検索 - みる会図書館

全データから 215712件ヒットしました。

「きれいごと」を言い合っても世の中は変わらない


「 き れ い ご と 」 を 言 い 合 っ て も 世 の 中 は 変 わ ら な い ー 宋 ! 0 リ Bunshu

「きれいごと」を言い合っても世の中は変わらない


「 き れ い ご と 」 を 言 い 合 っ て も 世 の 中 は 変 わ ら な い 5 宋 文 洲 が 語 る 「 価 値 」 「 本 質 」 「 ビ ジ ョ ン 」 — 宋 文 洲

「きれいごと」を言い合っても世の中は変わらない


が 頑 張 れ な い 、 元 気 が な い と い う 人 々 が い ま す 。 こ れ は も う 最 大 、 最 悪 な き れ い ご と で す 。 仮 に 国 に ビ ジ ョ ン が な く て も 、 そ れ が あ な た の 頑 張 れ な い こ と と 何 の 関 係 が あ る で し よ う か 。 国 の ビ ジ ョ ン の も と で 頑 張 る の は そ れ こ そ 中 国 の 文 化 大 革 命 で あ り 、 日 本 の 軍 国 主 義 で は あ り ま せ ん か 。 き れ い ご と を や め な い と 本 質 が 見 え て き ま せ ん 。 き れ い ご と を や め な い と 個 人 が 自 立 で き ま せ ん 。 き れ い ご と を や め な い と 日 本 は 元 気 を 取 り 戻 せ ま せ ん 。 「 き れ い ご と 」 を 言 い 合 っ て も 世 の 中 は 何 一 つ 変 わ り ま せ ん 。 平 成 二 十 三 年 一 月 宋 文 洲

「きれいごと」を言い合っても世の中は変わらない


0 本 質 や 原 理 ・ 原 則 は ど こ の 国 で も 変 わ ら な い は 、 も う ち ょ っ と 普 遍 性 が あ る 、 だ か ら 僕 は 本 音 を 言 い 合 っ て い い と 思 う 。 「 き れ い ご と 」 を 言 い 合 っ て も 世 の 中 は 変 わ ら な い き れ い ご と が あ っ て も い い け ど も 、 そ れ に 合 わ せ て 屋 上 屋 を 重 ね て 、 き れ い ご と を つ く れ ば 世 の 中 は ハ ッ ピ ー に な る わ け じ ゃ な い 例 え ば 戦 争 の 例 は 引 用 し た く な い け ど も 、 兵 隊 は 必 要 な と き は 死 ぬ の は や む を え な い と 思 う 。 で も 敗 戦 時 の 日 本 の 、 あ の 死 に 方 は ど う し て 必 要 か と い う こ と 。 も う 戦 争 に 勝 ち 目 は ま ず な い の に 、 決 ま っ て い る の に ど ん ど ん 片 道 切 符 の 特 攻 隊 を 飛 ば す 。 だ か ら 、 ビ ジ ネ ス 社 会 で も 、 わ け の わ か ら な い 思 い 込 み の た め に 社 員 を 死 な せ る と い う の は 、 僕 は 絶 対 犯 罪 だ と 思 う 。 例 え ば 仕 事 は 根 性 だ と い う 。 根 性 が も た ら し た 結 果 は 何 か 、 日 本 の 社 員 た ち の 苦 労 だ よ 。 だ か ら 自 信 の な い 、 変 化 に 弱 い 経 営 者 は や っ ば り 早 く 次 の 世 代 に 代 わ る べ き な ん だ よ 。 そ う い う 意 味 で 、 僕 は 中 国 を 美 化 し た こ と は 全 く な い 。 我 々 は も っ と き つ い こ と を 言 い 合 う 。 だ か ら 、 中 国 人 と 酒 を 飲 ん だ 場 合 、 も う ぼ ろ く そ な の よ 。 じ ゃ 、 何 で 今 の 共 産 党 に 対 し て は 暴 動 を 起 こ さ な い か と い う と 、 「 ま あ 、 ま し だ ね 」 と 。 1 3 7

完訳 日本の古典 第二十一巻 源氏物語 ㈧


ろ そ か に 思 わ せ て い た だ く こ と は あ る ま い と 存 じ ま す 。 俗 何 か た わ い も な い も の で す が 、 人 の 心 を 動 か す 種 だ と い え 世 の こ と に は 執 着 す ま い と 、 あ れ こ れ 切 り 捨 て て お り ま す ま し よ う 。 で す か ら 罪 も 深 い の で し よ う か 。 子 の 行 く 末 を 身 で ご ざ い ま し て 、 何 か に つ け て 頼 り に な ら ぬ 、 前 途 の 望 案 じ る と い た し ま し て も 、 男 の 子 は そ れ ほ ど に も 親 の 心 を み も 少 な い 私 で は ご ざ い ま す が 、 そ れ は そ れ な り に 、 こ の 悩 ま せ る こ と は な い の で し よ う 。 そ れ に く ら べ て 、 女 の 子 は 運 に 定 ま り と い う も の が あ っ て 、 ど う に も な ら ぬ も の と 世 に 長 ら え て お り ま す か ぎ り は 、 変 ら ぬ 志 を よ く お 分 り い た だ き た い と 存 じ て お り ま す 」 な ど と 申 し あ げ な さ る の で 、 あ き ら め ね ば な ら な い と し て も 、 や は り ま こ と に 気 が か り 宮 は う れ し い と お 思 い に な る 。 で な ら ぬ も の の よ う で し て 」 な ど と 、 世 間 話 に か こ つ け て お っ し や る の が 、 じ っ さ い そ , つ お 思 い に な る の も も っ と も ま だ 明 け 方 に は 遠 い 時 刻 の 月 が 明 る く 顔 を 出 し て 、 ま も ね ん じ ゅ な 、 と い た わ し く 推 察 せ ず に は い ら れ な い 宮 の ご 心 中 で あ な く 山 の 端 に 沈 む 様 子 な の で 、 宮 は 、 し み じ み と 念 誦 を な さ っ て 、 そ れ か ら 昔 の 思 い 出 話 を な さ る 。 「 近 ご ろ の 世 の る 。 中 は ど う な っ て い る の で し よ う か 。 宮 中 な ど で 、 こ の よ う 中 納 言 は 、 「 す べ て 心 底 か ら 、 先 刻 申 し あ げ ま し た よ う な 秋 の 月 の 夜 、 主 上 の 御 前 で 管 絃 の お 遊 び を あ そ ば す 折 に に 執 着 を 捨 て て し ま っ た せ い で ご ざ い ま し よ う か 、 自 身 の こ と で は 、 何 ひ と っ と し て 深 く 心 得 て い る も の は ご ざ い ま 伺 候 し て い た 人 々 の 中 で 、 上 手 と 思 わ れ る 人 々 の 思 い 思 い せ ん が 、 音 楽 を 楽 し む 気 持 だ け は 、 仰 せ の よ う に た わ い も に 拍 子 を 合 せ た 仰 々 し い 演 奏 よ り も 、 嗜 み の あ る 方 々 と の う わ さ に よ う ′ ) み つ ば ね 噂 も 高 い 女 御 や 更 衣 の 御 局 御 局 の ー ー め い め い は 互 い に 張 な い こ と で ご ざ い ま す が 、 ど う に も 捨 て か ね て い る の で ご か し よ う そ ん じ ゃ 本 ざ い ま す 。 あ の 賢 く 聖 僧 め い た 迦 葉 尊 者 も 、 だ か ら こ そ 音 り 合 い な が ら 、 表 向 き は 思 い や り の あ る 付 合 い を し て い る の で し よ う が 、 夜 更 け て 人 の 気 配 も 静 ま っ た こ ろ に 、 、 い を 楽 に は じ っ と し て い ら れ ず 、 起 ち 上 が っ て 舞 い は じ め た の 椎 そ そ る よ う な 調 子 に か き 調 べ て い て 、 か す か に 漏 れ て 聞 え で ご ざ い ま し よ う 」 な ど と 申 し あ げ て 、 一 声 を 聞 い て 心 残 ね い ろ て く る 音 色 な ど 、 聞 き が い の あ る こ と が 多 か っ た も の で す 。 り で あ っ た 姫 君 た ち の お 琴 の 音 を 、 ぜ ひ に と ご 所 望 な さ る 何 に つ け て も 、 女 と い う も の は 慰 み 事 の 相 手 と い う べ き で 、 の で 、 宮 は 、 お 付 合 い の き っ か け に も な ろ う か と お 思 い に た し な

いまからここから


親 鸞 に お き て は こ れ は 、 歎 異 抄 の 中 に 出 て く る 親 鸞 の こ と ば で す 。 弱 い わ た し を 常 に 支 え て く れ る こ と ば で す ひ と は ど 、 つ 田 お 、 つ と お れ は こ 、 つ 思 、 つ 世 間 は ど う あ れ わ た し は こ う 信 ず る と 、 責 任 の 所 在 を 明 ら か に し て 、 き つ ば り と 言 い き る 、 徹 底 し た 腹 の す え 方 に 、 男 の 気 は く と 魅 力 を 感 じ ま す さ て 、 か え り み て 私 ご と 「 親 鸞 に お き て は 」 等 と い う 自 信 は 少 し も あ り ま せ ん が 、 ま た 個 展 を や ら せ て い た ゞ き ま す 。 今 回 も 、 こ れ ま で 同 様 、 毎 日 の 生 活 の 中 か ら 拾 い 上 げ た 、 自 分 の こ と ば 、 自 分 の う た ー ー ー を 好 き 勝 手 に 書 き ま し た 。 相 変 わ ら ず 変 り ば え の な い 仕 事 で す が 、 恥 を 重 ね る 覚 悟 で ご 案 内 申 上 げ ま す ち か ら の な い 己 れ を 省 る と き 、 我 が 身 の 業 の 深 さ を 感 ず る こ と し き り で ご ざ い ま す 合 掌 昭 和 五 十 二 年 五 月 一 日 ( 第 凵 回 個 展 案 内 状 よ り ) ご あ い さ っ 相 田 み つ を

完訳 日本の古典 第二十一巻 源氏物語 ㈧


( 原 文 一 九 〇 ハ ー ) お 改 め に な る 九 月 を 待 ち か ね る 思 い で 、 ま た 宇 治 に お 越 し ら れ る 。 「 そ ん な み つ と も な い こ と を 。 大 人 げ な く て い ら に な っ た 。 「 前 の よ う に お 逢 い し て お 話 し 申 し あ げ た い 」 っ し や る 」 と 、 女 房 た ち は こ そ こ そ 陰 口 を 申 し て い る 。 と 、 ま た ご 案 内 を 請 わ れ る と 、 姫 宮 は 気 分 が す ぐ れ ず お っ 〔 六 〕 喪 明 け 、 薫 宇 治 を 御 服 喪 な ど も す ん で 、 喪 服 を お 脱 ぎ く う だ か ら と 、 あ れ こ れ お 断 り 申 し あ げ て お 逢 い に な ら な 訪 問 女 房 手 引 の 用 意 に な る に つ け て も 、 父 宮 に お く れ て 。 「 思 い の ほ か に 情 け な い お 心 で い ら っ し ゃ い ま す ね 。 片 時 も 生 き 残 っ て い ら れ よ う と は 田 5 わ な か っ た の に 、 、 女 一 房 た ち も な ん と 思 , っ こ と で ご ギ 、 い ま し よ う 」 と 、 中 納 一 言 の ま に か む な し く 過 ぎ て し ま っ た こ の 一 年 の 月 日 を お 思 い は お 手 紙 で お 申 し あ げ に な る 。 姫 宮 は 、 「 い よ い よ 周 忌 も に な る と 、 な ん と も 思 い ど お り に は な ら な い 身 の 上 の 情 け 明 け て 墨 染 の 衣 を 脱 い で み ま す と 心 も 乱 れ 、 か え っ て 悲 し な さ よ 、 と 姫 君 た ち の 泣 き 沈 ん で い ら っ し や る ご 様 子 は 、 す み み に 沈 ん で お り ま す の で 、 と て も お 相 手 申 し あ げ ら れ ま せ は た 目 に も ま こ と に 痛 々 し く お 見 え に な る 。 こ の 幾 月 も 墨 ぞ め う す に び ん 」 と ご 返 事 が あ る 。 染 の お 召 物 を 着 け て い ら っ し や っ た お 姿 が 、 今 は 薄 鈍 色 に そ そ 中 納 言 は 、 恨 み 言 を 言 い あ ぐ ね て 、 例 の 老 人 を お 呼 び 出 変 っ て 、 姫 宮 は ま こ と に 楚 々 た る 風 情 で あ る が 、 中 の 宮 は な る ほ ど 若 盛 り の お 年 で あ り 、 か わ い ら し い 美 し さ は 姉 君 し に な り 、 い ろ い ろ と お 話 し に な る 。 こ こ の 女 房 た ち は 、 く し け *. よ り も ま さ っ て お ら れ る 。 御 髪 な ど を 洗 わ せ 梳 ら せ て ご ら 世 に ま た と な く 心 細 い 暮 し の 慰 め と し て は 、 こ の 君 お 一 人 だ け に お す が り 申 し あ げ て い る 人 々 で あ る か ら 、 自 分 た ち ん に な る と 、 世 の 中 の 悩 み 事 も 忘 れ ら れ る く ら い に お み ご と な の で 、 こ れ な ら あ の お 方 と ご い っ し ょ に な っ て も 見 劣 の 願 い ど お り に 姫 宮 が ご 縁 づ き に な っ て 、 世 間 並 に 都 の お や し き 角 り が す る と は 思 わ な い だ ろ う と 、 姫 宮 は 心 中 ひ そ か に 、 い 強 邸 に お 移 り に で も な っ た ら 、 ど ん な に か 結 構 な こ と だ ろ う く も う れ し く も お 感 じ に な っ て 、 今 は 、 こ の 妹 君 の お 世 話 と 話 し 合 っ て 、 「 ぜ ひ と も 中 納 言 の 君 を お 部 屋 に お 入 れ 申 総 を 任 せ る 人 も い な い の だ か ら 、 親 同 然 の 気 持 に な っ て 面 倒 そ う 」 と 、 み な が 相 談 し 合 っ て い る の で あ っ た 。 姫 宮 は 、 そ う し た 様 子 を 深 く ご 存 じ で は な い け れ ど も 、 を み て お あ げ に な る 。 あ の 中 納 言 は 、 そ れ を 口 実 に 姫 宮 が 遠 慮 申 さ れ た 喪 服 を 「 あ の お 方 は こ う し て 弁 に 格 別 お 目 を か け て 味 方 に し て い み ぐ し お い び と

完訳 日本の古典 第十六巻 源氏物語 ㈢


お 譲 り あ そ ば す に つ い て の こ と な ど を 、 や さ し く お 聞 か せ と も な れ ば 、 白 髪 の 老 齢 も 恥 じ る こ と な く 朝 廷 に 出 仕 し た 申 さ れ る の で あ る 。 と い う 例 が あ っ て 、 そ れ を こ そ ま こ と の 聖 賢 と 称 し た も の 同 じ 月 の 二 十 日 過 ぎ に 、 ご 譲 位 の ご 沙 汰 が に わ か に あ っ で あ っ た か ら 、 病 に 沈 ん で お 返 し に な ら れ た 官 職 で も 、 世 語 ろ う ば い 物 た の で 、 大 后 は 狼 狽 な さ る 。 院 は 、 「 生 き が い の な い こ の の 中 が 変 っ て か ら あ ら た め て ご 就 任 に な る こ と は 、 い 氏 身 な が ら も 、 こ れ か ら 先 ゆ っ た り し た 気 持 で お 目 に か か れ う 非 難 さ れ る 筋 合 い も あ る ま い と 、 朝 廷 で も 世 間 で も そ う 源 る よ う に な り た い と 考 え る の で す 」 と 申 し あ げ 、 お な だ め し た ご 沙 汰 で あ る 。 か っ て そ の よ う な 前 例 も あ っ た と い う に な る の だ っ た 。 東 宮 に は 承 香 殿 女 御 の 皇 子 が お 立 ち に な こ と で 、 ご 辞 退 な さ り き れ ず 、 太 政 大 臣 に お な り に な る 。 っ た 。 御 世 が 改 り 、 世 間 は う っ て 変 っ て 一 新 し 、 明 る く は お 年 も 六 十 三 歳 に な っ て い ら っ し や る 。 な や か な こ と が 多 い 。 源 氏 の 大 納 言 は 内 大 臣 に お な り に な こ の 大 臣 は 、 世 の 中 が お も し ろ く な く て 、 一 つ に は そ れ っ た 。 大 臣 の 員 数 が 左 右 二 人 と 定 ま っ て い て 、 動 き も っ か が 原 因 で 引 き こ も っ て い ら っ し や っ た の だ が 、 今 は も と に な か っ た の で 、 員 外 の 大 臣 と し て お 加 わ り に な っ た の で あ 戻 っ て は な や か に な ら れ た の で 、 御 子 た ち な ど も 今 ま で は つ つ ) 0 不 遇 に 過 し て お ら れ た け れ ど も 、 今 は 、 み な ご 出 世 に な ら ま つ り ′ ) と さ い し よ う 源 氏 の 君 は 、 そ の ま ま 世 の 政 を お 執 り に な る べ き で あ れ る 。 と り わ け 宰 相 中 将 は 、 権 中 納 言 に お な り に な る 。 あ じ ゅ だ い る け れ ど も 、 「 そ の よ う な 重 職 に は 堪 え き れ ま せ ん の で 」 の 四 の 君 の 御 腹 の 姫 君 が 十 二 歳 に お な り に な る の を 入 内 さ と お っ し や っ て 、 致 仕 の 大 臣 が 摂 政 を な さ る よ う に と お 譲 せ よ う と 、 た い せ つ に ご 養 育 に な っ て い ら っ し や る 。 ま た や ま い た か さ ′ ) う た げ ん ぶ く り 申 さ れ る 。 「 病 に よ っ て 、 官 職 を ご 辞 退 申 し あ げ て い ま あ の 高 砂 を 謡 っ た 君 を も 元 服 さ せ て 、 今 は ま こ と に 思 い の し た の に 、 そ の う え ま す ま す 老 い の つ も る 身 と な っ て は 、 ま ま な 有 様 で あ る 。 あ ち こ ち の 方 々 に 御 子 た ち が じ つ に 大 ま つ り ′ 一 と 立 派 な 政 は で き ま す ま い 」 と 、 大 臣 は ご 承 引 に な ら な い 。 勢 次 々 と お 育 ち に な っ て 見 る 目 に も に ぎ や か な の を 、 源 氏 外 つ 国 の 例 に も 、 変 事 が あ っ て 国 政 が 安 定 し な い と き に は の 大 臣 は う ら や ま し く お 思 い に な る 。 深 い 山 に 身 を 隠 し て し ま っ た 人 で さ え 、 や が て 泰 平 の 時 世 大 殿 の 姫 君 腹 の 若 君 は 、 誰 よ り も 際 だ っ て か わ い ら し く 、

完訳 日本の古典 第十五巻 源氏物語 ㈡


っ し ゃ れ な い の で 、 世 を そ む い て 出 家 し て し ま お う と 心 を ら い お 気 持 に な ら れ る の で 、 東 宮 の 御 た め に も 行 く 末 が 不 お 決 め に な る に つ け て も 、 東 宮 に お 目 に か か ら ず に 姿 を 変 安 で 、 不 吉 な こ と も 起 り は せ ぬ か と あ れ こ れ と ご 心 配 な の さ ん だ い え る の は せ つ な く 悲 し い お 気 持 な の で 、 お 忍 び で 参 内 な さ で 、 「 こ れ か ら 久 し く お 目 に か か ら な い 間 に 、 私 の 姿 が 今 語 物 っ た 。 と 違 っ て 、 い や な ふ う に 変 っ て お り ま し た ら 、 ど う お 思 い に な り ま す か 」 と お 申 し あ げ に な る と 、 東 宮 は 、 母 宮 の お 源 〔 5 藤 壹 、 東 宮 に そ れ 大 将 の 君 は 、 さ ほ ど で な い こ と で も と な く 訣 別 す る 隅 々 ま で よ く 行 き 届 い て 気 が お っ き 顔 を じ っ と お 見 つ め に な っ て 、 「 式 部 の よ う に と お っ し ゃ に な っ て 、 宮 に ご 奉 仕 申 し あ げ る の に 、 今 は ご 気 分 の す ぐ る の 。 ど う し て 、 あ ん な ふ う に お な り に な る も の で す か れ な い の を 口 実 に し て 、 こ の ご 参 内 の お 見 送 り に も 参 上 な と 、 に こ に こ し な が ら 仰 せ に な る 。 は り あ い の な い 幼 さ い さ ら な い 。 一 通 り の ご 挨 拶 は こ れ ま で と 変 る こ と は な い け じ ら し さ に 胸 が つ ま っ て 、 「 あ れ は 、 年 老 い て い る の で 醜 れ ど も 、 す っ か り 元 気 を な く し て お し ま い に な っ た も の だ い の で す 。 そ う で は な く て 、 髪 は あ れ よ り も も っ と 短 く て 、 と 、 内 情 を 知 っ て い る 女 房 た ち は お い た わ し く 存 じ あ げ て 黒 い 着 物 な ど を ま と っ て 、 夜 居 の 僧 の よ う に な ろ う と い う い る の で す か ら 、 そ う し た ら 今 よ り も ず っ と 長 い こ と お 目 に か 東 宮 は た い そ う か わ い ら し く ご 成 長 あ そ ば し 、 母 宮 と の か れ な く な り ま し よ う 」 と 言 っ て お 泣 き に な る と 、 東 宮 は お も も ち ご 対 面 を 久 し ぶ り に う れ し く お 思 い に な っ て 、 お 懐 か し が 真 剣 な 御 面 持 に な っ て 、 「 久 し く お 越 し に な ら な い と 恋 し り 申 し て い ら っ し や る の を 、 宮 は 、 、 い に し み て い と し く ご く 思 い ま す の に 」 と 言 っ て 涙 が こ ば れ る の を 、 恥 ず か し く ら ん に な る と 、 ご 出 家 の こ と は じ っ さ い 容 易 な こ と で は な お 思 い に な っ て 、 さ す が に お 顔 を そ む け て い ら っ し や る 、 み ぐ し い け れ ど も 、 宮 中 あ た り の 様 子 を ご ら ん に な る に つ け て 、 そ の 御 髪 は ゆ ら ゆ ら と 美 し く 、 目 も と が 人 な っ こ そ う に 輝 世 の 中 の 動 き は 胸 に 迫 る よ う な 有 様 で 移 り 変 っ て い く こ と い て い ら っ し や る ご 様 子 が 、 大 き く な ら れ る に つ れ て 、 た ば か り 多 い し 、 そ れ に 大 后 の お 心 も ま っ た く 気 づ ま り で 、 だ も う あ の 方 の お 顔 を く り 抜 き 移 し た よ う で い ら っ し や る 。 こ う し て お 出 入 り に な る に つ け て も 具 合 が わ る く 何 か と っ 御 歯 が 少 し 虫 歯 に な っ て 、 お ロ の 中 が 黒 み が か っ て に こ に

完訳 日本の古典 第十五巻 源氏物語 ㈡


315 賢 木 ( 原 文 一 六 一 一 ハ ー ) お 通 わ し に な る こ と は 、 や は り 以 前 と 変 ら な い ら し い 君 の を 、 お も し ろ く な く お 思 い に な る の も も っ と も な こ と で う わ さ あ る 。 は 、 ふ と し た こ と か ら 噂 を 立 て ら れ も し た ら ど う な る こ と こ こ ろ ぐ せ だ ろ う と 、 お 案 じ に な り な が ら も 、 い つ も の お 心 癖 な の で 、 源 氏 の 大 将 は 、 昔 に 変 り な く 左 大 臣 邸 に お 通 い に な っ て 、 ね ん ご 今 に な っ て か え っ て 御 思 い は つ の る よ う で あ る 。 亡 き 姫 君 に お 仕 え し て い た 女 房 た ち を も 、 今 は か え っ て 懇 院 の ご 在 世 あ そ ば し た 間 こ そ 遠 慮 し て お ら れ た の だ が 、 ろ に 目 を か け て お ら れ て 、 若 君 を こ の う え も な く 大 事 に し 大 后 は ご 気 性 の は げ し い お 方 で 、 こ れ ま で あ れ こ れ と 根 に て お か わ い が り 申 さ れ る の で 、 心 に し み て も っ た い な い 君 持 っ て い ら っ し や っ た こ と の 仕 返 し を し よ う と お 考 え の よ の お 気 持 よ と 、 左 大 臣 家 で は あ れ こ れ と 以 前 に も ま し て 君 う で あ る 。 源 氏 の 君 は 何 か に つ け て 進 退 に 苦 し む こ と ば か を お い た わ り 申 し あ げ な さ る こ と も 、 姫 君 の ご 在 世 中 と 変 り が 起 っ て く る の で 、 こ う な る こ と と 覚 悟 し て は お ら れ た ら ぬ さ ま で あ る 。 か っ て は 故 院 の 限 り も な い ご 寵 愛 の た め も の の 、 ま る で 経 験 さ れ た こ と の な い 世 の 中 の つ ら さ ゆ え に 、 い さ さ か も 落 ち 着 い て は い ら れ ぬ お 忙 し さ と お 見 受 け に 、 つ い 人 前 を は ば か り た い お 気 持 に な ら れ る の で あ る 。 さ れ た の だ っ た が 、 今 は 、 こ れ ま で お 通 い に な っ た 方 々 も 、 あ ち ら こ ち ら と 疎 遠 に な ら れ て 、 軽 々 し い お 忍 び 歩 き も 、 〔 一 三 〕 左 大 臣 家 の 不 遇 左 大 臣 殿 も 、 お も し ろ か ら ぬ 心 地 に 源 氏 ま め や か に 訪 れ る な ら れ て 、 こ と さ ら に 参 内 も 怠 っ て 不 似 合 い と の お 考 え に な ら れ る の で 、 と く に そ の た め の お い ら っ し や る 。 亡 く な ら れ た 姫 君 を 、 今 の 帝 へ と ご 所 望 が 出 ま し も な く 、 ま こ と に の び の び と 静 か な ご 様 子 で 、 こ う あ っ た の に 、 そ れ を さ し お い て こ の 大 将 の 君 に ご 縁 づ け に し た 時 勢 の 今 こ そ か え っ て 君 は 理 想 的 と 思 わ れ る 日 々 を 過 し て お い で に な る 。 な ら れ た 左 大 臣 の お 心 を 、 大 后 は 根 に 持 っ て い ら っ し や っ て 、 快 く 思 い 申 し あ げ て は お ら れ な い の で あ る 。 大 臣 同 士 〔 一 巴 紫 の 上 の 幸 運 朝 西 の 対 の 姫 君 の お 幸 せ を 世 間 の 人 も 顔 の 姫 君 斎 院 と な る の 御 仲 も 、 も と も と よ そ よ そ し く て い ら っ し や る と こ ろ へ 、 た た え 申 し て い る 。 少 納 言 な ど も ひ し る し 故 院 の 御 代 に は ご 自 分 の 思 い の ま ま に と り し き っ て お ら れ そ か に 、 亡 き 尼 上 の お 祈 り の 効 験 と 存 じ あ げ る 。 父 の 親 王 た の に 、 時 勢 が 変 っ て 、 右 大 臣 が し た り 顔 で い ら っ し や る も 思 い の ま ま に 文 通 申 し あ げ て い ら っ し や る 。 父 宮 の 北 の