検索 - みる会図書館

検索対象: 「やり残しゼロ!」の仕事術60

「やり残しゼロ!」の仕事術60から 218件ヒットしました。

「やり残しゼロ!」の仕事術60


毎 日 、 ス ッ キ リ 達 成 感 ! 「 や り 残 し ゼ ロ ! 」 の 仕 事 術 60 上 村 敏 彦 Kamimura ToshihikO す ば る 舎

「やり残しゼロ!」の仕事術60


part 1 圖 よ く あ る 3 つ の 「 非 常 事 態 」 : 当 あ な た は ど の バ タ ー ン ? ・ プ ロ ロ ー グ : : ・ 2 ク 日 々 の ビ ン チ か ら 解 放 さ れ る ! 仕 事 が デ キ る 人 、 5 つ の 「 や り 残 し 防 止 法 」 「 や り 残 し ゼ ロ ! 」 の 仕 事 術 目 次

「やり残しゼロ!」の仕事術60


part 1 ク 日 々 の ビ ン チ か ら 解 放 さ れ る ! 仕 事 が デ キ る 人 、 5 つ の 「 や り 残 し 防 止 法 」

「やり残しゼロ!」の仕事術60


〈 著 者 紹 介 〉 上 村 敏 彦 ( か み む ら ・ と し ひ こ ) ・ 一 プ ロ ダ ク ト & プ ロ ジ ェ ク ト マ ネ ジ メ ン ト コ ン サ ル タ ン ト 年 商 数 百 億 円 の IT 企 業 に 勤 務 。 数 十 名 か ら 数 百 名 規 模 の プ ロ ジ ェ ク ト リ ー ダ ー を 歴 任 し 、 ソ フ ト ウ ェ ア 開 発 、 プ ロ ジ ェ ク ト マ ネ ジ メ ン ト に 関 わ る 。 プ ロ ダ ク ト マ ネ ジ メ ン ト 、 ユ ー ザ 工 ク ス ペ リ エ ン ス デ ザ イ ン 、 収 益 改 善 な ど を 得 意 と す る 。 ・ 一 こ れ ま で 、 プ ロ グ ラ マ 、 チ ー ム リ ー ダ ー 、 プ ロ ジ ェ ク ト リ ー ダ ー と し て 、 数 々 の プ ロ ジ ェ ク ト を 成 功 に 導 く 。 現 在 は 製 品 の マ ー ケ テ ィ ン グ か ら 企 画 、 設 計 ま で を 一 貫 し て 統 括 す る プ ロ ダ ク ト マ ネ ジ ャ ー 。 百 人 以 上 の 部 下 を 率 い て 、 日 々 、 現 実 に 悩 み な が ら 奮 闘 中 。 最 近 の ひ そ か な 目 標 は 「 ソ フ ト 路 線 へ の イ メ チ ェ ン 」 。 ・ 一 著 書 に 『 リ ー ダ ー に な っ て も デ キ る 人 33 の ル ー ル 』 ( 小 社 ) が あ る 。 「 SE の 残 業 し な い 仕 事 術 上 村 敏 彦 の プ ロ グ 」 http: 〃 blog. livedoor.jp/gaseidou2/ 「 や り 残 し ゼ ロ ! 」 の 仕 事 術 60 2009 年 10 月 26 日 2011 年 7 月 24 日 第 1 刷 発 行 第 2 刷 発 行 著 者 発 行 者 発 行 所 印 刷 上 村 敏 彦 八 谷 智 範 株 式 会 社 す ば る 舎 東 京 都 豊 島 区 東 池 袋 3-9-7 東 池 袋 織 本 ビ ル 〒 170-0013 TEL 03-3981-8651 ( 代 表 ) 03-3981-0767 ( 営 業 部 ) べ ク ト ル 印 刷 株 式 会 社 http://www.subarusya.jp/ 振 替 8140-7-116563 落 丁 ・ 乱 丁 本 は お 取 り 替 え い た し ま す ◎ Toshihiko Kamimura 2009 Printed ⅲ Japan ISBN978-4-88399-856-2 C0030

「やり残しゼロ!」の仕事術60


N 。 .03 や り 残 し 防 止 「 5 つ の 原 則 」 ど れ か ら 手 を つ け て も O* 仕 事 の や り 残 し が 生 じ る 理 由 を 5 っ 挙 げ ま し た 。 逆 に 一 一 一 一 口 え ば 、 こ れ ら の 問 題 に 対 処 す る こ と か 、 「 仕 事 を 、 つ ま く や る 原 則 ー だ と い 、 つ こ と に な り ま す 。 原 原 原 原 則 則 則 則 ④ ③ ② ① 報 処 段 仕 連 理 取 事 相 能 り を を カ フ ス 重 を ア リ 視 ア ー ム す ッ ス 化 る プ ト す る

「やり残しゼロ!」の仕事術60


圖 「 や り 残 し 」 発 生 の メ カ ニ ズ ム 目 複 数 の 要 因 が あ る 3 圖 や り 残 し 防 止 「 5 つ の 原 則 」 ! ど れ か ら 手 を つ け て も O* ー 2 ß 圖 「 大 き な ム ダ 」 は 2 つ あ る : : 目 「 手 戻 り 」 「 よ け い な こ と 」 は 意 外 と 多 い ・ 仕 事 を 「 ス リ ム 化 」 し て い こ う い つ で も 予 定 が み ギ ッ シ リ を 解 消

「やり残しゼロ!」の仕事術60


私 の 弱 み で あ る 緻 密 性 の な さ と 、 < さ ん の 全 体 観 の 弱 さ は 、 お 互 い の 強 み で 相 殺 さ れ て い ま す 。 さ ん の コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン 不 足 と 、 0 さ ん の 技 術 力 の 不 足 も 、 お 互 い に 補 い 合 っ て い る の で す 。 し か し 、 強 み で あ る 緻 密 性 、 全 体 観 、 技 術 力 、 コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン 能 力 は 、 そ れ ぞ れ が 相 乗 効 果 を 発 揮 し な が ら 、 活 か さ れ て い ま す 。 全 体 を 捉 え る こ と が 得 意 な 私 と 、 仕 事 が 緻 密 な < さ ん の 特 徴 が 相 ま っ て 、 全 体 を と ら え つ つ 、 緻 密 な 仕 事 が 可 能 に な り ま す 。 技 術 が 得 意 な さ ん が 持 っ 技 術 を 、 コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ O さ ん は 、 技 術 や ス キ ル は そ れ ほ ど 高 く あ り ま せ ん か 、 周 り と の コ ミ ュ ニ ケ ー シ ョ ン が 得 意 で す 。 周 り と よ い 人 間 関 係 を 築 い て 、 技 術 力 の 不 足 を 補 っ て い ま す 。 私 と < さ ん 、 さ ん と 0 さ ん 、 そ れ ぞ れ 強 み が 違 い ま す 。 こ こ で 重 要 な こ と は 、 強 み は 「 相 乗 」 さ れ ま す が 、 弱 み は 「 相 殺 」 さ れ て い る と い う こ と で す 208

「やり残しゼロ!」の仕事術60


一 日 の 終 わ り か よ け れ ば 、 「 明 日 も が ん ば ろ う 」 「 あ れ は こ う す れ ば 、 も っ と う ま く い く な 」 と ア イ デ ィ ア も 湧 い て き ま す 。 し か し 、 一 日 の 終 わ り が 悪 け れ ば 、 「 あ ー 、 明 日 も 仕 事 か 」 「 貧 乏 ひ ま な し と は 、 こ の こ と だ 」 な ど と 憂 う つ な 気 分 に な っ て し ま い 、 ス ト レ ス は た ま る 一 方 で す 。 さ ら に 、 そ の ス ト レ ス が パ フ ォ ー マ ン ス を 下 げ 、 ま す ま す 「 や り 残 し 」 が 増 え て い く と い う ク 負 の ス パ イ ラ ル を 生 み 出 し か ね ま せ ん 。 「 や り 残 し 」 が 生 ま れ や す い 人 と は ? 一 部 の 人 に 偏 っ て 、 仕 事 は 積 ま れ る も の で す 。 ① 頼 み や す い 人 ② や る 気 が あ る 人 ③ 仕 事 が デ キ る 人

「やり残しゼロ!」の仕事術60


彼 ら は 仕 事 の 仕 方 を 教 え た く て も 、 教 え る こ と が で き な い の で す 。 絽 世 紀 の ス イ ス の 哲 学 者 、 ヒ ル テ ィ は そ の 著 書 『 幸 福 論 』 の な か で 、 こ う 言 っ て い ま す 。 「 仕 事 の 上 手 な 仕 方 は 、 あ ら ゆ る 技 術 の 中 で も っ と も 大 切 な 技 術 で あ る 。 と い う の は 、 こ の 技 術 を 一 度 正 し く 会 得 す れ ば 、 そ の 他 の 一 切 の 知 的 活 動 が 容 易 に な る か ら で あ る ー ヒ ル テ ィ が 指 摘 す る 「 仕 事 の 上 手 な 仕 方 」 、 つ ま り 仕 事 の 方 法 論 は 、 「 一 度 身 に つ け れ ば 、 ど ん な 仕 事 ( そ の 他 一 切 の 知 的 活 動 ) に も 適 用 で き る 」 と い う こ と な の で す 。 こ れ ほ ど ま で に 大 切 な 仕 事 の 仕 方 が 継 承 さ れ な い の は 、 社 会 に と っ て も 、 私 た ち の 人 生 に と っ て も 、 大 き な 損 失 と 言 わ ざ る を 得 ま せ ん 。 prologue

「やり残しゼロ!」の仕事術60


い な い こ と ー は ど ん ど ん 増 え て い き ま す 。 そ れ が 「 や り 残 し 」 で す 。 「 や り 残 し 」 が 増 え る と 、 人 は な ぜ か 後 ろ め た さ を 感 じ ま す 。 さ ば っ て い る わ け で も な い の に 、 な ぜ か 後 ろ め こ れ は と て も 大 き な ス ト レ ス に な り ま す 。 「 あ ー 、 あ れ も 終 わ っ て な い 、 こ れ も 終 わ っ て な い 。 明 日 こ そ は や ら な き や 」 帰 り の 電 車 で も 疲 れ き っ た 顔 を し た 人 が 多 い の は 、 こ の 「 や り 残 し 」 が 原 因 の 一 端 と な っ て い る 場 合 も 多 い で し よ う 。 一 方 、 そ の 日 や ろ う と 思 っ て い た こ と を 、 き れ い に さ ば く こ と が で き た 一 日 は 、 会 社 を 出 る と き も 、 ス ッ キ リ と し た 気 持 ち で 家 に 帰 る こ と か で き ま す 。 「 あ 5 、 今 日 は よ く 仕 事 を し た ! 」 と 、 自 分 を ほ め て あ げ た く な り ま す 。 な ぜ か 仕 事 が す ご く で き る よ う に な っ た 気 に な る の は 不 思 議 な も の で す 。 こ の よ う に 一 日 の 終 わ り に 「 や り 残 し 」 が あ る か な い か で 、 日 々 の 気 分 は ま っ た く 違 っ て き ま す prologue