検索 - みる会図書館

全データから 28951件見つかりました。
ホンキでいくだろ! : 青桃院学園風紀録

そうこうするうちに百合柄ヘリは学園から遥か遠ざかり、いつの間にか深い森の上空を華麗 なる夜間飛行。 「そろそろでございますし なか と三笠山が言ったのは、そろそろ剣のお腹の虫が大合唱の声を上げだしたころである。 あや 見下ろせば暗いなかに、まるで不夜城のように妖しく輝く場所が一つ。 そこへ向かって自家用へリが一気に急降下した。 「あ、あ、遊園地 ? ってコトは、レストランでお子様ランチ ? 」 「ああっ、夢みたいですっ、伊集院先輩つ。僕、思いきって〃学年一の美少年みを返上しても 構いませんつ」 ただならぬ輝きを放つ、伊集院家。 近づくにつれて明らかになるのは、〃美青年テーマパークみとも呼ぶべき、その外観だ。 ライトアップされたなかに浮かび上がるのは、そこかしこに踊り集う大理石の美青年像。 ろ 刈り込まれた庭木も美青年型なら、池の形ももれなく美青年。 「さすがだぜ : : : 」 あき ン朱雀は呆れてそうつぶやき、 ホ 「おや、伊集院家の庭師としたコトが大失態。薔薇園中央の〃悩める美青年像みが、斜め右に 三度傾いているよ」 ふやじよう はる

Xazsa : ザザ ver.2

コバルト文庫 く好評発売中〉 天使はうまく踊れない 高一生の亮介のまわりに、奇妙な奴らが現れはじめた・・・。 , セイレーンの聖母 イま十九郎が狙われた / とてつもない妖力に忍は。 、第十字架の少女 諒の妹・彩を迎えて、亮介たちは軽井沢で合宿を。 迷羊に愛の手を 転校先での諒の生活は ! ? オムニバス形式の番外編。 炎獄のアーナ 偂編〉 〈後編〉 女の子を狙う髪切り事件の背後に、恐るべき妖者が / 天冥の剣ェ 吸血鬼殺人とよばれる通り魔事件に、希沙良と諒は・・・

諸星大二郎特選集 3 遠い世界

々 ) / イ 翌朝、連れが外で 大声で呼ぶのが 聞こえた。 だんな , だんな , 早く家を出な , いい イー 一こ声・ / イ 、彡笏を この家はも、つ 落ちるよ、 早く逃げな , 当レい私は外に飛び出して 驚いた 家は山腹の端 ぎりぎりに建っていて、 ・ , 下は深い谷だった。 地殻を押し上げる 大地の力は山腹の 岩盤を少しずつ押し流し、 五十年で尾根の真下の 土地は山腹から すべり落ちるのだった。 あなたたち、 逃げないの てすか 五十年かけて ここま・てに したんだ。 △マさ、ら / 尾根に戻って。 、一 ) 掘っ建て小屋 一】 A 」は てきんよ , 072

キケンじゃないだろ!

166 あたまをかいた剣も、同じく溜め息だ。 、「せつかくおまえとデートのフリまでしたのに、もしかして計画倒れ ? なあなあ ) 鹿ヶ谷。 泣いてないで手伝ってくんない ? おまえの大好きな伊集院風紀委員長の、【秘密命令ってやっ なんだけど : : : 」 どうやらこれでは今後も土産物攻撃がやむことはなさそうだと、ウェディング姿の鹿ヶ谷の まえにしやがみ込んだままで困り顔である。 と、そこに、 「似合うよ : : : 」 「え。なんか言ったか ? 朱雀」 「似合うよ、キミ・ : 聞いたことのあるような声が、どこからかうつろに響いてきた。 慌てて顔を上げた剣の耳に、ホールの闇を揺さぶるその不気味な声がさらに、 「キミに : : : なかなか似合うよ、その姿。だからそんなに嘆かないでおくれ、かわいい僕の子 ウサギちゃん : : : 」 急いであたりを見まわした剣は、薄暗いホールを薔薇の花の山がゆらゆらと横切ってくるの を目の当たりにした。 , 「でつ、でつ、出つ」 みやげ

小説すばる2020年12月号

( 六 ) 承前 今なら、たやすく斬ることができる 剣を振りあげ、前に踏み込む。 剣を振り下ろそうとしたその時 「そこまでじゃ」 という声がした。 ごろうざ 父の五郎三の声であった。 「もはや、斬るまでもない」 すてまる 父の手が、捨丸の肩を押さえた。 「父上ーーー」 捨丸こと時雨十郎三。 剣に目覚め、生涯の敵とただ闘い続ける。 巻の十七東照宮異伝 明治大帝の密使第七 + , 回 黄金伝説忍法帖 捨丸は、五郎三を見あげた。 「剣を下ろせ : 捨丸の身体から、ふっと何かが抜けた。 捨丸は、剣を下げようとした。 しかし、身体がぶるぶる震えて、剣を下げることができない。 何かが抜け落ちはしたものの、全身に、まだ力がこもっているの である 五郎三が、捨丸の握っている剣の柄を左手で握った。捨丸の手 が小さいため、柄を握った右手と左手の間に、五郎三の左手が握 れるだけの隙間があったのである。 五郎三の右手が、捨丸の指を一本ずつ、剣の柄からはがしてい った。 剣が、五郎三の手に移った。 五郎三が、剣の刀身を、捨丸が腰に差している鞘に収めた。 捨丸の身体は、まだ震えていた。その震えを止めようと、身体 夢枕獏 画・金子ナンペイ つか 340

キケンじゃないだろ!

166 あたまをかいた剣も、同じく溜め息だ。 、「せつかくおまえとデートのフリまでしたのに、もしかして計画倒れ ? なあなあ ) 鹿ヶ谷。 泣いてないで手伝ってくんない ? おまえの大好きな伊集院風紀委員長の ) 秘密命令ってやっ なんだけど : みやげ どうやらこれでは今後も土産物攻撃がやむことはなさそうだと、ウェディング姿の鹿ヶ谷の まえにしやがみ込んだままで困り顔である。 と、そこに、 「似合うよ : : : 」 「え。なんか言ったか ? 朱雀」 「似合うよ、キミ : 聞いたことのあるような声が、どこからかうつろに響いてきた。 慌てて顔を上げた剣の耳に、ホールの闇を揺さぶるその不気味な声がさらに、 「キミに : : : なかなか似合うよ、その姿。だからそんなに嘆かないでおくれ、かわいい僕の子 ウサギちゃん : : : 」 急いであたりを見まわした剣は、薄暗いホールを薔薇の花の山がゆらゆらと横切ってくるの を目の当たりにした。 , 「でつ、でつ、出つ」

イズミ幻戦記 4 (烙都紅蓮編)

ならない。 さかい 「ああ、あと兄イ、例のウワサはほんまやったらしい、蒼竹の組ももう〈堺〉から手え引い て、十字のお城に入ったって」 すりきれたジー パンで巽郎はしやがみこみ、素直に芋をひとつ手にとりながら兄に伝える。 「新聞配達のおやじが言うとった」 「けっ マサト 将人めえ、と唸り声をあげつつ、伝次はがにまたでのしのしとテントの反対側にむけて歩み どす。 ひょ 「日和りおってえ : : : 。そんな軟弱者は、兵隊とは呼べえぬリ」 くちぐせ め伝次の口癖である。いまどきへータイっちゅうてもな、と芋を洗うかたわら巽郎がひとりご 紅ちた。 烙 が、拠点を堺におき〈大阪〉近辺を縄張りにしていた蒼竹組までが地元から撤退して、京都 中央にいすわるとなると、それはひとごとではすまされない。その地域に点在する小型の集落 記 幻がみな、〈ジ、リア〉に対して無防備になるからだ。 ファミ月′ーー ・ハ手薄になった地域は近隣の組織がーーっまり自分たちが、カ・ ( ーしてやらねばならない。し イ かし昨今はもうすでに、京都中央以外はどこもかしこも手薄になっているのだ。 ユナイツ 京都の「組合』に加盟せず地元にのこっている組織の数で、どこまで万全にそれらに対処で きょてん おおさか アオタケ てったい

ボウケンするだろ!

120 「知ってるぞ。港にいたピショーネンだ ! 」 つるぎ あみお ササの葉をかき分けてあらわれた網男を見て、剣がそう声を上げた。 いじゅういん 黒服たちから逃げたあと、森のなかで伊集院救出作戦を練っていた剣たちのまえに姿を見せ たまらんむら たのは、玉蘭村の美少年漁師だった。 シャツにジーンズという格好。 せいとういんせい 髪は相変わらすバサバサなのだが、あらためて見ても青桃院生なみの美少年。 その網男が、突然あらわれてこう言った。 「助けてあげようと、思って」 思わぬ人物からの思わぬ申し出に、剣たち三人はそろって、えつ、と驚く顔である。 しま 「あんたたち、稚児ヶ島の伝説の泉を探しにきたんだろ ? 港で話してるのが聞こえたんだ。 オレ、このあたりには詳しいから、カになれるんじゃないかって田 5 って。それに、ここのとこ ろ黒服の男たちがウロウロしてて : : : たぶん、あいつらも泉が目当てだと思う。村が迷惑して

小説すばる2017年1月号

近くで見ると、女はずいぶん若かった。 いる。手しか見えない。垣根の高さは百一一らをまっすぐに睨んでくる。 二十二、三歳かそこら、いやもっと若いか 十センチほどだ。顔を見られないように腰「誰 ? 」 を屈めて手だけ伸ばしているのかもしれな鉄腕がまた、ものすごくでかい声で俺にもしれない。目が大きくて、ふつくらと丸 問う。「知らん」と俺が言うのと、女がい頬は、白桃を連想させる。かわいい、と 鉄腕に目で合図を送る。鉄腕は勢いよ く立ち上がり、その手をガッと掴んだ。 「大声出さないでーと言うのはほば同時だ言えなくもない った。 「ヘルバーさん、あんた名前は ? 」 「おい ! 」 俺は鉄也、といきなり下の名前を名乗る 正確には「ウオオイツ ! 」という感じ「おばあちゃんが起きちゃう」 で、鉄腕が絶叫する。あまりの声の大きさ鉄腕がちらりと、田中家のほうに視線を鉄腕を、体育座りをした女はちらりと見 送る。玄関の灯りがついているが、中の様る。それから、レモン、と呟いた。名前で に、むしろ俺がビクッと震えた。 あるということを理解するのに数秒を要し 子はわからない 「痛い、痛い痛い痛い痛い ! 」 とにかく話を聞かせてもらおうか、とやた。なんだその偽名丸出しの名前は 垣根の向こうから甲高い喚き声が聞こ 「名字は ? え、鉄腕ははっとして手を離した。俺は急や声を低めて鉄腕が言った。 こやなぎ 「小柳 , いで、垣根の向こうにまわりこむ。鉄腕が る 女は自分のことを「ヘルバー」だと言っ鉄腕は至って真剣な表情で「あんたハー 後をついてくる 女がうずくまっている。どう見ても田中た。田中絹江はすこし前に足を骨折し、そフ ? それ地毛 ? 、などと、女の金に近い地 絹江ではなかった。鉄腕が懐中電灯を灯しれが原因で寝ついてしまい、来月には施設色に染めた髪を見つめている。俺は時々、 に入る予定なのだという。それで、荷物の鉄腕という男がよくわからなくなる て、女に向けた。 田中家には、玄関から入ってすぐのとこて やけに明るい色の髪をふたつにわけて耳整理を手伝っているとのことだった。庭の っ の下で結んでいる女はダウンコートを羽織あの荷物は、いずれごみ処理施設に運ぶ予ろに納戸があった。話を聞かせてもらおう思 JJ かと言った鉄腕は女を俺の家に連行しよう り、その下にピンク色のジャージのセット定で外に出していたらしい ーって、そんなこともするのとしたのだが、女に拒まれた。いっ田中絹 アップのようなものを着用していた。うず「ヘルバ 江が目を覚まし、自分を呼ぶかわからなに くまったまま手首をさすりながら女が顔をか ? 」 あぐら 上げる。真正面から懐中電灯を向けられて鉄腕は胡坐をかいた姿勢で腕を組み、な い、と言う。だから俺と鉄腕が田中家に足大 いるというのに、顔を背けるでもなく、目ぜか俺のほうを見る。その人に訊けよ、とを踏み入れるかっこうになった。納戸に暖 房器具がないせいで、俺たちはコートを脱 を細めるでもなく、眉間に皺を寄せてこち女のほうを顎でしやくる。

新潮45 2016年08月号

市川聞こえる時もあります。海洋哺乳類でいうと、ザトウいう里局い声を出しています。 たけしマナティーは淡水にいるわけですが、淡水の中とい クジラが繁殖海域で、メスへの求愛や他のオスへのアピール うのはうるさいんですか、静かなんですか。 で、複雑な歌を唄います。その鳴き声と比べると、ジュゴン の鳴き声は遥かに単調で抑揚が少ない。要するにあまり特徴市川淡水は静かです。そういう音でマナティーの鳴き声 がない。もしかしたらジュゴンが海洋哺乳類の中で草食性で、は含んでいる周波数の量が多いんですよ。そうすると相手に 他の哺乳類よりも浅い海に棲んでいることに要因があるので伝えられる情報が多いんですね。ジュゴンの場合は海中のノ はないでしようか。お話ししたように極端に浅い海ではテッ イジーな環境で鳴くので、周波数の情報は短くて、それを繰 ボウェビが出すノイズが非常に大きくて、雑音が激しい。そり返す傾向があるわけです。 たけしジュゴンの鳴き声はどうやって採集するんですか。 うした中で相手にメッセージを伝えるためには、複雑な音よ り単調な音を繰り返したほうが相手に伝わりやすい。 市川船から水中マイクをぶら下げて、ジュゴンがどこで鳴 くのか、ジュゴンの棲息している海域を回ります。ジュゴン たけしマナティーも同じように鳴くんですか。 市川ちょっと違います。マナティーのほうがキーキーっては、どうもある場所でしか鳴かないみたいなんですね。 たけし、それは、どんな場所なんですか。 「オスが鳴くのは、メスを呼んでいるのかな」 市川ジュゴンの母と子どもは常に一緒にいるので、母と子 どもははぐれた時に、お互いに鳴き声を使って合図しているす だろうと、私は最初に推測したんです。だから、母と子ども て がいる場所でなら、たくさんの鳴き声が採集できるかと思っ 知 たら、そこでは全然鳴かなくて、独身の個体がたくさんいる依 場所で多くの鳴き声が聞こえるんです。それも本当に狭い範の 囲の中で、どうも何か社交場のような場所で鳴くような気が人 談 します。 対 人 たけしそれはオスがメスを呼んでいるんですかね。 市川はっきりは分からないのですが、求愛じゃないかと考 えています。一般的に動物が鳴き声を出す場合は、オスがメ