検索 - みる会図書館

検索対象: 戦争論理学 あの原爆投下を考える62問

戦争論理学 あの原爆投下を考える62問から 279件ヒットしました。

戦争論理学 あの原爆投下を考える62問


5 9 2 3 9 戦 災 者 の 中 で 被 爆 者 は 別 格 で あ り う る か ? よ り 許 容 し が た い も の で あ る 。 東 京 大 空 襲 よ り も 許 容 し が た い も の で あ る 。 許 容 し が た い 犯 罪 は ど 犯 人 が 重 く 罰 せ ら れ る の と 同 様 の 理 屈 で 、 許 容 し が た い 残 虐 行 為 の 被 害 者 ほ ど 大 き な 救 済 を 受 け る べ き だ ろ う 。 よ っ て 、 原 爆 被 爆 者 が 他 の 戦 争 犠 牲 者 に 比 べ て 手 厚 い 補 償 を 受 け る の は 当 然 と 言 え る 。 た だ 、 以 上 は 原 則 的 な 倫 理 評 価 に す ぎ な い 。 戦 争 と い う 文 脈 を 考 え る と 、 現 実 的 判 断 と し て は 訂 正 を 余 儀 な く さ れ る だ ろ う 。 通 常 の 軍 事 作 戦 が 故 意 の 殺 人 を 含 ま な い の は あ く ま で 論 理 的 な 意 味 内 容 と し て で あ っ て 、 物 理 的 に は 、 ほ ば 確 率 1 で 多 数 の 殺 傷 が 生 す る こ と が 了 解 さ れ て い る 。 故 殺 と 未 必 の 故 意 と の 区 別 は 、 通 常 犯 罪 に お い て は 重 要 で も 、 戦 争 に 関 し て は 単 に 理 論 的 な 区 別 で あ っ て 、 戦 争 犠 牲 者 に と っ て は ほ と ん ど 意 味 を な さ な い だ ろ う 。 不 可 抗 力 と し て 、 死 傷 の も た ら さ れ か た は は と ん ど 同 じ な の で あ る 。 原 爆 投 下 を 命 じ て 10 万 人 を 殺 し た 大 統 領 よ り も 、 上 陸 作 戦 を 命 じ て IOO 万 人 を 殺 し た 大 統 領 の は う が や は り IO 倍 罪 が 重 い 。 な せ な ら 、 と も に 「 結 果 的 に 殺 さ れ る 」 人 命 ど う し の 比 較 だ か ら で あ る 。 し か も 、 先 に 見 た 医 師 A の 臓 器 移 植 の 場 合 は 、 「 メ ス で 1 人 を 殺 す 」 対 「 IO 人 を 救 わ す に お く 」 の 比 較 だ っ た 。 戦 争 の 場 合 、 比 較 は 「 1 人 を 殺 す 」 対 「 IO 人 が 殺 さ れ る 」 と い っ た 形 で 比 較 が な さ れ る 。 原 爆 投 下 の 場 合 は 、 「 謀 殺 で 10 万 人 殺 す 」 対 「 未 必 の 故 意 で IOO 万 人 犠 牲 に す る 」 と い っ た 比 較 だ 。 謀 殺 と 未 必 の 故 意 の 違 い が あ る に せ よ 、 そ の 違 い は 、 「 殺 す 」 と 「 救 わ す に お く 」 の 違 い に 比 べ れ ば 微 差 で あ る 。 病 気 や 自 然 災 害 か ら 救 わ す に 死 な せ る こ と は さ は ど の 悪 で は な い 。 し か し 、 殺 し て 死 な せ る こ と は 大 悪 な の で あ る 。 大 悪 を 犯 す こ と が 許 さ れ る の は 、 別 の 大 悪 、 つ ま り 人 々 が 殺 さ れ る の を 防 ぐ た め だ け だ 。 医 師 A は 許 さ れ な い が 原 爆 投 下 命 令 を 出 し た 大 統 領 が 許 さ れ る の は そ の た め で あ る 。 誰 の せ い で も な い 飢 饉 で 死 ぬ IOO 万 人 を 救 う た め に 原 爆 投 下 で IO 万 人 を 殺 せ ば 、 と ん で も な い 悪 だ ろ う 。 し か し 、 戦 闘 で 100 万 人 が 刻 々 と 殺 さ れ つ つ あ る ま た は こ れ か ら 殺 さ れ る の を 防 ぐ た め に 1 () 万 人 を 殺 す と い う の は 、 は っ き り 悪 と は 言 い き れ な い 。 む し ろ 1 () 万 人 を 慮 っ て 1 ()O 万 人 が 殺 さ れ る ま ま に し て い た ら 不 作 為 の 罪 に 問 わ れ て も お か し く な い 。 原 爆 被 災 者 が 特 別 な 補 償 の 対 象 に な る の は 、 原 則 的 な 倫 理 に 従 っ て の こ と で あ り 、 現 実 的 に は 、 広 島 長 崎 の 被 爆 者 も 通 常 空 襲 の 被 災 者 や 傷 痍 兵 士 も 、 戦 争 被 害 者 と

戦争論理学 あの原爆投下を考える62問


5 4 考 え な け れ ば な ら な い 。 被 爆 者 の こ と を 考 え て も 原 爆 投 下 を 肯 定 で き る の か ? 「 原 爆 投 下 に よ っ て 救 わ れ た か も し れ な い 人 命 」 と 「 原 爆 で 失 わ れ た 人 命 」 の 非 対 称 性 は 、 確 か に 可 能 性 よ り 現 実 性 の 重 視 姿 勢 を 促 し が ち だ 。 し か し 、 原 爆 投 下 前 は 「 か も し れ な い 」 ど う し の 比 較 ( 可 能 性 と 可 能 性 の 比 較 ) だ っ た こ と を 十 分 考 え な け れ ば な ら な い だ ろ う 。 選 択 す れ ば 、 ど ち ら か の 犠 牲 が 必 す 現 実 性 に な り 、 他 方 は 可 能 性 に と ど ま る 。 事 後 に 現 実 の 犠 牲 を 過 大 評 価 す る の は 、 現 実 に 生 じ た と い う こ と と は 別 個 の 合 理 的 根 拠 を 欠 い た 判 断 で あ り 、 一 種 逆 説 的 な 現 状 追 認 に 陥 っ て し ま う の で あ る 。 第 三 の 反 論 は こ う で あ る 。 被 爆 者 の 生 々 し い 写 真 は 、 確 か に 、 何 か が と て つ も な く 間 違 っ て い た こ と を 強 烈 に 示 し て い る 。 し か し そ の 間 違 い は 、 原 爆 な の だ ろ う か 、 そ れ と も 原 爆 を 含 み 込 ん で い る 戦 争 な の だ ろ う か 。 こ の 疑 問 か ら 、 第 二 の 反 論 で 斥 け た 「 戦 争 そ の も の へ の 完 璧 主 義 的 考 察 」 を 廃 物 利 用 し た 反 論 が 得 ら れ る 。 原 爆 投 下 の 惨 禍 を も た ら し た 原 因 を 、 原 爆 投 下 そ の も の に 求 め る べ き か 、 そ れ と も 戦 争 そ の も の に 求 め る べ き か は 、 残 酷 な 写 真 や 映 像 を い く ら 見 て も 決 定 で き な い 。 あ の 戦 争 の も と で は 原 爆 投 下 が 必 然 だ っ た と す れ ば 、 写 真 や 映 像 に よ っ て 悲 痛 に 告 発 さ れ て い る の は 原 爆 と い う よ り も 戦 争 だ っ た こ と に な る だ け だ 。 平 和 な 条 件 の も と で は 悪 で あ る こ と も 、 戦 争 と い う 条 件 の 下 で は 、 善 に な る こ と も あ ろ う 。 そ れ を 教 え て く れ る の が 、 「 慈 悲 深 い 殺 人 の バ ラ ド ク ス 」 と 呼 ば れ る 論 理 パ ズ ル で あ る 。 こ う い う 問 題 だ 。 あ な た は 任 務 で 、 あ る 人 を 殺 さ な け れ ば な ら な い 。 銃 撃 で 殺 す こ と に 決 め た が 、 ど こ を 撃 つ べ き か 。 弾 丸 に は 毒 が 仕 込 ん で あ る の で か す り 傷 で も 殺 せ る 。 腕 や 足 や 腹 を 撃 て ば 、 1 時 間 は ど 苦 し み 抜 い て 死 ぬ だ ろ う 。 心 臓 か 頭 を う ま く 撃 つ の は 難 し い が 、 ゼ 面 倒 だ か ら 適 当 に 撃 っ ロ 秒 で 安 ら か に 殺 せ る 。 あ な た は ど う す べ き か 。 ち ま え 。 ど う せ 死 ぬ ん だ か ら 。 射 撃 練 習 を し て 、 急 所 を 撃 っ て ひ と 思 い に 死 な せ て や ろ う 。 あ る 。 と こ ろ が 、 単 純 に 論 理 的 に 考 え る と 、 「 ひ と 思 い に 殺 す 」 ら ば 「 殺 す 」 こ と も 善 で な け れ ば な ら な い だ ろ う 。 な ぜ な ら ば 、 に 殺 す 」 こ と は 「 殺 す 」 こ と に 他 な ら な い の だ か ら ( 「 殺 す 」 「 ひ と 思 い に 殺 す 」 と い う 善 は な し え な い の だ か ら ) 。 で は 殺 す こ と は 、 殺 人 は 善 な の か ? 労 力 は か か る が こ れ は 悪 で あ る 。 こ と を せ す に 「 ひ と 思 い こ と が 善 な こ れ が 善 で

戦争論理学 あの原爆投下を考える62問


オ フ ィ ス や 労 働 者 の 家 や 交 通 機 関 が 大 規 模 に 破 壊 さ れ れ ば 目 的 が 達 せ ら れ る の で あ り 、 か り に 絨 毯 爆 撃 の 結 果 奇 跡 的 に 市 民 が 1 人 も 死 傷 し な か っ た と し て も 、 戦 略 爆 撃 の 目 的 は 達 せ ら れ た と 言 え る 。 「 ニ 重 効 果 」 に も と づ く 戦 略 爆 撃 擁 護 諭 は 、 第 1 問 で す で に 見 た 。 戦 争 遂 行 能 力 破 壊 ( 都 市 機 能 破 壊 ) と い う 主 目 的 と 、 市 民 殺 傷 の よ う な 副 作 用 と が 、 互 い に 他 方 を 必 要 と し な い 並 行 的 な 「 二 重 効 果 」 を 形 成 し て い る 場 合 、 意 図 さ れ な い 副 作 用 は 、 た ま た ま 付 随 し た 不 運 に す ぎ す 、 「 未 必 の 故 意 」 の 結 果 と し て 殺 人 と は 論 理 的 に 区 別 さ れ る 。 つ ま り 厳 密 に は 、 戦 略 爆 撃 に よ る 市 民 の 死 傷 は 、 二 重 効 果 に よ る 「 未 必 の 故 意 」 の 結 果 な の で あ る 。 無 差 別 爆 撃 の 立 案 者 ・ 命 令 者 ・ 実 行 者 が た と え 敵 へ の 憎 し み に 満 ち て い た と し て も 、 無 差 別 爆 撃 そ れ 自 体 の 主 目 的 は 戦 争 遂 行 能 力 の 破 壊 で あ り 、 市 民 の 殺 傷 は 確 率 的 に 当 然 起 き て も 仕 方 の な い 随 伴 結 果 に す ぎ な い の だ 。 随 伴 効 果 と い え ば 、 早 期 終 戦 を 主 目 的 と す る 原 爆 投 下 が ソ 連 へ の 威 嚇 と い う 副 産 物 を 持 っ こ と を 第 17 問 で 見 た 。 あ の よ う な 場 合 も 広 義 の 「 二 重 効 果 」 で は あ る が 、 通 常 「 二 重 効 果 」 と 呼 ば れ る の は 、 副 産 物 が 望 ま し く な い 結 果 ( 副 作 用 ) で あ る 場 合 に か ぎ ら れ る 。 第 1 7 問 で は 、 ソ 連 威 嚇 は 悪 と い う よ り 日 米 の 国 益 に か な っ て い た こ と を 見 た 。 無 差 別 爆 撃 に お け る 一 般 市 民 殺 傷 と い う 随 伴 効 果 は 、 建 前 上 望 ま し く な い も の と 考 え ら れ る た め 、 望 ま し い 主 目 的 と 嘆 か わ し い 随 伴 効 果 と の 間 に 二 重 効 果 の ジ レ ン マ が 生 す る の で あ る 。 そ れ で は 、 原 爆 投 下 の 主 目 的 が 早 期 終 戦 を も た ら す こ と で あ る と し て 、 般 市 民 殺 傷 と い う の は 二 重 効 果 に よ る 「 未 必 の 故 意 」 の 結 果 と 認 め ら れ る だ ろ う か 。 ど う も 認 め ら れ な い よ う で あ る 。 原 爆 投 下 に よ る 市 民 殺 傷 が 「 未 必 の 故 意 」 で な く 「 故 殺 も し く は 謀 殺 ( 意 図 的 な 殺 傷 ) 」 で あ る こ と は 、 つ の 意 味 で 言 え る 。 物 理 的 理 由 と 、 諭 理 的 理 由 で あ る 。 第 一 の 物 理 的 理 由 と は 、 原 爆 の 性 質 か ら し て 、 爆 心 地 に お い て は 個 々 の 市 民 の 避 難 努 力 が 無 意 味 に な り 、 必 す や 多 数 の 人 命 が 失 わ れ る だ ろ う と い う こ と で あ る 。 通 常 爆 撃 の 爆 弾 や 焼 夷 弾 の 攻 撃 は 、 離 散 的 な 爆 発 や 炎 上 の 総 計 な の で 、 確 率 的 に 低 い と は い え 個 々 の 市 民 が う ま く か わ し た り 、 防 空 壕 に 避 難 し た り し て 、 無 傷 で す む こ と が 少 な く と も 理 論 的 に は 期 待 で き る ( 固 定 さ れ た 建 物 や 設 備 は 間 違 い な く 被 害 を 受 け る が 、 そ れ は 戦 略 爆 撃 の 目 的 で あ る ) 。 2 3 6 戦 争 論 理 学 あ の 原 爆 投 下 を 考 え る 62 問

戦争論理学 あの原爆投下を考える62問


い と 、 当 の 問 題 に つ い て 条 件 が 成 り 立 つ か ど う か と い う 問 い は 意 味 が な い 、 と す る 態 度 だ 。 完 璧 主 義 者 は 次 の よ う な 主 張 を す る 。 「 原 爆 投 下 が 是 か 非 か 、 と い う 問 い が 意 味 あ る 問 い で あ る た め に は 、 原 爆 投 下 を も た ら し た 戦 争 そ の も の が 是 で あ る と い う 条 件 が 満 た さ れ ね ば な ら な い 。 行 き す り の 人 を 殺 す の に ナ イ フ を 使 う べ き か 金 属 バ ッ ト を 使 う べ き か と 問 う の が 馬 鹿 げ て い る の と 同 じ で あ る 。 殺 人 そ の も の を 肯 定 し た 上 で な い と 、 問 い は 成 り 立 た な い 。 同 様 に 、 原 爆 投 下 は 悪 に 決 ま っ て い る 。 そ の 前 提 で あ る 戦 争 も 人 殺 し も 悪 な の だ か ら 。 逆 に 、 戦 争 が 起 き て し ま っ た と い う 前 提 で は 、 も は や ど ん な 悪 も 同 列 だ 。 戦 争 が 肯 定 さ れ て い る 以 上 、 原 爆 投 下 を と く に 非 難 す る 根 拠 も 失 わ れ た の だ 」 こ の よ う な 完 璧 主 義 の 態 度 は 、 感 傷 的 ー 元 論 ( 悪 は み な 等 し く 悪 で あ る ! ) に つ な が り 、 究 極 に は 、 「 人 生 に 外 か ら 意 味 づ け す る 原 理 な ど な い の だ か ら 」 「 宇 宙 に は 目 的 な ど な い の だ か ら 」 善 悪 の 区 別 も 真 偽 の 区 別 も ナ ン セ ン ス だ 、 と い っ た ニ ヒ リ ズ ム に 陥 っ て し ま う 。 完 璧 主 義 は 、 不 毛 な 立 場 で あ る 。 戦 争 と い う 文 脈 を 認 め て も 、 そ の 中 の 行 為 の 正 当 性 の 度 合 に 序 列 を 付 け る こ と が で き る こ と を 私 た ち は 見 て き た 。 戦 争 の 中 で の よ り 多 く の 被 害 を 防 ぐ た め に な さ れ る 必 要 悪 も し く は 緊 急 避 難 的 な 行 為 よ り も 、 戦 争 努 力 に 貢 献 し な い こ と が わ か っ て い な が ら 戦 争 の 混 乱 に 便 乗 し て な さ れ た 残 虐 行 為 の ほ う が 悪 質 な の は 確 か な こ と だ し 、 同 じ 残 虐 行 為 で も 、 戦 闘 の 中 で 偶 発 的 に 生 じ た も の よ り も 計 画 さ れ た も の の ほ う に 大 き な 倫 理 的 重 要 性 が 認 め ら れ る こ と は 間 違 い な い 。 戦 争 努 力 と は 無 縁 だ と い う こ と と 政 府 レ ベ ル で の 計 画 性 と い う 二 つ の 点 で 、 ホ ロ コ ー ス ト は 悪 質 性 の 極 端 に 位 置 づ け ら れ る の で あ る 。 ち な み に 、 地 雷 や ク ラ ス タ ー 爆 弾 が 非 人 道 的 と さ れ る の も 、 戦 争 後 に 残 っ て 人 を 殺 傷 す る 確 率 が 高 い こ と 、 換 言 す れ ば 戦 争 努 力 に 関 係 の な い 被 害 を も た ら す 度 合 が 大 き い こ と が そ の 根 拠 と な っ て い る 。 こ れ は 「 戦 争 努 力 と の 関 連 」 が 倫 理 的 評 価 に お い て 重 要 と さ れ る 一 例 だ ろ う 。 ま た 、 東 京 裁 判 判 決 に 対 す る 反 対 意 見 書 を 書 い た ラ ダ ・ ビ ノ ー ド ・ パ ル 判 事 は 、 太 平 洋 戦 争 に お い て は 原 爆 投 下 が ナ チ ス の ホ ロ コ ー ス ト に 唯 一 近 似 し た も の だ と 述 べ た が ( 「 パ ル 判 決 書 」 第 6 部 ) 、 そ れ は 無 差 別 殺 戮 を 政 府 が 政 策 と し て 指 令 し た 点 で 似 て い る と い う 趣 旨 で あ り 、 原 爆 投 下 が 南 京 事 件 や バ タ ー ン 死 の 行 進 よ り も 悪 戦 争 論 理 学 あ の 原 爆 投 下 を 考 え る 62 問

戦争論理学 あの原爆投下を考える62問


し そ れ ら 自 体 が 作 戦 全 体 に と っ て は 偶 発 的 で あ る 。 撃 墜 し た 敵 戦 闘 機 の パ イ ロ ッ ト が 生 き て い よ う が 死 ん で い よ う が 、 敵 の 戦 闘 能 力 が 減 殺 さ れ れ ば 同 じ こ と だ 。 戦 争 に お け る 諸 作 戦 は 、 確 率 的 に 殺 傷 を 必 す や 伴 う で あ ろ う と は い え 、 論 理 的 に は 殺 傷 を 含 意 し て い な い 。 原 爆 投 下 は 、 唯 一 の 例 外 で あ る 。 多 数 の 死 傷 を も た ら し て 戦 争 そ の も の を 解 決 す る 作 戦 が 、 原 爆 投 下 だ っ た 。 こ の 意 味 で 、 原 爆 投 下 は 、 成 功 の 必 要 条 件 と し て 対 象 市 民 の 大 量 死 を 要 請 す る と い う 、 ま こ と に 理 不 尽 な 作 戦 な の で あ る 。 第 54 問 で 見 た よ う に 、 原 爆 投 下 と い え ど も 特 定 の 人 々 の 殺 傷 を 含 意 し て い な い の で は あ る が 、 一 定 数 以 上 の 殺 傷 を 不 可 欠 の 要 件 と し て 含 ん で い る こ と は 間 違 い な い の だ 。 ( 注 釈 し て お く と 、 日 本 軍 の 重 慶 爆 撃 も 、 一 般 市 民 を 殺 傷 す る こ と を 実 質 的 な 目 的 と し た 無 差 別 爆 撃 だ っ た 。 武 漢 占 領 後 、 そ れ 以 上 奥 地 へ 進 撃 で き な い こ と を 正 式 に 認 め た 日 本 軍 は 、 陸 戦 は 駐 屯 地 か ら 出 張 し て は 戻 る 討 伐 戦 ス タ イ ル を 主 と す る よ う に な り 、 戦 争 そ の も の の 解 決 は 空 爆 の 心 理 効 果 に 頼 ろ う と し た の で あ る 。 そ の 点 に お い て 原 爆 投 下 と 酷 似 し て い る * ) 。 原 爆 投 下 の 理 不 尽 さ は 、 さ し あ た り 原 爆 投 下 だ け を 注 視 し た 場 合 の 理 不 尽 さ で あ る 。 戦 争 を 終 結 さ せ る と い う 全 体 構 想 の な か に 位 置 づ け れ ば 「 緊 急 避 難 」 に よ る や む を え な い 犠 牲 と 言 う こ と も で き よ う 。 た だ し 倫 理 的 に は 、 緊 急 避 難 と は い え 人 命 を 奪 う こ と は 許 さ れ な い 。 た と え ば 10 人 の 不 治 の 患 者 を 助 け る た め に 1 人 を 殺 し て 臓 器 を 分 配 す る と い う 「 緊 急 避 難 」 の 移 植 手 術 を 行 な っ た 医 師 A は 、 結 果 的 に 多 く の 命 を 救 っ た と し て も 、 殺 人 罪 で 罰 せ ら れ る 。 原 爆 投 下 も 、 た と え 1 千 万 人 を 救 う た め で あ っ た と し て も 、 故 意 の 大 量 殺 人 に 訴 え た と い う 意 味 で は 、 許 さ れ な い 「 緊 急 避 難 」 な の で あ る 。 れ に 対 し 、 ダ ウ ン フ ォ ー ル 作 戦 を 発 動 し て 日 本 本 土 で 決 戦 を 行 な い 、 双 方 で 1 千 万 人 の 死 者 が 出 た 場 合 は 、 そ の 1 千 万 人 は 作 戦 の 本 質 上 必 須 で は な い 死 傷 な の で 、 理 論 的 に は 偶 発 的 な 事 故 と 見 な せ る 。 「 未 必 の 故 意 」 に よ る 損 害 な の で あ り 、 理 不 尽 度 は 小 さ い 。 爆 弾 や 銃 弾 を 避 け ら れ な か っ た 個 々 の 兵 士 や 住 民 が 不 運 だ っ た だ け な の で あ る 。 原 爆 に よ る 被 災 者 は 、 不 運 も 何 も 、 必 然 的 に 戦 争 終 結 の 生 贄 に さ れ て し ま っ た 人 々 で あ る 。 功 利 的 に は 原 爆 投 下 よ り も ダ ウ ン フ ォ ー ル 作 戦 の ほ う が は る か に 悲 惨 で 有 害 だ っ た ろ う が 、 倫 理 的 に は 、 原 爆 投 下 は タ ウ ン フ ォ ー ル 作 戦 2 3 8 戦 争 論 理 学 あ の 原 爆 投 下 を 考 え る 62 問

戦争論理学 あの原爆投下を考える62問


こ れ は 、 ア プ リ オ リ な ( 前 提 な し の ) 善 悪 と 、 条 件 付 き の 善 悪 を 混 同 し た 誤 り で あ る 。 ア プ リ オ リ に は 、 殺 人 は 悪 だ 。 し か し 、 そ の 殺 人 を な さ ね ば な ら な い と い う 場 合 、 そ の 条 件 下 で は 、 「 ひ と 思 い に 殺 す 」 こ と が 善 と な る 。 「 ひ と 思 い に 殺 す 」 こ と が 善 だ か ら と い っ て 、 私 た ち は 今 日 か ら 射 撃 場 へ 通 っ て 銃 を 人 手 し て 行 き す り の 人 の 頭 を 撃 つ べ き だ 、 と い う こ と に は な ら な い 。 「 ひ と 思 い に 殺 す 」 の が 善 と い う 意 味 は 、 ど う し て も 殺 さ ざ る を え な い と い う 条 件 下 に 限 っ た 場 合 の 善 を 述 べ て い る の で あ る 。 条 件 な し の 場 合 と 条 件 付 き の 場 合 の 区 別 は 重 要 で あ る 。 「 原 爆 投 下 は 正 し か っ た 」 と だ け 言 わ れ る と 、 あ の 戦 争 下 で は 、 と い う 限 定 条 件 を 抜 き に し て 、 た だ 「 原 爆 投 下 」 が 善 だ っ た か の よ う に 受 け 取 ら れ 、 核 兵 器 使 用 を 是 認 し た 物 言 い に 聞 こ え て し ま う 。 そ う で は な く 、 「 原 爆 投 下 は 善 か っ た 」 と 評 価 さ れ る べ き 前 提 条 件 を 補 っ て 考 え ね ば な ら な い 。 当 時 の 国 際 情 勢 、 戦 局 を 総 合 的 に 見 た 上 で 、 善 悪 を 判 定 す る の だ 。 平 和 時 に は ( ア プ リ オ リ に は ) 悪 で あ る こ と が 、 戦 争 時 と い う 特 殊 な 条 件 下 で は 善 に な る こ と も あ る 。 そ う 考 え る と 、 「 原 爆 投 下 は 正 し か っ た 」 は む し ろ 戦 争 拒 否 、 戦 争 否 定 の 主 張 を 強 く 押 し 出 し た 命 題 に な る 。 な せ か と い う と 、 原 爆 投 下 の よ う な 、 平 和 時 の 基 準 で は 極 悪 と し か 言 い よ う の な い 策 が 、 な ん と 善 に な っ て し ま う 、 そ れ が 戦 争 と い う も の だ 、 と い う 理 屈 だ か ら で あ る 。 「 許 さ れ ざ る 核 兵 器 使 用 が な ん と 許 さ れ て し ま う よ う な 戦 争 と い う 状 況 は 、 な ん と し て も 防 ぐ べ き だ ! 」 と い う 主 張 の 言 い 換 え が 、 ま さ に 原 爆 肯 定 論 な の だ と い う こ と が わ か る だ ろ う 。 こ れ は 一 種 の 「 背 理 法 」 で あ る 。 戦 争 を 仮 定 す る と 、 推 論 の あ げ く 、 結 論 と し て 、 核 兵 器 使 用 と い う 許 さ れ ざ る こ と が 許 さ れ る と い う 矛 盾 が 導 け て し ま う 。 よ っ て 、 戦 争 と い う 仮 定 は 許 さ れ な い 仮 定 で あ る 。 結 論 、 戦 争 は あ っ て は な ら な い * * 。 こ う し て 原 爆 投 下 肯 定 論 は 、 一 見 好 戦 的 な 主 張 の よ う に 見 え て 、 実 は 戦 争 反 対 の 立 場 の 強 い 表 明 に な り う る 。 逆 に 原 爆 投 下 否 定 論 は 、 一 見 平 和 的 な 主 張 に 見 え て 、 実 は 戦 争 に 甘 い 立 場 で あ り 、 戦 争 を 起 こ し や す く す る 立 場 だ 。 と い う の も 、 平 和 時 だ ろ う が 戦 時 だ ろ う が 核 兵 器 は 絶 対 許 さ れ な い の だ か ら 、 戦 争 が 起 き て も ま あ 大 丈 夫 、 と い う 戦 争 観 を 生 み や す い か ら だ 。 「 核 兵 器 さ え 使 わ な け れ ば 、 原 水 爆 さ え 禁 止 す れ ば 、 戦 争 は 致 し 方 な い 」 と い う 態 度 は 戦 争 論 理 学 あ の 原 爆 投 下 を 考 え る 62 問

戦争論理学 あの原爆投下を考える62問


の 選 択 肢 だ っ た 。 連 合 国 が と り う る も う ー っ の 選 択 肢 、 と い う よ り メ イ ン の 選 択 肢 ー ー - 「 マ ッ カ ー サ ー ミ ツ ツ 、 ア ー ノ ル ド の 言 う と お り に す る 」 と い う 手 は ど う だ っ た の か 。 す な わ ち 、 通 常 戦 争 の 継 続 で あ る 。 沖 縄 戦 一 段 落 の あ と 、 海 上 封 鎖 ・ 通 常 爆 撃 を 続 け て 日 本 の 弱 体 化 を 促 し 、 そ れ で も 降 伏 し な け れ ば 1 1 月 1 日 オ リ ン ピ ッ ク 作 戦 ( 南 九 州 上 陸 ) 実 施 、 と い う プ ラ ン 。 原 爆 否 定 派 は 、 こ の プ ラ ン を 支 持 す る こ と も で き る は す で あ る ( つ ま り 、 こ の プ ラ ン を と ら な か っ た こ と で 連 合 国 を 批 判 す る こ と も で き る は す で あ る ) 。 実 は 、 最 も オ ー ソ ド ッ ク ス と 言 え る こ の プ ラ ン こ そ 、 最 悪 の 道 だ と い う の が 定 説 で あ る 。 ド イ ツ 敗 北 は ま さ に こ の シ ナ リ オ に 沿 っ た も の だ っ た 。 通 常 戦 争 で 徹 底 抗 戦 し て し ま っ た ド イ ツ は 、 結 果 と し て 日 本 の 2 倍 以 上 、 終 戦 後 の 死 者 も 含 め る と 約 3 倍 の 死 者 を 出 す こ と に な っ て し ま っ た 。 ヨ ー ロ ッ パ で の 米 英 軍 の 死 傷 者 の 大 半 も 、 ノ ル マ ン デ ィ ー 上 陸 後 、 最 後 の 11 ヶ 月 に 生 じ て い る 。 そ の 段 階 に 相 当 す る の が 、 対 日 戦 に お い て は 1945 年 1 1 月 1 日 オ リ ン ピ ッ ク 作 戦 後 の 段 階 な の で あ る 。 海 上 封 鎖 と 通 常 爆 撃 だ け で 日 本 が 11 月 1 日 以 前 に 降 伏 し た 可 能 性 は き わ め て 小 さ い 。 オ リ ン ピ ッ ク 作 戦 発 動 以 後 は 、 日 本 側 は も ち ろ ん 、 連 合 軍 に も 空 前 の 犠 牲 者 が 出 る 可 能 性 が 高 か っ た 。 連 合 軍 の 上 陸 が 始 ま れ ば 、 日 本 国 内 の 連 合 軍 捕 虜 が す べ て 殺 害 さ れ た だ ろ う と も 言 わ れ て い る 。 日 本 人 民 間 人 の 犠 牲 者 数 は さ ら に 想 像 を 絶 す る 。 沖 縄 戦 だ け で も 、 2 発 の 原 爆 に 匹 敵 す る 民 間 人 犠 牲 者 が 出 て い る こ と を 忘 れ て は な ら な い 。 し か も そ の 多 く は 、 敵 に で は な く 日 本 軍 に よ っ て 殺 さ れ た の で あ る 。 沖 縄 民 間 人 の 集 団 自 決 に 軍 命 令 が あ っ た か ど う か が 教 科 書 が ら み で 論 争 に な っ た が 、 軍 そ の も の が 手 を 下 し て 民 間 人 を 殺 害 し て い た 諸 事 例 は す で に 周 知 で あ る 。 「 沖 縄 語 ヲ 以 テ 談 話 シ ア ル 者 ハ 間 諜 ト シ テ 処 分 ス 」 の 通 達 が 第 32 軍 参 謀 長 の 名 で 公 布 さ れ た ば か り で な く 、 陣 地 設 営 に 民 間 人 を 駆 り 出 し た た め 機 密 漏 洩 防 止 上 、 米 軍 の 投 降 呼 び か け に 応 じ そ う な 民 間 人 を 射 殺 し て い た ( 久 米 島 で は 、 終 戦 後 で す ら 、 住 民 IO 人 が ス パ イ 容 疑 で 日 本 軍 守 備 隊 に 虐 殺 さ れ る 事 件 が 起 き て い る ) 。 本 土 決 戦 と な れ ば 、 自 国 民 を 信 用 し な い 日 本 軍 の 体 質 が 必 す や 九 州 と 関 東 地 方 で 日 本 人 ど う し の 怨 恨 を 末 永 く 残 す と い う 忌 ま わ し い 事 態 を 生 じ て い 戦 争 論 理 学 あ の 原 爆 投 下 を 考 え る 62 問

戦争論理学 あの原爆投下を考える62問


5 9 2 3 7 戦 災 者 の 中 で 被 爆 者 は 別 格 で あ り う る か ? 他 方 、 原 爆 の 場 合 、 離 散 的 で な く 稠 密 な 熱 線 と 爆 風 に よ る 破 壊 が 広 範 囲 に わ た っ て 生 し し か も 残 留 放 射 能 が 何 週 間 も 続 く の で 、 防 空 壕 へ の 避 難 な ど は 人 的 被 害 を 防 ぐ の に 役 立 た な い 。 原 爆 投 下 が 謀 殺 で あ る こ と の 第 二 の 諭 理 的 理 由 は 、 原 爆 投 下 の 公 式 の 目 的 に か か わ る 。 「 日 本 に シ ョ ッ ク を 与 え て 戦 意 を 喪 失 さ せ る こ と 」 が 原 爆 投 下 の 目 的 だ っ た 。 原 爆 が 投 下 さ れ た に も か か わ ら す 、 奇 跡 的 に も 都 市 住 民 が 1 人 も 死 傷 す る こ と が な か っ た と し よ う 。 建 物 の 破 壊 は ひ ど く 都 市 は 見 る 影 も な い が 、 ち ょ う ど 個 々 人 が 爆 弾 の 雨 を う ま く か い く ぐ っ て 逃 げ た の と 同 じ よ う に 、 原 爆 の 爆 風 と 熱 線 が 奇 跡 的 に も 個 々 の 人 間 を よ け て 拡 が っ た の だ と 。 死 傷 者 ゼ ロ と い う こ の 結 果 は 、 通 常 の 無 差 別 爆 撃 で あ れ ば 、 都 市 機 能 だ け を 破 壊 す る と い う 精 密 爆 撃 同 様 の 効 果 が 偶 然 に も 得 ら れ た こ と に な る の で む し ろ 悦 ば し い こ と だ ろ う 。 し か し 原 爆 投 下 に か ぎ っ て は 、 死 傷 者 ゼ ロ は 悪 い ニ ュ ー ス で あ る 。 そ れ ど こ ろ か 作 戦 失 敗 で あ る 。 死 傷 者 を 生 じ さ せ な い よ う な 爆 弾 と い う こ と で あ れ ば 、 日 本 に シ ョ ッ ク を 与 え る こ と が で き な い で は な い か 。 間 髪 人 れ す 、 多 数 の 死 傷 者 を 生 じ さ せ て 作 戦 を 成 功 さ せ る た め に 第 二 の 原 爆 投 下 が 要 請 さ れ る こ と に な る だ ろ う 。 原 爆 投 下 は 、 突 然 の 大 衝 撃 に よ っ て 戦 争 の 炎 を 一 気 に 吹 き 消 す 目 的 を 持 っ て い た 点 で 、 単 に 戦 争 の 継 続 で あ る 通 常 爆 撃 と は 異 質 の 作 戦 だ っ た 。 膨 大 な 死 傷 者 を 生 み 出 す こ と が 必 須 の 条 件 だ っ た の で あ る 。 こ の 意 味 で 、 広 島 ・ 長 崎 の 犠 牲 者 は 、 他 の 空 襲 犠 牲 者 と は 異 な っ て 、 唯 一 、 謀 殺 の 犠 牲 者 だ っ た と 言 い う る 。 こ の 事 情 は 、 空 襲 に か ぎ ら れ す 、 実 は 戦 争 被 害 全 般 に つ い て 言 え る 。 ス パ イ や ゲ リ ラ の 処 刑 を 除 け ば 、 大 規 模 な 作 戦 行 動 に お け る 戦 争 犠 牲 者 は お し な べ て 「 未 必 の 故 意 」 に よ る 犠 牲 者 で あ る ( ナ チ ス の ホ ロ コ ー ス ト の 犠 牲 者 だ け は 殺 し を 目 的 と し た 謀 殺 の 犠 牲 者 だ が 、 序 章 で 述 べ た よ う に 、 ホ ロ コ ー ス ト は 戦 争 努 力 の 一 環 で は な い ) 。 真 珠 湾 攻 撃 に せ よ 硫 黄 島 や 沖 縄 の 戦 闘 に せ よ 、 1 人 も 死 傷 せ す に 攻 撃 側 の 目 的 が 達 せ ら れ る こ と も あ り え た 。 確 率 的 に は 極 小 だ が 、 諭 理 的 に は 、 死 傷 者 が 生 す る こ と は 戦 闘 に と っ て 不 可 欠 で は な い 。 軍 事 基 地 の 破 壊 と か 飛 行 場 の 占 領 と か 、 と も か く 軍 事 目 的 が 達 せ ら れ れ ば 、 敵 が 無 傷 で 逃 亡 し た り 投 降 し た り し て も か ま わ な い 。 む ろ ん 実 際 の 戦 闘 現 場 で は 、 特 定 の 敵 兵 を 狙 撃 す る な ど の 故 殺 が 多 数 行 な わ れ る だ ろ う 。 し か

戦争論理学 あの原爆投下を考える62問


0 2 9 0 4 核 兵 器 は 通 常 兵 器 よ り 悪 い の か ? 的 、 社 会 的 問 題 に つ い て の 委 員 会 報 告 ) 」 に は 次 の よ う な 一 節 が あ る 。 「 わ れ わ れ は 大 量 の 毒 ガ ス を 蓄 積 し て い る カ : 、 使 用 し な い 。 最 近 の 世 論 調 査 に よ る と 、 た と え 毒 ガ ス 使 用 が 極 東 の 戦 争 の 勝 利 を 早 め る と い う こ と で あ っ て も 、 国 民 は そ の 使 用 に 賛 成 し な い で あ ろ う こ と が 示 さ れ た 。 爆 弾 と 弾 丸 に よ る 戦 争 よ り も 毒 ガ ス 戦 の ほ う が 「 非 人 道 的 」 だ と い う こ と は 決 し て な い に も か か わ ら す 、 集 団 心 理 の 中 の 不 合 理 な 要 素 ゆ え に 、 毒 ガ ス 戦 は 爆 薬 で 吹 き 飛 ば す こ と よ り も 嫌 悪 す べ き だ と さ れ る こ と は 事 実 で あ る 」 。 ヒ ロ シ マ 以 前 に も 原 爆 が 毒 ガ ス と 同 列 と 見 な さ れ て い た 証 拠 と し て 、 フ ラ ン ク 報 告 は 否 定 派 を 支 持 す る 根 拠 と な り う る が 、 同 時 に フ ラ ン ク 報 告 は 、 毒 ガ ス を 特 別 視 す る の は 情 緒 的 な 偽 善 で あ る と い う 戦 争 観 を も 表 明 し て い る の だ 。 実 際 、 ア メ リ カ も 日 本 も 、 ハ ー グ 宣 言 、 ジ ュ ネ ー プ 議 定 書 な ど 、 第 二 次 大 戦 前 の 化 学 兵 器 禁 止 条 項 付 き の 多 く の 軍 縮 協 定 を 、 調 印 も し く は 批 准 し な い 状 態 の ま ま 戦 争 に 突 人 し た 。 フ ラ ン ク 報 告 の 時 点 で は 、 原 爆 の 威 力 は 大 し た も の で は な い と 考 え ら れ て い た 。 毒 ガ ス や 細 菌 兵 器 に し て も 案 外 殺 傷 力 は 低 い 。 同 じ 地 下 鉄 の 事 件 で も 、 韓 国 の 大 邱 地 下 鉄 放 火 事 件 で の 死 者 が 192 人 だ っ た の に 対 し 、 オ ウ ム 真 理 教 の サ リ ン 事 件 で の 死 者 は 12 人 だ っ た 。 中 国 戦 線 で 日 本 軍 は 毒 ガ ス 弾 を 多 用 し た が 、 毒 ガ ス だ け で 敵 兵 が 死 ぬ こ と は さ は ど 多 く な く 、 煙 を 見 せ て 守 備 隊 を 退 散 さ せ る と か 、 降 伏 さ せ る と か 、 毒 ガ ス で 苦 悶 し て い る 敵 兵 を 片 端 か ら 刺 殺 ・ 射 殺 す る と か い っ た 目 的 に 使 わ れ て い た 。 も し も 毒 ガ ス が 国 際 的 に 犯 罪 と 見 な さ れ て い な か っ た ら 、 毒 ガ ス 使 用 を 隠 蔽 す る 必 要 が な い の で 戦 闘 不 能 の 敵 兵 を 殺 さ す に す ん で い た は す だ 。 銃 弾 と 爆 弾 に よ る 戦 闘 よ り も 、 毒 ガ ス 戦 の ほ う が 生 存 率 は 高 く な る 見 込 み が 大 き い 。 で は な ぜ 、 戦 争 法 規 で は 銃 撃 や 砲 撃 や 爆 撃 が 許 さ れ て 、 毒 ガ ス 散 布 や 細 菌 散 布 が 禁 じ ら れ た の か 。 そ れ は 主 と し て 、 毒 ガ ス や 細 菌 を 使 わ れ る と 、 伝 統 的 な 戦 術 が 使 え な く な り 、 軍 人 の 能 力 を 発 揮 で き な く な る か ら で あ る 。 戦 争 技 術 の 体 系 が 崩 れ 、 軍 事 専 門 家 の 誇 り が 傷 つ け ら れ る 。 「 卑 怯 な 兵 器 」 と い う イ メ ー ジ が そ こ か ら 生 し 一 般 民 衆 の 「 集 団 心 理 」 に も そ れ が 根 付 く 。 核 兵 器 も 同 様 だ 。 あ ま り に 巨 大 な 爆 発 力 と 放 射 能 は 、 前 線 で 指 揮 す る 将 軍 た ち の テ ク ニ ッ ク を 無 価 値 に し て し ま う 。 ア イ セ ン ハ ワ ー や マ ッ カ ー サ ー や ミ ツ ツ ら 戦 域 司 令 官 レ ベ ル が こ ぞ っ て 原 爆 投 下 に 嫌 悪 を 示 し た の も 、 人 道

戦争論理学 あの原爆投下を考える62問


0 3 0 2 7 原 爆 投 下 は た だ の 無 差 別 爆 撃 で は な い ? ロ ッ パ で 精 密 爆 撃 に 固 執 し た の も 、 無 差 別 爆 撃 は 爆 弾 の 無 駄 遣 い で あ り 、 損 だ と い う 見 地 に 立 っ た も の だ っ た 。 も し 損 で あ る な ら ば 、 市 民 を 殺 傷 す る と い う 悪 を 埋 め 合 わ せ る 利 点 が な い こ と に な ろ う 。 罪 と さ れ て も 仕 方 あ る ま い 。 第 二 の 反 論 は 、 原 爆 は 普 通 の 無 差 別 爆 撃 と は 違 う 、 と い う 肯 定 派 の 主 張 を 認 め た 上 で 、 そ の 違 い は 善 悪 と は 関 係 な い 、 と 論 す る 道 で あ る 。 原 爆 と 通 常 爆 弾 の 違 い は い ろ い ろ あ る だ ろ う が 、 そ の ど れ も が 、 善 悪 の 判 断 に は 有 意 義 に 関 わ っ て こ な い 「 無 関 連 要 因 」 だ 、 と 主 張 す る の で あ る 。 倫 理 的 判 断 に 影 響 を も た ら さ な い 相 違 と い う も の は 多 い 。 殺 人 の 審 判 で は 、 被 告 の 血 液 型 や 名 前 や テ ニ ス の 腕 前 は 罪 の 重 さ と 関 係 な い だ ろ う 。 容 疑 者 が 犯 人 で あ る か ど う か の 推 測 に 、 血 液 型 そ の 他 の テ ー タ が 影 響 を 及 ば す 場 合 は 別 だ が 、 容 疑 者 が 殺 人 を 犯 し た こ と に 疑 い の 余 地 が な い 場 合 は 、 血 液 型 そ の 他 の デ ー タ は ふ つ う 無 関 連 要 因 で あ る 。 同 様 に 、 爆 発 が 化 学 反 応 に よ る の か 核 反 応 に よ る の か と い う 違 い は 、 人 を 殺 傷 し 建 物 を 破 壊 す る 点 で 同 じ 結 果 を も た ら す 以 上 、 違 い で は あ っ て も 倫 理 的 違 い を も た ら さ な い 無 関 連 要 因 だ 、 と 言 え る だ ろ う 。 こ の 反 論 を さ ら に 推 し 進 め る と 、 防 衛 か ら 攻 勢 に 転 じ た 次 の よ う な 議 論 に な り う る 。 す な わ ち 、 原 爆 投 下 と 普 通 の 無 差 別 爆 撃 と の 間 に は 確 か に 違 い は あ り 、 そ の 違 い は 善 悪 の 判 断 に 関 係 す る 、 と 肯 定 派 の 言 い 分 を 認 め た 上 で 、 肯 定 派 の 意 図 と は 逆 に 、 そ の 違 い ゆ え に 通 常 の 無 差 別 爆 撃 よ り も 原 爆 投 下 は い っ そ う 悪 い の だ 、 と 論 す る こ と で あ る 。 こ の 切 り 返 し が う ま く い け ば 、 「 原 爆 投 下 は 通 常 の 無 差 別 爆 撃 と は 違 う 」 と い う 肯 定 派 の 原 爆 擁 護 論 は 、 ヤ プ へ ビ だ っ た こ と に な る 。 違 う が ゆ え に 、 原 爆 投 下 の 悪 を い っ そ う 暴 き 立 て る き っ か け を 作 っ て し ま っ た こ と に な る の だ 。 原 爆 が 通 常 の 無 差 別 爆 撃 よ り 悪 い と い う 論 点 は 、 次 問 で 考 え よ う 。 口 ナ ル ド ・ シ ェ イ フ ァ ー 「 ア メ リ カ の 日 本 空 襲 に モ ラ ル は あ っ た か 」 草 思 社