検索 - みる会図書館

全データから 214087件ヒットしました。

「いつものパン」があなたを殺す


「 い つ も の パ ン 」 が あ な た を 殺 す ◎ も く じ

「いつものパン」があなたを殺す


い つ も の ( 響 パ ン が あ な た を 殺 す テ ィ ビ ッ ド ・ 白 澤 卓 ニ [ 訳 ] = 笠 書 房

法律のひろば 2016年10月号


特 集 自 殺 予 防 対 策 ー 自 殺 者 減 少 社 会 の 実 現 へ 自 殺 の 実 態 と 対 策 の 現 状 を 決 め る 要 因 は 複 合 的 で あ り 、 地 域 の 人 た 自 殺 対 策 基 本 法 に お い て 、 地 域 自 殺 対 動 態 統 計 調 査 、 企 業 ・ 経 済 統 計 、 生 活 ・ ロ 密 度 、 人 口 構 成 の 偏 り 、 過 疎 化 の 進 展 策 計 画 の 策 定 が 義 務 づ け ら れ た 背 景 に ラ イ フ ス タ イ ル に 関 す る 統 計 ( 国 民 生 活 度 合 い 、 所 得 水 準 な ど の さ ま ざ ま な 要 因 は 、 こ の よ う な 科 学 的 ェ ビ デ ン ス が あ る 基 礎 調 査 、 社 会 生 活 基 本 調 査 等 ) に 基 づ が 関 連 し て い る と 推 測 さ れ る 。 こ と を 理 解 す る こ と が 大 切 で あ る 。 き 、 自 治 体 ご と の 自 殺 者 数 や 自 殺 率 、 関 平 成 年 の 自 殺 対 策 基 本 法 の 成 立 以 連 す る 地 域 特 性 を 円 グ ラ フ や 棒 グ ラ フ な 後 、 日 本 の 自 殺 対 策 は 全 国 的 に 進 展 し 、 ど を 用 い て わ か り や す く 表 示 し 、 い わ ば 三 地 域 に お け る 自 殺 実 態 の 把 平 成 幻 年 の 地 域 自 殺 対 策 緊 急 強 化 基 金 の 自 殺 対 策 に つ い て の 人 間 ド ッ ク の 報 告 書 握 と 地 域 自 殺 対 策 計 画 策 定 の 造 成 以 降 は 自 殺 対 策 へ の 予 算 の 配 分 が 市 の よ う な 簡 易 な レ ポ ー ト を 作 成 す る 。 図 た め の 政 策 支 援 町 村 へ と 行 き わ た る こ と に な っ た た め 、 4 で は 、 性 別 、 年 代 別 、 職 業 別 の 自 殺 率 自 殺 対 策 の 全 国 的 な 広 が り が 促 進 さ れ る 市 町 村 レ ベ ル の 地 域 自 殺 対 策 の 推 進 の の デ 1 タ が 示 さ れ て い る が 、 こ の ほ か に こ と に な っ た 。 都 道 府 県 に お け る 基 金 事 た め に は 、 自 殺 対 策 担 当 者 及 び 関 係 者 が 自 殺 手 段 の 動 向 や 評 価 、 原 因 ・ 動 機 の 比 業 総 額 ( 平 成 幻 5 年 の 取 崩 額 ) と 自 殺 自 ら の 地 域 の 自 殺 の 実 態 を 知 っ た 上 で 、 較 、 メ ン タ ル ヘ ル ス 状 況 の 推 計 、 自 殺 対 死 亡 率 の 変 化 ( 平 成 年 と 年 の 自 殺 死 地 域 自 殺 対 策 計 画 の 策 定 に 向 け た 取 組 を 策 の 実 施 状 況 や 民 間 団 体 等 の 現 状 な ど も 亡 率 の 差 ) の 関 係 を 散 布 図 と し て プ ロ ッ 加 速 さ せ る こ と が 必 要 と な る 。 自 殺 対 策 示 す こ と が で き る 。 こ れ ら の 自 殺 実 態 の ト す る と 、 相 関 関 係 が 認 め ら れ 、 人 口 一 の 地 域 格 差 の 解 消 、 と り わ け 市 町 村 レ ベ 分 析 は 、 地 域 の 自 殺 実 態 に 即 し た 対 策 立 人 当 た り の 基 金 事 業 総 額 が 多 い ほ ど 、 平 ル の 自 殺 対 策 の 地 域 格 差 の 解 消 の た め に 案 の 根 拠 と な る も の で あ る 。 成 5 年 の 自 殺 死 亡 率 は 大 き く 低 下 し は 、 地 域 の 自 殺 の 実 態 を 市 町 村 の 行 政 職 自 殺 実 態 プ ロ フ ァ イ ル の デ ー タ を も と て い る こ と が 判 明 し て い る ( 注 4 ) 。 こ の 員 に 分 か り や す く 伝 え る ツ ー ル が 求 め ら に 、 自 治 体 で は 地 域 自 殺 対 策 推 進 計 画 を こ と は 、 地 域 自 殺 対 策 緊 急 強 化 基 金 に よ れ る 。 自 殺 総 合 対 策 推 進 セ ン タ 1 で は 、 策 定 し て い く こ と に な る 。 本 来 、 自 治 体 る 取 組 が 自 殺 率 低 下 に 寄 与 し た 可 能 性 を 自 殺 実 態 ・ 統 計 分 析 室 が 中 心 に な っ て 、 が 主 体 的 に 自 殺 対 策 の 施 策 群 の 中 か ら 地 示 唆 し て い る と 言 え る の で あ る 。 地 域 の 自 殺 実 態 を 一 目 暸 然 的 に 理 解 で き 域 の 自 殺 実 態 に 即 し た 地 域 自 殺 対 策 計 画 以 上 よ り 、 自 殺 率 の 都 道 府 県 の 地 域 格 る よ う に す る ツ 1 ル と し て 「 地 域 自 殺 実 を 策 定 し 、 自 治 体 と し て の 自 殺 対 策 の 政 差 の 解 消 の た め に は 、 各 都 道 府 県 が 自 殺 態 プ ロ フ ァ イ ル 」 の 開 発 を 行 っ て き た ( 注 策 を 決 定 し て い く も の で あ る 。 一 方 で 、 対 策 に 相 応 の 予 算 を 当 て た 上 で 、 総 合 的 6 ) 。 図 4 は 「 自 殺 実 態 プ ロ フ ァ イ ル 」 自 殺 総 合 対 策 推 進 セ ン タ ー と し て は 、 自 ば な 自 殺 対 策 を 強 力 に 推 進 し て い く こ と が の イ メ 1 ジ を 示 し た も の で あ る 。 自 殺 実 治 体 へ の 具 体 的 な 支 援 方 策 と し て 、 地 域 ひ 効 果 的 で あ る こ と を 強 く 示 唆 す る も の と 態 プ ロ フ ァ イ ル の 作 成 に あ た っ て は 既 存 の 自 殺 実 態 プ ロ フ ァ イ ル に も と づ き 、 地 推 察 さ れ る ( 注 5 ) 。 平 成 年 に 改 正 さ れ の 官 庁 統 計 を 利 用 す る 。 国 勢 調 査 、 人 口 域 の 実 情 に 応 じ た 自 殺 対 策 の 政 策 パ ッ ケ 7

リストカット : 自傷行為をのりこえる


部 分 的 自 殺 ・ パ ラ 自 殺 ・ 自 殺 関 連 行 動 自 傷 行 為 を 自 殺 未 遂 か ら 区 別 す る こ と は 、 自 傷 行 為 へ の 対 応 に お け る 重 要 な ポ イ ン ト の 一 つ て あ る 。 実 際 の ケ ー ス て は 、 自 傷 行 為 と 自 殺 未 遂 の 要 素 が 互 い に 関 連 し て お り 、 自 傷 行 為 が 自 殺 未 遂 の 性 質 を 帯 び る こ と が し ば し ば あ る 。 そ の よ う な ケ ー ス て は 、 自 傷 行 為 に お け る 自 殺 未 遂 の 特 徴 を 見 落 と す こ と は 、 自 傷 行 為 を お こ な う 人 の 自 殺 の 危 険 へ の 備 え を 怠 る こ と に な る し 、 そ の 反 対 に 、 自 殺 未 遂 の 要 素 を 過 剰 に 重 視 す る と 、 自 殺 予 防 の 名 目 て 過 剰 な 治 療 が お こ な わ れ る な ど の 弊 害 が 生 じ か ね な い 。 自 傷 行 為 に お け る 自 殺 未 遂 の 特 徴 を よ く 吟 味 す る こ と が 必 要 な の は 、 そ の ゆ え て あ る 。 自 傷 行 為 を 自 殺 未 遂 か ら 区 別 す る の が 困 難 な こ と は 少 な く な い 。 そ れ は 自 傷 行 為 を 自 殺 未 遂 と の 関 連 性 に お い て 捉 え よ う と し て き た 歴 史 に も あ ら わ れ て い る 。 最 初 に 取 り 上 げ ら れ る べ き は 、 米 国 て 精 神 分 析 の 普 及 に つ く し た 精 神 科 医 と し て 名 高 い メ ニ ン ジ ャ ー の 主 張 て あ る 。 彼 は 、 自 傷 行 為 を 「 弱 め ら れ た 自 殺 」 と み な し て 、 「 限 局 的 自 殺 」 も し く は 「 郊 分 的 自 殺 」 と 呼 ぶ こ と を 提 昌 し ご 。 ロ ナ こ れ は 、 自 傷 行 為 を 含 む 自 己 破 壊 的 行 動 を 自 殺 も し く は 自 殺 未 遂 の 延 長 線 上 に 位 置 づ け よ う と す る 見 方 て あ る 。 か っ て は こ の よ う な 考 え 方 が 支 配 的 て あ っ た た め に 、 自 傷 行 為 に よ っ て 傷 つ い て 病 院 に 搬 入 さ れ る 患 者 が す べ て 自 殺 未 遂

リストカット : 自傷行為をのりこえる


自 殺 の 前 段 階 と し て の 自 傷 行 為 自 傷 行 為 と 自 殺 の 関 連 に つ い て の 今 一 つ の 重 要 な 考 え 方 は 、 自 傷 行 為 を 自 殺 も し く は 自 殺 未 遂 の 前 段 階 の 行 動 と し て 位 置 づ け る こ と て あ る 。 自 傷 行 為 が 慢 生 的 に 繰 り 返 さ れ る 状 態 の 中 て 、 本 格 的 な 自 殺 行 為 が 生 じ る こ と は ま れ て な い た と え 自 殺 の 意 図 が 不 明 瞭 な ま ま 自 傷 行 為 を お こ な っ て い た 人 て も 、 長 期 的 に 経 過 を 追 う と 、 自 殺 に よ っ て 死 亡 す る 可 能 性 は 、 自 傷 行 為 を 認 め な い 人 に 比 べ る と す っ と 高 い こ と が 明 ら か に さ れ て い る 。 英 国 の ホ ー ト ン ら の 研 究 グ ル ー プ は 、 「 意 図 的 に 自 分 を 害 す る 行 為 」 を お こ な っ た 患 者 の そ の 後 の 経 過 を 十 五 年 間 追 っ た と こ ろ 、 約 三 パ ー セ ン ト の 患 者 が 自 殺 し て い た こ と を 報 告 し て い る 。 同 様 の 患 者 の 経 過 を 十 三 ー 十 八 年 間 追 っ た 英 国 の レ ス タ ー 、 ス コ ッ ト ラ ン ド 、 オ ー ス ト ラ リ ア て お こ な わ れ た 研 究 て は 、 患 者 の 約 三 ー 七 パ ー セ ン ト が 自 殺 し て い た こ と が 明 ら か に さ れ て い る 。 自 殺 は 、 さ ま ざ ま な 要 因 が 重 な っ て 段 階 的 過 程 を 経 て 実 行 さ れ る と い う 説 が あ る 。 そ こ て は 、 自 傷 行 為 も 自 殺 の 要 因 の 一 つ て あ る と 捉 え ら れ る 。 た と え ば 、 「 自 殺 経 験 蓄 積 説 」 を 唱 え て い る 米 国 の マ リ ス ら は 、 自 殺 が 重 要 な 人 物 の 自 殺 や 死 別 、 自 傷 行 為 や 自 殺 未 遂 な ど の 自 殺 に 関 連 し た 経 験 の 蓄 積 の 結 果 と し て 起 き る も の だ と 主 張 し て い る 。 そ の よ う な 自 殺 の 発 展 過 程 の 存 在 を 裏 づ け る 証 拠 は 多 く の 研 究 に 見 出 さ れ る 。 先 に 紹 介

『アレ』 Vol.2


自 殺 配 信 に 関 す る 覚 え 書 き で 、 現 在 筆 者 が 特 に 気 に な っ て い る の は 、 人 命 が 失 わ れ ど を 使 っ て 確 認 可 能 な も の も あ る が 、 当 事 者 お よ び 遺 族 の 方 々 の プ ラ イ バ シ ー に 配 慮 し 、 こ の コ ラ ム で は 情 報 元 る 光 景 が リ ア ル タ イ ム で 中 継 さ れ る も の 、 た と え ば に つ い て は 特 に 明 記 し て い な い 加 え て 、 こ の コ ラ ム に な ど に よ る 処 刑 動 画 配 信 や 、 今 回 取 り 上 げ る 「 自 殺 配 信 ( 自 殺 を ラ イ プ ス ト リ ー ミ ン グ で 配 信 す る こ と ) 」 で 出 て く る 情 報 そ の も の に つ い て も 、 筆 者 が 公 知 と 判 断 し た 内 容 の み の 掲 載 に 留 め る よ う 努 め た た め 、 特 に 出 典 は あ る 。 一 三 ロ し て い な し 。 も し 本 稿 の 誤 用 や 誤 謬 に お 気 付 き の 方 が お ら れ た ら 、 厳 し く ご 指 摘 ・ ご 批 判 を お 願 い し た い 。 ◆ 2 【 こ の コ ラ ム に つ い て 筆 者 は 、 今 例 に 挙 げ た よ う な ネ ッ ト 炎 上 や 処 刑 動 画 な ◆ 3 【 自 殺 配 信 に つ い て ど の シ ョ ッ キ ン グ な 騒 動 に つ い て 、 そ れ ら を な る べ く 避 最 初 に 、 自 殺 配 信 の 現 状 に つ い て 整 理 し た い 。 イ ン タ ー け て 生 き て き た 。 し か し 昨 年 、 ひ ょ ん な こ と か ら 、 筆 者 ネ ッ ト の 発 達 と 自 殺 者 数 に 相 関 が あ る の か に つ い て は 不 は 生 ま れ て 初 め て 自 殺 配 信 な る も の が あ る こ と を 知 っ た 。 そ の 時 、 「 自 殺 を す る 今 際 の 際 、 な ぜ 配 信 な ん か や 明 だ が 、 少 な く と も 自 殺 の 方 法 ( た と え ば 首 吊 り に お け る 紐 の 結 び 方 な ど ) や 一 緒 に 自 殺 す る 仲 間 を 、 「 自 殺 サ る ん だ ろ う ? 配 信 を す る だ け の 心 の 余 裕 が あ る は ず な イ ト 」 な ど を 通 じ て 簡 単 に 見 つ け ら れ る よ う に な っ た こ の に 、 ど う し て 自 殺 し て し ま う ん だ ろ う ? 」 と 思 い と は 紛 れ も な い 事 実 で あ る 。 実 際 、 既 に 2000 年 代 後 れ を ど う 受 け 止 め れ ば い い の か 分 か ら ず 、 非 常 に 困 惑 し た こ と を 今 で も よ く 覚 え て い る 。 そ し て 、 こ の こ と が き っ 半 に は 、 イ ン タ ー ネ ッ ト の ア ン グ ラ サ イ ト や 掲 示 板 で 自 殺 し た い 人 同 士 が 集 ま り 、 集 団 自 殺 し た 例 が 確 認 さ れ て か け で 筆 者 は 、 自 殺 配 信 に 強 い 興 味 を 持 つ よ う に な っ た 。 い る 。 ま た 、 ネ ッ ト 上 の 知 り 合 い に 自 殺 ま た 自 傷 を 予 告 こ の コ ラ ム は 、 そ の 自 殺 配 信 に つ い て 筆 者 が 調 べ た 範 し た り 、 あ る い は 仄 め か し た り す る ケ ー ス は 、 年 々 増 加 囲 で の 情 報 を ま と め 、 そ れ ら に 関 す る 筆 者 の 所 見 を 記 し た も の で あ る 。 あ ら か じ め 断 っ て お き た い が 、 筆 者 は 研 傾 向 に あ る 。 上 記 の 例 か ら 分 か る こ と は 、 「 自 殺 の 過 程 の 選 択 肢 が 究 者 で も な け れ ば 、 何 か の 専 門 家 で も な く 、 単 な る 市 井 の 一 個 人 で し か な い 。 ま た 、 後 述 す る 自 殺 配 信 で 亡 く な っ 増 え た 」 と い う こ と だ 。 イ ン タ ー ネ ッ ト 登 場 前 は 、 自 殺 は 個 人 で 行 う も の か 、 も し く は 親 し い 人 と の 心 中 が ほ と た 方 々 の 詳 細 に つ い て は 、 現 在 元 ソ ー ス の ほ と ん ど が 削 除 さ れ て お り 、 一 部 ミ ラ ー サ イ ト や ウ エ プ ア ー カ イ プ な ん ど だ っ た 。 し か し 、 現 代 は イ ン タ ー ネ ッ ト の 普 及 に よ 5 10

リストカット : 自傷行為をのりこえる


と 呼 ば れ て し ま う 状 況 が 続 い て い た 。 こ の 状 況 を 変 え る た め 、 自 殺 の 研 究 者 ぞ あ っ た 英 国 の ク ラ イ ト マ ン ら は 自 殺 未 遂 か ら 自 ナ こ の 。 ハ ラ 自 殺 と は 、 死 ぬ 意 図 が 傷 行 為 を 区 別 す る 目 的 て 「 パ ラ 自 殺 」 の 概 念 を 発 表 し こ 。 明 白 て な く 、 死 ぬ こ と よ り も 救 命 さ れ る こ と を 期 待 し 、 そ の 行 為 に よ っ て 他 者 を 操 作 し ょ う と す る 行 動 て あ る 。 そ し て 、 こ の パ ラ 自 殺 の 特 徴 と し て は 、 そ れ を お こ な う 者 に 若 者 が 多 い こ と 、 死 の 意 図 が 不 明 確 て あ り 薬 物 の 過 量 服 用 や リ ス ト カ ッ ト な ど の 実 際 に 死 ぬ 危 険 性 の 低 い 手 段 が 用 い ら れ る こ と が あ げ ら れ て い た 。 し か し 、 ハ ラ 自 殺 の 概 念 は 、 自 殺 と の 関 連 が 不 明 確 て あ る と し て 、 し ば し ば 批 判 の 的 と な っ た 。 す な わ ち 、 ハ ラ 自 殺 と は 、 死 ぬ 意 図 が 弱 い 自 殺 未 遂 な の か 、 死 ぬ 意 図 が あ っ て も 非 致 死 的 な 結 末 に 終 わ っ た 自 殺 行 為 な の か が 十 分 に 区 別 さ れ な い こ と が 間 題 と さ れ た 。 こ の よ う な 混 乱 の た め に 、 ハ ラ 自 殺 の 語 は 現 在 使 わ れ る こ と が 少 な く な っ て い る 。 こ の よ う に 概 念 的 な 混 乱 が 生 じ て い る パ ラ 自 殺 に 代 わ っ て 、 最 近 使 わ れ る こ と が 多 く な っ て い る の は 、 第 一 章 て 触 れ た 「 自 殺 関 連 行 動 」 と い う 用 語 て あ る 。 こ こ て は 、 こ の 自 殺 関 連 行 動 の 概 念 を 、 世 界 保 健 機 関 ュ ー ロ 支 部 の 自 殺 プ ロ ジ ェ ク ト 研 究 の 議 論 に も と づ い て " 兄 明 し ょ - フ そ こ て の 自 殺 関 連 行 動 は 、 「 死 も し く は 身 体 が 傷 つ く こ と を 期 待 も し く は そ の 危 険 を 承 6 1 第 四 章 マ リ リ ン ・ モ ン ロ ー と 南 条 あ や

『アレ』 Vol.2


自 殺 配 信 に 関 す る 覚 え 書 き 身 内 し か 視 聴 し て い な い 状 態 で す る だ ろ う か 。 少 な く と れ に 関 す る 情 報 が な く な ら ず 、 誰 も が 直 面 す る 可 能 性 が あ る 以 上 、 自 殺 配 信 を ど う 受 け 止 め れ ま ) ) 、 : し し カ 考 え る 必 ) 。 「 配 一 三 ロ 」 を 打 , っ と い , っ こ と は 、 そ こ に も 筆 者 は し な し は 必 ず 「 他 者 に 見 ら れ た い 」 と い う 欲 求 が 存 在 す る は ず 要 が 私 た ち に は あ る だ ろ う 。 自 殺 配 信 の 受 け 止 め 方 は 多 様 で あ り 、 死 を 悼 む 人 も い れ ば 、 他 人 の 死 を エ ン タ ー テ で あ る 。 イ メ ン ト と し て 楽 し む 人 も い る 。 そ の 中 に は 、 悲 こ こ で 、 筆 者 に 一 つ の 疑 問 が 浮 か び 上 が っ た 。 そ れ は 、 と だ が 自 分 の 自 殺 の 参 考 に す る 人 も い る だ ろ う 。 「 自 殺 配 信 は メ ッ セ ー ジ を 伝 え る の に 適 し た 手 段 な の だ し か し 、 こ こ で 筆 者 が 強 く 主 張 し た い こ と が あ る 。 そ ろ う か ? 」 と い う も の で あ る 。 確 か に 、 自 殺 配 信 は そ れ 自 体 、 非 常 に イ ン パ ク ト が 強 い た め 、 社 会 に 対 し て も 強 れ は 、 「 た と え ど の よ う な 受 け 止 め 方 を す る に し て も 、 私 : し し オ し 」 レ 」 し 一 つ 力 な メ ッ セ ー ジ を 発 信 し や す い と 思 わ れ る 。 し か し 、 先 た ち は 自 殺 配 信 者 に つ い て 誤 解 し て よ ) す よ ) こ と で あ る 。 通 常 、 目 立 っ 形 で 自 殺 が 行 わ れ た 場 合 、 そ 述 し た よ う に 自 殺 配 信 は シ ョ ッ キ ン グ な コ ン テ ン ツ で あ の 事 件 を 知 っ た 人 は 「 何 か メ ッ セ ー ジ が あ る は ず だ 」 と る に も か か わ ら ず 、 す ぐ に 人 々 か ら 忘 れ ら れ て し ま う こ の こ と を 考 慮 す る 限 り 、 仮 に 自 殺 配 信 を 「 メ ッ セ ー ジ 決 め 付 け て し ま い が ち で あ る 。 だ が 、 今 回 取 り 上 げ た 自 殺 配 信 の 例 を 見 る 限 り 、 当 事 者 に よ っ て は 特 に 他 者 に 向 の 発 信 」 を 目 的 に 行 っ て も 、 そ の 有 効 性 は 低 い と 考 え ら け る メ ッ セ ー ジ が な い 場 ム ロ も あ る 。 ま た 、 「 配 〔 恬 」 と い れ る 。 今 後 、 自 殺 配 信 を メ ッ セ ー ジ を 伝 え る た め に 行 う う 行 為 は 、 「 他 者 に 見 ら れ た い 」 と い う 欲 求 が そ の 根 底 人 が い る 場 合 、 メ ッ セ ー ジ が 残 ら な い 可 能 性 が 高 い こ と に あ る は 十 分 に 考 慮 す べ き だ ろ う 。 筆 者 自 身 、 今 後 も 起 こ る で あ ろ う 自 殺 配 信 を ど う 受 け し か し 、 一 つ 言 え 止 め る か 、 未 だ に 結 論 が 出 て い な い ◆ 7 【 お わ り に る こ と は 、 「 自 殺 配 信 者 た ち は 私 た ち の 予 想 に 反 し 、 単 以 上 が 、 自 殺 配 信 に つ い て 筆 者 な り に 調 べ た こ と で あ に 『 誰 か に 看 取 っ て ほ し い 、 自 殺 の 現 場 を 見 て い て ほ し る 。 最 後 に 、 こ れ ら に 対 す る 筆 者 の 所 見 に つ い て 、 簡 単 に ま と め て お き た い 。 い 』 と い う 理 由 だ け で 自 殺 配 信 を 行 っ て い る 可 能 性 が あ る 」 と い う こ と で あ る 。 そ し て 、 ネ ッ ト の 発 展 と 普 及 に ま ず 、 自 殺 配 信 そ の も の に つ い て は 、 イ ン タ ー ネ ッ ト が あ る 限 り は 今 後 も な く な ら な い し 、 む し ろ ま す ま す 増 伴 う 「 配 信 」 の 手 軽 さ と 気 安 さ が 、 そ れ を 後 押 し し て い る 。 「 死 人 に ロ 無 し 」 と い う 一 一 「 ロ 葉 が あ る 。 自 殺 配 信 に 限 ら ず 、 え て い く の で は な い か と 筆 者 は 見 て い る 。 自 殺 配 信 や そ 9 “

戦争論理学 あの原爆投下を考える62問


5 9 2 3 9 戦 災 者 の 中 で 被 爆 者 は 別 格 で あ り う る か ? よ り 許 容 し が た い も の で あ る 。 東 京 大 空 襲 よ り も 許 容 し が た い も の で あ る 。 許 容 し が た い 犯 罪 は ど 犯 人 が 重 く 罰 せ ら れ る の と 同 様 の 理 屈 で 、 許 容 し が た い 残 虐 行 為 の 被 害 者 ほ ど 大 き な 救 済 を 受 け る べ き だ ろ う 。 よ っ て 、 原 爆 被 爆 者 が 他 の 戦 争 犠 牲 者 に 比 べ て 手 厚 い 補 償 を 受 け る の は 当 然 と 言 え る 。 た だ 、 以 上 は 原 則 的 な 倫 理 評 価 に す ぎ な い 。 戦 争 と い う 文 脈 を 考 え る と 、 現 実 的 判 断 と し て は 訂 正 を 余 儀 な く さ れ る だ ろ う 。 通 常 の 軍 事 作 戦 が 故 意 の 殺 人 を 含 ま な い の は あ く ま で 論 理 的 な 意 味 内 容 と し て で あ っ て 、 物 理 的 に は 、 ほ ば 確 率 1 で 多 数 の 殺 傷 が 生 す る こ と が 了 解 さ れ て い る 。 故 殺 と 未 必 の 故 意 と の 区 別 は 、 通 常 犯 罪 に お い て は 重 要 で も 、 戦 争 に 関 し て は 単 に 理 論 的 な 区 別 で あ っ て 、 戦 争 犠 牲 者 に と っ て は ほ と ん ど 意 味 を な さ な い だ ろ う 。 不 可 抗 力 と し て 、 死 傷 の も た ら さ れ か た は は と ん ど 同 じ な の で あ る 。 原 爆 投 下 を 命 じ て 10 万 人 を 殺 し た 大 統 領 よ り も 、 上 陸 作 戦 を 命 じ て IOO 万 人 を 殺 し た 大 統 領 の は う が や は り IO 倍 罪 が 重 い 。 な せ な ら 、 と も に 「 結 果 的 に 殺 さ れ る 」 人 命 ど う し の 比 較 だ か ら で あ る 。 し か も 、 先 に 見 た 医 師 A の 臓 器 移 植 の 場 合 は 、 「 メ ス で 1 人 を 殺 す 」 対 「 IO 人 を 救 わ す に お く 」 の 比 較 だ っ た 。 戦 争 の 場 合 、 比 較 は 「 1 人 を 殺 す 」 対 「 IO 人 が 殺 さ れ る 」 と い っ た 形 で 比 較 が な さ れ る 。 原 爆 投 下 の 場 合 は 、 「 謀 殺 で 10 万 人 殺 す 」 対 「 未 必 の 故 意 で IOO 万 人 犠 牲 に す る 」 と い っ た 比 較 だ 。 謀 殺 と 未 必 の 故 意 の 違 い が あ る に せ よ 、 そ の 違 い は 、 「 殺 す 」 と 「 救 わ す に お く 」 の 違 い に 比 べ れ ば 微 差 で あ る 。 病 気 や 自 然 災 害 か ら 救 わ す に 死 な せ る こ と は さ は ど の 悪 で は な い 。 し か し 、 殺 し て 死 な せ る こ と は 大 悪 な の で あ る 。 大 悪 を 犯 す こ と が 許 さ れ る の は 、 別 の 大 悪 、 つ ま り 人 々 が 殺 さ れ る の を 防 ぐ た め だ け だ 。 医 師 A は 許 さ れ な い が 原 爆 投 下 命 令 を 出 し た 大 統 領 が 許 さ れ る の は そ の た め で あ る 。 誰 の せ い で も な い 飢 饉 で 死 ぬ IOO 万 人 を 救 う た め に 原 爆 投 下 で IO 万 人 を 殺 せ ば 、 と ん で も な い 悪 だ ろ う 。 し か し 、 戦 闘 で 100 万 人 が 刻 々 と 殺 さ れ つ つ あ る ま た は こ れ か ら 殺 さ れ る の を 防 ぐ た め に 1 () 万 人 を 殺 す と い う の は 、 は っ き り 悪 と は 言 い き れ な い 。 む し ろ 1 () 万 人 を 慮 っ て 1 ()O 万 人 が 殺 さ れ る ま ま に し て い た ら 不 作 為 の 罪 に 問 わ れ て も お か し く な い 。 原 爆 被 災 者 が 特 別 な 補 償 の 対 象 に な る の は 、 原 則 的 な 倫 理 に 従 っ て の こ と で あ り 、 現 実 的 に は 、 広 島 長 崎 の 被 爆 者 も 通 常 空 襲 の 被 災 者 や 傷 痍 兵 士 も 、 戦 争 被 害 者 と

法律のひろば 2016年10月号


特 集 自 殺 予 防 対 策 ー 自 殺 者 減 少 社 会 の 実 現 へ 自 殺 対 策 基 本 法 施 行 1 0 年 の 成 果 と 課 題 自 殺 予 防 活 動 、 遺 族 支 援 に 取 り 組 ん で い 自 殺 対 策 基 本 法 る 民 間 団 体 か ら 、 「 個 人 だ け で な く 社 会 施 行 川 年 の 成 果 と 課 題 、 0 を 対 象 と し た 自 殺 対 策 を 実 施 す き で あ る 」 と い っ た 声 が 強 く 出 さ れ る よ う に な り 、 ま た 、 国 会 で は 、 超 党 派 の 「 印 殺 防 止 対 策 を 考 え る 議 員 有 志 の 会 」 が 結 成 さ ( 注 1 ) 前 厚 生 労 働 省 自 殺 対 策 推 進 室 室 長 補 佐 新 垣 一 和 紀 れ た 。 平 成 年 6 月 、 議 員 立 法 に よ り 自 殺 対 策 基 本 法 が 成 立 し 、 川 月 幻 日 に 施 行 一 は じ め に 一 一 自 殺 対 策 基 本 法 制 定 さ れ た 。 平 成 年 6 月 に 自 殺 対 策 基 本 法 が 成 立 我 が 国 に お け る 年 間 自 殺 者 数 は 、 警 察 自 殺 対 策 基 本 法 ( 注 2 ) に お い て は 、 「 自 し 、 我 が 国 に お い て 国 を 挙 げ た 自 殺 対 策 庁 自 殺 統 計 に よ る と 、 平 成 川 年 に 9 年 の 殺 対 策 に 関 し 、 基 本 理 念 を 定 め 、 及 び 国 、 を 進 め る 法 的 な 枠 組 み が 初 め て 整 備 さ れ 2 万 4391 人 か ら 8472 人 ( 地 方 公 共 団 体 等 の 責 務 を 明 ら か に す る と て か ら 川 年 が 経 過 し た 。 こ の 川 年 の 節 目 % ) 増 加 し て 3 万 2863 人 と な り 、 そ と も に 、 自 殺 対 策 の 基 本 と な る 事 項 を 定 に 合 わ せ 、 平 成 年 4 月 1 日 に は 、 こ れ の 後 、 年 に は 統 計 を 取 り 始 め た 昭 和 め る こ と 等 に よ り 、 自 殺 対 策 を 総 合 的 に ま で 内 閣 府 の 所 掌 で あ っ た 自 殺 対 策 の 総 年 以 降 で 最 多 の 3 万 4 4 2 7 人 と な っ 推 進 し て 、 自 殺 の 防 止 を 図 り 、 あ わ せ て 合 的 な 推 進 業 務 が 厚 生 労 働 省 に 移 管 さ れ た 。 年 以 降 も 3 万 人 台 で 推 移 し 続 け 自 殺 者 の 親 族 等 に 対 す る 支 援 の 充 実 を 図 る と と も に 、 議 員 立 法 に よ る 改 正 自 殺 対 た り 、 も っ て 国 民 が 健 康 で 生 き が い を 持 っ 策 基 本 法 が 施 行 さ れ る な ど 、 我 が 国 に お 一 方 、 我 が 国 に お い て は 、 平 成 川 年 に て 暮 ら す こ と の で き る 社 会 の 実 現 に 寄 与 け る 自 殺 対 策 は 新 た な ス テ ー ジ に 入 っ て 自 殺 者 数 が 急 増 す る ま で は 、 自 殺 問 題 が す る こ と , が 目 的 と し て 掲 げ ら れ た 。 ま い る 。 本 稿 で は 、 自 殺 対 策 基 本 法 施 行 か 行 政 上 の 課 題 と さ れ る こ と は 少 な く 、 そ た 、 自 殺 に つ い て 、 「 個 人 的 な 問 題 と し ら 川 年 間 の 取 組 を 振 り 返 る と と も に 、 自 の 後 も 、 自 殺 対 策 に つ い て 国 全 体 と し て て の み と ら え ら れ る べ き も の で は な く 、 殺 対 策 業 務 移 管 及 び 改 正 自 殺 対 策 基 本 法 の 基 本 方 針 は 策 定 さ れ て こ な か っ た 。 国 そ の 背 景 に 様 々 な 社 会 的 な 要 因 が あ の 趣 旨 に つ い て 考 察 す る こ と を 通 じ て 、 に お け る 取 組 は 、 厚 生 労 働 省 に お け る 、 つ る 」 、 「 多 様 か っ 複 合 的 な 原 因 及 び 背 景 を 自 殺 対 策 基 本 法 の 成 果 と 課 題 に つ い て 論 つ 病 対 策 や 、 職 場 の メ ン タ ル ヘ ル ス 対 策 有 す る も の で あ る 」 と の 認 識 を 示 し 、 こ じ る も の で あ る 。 な お 、 本 稿 に お け る 論 を 中 心 に 、 結 果 的 に 自 殺 予 防 に 寄 与 し て れ 踏 ま え 、 自 殺 対 策 の 基 本 理 念 を 「 社 会 考 や 条 文 の 解 釈 に つ い て は 、 す べ て 私 見 い る と 認 め ら れ る 取 組 を 含 め 、 各 府 省 が 的 な 取 組 と し て 実 施 す べ き も の 」 、 「 単 に ろ で あ る こ と に 予 め 御 留 意 い た だ き た い 。 そ れ ぞ れ に 実 施 し て い る の が 実 態 で あ っ 精 神 保 健 的 観 点 か ら の み な ら ず 、 自 殺 の 法 実 態 に 即 し て 実 施 す べ き も の 」 、 「 事 前 予 こ の よ う な 状 況 の 下 、 自 殺 者 の 遺 族 や 防 、 危 機 介 入 、 事 後 対 応 の 各 段 階 に 応 じ