地球の歩き方 マカオ '13-'14

キーフレーズ

マカオ パタカ 馬路 ポルトガル MAP アクセス フェリーターミナル 澳門 香港 中国 マカオ半島 ホテル Macau レストラン タイバ Avenida 日本 ホテル・リスボア 旧正月 .com カジノ 世界遺産 map 広場 Rua 2013 地球の歩き方 聖ポール天主堂跡 Taipa 料理 場合 無料 シャトルバス Estrada 無休 徒歩 コロアネ 公園 コタイ 教会 香港国際空港 ポルトガル料理 サービス料 ショップ ポルトガル人 アジア 人気 スイーツ ワイン カフェ 中心 時間 2012 ヨーロッパ 博物館 中心部 タクシー チケット フィットネス メニュー Gourmet www 不可 歴史 尖沙咀 ガイド 建物 -1 超級市場 予約 カレー ラザロ 外港 arukikata マカオ国際空港 カード awww 2014 日曜 1785 現在 P できる マカオ料理 高級ホテル 上環

目次ページ

・マカオの歴史① 東西の人々と文化が運命に導かれマカオという一点で接し、 ワインのように緩やかに熟成を見たその歴史。 世界遺産の街をそぞろ歩き、約 450 年の歴史が遺したものを目で肌で感したい。 近代の アヘン戦争と 植民地化 マカオ 2 度の世界戦 17 世紀には日本も中国もキリスト教を禁じ、 争もマカオにはマカオ博物館 ( → P. 92 ) でも歴史に関 中継貿易もストップ。国力を弱めたポルトガル する展示が見られる。これはポルトガ さほどの影響はル関連の展示コーナー に代わり、イギリスの東インド会社が地位を なく、第 2 次世界大戦中には中国や香港からの 奪った。アヘン戦争でイギリスが香港を植民地 難民が押し寄せ、上流社会は特需景気で潤った。 にしたのに乗じ、ポルトガルはマカオの自由港 戦後中華人民共和国が成立、 1960 年代には政 宣言と土地租借料の支払いを停止、離島までも 府への不満からデモが起こり、以後マカオへの 手中に収め、 1887 年マカオは正式にポルトガ 中国の影響が強まる。革命後のポルトガルはマ ルの海外領土となる。 カオを海外県から特別領土にあらためた。 1980 雑マカオ 3 ・を 年代中国とポルトガルの国交樹立をきっかけに 天正遣欧少年使節とマカオ : 朝 返還交渉が進み、 1999 年 12 月 20 日、マカオ 1582 年、九州のキリシタ ン大名がローマ法王のもとに は中国に返還され「一国両制」がスタートした。 派遣した少年使節のうち、最 年少の原マルチノ ( 1569 ? ー 1629 年 ) は、帰国途中 インドのゴアでラテン語の演 世界と日本 とポレト加 時マカオの聖ポール学院に留 コロンプスの新大陸発見☆ 1492 バスコ・ダ・ガマが喜望峰を経て 1498 学。語学と交渉術に長け、日 ポルトガルジョルジェ、アル 物 ' 5 お インドに到達☆ 本人司祭の中でも有名だっ ヴァレスが広東の珠江河口へ上陸 種子島に鉄砲が伝わる◎ 1543 た。 1614 年キリシタン追放 フランシスコ・ザビエルが鹿児島 ポルトガル人、上川島、波白澳門 1549 1517 令に遭いマカオに逃れ、日本 に来航◎ で貿易開始 55 たポルトガル、マカオに永久居留権 室町幕府、滅亡◎ 語書籍の編集・出版に余生を 1570 織田信長、安土城を築く◎ を獲得 1576 送った。聖ポール天主堂の地 天正遣欧少年使節団がマカオに立 マカオ司教区が開かれる 1582 1576 下に今も眠る。 ち寄る◎ ポルトカル国王、マカオの自治都 イ 585 秀吉が関白となる◎ 1585 宣教師追放令が出される◎ 市資格を承認 1587 ニ十六聖人殉教事件◎ 1597 、建跡を第ねよう 印 2 聖ポル天主堂の建設開始 オランダ、東南アジアに東インド 1602 会社設立☆ ・ポルトガルの石 ( → P28 の 匐日家康が江戸幕府を開く◎ 1603 1 7 、 1848 年 原々ルチ人ペドカスイ・岐部なー 6 胸 キリスト教禁止令◎ 1612 ・ギアの灯台 ( → P. 101 ) 1 5 年 ど日本人キリシタン、マカオへ亡命 島原の乱◎ 1637 ・ルイス・カモンエス公園 ( → P. 97 ) 日本、ポルトガル船の来航を禁止 日本の鎖国でマカオの対日貿易が 1639 1639 19 世紀 →鎖国の完成◎ 途絶える ・港務局大樓 ( → P. 118 ) 1 4 年 16 清朝、興る☆ ・ナーチャ廟 ( → P. 92 ) 1 8 年 清朝は貿易を広州のみに制限☆ 列強各国の商人がマカオに駐留 1757 1757 徳日幕府カ汐ト丁払し玲を出す◎ ン 1825 1840 ~ 1 2 アヘン戦争☆ ポルトガル、マカオ独立を宣 1849 南京条約により、香港を英国に割 ポルトガル、タイバ島を占領 851 1842 譲☆ 18 ポルトガル、コロアネを占領 中葡友好通商条約でマカオはポル アメリカの使節ペリーが来航◎ 1853 1887 大政奉遠◎ ートガル海外領土となる 1867 第 2 次世界大戦勃発☆ 第 2 次世界大戦勃発、マカオは中 1941 1941 日本軍、マカオを保護領化◎ 1943 立港として繁栄 第 2 次世界大戦終結、ポッダム宣 カジノ専営権をズタンレ・ホー 臼 % 1 1945 ト が獲得 中華人民共和国成立☆ 1949 1966 1 2 ・ 3 事件 マカオ問題に関する中国ポルトガ 香港返還、特別行政区成立☆ 987 1997 、ル共同声明発表 ☆ : 世界の歴史◎ : 日本の歴史 1999 マカオ返還、特別行政区成立 139 マカオと世界の歴史年表

→ History of acau ② マ屮オに 日キリシダンの 影をめて 16 世紀半ばのポルトガル人の渡来によリ、のどかな漁村だったマカオ は、劇的な変化を遂げる。同じ頃、日本も鉄砲やキリスト教の洗礼を 受け、対外的な窓口を開く。 そして、からみ合い始めた東西ふたつの世界のうねリに容赦なく巻き 込まれ、マカオの地を踏んだ日本人たちがいた。 マカオ出身の歴史研究家、黄天先生にそんな日本人たちの足跡を尋ねて みた。 日本とマカオが交錯した歴史をわか ポ明 りやすく語ってくれた黄天先生 ギアの灯台がある丘から市内を見渡す 1950 年代まではここから見た景色は小 ト日 ヨーロッパだったそうだ マわオと日ホは非常に関係深いと開いマいます。 ルを 黄 : ポルトガル人が貿易を行った、長崎→マカオマラッカゴアリスポンという世界規模 の航路の中で一番儲かったのは、最も距離の短いマカオ ~ 長崎間でした。 当時、明の沿岸に後期倭寇の問題があり、直接日本と貿易ができないものの、日本が商品、 み 明は貨幣の材料となる銀を欲していたことに目をつけたポルトガル人は、年に 2 回珠江を上っ て広州まで行き、日本人の大好きな生糸や焼き物、絹織物を調達しました。 1530 年には石見 銀山ができていたため日本人は銀を支払い に使い、その銀は明に持ち込まれる。ポル トガル人には実においしい商売で、うまい 儲けのことを「絲銀貿易 ( 絲 = 絹 ) 」という し 言葉があったほどです。 た 民政総署のタイル画。 16 世紀頃たく さんの帆船がマカオの港に停泊し、活 気付く様子が描かれている ポルトがル宣教師たちは、 貿昜し譱ねマ日ホに乗り公んだのですか ? 黄 : 宗教と貿易の関係は常に表裏一体です。海上貿易には 危険がともなうため、多額の寄付により立派な教会を建て、 神の加護を祈る。またキリシタン大名がイエズス会に交易 . らマ 権を与え貿易をさせる。今私たちが見ているマカオの世界 遺産は、石見の銀が建てたといても過言ではありません。′ 左 / ポルトガルで鋳造さ れた扉 ( 民政総署 ) 右 / 大航海時代を彷彿さ せるポルトガル商船のア ズレージョ ( タイル ) 。帆 にはマルタ十字が描かれ と ている 、当ン ' 、、興、第ン、第っ 140

・マカオの歴史② 日ホのキリシタンたちしマわオに来マいたのでしよう ? 黄 : 徳川幕府の禁教が厳しくなり、数百人がマカオに来ました。 再建された聖ポール天主堂のフアサードの彫刻は日本人キリシ タンの手で彫られたものです。日本人は再建を手伝ったのに、 日マ 地元の中国人がほとんどかかわらなかったということは、中国 とは結局、利益や貿易のみの関係で、そのほかのつきあいはほ とんどなかったということですね。 . キ ( こ - ーーその日ホたちはマカオには子孫をしマいないのマしよう リ生 黄 : うーん。日本の方の心情はわかりますが、残念ながら彼ら キ はそれほど長くはマカオに滞在できなかったんです。倭寇を懸念 する明が、日本人がなぜここにいるのかとポルトガル人を厳しく 追及したため、彼らは再び東南アジアのマラッカ、ベトナム、カ ンポジアなどに流されました。 1840 年代にアヘン戦争で中国が 弱体化して、マカオが完全にポルトガルの植民地になる前は、中日本人キリシタンたちも再建に携 わったという聖ポール天主堂の 国はポルトガルに対してとても強く出ていました。 フアサード。どんな思いで異国の 教会の彫刻を行ったのだろうか ーーー帰国できなった日ホゆケりの地はマカオにありますか ? 黄 : 資料は残っていませんが、日本人が聖ポール天主堂跡の裏に固まって住 シューラムワイ き んでいたのはほぼ確かで、高園街近くの「茨林圍」に住んでいたという話が 代 あります。そこには日本人が掘ったという伝説の古井戸があるんですが、掘 削方法から何とかそれを証明したいものです ( → P. 89 「歴史の謎」 ) 。 それはすごく興味あります。はかにしあります ? 黄 : 禁教により、長崎にあったキリシタン関係の資料を全部 マカオに運んで聖ポール天主堂に置いてありましたが、後世 文そ の火事で焼失しました。長崎に 30 年暮らした宣教師ルイス・ 化し フロイス ( 1532 ~ 1597 年 ) の有名な『日本史 (Historiade lapam)ly もそのひとつですが、彼の名を冠した はマ 「傅禮士神父街 (Rua do Padre Luis Fröis) 」という通りがあり ますい P. 95 ) 。 それから、日本語をルーツとする名の通りもありますよ。 タウチョンレイ つ 聖ポール天主堂跡近くの「豆醤里 (Beco do Missö) 」は「味 チョンケイガーイ 聖ポール天主堂跡の北側、高園街を た 噌通り」ですね。新ロ岸には長崎街 (Rua de Nagasaki) 」も 挟んで茨林圍の集落がある。 1940 あります。 年代にモンテの丘のバラック街の 火事で焼け出された人々が移リ住ん だ。通り抜けが不便なため、地元の 人々はほとんど立ち入らない ありがとうございました。 歴哽研究家としマ先生が今後めたい研究をお開かせください。 黄天 ( ウオン・ティン ) 黄 : ポルトガル人と中国人がともに 450 年過ごしたマカオの街は、 1997 1954 年、マカオ生まれの歴史 年の返還に約束どおりの金融資産を残してイギリスが面子を保ったお隣 研究家。 16 世紀を主とした日 の香港とは大きく異なります。 1999 年の返還時、ポルトガル人はこう 中交渉史が専門。日本に留学、 出版社勤務の経験をもち、流暢 言いました。「何も残せなかったけれど、文化は残した。ポルトガル文 な日本語で日本のメディアへの 化を大切にしていってほしい」と。こうして香港は国際的な金融セン 登場も多い。香港中文大學で教 ター、マカオは世界遺産としての道を歩んでいます。まずはマカオと長 鞭をとる傍ら執筆活動、そして 家業の雲呑麺の老舗「黄枝記粥 崎の関係を早く本にして、これまで日本も中国も自国だけで語ってきた 麺店」 ( → P. 1 ) の 2 代目とし 歴史をつなげること。それを、ここマカオという街に生まれた私がやっ て「昼はビジネス、夜は研究」 ていかなければならないと思っています。 の座右の銘を貫く。 141 日本人との関連の想像を かきたてられる豆醤里。 現在は見過ごしてしまい そうな路地 P22 上 図 -AI 長崎街と名付けられた通リも ある