検索 - みる会図書館

検索対象: ー破妖の剣 6 ー鬱金の暁闇4

ー破妖の剣 6 ー鬱金の暁闇4から 202件ヒットしました。

ー破妖の剣 6 ー鬱金の暁闇4


好 評 発 売 中 ざ く ろ は く え ん 柘 榴 の 影 白 焔 の 罠 漆 黒 の 魔 性 4 コ 川 文 庫 前 田 珠 子 イ ラ ス ト / 厦 門 潤 紫 紺 の 糸 ( ) ( ) ひ す い 翡 翠 の 夢 1 ~ 5 ぎ よ う あ ん 鬱 金 の 暁 闇 1 ~ 3 じ よ よ う 女 妖 の 街 破 妖 の 剣 外 伝 ① こ ん ら せ ん 呼 ぶ 声 が 聞 こ え る 破 妖 の 剣 外 伝 ⑥ 魂 が 、 引 き よ せ る 破 妖 の 剣 外 伝 ⑤ 時 の 螺 旋 破 妖 の 剣 外 伝 ④ 忘 れ え ぬ 夏 破 妖 の 剣 外 伝 ③ さ さ や き の 行 方 破 妖 の 剣 外 伝 ② め 少

ー破妖の剣 6 ー鬱金の暁闇4


第 十 ニ 章 白 銀 の 破 妖 剣 士

ー破妖の剣 6 ー鬱金の暁闇4


は よ う つ る ぎ 破 妖 の 剣 6 ぎ よ う あ ん 鬱 金 の 暁 闇 4 前 田 珠 子 COBALT-SERIES 集 英 社 0 6

ー破妖の剣 6 ー鬱金の暁闇4


目 う こ ん ぎ よ う あ ん 鬱 金 の 暁 闇 4 第 十 二 章 白 銀 の 破 妖 剣 士 第 十 三 章 孵 化 第 十 四 章 飢 餓 の 街 第 十 五 章 覚 悟 ↓ め と が 医 、 次 149 189

ー破妖の剣 6 ー鬱金の暁闇4


よ を ) 当 ゆ 妖 主 た ち 夫 婦 ? び ~ れ ん 主 愛 て 魂 白 烙 の 妖 主 ( 白 煉 ) 熱 に 通 じ る 力 を 持 つ 。 妖 最 し 消 の 亡 姿 ~ 一 時 期 人 問 だ っ た 。 っ 蜜 の を ざ く ろ 柘 榴 の 妖 主 ま だ そ の 正 体 は つ ま び ら か に さ 第 、 れ て い な い が ・ ・ ひ す い 翡 翠 の 妖 主 夢 に 通 じ る 力 を 白 糸 紫 し 持 つ 。 ラ ス に よ っ て 減 ば さ れ る 。 に 痛 糸 え こ ヵ 妖 第 六 の 妖 主 ー て を 主 ( 雛 の 君 ) る っ 藍 え 緑 の 妖 主 の 死 に よ り 現 れ た 新 し い 妖 主 な の だ が ・ ・ 娘 ン 生 て 丸 ン 結 る う ド の 命 氷 れ 吏 一 て つ の ア 。 「 よ を 。 一 自 性 め ) 火 な ラ 、 ン 大 に 一 : ・ ク 士 引 斧 タ - 魔 込 レ 」 と の 一 の れ タ ト - ロ カ ′ ア ー ゼ ン タ ー ラ ( タ ー ラ ) ~ , ~ ス ラ ヴ ィ エ ー ラ 一 ; ぐ れ ん き む し よ う け っ 現 在 「 紅 蓮 姫 」 の 使 い 破 妖 刀 「 夢 晶 結 」 を 操 手 だ が 、 悩 み も 深 い 。 る 、 破 妖 剣 士 の 少 女 。 べ ヘ レ 子 ラ エ ス リ ー ル ( ラ ス ) ぐ れ ん き 石 悠 刀 「 紅 蓮 姫 」 吏 い み り よ う ん 手 。 半 人 半 妖 で 魅 了 眼 を 持 つ 。 不 器 用 な 性 格 。 懐 い て い る ス 咊 邪 の . 、 よ の サ う 息 季 ハ つ フ ざ ん

ー破妖の剣 6 ー鬱金の暁闇4


破 妹 の 剣 鬱 金 の 暁 こ れ ま で の あ ら す じ 創 造 神 ガ ン ダ ル の 生 み 出 し た 世 界 、 ガ ン ダ ル ・ ア ル ス 。 複 数 の 命 と 強 大 な 力 を 持 っ 魔 性 た ち に 人 々 は 脅 か さ れ て い た 。 彼 ら に 対 抗 で き る 力 を 持 つ 人 間 た ち ー 封 魔 の 力 を 持 っ 捕 縛 師 、 滅 は よ - フ け ん し 魔 の 剣 に 選 ば れ た 破 妖 剣 士 、 魔 性 を 味 方 に 引 き 入 れ る 力 を 持 っ み ば く し 魅 縛 師 が 「 浮 城 」 に 集 い 、 魔 性 が ら み の 事 件 の 解 決 に 尽 力 し て い た 。 ラ エ ス リ ー ル は 、 金 の 妖 主 を 父 に 、 か っ て 城 長 だ っ た 魅 縛 師 ぐ れ ん き を 母 に 持 っ 少 女 。 浮 城 屈 指 の 破 妖 刀 「 紅 蓮 姫 」 に 選 ば れ た 彼 女 あ ん し ゅ は 、 破 妖 剣 士 と し て 著 し い 活 躍 を す る が 、 闇 主 と い う 謎 の 魔 性 に 愛 さ れ 翻 弄 さ れ 、 魔 性 と し て 生 き る こ と を 選 ん だ 弟 ・ 乱 華 に は 歪 ん だ 執 着 心 で 追 い か け ら れ 、 彼 女 に は な に か と 切 れ ぬ 絆 や よ ・ フ し ゅ こ ん ぎ よ う あ ん し ろ お さ ら ん か

ー破妖の剣 6 ー鬱金の暁闇4


む し よ う け っ 突 き 出 し 、 心 臓 を 貫 く と 信 じ て 疑 わ な か っ た 自 分 の 破 妖 刀 ー ー 『 夢 品 結 』 の 切 っ 先 が 妖 鬼 の 皮 膚 に 傷 ひ と っ 負 わ せ ら れ な い と い う 事 実 が 目 の 前 で 繰 り 広 げ ら れ た こ と に よ っ て ー さ な が ら ゴ ム の よ う に 妖 鬼 の 皮 膚 は 伸 び て 夢 品 結 を 受 け 止 め て い る 。 そ の 先 に あ る は ず の 心 臓 に そ の 切 っ 先 は 届 か な い そ れ ど こ ろ か 、 攻 撃 を 受 け 止 め 切 っ た 妖 鬼 は 、 夢 品 結 の 刀 身 を 擱 も う と 腕 を 伸 ば し て 来 る で は な い か ー 馬 鹿 な , そ れ を 許 し て は な ら な い 反 射 的 に 刃 を 退 い た 瞬 間 、 一 筋 だ け 妖 鬼 の 皮 膚 に 傷 が 走 っ た 。 し か し す ぐ に そ れ は 再 生 さ れ 、 元 の 弾 力 の あ り す ぎ る も の へ と な る 。 斬 れ な い 。 ゆ い い っ こ ん な 馬 鹿 な 話 は な い 。 魔 性 の 命 を 屠 る こ と が で き る 唯 一 の 武 器 で あ る 破 妖 刀 の 刃 が 傷 つ け ら れ な い 存 在 な ど 、 妖 鬼 の 水 準 で は 考 え ら れ な い 。 「 あ り 得 な い ! 」 叫 び な が ら 、 再 度 正 面 の 妖 鬼 の 心 臓 狙 っ て 夢 品 結 を 突 き 出 す ! し か し 、 結 果 は 同 し だ っ た 。 擱 み 奪 わ れ る 前 に 慌 て て 剣 を 引 く と こ ろ ま で 最 前 と 同 し 繰 り 返 力 の 源 で あ る 心 臓 ー ー ー 命 が 宿 る 場 所 と い う 意 味 で の 話 だ が ー ー を 貫 き 、 命 の 拠 り 所 を 潰 さ な ひ ふ つ か つ ら ぬ

ー破妖の剣 6 ー鬱金の暁闇4


118 ら せ ん じ よ う 「 螺 旋 杖 の 予 備 を 持 っ て い る ? 「 小 振 り な も の な ら 何 本 か : : : 使 う の ? う な ず 蜜 里 の 間 い に 、 ア ー ゼ ン タ ー ラ か こ く り と 領 い た 。 か ぎ ば り 「 使 え る ん じ ゃ な い か と 思 う の 。 結 界 の 質 に も 因 る け ど 、 膜 状 な ら 杖 の 先 を 鉤 針 み た い に 削 れ ば 、 引 っ か け て く る く る 巻 き 取 れ る だ ろ う し 、 厚 い よ う な ら 回 し な が ら ね し 込 め ば 穴 ぐ ら い は 開 け ら れ る か ら 、 そ れ を 夢 品 結 に 広 げ て 斬 っ て も ら え ば 結 界 解 け る と 思 う の よ 」 ふ と こ ろ 答 え な が ら 彼 女 は す で に 懐 か ら 小 刀 を 取 り 出 し て い る 。 あ き そ ん な 彼 女 の 言 葉 に 、 マ イ ダ ー ド が 呆 れ た よ う な 声 を 上 げ る 。 「 タ ー ラ ち ゃ ん 。 そ れ 解 く っ て 言 わ な い か ら 。 絶 対 向 こ う に 知 ら れ ち ま う し は あ 、 と た め 息 を つ い た ス ラ ヴ ィ エ ー ラ は 、 し か し 意 外 に も ア ー ゼ ン タ ー ラ に 賛 同 し た 。 「 ま 、 こ の 際 だ わ 。 紅 蓮 姫 暴 走 さ せ る よ り は よ っ ぱ ど ま し な 手 立 て で も あ る こ と だ し 、 ど う せ 向 こ う に ば れ る の は 時 間 の 間 題 な ん だ か ら 気 に す る だ け 無 駄 だ し : : : こ こ は タ ー ラ に 頼 ん じ ゃ お う 」 ォ ル グ ア ン も ま た 頷 く が 、 薄 い 氷 を 思 わ せ る 瞳 に は マ イ ダ ー ド 同 様 呆 れ の 色 が 浮 か ん で い : に し て も 『 螺 旋 杖 の ト ー ン 』 が 、 こ ん な 乱 暴 な 手 を 選 ぶ と は 思 っ て な か っ た わ 。 螺 旋 杖 あ き

ー破妖の剣 6 ー鬱金の暁闇4


い る と は 思 え な い が 、 ラ キ ス の 知 ら な い 紅 蓮 姫 を 知 る 自 分 こ そ が 、 現 在 の 彼 女 を 使 う べ き だ っ た と い 、 つ の か だ が 、 そ う だ と し て も 「 あ た し に は : ・ : だ っ て 、 あ た し は あ の ひ と み た い に 、 破 妖 剣 士 に な る た め に 生 ま れ て 来 た よ う な 人 間 し ゃ : : : 」 「 馬 鹿 も 休 み 休 み 言 え ! 」 か れ つ 苛 烈 な ま で の 怒 気 が 空 間 を 震 わ せ た 。 向 け ら れ た 怒 り の あ ま り の 激 し さ に 、 ア ー ゼ ン タ ー ラ は 背 筋 が 凍 り そ う に な っ た 。 「 な 、 な に を : : : 」 あ が 「 生 ま れ な が ら の 破 妖 剣 士 だ と ? そ ん な も の が い る も の か 。 あ れ は 傷 つ い て 足 掻 い て 泥 の 中 は く え ん よ う し ゅ か て を 這 い す り 回 っ て 、 そ う し て お 前 が 知 る 姿 に な っ た の だ 。 指 の 骨 を 白 焔 の 妖 主 の 炎 の 糧 と さ れ し こ ん せ ん い な が ら も 紅 蓮 姫 を 放 さ す 、 紫 紺 の 妖 主 に 全 身 の 神 経 と 繊 維 を 支 配 さ れ 指 を 折 ら れ て も な お 紅 蓮 闇 姫 を 振 る っ た : : : そ う や っ て 、 あ れ は そ の 破 妖 刀 と っ き あ っ て き た の だ ! 自 分 に 都 合 の 良 い 金 言 葉 で あ れ の 血 を 吐 く よ う な 努 力 を な か っ た も の に す る な ど 許 さ な い ー そ う ぜ っ そ の 声 の 激 し さ よ り も 語 ら れ る 凄 絶 な 内 容 ゆ え に 、 ア ー ゼ ン タ ー ラ は 顔 か ら 血 の 気 が 引 く の を 感 し た 。

ー破妖の剣 6 ー鬱金の暁闇4


148 奧 底 ま で 沈 め れ は 、 そ こ に 『 彼 』 が い る 。 『 彼 』 に 代 わ り 、 委 ね る 。 紅 蓮 姫 を ー ー ・ 最 強 の 破 妖 刀 を 、 『 彼 』 の 恋 人 を 。 自 分 に は 無 理 で も 『 彼 』 の 一 一 = ロ う こ と に な ら 、 紅 蓮 姫 は 従 う か ら だ 。 ア ー ゼ ン タ ー ラ の 意 識 の 奧 底 か ら 浮 上 す る の は ラ キ ス の 意 識 ・ ー ー ー そ れ だ け で ア ー ゼ ン タ ー ラ は 破 妖 剣 士 に な る 。 「 紅 蓮 姫 」 さ さ や ラ キ ス が 優 し く 囁 き か け る 。 あ か っ き 「 愛 し い わ た し の 暁 の 姫 。 さ あ 、 と も に 魔 性 を 滅 ば そ う ー ー 」 む つ ご と ひ と き わ 睦 言 に も 似 た 彼 の 言 葉 に 、 鞘 か ら 引 き 抜 か れ た 真 紅 の 刀 身 が 一 際 強 い 輝 き を 放 っ た さ や ほ ろ し ん く ゆ だ