検索 - みる会図書館

検索対象: ―破妖の剣 外伝⑥― 呼ぶ声が聞こえる

―破妖の剣 外伝⑥― 呼ぶ声が聞こえるから 226件ヒットしました。

―破妖の剣 外伝⑥― 呼ぶ声が聞こえる


く 好 評 発 売 中 〉 コ バ ル ト 文 庫 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 選 ば れ し 少 女 よ 、 魔 性 に 立 ち 向 か え ! 破 妖 の 剣 前 田 珠 子 魂 が 、 引 き よ せ る 外 伝 ⑤ 外 伝 ④ 破 妖 の 剣 時 の 螺 旋 破 妖 の 剣 忘 れ え ぬ 夏 外 伝 ③ 破 妖 の 剣 : さ さ や き の 行 方 外 伝 ◆ 女 妖 の 街 留 剣 / 翡 翠 の 夢 1 ~ 5 ′ 、 ( 後 編 ) ( 前 編 ) 紫 紺 の 柘 榴 の 影 白 燼 の 罠 黒 の 魔 性 イ ラ ス ト / 厦 門 潤 く 破 妖 の 剣 〉 シ リ ー ズ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

―破妖の剣 外伝⑥― 呼ぶ声が聞こえる


コ ミ ッ ク 版 好 評 発 売 中 専 ・ 紅 姫 を 操 る 剣 上 0 大 人 気 フ ァ ン タ 前 田 珠 子 / 廈 門 潤 難 破 破 破 妖 = : 妖 望 妖 い リ け ヴ 前 を と れ の 。 失 の 翁 剣 剣 岱 剣 お 同 哀 る し 紅 碧 紅 ち 行 深 つ た そ 性 紫 の の い し い 蓮 魔 魔 る た 絃 が の 物 姫 胎 剣 が ラ ! ? 原 日 貝 0 0 三 ス 1

―破妖の剣 外伝⑥― 呼ぶ声が聞こえる


( 08A [ T - S に 5 つ る ぎ 破 妖 の 剣 外 伝 ⑥ 「 呼 ぶ 声 が 聞 こ え る 前 田 珠 子 は よ う 集 英 社 5

―破妖の剣 外伝⑥― 呼ぶ声が聞こえる


ラ エ ス リ ー ル 破 妖 の 剣 「 紅 蓮 を 持 っ 少 女 剣 金 一 色 の 妖 主 を 父 に 、 浮 城 の 師 を 母 に 持 つ 。 、 黒 異 琥 珀 の 瞳 だ が 、 現 在 は 左 目 が 深 紅 。 通 称 ・ ラ ス 。 あ ん し ゅ 闇 主 ラ エ ス リ ー ル の 護 り 手 。 深 紅 の 髪 と 瞳 を 持 っ 美 貌 の 青 年 。 正 体 は の 妖 主 ・ 千

―破妖の剣 外伝⑥― 呼ぶ声が聞こえる


ま え だ ・ た ま こ 1965 年 10 月 15 日 、 佐 賀 県 生 ま れ 。 天 秤 座 の B 型 。 「 眠 り 姫 の 目 覚 め る 朝 」 で 1987 年 第 9 回 コ バ ル ト ・ ノ ベ ル 大 賞 佳 作 入 選 。 コ バ ル ト 文 庫 に 「 破 妖 の 剣 』 シ リ ー ズ 、 「 カ ル ・ ラ ン シ イ の 女 王 」 シ リ ー ズ 、 「 聖 獣 」 シ リ ー ズ 、 「 ジ ェ ス の 契 約 』 「 ト ラ ブ ル ・ コ ン ビ ネ ー シ ョ ン 』 「 陽 影 の 舞 姫 』 「 女 神 さ ま の お 気 の 向 く ま ま 」 「 万 象 の 杖 」 「 月 下 廃 園 」 な ど 多 数 の 作 品 が あ る 。 興 味 を 覚 え た こ と に は 積 極 的 だ が 、 そ う で な い 場 合 、 横 の も の を 縦 に す る の も 面 倒 く さ が る 両 極 端 な 性 格 の 持 ち 主 。 趣 味 と 実 益 を 兼 ね て ア ロ マ テ ラ ピ ー に 手 を 出 し た も の の 、 最 近 で は 実 益 の ほ う が 大 き く な り 、 趣 味 と は 言 い が た く な り つ つ あ る 。 次 こ そ は 優 雅 な 趣 味 を 持 ち た い と 身 の 程 知 ら ず に も 思 っ て い る 。 呼 ぶ 声 が 聞 こ え る 破 妖 の 剣 外 伝 ⑥ COBALT-SERIES 2001 年 3 月 10 日 第 1 刷 発 行 著 者 発 行 者 発 行 所 ☆ 定 価 は カ バ ー に 表 示 し て あ り ま す 前 田 珠 子 谷 山 尚 義 株 式 集 英 社 会 社 〒 101 ー 8050 東 京 都 千 代 田 区 ー ツ 橋 2 ー 5 ー 10 ( 3230 ) 6 2 6 8 ( 編 集 ) 電 話 東 京 ( 3230 ) 6 3 9 3 ( 販 売 ) 印 刷 所 ◎ TAMAKO MAEDA 2001 ( 3230 ) 6 0 8 0 ( 制 作 ) 大 日 本 印 刷 株 式 会 社 Printed ⅲ Japan 本 書 の 一 部 あ る い は 全 部 を 無 断 で 複 写 複 製 す る こ と は 、 法 律 で 認 め ら れ た 場 合 を 除 き 、 著 作 権 の 侵 害 と な り ま す 。 造 本 に は 十 分 注 意 し て お り ま す が 、 乱 丁 ・ 落 丁 ( 本 の ペ ー ジ 順 序 の 間 違 い や 抜 け 落 ち ) の 場 合 は お 取 り 替 え 致 し ま す 。 購 入 さ れ た 書 店 名 を 明 記 し て 小 社 制 作 部 宛 に お 送 り 下 さ い 。 送 料 は 小 社 負 担 で お 取 り 替 え 致 し ま す 。 但 し 、 古 書 店 で 購 入 し た も の に つ い て は お 取 り 替 え 出 来 ま せ ん 。 I S B N 4-0 8-61 4 8 2 3 ー 4 C 01 9 3

―破妖の剣 外伝⑥― 呼ぶ声が聞こえる


232 コ ・ ハ ル ト 文 庫 で は 二 カ 月 強 ぶ り 、 シ リ ー ズ 的 に は ち ょ う ど 一 年 ぶ り の 新 刊 で す 。 「 ま た に 」 は よ う つ る ぎ と 皆 様 叫 ば れ る こ と 請 け 合 い の 、 『 破 妖 の 剣 ( ま た し て も ) 外 伝 6 呼 ぶ 声 が 聞 こ え る 』 を お 届 け い た し ま す 。 思 え ば 『 翡 翠 の 夢 』 完 結 か ら 、 「 本 編 は 次 回 作 で 完 結 で す 」 ( あ と 一 冊 で 、 じ ゃ な い あ た り が ミ ソ ね ) と 言 い な が ら 、 出 る の は 外 伝 ば っ か り : : : え え 、 私 自 身 、 四 冊 も 外 伝 続 き に な る と は 思 っ て お り ま せ ん で し た 。 で も ね え 、 『 翡 翠 』 全 五 冊 を 読 ま れ た 方 な ら わ か っ て く だ さ る と 思 う ん で す が 、 読 者 さ ま の 切 な る 希 望 ー ー ラ ス と 闇 主 の 一 フ プ ラ ブ : : : っ て の は 、 本 編 で は ほ と ん ど 人 ら な い : : : と い う か ひ ま 人 れ る 余 地 が な か っ た り す る ん で す 。 人 れ る 暇 も な く 、 次 か ら 次 に 大 騒 ぎ に な っ て い く ん で す も の : : : ま だ し も 外 伝 の ほ う が 、 そ う い う シ チ ュ エ イ シ ョ ン に 持 っ て い き や す い ん で す よ ー と ゆ ー わ け で 、 「 ど う せ 最 終 作 に 人 っ た ら 、 べ タ ベ タ も 甘 々 も 一 フ プ ラ ブ も ほ と ん ど ( ↑ 皆 無 と ・ あ ど か 医 、 び す い あ ん し ゅ

―破妖の剣 外伝⑥― 呼ぶ声が聞こえる


も の 。 誰 と 誰 が 行 っ た の ? 」 ど ち ら に と も な い 少 女 の 問 い か け に 、 答 え た の は セ ス ラ ン だ っ た ー ー ー サ テ ィ ン は 生 憎 、 ロ い ほ お ば つ ば い に 焼 き 菓 子 を 頬 張 っ て い る 最 中 だ っ た た め だ 。 「 ア ン テ ィ ス と ロ ウ ヴ ル と キ ャ サ ド ウ ー ル だ っ た は ず で す よ 」 は よ う け ん し ア ン テ ィ ス と ロ ウ ヴ ル は 捕 縛 師 、 キ ャ サ ド ウ ー ル は 破 妖 剣 士 で あ る ー ー ー ・ し か も ) 三 人 と も 経 験 、 実 力 と も に 中 堅 と 呼 ば れ る 面 々 だ っ た 。 な ま ぐ さ 生 臭 い わ ね 、 で も 、 上 は ど う い う つ も 「 そ れ が 失 敗 し た の に 、 今 度 は サ テ ィ ン ひ と り ・ り な の か し ら ? 初 め の ナ ウ ザ ー ダ も 二 度 目 の キ ャ サ ド ウ ー ル も 、 美 し い 黒 髪 の 主 だ っ た で し き れ い よ う ) 囮 に も な る よ う に つ て 。 ま さ か 、 サ テ ィ ン に 髪 を 染 め さ せ る つ も り な の か し ら ? 綺 麗 な 黒 髪 に 執 着 し て い る 魔 性 が 、 ま さ か 染 め た 髪 に 引 っ 掛 か る と は 思 え な い ん だ け ど : い く ら あ た し た ち が 目 障 り だ か ら っ て 、 有 能 な 面 子 、 無 駄 死 に さ せ ら れ る ほ ど 、 い ま の 浮 城 が 人 材 豊 か だ と は 思 え な い の だ け れ ど し ん ら っ と 、 か な り 辛 辣 な こ と を つ ぶ や く 少 女 に 、 今 度 は サ テ ィ ン が 説 明 し た 。 さ い し 彩 糸 が 淹 れ て く れ た 紅 茶 で 、 ち ょ う ど 焼 き 菓 子 を 嚥 下 し た と こ ろ だ っ た の だ 。 ゆ く え ま も て 「 囮 は わ た し じ ゃ な く て 、 わ た し の 護 り 手 ・ : ・ : ら し い わ よ ? う ち の は 男 で 、 し か も 行 方 知 れ ず に な っ た ひ と た ち み た く 長 く の ば し て る わ け じ ゃ な い ん で す が っ て 、 言 っ た ん だ け ど 、 ほ と ん ど 無 視 さ れ ち ゃ っ て 。 い く ら う ち の が 綺 麗 な 黒 髪 の 主 で も 、 魔 性 な ら う ち の の 実 力 ぐ ら い 見 お と り ま し よ う め ざ わ ほ ば く し め ん っ え ん か あ い に く

―破妖の剣 外伝⑥― 呼ぶ声が聞こえる


216 ち ゅ う す う ぶ そ ん な 彼 女 が レ ン ト の 中 枢 部 に 怪 し ま れ る こ と な く 人 り こ む こ と な ど 不 可 能 だ っ た 。 だ か ら 、 闇 主 は 彼 女 の 存 在 そ の も の が 放 っ 輝 き ご と 、 条 件 を つ け て 一 時 的 に 封 じ た の だ 。 カ そ の も の を 封 じ る の で は 、 彼 女 に 負 担 が か か る 。 生 ま れ た 瞬 間 か ら カ の 用 い 方 を 知 っ て い た 、 き っ す い ま し よ う 生 粋 の 魔 性 と は ラ エ ス リ ー ル は 違 う 。 ぐ れ ん き だ か ら 、 彼 は 、 い ま で は 彼 女 を 鞘 と し て い る 破 妖 刀 ー ー 紅 蓮 姫 の 存 在 に 宿 る 力 を 利 用 し た 。 か の 破 妖 刀 の 輝 き が 、 ラ エ ス リ ー ル を よ り い っ そ う 輝 か せ る 。 そ う さ い な ら ば 、 そ の 輝 き を 相 殺 す る た め に 、 彼 女 の 力 を 用 い れ ば ・ し よ う も う 長 期 間 使 え る 手 だ て で は な か っ た 。 そ ん な こ と を す れ ば 、 ラ エ ス リ ー ル も 紅 蓮 姫 も 消 耗 し す ぎ て し ま う 。 だ が 、 短 期 間 : ・ : そ う 、 例 え ば レ ン ト に お け る 騒 ぎ を 解 決 す る 程 度 の 間 で あ れ ば ふ じ よ う も ど : 本 来 か な う は ず も な い 浮 城 擬 き の 組 織 を 成 立 せ し め て い る 中 核 で あ る 人 物 に 出 会 う ま で の 、 限 定 さ れ た 期 間 で あ れ ば そ れ は 確 か に 有 効 な 手 段 と 言 え た 。 事 実 、 そ れ は う ま く い っ た 。 す ラ エ ス リ ー ル は な ん の 不 審 を 買 う こ と な く 、 魔 性 た ち を 統 べ る 中 核 に た ど り 着 い た 。 た ど り 着 い た と 同 時 に 、 封 印 を 解 か れ た カ は 、 相 手 の 意 図 や 正 体 の 全 て を 見 抜 い た 。 す べ て 、 わ か っ た 。 悲 し く 切 な い 事 実 で は あ っ た の だ け れ ど 。 母 の 存 在 を 憎 ん で い た 妖 貴 ー ー 葉 珠 。 よ う き さ や は よ う と う

―破妖の剣 外伝⑥― 呼ぶ声が聞こえる


126 だ か ら 彼 女 は 前 も っ て 得 物 を 相 手 に 気 取 ら れ る こ と が 少 な い 。 弓 そ の も の な り 矢 な り 、 或 い は 剣 な り 矛 な り 常 に 持 ち 運 ん で い れ ば 、 そ れ が 得 物 と た や す く 知 れ る 。 だ が 、 彼 女 の 場 合 、 そ の 危 険 は 少 な い 。 ま し よ う な ぜ な ら 魔 性 の 命 を 封 じ る 力 を 帯 び た も の は 矢 尻 に す ぎ ず 、 そ う で あ る 以 上 、 懐 に 隠 し 持 っ こ と が で き る か ら で あ る 。 「 相 変 わ ら ず 、 人 使 い の 荒 い や つ だ な 」 鎖 縛 の 皮 肉 に も 怯 ま ず 、 彼 女 は 言 い 放 つ 。 ふ う ま ぐ 「 文 句 な ら 後 で 聞 く か ら 、 い ま は 力 を 貸 し な さ い な っ ! 封 魔 具 納 め た 氷 室 に ほ い ほ い 泥 棒 に こ い っ : : : こ い つ っ て ば 、 目 茶 苦 茶 腹 の 立 っ こ と 人 ら れ ち や た ま っ た も ん じ ゃ な い 上 に つ ! ほ ざ く 奴 な ん だ か ら ね っ ! 絶 対 、 意 地 で も 封 じ て や る つ ! 」 じ ん じ よ う 気 迫 が 尋 常 で は な か っ た 。 ほ と ん ど 無 理 や り 巻 き こ ま れ る 。 そ れ で も 、 相 手 は 妖 貴 ー ー し か も 、 妖 主 の 側 近 と し て 、 名 を 馳 せ る ほ ど の 実 力 を 持 っ 魔 性 だ っ た 。 お と な し く 、 こ ち ら の 気 迫 に 押 さ れ て く れ る は ず も な い 。 だ が 、 そ こ の と こ ろ を 補 足 し て く れ る 相 手 が い た 。 ひ る よ う き け ど よ う し ゅ や じ り は ひ む ろ ふ と こ ろ

―破妖の剣 外伝⑥― 呼ぶ声が聞こえる


220 そ う し て 、 ふ た た び 、 葉 珠 を 振 り 返 っ た 。 「 : : ・ 葉 珠 、 も う 一 度 だ け 聞 く 。 滅 び で な く て は 駄 目 な の か ・ 封 じ ら れ て は く れ な い か 対 す る 葉 珠 は か ぶ り を ふ っ た 。 「 眠 っ た と こ ろ で 、 な ん に な る と い う の で す 。 今 回 の こ と を 考 え れ ば お わ か り に な り ま せ ん か : ? わ た し は あ の ひ と の 面 影 を 探 し て し ま う 。 引 き 寄 せ ず に い ら れ な い : : : ま た 、 同 じ こ と を 繰 り 返 さ せ た い の で す か ? 」 そ こ ま で 言 わ れ て は 、 ラ エ ス リ ー ル は 決 断 す る こ と し か で き な か っ た 。 「 わ か っ た 」 こ く り と う な ず い て 、 彼 女 は 体 内 に 宿 る 破 妖 刀 の 名 を 口 に し た 。 「 紅 蓮 姫 」 全 身 が 朱 金 に 輝 く 。 さ や 彼 女 の 体 を 鞘 と す る 破 妖 刀 が 現 れ る ー ー 魔 性 の 命 を 屠 り 得 る 刃 。 食 事 だ ー ー ー と は 、 今 回 は ロ に し な か っ た 。 哀 し く 切 な い 想 い を 胸 に 、 彼 女 は ひ と つ の 恋 に 終 止 符 を 打 ち 、 そ し て つ ぶ や い た 。 し ゅ う な 「 舟 奈 ・ : : 聞 こ え る か 。 お 前 は 自 由 だ 、 母 御 の 元 へ 帰 る が い い : し え き 舟 奈 ・ ・ ー ー そ れ は レ ン ト に 囚 わ れ 、 守 護 者 と し て 使 役 さ れ て い た 魔 性 の ひ と り は よ う と う ま し よ う ほ ふ 眠 り で は : : : ? 」