検索 - みる会図書館

検索対象: リストカット : 自傷行為をのりこえる

リストカット : 自傷行為をのりこえるから 191件ヒットしました。

リストカット : 自傷行為をのりこえる


部 分 的 自 殺 ・ パ ラ 自 殺 ・ 自 殺 関 連 行 動 自 傷 行 為 を 自 殺 未 遂 か ら 区 別 す る こ と は 、 自 傷 行 為 へ の 対 応 に お け る 重 要 な ポ イ ン ト の 一 つ て あ る 。 実 際 の ケ ー ス て は 、 自 傷 行 為 と 自 殺 未 遂 の 要 素 が 互 い に 関 連 し て お り 、 自 傷 行 為 が 自 殺 未 遂 の 性 質 を 帯 び る こ と が し ば し ば あ る 。 そ の よ う な ケ ー ス て は 、 自 傷 行 為 に お け る 自 殺 未 遂 の 特 徴 を 見 落 と す こ と は 、 自 傷 行 為 を お こ な う 人 の 自 殺 の 危 険 へ の 備 え を 怠 る こ と に な る し 、 そ の 反 対 に 、 自 殺 未 遂 の 要 素 を 過 剰 に 重 視 す る と 、 自 殺 予 防 の 名 目 て 過 剰 な 治 療 が お こ な わ れ る な ど の 弊 害 が 生 じ か ね な い 。 自 傷 行 為 に お け る 自 殺 未 遂 の 特 徴 を よ く 吟 味 す る こ と が 必 要 な の は 、 そ の ゆ え て あ る 。 自 傷 行 為 を 自 殺 未 遂 か ら 区 別 す る の が 困 難 な こ と は 少 な く な い 。 そ れ は 自 傷 行 為 を 自 殺 未 遂 と の 関 連 性 に お い て 捉 え よ う と し て き た 歴 史 に も あ ら わ れ て い る 。 最 初 に 取 り 上 げ ら れ る べ き は 、 米 国 て 精 神 分 析 の 普 及 に つ く し た 精 神 科 医 と し て 名 高 い メ ニ ン ジ ャ ー の 主 張 て あ る 。 彼 は 、 自 傷 行 為 を 「 弱 め ら れ た 自 殺 」 と み な し て 、 「 限 局 的 自 殺 」 も し く は 「 郊 分 的 自 殺 」 と 呼 ぶ こ と を 提 昌 し ご 。 ロ ナ こ れ は 、 自 傷 行 為 を 含 む 自 己 破 壊 的 行 動 を 自 殺 も し く は 自 殺 未 遂 の 延 長 線 上 に 位 置 づ け よ う と す る 見 方 て あ る 。 か っ て は こ の よ う な 考 え 方 が 支 配 的 て あ っ た た め に 、 自 傷 行 為 に よ っ て 傷 つ い て 病 院 に 搬 入 さ れ る 患 者 が す べ て 自 殺 未 遂

リストカット : 自傷行為をのりこえる


自 殺 の 前 段 階 と し て の 自 傷 行 為 自 傷 行 為 と 自 殺 の 関 連 に つ い て の 今 一 つ の 重 要 な 考 え 方 は 、 自 傷 行 為 を 自 殺 も し く は 自 殺 未 遂 の 前 段 階 の 行 動 と し て 位 置 づ け る こ と て あ る 。 自 傷 行 為 が 慢 生 的 に 繰 り 返 さ れ る 状 態 の 中 て 、 本 格 的 な 自 殺 行 為 が 生 じ る こ と は ま れ て な い た と え 自 殺 の 意 図 が 不 明 瞭 な ま ま 自 傷 行 為 を お こ な っ て い た 人 て も 、 長 期 的 に 経 過 を 追 う と 、 自 殺 に よ っ て 死 亡 す る 可 能 性 は 、 自 傷 行 為 を 認 め な い 人 に 比 べ る と す っ と 高 い こ と が 明 ら か に さ れ て い る 。 英 国 の ホ ー ト ン ら の 研 究 グ ル ー プ は 、 「 意 図 的 に 自 分 を 害 す る 行 為 」 を お こ な っ た 患 者 の そ の 後 の 経 過 を 十 五 年 間 追 っ た と こ ろ 、 約 三 パ ー セ ン ト の 患 者 が 自 殺 し て い た こ と を 報 告 し て い る 。 同 様 の 患 者 の 経 過 を 十 三 ー 十 八 年 間 追 っ た 英 国 の レ ス タ ー 、 ス コ ッ ト ラ ン ド 、 オ ー ス ト ラ リ ア て お こ な わ れ た 研 究 て は 、 患 者 の 約 三 ー 七 パ ー セ ン ト が 自 殺 し て い た こ と が 明 ら か に さ れ て い る 。 自 殺 は 、 さ ま ざ ま な 要 因 が 重 な っ て 段 階 的 過 程 を 経 て 実 行 さ れ る と い う 説 が あ る 。 そ こ て は 、 自 傷 行 為 も 自 殺 の 要 因 の 一 つ て あ る と 捉 え ら れ る 。 た と え ば 、 「 自 殺 経 験 蓄 積 説 」 を 唱 え て い る 米 国 の マ リ ス ら は 、 自 殺 が 重 要 な 人 物 の 自 殺 や 死 別 、 自 傷 行 為 や 自 殺 未 遂 な ど の 自 殺 に 関 連 し た 経 験 の 蓄 積 の 結 果 と し て 起 き る も の だ と 主 張 し て い る 。 そ の よ う な 自 殺 の 発 展 過 程 の 存 在 を 裏 づ け る 証 拠 は 多 く の 研 究 に 見 出 さ れ る 。 先 に 紹 介

リストカット : 自傷行為をのりこえる


と 呼 ば れ て し ま う 状 況 が 続 い て い た 。 こ の 状 況 を 変 え る た め 、 自 殺 の 研 究 者 ぞ あ っ た 英 国 の ク ラ イ ト マ ン ら は 自 殺 未 遂 か ら 自 ナ こ の 。 ハ ラ 自 殺 と は 、 死 ぬ 意 図 が 傷 行 為 を 区 別 す る 目 的 て 「 パ ラ 自 殺 」 の 概 念 を 発 表 し こ 。 明 白 て な く 、 死 ぬ こ と よ り も 救 命 さ れ る こ と を 期 待 し 、 そ の 行 為 に よ っ て 他 者 を 操 作 し ょ う と す る 行 動 て あ る 。 そ し て 、 こ の パ ラ 自 殺 の 特 徴 と し て は 、 そ れ を お こ な う 者 に 若 者 が 多 い こ と 、 死 の 意 図 が 不 明 確 て あ り 薬 物 の 過 量 服 用 や リ ス ト カ ッ ト な ど の 実 際 に 死 ぬ 危 険 性 の 低 い 手 段 が 用 い ら れ る こ と が あ げ ら れ て い た 。 し か し 、 ハ ラ 自 殺 の 概 念 は 、 自 殺 と の 関 連 が 不 明 確 て あ る と し て 、 し ば し ば 批 判 の 的 と な っ た 。 す な わ ち 、 ハ ラ 自 殺 と は 、 死 ぬ 意 図 が 弱 い 自 殺 未 遂 な の か 、 死 ぬ 意 図 が あ っ て も 非 致 死 的 な 結 末 に 終 わ っ た 自 殺 行 為 な の か が 十 分 に 区 別 さ れ な い こ と が 間 題 と さ れ た 。 こ の よ う な 混 乱 の た め に 、 ハ ラ 自 殺 の 語 は 現 在 使 わ れ る こ と が 少 な く な っ て い る 。 こ の よ う に 概 念 的 な 混 乱 が 生 じ て い る パ ラ 自 殺 に 代 わ っ て 、 最 近 使 わ れ る こ と が 多 く な っ て い る の は 、 第 一 章 て 触 れ た 「 自 殺 関 連 行 動 」 と い う 用 語 て あ る 。 こ こ て は 、 こ の 自 殺 関 連 行 動 の 概 念 を 、 世 界 保 健 機 関 ュ ー ロ 支 部 の 自 殺 プ ロ ジ ェ ク ト 研 究 の 議 論 に も と づ い て " 兄 明 し ょ - フ そ こ て の 自 殺 関 連 行 動 は 、 「 死 も し く は 身 体 が 傷 つ く こ と を 期 待 も し く は そ の 危 険 を 承 6 1 第 四 章 マ リ リ ン ・ モ ン ロ ー と 南 条 あ や

リストカット : 自傷行為をのりこえる


図 2 自 殺 に い た る 心 理 的 過 程 の 段 階 的 発 展 ( 張 賢 徳 他 「 自 殺 行 為 の 最 終 段 階 に つ い て の 研 究 ー ー ゴ 解 離 』 仮 説 」 「 脳 と 精 神 の 科 学 」 10 巻 、 1999 の 図 を 改 変 ) 重 大 な 自 殺 未 遂 自 殺 既 遂 自 殺 の 計 画 ・ 自 殺 未 遂 重 度 の 自 傷 行 為 自 殺 念 慮 自 傷 行 為 の 繰 り 返 し 軽 度 の 自 殺 念 慮 軽 度 の 自 傷 行 為 自 殺 可 能 性 な し し た ホ ー ト ン ら の 研 究 て は 、 「 意 図 的 に 自 分 を 害 す る 行 為 」 を お こ な う 人 は 、 年 齢 が 上 昇 す れ ば す る ほ ど 自 傷 行 為 の 回 数 が 多 く な り 、 自 殺 既 遂 率 が 高 ま る こ と が 示 さ れ て い る 。 ま た 、 自 傷 行 為 を 繰 り 返 す 人 て は 、 自 殺 に 発 展 す る 可 能 性 が 増 大 す る こ と が 知 ら れ て い る 。 た と え ば 、 わ が 国 の 松 本 俊 彦 ら の 研 究 て は 、 自 傷 行 為 と 過 量 服 薬 の 両 方 が 見 ら れ る 症 例 は 、 自 傷 行 為 の み の 症 例 よ り も 年 齢 が 高 く 、 自 傷 行 為 の 繰 り 返 し の 回 数 が 多 い こ と が 明 ら か に さ れ て い る 。 こ れ ら の 研 究 所 見 は 、 自 傷 行 為 や 過 量 服 薬 が 繰 り 返 さ れ る う ち に 、 そ れ ら の 行 動 が 重 症 化 し 、 自 殺 の 危 険 性 が 高 ま る こ と を 示 し て こ の プ ロ セ ス を 図 2 を 使 っ て 説 明 し よ う 。 67 第 四 章 マ リ リ ン ・ モ ン ロ ー と 南 条 あ や

リストカット : 自傷行為をのりこえる


図 1 さ ま ざ ま な 自 己 破 壊 的 行 動 の 中 の 「 意 図 的 に 自 分 を 害 す る 行 為 」 お よ び 「 自 殺 関 連 行 動 」 の 位 置 づ け 自 殺 の 意 図 あ り 自 殺 未 遂 自 分 を 害 す る 意 図 あ り 「 意 図 的 に 自 分 を 害 す る 行 為 」 「 自 殺 関 連 行 動 」 間 接 的 に 自 分 を 害 す る 行 為 拒 食 、 薬 物 乱 用 な ど 自 分 を 害 す る 意 図 不 明 確 っ く は そ れ に 関 連 す る 行 動 の 定 義 を 示 す こ と て 、 自 傷 行 為 の 概 念 に つ い て 考 え る こ 性 れ 致 中 ノ ー 、 る あ 自 傷 行 為 の 医 学 的 な 定 義 と し て し ば し で 一 九 八 既 ば 取 り 上 げ ら れ る も の の 一 つ に む 含 三 年 に 発 表 さ れ た 米 国 の パ テ イ ソ ン と カ を 方 ハ ン の 「 意 図 的 に 自 分 を 害 す る 行 為 」 両 遂 の 概 念 が あ る 。 こ の 「 意 図 的 に 自 分 を 害 殺 す る 行 為 」 と さ れ る た め に は 、 そ の 行 為 ・ 目 レ 」 が 意 図 的 に 自 分 自 身 に 対 し て 害 を 及 ば す 為 行 も の て あ る と 同 時 に 、 致 死 性 が 低 い も の 傷 る 自 す 明 て な く て は な ら な い 。 す な わ ち こ こ て は 説 い と で は 、 致 死 性 の 高 い 高 所 か ら の 飛 び 降 り 低 動 章 死 連 第 首 吊 り な ど に よ る 明 確 な 自 殺 の 意 図 を 伴 う 自 殺 未 遂 の ケ ー ス が 除 外 さ れ て い る 。 自 て こ こ に は ま た 、 過 食 や ア ル コ ー ル ・ 薬 物 1 7 第 一 章 自 傷 行 為 と は な に か ?

リストカット : 自傷行為をのりこえる


低 い も の て あ っ た が 、 そ の 過 量 服 薬 は 、 か な り 強 い 自 殺 の 意 図 を 伴 う 自 殺 未 遂 て あ っ た 。 ー サ ル て あ っ た と い え こ れ ら の 二 症 例 て は 、 過 量 服 薬 や 自 傷 行 為 が 最 終 的 な 自 殺 の リ ハ ト フ し か し 筆 者 に は 、 こ れ ら は ま だ ま だ 助 か る 可 能 性 の あ っ た ケ ー ス の よ う に 感 じ ら れ る 。 過 量 服 薬 は 、 比 較 的 低 い 致 死 率 の 自 殺 手 段 て あ り 、 状 況 的 、 身 体 的 悪 条 件 が 重 な ら な け れ ば 、 救 命 さ れ て い た 可 能 性 が あ る 。 ま た 、 二 人 に は 自 殺 の 直 前 ま て 生 き る 希 望 を 捨 て て い な か っ た 様 子 が う か が わ れ る 。 モ ン ロ ー 宅 の 近 く に 住 ん て い た 友 人 の 女 優 ジ ー ン ・ カ ー メ ン は 、 彼 女 の 自 殺 し た 夜 、 「 睡 眠 薬 を 持 っ て き て ほ し い 」 と い う い つ も と 変 わ ら な い 調 子 の 電 話 を 受 け た と い う 。 カ ー メ ン に よ る と 、 そ の と き の モ ン ロ ー は 新 し い 仕 事 へ の 希 望 に 胸 を 膨 ら ま せ て い た 。 そ し て 彼 女 と ゴ ル フ に 一 打 く 約 束 を し て も い た , 彼 女 を は じ め 、 多 く の モ ン ロ ー の 関 係 者 は 、 自 殺 の 直 前 ま て 将 来 の 希 望 を 語 っ て い た モ ン ロ ー が 自 殺 な ど す る わ け が な い と 語 っ て い た 南 条 あ や も 、 自 殺 の 直 前 に 、 生 き る 希 望 を 記 し て い る 。 デ ィ ズ ニ ー ラ ン ド て の 一 日 を 一 緒 に 過 ご し た 恋 人 へ の 手 紙 に は 、 「 こ れ か ら は 、 和 や か に 時 間 が 流 れ る よ う に 生 き た い 。 結 婚 ま て あ と 一 年 数 ヶ 月 ( 彼 女 は 二 十 歳 て 結 婚 す る 約 束 を し て い た ) 。 た の し く て う れ し く て 愛 お し く て お か し く な り そ う て す 」 と あ っ た 。 モ ン ロ ー と 南 条 は と も に 、 自 殺 の 直 前 77 第 四 章 マ リ リ ン ・ モ ン ロ ー と 南 条 あ や

リストカット : 自傷行為をのりこえる


て も 生 き る こ と に 希 望 を 抱 き 、 生 き る た め の 計 画 を 立 て て い た と 考 え て よ い だ ろ う 。 自 殺 に よ っ て そ れ ら の す べ て が 失 わ れ た こ と は 、 痛 々 し い と い う ほ か な い 。 本 章 て 見 て き た 二 つ の 事 例 か ら 学 ぶ べ き は 、 自 傷 行 為 へ の 対 応 を お こ な う 人 々 は 常 に そ の 行 為 と 自 殺 未 遂 と の 関 連 性 、 そ し て そ れ が 自 殺 に 発 展 す る 可 能 性 に 十 分 に 注 意 し な け れ ば な ら な い と い う こ と て あ る 。 自 傷 行 為 の 再 発 も し く は 自 殺 未 遂 へ の 発 展 を 防 止 す る た め の 方 策 に つ い て は 、 第 七 章 、 第 八 章 て さ ら に 検 討 す る こ と に し こ い 。

リストカット : 自傷行為をのりこえる


行 為 と 自 殺 未 遂 の 区 別 実 際 の ケ ー ス を 目 の 前 に し て 、 自 傷 行 為 を 自 殺 未 遂 か ら 区 別 す る 第 一 の ポ イ ン ト は 、 自 殺 の 意 図 の 有 無 て あ る 。 し か し 実 際 に は 、 自 殺 の 意 図 は 、 曖 昧 、 中 間 的 て あ る こ と が 多 く 、 さ ら に そ れ が 隠 さ れ た り 誇 張 さ れ た り す る た め 、 自 傷 行 為 と 自 殺 未 遂 が 区 別 て き な い こ し J が し は し 、 ば ~ の る 自 殺 未 遂 に お い て す ら 、 死 ぬ 意 図 が 不 明 確 な 場 合 も 、 け っ し て ま れ て な い 。 米 国 の 自 殺 研 究 の 大 家 シ ュ ナ イ ド マ ン は 、 自 殺 の 意 図 の 中 心 に は 、 死 ぬ こ と よ り も 、 む し ろ 「 苦 し み か ら 逃 れ る こ と 」 と い う 意 図 が あ る と 述 べ て い る か 、 こ の よ う に 解 釈 さ れ る ケ ー ス ぞ は 、 自 殺 未 遂 と 自 傷 行 為 と の 違 い は い っ そ う わ か り に く く な る こ の た め 、 自 傷 行 為 を 自 殺 未 遂 か ら 独 立 の も の と し て 規 定 し よ う と し て い る ウ ォ ル シ ュ と ロ ー ゼ ン は 、 両 者 を 分 け る 目 安 と し て 、 死 ぬ 意 図 よ り も 、 そ の 行 為 に よ る 身 体 損 傷 の 程 度 、 致 死 性 、 慢 性 度 、 反 復 性 、 そ の 手 段 が 複 数 て あ る こ と と い っ た 特 徴 を 重 視 す る べ き だ と 述 べ て い る 。 こ れ は 、 自 傷 行 為 と 自 殺 未 遂 を 区 別 す る た め の 実 際 的 な 見 方 だ ろ う 。 し か し 、 こ れ は あ く ま て も 目 安 て あ っ て 、 実 際 に は こ れ ら の 特 徴 を 症 例 ご と に 慎 重 に 検 討 す る 必 要 が あ る 。 自 傷 行 為 を 自 殺 の 辺 縁 に 位 置 づ け る パ ラ 自 殺 や 自 殺 関 連 行 動 の 概 念 と 、 自 あ い ま し マ リ リ ン ・ モ ン ロ ー と 南 条 あ や

リストカット : 自傷行為をのりこえる


こ の 図 て は 、 自 殺 の 発 生 す る プ ロ セ ス が 、 死 を 望 む 気 持 ち か ら 始 ま っ て 、 自 殺 の 計 画 を 練 る よ う に な り 、 さ ら に 実 際 に 自 殺 の 準 備 を し て 、 最 後 に そ れ を 実 行 す る と い う よ う に 進 む こ と が 示 さ れ て い る 。 こ の プ ロ セ ス て は 、 低 い 段 階 か ら 次 を 飛 び 越 え て い き な り 高 い 段 階 に い た る の は ま れ て あ り 、 順 を 追 っ て 自 殺 未 遂 や 自 傷 行 為 が 深 刻 に な っ て ゆ く ケ ー ス が 大 多 数 だ と さ れ て い る 。 そ れ は 、 当 初 は 軽 度 の 自 傷 行 為 て あ っ て も 、 繰 り 返 さ れ る う ち に こ の 自 殺 の プ ロ セ ス を 進 行 さ せ て し ま う 可 能 性 が あ る こ と を 意 味 し て い る 。 こ こ て の 自 傷 行 為 は 、 い わ ば 自 殺 未 遂 の リ ハ ー サ ル の よ う な 役 割 を 果 た す の て あ ろ う 。 そ れ ゆ え 、 自 傷 行 為 の 対 応 に あ た る 者 は 、 こ の 段 階 の 進 行 を 止 め る こ と を 課 題 と し な く て は な ら な い 悲 劇 の セ ッ ク ス ・ シ ン ポ ル 本 章 て 見 て き た よ う に 、 自 傷 行 為 の 最 大 の 危 険 は 、 そ れ が 自 殺 に ま て い た る こ と て あ る 。 こ こ て は 、 よ く 知 ら れ て い る 事 例 を 挙 げ て 、 そ の 過 程 を 見 て ゆ く こ と に し よ う 。 ◆ 事 例 マ リ リ ン ・ モ ン ロ ー マ リ リ ン ・ モ ン ロ ー は 、 一 九 五 〇 年 代 の ハ リ ウ ッ ド を 代 表 す る 映 画 ス タ ー て あ る 。 一 介

リストカット : 自傷行為をのりこえる


表 2 非 致 死 的 自 殺 未 遂 ( 広 い 意 味 の 自 傷 行 為 ) 、 致 死 的 自 殺 未 遂 お よ び 自 殺 既 遂 に お け る 自 殺 の 手 段 ( 飛 鳥 井 望 「 自 殺 の 危 険 因 子 と し て の 精 神 障 害 」 「 精 神 神 経 誌 』 96 巻 、 1994 年 ) ( 0.8 % ) 非 以 通 知 傷 っ 死 療 医 を 療 受 機 て 、 傷 け 関 姨 あ 行 重 る 為 大 調 人 搬 お 為 殺 為 服 致 薬 死 こ 遂 非 致 死 的 自 殺 未 遂 * 63 ( 47.7 / ) 29 ( 22.0 % ) 19 ( 14.4 % ) 0 ( 0.0 / ) 1 ( 0.8 / ) 0 ( 0.0 % ) 6 ( 4.5 % ) 0 ( 0.0 / ) 13 ( 9.8 / ) 1 132 ( 100 % ) 致 死 的 自 殺 未 遂 自 殺 既 遂 飛 び 込 み 飛 び 降 り 刃 物 服 薬 服 毒 首 吊 り 焼 身 入 水 ガ ス そ の 他 合 計 12 ( 9.0 / ) 30 ( 22.6 % ) 46 ( 34.6 / ) 5 ( 3.8 / ) 15 ( 11 . 3 % ) 7 ( 5.3 / ) 10 ( 7.5 / ) 1 ( 0.8 / ) 6 ( 4.5 / ) 1 ( 0.8 / ) 133 ( 100 % ) 8 ( 5.2 / ) 77 ( 50.3 % ) 8 ( 5.2 % ) 3 ( 2.0 / ) 11 ( 7.2 / ) 25 ( 16.3 % ) 5 ( 3.3 / ) 9 ( 5.9 % ) 5 ( 3.3 / ) 2 ( 1 . 3 % ) 153 ( 100 % ) こ に お け る 「 非 致 死 的 」 と は 、 「 自 殺 ( 未 遂 ) 」 の 手 段 が 死 に い た る 可 能 性 が 小 さ い こ と で あ り 、 必 要 で あ る 。 そ の ま ま 自 傷 行 為 を 意 味 し て い る も の で は な い こ と に 注 意 が 里 の 分 の 15 は 考 ん ら れ な て 死 ぃ る と 的 と そ の 手 っ て い る 調 査 て 、 る の し て ヨ ー 分 な 検 討 を な く む 非 致 的 傷 な 傷 自 思 味 の 自 行 を る と が き 未 を 表 実 身 所 2 す の は 自 行 多 損 を こ 伴 オ フ 自 の か ら 私 ち は な 態 体 見 さ れ る そ 、 て 、 傷 の 査 も 多 く の 自 行 為 が 出 れ 治 る 々 さ に 急 、 救 第 一 章 自 傷 行 為 と は な に か ?