検索 - みる会図書館

全データから 29139件見つかりました。
Xazsa : ザザ ver.2

「ゼロ : つぶや 悲痛に呟き、ザザが両の手首を組みあわせた。シ = ッと風を鳴らして一一本のサベルが姿を 現す。 そうか、奴は : : : 奴自身がマシノイドだからこそ、ゼロの急所なんて知りぬ いいたに違い 「ゼロつ ザザが叫ぶ。五本の鋭い刃がゼロの背中まで貫通したのを俺は見た。 ゼロの両眼が見開かれ、相手をとらえる。その胸元に左手の爪を突き刺した玲子は、ごく冷 静にその目を見返した。無表情。笑いもしない。 ずるり、といやな音をたててゼロの身から爪がーー・異様に伸びた、鋼鉄の爪が五本、同時に 引きぬかれる。 ゼロは動かない。何も言わず。彫像のように。 玲子の顔が落ちた : : 、 ササカよく使う変装術だ。被膜式プラスティックコートの疑似マスク。 その下に現れたのは、俺の知っている、あの顔だった。 青いビアス。間違いなく、アリーナで出会った好青年。 幻の、暗殺者。 ・ : そして。ゼロの身が傾いだ。事務用のデスクに : : : 倒れこむ。金属音がいくつか響い かし ちさっぞう

脳が「やる気」を起こす魔法(ミスティック・クール) : あなたの人生が、この瞬間から変わります!

あなたのストレス度を計測しよう くステップ 2 〉ストレスのバターンを分析する 0 = 反応ゼロ 50 = 中程度の反応 100 = 強い反応 思考、判断、認識 精神 相手を攻撃したり自己弁護したりするような考えあら捜ししたり非難したりする。 「無理だ」「 ~ さえあれば」「だめだ」などの言葉を使う。 10 20 30 40 50 60 感情的な反応 不安、不満、絶望、緊張、怒リ、憂鬱、失望。 70 70 80 80 90 90 20 身体的な反応 30 40 50 心拍数や呼吸の増加、発汗、筋肉の緊張、頭痛、腰の痛み、胃痛。 60 60 20 気持ち 30 40 50 70 ネガティブで悲観的 ( 0 ) ポジティブで楽観的 ( 100 ) 20 30 40 50 60 70 80 80 90 90 100 100 100 1 28 100

読んだら忘れない読書術 : 精神科医が教える

き方」の関係について語っていました。 このように複数の本を一気に固め読みすると、「あの本にはこう書いていたが、この本 には別の表現がされていた」と、さまざまな記憶の連結が起こってきます。 結果として、圧倒的に記憶に残りやすくなるのです。 み学術論文はこう探す 本の巻末に掲載されている参考文献、参考図書を利用して、さらに理解を深める次の本 術 択 を探しましようというのが、数珠つなぎ読書術でした。 選 の 自分で論文を書いたり、自分で本を書いたりする場合、自分の論拠を補強するために適 本 の 医 切な学術論文を参考、引用する必要も時には出てきます。 科 神 しかし、引用する論文をゼロから探すのは意外に苦労するものです。 そんなときに、絶大な威力を発揮するのが、「 Google Scholar 」です。 れ 忘 ・ http://scholar.google.co.jp/ ん 読 「 Google Scholar 」は、ネット上にある膨大な情報の中から学術資料のみを、簡単に検索 できるサービスです。分野や発行元を問わず、学術出版社、専門学会、プレプリント管理 章 第機関、大学、およびその他の学術団体の学術専門誌、論文、書籍、要約、記事を検索でき 183

新潮45 2018年10月号

上にが出現し、ロポットが出現し、「限界費用ゼロ社会」とは、まことに逆 産の拡張をやめる。 ところが、シンポル経済ではこの原則プリンターが出現し、いわゆる—。説的なことに、資本主義の終焉だと彼は いう。なぜなら、限界費用ゼロの状龜て が成り立たない。情報や知識の供給を増 ( モノのインターネット ) が出現し、 やすからといって特別の追加的コストはいずれは量子コンピューターが出現する無限に生産を拡張できる社会にあっては、 かからないからである。ひとたび。ハソコ未来図を想像することは可能であろう。モノの価格はほとんどゼロに近づく。 ところが、価格がゼロになってしまえ ンが普及し、ありとあらゆる情報がインいわゆる第 4 次革命である。 この極限では、モノのは集甲的にば、企業はもはや利益をあげることはで ターネット上で交換でを積できるよう になれば、新たな情報をこのネットワー情建昌理されたシステムのなかでロポッきない。つまり、新たな投資を行って新 クに付け加え、未知の人に伝達するのに、ト が遂行し、労働者は基本的に不要になたなを生み出すことはできない。し たがって、経済はそこで発展をやめてし 特に追加的コストはかからない。つまり、る。しかも、いわゆる「ディ 1 プ・ラー ニング」によってが自ら学習して、まう。資本主義はそこで終焉する。まさ 限界費用がゼロなのである。 ここに、情報・知識の基本的な特性が自己生成的にその能力を高めてゆくとすにユ 1 トピアの実現とともに、資本主義 ある。情報・知識は、その伝達や蓄積にれば、ほとんどのモノをやロポットはその役割を終える。資本主義は自らが ついてどれだけ量を増やしても、また速が作り出し、人の仕事や日常の作業を代生み出したイノベーションによって自ら の命を失うのである。「資本主義の。ハラ 度をあげても追加的な費用はほぼゼロな替するであろう。 この時、モノを製造する限界費用はゼドックス」である。 のである。ということは、情報・知識に これ以上、このような空想を続ける必 関する市場は屈限に拡張する。なぜならロであり、生産は擁限に拡張する。モノ の限界点に達するための「限界費用はきわめて安価にいくらでも作り出され要はないであろう。この想定がバカげて 逓増の法則」が成り立たないからだ。もる。かくて、伝統的な「稀少性の問題」いるのは、いくらが進化し、ロポッ し限界費用がゼロであれば、生産 ( 供は吹きとんでしまうだろう。究極の「豊トが化し、それが人間の代用になる かな社会」、文字通り、モノが「あふれとしても、それでわれわれ「人間」が消 給 ) は限に拡張する。 そこで、こうしたことを論理的な空想出る ( アフルエント ) 社会」なのである。えうせるわけではないからである。 を交えて可能な限り延長してみよう。すそれをジェレミー・リフキンは「限界他人に対するこまやかな気づかいや配 ると、この高度なデジタル鎮術のの費用ゼロ社会」とよんだ。そして、この慮、日常生活の単純な行動から始まり、

読んだら忘れない読書術 : 精神科医が教える

読んだら忘れない読書術 「記憶に残る読書術」とは、言い換えると「自己成長につながる読書術」であり、「人生 を変える読書術」です。 北海道、札幌に住む映画オタクの学生だった私が、今では東京で毎月講演をし、年 3 冊 も本を出版し続けている。これは、今まで積み重ねてきた「読書」と、そこから得られた 膨大な知識の蓄積なしでは考えられません。 そして、蓄積された知識を使いこなしているからこそ本の執筆ができるのであり、それ を支えているのは「記億に残る読書」「読んだら忘れない読書」というインブットに他な りません。 このように、今の私の仕事の基礎となっているのが「読書ーです。 「記億に残る本物の読書」とは、単なる読書術ではなく、時間術、文章術、集中力、とい ったありとあらゆる仕事術やスキルと深く結びつくのです。 み「精神科医」 x 「の超プロ」が教える「読んだら忘れない読書術」 本書では、精神科医としての観点から、脳科学的な裏付けのある「読んだら忘れない読 書術」をはじめて公開したいと思います。

さらば、資本主義 (新潮新書)

にいえば、ゼロ成長でも生産性は増加しているわけで、いってみれば暮らしは確実によ くなっているのです。 しかも、町生産距出・と・鈊いて決ま 6 かといえば、主たをもの舸たな産、 ー剽岡で十 % ゼロ成長でも技術革新がなくなるわけではなく、新たな製品は当然 開発され、新たな市場は創出される。古いものは壊され、捨てられ、新しいものへと置 き換えられるのです。決して停滞した社会などではありません。 ではゼロ成長などといわずに、新たな成長戦略で医療や生命科学や—e やロポットや らに大規模投資して新技術を開発すればいくらでも成長できるではないか、という話に もなるかもしれません。 しかしそれは無理です。なぜなら、労働生産性とは、実は、を労働人口で割っ たものなのです。そしてはただ総生産だけではなく、総需要によっても決まる。 つまり、どれだけ新しい製品を開発して市場に供給しても、十分な需要がなければ生産 性は上昇しないのです。いくら新しい技術を開発し、新しい製品を市場へ供給しても、 人々が飛びつかなければどうにもならな 当たり前のことですが、これが案外と大事なことで、かっての高度成長時代のように、 770

自分史の書き方

会 2005 ( HI 7 ) ~ 60 歳 ~ ( 退職。年金生活者 ) 年 1968 ( S43 ) ~ 年齢 22 歳 ~ ( 技術者の時代 ) 自分史上の 人 生 の 充 実 度 2002 ( H14 ) ~ 57 歳 ~ ( キャリアアドバイザの時代 ) 1982 ( S57 ) ~ ( 技術部門の管理職の時代 ) 1993 ( H5 ) ~ ( 技術スタッフの時代 ) 性格分析は 6 項目について 5 段階評価がされていた 思索性は 5 ( かなり優れている ) 、決断力は 4 ( ややある ) 。 社交性と意欲は 3 ( ふつう ) 。 一方で、強靭性と統率性は 2 ( やや劣る ) と指摘された。 知的適応性 ( 理解力、論理思考力、思考の柔軟性 ) は 5 ( かなり富む ) と高く評価されて 管理職指向か専門職指向かでは、管理職指向は 3 、専門職指向は 4 と、専門職指向のほ うか高く出ていた リ 1 ダ 1 シップの課題を指摘された。 一総合コメントで、 この検査結果は、自分でも「このとおりだ。当たっている」と思ったそうである。しか し、さして深くは考えず、その評価用紙を、そのままファイルに綴じこんでしまった。自 分史を書くにあたって、自室で資料探しをした際に、このファイルが出てきた。それが出 てきたおかげで、自分史のこの項目を書くことができた。 結局、失敗の第一原因は、ソフトウェアに関する基礎知識が欠けていたにもかかわら ず、「わずかのソフトウェア経験から、ソフトウェアについても何とかマネ 1 ジメントで きよ、フじん 低 ・技術者としてメーカーに就職。配属先は「社会の役に立つ開発をした・同期のトップをきって、課長に昇格 ・自営業者になり、少し仕事をする ・社内に新しい機能が作られることになり、その担当に異動する ・ラインの技術職を離れて、スタッフ部門の企画担当部長になる い」という希望に沿うものだった ・自分自身の独創性を発揮しやすい業務で、モチベーションが高まる。・心理学全般、キャリア理論等、今までとはまったく異なる学問領域に・ワークライフバランスのとれた生活をする ・しばらくすると LSI 化プロジェクトは終了となる ・業務多忙で残業続く。春闘で大幅べースアップ。本格的に稼げるよう・新たにいくつかのプロジェクトを担当 属することを学ぶ。最初は自然科学との違いに戸惑うが、すぐに新し・立教セカンドステージ大学に入学 若い頃と同様にバリバリ仕事をする になった喜びを味わう いことを学ぶ楽しさに目覚める。会社員生活の中で、一番学んだ時期 そのうちの一つのソフトウェア化のプロジェクトマネジメントが難・インターネットや携帯電話の急拡大で、チャレンジャブルな企画が ・入社後 4 年目、設計者として一本立ち。本格的な設計の仕事を担当す航。過労により心身の調子は最低となる となる ィエるようになる。データ通信のディジタル化の開発に携わる。設計に没・専門家の支援を得てようやく苦境を脱出 ・どのような仕事にもポジテイプに取り組む。年齢の割には長時間労・今までにないほどの読書をする ・新規の業務の立ち上げなので、多くのことを、自分を含めたチームで べ頭する ・部長昇格では後輩にも追い抜かれ始める 働をやっていた ンソ・結婚する。仕事よりも家庭を大事にしたホンの一時期があった 主体的に決める自由と責任を獲得。仲間と新機能立ち上げに奔走。仕 ・自分もなんとか昇格。少し元気が出てくる ・定年が見えてきて、定年後のことを考え始める ド・長女、長男、生まれる ・風景写真撮影、ジョギング、仏像めぐり等、趣味にも力を入れ始める事の醍醐味を味わう ・技術部門の部長職を 4 年弱続けることができた ・テータ通信のティジタル化開発が完了すると、その LSI 化がスター ・ワークライフバランスを心がけるようになる ・定年が近づいて、部下無しの専門職になる ト。主任としてその開発マネジメントを担当するようになる ・子供が独立。夫婦 2 人の生活になる ・チャレンジャブルな開発で、途中難航するも開発に成功 ・いろいろな大学が開催している社会人向け講座に参加するようにな る ・新業務を 3 年やって退職する ・バブル崩壊後の「失われた〇〇年」が続く ・若者の就職問題 ( フリーター等 ) ・多くの企業で構造改革 ・第一次ベビーブームの退職年齢が近付き、定年後の過ごし方に世の 中の注目が集まる ・大阪万博 つ仕事で何回も万博会場に出張 自世・春闘は全般に大幅べースアップ 岔界つ自分もその恩恵に浴する 出・ドルショック発生。多くの企業で経営が悪化。勤務先も一時帰休、残 響来業禁止などの対策を行う を事 自分自身は、長時間労働でダウン寸前だったので、心身の休養に丁 与と えそ度良いタイミングであった たの・石油危機から狂乱物価が発生 日影 本響つ個人の生活への影響大 の 仕 方 ・仕事柄、社会の動きに積極的に目を向けるようになる ・携帯電話ブームが起こる OIT ( インターネット ) が拡大を始める ・スモールオフィス・ホームオフィスが話題となる 釧 T バブルで世の中浮かれるも、ほどなぐ T バブルの崩壊 ・就職超氷河期到来 ・仕事に追われて、社会の動きに目がいかず ・部長昇格後、漸く社会の動きに目が行くようになる ・ベルリンの壁崩壊 ・今から考えると高給労働者だった。特に最初の数年は ・この頃は上昇志向・出世願望が強かったので、仕事上の失敗や昇格で・自分の仕事の進め方において、自律性・主体性の発揮をより強く意識・新しい仕事に一瞬とまどうが、すぐに気持ちを切り替える ・初めて本格的に担当した設計業務に夢中になった ・今までほとんど使ってこなかった能力の開発を行うことの楽しさを 遅れたことのショックは大きく、また長く尾を引いた するようになる ・仕事中毒人間だった。年中、寝不足・運動不足で、体から発するエネル・失敗しながら能力開発をやった形となった ・革新的思考に富んだ上司や専門性の高い部下に囲まれて、多くの知知る。一方で、長い間に身に着いた行動特性を変えることの難しさも 人発ギーはどんどん減少していった。それでも、仕事に夢中になっていた・今考えると、管理職としての能力の開発という点では、すなわち会社的刺激を受ける 味わう 間達 のの・形は出来ていたが ( 背広は着ていたが ) 真の社会人にはなっていなか人生活を続けていくという点では、この期間の学びは大いに役立っ・チームで創造性を発揮する楽しさを味わう ・新しい学びを、今までの経験と結びつけることに、関心が高まる 成視 ・今までの仕事の難しさとは全く違う難しさを持った、自分にとって った ・答えを出せない企画アイテムもあり、自分の能力の限界を感じる た 長点 ・ドルショックを契機に、日常定期的に運動するようになり、体調は少・この期間は常に過労状態。心身ともに、限度ぎりぎりまでいく。でも、・出世願望は無くなっていったが、自分の強みを伸ばそうという上昇は難しい仕事だった。でも、人の成長を支援する仕事に充実感を覚え 見し改善 この期間の後半になると、自分でブレーキをかけることが出来るよ志向は維持していた ることはできた た・結婚して、生活も改善し、元気を取り戻す ・情報リテラシーを高め仕事の進め方を改善する。周りの人に頼って・専門家の集まりの中で上手にリーダーシップを発揮できるようにな うになっていた 己・開発マネジメントを担当するようになって、再び、仕事人間に戻って いたことを自分で出来るようになる。ヒ時代に相応しい仕事の進る ・記憶力は低下しているが、概念的なことを理解する力はまだまだあ め方 ( 思考の進め方 ) ができるようになる 分いった 析 ることを実感する 114

Xazsa : ザザ ver.2

ゼロからは冷ややかにプレッシャーをかけられた。おまえなあ、勝手に人んちに居座っとい て、もう少し親身になった発言は出てこないのか。 「同行させていただきます。あなたの目にはつかないでしようから、どうそお気遣いなく」 あ、そうですか。 良くも悪くもマイベースな奴である。まあゼロがついてくるのはゼロの自由として。 昨日の今日で豪華なディナーってのも ( なにせコンサートが爆破事件で延期だぜ ) ちょっと 気分じゃないなと思いなおして、俺はこっちから店の変更を申し出た。 えびす 恵比寿にある小さなレストラン。決して立派じゃないけど雰囲気は悪くない。 「特にウェイターが優秀だからね」 かそう太鼓判を押したら、ゼロは疑わしげな顔をしていた。ただし無言で。 「おまえさんもどうせならタッグ組んでみたらいいのにさ、そのウェイター君と」 いえ、我々には独立した行動のほうが似合いです それに、とゼロはつけたした。 「片方が倒されたとしても、もう一人が残っていれば勝てます。だからこそ我々に馴れあいは 無用なのです .* 「へえ ? 単にザザがうっとうしいってだけじゃなかったのか」 「そう思いたいのでしたら、ご勝手に」 たいこばん

いまに生きる古代ギリシア

ホーム校正の魅力 文部科学省認定通信教育 0 日ーー・「校正士」の資格が取得できる ( 当財団「校正士」資格認定試験制度詳細は資料で ) ☆ハソコン・・印刷物作成に校正技能 / ☆校正の技術を身につけて、余暇にホーム 校正者、フリー校正者で活躍。副収入作り /. へ = 下 ☆マスコミ出版界への就転職に役立っ / で ・校正とは、いろいろな印刷用い方が身につきます。 物を作るとき、もとの原稿通・修了後は、ホーム校正者や りになっているかを赤エンピフリー校正者、マスコミ出版キ ツを使ってチェックすること。界で活躍できます。趣味・教仂 ・印刷物の種類や量に比例し養としても楽しめます。修了 て、校正の需要はますます大証書授与と優秀者に文部科学は きくなり、実力ある校正者が大臣賞。就転職には推せん書。方 求められています。・本講座・あなたも、校正の技術を身望 なら、校正技術の基本から学につけて、収入に結びつけて希 べ、実例を通して校正記号のみませんか。知的なお仕事で。☆ 一三ロ 資 料 を 希 望 ☆ FAX の場合は、校正講座「 543 」係へ。 財団法人実務教育研究所 N K 係 東京都新宿区大京町 4 の 543 〒 1 60 TEL03-3357-8 1 53 001 5 http://www.JitSl-.lmU.0「.jp FAX03-3358 ー 7259 無料進呈 ⅢⅢⅢ日ⅢⅱⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢ日ⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢ日ⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢ日ⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅱⅢⅢⅢーⅢⅢⅢ日Ⅲ日ⅢⅢⅢⅢⅢⅢⅱⅢ

Xazsa : ザザ ver.1

この、ゼロって奴だってそうだ。姿かたちはまるで人間と変わらない。声も、仕草も。ちょ っと無表情なぎらいはあるが、そういう性格の人間なら、いないわけじゃない。 人間じゃないなんて : : : 簡単に言えるのか。 「ザザは、なんで脱走なんかしたんだ ? 」 全くの作り話かもしれんという気もしたが、こうなったらっきあってみるつもりで俺はゼロ に尋ねた。 と、少しだけ、ゼロの表境か変わった。変わった、ように俺には思えた。ごくかすかに、し ちんつう かしきっと沈痛に : 「 : : : 人間になるために、と、それだけ言い残していきました」 うちのマンションのセキュリティ・システムを沈黙させたのは、天才おじよーさまの手腕な のだという。そう言われてみると、やつばり天才なのではとも思えてくる。 ザザが消えてからというもの、おじよーさまは目もあてられないほど心配して心配して、と うとう禁を破ってゼロと一緒に、この外界へ出てきちまったそうである。で、たまたま聞いて みたラジオで俺の放送にぶつかり、局とを調べて即座にゼロを送り出したのだ。たいした はやわざ しば 早業だよ。おかげで俺は殴られるし、真砂くんは縛られる羽目になったわけである。 きようはくうんぬん が、ここに至って俺にもわかってきた。脅迫云々と言ってはいても、要するに世間知らずの しぐさ しゅわん