検索 - みる会図書館

検索対象: 『アレ』 Vol.2

『アレ』 Vol.2から 211件ヒットしました。

『アレ』 Vol.2


自 殺 配 信 に 関 す る 覚 え 書 き で 、 現 在 筆 者 が 特 に 気 に な っ て い る の は 、 人 命 が 失 わ れ ど を 使 っ て 確 認 可 能 な も の も あ る が 、 当 事 者 お よ び 遺 族 の 方 々 の プ ラ イ バ シ ー に 配 慮 し 、 こ の コ ラ ム で は 情 報 元 る 光 景 が リ ア ル タ イ ム で 中 継 さ れ る も の 、 た と え ば に つ い て は 特 に 明 記 し て い な い 加 え て 、 こ の コ ラ ム に な ど に よ る 処 刑 動 画 配 信 や 、 今 回 取 り 上 げ る 「 自 殺 配 信 ( 自 殺 を ラ イ プ ス ト リ ー ミ ン グ で 配 信 す る こ と ) 」 で 出 て く る 情 報 そ の も の に つ い て も 、 筆 者 が 公 知 と 判 断 し た 内 容 の み の 掲 載 に 留 め る よ う 努 め た た め 、 特 に 出 典 は あ る 。 一 三 ロ し て い な し 。 も し 本 稿 の 誤 用 や 誤 謬 に お 気 付 き の 方 が お ら れ た ら 、 厳 し く ご 指 摘 ・ ご 批 判 を お 願 い し た い 。 ◆ 2 【 こ の コ ラ ム に つ い て 筆 者 は 、 今 例 に 挙 げ た よ う な ネ ッ ト 炎 上 や 処 刑 動 画 な ◆ 3 【 自 殺 配 信 に つ い て ど の シ ョ ッ キ ン グ な 騒 動 に つ い て 、 そ れ ら を な る べ く 避 最 初 に 、 自 殺 配 信 の 現 状 に つ い て 整 理 し た い 。 イ ン タ ー け て 生 き て き た 。 し か し 昨 年 、 ひ ょ ん な こ と か ら 、 筆 者 ネ ッ ト の 発 達 と 自 殺 者 数 に 相 関 が あ る の か に つ い て は 不 は 生 ま れ て 初 め て 自 殺 配 信 な る も の が あ る こ と を 知 っ た 。 そ の 時 、 「 自 殺 を す る 今 際 の 際 、 な ぜ 配 信 な ん か や 明 だ が 、 少 な く と も 自 殺 の 方 法 ( た と え ば 首 吊 り に お け る 紐 の 結 び 方 な ど ) や 一 緒 に 自 殺 す る 仲 間 を 、 「 自 殺 サ る ん だ ろ う ? 配 信 を す る だ け の 心 の 余 裕 が あ る は ず な イ ト 」 な ど を 通 じ て 簡 単 に 見 つ け ら れ る よ う に な っ た こ の に 、 ど う し て 自 殺 し て し ま う ん だ ろ う ? 」 と 思 い と は 紛 れ も な い 事 実 で あ る 。 実 際 、 既 に 2000 年 代 後 れ を ど う 受 け 止 め れ ば い い の か 分 か ら ず 、 非 常 に 困 惑 し た こ と を 今 で も よ く 覚 え て い る 。 そ し て 、 こ の こ と が き っ 半 に は 、 イ ン タ ー ネ ッ ト の ア ン グ ラ サ イ ト や 掲 示 板 で 自 殺 し た い 人 同 士 が 集 ま り 、 集 団 自 殺 し た 例 が 確 認 さ れ て か け で 筆 者 は 、 自 殺 配 信 に 強 い 興 味 を 持 つ よ う に な っ た 。 い る 。 ま た 、 ネ ッ ト 上 の 知 り 合 い に 自 殺 ま た 自 傷 を 予 告 こ の コ ラ ム は 、 そ の 自 殺 配 信 に つ い て 筆 者 が 調 べ た 範 し た り 、 あ る い は 仄 め か し た り す る ケ ー ス は 、 年 々 増 加 囲 で の 情 報 を ま と め 、 そ れ ら に 関 す る 筆 者 の 所 見 を 記 し た も の で あ る 。 あ ら か じ め 断 っ て お き た い が 、 筆 者 は 研 傾 向 に あ る 。 上 記 の 例 か ら 分 か る こ と は 、 「 自 殺 の 過 程 の 選 択 肢 が 究 者 で も な け れ ば 、 何 か の 専 門 家 で も な く 、 単 な る 市 井 の 一 個 人 で し か な い 。 ま た 、 後 述 す る 自 殺 配 信 で 亡 く な っ 増 え た 」 と い う こ と だ 。 イ ン タ ー ネ ッ ト 登 場 前 は 、 自 殺 は 個 人 で 行 う も の か 、 も し く は 親 し い 人 と の 心 中 が ほ と た 方 々 の 詳 細 に つ い て は 、 現 在 元 ソ ー ス の ほ と ん ど が 削 除 さ れ て お り 、 一 部 ミ ラ ー サ イ ト や ウ エ プ ア ー カ イ プ な ん ど だ っ た 。 し か し 、 現 代 は イ ン タ ー ネ ッ ト の 普 及 に よ 5 10

『アレ』 Vol.2


自 殺 配 信 に 関 す る 覚 え 書 き 身 内 し か 視 聴 し て い な い 状 態 で す る だ ろ う か 。 少 な く と れ に 関 す る 情 報 が な く な ら ず 、 誰 も が 直 面 す る 可 能 性 が あ る 以 上 、 自 殺 配 信 を ど う 受 け 止 め れ ま ) ) 、 : し し カ 考 え る 必 ) 。 「 配 一 三 ロ 」 を 打 , っ と い , っ こ と は 、 そ こ に も 筆 者 は し な し は 必 ず 「 他 者 に 見 ら れ た い 」 と い う 欲 求 が 存 在 す る は ず 要 が 私 た ち に は あ る だ ろ う 。 自 殺 配 信 の 受 け 止 め 方 は 多 様 で あ り 、 死 を 悼 む 人 も い れ ば 、 他 人 の 死 を エ ン タ ー テ で あ る 。 イ メ ン ト と し て 楽 し む 人 も い る 。 そ の 中 に は 、 悲 こ こ で 、 筆 者 に 一 つ の 疑 問 が 浮 か び 上 が っ た 。 そ れ は 、 と だ が 自 分 の 自 殺 の 参 考 に す る 人 も い る だ ろ う 。 「 自 殺 配 信 は メ ッ セ ー ジ を 伝 え る の に 適 し た 手 段 な の だ し か し 、 こ こ で 筆 者 が 強 く 主 張 し た い こ と が あ る 。 そ ろ う か ? 」 と い う も の で あ る 。 確 か に 、 自 殺 配 信 は そ れ 自 体 、 非 常 に イ ン パ ク ト が 強 い た め 、 社 会 に 対 し て も 強 れ は 、 「 た と え ど の よ う な 受 け 止 め 方 を す る に し て も 、 私 : し し オ し 」 レ 」 し 一 つ 力 な メ ッ セ ー ジ を 発 信 し や す い と 思 わ れ る 。 し か し 、 先 た ち は 自 殺 配 信 者 に つ い て 誤 解 し て よ ) す よ ) こ と で あ る 。 通 常 、 目 立 っ 形 で 自 殺 が 行 わ れ た 場 合 、 そ 述 し た よ う に 自 殺 配 信 は シ ョ ッ キ ン グ な コ ン テ ン ツ で あ の 事 件 を 知 っ た 人 は 「 何 か メ ッ セ ー ジ が あ る は ず だ 」 と る に も か か わ ら ず 、 す ぐ に 人 々 か ら 忘 れ ら れ て し ま う こ の こ と を 考 慮 す る 限 り 、 仮 に 自 殺 配 信 を 「 メ ッ セ ー ジ 決 め 付 け て し ま い が ち で あ る 。 だ が 、 今 回 取 り 上 げ た 自 殺 配 信 の 例 を 見 る 限 り 、 当 事 者 に よ っ て は 特 に 他 者 に 向 の 発 信 」 を 目 的 に 行 っ て も 、 そ の 有 効 性 は 低 い と 考 え ら け る メ ッ セ ー ジ が な い 場 ム ロ も あ る 。 ま た 、 「 配 〔 恬 」 と い れ る 。 今 後 、 自 殺 配 信 を メ ッ セ ー ジ を 伝 え る た め に 行 う う 行 為 は 、 「 他 者 に 見 ら れ た い 」 と い う 欲 求 が そ の 根 底 人 が い る 場 合 、 メ ッ セ ー ジ が 残 ら な い 可 能 性 が 高 い こ と に あ る は 十 分 に 考 慮 す べ き だ ろ う 。 筆 者 自 身 、 今 後 も 起 こ る で あ ろ う 自 殺 配 信 を ど う 受 け し か し 、 一 つ 言 え 止 め る か 、 未 だ に 結 論 が 出 て い な い ◆ 7 【 お わ り に る こ と は 、 「 自 殺 配 信 者 た ち は 私 た ち の 予 想 に 反 し 、 単 以 上 が 、 自 殺 配 信 に つ い て 筆 者 な り に 調 べ た こ と で あ に 『 誰 か に 看 取 っ て ほ し い 、 自 殺 の 現 場 を 見 て い て ほ し る 。 最 後 に 、 こ れ ら に 対 す る 筆 者 の 所 見 に つ い て 、 簡 単 に ま と め て お き た い 。 い 』 と い う 理 由 だ け で 自 殺 配 信 を 行 っ て い る 可 能 性 が あ る 」 と い う こ と で あ る 。 そ し て 、 ネ ッ ト の 発 展 と 普 及 に ま ず 、 自 殺 配 信 そ の も の に つ い て は 、 イ ン タ ー ネ ッ ト が あ る 限 り は 今 後 も な く な ら な い し 、 む し ろ ま す ま す 増 伴 う 「 配 信 」 の 手 軽 さ と 気 安 さ が 、 そ れ を 後 押 し し て い る 。 「 死 人 に ロ 無 し 」 と い う 一 一 「 ロ 葉 が あ る 。 自 殺 配 信 に 限 ら ず 、 え て い く の で は な い か と 筆 者 は 見 て い る 。 自 殺 配 信 や そ 9 “

『アレ』 Vol.2


h a I y u k i り 、 掲 示 板 で 出 会 い 、 集 ま っ た 人 た ち が 集 団 で 自 殺 す る は ま た 消 さ れ る と い う 、 い わ ゆ る 「 消 し た ら 増 え る 」 ケ ー と い う 、 新 し い 自 殺 の 過 程 が 選 択 肢 に 追 加 さ れ た 。 そ し ス も あ る 。 と は い え 、 こ の 現 象 も 一 過 性 の も の に 過 ぎ ず 、 て 、 今 回 取 り 上 げ る 自 殺 配 信 も 、 そ ん な ネ ッ ト の 発 展 が ア ッ プ ロ ー ド 者 の 熱 が 冷 め て し ま っ た 時 点 で 、 そ の い た も た ら し た 「 新 し い 自 殺 の 過 程 」 の 一 つ で あ る と 考 え ら ち ご っ こ は 終 了 す る 。 こ れ ら の 背 景 に は 、 遺 さ れ た 遺 族 れ る 。 へ の 配 慮 や 、 人 々 の 「 自 殺 を 特 別 な も の に し て は な ら な 多 く の 動 画 配 信 が そ う で あ る よ う に 、 自 殺 配 信 も ま た 、 い 」 と い う 倫 理 観 が 関 係 し て い る と 考 え ら れ る 。 動 画 配 信 が 個 人 で 手 軽 に で き る よ う に な っ た こ と で 可 能 と な っ た も の だ 。 筆 者 が 調 べ た 範 囲 で は 、 自 殺 配 信 の 事 ◆ 4 【 自 殺 配 信 の 例 例 は 2 10 年 代 に 人 っ て 散 見 さ れ る よ う に な っ た が 、 以 下 、 2010 年 代 を 対 象 に 、 「 一 次 情 報 ( 自 殺 配 信 ラ イ プ ス ト リ ー ミ ン グ サ ー ビ ス 自 体 は 2010 年 代 以 前 者 自 身 の 手 に よ る 遺 書 ・ 自 殺 配 信 動 画 ・ 遺 族 の 声 明 な ど ) 」 か ら あ る た め 、 最 初 の 自 殺 配 信 者 は 、 お そ ら く が 確 認 さ れ 、 か つ 事 前 に 配 信 予 告 が さ れ て い た 、 お そ ら 年 代 に は 既 に 存 在 し て い た の で は な い か と 推 測 さ れ る 。 く 自 殺 を 完 遂 し た と 思 わ れ る 自 殺 配 信 6 件 を ピ ッ ク ア ッ 一 方 、 自 殺 配 信 が 大 手 メ デ ィ ア に 取 り 上 げ ら れ る こ と プ し た 。 こ れ ら は 、 日 本 語 お よ び 英 語 に よ る Goog 一 e 検 は ほ と ん ど な い 。 取 り 上 げ ら れ て も 不 思 議 で は な い と 思 索 で 見 つ か っ た も の で あ る 。 な お 、 未 遂 の 自 殺 配 信 に つ う が 、 現 状 、 自 殺 配 信 は ネ ッ ト 上 で の み 時 々 話 題 に な り 、 い て は 、 配 信 者 に ど こ ま で 明 確 な 自 殺 意 思 が あ っ た か の 時 間 の 経 過 と と も に 人 々 の 話 題 に 上 ら な く な る こ と が ほ 判 別 が 難 し く 、 数 自 体 も 相 当 数 確 認 さ れ た た め 、 今 回 は と ん ど で あ る 。 加 え て 、 自 殺 配 信 そ の も の に 関 す る 情 報 、 省 略 し て い る 。 ま た 、 先 述 の 一 次 情 報 が 確 認 で き ず 、 具 体 的 に は 自 殺 配 信 者 の 動 画 や 遺 書 な ど は 、 自 殺 後 速 や わ ゆ る 「 釣 り 」 に 該 当 す る 可 能 性 が あ る も の に つ い て も 、 か に ネ ッ ト 上 か ら 完 全 に 消 え る こ と が 多 く 、 保 全 を 望 む こ の コ ラ ム で は 取 り 上 げ て い な い 。 加 え て 、 今 回 取 り 上 者 も あ ま り 多 く な い し か し 、 関 心 の 度 合 い に よ っ て は げ る ケ ー ス は 全 て 事 前 に 配 信 が 前 も っ て 予 告 さ れ て い た 逆 に 増 え る こ と も あ り 、 権 利 者 ( お そ ら く 遺 族 が ほ と ん が 、 自 殺 配 信 の 中 に は 予 告 せ ず に ひ っ そ り と 自 殺 の 様 子 ど だ と 思 わ れ る ) の 申 し 立 て に よ り コ ン テ ン ツ が 配 信 サ を 映 し た も の も あ る と 考 え ら れ る 。 し か し 、 そ れ ら を 筆 イ ト 上 か ら 消 え て も 、 先 述 し た ミ ラ ー サ イ ト や ウ エ プ 者 個 人 の カ で 探 す こ と は 困 難 で あ る た め 、 こ の コ ラ ム で ア ー カ イ プ な ど を 利 用 し て 、 再 度 ネ ッ ト 上 に 上 げ ら れ て は 以 下 の 6 件 に 対 象 を 限 定 し た 。 以 下 は 、 そ の 6 件 を 元 に 、 筆 者 が 作 成 し た 一 覧 表 で あ る 。 6

『アレ』 Vol.2


h a I y u k i ◆ 5 【 分 析 ◆ 6 】 考 察 こ こ か ら 、 今 挙 げ た 事 例 に つ い て 分 析 を 進 め て い き た 今 回 取 り 上 げ た ケ ー ス で 筆 者 が 特 に 気 に な っ た の は 、 ま ず 注 目 す べ き 点 は 、 今 回 取 り 上 げ た 自 殺 配 信 の 例 〈 LINE LIVE 〉 や 〈 ふ わ っ ち 〉 と い っ た 、 ク ロ ー ズ ド な が 、 厚 生 労 働 省 の 自 殺 に 関 す る 統 計 デ ー タ か ら 浮 き 上 が 仲 間 内 で の 配 信 に 用 い ら れ や す い ラ イ プ ス ト リ ー ミ ン グ る 平 均 的 自 殺 者 層 と 異 な る 点 で あ る 。 厚 労 省 統 計 に よ れ サ ー ビ ス で の 自 殺 配 信 が 見 当 た ら な い こ と で あ る 。 無 論 、 そ れ ら の サ ー ビ ス は 近 年 次 々 と 新 規 サ ー ビ ス が 立 ち 上 げ ば 、 国 内 の 自 殺 者 は 代 か ら 代 の 男 性 が 最 も 多 い が 、 例 に 挙 げ た 自 殺 配 信 者 は 全 員 若 い 。 そ の 中 に は 外 国 人 も ら れ て は 消 え て い く た め 、 一 概 に 「 こ の サ ー ビ ス を 使 っ し い る が 、 日 本 人 に 限 定 し て も 、 今 回 取 り 上 げ た 自 殺 配 信 て い る / い な い カ ら だ 」 と 一 言 一 つ こ と は で き な い 者 は 一 般 的 に は 「 若 者 」 と 呼 べ る 人 々 で あ る 。 と は い え 、 か し 、 少 な く と も 〈 USTREAM 〉 や 〈 ラ イ プ 〉 な 「 動 画 配 信 」 と い う 技 術 が 年 配 の 世 代 に は あ ま り 伝 わ っ ど と い っ た ラ イ 、 フ ス ト リ ー ミ ン グ サ ー ビ ス は 、 ユ ー ザ ー て お ら ず 、 配 信 者 の ほ と ん ど が 若 年 層 で あ る こ と を 考 慮 数 が 多 く 、 配 信 者 の 発 言 や 行 動 が 、 イ ン タ ー ネ ッ ト を 通 す れ ば 、 こ の 偏 り は 妥 当 で あ る と 考 え ら れ る 。 じ て 全 世 界 に 拡 散 さ れ や す い 。 そ の た め 、 軽 率 な 行 為 が 次 に 見 て い き た い の が 、 自 殺 配 信 者 の 「 自 殺 動 機 」 に 原 因 で 、 炎 上 を 招 き や す い と い う 性 質 を 持 っ て い る 。 ュ ー 関 す る 部 分 で あ る 。 厚 労 省 の 統 計 で は 、 「 借 金 苦 」 や 「 生 ザ ー 数 の 違 い か ら な の か 、 あ る い は ユ ー ザ ー 層 の 違 い か 活 苦 」 を 事 由 と す る 自 殺 が 目 立 つ が 、 自 殺 配 信 者 の 場 合 、 ら な の か は 定 か で は な い が 、 先 述 の 比 較 的 内 輪 向 け の 配 そ れ ら よ り も 「 個 人 的 な 辛 さ 」 を 視 聴 者 ( あ る い は ネ ッ 信 サ ー ビ ス に お け る 自 殺 配 信 は 、 2017 年 4 月 の 時 占 ト 上 の 不 特 定 多 数 ) に 訴 え か け て い る も の が 多 い 。 ま た 、 で は ま だ 確 認 さ れ て い な い 。 ク ロ ー ズ ド に な り が ち な の 既 に 述 べ た こ と だ が 、 筆 者 が 調 べ た 限 り で は 、 こ れ ら の で 一 般 視 聴 者 の 目 に 映 り に く い の か も し れ な い が 、 自 殺 自 殺 配 信 者 が そ の 他 の 自 殺 配 信 に 誘 発 さ れ た 可 能 性 は 限 配 信 の よ う な シ ョ ッ キ ン グ な コ ン テ ン ツ を ク ロ ー ズ ド な り な く 低 い と 考 え ら れ る 。 さ ら に 、 今 回 の ケ ー ス の ほ と 場 で の み 共 有 し よ う と し て も 、 誰 か が 見 つ け た 瞬 間 に 外 ん ど は 「 個 人 的 な 辛 さ 」 を 理 由 と し た 自 殺 配 信 で あ る た 部 に 拡 散 さ れ る 可 能 性 が 高 い た め 、 単 に 自 殺 配 信 自 体 が め 、 少 な く と も こ れ ら の 事 例 に 関 し て は 、 不 特 定 多 数 へ 行 わ れ て い な い の で は な い か と 思 わ れ る 。 仮 に 自 殺 配 信 と 届 け た い 、 社 会 運 動 的 な メ ッ セ ー ジ も 特 に な か っ た の を ク ロ ー ズ ド な 場 で 行 う と し て も 、 自 殺 配 信 を し よ う と で は な い か と 思 わ れ る 。 す る 時 に 、 同 時 接 続 視 聴 者 数 0 人 で あ っ た り 、 あ る い は 8 5

『アレ』 Vol.2


か っ た か ら 評 価 さ れ な か っ た と は 思 い ま せ ん 。 若 者 が 老 て い き ま し た 。 既 に 述 べ た よ う に 、 年 代 に 人 り 、 吉 本 ア 人 に 反 発 す る の は 、 い つ だ っ て 世 の 常 で す か ら 。 は 後 進 た ち に 「 ポ ケ 老 人 」 と 揶 揄 さ れ た の で す 。 し で す が 、 彼 ら 吉 本 の 批 判 者 た ち は 、 本 当 に 吉 本 を 「 殺 し た 」 の で し よ う か 。 彼 ら が 罵 倒 の 限 り を 尽 く し て 批 判 し た 吉 本 は 、 現 在 に お い て も 第 一 級 の 知 識 人 の 一 人 と し て 祭 り 上 げ ら れ て い ま す 。 ま た 、 年 代 に 流 行 し た ポ ス 年 代 後 半 か ら 年 代 前 半 に か け て 、 花 田 は 吉 本 に 論 ト モ ダ ン 思 想 は 、 未 だ に あ る 種 の ア ク チ ュ ア リ テ ィ を 要 争 を 吹 っ か け ら れ 、 そ し て 「 敗 北 」 し ま し た 。 こ の 論 争 の 後 、 花 田 の 影 は 薄 く な り 、 1982 年 に 発 表 さ れ た 経 求 さ れ 続 け て い ま す 。 そ し て 、 そ の パ イ が 徐 々 に 小 さ く な っ て い る 事 実 を 、 そ の 支 持 者 た ち は 半 ば 自 覚 し つ つ も 、 秀 実 の 『 花 田 清 輝 ー ー ー 砂 の ベ ル ソ ナ 』 な ど に 端 を 発 す る 再 評 価 が な さ れ る ま で 、 花 田 は 文 字 通 り 「 過 去 の 人 」 に 誰 も 口 に 出 そ う と は し ま せ ん 。 な り ま す 。 確 か に 、 吉 本 や ポ ス ト モ ダ ン 思 想 の 系 譜 に 連 な る 知 識 さ て 、 吉 本 が 批 判 し た 花 田 の 「 時 代 」 を 切 り 抜 け た 狡 人 た ち は 、 多 く の 過 去 の 知 識 人 を 「 殺 す 」 こ と が で き ま し た 。 し か し 、 そ の 一 方 で 彼 ら は 、 自 ら の 「 殺 さ れ 方 」 猾 さ は 、 戦 後 の 人 々 に は 汚 い も の で あ る と 思 わ れ ま し た 。 一 方 、 吉 本 の 思 想 は 自 立 す る 思 想 で す 。 花 田 と の 論 争 に を 知 り ま せ ん で し た 。 あ る い は 、 自 分 た ち が 「 殺 さ れ る 」 か も し れ な い と い う 可 能 性 を 、 考 え た こ と す ら な か っ た 限 ら ず 、 そ の 後 も 全 て を 疑 い 、 多 数 決 を 疑 い 、 皆 が 「 イ の か も し れ ま せ ん 。 そ の 点 、 花 田 は 自 分 の 「 殺 さ れ 方 」 エ ス 」 と 言 っ て い る こ と で も 「 い や 違 う 」 と 言 っ て み せ を 知 っ て い ま し た 。 彼 の 強 さ の 本 質 は 、 見 事 に 敗 北 し て ま す 。 だ か ら こ そ 、 吉 本 は 花 田 に 「 勝 っ た 」 の で す 。 そ れ は 、 あ る 意 味 で 国 家 を 前 提 と し た 社 会 主 義 を 是 と す る 、 み せ る と い う こ と に あ り ま す 。 実 際 、 時 代 が 転 換 し た 時 ス タ ー リ ン 主 義 に 対 す る 勝 利 で も あ り ま し た 。 に 潔 く 退 場 す る 力 に つ い て 、 彼 は 「 ス タ ア 意 識 に つ い て 」 し か し 、 「 勝 つ 」 こ と は 、 必 ず し も 「 勝 利 」 と 必 然 的 の 中 で 次 の よ う に 語 っ て い ま す 。 に 結 び 付 く わ け で は あ り ま せ ん 。 時 代 が 変 化 し 続 け る も 身 を 売 っ た り 、 芸 を 売 っ た り し て ス タ ー の 地 位 を 買 う と の で あ る 以 上 、 当 然 な が ら 吉 本 が 勝 利 し た 時 代 も 、 い ず す れ ば 、 売 り 手 と 買 い 手 と の あ い だ に は 、 立 派 に 、 「 ギ ヴ ・ れ は 過 ぎ 行 く も の で す 。 吉 本 に せ よ 花 田 に せ よ 、 彼 ら は エ ン ド ・ テ ー ク 」 が 成 立 す る 。 し か し ス タ ー と い う の は 、 次 第 に 「 殺 す 方 」 か ら 「 殺 さ れ る 方 」 へ と 立 場 が 変 わ っ ◆ Ⅱ 7 68

『アレ』 Vol.2


h a I y u k i ど の よ う な 遺 言 が 死 者 の 傍 ら に あ っ た と し て も 、 私 た ち は そ れ を 自 力 で 解 釈 す る し か な い も し か し た ら 、 本 来 そ こ に は な い は ず の メ ッ セ ー ジ 性 を 想 像 し 、 そ の 死 の 意 味 を 歪 め て し ま う こ と さ え あ る か も し れ な い も ち ろ ん 、 ど の よ う な 受 け 止 め 方 を す る と し て も 、 そ れ は 私 た ち の 自 由 で あ る 。 し か し 、 少 な く と も 遺 さ れ た 者 た ち は 、 自 殺 配 信 で 死 ん で い っ た 画 面 の 向 こ う 側 の 死 者 た ち を 誤 解 し な い よ う 、 注 意 す る こ と を 怠 っ て は い け な い の で は な い た ろ 一 つ か halyuki ( は る ゆ き ) 「 デ ジ タ ル 世 代 」 と い う 名 の 失 わ れ た 世 代 の 生 き 残 り 。 ち な み に デ ジ タ ル ネ イ テ イ プ で は な い 。 イ ン タ ー ネ ッ ト と 共 に 成 長 し て き た 気 が す る が 、 実 際 に は 単 に 老 い た だ け だ っ た 。 最 近 、 技 術 の 進 歩 に お い て け ぼ り を 喰 ら っ て い る と 感 じ る 今 日 こ の 頃 。 近 著 に 「 さ よ な ら ち ん こ 」 ( 『 ア レ 』 Vol. 一 所 収 ) が あ る 6

『アレ』 Vol.2


◆ ク ム 「 私 が 武 雄 市 図 書 館 を 擁 護 す る 理 由 」 図 書 館 の 問 題 は 、 こ の 記 事 の 中 心 に あ る uuu に 関 す る も の だ け で な く 、 過 疎 地 域 の 公 共 施 設 の 在 り 方 、 ひ い て は 紙 の 本 の 必 要 性 ま で も 問 う こ と に な る テ ー マ で す 。 ま た 一 方 で 、 図 書 館 や 書 店 な ど は 、 そ れ 自 体 が 「 ど の 本 を 置 く か ? 」 と い う 点 で 、 メ デ ィ ア と し て 機 能 し ま す 。 さ ら に 、 図 書 館 は リ ア ル な 場 所 と し て 存 在 す る メ デ ィ ア と も 一 言 え ま す 。 休 憩 で き る 場 所 ・ 勉 強 す る 場 所 な ど 、 図 書 館 が 様 々 な 「 場 所 」 に な り え る の は 、 現 実 に 場 所 と し て 存 在 し て い る か ら こ そ で す 。 こ の よ う に 、 「 図 書 館 」 と い う ワ ー ド 1 つ だ け で 、 様 々 な ワ ー ド に 紐 づ け る こ と が で き ま す 。 リ ア ル と の 境 界 が 曖 昧 に な っ て い る 時 代 だ か ら こ そ 、 様 々 な 思 考 の ヒ ン ト を 与 え て く れ る 図 書 館 が 、 こ れ か ら の 未 来 を 考 え る 上 で 重 要 と な っ て く る の で は な い で し よ う か 。 〔 堀 江 く ら は 〕 ◆ 堀 江 く ら は 「 ゲ ー ム セ ン タ ー の 未 来 」 既 に 巻 頭 言 で も い く ら か 触 れ た の で 改 め て 内 容 に つ い て は 書 き ま せ ん が 、 代 わ り に こ の 記 事 に つ い て の 個 人 的 な 感 想 を 書 き ま す 。 一 言 で 言 う と 、 こ の 記 事 は と て も 素 敵 な 記 事 で す 。 堅 実 な 調 査 と 控 え め だ が 熱 意 を 感 じ る 展 望 。 私 が 一 番 好 き な タ イ プ の 記 事 と 言 っ て い い か も し れ ま せ ん 。 流 石 は 編 集 長 。 実 は ち ょ っ と 泣 き ま し た 。 ま た 、 こ の 記 事 は 三 宅 氏 の イ ン タ ビ ュ ー 記 事 と 比 較 し て 読 ん で み る こ と を 強 く オ ス ス メ し ま す 。 両 者 と も ゲ ー ム に つ い て 語 っ て い る の で す が 、 片 方 は ケ ー マ ー の 視 点 か ら 、 も う 片 方 は 開 発 者 の 視 点 か ら 語 ら れ て い ま す 。 ケ ー ム の 今 後 の 考 え て い く 上 で 、 ど ち ら の 記 事 も 非 常 に 参 考 に な る と 思 い ま す 。 参 考 交 せ に 図 式 的 に 整 理 す る と 、 堀 江 氏 が 語 る の は 日 本 の 《 縦 の 》 ケ ー ム 、 三 宅 氏 が 語 る の は 日 本 の 《 横 の 》 ゲ ー ム と 言 え る で し ょ う 。 冖 山 下 泰 春 〕 ◆ c m— 「 自 殺 配 信 に つ い て の ち ょ っ と し た 覚 え 書 き 」 昔 、 僕 は 飛 び 降 り 自 殺 の 現 場 に 遭 遇 し た こ と が あ り ま す 。 多 く の 人 が 見 て い る 中 で 飛 び 降 り た そ の 人 の こ と を 、 今 で も 時 々 思 い 出 し ま す 。 氏 の 記 事 は 、 タ イ ト ル 通 り 「 自 殺 配 信 」 に 関 す る コ ラ ム で す 。 ネ ッ ト の 発 展 に 伴 っ て 登 場 し た こ の 現 象 に 対 し て 、 同 氏 は 事 例 を ま と め 、 淡 々 と 考 察 を 進 め て い ま す 。 僕 は こ の 記 事 を 編 集 し て い て ふ と 、 「 看 取 り 」 に つ い て 考 え ま し た 。 孤 独 死 の 数 が 年 々 増 加 す る 昨 今 、 「 人 202

『アレ』 Vol.2


民 た 、 ま る で 病 状 に 合 わ せ て 薬 を 飲 む よ う な 音 楽 の 聴 き 方 を 、 仕 事 を 辞 め る 前 の 僕 は し て い た 。 そ し て 、 一 度 そ の こ と に 気 付 い て し ま っ た ら 、 そ れ か ら は 何 を 聴 い て も リ フ レ ッ シ ュ で き な く て 、 毎 日 が 息 苦 し く な っ て し ま っ た 。 そ れ に 比 べ て 、 サ ラ リ ー マ ン だ っ た 時 の 音 楽 の 聴 き 方 は 、 ど う 考 え て も 主 体 的 で は な か っ た 。 音 楽 を 聴 い て い て も 「 も し 自 分 が ミ ュ ー ジ シ ャ ン だ っ た ら ? 」 み た い な こ と は 考 え て い な か っ た 。 だ け ど 、 こ れ は よ く よ く 考 え た ら 当 た り 前 の こ と な の か も し れ な い 。 学 生 時 代 は ま だ サ ラ リ ー マ ン に な る 前 、 つ ま り は 高 校 生 や 大 学 生 だ っ 将 来 が 決 ま っ て い な い の で 、 色 々 な 自 分 を 想 像 す る こ と た 頃 の 僕 は 、 音 楽 を 楽 し め て い た 。 電 車 で 遠 出 し た 時 は が で き た 。 一 方 、 サ ラ リ ー マ ン は ど こ ま で 行 っ て も サ 車 窓 の 風 景 に 合 わ せ て 曲 を 選 ん で い た し 、 ラ イ プ に 行 っ ラ リ ー マ ン で あ り 、 「 も し 自 分 が ミ ュ ー ジ シ ャ ン だ っ た た 時 な ん か は 、 ミ ュ ー ジ シ ャ ン の 演 奏 や 表 情 に 目 を 凝 ら ら ? 」 み た い な こ と は 考 え に く い し て 興 奮 し た り し て い た 。 と は い え 、 「 も し 自 分 が 〇 〇 だ っ た ら ? 」 と い う 、 今 の 最 初 に 入 っ た 会 社 を 辞 め て し ば ら く し て 気 付 い た が 学 生 時 代 と サ ラ リ ー マ ン 時 代 と を 比 較 す る と 、 音 楽 を 聴 自 分 と は 違 う 自 分 に 思 い を 馳 せ て み る こ と は 、 社 会 人 に く 姿 勢 に お い て 、 自 分 の 中 で 決 定 的 な 違 い が あ っ た 。 学 と っ て 大 切 な こ と だ ろ う 。 自 分 が ど の よ う な 状 況 に あ っ て も 「 別 の 選 択 肢 を 選 ぶ 余 裕 は あ る 」 と 考 え る こ と が 、 生 時 代 は た だ 消 費 す る の で は な く 、 セ ン ス を 磨 く た め だ っ た り 、 あ る い は 人 生 の 糧 に し た り す る た め に 、 主 体 心 の ゆ と り を 生 み 出 し て く れ る よ う な 気 が す る 。 最 近 、 過 労 に よ る 自 殺 の ニ ュ ー ス が よ く 流 れ る 。 そ ん 的 に 音 楽 を 聴 い て い た 。 当 時 の 僕 は 音 楽 を 、 ま る で 自 分 な 中 で 、 多 く の コ メ ン テ ー タ ー が 「 会 社 が 人 生 の 全 て で が ミ ュ ー ジ シ ャ ン で あ る か の よ う に 聴 い て い た 。 車 窓 を は な い の に ・ : 」 と い 一 つ コ メ ン ト を し て い る 。 も っ と も 眺 め な が ら 選 曲 し て い た 時 は ミ ュ ー ジ ッ ク ビ デ オ の 構 想 を 考 え て い る よ う な 気 分 だ っ た し 、 ラ イ プ を 見 て い た 時 な 感 想 だ と は 思 う が 、 働 い て い る と 「 仕 事 は 人 生 の 全 て で あ る 」 み た い な 錯 覚 に 囚 わ れ て し ま う の も 、 一 度 仕 事 は 、 楽 器 な ん か 弾 け な い ク セ に 「 自 分 の 次 の ス テ ー ジ の を 辞 め て し ま っ た 今 な ら よ く 分 か る 。 だ か ら こ そ 、 意 識 参 考 に で き な い だ ろ う か ? 」 み た い な 妄 想 に 浸 っ て い た 。 今 思 う と か な り イ タ い が 、 た と え 妄 想 だ と し て も 自 分 が 的 に 「 こ ん な 自 分 も い る 」 と 思 い 出 す こ と が 必 要 な の だ 。 ミ ュ ー ジ シ ャ ン に な っ た 気 分 に 浸 れ た こ と で 、 僕 の 中 に 主 体 性 が 生 ま れ た の で は な い か と 思 っ て い る 。 ◆ ◆ 7 78

『アレ』 Vol.2


巻 頭 言 ( 山 下 泰 春 ) ・ 『 ア レ 』 に つ い て : : : 4 【 特 集 】 メ デ ィ ア の 現 在 地 点 三 宅 陽 一 郎 イ ン タ ビ ュ ー ゲ ー ム <— 開 発 者 の 視 点 か ら 見 た 「 人 間 」 と 「 知 能 、 私 が 武 雄 市 図 書 館 を 擁 護 す る 理 由 ク ム ー 公 共 図 書 館 に お け る 指 定 管 理 者 制 度 に つ い て ー ゲ ー ム セ ン タ ー の 未 来 堀 江 く ら は ー あ る い は ケ ー ム 空 間 に つ い て の コ ラ ム ー 4 ・ 5 m— ~ 自 殺 配 信 に 関 す る 覚 え 書 き : 存 在 な き 幸 福 、 あ る い は 意 識 へ の 憎 悪 妹 畑 愚 鈍 ( 仮 名 ) 『 け も の フ レ ン ズ 』 に お け る 《 人 間 性 の 否 定 》 に つ い て ー 濱 野 智 史 イ ン タ ビ ュ ー 「 ア ー キ テ ク チ ャ 」 は ど こ へ 向 か う か ? 濱 野 智 史 ニ 養 老 天 命 反 転 地 」 に つ い て の 試 論 ・ 目 次 6 ・ 9 8 ・ 6 2

『アレ』 Vol.2


巻 頭 言 ( 山 下 泰 春 ) ・ 『 ア レ 』 に つ い て : : : 4 【 特 集 】 メ デ ィ ア の 現 在 地 点 三 宅 陽 一 郎 イ ン タ ビ ュ ー ゲ ー ム <— 開 発 者 の 視 点 か ら 見 た 「 人 間 」 と 「 知 能 、 私 が 武 雄 市 図 書 館 を 擁 護 す る 理 由 ク ム ー 公 共 図 書 館 に お け る 指 定 管 理 者 制 度 に つ い て ー ゲ ー ム セ ン タ ー の 未 来 堀 江 く ら は ー あ る い は ケ ー ム 空 間 に つ い て の コ ラ ム ー 4 ・ 5 m— ~ 自 殺 配 信 に 関 す る 覚 え 書 き : 存 在 な き 幸 福 、 あ る い は 意 識 へ の 憎 悪 妹 畑 愚 鈍 ( 仮 名 ) 『 け も の フ レ ン ズ 』 に お け る 《 人 間 性 の 否 定 》 に つ い て ー 濱 野 智 史 イ ン タ ビ ュ ー 「 ア ー キ テ ク チ ャ 」 は ど こ へ 向 か う か ? 濱 野 智 史 ニ 養 老 天 命 反 転 地 」 に つ い て の 試 論 ・ 目 次 6 ・ 9 8 ・ 6 2