るるぶ屋久島奄美種子島 '11~'12

キーフレーズ

屋久島 奄美 鹿児島 MAP http:// 0997 奄美大島 -2 宮之浦 -1 屋久杉 時間 -4 縄文杉 バス停 宮之浦港 種子島 000 ダイビング 熊毛郡 屋久島町宮之浦 奄美空港 安房 コース www 白谷雲水峡 .com 徒歩 屋久島町 名瀬 500 -3 料金 体験 交通 DATA 原生林 登山 定休 099 観光 ツアー 楽しめる 安房港 尾之間 住所 付録 屋久島町安房 ne.jp 荒川 ガイド 屋久 古仁屋 00997 料理 白谷 予約 無休 できる 永田 久島 空港 営業 鹿児島空港 ヤクスギ http 瀬戸内町 登山口 レンタカー yakushima 龍郷町 800 海水浴場 アクセス 自然 マリックスライン 屋久島空港 便 センター 名瀬港 鹿児島中央駅 人気 ホテル 使っ 徳之島 硫黄島 情報 郷土料理

目次ページ

「楠川分れ」と書かれ 標札が立つ 当い ・樹高 38.4m . ′。・幹回り 4.4m ー代目は樹齢 1000 年で倒れ、その幹の上にニ代 S 、 目が発芽し生育、樹齢 1000 年ほどで伐採された が、さらに切株の上に三代目が育ち、現在の姿に。 、 4 ! 粉れ トロッコ軌道のほほ中間に位置する三叉 白谷雲水峡 ( → PI 6 ) の「苔の森」に行け るが、とても険しい道なのでガイドなし 7 木株歩ロ 長かったトロッコ軌道の終点。トイレがあり、湧水も湧き出 ていて、休憩と水分補給をするにはびったりの場所だ。時 期によってはトイレに長蛇の列ができることもあるとか。 つの 標高 740m 休憩スポットとしても 人気がある 5 杉 ノを番、 谷跡 標高 720m 一屋久島 標高 650 m こすぎだにしゅうらくあと 昭和 35 年の最盛期には 133 世 帯 540 人も暮らしていたという 集落。小・中学校跡があるが、今 は広場になっている。すぐそば には東屋が立ち、集落の歴史な どを伝えるバネルがある。 お寧靃第い 一にも注目の 千のない橋 太忠橋をはしめ、トロッコ 軌道には欄干のない橋が 複数ある。強風、雨天時は - 。特に細心の注意が必要 ①森の王者・縄文杉に挑む 杉の赤ちゃん 切株に杉の赤ちゃん が ! 切株から新芽が 出る「切株更新」と呼 はれる現象で、これか ら何千年もかけて屋 久杉に成長していく。 未来への可能性を秘 めた小さな命に感動 標高 860 m 根元カ端に太く、 を人が入れる空洞がある 標高 930m 6 仁王杉 ( 阿形 ) ・樹高 22.8m ・におうすぎ ( あぎよう ) ・幹回り 8.3m 推定樹齢は不明。安房川に面した崖のよ うな急斜面に立っており、周囲はニ次植 生と思われる灌木に覆われている。 探してういろんなハートワ 仁王杉 ハート型の切株 階段を登って 。縄森の中に進む ャッシのお . 登山道の途中、足場になっている 切株がハート型。踏ん」めんね 随所で出あったヤクシ々 ) 一お尻の模様がハート型 月円 4-15 につづく

ウ中不元登体急す大、 一生モ方 ! 物韶壟醂既 、クなな登にの始道 だマいどっ鑿 標高 100g ィむき出しの根っこを ー登っていく。つまづか 中盤のクライマックス なしはうに注意して 標高 1030 m 物大株歩道を入った途端 : に本格的な山道に 第い、をり : : ・当 折れた幹カ々しい・・ マイ 、一トの空洞。見上げると、なんだ かいいことがありそうな気になる 急斜面に立ちながら、堂々 : 一、ミ等三ぞ とした印象の巨樹 . 第 : をツを 、。」しっとこ ! ニー 第周囲には休憩できるべン ーチもあり、お弁当スポット コからかなりきついですよ、大丈 夫ですか ? 」と心配してくれる ガイドさんの言葉は嘘ではなか った。さっきまでとはうって変わって、いき なり急な登りが始まる。両手を使わなけ れば登れないほどの険しい岩と、幾重に も折り重なる樹の根のオンバレード・ : きついはすなのに、不思議と清々しい。山 登りの魅力、わかってきたかもー 大株歩道に入って最初に出あえるはす だった屋久杉「翁杉」は、取材 3 日前の 2010 年 9 月日早朝、朽ちて倒れて しまっていた。「心の支えを失ったように 悲しい」とガイドさん。折れたことにより 杉の香りを強く放っているその姿に、し ばし黙祷を捧げる。「倒木更新」で新たな 命が芽吹くことを願いながら。 翁杉を過ぎて約分、「ウイルソン株」 に到着。切株の前は記念撮影をする人で あふれている。約 300 年前に切り倒さ れた巨大な切株の中は不思議なあたた かさに満ちていた。その先の「大王杉」ま では「心臓破りの 153 丁目」とよばれる 急斜面を進む。さすがに息が上がる。回り を見る余かない自分がいた・ : 。 9 ウツン株 ・ういるそんかぶ・樹高 25.3m ・幹回り 16.4m 屋久島のシャイアンと言われ ( 確かに少し工ラそうな風 格 ? ) 、切株の中は 10 畳ほどの広さがある清水が沸き、祠 も置かれている。見上げるとハート型の空洞が ! 足に自 , 信のない人はココで引き返す人が多いとか。 ぎ【 7 0 苔的 す " 四齢象 き・高樹い喞 お " 樹éてカ は 6 れ幹プ 前 2 わただ . る屮言れ杉 ・れ回とわ久 倒幹年覆屋 を、 10 杉 久島を訪れた際、雨宿リをして発見 れたことにちなんで名付けられた 標高 1200m ・樹高 25.3m ・幹回り 16.4m 推定樹齢 3000 年。縄文杉が発見される前は屋久杉の 中で最大級とされていた。下部に割れ目があり、中は 空洞。根元の部分に江戸時代の試し切りの跡がある。

感足入伐世 , し ー珍しいといわれている 動。を・ら採界ば大 を踏なの自ら王 かみかチ然く み入っ歩を しれた産く過 標高 1200m める神を区とぎ る緊月。 三一域現て ー張なミ三ごのれ 咄 4 く - を人駄切にはしよ工、。 ~ 第まをを 顧攪省ま野庁 く縄憲、 物 - ら文葉を い杉 縄文杉を見た 聞きました 達無 , い日 っ常 ′感当絨等第 : は一物 りま辭 : さあ、下りよ - っー 登りよりも足に来る・ 急な下りと 長ーいトロッコ軌道 道は登りよりも下りに注 意、とガイドさんに = = ロわれ ていたが、その言葉の意味 がよくわかった復路。下りの急斜 面はこわい、こわすぎる : ・。そろそ ろと慎重に足を進めて行く。大株 歩道入口まで戻った時は一瞬達成 感が爆発し、思わずピース。しかし、 すぐにトロッコ軌道の長さを思い 出し、少しげんなり・ : 。 彳きは新鮮だったトロッコ軌道 も、帰りは疲れもあってさすがに飽 きる。眠気覚ましにしりとりやク イズをしている人もちらほら。私の 疲れを察知し、ガイドさんが屋久 島の伝統や文化の話をしてくれた。 ガイドさんと一緒って素敵だな、と 改めて実感した復路だった。 こからが世界自然遺産の森で す」とガイドさん。え、今まで違っ たの ? とびつくり。世界自然遺産 区の看板が出てきたら足を止め、遺産 区域の森のすばらしさを見てほしい。伐 採の手がほとんど入らなかったことによ る巨樹の多さとその澄みきった空気に、 縄文杉だけがこの登山の魅力ではないと 改めて感じることができるはす。 「夫婦杉」を過ぎると、縄文杉までは約 分。巨樹の中をもくもくと進むと、縄文杉 の展望テッキが見えてきたー・デッキに 登ればついに「縄文杉」とご対面。実際に 見ると高さよりも、その幹の太さ ( メタボ 気味 ? ) に驚いた。数千年間森を見守って きた、まさに森の王者の風格に圧倒され つつ、達成感がしわじわとこみ上げてく る。トロッコ軌道の長さも険しい山道のつ らさもすべて吹き飛ぶ感動体かあった。 一ク - フィマックス 一屋久島 根を踏まないた めにテッキカ 置されている しっとこ ! ミニ知識 Ⅱ杉 ・樹高 25.5m ・樹高 247m ・ ・幹回り 5.8m - ・幹回り 10.9m 地上から約 1 Om ほどのところで、 2 本 の杉の枝が手をつないでいるように 融合してし、る。間隔は約 3m 、右が夫で 左カ淒と言われている。 妻 ( 左 ) 縄文杉の名前の由来は ? 、「縄文時代からの生きた化石」の意味 からというのが定説だが、その形が 縄文土器に似ているからという説もをまを、 -- ある。昭和 41 年 ( 1966 ) の発見当初 ま、発見者・岩川貞次さんの苗字にち なんで、または瘤だらけの姿か ? 「大 岩杉ばれていたとか マ、、ロの頭 % ' ・ ・まぐろのあたま 大王杉と夫婦杉の 間にある、ロをばっ 縄 : くり開けた巨大なマ グロに見える倒木。を一 \ 食べられているか 杉のようなポーズで 撮影しよう。 標高 1310m ・じようもんすぎ ・樹高 25.3m ・幹回り 16.4m 現在確認させている屋久杉の中で最 大の、屋久島のシンホル。樹齢は 2000 ~ 7200 年まで諸説あリ、ナナカマドや ヒカゲッツジなとの着生樹が上部に 髪小さな森を作っている姿に太古から の時の流れを感じる。 ココも撮影対ット ・販田 ・新島さん メデューサの木 ・めでゆーさのき 夫婦杉と縄文杉の間に 立つ。木の幹が無数に広 がった様子はまるで無 数の蛇。その名に違わ す、まさにギリシャ神話 に出てくる怪物、メテュ ーサの髪の毛のよう。 ~ , ・小島さん 編集後記 次の日は白谷雲水峡に登りました が、ものすごい筋肉痛で縄文杉登山 よりきついかも・・・と感じました。次 の日に白谷雲水峡やヤクスギラン ドなど、トレッキングに行く予定の 人は時間と体力に余裕を持って計 画を立てましよう。