3 , Bodley Head. 36. CHERFAS, J. and GRIBBIN, J. ( 1985 ) ど 犬 記 Ⅷ 川 4 London: altruism or manipulation? 月 川 ど 「 4 れ Na ル ra ″ 計 109 , 107—12. 35. CHARNOV, E. L. and KREBS,J. R. ( 1975 ) The evolution ofalarm calls: 451 ー 65 ・ choice or parental parasitism? 7 側 翔 4 / 研 T ん 印 / 方 あ 75 , 34. CHARNOV, E. L. ( 1978 ) Evolution of cusocial behavior: offspring Princeton University Press. Tra 川 れ 4 〃 イ 00 ん 〃 0 劜 ・ / 0 〃 4 ″ ん / 22m4 「 ん . Princeton: 33. CAVALLI-SFORZA, L. L. and FELDMAN, M. 「 . (1981) Cu ″ * 43 ・ * 41• ラ 43 ( 前

利己的な遺伝子


著 者 の 一 九 八 九 年 版 へ の ま え が き に あ る よ う な い き さ つ で 、 こ の 第 二 版 が 出 版 さ れ た 。 新 し く 加 え ら れ た 第 十 一 一 章 、 第 十 三 章 は 垂 水 が 担 当 し 、 補 注 は 第 六 章 ま で は 垂 水 が 、 第 七 章 以 降 は 岸 が 受 け 持 っ こ と に し た 。 ぼ く 自 身 は あ ま り に も 忙 し い か ら と い う こ と で 、 新 し い ま え が き を 訳 す だ け で 勘 弁 し て も ら い 、 あ と で 訳 稿 を 通 読 し た 。 訳 冫 。 を こ よ ま と ん ど ま っ た く 手 を 入 れ る 必 要 は な か っ た の で 、 こ れ は 大 変 ら く な 仕 事 だ っ た 。 い ず れ に せ よ 、 今 、 こ の 分 野 で 興 味 を も た れ て い る 「 囚 人 の ジ レ ン マ 」 か ら 筆 を お こ し て 、 利 己 的 遺 伝 子 論 の 主 張 者 と し て の ド ー キ ン ス が い ち ば ん 気 に し て い る ら し い 「 協 力 」 の 問 題 を く わ し く 論 じ た 第 十 一 一 章 は 、 中 々 の 出 来 で あ る 。 第 十 三 章 は 、 同 じ 著 者 に よ る 『 延 長 さ れ た 表 現 型 』 ( 日 高 敏 隆 、 遠 藤 彰 、 遠 藤 知 一 一 訳 、 紀 伊 國 屋 書 店 ) の み ご と な 要 約 で あ り 、 利 己 的 遺 伝 子 論 を さ ら に 押 し 進 め た ら ど う な る か を 手 短 に 知 り た い 人 に 、 ぜ ひ 読 ん で い た だ き た い 。 「 The Se1fish Gene 」 と い う タ イ ト ル が 人 に 知 ら れ る に つ れ て 、 こ の 本 の 邦 訳 を 探 す 人 が ふ え て き た 。 そ れ が 『 生 物 生 存 機 械 論 』 と い う 、 ふ つ う に は 思 い も っ か な い 日 本 語 タ イ ト ル で 出 版 さ れ た た め 、 こ の 本 も 、 日 本 の 読 者 も 、 ず い ぶ ん 損 を し た と 思 う 。 そ う な っ た い き さ つ に は 触 れ な い で 、 こ の 度 の 第 第 二 版 へ の 訳 者 あ と が き 528

利己的な遺伝子


「 気 の い い 奴 は ビ リ に な る 」 。 こ の フ レ 1 ズ は 野 球 の 世 界 で 始 ま っ た も の の よ う に 思 わ れ る の だ が 、 た だ し 、 一 部 の 専 門 家 は 、 そ れ よ り 先 に も う ひ と っ 別 の 意 味 で 使 わ れ て い た と 主 張 し て い る 。 ア メ リ カ の 生 物 学 者 ギ ャ レ ッ ト ・ ハ ー デ ィ ン は そ れ を 、 「 社 会 生 物 学 」 な い し は 「 利 己 的 遺 伝 子 学 (selfish genery) 」 と で も 呼 べ る も の の 教 え を 要 約 す る た め に 用 い て い る 。 そ れ が い か に び っ た り は ま っ て い る か は 容 易 に ナ イ ス ・ ガ イ わ か る 。 も し 「 気 の い い 奴 」 と い う ロ 語 的 な 意 味 を そ れ に 対 応 す る ダ ー ウ イ ン 主 義 的 な 言 葉 に 翻 訳 す れ ば 、 気 の い い 奴 と は 、 自 分 と 同 じ 種 の 他 の メ イ 、 ハ ー た ち を 助 け 、 自 ら の 犠 牲 に お い て 、 彼 ら の 遺 伝 子 を 次 世 代 に 伝 え さ せ る よ う な 個 体 で あ る 。 し た が っ て 、 気 の い い 奴 の 数 は 減 る べ き 運 命 に あ る と 思 わ れ る 。 ナ イ ス ネ ス 気 の よ さ は 、 ダ ー ウ イ ン 主 義 的 な 死 を 迎 え る の だ 。 し か し 、 「 ナ イ ス ー と い う ロ 語 的 な 単 語 に は 、 も う ひ と つ の 専 門 用 語 と し て の 解 釈 が あ る 。 こ の 定 義 は 会 話 に お け る 意 味 か ら そ れ ほ ど 離 れ て い る わ け で は な い が 、 も し こ ち ら を 採 用 す る な ら ば 、 気 の い い 奴 が 一 番 に な る こ と は あ り う る 。 こ の よ り 楽 観 主 義 的 な 結 論 が 、 本 章 で こ れ か ら 述 べ よ う と す る も の で あ る 。 第 十 章 の 「 恨 み 屋 」 を 思 い 出 し て い た だ き た い 。 彼 ら は 明 ら か に 利 他 的 な や り 方 で お 互 い に 助 け あ う 2 気 の い い 奴 が 一 番 に な る 322

利己的な遺伝子


寄 主 の 卵 と そ っ く り に 見 え る こ と に よ っ て 発 見 を 免 れ る の だ か ら 。 つ い で な が ら 、 『 オ ク ス フ ォ ー ド 英 語 辞 典 』 ([email protected]) の 最 新 版 に は 、 「 利 己 的 (selfish) 」 に 、 「 遺 伝 子 あ る い は 遺 伝 物 質 に つ い て : : : 表 現 型 に な ん の 効 果 も 及 ・ ほ さ な い が 、 永 続 す る あ る い は 広 ま る 傾 向 」 と い う 新 し い 意 味 が 付 け 加 わ っ て い る 。 こ れ は 「 利 己 的 」 に つ い て の 見 事 に 簡 潔 な 定 義 で あ り 、 そ こ に 文 例 と し て 挙 げ ら れ て い る 二 番 目 の も の は 、 実 際 に 利 己 的 に 関 す る も の で あ る 。 し か し な が ら 私 の 意 見 で は 、 「 表 現 型 に な ん の 効 果 も 及 ・ ほ さ な い が 」 と い う 文 句 は 適 切 で は な い 。 利 己 的 遺 伝 子 は 表 現 型 に 効 果 を 及 ・ ほ さ な い こ と も あ る が 、 し か し 多 く の も の は 及 ・ ほ す か ら だ 。 辞 書 編 纂 者 が こ の 意 味 を 「 利 己 的 」 に 限 定 す る つ も り だ っ た と 主 張 す る の は 許 さ れ る だ ろ う 。 実 際 そ れ は 表 現 型 効 果 を も た な い か ら だ 。 し か し 最 初 に 挙 げ ら れ て い る 文 例 は 私 の 『 利 己 的 な 遺 伝 子 』 か ら の も の で 、 表 現 型 効 果 を も っ 利 己 的 遺 伝 子 を 含 ん で い る 。 し か し な が ら 、 に 引 用 さ れ る と い う 名 誉 に 異 議 を 唱 え る つ も り は 毛 頭 な い の だ ー 利 己 的 QZ<< に つ い て は 、 『 延 長 さ れ た 表 現 型 』 ( 訳 本 、 二 九 五 ~ 三 一 〇 頁 ) に お い て さ ら に く わ し く 論 じ た 。 4 遺 伝 子 機 械 本 文 頁 「 脳 は 機 能 上 コ ン 。 ヒ = ー タ ー に 似 た も の と 考 え る こ と が で き よ う 」 こ う い っ た 類 い の 陳 述 は 、 文 字 通 り の 解 釈 を し た が る 批 評 家 を 困 ら せ る 。 も ち ろ ん 、 彼 ら が 脳 は 多 く の 点 で コ ン ビ ュ ー タ ー と 異 な る と い う の 正 し い 。 た と え ば 、 脳 の 内 在 的 な 作 動 の 方 法 は 、 わ れ わ れ の 技 術 が 発 展 さ せ た 特 定 の 種 類 の コ ン ビ ュ ー タ ー と は 、 た ま た ま 非 常 に 異 な っ た も の で あ る 。 だ が 、 そ の こ と は 、 そ れ が 機 能 上 似 て い る と い 注 う 私 の 陳 述 の 真 実 性 を な ん ら 減 少 さ せ る も の で は な い 。 機 能 的 に は 、 脳 は 、 内 臓 さ れ た コ ン ビ ュ ー タ ー と そ っ く り 同 じ 役 割 を 果 た し て い る 。 つ ま り 、 デ ー タ 処 理 、 パ タ ー ン 認 識 、 短 期 ・ 長 期 の デ ー タ 蓄 積 、 作 業 の 調 整 ( オ ペ レ ー シ ョ ン ・ コ ー デ ィ ネ ー シ ョ ン ) 、 な ど な ど で あ る 。 441

利己的な遺伝子


SMYI'HE, N. ( 1970 ) On thc existcnce of'pursuit invitation' signals in mammals. / 襯 Ⅳ 肝 記 ⅳ 104 , 491 ー 4 ・ 166. S 旺 L , K. and KITCHER, P. (1988 ) The return 矼 the gc 0 ・ プ 4 / 研 P ん 85 , 339 ー 61 ・ 167. SYMONS, D. (1979 ) ど 0 ん 〃 〃 4 加 4 れ S 44 / . New York: Oxford University Press. * 168. TINBERGEN, N. ( 1953 ) & 血 / 召 訪 / れ 4 な . London: Mcthucn. 169. TREISMAN, M. and DAWKINS, R. (1976 ) Thc cost 0f meiosis—is there any ? 4 翔 4 / 研 乃 印 / 召 0 63 , 47g84 ・ TRIVERS, R. L. ( 1971) The evolution ofreciprocalaltruism ・ れ ケ ev / 研 召 / 房 0 46 , 35 ー 57 ・ TRIVERS, に L. ( 1972 ) ParentaI investment and sexual selection. ln S な / S 市 and ど D 師 ー 研 M 側 (ed. B. Campbell). Chicago: Aldine. pp. 13 79. TRIVERS, R. L. ( 1974 ) Parent—offspring conflict. / 襯 れ ZooIogist 14, 249 ー 64 ・ TRIVERS, R. L. ( 1985 ) SociaI 方 ん 劜 Menlo Park: Benjamin/ Cummngs. TRIVERS, R. L. and HARE, H. (1976 ) HaplodipIoidy and the evolu- tion 0f the social insects. S 化 191, 249 ー 63. TURNBULL, C. ( 1972 ) ど 外 Ⅷ P ど London:Jonathan Cape. 176. WASHBURN, S. L. (1978 ) Human behavior and the behavior ofother a ⅲ m 引 s. / 襯 れ 2 訪 房 bg ⅳ 33 , 405 ー 18. WELLS, P. A. (1987 ) Kin recognition in humans. ln Kin og ⅲ ″ / れ 4 な (eds. D. J. C. Fletcher and C. D. Michener). New York: Wiley. pp ・ 395 ー 415 ・ * 178. WICKLER, W. ( 1968 ) M の ′ . London: World University Library. WILKINSON, G. S. (1984 ) Reciprocal food-sharing in thc vampire bat. Ⅳ 4 308 , 181 ー 4. 180. W 儿 LI 熱 , G. C. ( 1957 ) PIeiotropy, naturalselection, and the evolu- tion Of senescence. 方 00 ん 0 〃 ー I, 398 ー 411. 181. WILLIAMS, G. C. (1966 ) / 4 〃 and ura / S ど 劜 princcton: Princeton University press. WILLIAMS, G. C. ( 1975 ) Sex 4 ″ イ 方 ん 劜 princeton: Princeton University Press. 183. W 儿 LI 熱 , G. C. ( 1985 ) A defense of reductionism in cvolutionary biolo . ln 0 ザ イ S ″ 05 0 ん B ん (eds. R. Dawkins and M. RidIey), 2 , pp. 1 ー 27. 184. WILSON, E. O. ( 1971) ど / & ぉ . Cambridge, Mas- (x) 536 182. 179 ・ 177 ・ * 175 ・ 174 ・ 173 ・ 172 ・ 171 ・ 170 ・ 165.

利己的な遺伝子


参 考 文 献 (vii) analysis. / 召 勗 肝 25 , 1 ー 9 ・ MAYNARD SMITH, J. ( 1977 ) Parental investment: a prospectivc principle. プ側用記 研 印 / B あ 57 , 239 ー 42 ・ MAYNARD SMITH, J. 0976 ) SexuaI selection and the handic 叩 / 加 ど ca れ Sa• れ 訂 64 , 41 ー 5 ・ MAYNARD SMITH, J. ( 1976 ) Evolution and the theory of games. お 0 51, 277 ー 83. MAYNARD SMITH, J. い 976 ) Group selection. 皂 犬 れ 研 animal conflict. プ硼E4/ 研 印 / お あ 47 , 20g21. MAYNARD SMITH,J. ( 1974 ) The 市 eo リ ofgames and the evolution of University Press. pp. 8 ー 28. fighting. ln J. Maynard Smith, 0 〃 E ” ん れ . Edinburgh: Edinburgh MAYNARD SMITH, J. い 972 ) Gamc theory and the evolution of Cambridge University Press. pp. 156-206. ication. ln Danvin 召 / og 耘 4 / ー 物 (ed. P. に Bell). Cambridge: MARLER, P. R. ( 1959 ) Developments in thc study ofanimalcommun- W. H. Freeman. MAkGULlS, L. ( 1981) 襯 ん 0 C ど ″ 饒 0 ん 劜 San Francisco: University Press. pp. 1 2 ← 31. and ん (eds. J. Mackic and P. Mackie, 1985 ). Oxford: Ox 応 「 d principles of evolution. ~ ん 53 , 455 ー 64. Reprinted ⅲ P ど 0 MACKIE, J. L. (1978 ) The law of the jungle: m 併 引 alternatives and man and H. J. Morowi レ ). New York: Blaisdell. pp. 388 ー 97. selection.. ln 窈 印 耘 4 / イ 川 な 耘 4 / 召 あ (cds. T. H. Watcr- 1 16. MACARTHUR, R. H. ( 1965 ) Ecologcal consequences 矼 natural Souvenir Press. LURIA, S. E. (1973 ) カ 旅 ー ど U 訪 記 五 ゆ 川 ′ . London: LORENZ, K. Z. (1966 ) 0 れ 月 r ″ . London: Methuen. Methuen. LORENZ, K. Z. (1966 ) 饒 0 ん れ 側 dMo イ 亜 伽 B 訪 側 れ London: the Tit for Tat modcl ofrcciprocity. S れ 化 227 , 1363 ー 5 ・ LOMBARDO, M. P. ( 1985 ) Mutualrestraint in tree swallows: a test 0f れ E 印 あ 7 ( 27 ) , 57 ー 72 ・ confined populations offour species ofrodents. 犬 ん 2 4 - LIDICKER, W. Z. ( 1965 ) Comparauve study 矼 density regulation in evolution. S 〃 4 118 , 65 ー 82. LEWONTIN, R. C. ( 1983 ) The organism as the subject and object 0f LEWIN, B. ( 1974 ) G ど E ゆ 朝 伽 , volume 2. London: Wilcy. success in elcphant scals. / 襯 ど ca れ ん 0 / 14, 163 ー 76 ・ LE BOEUF, B. J. 0974 ) Male—malc competition and reproductive press. LACK, D. (1966 ) ゆ 4 / 4 ″ & 市 研 お 耘 ム . ()xford: Clarendon 539 125 ・ 124 ・ 123 ・ 1 2 2. 121. 120. 119 ・ *118. 1 17 ・ * 1 15. *114. * 1 13. 1 12. 1 10. 109 ・ 108. 107 ・