検索 - みる会図書館

検索対象: 新潮45 2016年7月号 新潮社

新潮45 2016年7月号 新潮社から 297件ヒットしました。

新潮45 2016年7月号 新潮社


「 鳥 瞰 」 高 木 亮 新 潮 2016 年 7 月 号 新 潮 社

新潮45 2016年7月号 新潮社


PLINLVS July 2016 148

新潮45 2016年7月号 新潮社


い し 、 ま た 、 生 命 や 自 由 の 擁 護 と い う 人 だ か ら 、 今 日 、 必 要 な も の は 、 ま さ に か け が な さ れ て い た 時 代 で あ っ た 。 そ し 権 主 義 で も な い 。 た だ 、 「 人 間 と は 自 ら シ = ー マ ッ ハ ー が 述 べ た よ う に 、 価 値 の て 、 も し も 、 今 日 、 シ = ー マ ッ ハ ー が 新 の 営 為 の 音 味 を 問 う も の で あ る 」 と い う 、 観 点 か ら 経 済 学 の 理 論 を 相 対 化 す る よ う 鮮 に 響 く の だ と す れ ば 、 わ れ わ れ は 、 し ご く 当 た り 前 の 人 間 観 か ら 出 て く る も な 「 メ タ 経 済 学 」 な の で あ る 。 経 済 に 関 年 代 と 同 様 の 、 大 き な 社 会 的 な 転 換 点 に す る 「 メ タ フ ィ ジ ッ ク ス ( 形 而 上 学 ) 」 さ し か か っ て い る こ と に な る の で あ ろ う 。 の で あ る 。 に も か か わ ら ず そ れ は 、 経 済 学 の よ う と い っ て も よ い 。 人 間 に と っ て 「 よ き こ の 「 反 ・ 幸 福 論 」 で 、 し ば ら く 、 そ の な ~ 科 学 か ら は で て こ な い の で あ る 。 生 」 と は い か な る も の か 、 「 よ き 仕 事 」 よ う な 問 い を 発 し て み た い 。 十 分 に 答 え む し ろ 、 的 学 問 は 時 と し て そ の 障 害 と は 、 「 よ き 物 的 生 活 」 と は 、 「 よ き 組 を 見 出 す こ と は 不 可 能 だ と し て も 、 ど こ に さ え な る 。 な ぜ な ら 、 ~ 科 学 は 、 事 織 」 と は 、 と い っ た 「 メ タ フ ィ ジ ッ ク に 考 え る べ き 鬮 が あ る の か 。 ど う 考 え 実 と 価 値 の 分 離 を こ そ 最 大 の 身 元 証 明 に ス 」 ( の 問 い か け を 決 し て 怠 ら な い 経 済 る べ き な の か 。 読 者 の 皆 さ ん に も 投 げ か け て み た い と 思 う 。 使 い 、 そ の う え で 、 価 値 に つ い て は 咸 ~ 学 が 求 め ら れ て い る の で あ る 。 確 か に 、 E 年 代 と は 、 そ の よ う な 問 い し よ う と す る か ら で あ る 。 7 月 号 2016 第 35 巻 第 7 号 ・ 通 巻 第 411 号 平 成 28 年 7 月 18 日 発 行 ( 平 成 28 年 6 月 18 日 発 売 ) ( 禁 無 断 転 載 ) 定 価 880 円 編 集 兼 発 行 者 三 重 博 一 発 行 所 株 式 会 社 新 潮 社 〒 162-8711 東 京 都 新 宿 区 矢 来 町 71 電 話 [ 編 集 ] 0 5266-5445 [ 営 業 ] 03 弓 266-5111 印 刷 者 北 島 義 俊 印 刷 所 大 日 本 印 刷 株 式 会 社 @2016 SHINCHOSHA Printed ⅲ Japan 来 月 8 月 号 は 、 7 月 19 日 発 売 で す 。

新潮45 2016年7月号 新潮社


新 潮 社 新 刊 案 内 新 潮 ム ッ ク 雑 書 時 は 来 た 誌 人 プ ロ レ ス 新 世 界 の バ イ ブ ル 誕 生 。 新 日 本 が い ま 、 最 高 に 面 白 い ! NEW 月 刊 ・ A5 判 WORLD 期 帚 波 噺 日 本 プ ロ レ ス ワ ー ル ド 」 公 式 ブ ッ ク を 新 潮 社 編 勧 鬆 め 届 け る す 次 ※ 1 ー 午 ■ の お 年 購 前 お 号 届 ロ ノ し か け 1 料 時 辷 ら 開 0 金 5 み り は 円 梺 6 2 ま 現 送 9 す 在 3 料 平 3 翆 年 小 日 弓 冗 日 社 の 中 2 負 み 9 の 5 担 0 号 0 フ 円 Ⅲ Ⅲ Ⅲ Ⅲ Ⅲ Ⅲ Ⅲ Ⅲ Ⅲ Ⅲ Ⅲ Ⅲ Ⅲ Ⅲ Ⅲ Ⅲ Ⅲ Ⅲ Ⅲ Ⅲ Ⅲ Ⅲ Ⅲ Ⅲ Ⅲ Ⅲ Ⅲ Ⅲ Ⅲ Ⅲ Ⅲ Ⅲ Ⅲ Ⅲ Ⅲ Ⅲ Ⅲ ◎ 岩 澤 高 雄 篠 山 紀 信 が オ カ ダ ・ カ ズ チ カ の IWGP タ イ ト ル マ ッ チ を 完 全 密 着 撮 り 下 ろ し ! 棚 橋 弘 至 と KUS Ⅲ DA が 作 家 デ ビ ュ ー 入 魂 の 処 女 小 説 を 一 挙 掲 載 ! 真 壁 刀 義 の 熱 血 対 談 、 小 島 聡 デ ピ ュ ー 25 周 年 手 記 ほ か 、 直 木 賞 作 家 、 人 気 漫 画 家 、 気 鋭 哲 学 者 な ど 、 豪 華 執 筆 陣 が 登 場 。 か っ て な い プ ロ レ ス 字 宙 の ビ ッ グ バ ン を 目 撃 せ よ ! 発 売 中 ◎ 926 円 978-4-10-790242-9 表 示 の 価 格 に は 消 費 税 が 含 ま れ て お り ま せ ん 。 Ⅲ Ⅱ Ⅱ Ⅲ Ⅲ Ⅲ Ⅲ Ⅲ Ⅲ Ⅲ Ⅲ Ⅲ

新潮45 2016年7月号 新潮社


参 軍 輟 剄 0 第 第 物 物 物 謇 第 を 第 宿 , 竃 中 国 は 徴 兵 制 が あ り ま す が : ・ 実 際 は ほ ぼ 志 願 兵 だ け で す 人 民 解 放 軍 と い う 名 称 は 皮 肉 で す 中 国 人 民 だ か ら で す ! 天 安 門 事 件 な せ な ら 解 放 軍 の 最 大 の 仮 想 敵 は 、 台 湾 で も 日 本 で も 米 国 で も な く ・ : も し 後 共 制 を 実 施 し た ら : 代 男 性 だ け で 1 億 人 以 上 そ ん な に 食 わ せ ら れ ん ! 志 願 兵 だ け で 充 分 だ ! チ ベ ッ ト ・ ボ タ ラ 営 事 件 私 は 「 陥 落 後 」 ど 言 っ て い ま す 中 国 て は 、 年 を お ) 「 解 放 後 」 ど ま し ま す が ・ : 6 ル / 誰 が 志 願 す る ん だ ろ う ? で も 、 周 り に は 解 放 軍 に 志 願 す る 人 な ん て い な か っ た け ど な : ( 0 や ( 都 市 戸 籍 を 持 っ て い る 恵 ま れ た 奴 は 来 な い ! 一 兵 卒 で 入 っ て く る の は 俺 た ち 農 村 出 身 者 ば か り そ の 後 の 共 産 党 統 治 が 悲 修 過 ぎ て 描 け な い か ら て す 多 く の 近 代 歴 史 ド ラ マ が 年 て 終 わ る の は 9 July 2016 258

新潮45 2016年7月号 新潮社


沖 縄 の 「 最 悪 な 治 安 」 は 本 当 に 基 地 の せ い か う る ま 市 の 殺 人 事 件 の 前 か ら 「 米 軍 関 係 者 の 犯 罪 」 は 、 大 き く ク ロ ー ス ア ッ プ さ れ 、 , 男 の 事 実 を 指 し 示 す 社 会 問 題 化 し て い る 。 だ か 刑 法 犯 発 生 率 な ど の デ ー タ よ 、 リ 沖 縄 の 米 軍 基 地 内 で 働 く 元 海 兵 隊 員 を な ど で 主 と し て 兵 站 業 務 に 従 事 し 、 年 と 3 人 で 暮 ら し て い た と い う 。 容 疑 者 本 容 疑 者 と す る 殺 人 事 件 が 大 き な 波 紋 を 呼 9 月 9 日 に 除 隊 し た と き は ワ シ ン ト ン で 人 の 職 場 や 近 所 で の 評 判 は け っ し て 亜 0 く ん で い る 。 4 月 日 以 来 行 方 不 明 だ っ た 勤 務 し て い た 。 対 テ ロ リ ズ ム 、 韓 国 防 衛 な か っ た と 伝 え ら れ て い る 。 名 護 市 出 身 、 う る ま 市 在 住 の 女 性 笳 な ど で の 功 績 で メ ダ ル も 受 賞 し て い る 。 事 件 で 勢 い づ い た 翁 長 知 事 き が 、 恩 納 村 の 雑 木 林 で 発 見 さ 除 隊 後 は 、 沖 縄 に 移 住 し て 米 国 系 民 間 こ の 事 件 は 、 関 係 者 の 苦 し み や 哀 し み 会 社 に 就 職 し 、 嘉 手 納 基 地 内 で イ ン タ ー れ た 事 件 だ 。 を よ そ に 、 大 き な 政 治 贈 と 化 し て い る 。 5 月 日 に 死 体 遺 棄 容 疑 で 逮 捕 さ れ た ネ ッ ト 関 係 の 仕 事 を し て い た 。 そ の 間 、 の は シ ン ザ ト ・ ケ ネ ス ・ フ ラ ン ク リ ン 容 沖 縄 県 与 那 原 町 出 身 の 女 性 と 結 婚 、 本 来 事 件 直 後 か ら 、 翁 長 雄 志 知 事 や 翁 長 氏 を 疑 者 ( ) 肥 。 ニ = ー ヨ ー ク の ハ ー レ ム 出 の 名 字 で あ る Gadson ( ギ ャ ド ソ ン ) で 支 え る 「 オ ー ル 沖 縄 、 に 参 茄 す る 国 会 議 身 で 、 米 軍 基 地 内 に の あ る メ リ ー ラ は な く 、 妻 の 名 字 で あ る シ ン ザ ト ( 新 員 ・ 首 長 ・ 地 方 議 員 、 基 地 反 対 運 動 の 活 ー シ テ ィ ・ カ レ ッ ジ 校 を 里 ) を 名 乗 る よ う に な っ た ら し い 。 こ の 動 家 、 地 兀 メ デ ィ ア な ど は 、 事 件 の 原 因 ン ド 大 学 ュ ニ ヾ 4 月 に 、 与 那 原 町 与 那 原 に あ る 妻 の 実 家 は 日 米 地 位 疋 と 米 軍 駐 留 に あ る と し 、 卒 業 し て い る 。 2007 年 7 月 日 に 海 兵 隊 に 人 隊 、 に 転 居 、 容 疑 者 夫 妻 の た め に 義 父 母 が 改 地 位 疋 の 改 定 と 米 軍 基 去 を 強 く 求 沖 縄 県 浦 添 市 に あ る キ ャ ン プ ・ キ ン ザ ー 装 し た 住 宅 に 、 生 ま れ た ば か り の 子 ど も め て い る 。 県 民 感 情 が 「 米 軍 の 暴 力 」 に 篠 原 章 評 論 家 1956 年 山 梨 県 生 ま れ 。 経 済 学 博 士 ( 成 城 大 学 ) 。 シ ン ク タ ン ク 、 大 学 教 員 を 経 て 評 論 活 動 に 入 る 。 共 著 に 「 沖 縄 の 不 都 合 な 真 実 」 、 監 修 本 に 「 別 冊 宝 島 報 道 さ れ な い 沖 縄 基 地 問 題 の 真 実 」 な ど 。 し の は ら あ き ら JuIy 2016 78

新潮45 2016年7月号 新潮社


第 は つ ら い を 旅 す る 引 い て し ま い 、 自 分 が 振 ら れ た か の よ う に 去 っ て ゆ く 。 寅 は 、 音 邦 な こ と に 女 性 に 対 し て ス ト ィ ッ ク で あ る 。 そ れ が 決 定 的 だ っ た の が 、 第 四 作 「 寅 次 郎 あ じ さ い の 恋 」 年 ) 。 い し だ あ ゆ み 演 じ る 末 亡 人 を 好 き に な り 、 相 手 も そ の 気 に な っ た と こ ろ で 、 ひ る ん で し ま う 。 最 後 の 一 線 を 超 え る こ と を せ ず 、 別 れ て し ま う 。 惚 れ ら れ て い る の に 、 手 を 出 さ な い 。 竹 / 自 分 は や く ざ な 男 だ か ら 、 か た ぎ の 女 性 に は 触 れ な い と い う 寅 な り の け じ め が あ 評 論 家 る の だ ろ う 。 の 川 本 三 郎 し ろ う と 19 4 4 年 東 京 生 れ 。 東 京 大 学 法 学 部 卒 。 付 合 う 女 性 は 玄 人 だ け 。 決 し て 素 人 に 朝 日 新 聞 社 を 経 て 独 立 。 著 書 に 「 マ イ ・ 次 / は 手 を 出 さ な い 。 あ れ だ け 女 性 に 溺 れ た バ ッ ク ・ べ 」 ジ 」 「 荷 風 と 東 京 」 等 。 永 北 何 風 が 「 女 好 き な れ ど 処 女 を 犯 し た る こ と な く ま た 道 な ら ぬ 恋 を な し た る 事 か え り い つ も 女 性 に 振 ら れ て ば か り い る 寅 だ 笑 い 話 に し て し ま う 。 な し 。 五 十 年 の 生 涯 を 顧 み て 夢 見 の わ が 、 た ま に 女 性 に 惚 れ ら れ る こ と も あ る 。 第 作 「 浪 花 の 恋 の 寅 次 郎 」 年 ) る い 事 一 つ も 為 し た る こ と な し 」 ( 『 断 腸 第 川 作 「 寅 次 郎 夢 枕 」 ( 肥 年 ) で は 、 の 大 阪 の 芸 者 、 松 坂 慶 子 も 、 第 作 「 寅 亭 日 乗 』 昭 和 三 年 十 一 一 月 三 十 一 日 ) と 書 寅 の 幼 な じ み で 、 夫 と 離 婚 し 柴 又 で 美 容 次 郎 紙 風 船 」 年 ) の テ キ ャ 仲 間 の 女 い た こ と を 思 い 出 さ せ る 。 院 を 開 い て い る 八 千 草 薫 が 、 明 ら か に 寅 房 、 立 品 紀 子 も 寅 に 好 意 を 持 っ て い た 。 素 人 の 女 性 に は 手 を 出 さ な い 。 や く ざ と 結 婚 し て も い い と 思 っ た 。 そ れ を 寅 は と こ ろ が 、 い ざ と い う と こ ろ で 寅 は 身 を な 寅 な り の モ ラ ル で あ る 。 の 伊 根 の 恋 丹 後 の 漁 師 町 、 伊 根 「 舟 屋 」 の あ る 漁 港 の 風 景 は 、 年 前 の 映 画 の 中 と 、 ほ と ん ど 同 じ だ っ た か わ も と さ ぶ ろ う July 2016 186

新潮45 2016年7月号 新潮社


神 戸 、 夙 川 の ほ と り 満 池 谷 の 蛍 は 、 夏 草 の 中 に 今 も 、 宿 っ て い る で し よ う か い っ か の 雑 誌 の イ ン タ ビ ュ ー 。 今 、 逢 い た い 人 は 、 と の に あ な た の 答 え 。 十 四 歳 の 少 年 昭 如 に 会 い た い 。 会 っ て 励 ま し て や り た い 。 話 や ら 、 ビ ー ル 片 手 に 講 義 し て く れ た 。 私 は ま っ た く 興 味 な し 。 今 、 思 い 出 す 。 子 供 の 頃 に 母 が キ ュ ウ う そ っ , き リ や 茄 子 に 竹 ぐ し な ど で 足 を つ け 、 茄 子 は 牛 、 キ ュ ウ リ は 馬 と い い 、 ご 先 祖 さ ま 野 反 昭 如 ど の 日 々 泣 き 笑 い が こ れ に 乗 っ て 帰 っ て く る の だ と 教 え た 。 赤 い ホ ォ ズ キ は 道 を 照 ら す 灯 り だ と 。 五 遠 い 日 は や さ し い 色 友 達 の 家 で 美 し い 草 ~ の 提 灯 を 見 た 。 家 に 帰 り 、 ど う し て 家 で は き れ い な 提 灯 を 飾 ら な い の か と 母 に 聞 い た 。 家 に 私 は 彼 と よ く 海 へ 行 っ た 。 0 野 子 い っ か 、 海 の そ ば に 住 む 約 束 、 は 仏 さ ま は い な い か ら と 母 の 答 え 。 1941 年 東 京 生 ま れ 。 画 廊 経 営 、 シ ャ 東 明 の 浜 と 白 い 雲 、 白 い 日 傘 手 。 宝 塚 歌 劇 団 で 「 藍 葉 子 」 と し て 活 年 ″ フ ー ン 〃 つ ま ら な い 。 乍 家 ・ 野 齠 加 氏 七 の 結 第 を 機 に 退 団 13 年 よ 遠 い 夏 の 日 の 穏 や か な 思 い 出 次 の 年 の お 盆 に 母 の 実 家 に 行 き 、 い く 画 廊 。 「 y 」 「 、 を 経 営 「 著 書 に ) 、 真 夜 9 一 フ ィ ン つ も の 盆 提 灯 に び つ く り し た 。 年 代 も の の 提 灯 だ っ た の だ ろ う 。 そ の 鑞 燭 の 淡 い ゆ ら め き は 、 子 供 心 に 少 し 怖 か っ た の を 大 丈 夫 だ 、 生 き ろ 、 と 思 い 出 す 。 七 月 は 野 坂 の 新 盆 。 お 盆 と は 、 亡 き 人 新 盆 に は 白 い 提 灯 を 飾 る の だ そ う 。 野 を 偲 び 供 養 す る 行 事 で 一 一 ・ 盆 と も い う と 坂 に 教 わ っ て い な い け ど 。 生 訓 野 坂 か ら 聞 い て 覚 え て い た 。 彼 は 祖 夏 の 庭 に 、 月 と 同 じ 色 の 花 を 咲 か せ る 母 に 教 わ っ た と か で や た ら 詳 し か っ た 。 サ ン ス ク リ ッ ト 語 と や ら の 子 盆 ( ウ 待 宵 草 。 花 の ひ ら い て い く 様 を 、 瞬 き も せ ず 、 胸 の 鼓 動 を お さ え 、 息 を 殺 し て 見 ラ ン バ ナ ) か ら き た 言 葉 だ そ う な 。 蓮 の 葉 に 盛 っ た お 供 え や ら 、 精 靏 馬 の 人 っ て い た 。 ポ ッ と 微 か な 音 、 四 枚 目 の 1 ン July 2016 308

新潮45 2016年7月号 新潮社


ま す 。 5300 名 の 登 録 。 フ レ イ ヤ ー の う ン 人 選 手 と は ど ん な 出 自 の 人 た ち な の か 。 に 読 む 頭 脳 、 そ の 上 、 痺 れ る ほ ど セ ク シ 「 ア ル ゼ ン チ ン の 登 録 。 フ レ イ ヤ ー 数 は お ー な 愁 い を 帯 び た ル ッ ク ス 、 と 三 拍 子 揃 ち 、 女 子 の 割 合 は 肪 。 ハ ー セ ン ト に 達 し 、 ポ ロ ク ラ ブ の 数 は 290 に も 及 び ま す 。 よ そ 4000 名 。 彼 ら は 英 米 ボ ロ 界 の プ っ た ラ テ ン の 男 た ち 。 彼 ら が 一 た び 手 綱 大 学 間 の 対 抗 試 合 も 盛 ん で 、 に レ イ ヤ ー と は 違 い 、 名 家 出 身 で も 富 豪 で を 握 る と 、 忽 ち ゲ ー ム は 情 熱 の タ ン ゴ を 登 録 す る プ レ イ ヤ ー 数 は 年 内 に 6000 も あ り ま せ ん 。 馬 の 繁 殖 を 生 禾 と す る 牧 奏 で 、 ね ば り 、 う ね っ て 、 妖 し い ス リ ル を 増 す 。 こ の 熱 き 血 潮 の 人 馬 一 体 の 超 絶 技 名 に 達 す る で し よ う 。 の ゴ ー ル 場 経 営 者 や そ の 子 弟 た ち な の で す 」 は 、 ル ー ル を し 、 ト ー ナ メ ン ト を 開 と い う の は ア ル ゼ ン チ ン の ポ ロ 専 門 誌 と 、 シ ョ ー ビ ジ ネ ス の 国 ア メ リ カ ら し い 催 し 、 全 て の プ レ イ ヤ ー に ハ ン デ ィ キ ャ 長 ル イ ス ・ ギ ャ ラ ハ ン で あ る 。 ポ ロ 派 手 な 演 出 が 功 を 奏 し て 、 全 米 オ ー プ ン ッ プ を 与 え て ポ ロ 競 技 の 発 展 に 力 を 尽 く は 馬 産 国 ア ル ゼ ン チ ン で も 人 気 の ス ポ ー 決 は 、 プ レ イ ヤ ー と 馬 と 観 客 が ひ と す こ と 。 そ し て 我 々 の ミ ッ シ ョ ン は 、 ブ ツ だ 。 幼 い 頃 か ら 広 大 な 草 原 で 馬 を 駆 り 、 つ に な っ て ポ ロ と い う 興 奮 を 味 わ う 極 上 レ イ ヤ ー ノ 、 。 、 ト ロ ン 、 ス ポ ン サ ー 、 フ ァ そ の 扱 い に 長 け た 彼 ら は 、 当 然 の こ と な の エ ン タ ー テ ィ ン メ ン ト に な り つ つ あ る 。 ン 、 そ し て 馬 を 含 め た こ の 競 技 に 関 わ る が ら ポ ロ は お 手 の 物 。 複 雑 な ル ー ル も 頭 全 米 オ ー プ ン 優 勝 は 逃 し た が 、 ジ ョ ナ 全 て の 方 た ち に 、 ポ ロ の 素 晴 ら し さ を 体 の 中 に 刷 り 込 ま れ て い る 。 だ が 、 自 国 で ベ ス は 6 月 に は イ ン グ ラ ン ド に 渡 っ て 全 験 し て も ら う こ と に あ る の で す 」 プ レ ー し た と こ ろ で 一 銭 の 儲 け に も な ら 英 オ ー プ ン の 頂 点 、 ゴ ー ル ド 杯 優 勝 を 目 メ イ ヤ ー が 言 う ハ ン デ ィ キ ャ ッ プ と は な い か ら 、 秀 で た 能 力 の あ る 選 手 は ア メ 指 す 。 世 紀 後 半 、 イ ギ リ ス に 先 駆 け て ア メ リ リ カ を 目 指 す 。 。 ハ ト ロ ン に 見 出 さ れ て 英 「 私 の 夢 は 米 ・ 英 ・ ア ル ゼ ン チ ン ・ ス ペ 力 で 考 案 さ れ た 選 手 の 総 へ 北 力 を 評 価 す 米 の ポ ロ 界 で 活 躍 す れ ば 、 億 単 位 の 金 を イ ン の ゴ ー ル ド 杯 を す べ て 制 覇 す る こ と 。 既 に 3 大 会 で 優 勝 を 果 た し て い ま す か ら 、 る ラ ン キ ン グ の こ と で 、 こ の 数 字 は ″ ゴ 稼 ぐ こ と が 出 来 る か ら で あ る 。 ー ル 〃 と 呼 ば れ る 。 局 の 川 ゴ ー ル を 持 一 方 で 、 。 ハ ト ロ ン に と っ て も 表 彰 台 に 残 る は イ ン グ ラ ン ド だ け で す 」 っ 選 手 は 2016 年 現 在 、 世 界 に 7 名 し 上 る た め に は 、 ア ル ゼ ン チ ン 人 選 手 の 即 全 米 オ ー プ ン 優 勝 回 と い う 前 人 末 到 か お ら ず 、 そ の う ち 6 名 ま で が ア ル ゼ ン 戦 力 が 欠 か せ な い と い う 訳 で 、 昨 今 の 全 の 記 録 を 持 っ 元 川 ゴ ー ラ ー の メ モ ・ グ ラ チ ン 人 選 手 、 残 る 1 名 が ア メ リ カ 人 選 手 米 オ ー プ ン は ど の チ ー ム の 顔 ぶ れ も 血 気 シ ー ダ 選 手 の 愛 馬 ウ エ ン プ リ 号 を 譲 り 受 で 、 イ ギ リ ス 人 選 手 は 1 人 も い な い 。 で 盛 ん な ア ル ゼ ン チ ン 人 選 手 に 席 巻 さ れ る け 、 そ の 遺 伝 子 か ら 「 す で に ア ル ゼ ン チ は 、 現 代 ポ ロ の 主 戦 力 で あ る ア ル ゼ ン チ 事 態 だ 。 人 並 み 外 れ た 技 術 、 戦 況 を 瞬 時 ン で ク ロ ー ン 2 頭 を 作 る こ と に も 成 功 し July 2016 138

新潮45 2016年7月号 新潮社


分 に は 縁 の な い 話 だ ろ う と 思 っ て い た が 、 エ デ ィ ン グ 事 業 を や り た い と い う 元 夫 の 降 っ て わ い た 「 奇 奇 怪 怪 な 話 」 状 を み て び つ く り し た 。 九 州 出 張 か 意 回 を う け 、 米 国 の ア ル フ レ ッ ド ・ ア ン 朝 日 新 聞 会 部 よ り 書 が 届 い た ら 帰 京 し た 週 明 け に 、 朝 日 新 聞 社 と 共 同 ジ ェ ロ 社 の ウ ェ デ ィ ン グ ド レ ス の 輸 人 卸 の は 、 4 月 幻 日 の こ と だ っ た 。 私 が 代 表 通 信 社 ( 二 社 は 国 際 調 査 報 道 ジ ャ ー ナ リ 売 販 売 を 営 む よ う に な り 、 2007 年 に 取 締 役 を 務 め る 会 社 の 社 員 か ら ~ が あ ス ト ロ Ⅱ — o— に 加 盟 し 、 独 占 取 材 私 が 元 夫 か ら 会 社 を 引 き 継 い だ 頃 に は そ り 、 ア イ ス ラ ン ド の 首 相 、 キ ャ メ ロ ン 英 を 行 っ て い た ) の 共 同 取 材 を 受 け る こ と ち ら が 本 業 に な っ て い た 。 年 商 国 首 相 の 父 親 、 習 近 平 甲 国 国 家 主 席 の 親 に し た 。 万 円 の 小 さ な 会 社 で 、 現 在 は 新 宿 区 内 に 戚 、 オ 1 ス ト ラ リ ア の 首 相 な ど 次 々 に 政 今 回 パ ナ マ 文 書 で 関 係 が あ る と 報 道 さ オ フ ィ ス を 構 え 、 通 常 3 名 の ス タ ッ フ が 財 界 の 要 人 が 各 国 で 関 与 し 国 際 的 な ス キ れ た の は ト ラ ン ス 。 ハ シ フ ィ ッ ク ・ エ デ ュ 日 々 ウ ェ デ ィ ン グ ド レ ス の 卸 売 営 業 を し ャ ン ダ ル に 発 展 し て い る 、 あ の 。 ハ ナ マ 文 ケ ー シ ョ ン ・ ネ ッ ト ワ ー ク 株 式 会 社 と い て い る 零 細 企 業 で あ る 。 書 に つ い て 、 朝 日 新 聞 社 か ら 問 い 合 わ せ う 会 社 で 、 も と も と は ハ ー バ ー ド を 卒 業 私 は 代 表 取 締 役 を 務 め て は い る が 、 売 が き て い る と い う 。 し た カ ナ ダ 人 の 元 夫 と 私 が 1989 年 に 上 が 低 い の で 役 員 報 酬 を い た だ い て お ら 私 は タ ッ ク ス へ イ プ ン ( 租 税 回 避 地 ) 資 本 金 10 0 0 万 円 で 立 ち 上 げ た も の 。 ず 、 会 社 に は 隠 す よ う な 売 上 な ど な い 。 に 隠 す よ う な 大 き な 所 得 も な い た め 、 自 当 初 は 調 査 業 務 を お こ な っ て き た が 、 ウ 取 材 に 応 じ る に あ た り 、 私 は 通 常 業 務 に ス ナ マ 文 書 」 の 風 評 被 害 加 藤 。 ま っ た く 身 に 覚 え 世 界 を 揺 る が す 騒 動 に ま さ か 自 分 が 巻 き 込 ま れ る と は の な い こ と で 「 名 指 し 」 を さ れ た 内 閣 参 与 が 、 憤 懣 や る か た な い 思 い を 綴 る 0 19 5 9 年 生 ま れ 。 慶 應 義 塾 大 学 文 学 部 卒 米 、 ー バ ー ド 大 学 大 学 院 都 市 経 済 学 修 士 課 程 修 了 。 一 般 財 団 法 人 産 業 遺 産 国 民 会 議 の 専 務 理 事 も 務 め る 。 著 書 に 「 産 業 遺 産 「 地 域 と 市 民 の 歴 史 」 へ の 旅 」 。 か と 、 つ こ う July 2016 102