検索 - みる会図書館

検索対象: 鬱金の暁闇 3 ―破妖の剣 6―

鬱金の暁闇 3 ―破妖の剣 6―から 199件ヒットしました。

鬱金の暁闇 3 ―破妖の剣 6―


コ バ ル ト 文 庫 く 好 評 発 売 中 〉 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 選 ば れ し 少 女 よ 、 魔 性 に 立 ち 向 か え ! ◆ ◆ く 破 妖 の 剣 〉 シ リ ー ズ ◆ ◆ ◆ イ ラ ス ト / 厦 門 潤 ◆ ま 漆 黒 の 魔 性 ま 白 燼 の 罠 ◆ ◆ 柘 の 影 ◆ ◆ ま 紫 紺 の 糸 飃 ◆ ◆ ◆ ◆ 翡 翠 の 夢 1 ~ 5 ◆ ◆ ◆ 鬱 金 の 暁 闇 1 ・ 2 ◆ ◆ ◆ - 破 妖 の 剣 ン ◆ 女 妖 の 外 伝 ① ◆ ◆ ◆ さ さ や き の 行 方 冖 破 妖 の 剣 ◆ ◆ ◆ 忘 れ え ぬ 夏 外 伝 ③ 破 妖 の 剣 ◆ ◆ ◆ 時 の 螺 旋 破 妖 の 剣 ◆ 外 伝 ④ 魂 が 、 引 き よ せ る 外 伝 ⑤ 破 妖 の 剣 ◆ ◆ ◆ 呼 ぶ 声 が 聞 こ え る 外 伝 ⑥ 破 妖 の 剣 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 前 田 珠 子 ー ま く

鬱金の暁闇 3 ―破妖の剣 6―


は よ う つ る 一 破 妖 の 剣 6 ぎ よ う あ ん 鬱 金 の 暁 闇 3 前 田 珠 子 ( OBALT - SER に 5 う 集 英 社 6

鬱金の暁闇 3 ―破妖の剣 6―


魔 性 降 臨 破 妖 の 剣 中 ス 、 売 ラ シ 当 白 い 焔 に 包 ま れ て 消 え た 街 ー ・ ・ ー そ の 原 因 を 探 る ラ ス と 少 年 サ 八 ト だ っ た が 上 タ 粤 破 妖 の 剣 羆 最 愛 の 使 い 手 を 失 い 暴 走 す る 紅 蓮 姫 ・ : 。 姫 人 子 コ 蓮 大 . 朱 ラ ス と 出 逢 う 前 の 紅 蓮 姫 の 哀 し い 物 語 。 深 紫 絃 韻 2 嚶 破 妖 の 剣 専 - 魅 縛 師 リ ー ヴ ィ の 里 帰 り に 同 行 し た ラ ス は 、 思 い が け な い ピ ン チ に お ち い る が ・ :

鬱金の暁闇 3 ―破妖の剣 6―


◆ ラ エ ス リ ー ル 破 妖 の 剣 第 紅 蓮 姫 」 を 操 る 少 女 剣 士 。 通 称 ラ ス 。 ー 金 の 妖 主 。 父 浮 城 の 魅 縛 師 を 母 に 持 つ 。 浮 城 を 出 奔 し て 裏 切 り 者 と さ れ を ま た 父 殺 し の 疑 惑 で 妖 貴 た ち か ら 第 も 追 わ れ て い る 。 ぐ れ ん き 會 サ テ ィ ッ 砂 色 の 髪 を し た 浮 城 の 捕 縛 師 。 面 倒 見 の - い い お 姉 さ ん 的 性 格 の 持 ち 主 で 、 ラ ス の よ き 理 解 者 。 會 リ ー ヴ シ ェ ラ ン カ ラ ヴ ィ ス の 公 女 で 浮 城 の 會 ス ラ ヴ ィ エ ー ラ 魅 縛 師 。 琴 を 奏 で 、 そ の 音 色 で 魔 性 を 引 き 寄 力 を 「 紅 蓮 姫 」 奪 還 チ ム の 持 つ 。 通 称 リ ー ヴ ィ 。 一 員 。 破 妖 刀 「 夢 晶 結 』 の 使 い 手 。 こ c—- 、 ニ 年 で 成 果 を 上 け て い る 。 破 妖 剣 士 。

鬱金の暁闇 3 ―破妖の剣 6―


は よ う と 、 つ 破 妖 刀 と 破 妖 剣 士 と の 相 性 で 、 最 も 重 要 視 さ れ る の は 、 精 神 面 に お け る 共 鳴 振 度 な あ う ん の だ 。 そ れ が 高 け れ ば 高 い だ け 、 阿 吽 の 呼 吸 に 近 い 連 携 が 可 能 と な る 。 逆 に 言 え ば 、 共 振 度 の 低 い 組 み 合 わ せ で は 、 互 い が ど れ ほ ど 高 い 能 力 を 持 と う と も 、 目 ざ ま し い 成 果 は 期 待 で き な い と さ れ て い る 。 そ の 事 実 に 気 づ い た 浮 城 の 上 層 部 が 、 破 妖 刀 自 身 に 使 い 手 の 選 択 を 任 せ る よ う に な っ た お か げ で 、 破 妖 剣 士 の 犬 死 に や 貴 重 な 破 妖 刀 の 紛 失 が 、 か な り 減 っ た わ け で は あ る の だ が 。 だ か ら 、 少 な く と も こ こ 一 世 紀 ほ ど は 、 破 妖 刀 の 意 志 に 反 す る 使 い 手 が 選 は れ る こ と な ど 皆 無 で あ り 、 両 者 の 意 思 の 疎 通 は 当 た り 前 と 言 え ば 言 え る の で あ る が : : : し か し 。 待 っ て よ 、 待 っ て よ 、 ち ょ っ と 、 待 っ て よ 。 の だ く だ く 、 だ く だ く ー 内 心 冷 や 汗 を か き な が ら 、 ス ラ ヴ ィ エ ー ラ は 現 状 を 整 理 し 鬱 よ 、 つ と し た 。 破 妖 刀 と 、 そ の 使 い 手 で あ る 破 妖 剣 士 と の 間 に 、 意 思 の 疎 通 が あ る こ れ は 事 実 い ぬ じ れ ん け い

鬱金の暁闇 3 ―破妖の剣 6―


浮 城 の 捕 縛 師 魔 性 に さ ら わ れ た 姉 を 取 り 戻 ま た め 、 破 妖 剣 士 な め ざ し た が が な わ な マ た 。 「 = : 姫 」 奪 還 の た め 組 織 き れ 「 紅 蓮 姫 発 奪 遺 チ ー ム の だ チ ー ム の 一 員 と な る 。 一 員 ま 捕 縛 師 。 「 刺 青 の マ イ ダ ー ド 」 の 異 名 を 持 っ リ メ ラ ト ー ン て い る 。 マ イ ダ ド 紫 紺 の 妖 主 白 燼 の 妖 主 の 間 に 生 ま メ れ 、 並 外 れ だ 魔 カ を 持 う 青 年 。 し ば レ ! ま 少 年 サ ハ ト の 姿 を る 。 じ 響 ら 邪 羅 あ ん し ゅ ◆ 闇 主 ラ ス の 護 り 手 。 深 紅 の 髪 と 瞳 を 持 つ 美 貌 の 青 年 。 正 体 は 柘 榴 の 妖 主 ・ 千 禍 。 容 赦 の な い 性 格 セ ラ ス を ふ り ま わ す 。 ラ ス と と も に 逃 亡 生 活 を 続 け て い る 。

鬱金の暁闇 3 ―破妖の剣 6―


174 の ラ ス ト に 目 指 し て い た 場 面 ま で と い う こ と に 。 以 降 、 登 場 人 物 は 増 え 、 世 界 は 変 わ あ な ど が た り 、 テ ー マ も 変 わ り : ・ : 全 四 巻 の 長 編 に 変 身 し た 。 雑 誌 連 載 侮 り 難 し : : : し か し 私 は こ れ で も 懲 り な か っ た 。 学 習 能 力 な さ す ぎ 、 と い う も の だ 。 1992 年 月 『 破 妖 の 剣 4 紫 紺 の 糸 ( 前 ) 』 発 売 ば く ろ 赤 男 の 正 体 暴 露 編 。 い や あ 、 反 響 が 凄 か っ た : : : 手 紙 読 ん で く す く す 笑 っ て い た 私 け し ん は 、 悪 魔 の 化 身 か も し れ な い 。 1995 年 れ 月 『 カ ル ・ ラ ン シ イ の 女 王 外 伝 1 煉 獄 』 発 売 。 お き て や ぶ ヒ ロ イ ン も ヒ ロ イ ン の 兄 も ヒ ー ロ ー も 放 っ て の 敵 役 主 役 の 掟 破 り の 外 伝 に 、 や は し し こ ん い と れ ん ご く す ご

鬱金の暁闇 3 ―破妖の剣 6―


セ ー こ れ は 完 全 に マ ル チ ェ ン デ ィ ン グ に で き る か ら 楽 し い で す よ ね え 。 剣 術 を 教 え ほ ど こ ほ く し す 、 ひ た す ら 封 魔 術 の 教 育 を 施 し 、 且 っ 紅 蓮 姫 と 出 会 わ な い よ う に 仕 組 め ば 、 捕 縛 師 に 育 て ら れ ま す し 。 サ ー で す よ ね っ ! わ た し と し て は 、 交 代 制 の 労 働 で も 、 ラ ス は 浮 城 か ら 出 し ま せ く つ が え ん 。 そ う す る と 『 ラ ス が 歩 け ば 魔 性 に ぶ つ か る 』 と ゆ ー 、 絶 対 の 真 理 を 覆 せ る わ け で す し 。 な セ ー あ と 、 拒 否 権 も つ け た い で す ね 。 『 紅 蓮 姫 が ラ ス を 選 び ま し た 。 破 妖 剣 士 に な り ま す か ? 』 の 間 い 掛 け に 。 が サ ー も ち ろ ん 『 、 し い え 』 で す よ ね 。 あ と 、 白 砂 原 で の 闇 主 と の 出 会 い で も 『 闇 主 が ま も て 妖 護 り 手 に な る と 言 っ て い ま す 。 な っ て も ら い ま す か ? 』 の 問 い 掛 け に 。 か わ い セ ー 可 愛 い ラ ス に 、 そ ん な 非 道 な 真 似 は で き ま せ ん 。 み ば く し サ ー で す よ ね 。 や つ ば り 、 最 終 的 に 捕 縛 師 、 破 妖 剣 士 、 魅 縛 師 以 外 に も 、 『 浮 城 内 せ ん ぎ よ う 恋 愛 の 末 、 幸 せ な 専 業 主 婦 』 と か い う の も い い で す よ ね 。 そ の た め に は 、 や つ ば り 白 砂 原 で の 狩 り に は 、 極 力 出 さ な い よ う に し な い と 。 ま ね

鬱金の暁闇 3 ―破妖の剣 6―


が わ か ら な い 。 意 志 を 持 っ 武 器 を 使 う と い う こ と の 意 味 を 、 真 に 理 解 す る こ と は で き オ し 「 : : : ラ キ ス 、 と 叫 ん で た な 」 と 、 つ こ 、 フ 「 そ う 。 紅 蓮 姫 を 鍛 え た 刀 工 の 息 子 で 、 彼 女 の 最 初 の 使 い 手 だ っ た ひ と よ 。 ラ エ ス リ ー ル が 現 れ る ま で 、 彼 以 上 の 成 果 を 上 げ た 破 妖 剣 士 は い な か っ た と い う 話 : : : あ の 声 を 聞 い た ら 、 そ れ が な せ か 、 わ か っ た よ う な 気 は す る け れ ど 、 ね 」 言 わ れ て マ イ ダ ー ド も 思 い 出 し た 。 あ の と き の 紅 蓮 姫 の 叫 び ー ー ー 長 い 、 長 い 焦 が れ つ づ け た 存 在 を 、 よ う や く 見 い あ ふ し ね ん だ し た と 言 わ ん ば か り の 歓 喜 に 溢 れ た あ の 思 念 : 「 : : : ま さ か ? ・ い く ら 意 志 を 持 っ と は 言 っ て も 、 紅 蓮 姫 は し よ せ ん 刀 : : : 物 に 過 ぎ 3 な い は ず だ ろ う ? 」 の 名 前 か ら し て 、 女 性 で あ る こ と は 間 違 い な い と し て も 鬱 破 妖 剣 士 と 破 妖 刀 の 間 に 、 恋 愛 関 係 な ど 、 成 立 す る も の だ ろ う か 。 そ ん な マ イ ダ ー ド の 疑 間 に 、 ス ラ ヴ ィ エ ー ラ が た め 息 ま し り に 答 え た 。 き た

鬱金の暁闇 3 ―破妖の剣 6―


180 か わ い そ う が ん 願 の せ い か も し れ な い 。 可 哀 想 に : : : ポ チ 2 号 と い う の が 、 作 者 が 彼 に 与 え た 愛 称 で あ る 。 許 し て く れ 。 こ の 月 、 ア ト ラ ン タ オ リ ン ピ ッ ク 開 催 。 男 子 体 操 の た め に 、 テ レ ピ に つ き っ き り だ っ た : : : 鉄 棒 と 平 行 棒 は 、 は ん と に 見 て い て 楽 し い D 199 。 年 れ 月 『 破 妖 の 剣 5 翡 翠 の 夢 5 』 発 売 。 あ ん し ゅ し ん そ こ あ ん ど ぶ あ っ 分 厚 い な が ら 、 な ん と か 一 冊 に ま と ま っ た と き は 心 底 安 堵 し た も の だ 。 闇 主 復 活 に う れ 関 す る 展 開 は 、 や は り 読 者 に 驚 い て も ら え た よ う で 嬉 し か っ た 。 し か し 、 長 い 枚 数 か ま し よ う け た だ け あ っ て 、 人 死 に ( 魔 性 死 に も 含 む ) も 多 か っ た 。 以 前 、 読 者 の 方 に 指 摘 さ れ た の だ が 、 ラ エ ス リ ー ル に よ っ て 、 確 実 に 上 級 魔 性 ( 妖 ほ う む し ゅ よ う き 主 、 妖 貴 ) の 一 割 以 上 が 葬 り 去 ら れ て い る 。 実 は 二 割 ま で あ と 一 人 と い う : : : 永 久 凍 よ う